中米の国境をローカル乗り継ぎで越えてみた

【78日目】コパン・ルイナス→サン・サルバドル



ようこそエルサルバドルへ_20141226

ようこそエル・サルバドルへ〜。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

という訳で、本日はホンジュラスはコパンからエル・サルバドルはサン・サルバドルまで移動しました。



ローカル乗り継ぎで。



死ぬかと思った。



まぁ実際に死にそうな目には全然あってなくて、ただしんどかっただけなんですが。

『世界一危険な都市サン・ペドロ・スーラ』を抱えるホンジュラス国内をローカルバスでだらだら走ってて無事だったんだから、ちょっとしんどいぐらいで済んで良かったと思いましょう。


滞在中危険なニオイなどみじんもしませんでしたが。




はい。じゃあ今日はこの移動についてだらだら書いていきます。

とりあえず、全旅程を書き出すと


・コパン→サンタ・ロサ・デ・コパン
 バシートで3時間 100レンピーアス(600円)

・サンタ・ロサ・デ・コパン→エル・ポイ(国境)近く
 バスで3時間 50レンピーアス(300円)

・エル・ポイ(国境)近く→エル・ポイ(国境)
 タクシーで10分 20レンピーアス(120円)

・エル・ポイ(国境)→サン・サルバドル
 バスで3時間 1.7US$(200円)


という感じです。
途中国境でお昼ごはんとか食べてたので、トータル11時間ぐらい。


ほら。しんどそうでしょ?

排ガスと砂埃でのどがやられました。

のどが痛いと風邪かと思うから嫌なんですよね。

まぁどうでもいいか。




○コパン→サンタ・ロサ・デ・コパン



ぶっちゃけローカル乗り継ぎなんかしなくても、バス会社所有のバスやシャトルサービスをやっている旅行代理店もあります。安全と快適と時間を買うならこちらの方がいいと思います。
値段だけを考えるならローカル乗り継ぎです。

コパン発のローカルバスは、遺跡に行く途中の小さなバスターミナルから出ています。
噂のサン・ペドロ・スーラ行きと、このサンタ・ロサ・デ・コパン行きとがあります。
スーラ行きのほうが便が多いですね。
サンタ・ロサ行きは4時(?うろ覚え)と6時半と8時発の3便です。

この6時半の便で出発します。

コパン→サンロサのバス_20141226

はい。バシートです。
中ではほとんど寝てました。朝早いんだもの。



サンタ・ロサ・デ・コパンは終点なのですぐ分かります。
バスから降りると色んな人が群がってきます。

「タクシー?」「どこそこ?」「どこそこ?」「水?」みたいな感じで。

一言「エル・ポイ」と言うと該当するおっさんが居るはずなので、そのおっさんに案内されたバスに乗ります。
チップ要求されるかと思ったけど、降車してる人待ってる間にいなくなっちゃいました。



○サンタ・ロサ・デ・コパン→エル・ポイ(の近く)



外からの写真撮ってないですけど、中はこんな感じです。

サンロサ→エルポイのバス車内_20141226

写真だとなんか小奇麗に見えますがクソ汚れてます。
まぁ長時間座っててもおしりが痛くならないし、スーツケースも屋根の上じゃなくて車体内に収納されるのでぜんぜんいいんですけど。


ただ、後ろのトイレに近いところはかなりおしっこ臭いです。


車窓から_20141226


山の中をのんびり走っていきます。
景色がいいですね。


バスは実際には国境まで行かず、バスの終点ぐらいでタクシーに乗り換えさせられました。



○ エル・ポイ(の近く)→エル・ポイ

現地人と思われるご家族(4人)と相乗り。
どう考えても5人乗りのタクシーに6人の乗客と運転手を乗せて走ります。
トランクも閉まらないので開けたまま走ってました。

途中、エンジンがかからなくなるというトラブルに見舞われます。

路上で石を拾ってくる運転手。



何するのかな?と思って見てると。





エンジンを石でガンガン叩いてました。





昭和のテレビか!と思って見てましたがちゃんと直りました。



○ホンジュラス→エル・サルバドル国境

タクシーはホンジュラス側のイミグレの前で降ろされます。
エル・サルバドルのバスターミナルまで行ってやるとか言ってましたが別にいらないので断りました。

ホンジュラス側のイミグレでは、入国時に書いた入国シートの写しがパスポートに留められているはずなので、それとパスポートを見せれば終わりです。

現地人と思われるおばちゃん共がかなり割り込んできていらっとしてたのですが、イミグレの担当者が
「順番を守ってくれ」
とキレ気味に注意してました。

ホンジュラス民度低いわー。とかブログで書くところでした。
あぶないあぶない。

どこの国もおばちゃんはあれだなぁ。ぐらいにしときましょう。



イミグレを終えると、そのへんにいる両替商に両替をお願いします。

1US$=22レンピーアス。

ここもほぼ為替通りです。どうやって生活してんだこの人達。

「端数切り上げてぽるふぁぼーる大作戦」は今回は却下されました。

ちなみに、エル・サルバドルの通貨は米ドルです。相場も同じ。
この腐れ円安の影響をもろに受ける訳です。



国境。

国境_20141226

ここに立ってた係員さん、たぶん英語がイマイチみたいで、左を指しながらずっと「ライト!ライト!」って言ってました。



次はエル・サルバドル側のイミグレです。

入国カードの記入なし。
2つ3つ質問に答えて終わりです。

あっさりだわー。



ところで、コパンで同じ宿だったデンマーク人のマイケルがここまでずっと一緒でした。
まぁ最後まで一緒なんですけど。

一緒にお昼ごはん食べました。

彼、英語は第二言語のはずなんですけど流暢すぎて何言ってるか分かりません。

ただ、すでに今日のホテルは予約しておりシングル13US$だと言っていたので、「ご一緒させていただけますか大作戦」を敢行することにしました。



○エル・ポイ→サン・サルバドル



国境から首都のサン・サルバドルまでバスが出ています。
国境のバスターミナルから119番という縁起でもない番号のバスに乗れば着きます。

まぁバスターミナルには3台バスがあって、全部119番でしたが。

エルポイ→サンサルバドル_20141226

これですね。


このバスは、スーツケースを屋根の上に乗せたりしません。持ち込み可です。
まぁ中米のチキンバスですからかなり混雑し、ぼくのスーツケースはかなり邪魔がられましたが。


どえらいべっぴんさんがぼくの横に座ってました。
ぼくのスーツケースを邪魔がりながら。

もうどえらいべっぴんさんでした。


ほんとどえらいべっぴんさんでした。



エル・サルバドル好きかもしれません。



サン・サルバドルにはいくつかバスターミナルがあるのですが、このバスは東バスターミナルに着きます。
「地球の歩き方」曰く、周辺は治安が悪いので注意とのこと。

バスターミナル内にはタクシーがわんさかいるので、危ないの嫌な人は使いましょう。



○東バスターミナル→ホテル

マイケルに「ご一緒させていただけますか大作戦」を行い、ホテルまでタクシー相乗りで向かいます。

サンサルバドルのタクシー_20141226

どう見てもタクシーじゃないですけどね。
ただのBbでしょ。

8US$。割り勘なので一人4US$です。




無事に宿につき、予約ないんだけど泊まれますか?と言って何気に「はじめての宿飛び込み」を何の問題もなくこなしました。
ここまでで11時間です。




道中はすべて山道なので、距離的には大したことないですが時間がかかります。
コパンを8時発のバスに乗るのであれば、間違いなく到着時は暗くなっていますので気をつけましょう。




ちなみに、ぼくは暗くなってから普通に出歩きましたが。

おなか空いてたし。

受付のお姉さんに「外危なくない?」と聞いたらむしろなんでそんなこと聞くのか分かんないぐらいの勢いで「ノー」と言われたし。

あと昨日会ったMどりさんはサン・サルバドルに住んでらして、「サン・サルバドルって危なくないですか?」と聞くと「エル・サルバドルは安全!」と言い切ってたし。


まぁこのへんは自己責任ですから。
このブログ見てじゃあ、、、って外出歩いて被害に会ってもぼく責任取らないですし。




まぁ旅人さんがこのブログ見てるとは思えませんけども(大爆笑)。




ちなみに、宿すごいいいとこでした。
「地球の歩き方」にも乗ってるでかいショッピングセンターの近くで、かなり清潔だしWi-Fiあるしウォーターサーバーもあります。
シャワーは水でしたが気温が高いので問題なし。


「ランドリー近くにないですか?」と聞くと「必要?だったらホテルの洗濯機使っていいわよ。」と言うほどの親切ぶり。
ドミトリー1泊10US$。

まぁ他にドミの宿泊客いないので実質一人部屋。

大満足。




「ご一緒させていただけますか大作戦」でついてきただけなのでホテル名分かんないんですけど。




ところでオルタナティブってなんだ?

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2014.12.26 | エル・サルバドル | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

エル・サルバドルの首都サン・サルバドルをぶらりしてみた

【79日目】サン・サルバドルとホヤ・デ・セレン



たぶんぼくめっちゃ日焼けしてます。

まぁ日焼け止め塗ってないから当然っちゃ当然なんですけど。

カリフォルニアぐらいから日差しハンパないし。

ただ今までは気づいてなかったんですよ。毎日見てますしね。

ただ今日ふと自分のウデとお腹まわりの肌の色を見比べたんですよ。お風呂で。




くろっ。




って思いました。

このブログは自撮り写真載せてないですが、そもそも撮ってないんです。

ぼく写真に写るのキライなんですよね。

なので、出発時点での顔面と今現在の顔面とを見比べることができないのですが、たぶん顔面も




くろっ。




くなってるんだと思います。

日本帰る頃にはよりいっそうこんがりしていると思います。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












はいこんばんは。

サン・サルバドルでは、自分に次のミッションを課していました。


いち サン・サルバドル市内をぶらぶらすること。

に  近郊の世界遺産ホヤ・デ・セレンでぶらぶらすること。

さん アメリカドルを補充すること。

よん カバンの中身オーガナイズ用品を仕入れること。


です。

ただし、明日にはサン・サルバドルを出てしまうので、ぼくに残された時間は今日しかありません。

おおう。じゃあ全部今日やらなきゃ。ということでそのもようをお送りします。




朝9時頃宿を出ます。

7時前に起きてたんですがベッドでだらだらしてたら9時でした。


とりあえず、ホヤ・デ・セレンという世界遺産の遺跡に行くことにします。

ホヤ・デ・セレンへは西バスターミナルからバスが出ています。
サン・サルバドルはいくつかバスターミナルがあるので、事前に行きたい場所へはどのバスターミナルからなのかを調べておきましょう。

「地球の歩き方」には「ホヤ・デ・セレン行きは180番のバス」とか書いてますが実際は「108番」です。


誤植でしょう。


そういうことにしてあげましょう。

ちなみに180番のバスを探しまわるが見つからず、その辺の人に「ホヤ・デ・セレン行きのバスは?」と聞いたら「108番だ」と言われた時のぼくのがっかり感は相当なものでした。


運転手さんに「ホヤ・デ・セレン行く?」と聞くと( ´∀`)bグッ!と返してきたのでそのバスに乗ります。



料金は0.76US$。

バスの車内にこんなの貼ってあります。

バス料金_20141227

ちゃんと1セント単位でおつり返してくれました。
そういう細かいの切り上げたり切り下げたりするの特に珍しいことではないんですが。

米ドル使ってるとはいえ物価自体は安いので、その辺細かくやらないとダメなのかな、と思いました。



ホヤ・デ・セレン近くになると、「ここで降りるの?え?違う?なんて?え?」みたいになってるぼくに対し、運転手さんと他の乗客の方たちが降りる場所を教えてくれました。


こういうのあるからやっていけています。


ホヤ・デ・セレン_20141227

はい。ホヤ・デ・セレンです。ユネスコの認定証みたいなのもちゃんとあります。
入場料3US$。やっす。


入ってすぐ左に博物館あるから。と受付のおじさんが言うので行ってみます。

博物館_20141227

まぁ相変わらず理解できないんですけど。


遺跡に向かいます。

遺跡というか植物園ぽい_20141227

遺跡というか植物園ぽいですね。


遺跡のなかみ。

遺跡なかみ_20141227

なかみそのに_20141227

なかみそのさん_20141227

火山活動で埋まってしまったという経緯から、「中米のポンペイ」とよばれているそうですがそれは本家ポンペイに失礼じゃないか?というぐらいこじんまりしています。
そりゃ3US$だわ。

まぁポンペイ行ったこともないのにそんなこと言ったらいかんですね。
ポンペイ行ってからまた言うことにします。


また、遺跡には当時も使用されていたとされるメキシコ式サウナが復元されており、中に入れます。

メキシコ式サウナ_20141227

こんなの。


当時のもよう_20141227

当時の使用の様子だそうです。


てゆーか一番びっくりしたのは、メキシコを中心にこのサウナまだ使ってるらしいです。



はい。以上です。遺跡。
1時間かかりません。

受付のおじさんに「さっきの入場料にホンジュラスのコインが混ざってたよ」と言われたので「あちゃー」した時間含めても1時間ぐらいです。



またバスでサン・サルバドルまで帰ります。

帰りは着たバスに乗って終点まで行けばいいので楽チンです。



じゃあ次、「サン・サルバドル市内をだらだら」します。

カテドラル_20141227

カテドラル。
なんか閉まってたので「入れないの?」と聞いたら「4時に開くよ」と言われたので中はなしです。
観たかったんですけど。


国立宮殿_20141227

国立宮殿。


まぁカテドラルもきれいなんですけど、それよりもその周りの市の方が楽しいですね。

野外市_20141227

こういうの。
カテドラル近くはもっとごちゃごちゃしてるんですけど、カメラ出すのもめんどいので撮ってません。


車通ってるけど_20141227

普通に屋台の間を車が通ってます。
大型トラックとかも通ってました。


野外市だけどハイテク_20141227

屋台のくせにテレビで最新映画情報流してるんですよ。
おそるべし野外市。


なかみ_20141227

路上だけじゃなく、ちゃんと市場っぽいとこもあります。
メキシコとかグアテマラに比べると声かけてこないですね。
東洋人どころか欧米人すら見ないので珍しいのかもしれません。



はい。「サン・サルバドルをだらだら」終わり。

別に危ない感じは一切しませんでした。
物珍しそうに見られることはしょっちゅうでしたが。



残る「米ドルの補充」と「オーガナイズ商品の仕入れ」はもう一気にやってしまいましょう。

昨日も書きましたが、「地球の歩き方」にも紹介されているでかいショッピングセンターが宿の近くにあるので、そこでやっちゃおうという魂胆です。


確かにでかいです。

メトロセントロ_20141227

メトロセントロそのに_20141227

メトロセントロそのさん_20141227

そしてみなさんちゃんとエスカレーターに乗れています。

むしろ、写真ぱしゃぱしゃ撮ってるぼくのほうがよっぽど田舎者です。


ついに念願の旅行用品店を見つけた(というか4つぐらいあった)ので、がっつりオーガナイズ用品を購入し、その辺のATMで米ドルをおろしてミッションコンプリートです。

ちゃんとクレジットカードでの支払いも手数料なしでいけました。
ただ、ID(日本人ならパスポート)の確認をされます。


道路_20141227

帰り道を歩道橋の上から撮った写真です。
チェーン店が海外仕様ですが、日本のバイパス沿いとそんな変わりません。

確かに高層ビルはありませんが、サン・サルバドルは都会です。
たまに見て分かるぐらいスラムなスラムがあり、そこはどう見ても治安が悪いですが、それ以外のところでは別にそんなでも無いと思います。

なんでこんなに観光客に人気ないんだろうなーと思いました。




まぁ見どころが少ないからですね。




このブログも唯一の見どころはこのバナー↓ですよ。必見ですよ↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2014.12.27 | エル・サルバドル | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム