中米の国境をローカル乗り継ぎで越えてみた(そのに)

【80日目】サン・サルバドル→レオン@ニカラグア



yhooニュースを見てたらですね、こんな記事がアップされていました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00000003-mai-soci

まぁあんまり危ないとこいったらあかんよ、というのはそうなんですが、気になったのは

公安当局は今秋、夫妻が「イスラム国に加わりたい」と周囲に漏らしているとの情報を入手。

というところですね。

公安ってあんまり表に出てこないしドラマや映画のイメージしかなかったのですが、ほんとにこういうことやってるんですね。
その後に続く文章も、公安がフェイスブックをチェックしてるらしき文面ですし。

例えば、ぼくがここで



あー。イスラム国行きてー。



とか書くと日本当局からメールとか来たりするんでしょうか。



やめなされ。



と。
いや。行かないですけど。死ぬのいやだし。







ほんとに行きませんよー。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












いやほんとに。前フリとかじゃなくね。

という訳でニカラグアからこんばんは。

ようこそニカラグアへ_20141228


本日は、エル・サルバドルの首都サン・サルバドルから、ニカラグアのレオンという街まで移動しました。




ローカル乗り継ぎで。




もうほんと好きねぇ。

好きねぇ_20141228



確かにしんどいけどわりと好きです。



今回の旅程はこんな感じです。


・ホテル→サン・サルバドル東ターミナル
 タクシーで15分 6US$。

・サン・サルバドル→サン・ミゲル
 でかいバスで2時間 5US$。

・サン・ミゲル→エル・アマティージョ(国境)
 普通のバスで1時間 1US$。

・エル・サルバドル側イミグレ
 特になにもなし。

・ホンジュラス側イミグレ
 入国税3US$。

・エル・アマティージョ(国境)→グアサウレ(国境)
 バシートで3時間 120レンピーアス。

・ホンジュラス側イミグレ
 特になにもなし。

・ニカラグア側イミグレ
 入国税12US$(高っ)。

・グアサウレ→チナンデガ
 普通のバスで2時間 30コルドバ。

・チナンデガ→レオン
 バシートで1時間 1US$。

・レオンバスターミナル→ホテル
 タクシーで20分 20コルドバ。


イミグレでもさもさしてる時間などを含めて、今回の移動時間は約12時間です。



ジーザス。



朝の6時にホテルを出て、レオンのホテルに着いたのが6時過ぎ。




いつからこんな早起きできる子になったのかしら。




○エル・サルバドル→サン・ミゲル




朝ターミナルに行ったら、ちょうどサン・ミゲル行きの大型バスが出るところで、たぶん普通バスじゃないんだろうなと思いながら値段を聞いてみると5US$との返答。

やっぱり少し高いなー。
チキンバスならたぶんもっと安いなー。
確かに車体も新しくておそらく中もかなり快適でふかふかの座席とほこりにまみれない環境が約束されていることが外から見ているだけでも見て取れおじゃましまーす。

やっぱ高いバスは最高だぜ_20141228


エ、エアコンが効いているだと。。。


すばらしい寝心地でした。
2時間寝っぱなしでした。

目的地についた時(終点じゃなかった)叩き起こされたのですが、別にそこいかなくてもいいからもう少し乗っててもいいですか、とはスペイン語では言えないので降りました。



降りたらただの交差点でした。

どこここ_20141228




○サン・ミゲル→エル・アマティージョ

捨てられた交差点から徒歩5分ぐらいのところにサン・ミゲルのバスターミナルがあります。

乗ってきたバスは日本でも高速バスなんかで使われるサイズの大型バスなので、市バスやアメリカのスクールバスサイズ用のターミナルには入らないんだと思います。


だからって交差点で捨てなくても。


「サン・ミゲルのターミナルだ」って言うから降りたのに。





普通のバスです。市バスサイズの。

ターミナルで乗るバスが分からず困ったオーラを出していると、にやにやしながら見ているおじさんがいたので尋ねます。
息子らしき人がバスまで案内してくれました。


声かけてくれてもいいんですよ?




○エル・アマティージョ(国境)

ここで、何を血迷ったかUS$をホンジュラスの通貨レンピアに両替してしまいます。


通過するだけなのに!


1US$=20レンピーアスだと言うので、21じゃなきゃ嫌だと言い張ると21でやってくれました。


別に必要ないんですけど!


国境の川_20141228

エル・サルバドル側のイミグレを抜けると、国境の川があります。


徒歩越境_20141228

そこをてくてく徒歩で越境します。
もう徒歩越境なんとも思わなくなったな。。。


ここでは、子供がたくさん近寄ってきて何事か話しかけてきます。

10分ぐらい聞いていてやっと理解したのですが、要するに「ホンジュラス側のイミグレは時間かかるから、パスポート貸してくれたら先に行って手続きしといてあげるよ」的な内容だと思います。

9割方予測ですが。

実際にやってもらっている現地人もいました。

まぁぼくは言ってる内容が理解できたとしても頼みませんけども。


イミグレともさもさするためにローカルで来てるんですから。



ちなみに、中米各国の主要都市間は国際バスが運行しており、イミグレの手続きなんかも代行してくれるそうです。



○エル・アマティージョ→グアサウレ




エル・サルバドルからニカラグアに行くときはホンジュラスを通らなければなりません。

そんな「ホンジュラスに用なんかないぜ!」という人のために、エル・サルバドルとの国境からニカラグアとの国境までダイレクトで走るバスが出ています。


ホンジュラス側のイミグレのすぐ横から出ています。


ぼくはしばらくまっすぐ歩いたところにあるバス乗り場で、あやうくテグシガルパ(ホンジュラスの首都)行きのバスに乗せられるところでした。

「違うよ!テグシガルパじゃなくてグアサウレだよ!」

と言うと「それならイミグレの横だ」と言われた時はなかなかがっかりしました。




暑いんだもの!

今何月だと思ってんだ!年の瀬だぞこんちくしょう!



バスは基本6US$です。
レンピアしかないって言ったら1US$=20レンピア換算でレンピアでも受け取ってくれます。


まぁこのルート使うときはレンピア持ってる必要ないってことです。


途中大規模な太陽光発電所(建設中)を見ました。

太陽光発電所_20141228

うん。この日差しならやったほうがいいですね。




○グアサウレ(国境)

バスを降りると、チャリタク(自転車タクシー)の運転手がわらわらと寄ってきます。

「ニカラグアのイミグレまで3キロあるから、乗らなきゃダメだ」

と言ってきます。

そしてぼくは、「そう言われたけどそんなことなかった」という情報をすでに仕入れています。




ほんとに3キロって言ってきたよ。




という感想でした。もうそれバレてますよ。




ホンジュラスのイミグレを抜けると、また川があります。

国境の川そのに_20141228

これよく見ると馬に乗って渡河している人がいるんですけど、これって不法入国ですよね。


日本が援助したと思しき国境の橋_20141228

そこにかかっている橋。
なんか日本の国旗があるなと思ったら日本の資金援助を受けて造られた橋みたいです。

ニカラグアに入ってからももう1つ見ました。

まぁ「我々の税金でできた橋」ということです。



この国境は、あんまり両替商を見ません。

なんでだと思ってニカラグア側に来ると、銀行がありました。
銀行どころかATMもありました。




なんて余計なことを。。。




明らかに銀行はレートが悪いので、その辺の子供らに「両替商いないの?」と聞いたら案内されました。
まぁいるっちゃいるんですが、他の国境では札束持ってぶらぶらしながら寄ってくるんですが、ここの両替商は椅子に座って客が来るのを待ってます。
さしずめその風貌は悪代官を彷彿とさせます。
そして、為替1レンピア=1.26コルドバのところ、「1レンピア=1.20コルドバ」と言い張り一切交渉に応じません。
いやなら後ろの銀行で両替すれば?感がぷんぷんします。


どちくしょう。


「安すぎる。他にいないの?」とさっきの子供らに聞くと、「ホンジュラス側の両替商なら1レンピア=1.25でやってる」との回答。
いやー。ないわー。確かに3キロは言い過ぎだけど、1キロはあるもの。


いや、距離うんぬんっていうか暑いんだもの。


「15分待ってくれたら代わりに行ってくるよ」と言われましたがさすがにねぇ。。。


やむを得ずそこの悪代官に両替をお願いします。


持ってるレンピアを全て両替して1110コルドバ。ちなみに1コルドバ5円ぐらいです。
さっきの子供らに端数の10コルドバをチップとしてあげました。



少なっ。って言われました。



お兄ちゃん「ペケーニャ」って単語の意味知ってるんだぞ。
ちなみにその辺で売ってるコーラ1本20コルドバでした。


まぁ確かにコーラも買えないんじゃ少ないか。




○グアサウレ→チナンデガ

ニカラグア側のバスターミナルはイミグレから少し離れていますので頑張って歩きましょう。
レオン行きのバスないかと思って探したんですが見つけられませんでした。

というかぼくが行った時バス2台しかなかったし。

選択肢なし。





チキンバス_20141228

何気に初でしょうか。中米名物チキンバス。

アメリカとかのスクールバスの払い下げで、こういうファンキーな塗装を施して中米中をぶいぶいいわせています。
なんかファンキーにしなきゃダメ的なルールでもあるのかってぐらいみんなファンキーです。



スーツケース持ち込んじゃってすごい邪魔がられました。




○チナンデガ→レオン

メキシコにもレオンって街ありましたが、スペイン人はライオンさん好きなんでしょうか。
あ、レオンってライオンのスペイン語です。

どういう因果関係なのか誰か調べて教えて下さい。


ターミナルに着き、バスを降りたら運転手さんが「どこに行くんだ」と聞いてきたので「レオンだ」と答えると「それならあっちだ」と教えてくれました。



バシートです。
最後の方に乗ったので運転席と助手席の間に座れました。

ほんと限界まで人を乗せるので、後部座席は暑いし窮屈です。
その点、前列(特に助手席がベスト)は若干広めで座り心地もずいぶんマシです。


運賃25コルドバと言われたのですが、「500コルドバしかない」と言うと運転手さんが「お釣りがないから1US$でいい」とのこと。
コインで1US$渡したら不思議そうな顔してたのでお札の1US$で払いました。

まぁコインだと両替できないしね。



レオンのターミナルに到着すると、件の運転手さんがホテルまでのタクシーを拾い、行き先を伝え、値交渉までやってくれました。


ほんとバスの運転手さんとか車掌さんにはいつもお世話になっております。
今日のホテルの人もすごい親切だし。
どの国の人も見慣れない東洋人に街なかで急に道を尋ねられても親切に教えてくれるし、いい人が多いなあと思ってましたがたぶん逆ですね。

「いい人」が普通で、たまにおかしなのがいるという割合なんだろうなと思います。







こんなこと言ってると明日ぐらいになんかヒドイ目に合うんだろうな。







まーふぃーまーふぃー。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2014.12.28 | ニカラグア | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

レオンの世界遺産レオン大聖堂で愛を叫ぶ

【81日目】レオン@ニカラグア



キス禁_20141229


キス禁。


もうレオン大好きだ。


全世界的に発布してもらいたいぐらいだこんちくしょう。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

別にレオン市内全域でキス禁な訳じゃないです。



はい。今日はレオン市内をだらだらしていました。

ただ暑すぎるので3時ぐらいには宿に逃げ込んでましたが。
最高気温34℃だそうな。


じゃあちょっくらご紹介していきましょう。

とりあえずコレ。

レオン大聖堂_20141229

レオン大聖堂。
まぁレオン来たらとりあえずコレ観ないと。世界遺産だし。

なかみ。

なかみ_20141229

木製祭壇_20141229

お綺麗ですね。



あとレオンと言うと教会があちこちにあります。

1号_20141229

2号_20141229

3号_20141229

4号_20141229

もうどれが何教会か覚えてないですけど。
中入れたり入れなかったりします。



あとは革命関係の建物がありますね。

革命記念碑_20141229

これはカテドラル真横の革命記念碑。

ニカラグアって少し前まで内戦やってて、その時の反政府組織の本拠地がここレオンにあったそうです。
もう今は反政府組織じゃないですけどね。今の大統領の所属政党ですし。

まぁ暑かったのと、そのテの建物は『内戦中なんらかのイベントがあった』だけの普通の建物なので見つけにくいというのもあって写真はありません。



あとは、、、あぁ。レオンというだけあってあちこちにライオンさんがいます。

ライオンさん_20141229

ライオンさん2号_20141229

がおー。

他の動物もいます。

他の動物もいます_20141229

もちろん人間もいます。

背の高い婦人と背の低い紳士もいます_20141229



大聖堂前のセントラルパークにみんないます。


で、これが大聖堂から見たセントラルパーク。

セントラルパーク_20141229

じゃまですねぇ。あの電波塔。
街の中心にあると何かと便利なんでしょうけども。

そこか?

というね。

いやそこじゃないでしょう。

そこにするならもう少しデザインに気を使うとかさぁ。
エッフェル塔とまでは言わないからさぁ。


あかんわー。経済優先やわー。気に入らんわー。



帰りに大聖堂前を通ると、なにやら屋根の上に人影が。

もしかして登れるのか?と思って再度行ってみると、3US$もしくは78コルドバで鐘楼に登れるとのこと。

じゃあ行ってみます。

鐘楼に着くと、英語の話せるスタッフが注意事項を説明してくれます。

曰く、

・鐘はつかないでください。
・屋根の上を歩くときはくつを脱いでください。
・ドームには登らないでください。

の3つですね。


まぁどこぞの観光客が鐘ついてましたけど。ごいーんとね。


で、これが屋根の上です。

屋根の上_20141229

白いでしょ?照り返しはんぱないんですよ。


逆向き。

同じく屋根の上_20141229


鐘楼。

鐘楼_20141229


屋根からの眺め。

屋根からの眺め_20141229


キリスト像(うしろから)。

キリスト像_20141229




電波塔!



きぇーーーーー!!!!








…おおう。取り乱した。

失礼。

まぁ失礼なのはあの電波塔ですが。




別にレオン市民にスマホ使うなとかテレビ観るなとか言ってるんじゃないんですよ。
まぁあの電波塔が携帯の電波なのかテレビの電波なのか知りませんけども。


やり方をね。ほら。


これは途上国だからっていう言い訳にはならないと思うんですよね。

むしろ途上国だからこそでしょうよ。

観光業で外貨稼がないとダメなんだから。



もうあかんわー。

納得いかんわー。


あーアイスうめー。




ぽちっとしてー。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2014.12.29 | ニカラグア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

世界遺産の街グラナダをぶらりしてみた

【82日目】レオン→グラナダ@ニカラグア



日本はもう大晦日ですか?大晦日ですね。


大晦日までこんなブログ読んでいただいてヒマなんですねありがとうございます。


こちらはまだ30日の夜ですが大晦日も元日も「だから何か?」という生活を送る予定です。


ので、明日も明後日も通常営業です。


当ブログはどんなイベントにも負けず年中無休でお送りします。













ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

誕生日だのクリスマスだのハッピーニューイヤーデーだのは非リア充のぼくには縁のないイベントなのですよ。




…(´Д⊂グスン




はい。

今日はレオンからグラナダという街に移動しました。


これまでの移動と比べてそんなに遠くないので、朝イチに移動して午前中にはグラナダに着いて午後グラナダを観光しようと思ってました。

が、やっぱり長距離の移動が続いて気温も高いので疲れてたんでしょうね。

10時まで起きませんでした。

まぁ別にいいんですけど。


11時ぐらいに宿を出ます。



バスターミナルまで少し距離があったのですが、歩けない距離でもないので歩いて行きました。

失敗でした。

バスターミナルの周りは市場になっており、どう通ってもその市場を通過しないとターミナルに行けないんです。
バカでかいスーツケースを引きずって歩くのには少し厳しかったです。



レオンからグラナダへの直通バスは見つけられませんでした。
ので、とりあえず首都のマナグアまで行ってバスを乗り換えます。


○レオン→マナグア
 バシートで1時間ちょい 51コルドバ。

ついたバスターミナルからグラナダ行きのバスも出ていました。

○マナグア→グラナダ
 バスで1時間半 24コルドバ。


ちなみに1コルドバ=5円ぐらいです。



グラナダに着くと、とりあえず宿を探します。

いちおう昨日ホテル予約サイトで探してたんですが、出てきた宿が中心部から少し遠いし値段もそんなに安くなかったので、「地球の歩き方」に紹介されていた安宿に飛び込みで行ってみることにしていました。


すぐ見つかります。


そこら中の電信柱とかに「OASIS→」って貼ってあります。


普通にドミが空いていたので宿泊することに。9US$。

ここは、「外国人バックパッカーに人気」と紹介されている通り、めちゃくちゃ欧米人がいます。

つーかグラナダ全体的に欧米人観光客が多いです。



まぁ今はそういう時期なんでしょうね。


年末年始の休暇で避寒に来ているんでしょう。



グラナダ自体そんな大きな街じゃないので、3時ぐらいから街をぶらぶらしてましたが十分でした。

ざっくり紹介していきます。


カテドラル_20141230

はい。カテドラル。


コロニアル調の_20141230

カテドラルの周りにはコロニアル調の建物がたくさん残っています。


コロニアル調のそのに_20141230

コロニアル調のそのさん_20141230

また、カテドラルから湖に向かう道が観光客向けの通りになっており、パステルカラーの可愛らしいおうちが並んでいます。
ただ、このへんの店は観光地価格で高いです。

アイス食っちゃって泣きそうになりました。200円とかしたので。


通りは湖に突き当たります。

湖来たけど_20141230

波高っ。


つーか汚なっ。



カップル多っ。




滞在時間30秒ぐらいでした。




宿の近くのメルセー教会というところで、1US$で鐘楼に登ることができます。

メルセー教会_20141230

このピンク色のやつですね。

こんな階段で_20141230

こんな階段で。
すれ違いできません。


ながめ_20141230

ながめそのに_20141230

鐘楼からの眺め。

コロニアル調の建物の造りを観ることができてなかなか興味深いですね。



ニカラグア一の観光地というだけあってすごい観光地化されっぷりです。

宿もレストランもとりあえずUS$で値段言ってきます。

絶賛くされ円安中なので、基本的にはUS$は使いたくないのです。割高だから。
いちいち「コルドバだといくらですか?」と聞かなきゃいけないのでめんどくさい。


まぁ市場とかは現地人向けなのでコルドバで言ってきますけどね。
それはそれで大変なんですけど。

卵1個買うだけで5分ぐらいおばちゃんともさもさしてました。





さて、あんまり明日の予定を書かないことにしているのですが、今日は書きましょう。

明日は、国境を越えてコスタ・リカに行く予定です。

コスタ・リカは陸路入国の場合も出国用のバスチケットの提示が求められるらしいとのこと。


で、ぼくはそれを今時点で持っていません。



おそらく国境に着くタイミングでも持っていないでしょう。



さて。ぼくは明日無事にコスタ・リカに入国できるのか?
大晦日から国境難民になってしまうのか?



という過剰なヒキをもって本年最後の記事を締めくくりたいと思います。

これを読んでくださっている皆様。

本年のご愛読、誠にありがとうございます。
来年も今以上にぐだぐだやってまいりますので、引き続きご愛顧いただけますようよろしくお願い致します。



それでは皆様よいお年を。



今年の締めにひとクリック↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2014.12.30 | ニカラグア | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム