タンザニアのイリンガからマラウイのカロンガへ

【1123日目】イリンガ→カロンガ(2019年5月23日(木)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





えー、今日はですね。予定通りにコトが進めば、タンザニアから隣国のマラウイに入国するハズです。


タンザニアはほんっとうに何もしてませんが、よく考えたら別にケニアでもウガンダでもルワンダでも何かしたわけでは無いので、ぼくのアフリカ旅行はもうこんなもんだという事で。

ただ上からしたまで通りました、というだけだという事で。

あ、途中スキップしたからそれすらも出来てないですね。



もう何しに来たんでしょうね。





2019052301_イリンガ→ムズズ
イリンガ→キエラ

本日の予定ルートとしては、まずイリンガから国境の街(と聞いている)キエラという街へ向かいます。このバスのチケットは昨日買ってある。

そこから徒歩で国境を越え、マラウイに入国。

あとはマラウイ国内でどこまで行くことが出来るか、というところ。

出来ればムズズという街まで向かいたいのですが、あまり遅くなってからの到着は好ましくないので、国境を抜けられた時間とご相談させていただく、という感じになりそうです。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2019052302_早朝のイリンガ
早朝のイリンガ

はい。今日もこんな感じです。

続きますねー。強制的早起き生活が。

あんまり早起きさせると期限が悪くなりますよ?勘弁して下さいよまじで。



2019052303_キエラ行きのバス
キエラ行きのバス

早朝だというのに人とバスでわりと混雑していたバスターミナル。

ぼくがひょっこり現れると幾人かの客引きがわらわらと寄ってきてあーでもないこーでもないと話しかけてきます。

まぁぼくには「昨日買ったチケット」という印籠がありますのでね。これを眼前に叩きつければ用の無い客引きはそそくさと退散していきますので。

ひとり、ぼくのチケットを見て「このバスはこっちだよ」と教えてくれたのでそのバスに乗車。車掌らしき兄ちゃんがチケットの確認をしてそのまま回収。ぼくに座席をあてがってまた客を探しに出ていきました。


バスは6時発なのですが、その発車時刻を待っている間に、昨日ぼくを案内してくれた客引きの兄ちゃんが現れました。



兄ちゃん「きみのバスはこれじゃないよー。あっちだよー」



さっきぼくのチケットを回収した車掌にひと声かけ、ぼくを別のバスに誘導する兄ちゃん。



だばで「ねぇ、さっきの車掌にチケット渡しちゃったんだけど」


兄ちゃん「あー。大丈夫だよー。問題ないよー」


兄「このバスだよー。この1番前の席をどうぞー」


兄「彼女が車掌だからねー。チケットの件は問題ないよー」



2019052304_お乗り換え
乗り換えたバス

6時になり走り始めたバス。

さっき車掌だと紹介されていた女性が後ろから乗車賃を回収し始めました。

そしてぼくのところに来て、、、。





車掌「運賃を払って」





はい話通って無い。

さっきあの兄ちゃんこの車掌さんとなんか話しとったやん。伝えとけよ。



だばで「もう払ってるんだけど」


車掌「チケットは?」


だ「別のバスの車掌に持ってかれた」


車「…は?」





ですよね。





そうなりますよねー。

そらそうなりますわー。

もうだから「チケット持ってかれたけどいいのか?」と確認したんじゃないか。あのクソボケ次あったら覚えとけよ。まぁ間違いなく二度と会うことは無いだろうが。



ただ彼はおそらく仕事が出来ないだけで悪人では無いと思われるのですよ。

だってぼくに携帯電話の番号を伝えていますからね。

とりあえず電話して車掌と話させるしかないな。





2019052305_キエラ行きのバス
車窓から

最初30分ほどあっちの電話が不通で繋がらなかったのですが、ぼくと車掌でしつこく電話をかけ続けたところ折り返しがあり、無事に車掌と話がついたようです。

はぁめんどくさい。

というか車掌がぼくに払えと言ってきた料金と、ぼくが昨日オフィスで払った料金とに割と開きがあったんですが、事前に買わずに朝直接バスを探したほうがいいんですかねぇ。

客引きやバス会社を通すとマージンも乗るだろうし、何よりボッタクる機会が増えるわけですからね。





2019052306_キエラ行きのバス

2019052307_キエラ行きのバス
車窓から

途中途中の街でバスターミナルに寄って客を入れ替えているのですが、たまに車掌も交代していました。

最初に乗っていたおねぇちゃんは最初の街で降りていきましたね。

ニコニコ現金アナログ決済の国で、こんなに金を扱う人間が多いとどっかでモメるんじゃないかと思うんですけどねぇ。どういう取り分でやってるんでしょうか。



2019052308_キエラ行きのバス
車窓から

ちょっと路面が悪くなってきました。

まぁ相変わらずバスとトラックしか走ってないし、つまりかなり道路は空いているというにも関わらずどの車も制限速度を守っているみたいなので、乗っている方としてはそれほど気になりませんけども。

というかタンザニアの交通ルールは徹底していますねぇ。

挨拶も「How are you?」「I’m fine, and you?」をやってからじゃないと会話を始めない方たちですので。ルールやモラルを守るということへの意識が高いのかもしれませんね。

くわえタバコや歩きタバコなんてまず見ないですし。そもそも吸わない人が多いだけかも知れませんが。



あー、でもバスの窓からゴミは捨ててましたわ。

よく分かんねぇな、これは。



2019052309_車窓から
車窓から

車窓の景色がサバンナからちょっと山がちになってきました。

この山を越えるとムベヤ。


ムベヤではバスターミナルでしばらく停車した後、キエラに向けて再出発。


2019052310_車窓から

2019052311_車窓から
車窓から

このムベヤからキエラにかけての道中は完璧に山道でした。

勾配がキツいらしく、また途中途中の集落でいちいち人を入れ替えるのでなかなか進みません。


2019052312_車窓から
車窓から

さらに雨が降り出してくる有様。

これ国境徒歩で越えるんだけど雨とかダルさの極みなんですけど。





2019052313_キエラのバスターミナル
キエラのバスターミナル

まぁキエラに到着したらウソみたいに晴れてたんですけどね。

山の天気は変わりやすいですなぁ。



さて。あとはここからどうやって国境へ向かえばいいのかな?

というか地図を見ている限り、途中で国境の前通ったと思うんだよね。

2019052320_国境周辺
バスの通ってきたルート



運転手「ミスター。これからどこに行くんだ?」


だばで「マラウイ行きたいんだけど」


運「さっき国境の前で降りるべきだったな(笑)」


だ「やっぱそうだよね」


運「ここからミニバンで国境まで行けるよ。1,000S(46円ぐらい)だから」



親切な運転手さんに教えられた通り、その辺のミニバンに乗って国境へ戻ります。



国境ではバスを降りたところで大量のバイタクドライバーに囲まれわちゃわちゃに。

モシのバスターミナルではぼくの本体を引っ張り合っていましたが、今回はぼくのバックパックを取り合っていました。

なるほど。とりあえずぼくのバックパックを自分のバイクに載せたら勝ちみたいなルールなのね?

その取り合われているバックパックの持ち主はここで蚊帳の外なんですがね。わたし一言も乗るとか言ってないよ?




ミニバスを降りたところから国境までは道のりでも2キロぐらい。

ただ暑いし、さっきの雨で湿度も上がったらしくかなり不快指数の高い状況だったので、おとなしくそのバイタクに乗りました。ちょうどタンザニア・シリングの小銭を使い切りたかったところでもあるので。



2019052314_国境
タンザニア側イミグレ

こちらがタンザニア側のイミグレ。

パスポートコントロールの窓口は空いており、特に何事もなく出国スタンプをゲット。

朝からトイレに行けておらず限界だったので従業員用のトイレをお借りしました。



2019052315_国境
国境の橋

両国のイミグレの間にかかる橋。この下に流れる川が国境になっているのですかね。

この辺で1人のおっさんに話しかけられました。まぁ国境で話しかけてくる輩なんてだいたいダメなので適当にスルーしたいところなのですが、時々普通にいい条件持ってくることもあるのでとりあえずキープしときましょう。



マラウイ側のイミグレでは、入国シートを記入しビザ代を支払ってパスポートを預けます。

ちなみにビザ代は75$(8,300円ぐらい)。なんかマラウイだけ高いんですよね。

数年前まではビザ代かからなかったそうなのですが。一体先人は何をやらかしたのでしょうか。



30分ぐらい待ったでしょうか。

ビザシールが貼られたパスポートが返ってきました。

というわけで、











2019052316_マラウイ
マラウイ

88カ国目、マラウイに入国しました。





マラウイ

首都は憲法上はリロングウェ。

通貨の単位はマラウイ・クワチャ。100クワチャ=14円ぐらい。以下Kと表記。

民族はチェワ族が主流だが、40ぐらいの民族グループがある。

言語はチェワ語。英語も公用語。

宗教は80%がキリスト教。

重要:タンザニアとの時差ー1時間。





19世紀までマラビ帝国という現地王国があったがイギリスの植民地に。その後独立。

独立以降、周辺国との戦争や内戦を経験しておらず、“The Warm Heart of Africa”(アフリカの温かい心)という別称を持つ。

実際行ったことのある人からは「人のいい国だった」という評価をよく聞く。











ビザを取得してイミグレから出てくると、さっきのおっさんが待ち構えていました。

とりあえずこの国境で両替をしたいのと、行けるものならムズズまで行きたいのでその車を手配したいところ。



だばで「とりあえず両替したいんだけど」


おっさん「わかった。こっちだ」


おっさん「この店で両替できるぞ」


だばで「タンザニア・シリングがこれだけあるんだけどいくらになる?」


両替商「それだと。。。これぐらいだな(電卓を見せる)」





わお。びっくりするぐらいレート悪いな。

マラウイ・クワチャは正直かなり弱いので、外貨から両替する時レートが良くなることが多いらしいんですよね。





だ「なにそれ。びっくりするぐらいレート悪いんだけど」


両「そうか?いくら欲しいんだ?」


だ「正規レートがこれだから、このぐらいちょうだいよ」


両「わかった、じゃあそれでいいぞ」





それでいいのか。

ということはもっと高値で取り扱っているとこがあるってことだな。

もともと余ったタンザニア・シリングは大した額では無かったので、正規レートで替えられるのならそれで良しとすることに。





だばで「ん。じゃあこれで」


両替商「米ドルとか持ってないのか?これだけじゃ足りないぞ」


だ「いらね」


両「でもたったそれだけだとすぐ無くなってしまうぞ?」


おっさん「両替しておいた方が良い」


だ「いらね」





だってどうせまたボるんだろ?





だばで「現地通貨も手に入ったしムズズに向かいたいんだけど」


おっさん「ムズズか?直通の車があるぞ。料金は8,000K(1,200円ぐらい)だ」


だ「たけーよ」





国境からカロンガという街まで1,000K(140円ぐらい)、そこからムズズまで5,000K(700円ぐらい)という情報は事前に仕入れてあるのです。

あー、もうダメだなこいつは。

国境からムズズまでの直通便があるという話すら怪しいな。





おっさん「分かった。じゃあいくらなら乗る?」


だばで「いや、もういいや。カロンガに行くことにする」


お「何故だ?」


だ「カロンガに行きたいからだよ」


お「分かった。じゃああの車だ。3,000K(420円ぐらい)だ」





うん。ダメだな。もう可及的速やかに死んで欲しい。





だばで「そんなわけねーだろ」


おっさん「いくらなら乗るんだ」


だ「自分そればっかりやな。1,000K(140円ぐらい)しか払わねーよ」


お「分かった。それでいいぞ」





それでいいのか。





おっさん「さぁこの車だ」


だばで「まだ誰も乗っていないようだが?」





マラウイの車は満員にならないと発車しないそうなんですよね。

つまり7人乗りの誰も乗っていないこの車に乗ってしまうと、あと5人現れるまで待たないといけないということ。





おっさん「すぐ出るから」


だばで「いや出ねーだろ。誰も乗ってねーじゃねーか」


お「いやいやいや」


だ「はいはい。分かった分かった」





もう完全に見限ったので無視して車列の先頭へ。

案の定「あと一人で出る」という状況の車が待機しており、料金は1,000K(140円ぐらい)とのこと。

なんでこんなすぐバレるウソをつくかなぁ。それで騙せると思ってるのかしら。それとも騙される人間が存在するということか?





2019052317_シエンタ
カロンが行きのシエンタ

ふつうミニバンというとどの国もハイエースが主流なのですが、マラウイはどうもシエンタが主に使われているようです。

ここに並んでいる車もすべてシエンタ。旧型の。

2019052321_旧型シエンタ
旧型シエンタ(引用元:カーセンサーHP)


実はぼくは日本にいる時シエンタに乗っていましてね。もちろん旧型の。

国内旅行にも使ったりしていたので、6年乗って20万キロとかなり走り倒したんですよ。

そういう事情もあって、ひっさしぶりにシエンタに乗ってかなりエモーショナルでした。



ちなみにこの国境からカロンガへの間。

車窓から見える風景が、THE・緑あふれる田園風景という感じで素晴らしかったです。ちょうど夕焼け時でしたし。

二列目の真ん中に座らされていたので写真は無いんですけどね。





2019052318_カロンガ
カロンガ

17時半ごろ、カロンガに到着しました。

とりあえず宿を探さないといけませんねー。


カロンガの街にはあまり安宿がないようで、2軒ほど予算オーバーで泊まることが出来ず。

3件目でようやくいい感じの宿を抑えることが出来ました。

この宿探しってのやっぱり好きじゃないわー。めんどくさい。何がって見せてもらった部屋を断るのがです。





さきほど両替したクワチャから宿代を支払うと大した額は残りませんでした。

宿のスタッフにこれで晩ごはん食べられるかな?と聞いてみると、宿併設のレストランでどう?とのこと。

メニューを見せてもらうと、確かに予算内で収まるメニューもちらほら。

タンザニアまではウガリだった主食が、マラウイに来るとシマになるようです。英語のスペルを見ると「nshima」なので正確にはンシマみたいですが。

聞く所によると、そのシマにお野菜と何か、というプレート形式らしい。確かにメニューにはチキンやベジタブル、という文字が並んでいます。なるほどね。

んー。予算的に肉は食えないんだよね。ベジタブルか、、、豆。豆か。豆にすっか。





2019052319_晩ごはん


あれー。

豆が2箇所に乗ってるんですけどー。





スタッフ「そうだよ。ンシマと、野菜と、豆と、選んだメニューが乗るんだよ」





え。その豆って副菜の豆が2倍になるってことなん?

もしベジタブルを選んでいたらこのお野菜が2箇所に盛られて出てきたということ?

あ、そんな感じなのね。あぁそう。。。。。





ンシマもウガリ同様、特に味のあるものではなく、ただひたすら腹をふくらませるためのものでした。

ウガリよりもぷるぷるしてるかな。うん。





まぁだから何だって話なんですけど。





ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.08.11 | マラウイ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

マラウイのカロンガからムズズへ

【1124日目】カロンガ→ムズズ(2019年5月24日(金)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日は昨日たどり着かなかったムズズという街に向かいたいと思います。


2019052401_カロンガ→ムズズ
カロンガ→ムズズ

特に用事があるわけじゃないんですけどー。

なんかムズズはコーヒーの産地だっていう話なのでねー。

まぁちょっと寄るぐらいいいかなーと思いましてー。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2019052402_カロンガ
カロンガ

カロンガからムズズまではそれほど離れていないし、乗り継ぎ無しで行けるということなので、今日はゆっくり起きました。

なんか久しぶりに朝ゆっくり出来た気がしますねぇ。

つっても8時半には宿を出たんですけどね。なんか強制早起き生活のせいで若干朝型になってしまった気がするのは本当に気の所為で、マラウイの8時半というとタンザニアの9時半なのでそれほど早起きなわけでもありません。

体内時計ってそんなすぐに適応しないですからね。





2019052403_ナショナル・バンク
ナショナル・バンク

宿のスタッフに「両替したいんだけどどこに行けばいい?」と尋ねると、「ブラックマーケットかナショナル・バンク」という対極の極みみたいな回答が返ってきました。

最終的に「旅行者はナショナル・バンクじゃない?」という結論に落ち着いたので、チャリタクを駆ってナショナル・バンクまで。

チャリタクというのはその名の通り、自転車の後ろに人を乗せて運ぶタクシーのことです。カロンガの街にはたくさん走っています。


ナショナル・バンクでの両替にはパスポートの提示が必要でした。

そしてレートはネットで確認できる公定レートよりも良い。マラウイ・クワチャは弱いので外貨からの両替はレートが良くなるというのは知ってはいましたが、おそらくこの国で最もレートの悪いであろう「国立銀行」ですらこのレートですから、マラウイ・クワチャの弱さったらとんでもないものなのでしょう。





無事に両替して現地通貨も再確保いたしましたので、今度はムズズに向かうミニバンを探します。

まぁ探すまでもなく、路上で売ってたパイナップルを頬張っていたらあっちからぼくを見つけてきましたけどね。



うまいこと助手席をあてがわれたのでミニバスの様子を見ていたのですが、とりあえず一杯にならないと発車しないようです。まぁここまでは想定内。

ただ一箇所に留まって客がやって来るのを待つスタンスではなく、市内を走り回って自ら客を取りに行くスタイル。

あっち行ってこっち行って、もうさすがに行き尽くしただろ、そろそろ諦めて出ようぜ、と思ったらまた最初のポイントに戻ってというのを延々と繰り返します。



しかもそんなことやっている車が1台じゃないという。



3台も4台もそんなことやっている車が市内をぐるぐる走り回っているのです。

早いもの勝ちかなんか知らないですが、はたからみているとお互いに客を食い合って乗客全員の出発が遅れていくだけという、誰にとってもメリットが無い手法だと思いました。あぁ、アホなんだな、と。




30分ほど市内を走り回り、なんとか座席を埋めたミニバン。

じゃあそろそろ出発かな。と思ったらまた最初の地点に戻ってきてしまいました。

何だ、何が起こるんだ今度は、と様子を伺っていると、さっきまで運転していた運転手がどっか行ってしまい、新しい運転手が現れました。

え、この人がこの車のドライバー?





じゃあさっきまで運転してたん誰?





2019052404_客引き
客引き

あそこで群れているのは客引きの集団です。何やらお金のやり取りをしています。

よく見たら、さっきまで後ろでドアから身を乗り出して客を呼び込んでいたにいちゃんもあそこに居ます。車掌じゃなかったのか。






…え?ドライバーも車掌も乗ってなかったってこと?

両方ただの客引きだった?






客引きが満車にしたハイエースを正規のドライバーと車掌に売り渡すスタイルってこと?











ざーんしーん(棒)











2019052405_車窓から
車窓から

何はともあれムズズ行きのミニバンが走り始めました。

この区間はシエンタじゃなくて普通にハイエースですね。

助手席なので眺めが良くていいですなぁ。



2019052406_マラウイ湖

2019052407_マラウイ湖
マラウイ湖

お、あっちにマラウイ湖が見えました。

マラウイ湖はアフリカで3番目に大きな湖で、淡水湖のわりに魚の量も種類も多くダイビングスポットとしても有名。

淡水ダイビングってしたことないし興味はあるんですが、いかんせん今お急ぎ気味なのでまたの機会に。



2019052408_車窓から
車窓から

このまま湖岸沿いを南下していくのかと思っていたら、途中から山の中に入っていきました。



2019052409_車窓から

2019052410_車窓から
さる

あ、さるだ。さるがいた。



2019052411_マラウイ湖

2019052412_マラウイ湖
マラウイ湖

あー、またマラウイ湖見えた。おーいえー。





2019052413_ムズズ
ムズズ

はい。ムズズ到着です。

人口で言うとマラウイ第3の都市なのですが、まぁ田舎ですね。

マラウイ全体が田舎だろと言われるとまぁそうだと思うんですけど。



目星をつけていた宿にチェックイン。ちょっと高いんですが質が良いということで、日本人はじめ各国バックパッカーの御用達のお宿。

まぁ一泊だけだし、たまにはこれぐらいの価格の宿に泊まってもいいですよね。

あ、そう言えば最近移動続きで洗濯できてなかったので、この際ランドリーサービスをお願いしようかな。せっかくだしズボンとか大物もお願いしちゃおう。「キロいくら」じゃなくて「ひとかたまりいくら」の料金設定らしいし。





2019052414_ムズズのマーケット
ムズズのマーケット

南部アフリカでよく見る大手スーパーが入った近代的なショッピングモールが宿の近くにあったので、そこでマラウイのSIMカードを購入。

その辺をうろうろしていると、自称アーティストの兄ちゃんに捕まってしまいました。

何か案内したがっているので「ローカルな昼メシを食いたい」と言ってみたところ、このドローカルなマーケットの中の食堂街みたいなところに連れて行かれました。

出てきたのは昨日の晩ごはん同様、ンシマとお野菜にメインディッシュというプレート。今回は両替したばかりで資金も潤沢なので、豪勢にチキンをオーダー。

最近こういう薄汚いローカルなお店でご飯を食べることが無かったのですが、中南米やインドではこれが当たり前だったんですよね。やっぱ途中ヨーロッパ、中東と挟んでしまうと生活水準が上がってしまいますな。

ちなみにこのドローカルなマーケットは先程の近代的なショッピングモールのお向かいにあります。格差社会。





案内してくれた兄ちゃんお手製の商品の営業をひととおり受けた後は、宿に戻ってゆっくりしていました。





ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.08.12 | マラウイ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ムズズで名産のコーヒーをいただく

【1125日目】ムズズ(2019年5月25日(土)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はムズズの名産だというムズズ・コーヒーを賞味した後、マラウイ湖畔の街ンカタベイに移動しようと考えています。


2019052501_ムズズ→ンカタベイ
ムズズ→ンカタベイ

近いんですよね。

なので昼頃まではムズズでコーヒーでも飲みながらゆっくり過ごし、夕方までにはンカタベイに到着するようなスケジュール感で動こうかなと考えております。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















というわけでですね。

朝起きましてね。

どうも外は雨が降っておるようでございまして。

あぁ、雨だなぁ、嫌だなぁなどと思いながらもですね。

チェックアウトせねばということで。

パッキングせなあかんでしかしということで。

もぞもぞと支度など始めたわけでございますけれども。

おや。何やら足りないぞと。

いつもあるべきものが少ないぞと。

あぁ。

そう言えば昨日、衣類をごっそりランドリーに出したのだと。

そう言えばそうだと。

思い出しましてですね。


思い出しましてですね?



思い出したんですけれども。。。




…あれ、外雨降って…。。。。。











ぼくの衣類の全てが庭でびちゃびちゃになっていました。












おおい。。。意味分かんねぇよ。。。

取り込めよ。ダメだろこれは。びっちゃびちゃじゃねぇか。洗い直し必須なレベルだろ、これ。

こんなんバックパック入れられねぇよ。

入れて持ち運んだらバックパックの中全部びっちょりなるわ。

というか臭うわ。



勘弁してくださいよマジで〜。。。。。











どうやらここのランドリーサービスは、洗って干すまでがお仕事で、干した後の洗濯物の管理はご自分でどうぞということのようですので?

びっしょりの洗濯物を一度絞り、軒下の雨に濡れない、、、濡れにくい場所に移しました。

えぇ、ご自分でね。はいはい。ご自分でやらせていただきましたよ。



こんなんじゃ移動のしようが無いので延泊することに。

まぁ全部ビニール袋かなんかに入れて持っていき、ンカタベイに着いてから干し直すということも可能っちゃ可能なのですが、このお天気じゃ湖畔の街に移動したところでそれこそどうしようも無いだろうというのもありますし。




まぁこういうこともありますよね。

悪気があってやったわけじゃないでしょうし。

普段手洗いな自分がたまに金出してランドリー使うとコレかよ、と怒り狂いたい気持ちも分かりますけどもね。

それは貧乏根性丸出しの貧乏人による貧乏人の行いですので。

金は無くとも心は豊かに生きていきたいですよね。





2019052502_宿わんこ
宿わんこ

というわけでとりあえず宿犬をお供に朝ごはんを食べましょう。

昨日スーパーで菓子パンなど買ってきてあるのですよ。

ぼくはわりと朝ごはんを菓子パンなどで済ますことが多いのですよね。

ところでこのわんこはぼくのドーナツを狙っているのですかね。あげませんよ。


2019052503_宿わんこ
宿わんこ

そんな顔してもあげませんよ。


2019052504_宿わんこ
しゅーん

あ、スネた。


2019052505_宿わんこ
ちらっ

かーわい♡











2019052506_ムズズ
ムズズ

雨も止んだのでコーヒー飲みに行きましょうかねー。

それしかやることないですからねー。





2019052507_ムズズ・コーヒー・デン
ムズズ・コーヒー・デン

こちらがムズズで有名なカフェ「ムズズ・コーヒー・デン」

カフェと言うかネットカフェが本業っぽいです。

Wi-Fi30分いくら、みたいな料金が設定されていて、お客はみんな座席でPCに向かってカタカタやっていました。

なんつーか殺風景な店内でした。箱に机と椅子おいただけ、みたいな。


まぁ内装がどうだろうがコーヒーが美味ければそれでいいんですけど。


えーと、、、何飲もうかな。





あ、ちょっとお腹痛い。





いたたたたたた。これは痛い。





あかんあかん。すいません。おトイレお借りできますか?











…ふぅ。。。。。





今回はかなりヤバかったな。

いやー、危なかったー。



さーて。




…さーて。。。





…さーて?????












紙は?????












2019052508_ムズズ・コーヒー
ムズズ・コーヒー

こちらがムズズの名産「ムズズ・コーヒー」です。




まぁ。。。





普通ですね。。。





え?紙…?











なんの話ですか???











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.08.13 | マラウイ | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

マラウイのムズズで「なにもしない」をする

【1126日目】ムズズ(2019年5月26日(日)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





昨日は「朝起きたら頼んでいた洗濯物が庭でびちょびちょになっていた事件」のせいで移動を断念したわけですが。

今日はね、さすがに移動したいと思いますよ。


目的地は昨日同様マラウイ湖畔の街「ンカタベイ」

2019052501_ムズズ→ンカタベイ
ムズズ→ンカタベイ



庭でびちょびちょになっていた洗濯物たちは、昨日の朝のうちに軒下に移しておきましたので。

まぁきっと乾いていると思います。

本来なら洗い直し必須な状況なんですけどね。

宿のものと思われるシーツの類も昨日から干しっぱなし、そして濡れっぱなしですので。

この宿はそういう洗濯物の管理をする宿なのでしょう。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2019052601_今朝の洗濯物
今朝の洗濯物

まぁ洗濯物は一切乾いていなかったんですけどね。

なんなのこの湿り具合。湿度100%なの?



2019052602_雨
大雨

おまけに外は朝から大雨。

いやこれは仮に洗濯物が乾いていたとしても、宿から出ることを躊躇するレベルでしょう。

ダメだよ。何考えてんだお天道様は。











2019052603_宿のコーヒー
宿コーヒー

仕方がないので再延泊することに。

あれ?ぼく今急いでいるはずだったんですが。。。

こんなところで何もしないをしている時間など無いはずなのですが。。。。。











2019052604_宿のコーヒー(2回目)
宿コーヒー(2回目)

というわけで宿コーヒー(2回目)。

どうでもいいけど、ここの宿のコーヒーは確かにちょっと高めだけど、2〜3杯分ぐらい出てくるからわりとお得な気がします。

これ昨日カフェ・デン行かなくても良かったんじゃないか説がありますね。











2019052605_韓国ラーメン
宿の韓国ラーメン

夕方、あ、もう夕方です。ほんと一日中宿から出ていません。雨降ってたし。



で、夕方。

雨も止んだようだし、お腹も空いたし、近くのスーパーに買物に行こうかと思ったのですが。

日曜日は早じまいしてるんだって。



仕方がないので宿で晩ごはんも食べることに。





いやー。まじ一歩も外に出てないわー。





こんな日はブログも面白くなくて困っちゃいますねー(他人事)。





ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.08.14 | マラウイ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

マラウイ湖畔の街ンカタベイで「なにもしない」をする

【1127日目】ムズズ→ンカタベイ(2019年5月27日(月)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はいい加減ンカタベイに移動したいと思います。

2019052501_ムズズ→ンカタベイ
ムズズ→ンカタベイ

ええ。もう移動します。

何があっても今日は移動します。

そもそも今泊まっている宿は貧乏旅行者が3泊もしていいような価格帯では無いのですよ。

時間も金も無いっつーのにこんなところで時間も金も浪費するとかほんと意味わかんない。

ここまで計算しての「頼んでいた洗濯物が朝起きたらびちゃびちゃになっていました事件」だったのだとしたら、なかなかに計算高いし、断固として許しがたい行いですよ。絶許です。絶許。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2019052701_ムズズ
ムズズ

洗濯物は相変わらずしっとりしていたし、なんだったらちょっと生臭い臭いを発していますし、お天気も相変わらずすぐれないですが移動します。

移動するったら移動します。



2019052702_ムズズのバスステーション
ムズズのミニバン乗り場

こちらがムズズのミニバン乗り場。

ムズズからンカタベイまではそれほど遠くないので、ミニバンでサクッと移動したいところ。



「ンカタベイに行きたいならコレに乗れ」と言われるがままにミニバンに乗って待機していると、窓の外から料金の回収に来ました。

事前に調べていた価格だと2,000K(290円ぐらい)だったはずが3,000K(440円ぐらい)請求されたので「2,000Kだよね?知ってんだよ?」というと「いやいやいや…」とか言いながら結局2,000Kになりました。


2019052703_バスチケット
バスチケット

なんかバスチケットくれたんですけど。へー。





2019052704_ミニバン車内
ミニバン車内

結局1時間半ぐらい待ちました。

ようやく満員になったと思ったら、誰のか知らないけどバカでかい麻袋を如何に詰め込むかに四苦八苦し始めて、さらに時間がかかっていました。

人1人分ぐらいの大きさの麻袋だったんですが一体何が入っているのでしょうかね。座席の下に滑り込ませるために散々叩かれ、奥に押し込むためにガンガン蹴られてたんですけど、そんな扱いを受けてまでそれ運びたいんでしょうか。





1時間ほど走ったところで大きな交差点に出て、そこで少し停車しました。

地図によるとここで曲がるとンカタベイに行くようなのですが、状況的に曲がらないような気がする。。。



だばで「あの、このバスはンカタベイに行きますよね?」


隣の人「ん?あそこを曲がればンカタベイだよ」


だ「このバスは?」


隣「きみはどこへ向かっているの?」


だ「えーと。ンカタベイです」


隣「だったらここで乗り換えだよ!降りないと!」





会話は成立しませんでしたがぼくの知りたい状況は理解しました。

とりあえずここで降りればいいのね?





2019052704_ミニバン車内
ミニバン車内


どうやって?





隣の人「おーい。彼はンカタベイに行きたいらしいぞ」


車掌「おー。ここで乗り換えだー。降りてくれー」





2019052704_ミニバン車内
ミニバン車内


どうやって???





最も後ろの座席の最も窓側、つまり最も出入口から遠いところにギッチギチになりながら座っているのです、わたし。

そしてンカタベイに向かう乗客はぼくひとりらしく、他の誰も降りる気配がありません。

ぼくと出入口の間にはざっと7〜9人の人がいます。人数に幅があるのは、1席に対して1人以上の人間が座っているからです。詰め込み具合が半端ないよ。





仕方がないので窓から出ました。

大柄なヨーロピアンには不可能な方法ですよ。小さいサイズも悪いことばかりではないですな。





2019052705_ンカタベイ
ンカタベイ

乗り換え先の車はシエンタ。

すぐ人数が揃って発車しました。そこからンカタベイまではものの10分ほど。

こっちの車の料金は、さきほどのミニバンの車掌が払ってくれたようです。

まぁもともと「ンカタベイまで」で料金を支払っているので当然っちゃ当然なんですけど、この当然のことが出来ないバスって世界中にいくらでもいますので。

マラウイは栄えてはいないですがグローバル基準の常識は持ち合わせている国のようです。











2019052706_バタフライ・スペース
本日の宿

とりあえず今日の宿へ。

ンカタベイにはバックパッカーに人気の宿が2件あり、これはそのうちのひとつ「バタフライ・スペース」。


2019052707_バタフライ・スペース
バタフライ・スペース

森の中に埋まるようにコテージが並ぶ宿。

コテージだけじゃなく、ドミトリーやテントを張るスペースなどもあります。


2019052708_バタフライ・スペース
バタフライ・スペース

もちろんぼくはコテージなど泊まれないのでドミトリーに。

こちらがドミトリー棟です。いちおう男女別室。



ここの宿の推される理由は、なんと言ってもだいたいどこからでもマラウイ湖が展望できるという立地でしょう。

マラウイ湖ビューというか、マラウイ湖畔に建っています。



2019052709_バタフライ・スペース
マラウイ湖

こんな感じでね。はい。曇ってますね。



曇ってはいるものの、ムズズよりも乾燥しているような気がします。

どちらも高地だし、雨季だし、そもそもンカタベイは湖畔の街だというのに何故ムズズの方が湿度が高いのか。

丸二日干しても乾かなかった洗濯物も、こちらならたぶん乾きそう。というわけで早速干しておきました。

というかこんなことなら一昨日とっととこっち来ちゃえば良かったよね。











2019052710_ンカタベイ
ンカタベイ

とりあえずお腹がすいたのでお昼ご飯を食べに街まで戻ります。

バタフライ・スペースはいい宿なんでしょうけど、いかんせん中心部まで遠いんですよね。

いちおう宿の中にレストランもバーもあるので、外に出なくても問題ないんですが、そういうのは当然のことながらお高いですし。


2019052711_マーケット
マーケット

市街地をちょっと歩いてみたのですが、ツーリステックでお高そうなお店ばかりだったので、ローカルなマーケットにやってきました。

安食堂はマーケットにあるというのは万国共通のはず。


2019052712_マーケット
マーケット

ムズズもそうだったのですが、もはやテントや小屋、それどころか台車すらなく、その辺にシートを広げて商品を並べているだけのものが多い。

路上販売スタイルの売り子が広場に集まっているだけのようにも見える。


2019052713_マーケット
マーケット

もちろん小屋に商品を並べているお店もありますけどね。

さすがに湖畔の街のマーケットだけあってお魚が多いです。ただどれもこれも干されているんですけどね。生のお魚は売らないのかしら。



2019052714_ローカル食堂
ローカル食堂

やっぱりマーケットの一角にローカルな食堂が並んでいるところを発見しました。

マラウイでは、、、というかたぶんケニア以降ずっとそうなんですけど、食事の前に手を洗う習慣があるみたいなんですよね。まぁあのウガリとかンシマとか、アフリカの主食って基本手で食べるものらしいので。

なのでお店の中の目立つ所に洗面所があり、オーダーした後ウェイターさんに「洗面台はあそこだよ」と言われたりもしました。

ここのお店は店内に洗面台は無く、店先に置かれた大きなウォーターサーバーの水で手を洗うスタイルのようでした。

この水どこから来た水なのかなぁ。マラウイ湖から汲んできただけなんじゃないかと思うんだけど。



2019052715_ローカルメシ
ローカルなメシ

こちらがそのローカルな食堂で頼んだローカルなメシ。

主食を選んで(ンシマか米か)、メインのおかずを選ぶというシステムだったのですが、おかずは料理名じゃなくて材料名しか書かれていませんでした。つまりビーフかチキンかベジタブルか、みたいな。

で、ビーフを頼んでみた結果がこれだったということですね。

こういう食材を煮込むシチューのような料理が一般的らしいですよ。これもマラウイに限らずなんですけど。

お味のほどは悪くは無かったのですが、どう考えてもコメとシチューのバランスがおかしくて、最後はちょっと芯の残ったコメだけをひたすら食べるという苦行みたいになっていました。





2019052716_ンカタベイ
ンカタベイ

昼メシも食ったし宿に戻りましょう。

ンカタベイには特に何かしに来たわけではないのです。ちょっとマラウイ湖拝んどくかーぐらいのかるい感じで来ただけで。


2019052717_ンカタベイ
宿への道

こちらが宿へと向かう道。

もうこの先に観光客が集まる宿があるというのはバレているらしく、この道沿いにはお手製の土産物や絵画などを売る手作り感溢れるお店が何件か建っていて、宿に向かうにはここを通らざるを得ない観光客を待ち構えています。

インド人やアラブ人みたいに所見から胡散臭いわけではなく、物腰も穏やかだし言葉遣いも丁寧なのでうっかり話を聞いてしまうとめんどくさいことになります。入りの印象は全然違いますが、待ち受けている結果は同じだということですね。


マラウイは「アフリカの穏やかな心」とかいう二つ名を自称していますが、実際その辺を歩いていて話しかけてくる一般人なんてそんなにいないですよ。

結局話しかけてくるのは、話しかけた先にメリットがあるこういう自称アーティストたちか交通機関の客引きだと思って間違いないと思います。

あといちいち「How are you?」「I’m good, how are you too?」「Fiiiiiine」というやり取りを経ないと話が進まないのもめんどくさい。これは誰と話す時もそうなんだけど。毎回毎回実にめんどくさい。





2019052720_バタフライ・スペース
マラウイ湖

宿に戻り、やることもないので湖畔のデッキでPC広げてノマドぶることにしました。

他にやることないですし。

マラウイのSIMカードは買ってあるので、その回線をPCと共有すればネットも繋がりますし。

と言うかこの宿、外国人旅行者が多いんだからWi-Fiぐらい無いのか?と思って受付のあたりをうろうろしていると、



「マラウイのWi-Fiはすっげぇ遅いから、みんなSIMカードを買ってくれよな!安いから!」



という張り紙がしてありました。ここまで開き直られると何も言い返せないなぁ。



2019052721_バタフライ・スペース
マラウイ湖

あっちがンカタベイの中心部の方。見えないけど。

ちょうどあの丘が視線を遮り、市街地が視界に入らないようになっています。


2019052722_バタフライ・スペース
ファンタ(パイナップル味)

バーでファンタを頼んで飲みながら。

マラウイにはパイナップル味のファンタがあるんですよ。これ美味しかったです。オススメ。


というかちょっと晴れてきた?

晴れてきたよね?





2019052723_バタフライ・スペース

2019052724_バタフライ・スペース

2019052725_バタフライ・スペース

2019052727_バタフライ・スペース
マラウイ湖

ここぞとばかりに一眼を取り出して写真撮影。

一眼触るのいつぶりだろ。



いつの間にか他の宿泊客も集まってきていて、同じくマラウイ湖の写真を撮っていました。

その中のひとりが「撮れる時に撮っておかないとね。いつも天気悪いから」とか言ってたので、やっぱり雨季に来るもんじゃねぇなぁと思いましたね。



マラウイ湖も無事に拝めたので、早速ですが明日は次の街へ向かおうと思います。





ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.08.15 | マラウイ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム