コスタ・リカはサン・ホセからハッピー・ニュー・イヤーをお届けします

【83日目】グラナダ→サン・ホセ@コスタ・リカ



新年明けましておめでとうございます。

昨年はご愛顧いただき誠にありがとうございます。
本年もみなさまのご期待に沿えますよう当ブログの運営に励んで参りますので、引き続きご愛読賜りますようお願い申し上げます。




建前ってめんどくさいなぁ。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

ちなみにこれを書いている時点ではこちらはまだ2014年です。


本日はニカラグアのグラナダからコスタ・リカのサン・ホセまで移動しました。



朝7時半ぐらいに宿を出ます。


○グラナダ→リバス

バスで1時間ちょい 30コルドバ。

こないだコメントで「ローカルバスには物売りは来るのか?」という質問をいただきました。


がっつり来ます。


こんな感じです。

売り子_20141231

売り子そのに_20141231

売りに来るものは様々ですねー。
水とかジュースが多いですけど、カットフルーツとかパンとかケーキとかお菓子とかタコス系の軽食とかいろいろです。

エル・サルバドルでは、売り子がバスに乗ってきて5分ぐらい自分の持っている商品の説明を演説してから売り始めてました。
頭痛薬とかガイドブックとかウェットに富んだ商品を売ってましたね。

グアテマラでは、バスに客が乗りすぎて売り子が入ってこれないので、窓から商品やりとりをしていました。
この時ものすごいべっぴんの売り子さんがいました。

ホンジュラスでは、、、。あんまり記憶にないや。

まぁ同じ中米で同じ物売りですが、やっぱり国が違えばやり方なんかも違います。



リバスが近づいてくると、バスの中にまでタクシーの客引きが乗ってきます。

曰く、

「今日は大晦日だからバスはやってない。タクシーしか無い。乗り合いで乗れば安い。25US$でどう?」

高すぎだろ。



バスがリバスに着くと、どう見ても国境行きのバスがあります。

「バスあるじゃん。バスで行く。」と言うと

「今日は大晦日だからイミグレが1時に閉まる。今9時過ぎだ。バスだと3時間以上かかる。間に合わない。タクシーだと45分で着く。20US$でどう?」




○リバス→ペニャス・ブランカス(国境)

ここでぼくは失態を犯します。

何を思ったか客引きのクサレ営業トークを真に受け、タクシーを使ってしまいました。
400コルドバで。1600円ぐらいですね。

「乗り合いだから他の乗客を探す」と言いながら誰一人見つけられない運転手。

タクシー乗ってしまったことでヘコむぼく。
もうね。「Noと言える日本人」にならんといかんのですよ。

あー今年最後までこれかー。あかんわー。



国境に着き、まぁ最初に言われた通り400コルドバを払います。



運転手「500だ。」


ぼく「は?400って言うたやん。」


運「それは乗客が4人乗った場合の話だ。一人しか乗ってないから500だ。」


ぼ「それおれ関係ないやん。自分が客見つけられんかっただけやろ。」


運「いや。500だ。」


ぼ「400しか払わん!」


運「じゃあ450でいい。あと50だ。」


ぼ「断る!」




いやぁ。
今のところこの旅行中で1番怒りましたね。

怒りレベル★3つぐらいですね。まぁ英語で会話してるのでまだまだですよ。


ちなみにぼくの怒りレベルは

★☆☆☆☆ いらっとする。
★★☆☆☆ 「怒った」という感情を表す(例:にらむ。舌打ちする。)
★★★☆☆ 語調が怒気を孕む。会話は成立する。
★★★★☆ 日本語で怒鳴る。もはや会話する気なし。
★★★★★ 全てシカトする。相手を石ころ以下の存在として扱う。

という感じです。


自分で書いといてなんですけど、どうでもいいですね。




○ニカラグア側イミグレーション

さて、国境ではまずニカラグア側のイミグレで出国手続きをします。
イミグレに入る時に1US$。出国手続き時に2US$。

もう何の金か分からん。
いちおう両方レシート出たから正規のヤツなんでしょうけど。

ニカラグアは入国時はスタンプなかったけど、出国時は押されました。



国境_20141231

国境を越えます。





○コスタ・リカ側イミグレーション

はい。次が問題のコスタ・リカ入国審査ですね。
コスタ・リカからの出国用のバスチケットか航空券を持ってないといけないという。

この国境には、両替商とバスチケット売りがうろうろしています。


「バスチケット持ってる?」

「無いと入国できないよ」

「ニカラグア行きのチケットを25US$で売るよ」

「え?ニカラグア戻らない?大丈夫。入国審査用だから」



入国審査のためだけに25US$も払う気にならん!という訳で



「コスタ・リカの次はパナマに行く。パナマ行きのチケットなら考えるがニカラグア行きはいらん」



おお。ちゃんと「No」と言えるじゃないか。
来年もこの調子でがんばれよ。



ただまぁこういう人らがいるってことは、出国チケットなくて入国拒否されるケースはリアルにあるんでしょうね。
いちおうちゃんとしたバス会社もブースを構えてチケットを売っています。



イミグレの目の前で。



バス会社のブース_20141231

これ右側の建物がイミグレで、左にあるのがバス会社のブースですね。

もう入れ食いですよ。
ここでチケット買わないと国境難民なんですから。




だが買わん!!




そんなもん入国拒否されてから買えばええんやろ。

と開き直ったぼくはチケットを買わずにイミグレに乗り込みます。



イミグレ「スペイン語話せる?(スペイン語)」


ぼく「少しだけ(スペイン語)」


イ「何日滞在する?(以下英語)」


ぼ「4日です」


イ「その後は?」


ぼ「パナマに行きます」


イ「そうか。よい旅を」





終わり。

チケットのチの字もありませんでした。


ただ、パスポートのスタンプにガッツリ『5』と書かれました。

「滞在許可5日」という意味ですね。


確かに4日間って言ったけどさ。
という訳でコスタ・リカは5日以内に出ないといけません。

忙しいなあ。



コスタ・リカのイミグレの後は荷物検査があります。
空港とかにあるX線の機械に荷物通します。



ぼくの見る限り、誰一人機械の画面見てませんでしたが。





○ペニャス・ブランカス(国境)→サン・ホセ

イミグレ出てすぐのところにバスターミナルがあります。
ただこれまでの国と違って、客引きが寄って来ません。

泊ってるバスに近寄り、スタッフらしき人に「サン・ホセに行きたい」と声をかけます。



「チケット買ってきてねー」



事前にチケットを買えと?



チケットには座席番号が記載されており、かつ出発時刻が印字されています。



客が集まったら出発するんではなくて?



荷物を預ける際、タグをつけられ半券を渡されます。



テキトーに放り込まないのね?





中米の中では一番しっかりしてますね。コスタ・リカ。

サン・ホセ市内は信号も多いし。

どっちがいいかは別の話ですが。


ちなみにチケット4,650コローネス。
高いのか安いのか?という話ですが1コロン=0.2円ぐらいです。

ので、1000円弱ですね。



うん。高いですね。



大型バスでだいたい6時間半ぐらい。
出発してすぐの警察の検問と、途中のサービスエリアっぽいところでの休憩時間含みます。

つーかそんな長時間のバスにトイレ無いってどうなの。




○コスタ・リカバスターミナル→ホテル

おかげさまでサン・ホセに着く頃にはおしっこしたくてしょうがなかったです。

なのにバスターミナルのトイレは「時間だから」って目の前で閉められました。

いやいや。2分待ってくれればいいのに。と思いながら「他にないですか?」と聞くと「横の家にあるよ」とのこと。




ほんとに家でした。




横の「建物」じゃなくて横の「家」って言ってたから変だなーとは思ってたんですよ。
普通にダイニングで住人らしき人がテレビ見てました。


そりゃトイレあるでしょうよ。


ほんとに知らん人のお家のダイニングとキッチンを通過しておトイレをお借りしました。


なにこれ超おもしろい。


と思ったんですが、さすがに知らん人の家の中の写真は撮りませんでした。



ホテルまでタクシーで9,560コローネス。2,000円ぐらいですね。

今日めっちゃ金使ったな。。。




サン・ホセは安全みたいなので夜ぶらぶら散歩してたらマクドを含む全ての食事処が閉まるという残念な感じになってました。




あ、花火上がりだしました。



こちらも今日付が変わりました。




ハッピーニューイヤー。




あけましてぽちっと↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2014.12.31 | コスタ・リカ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

サン・ホセで正月らしくだらだらしてみた

【84日目】サン・ホセ@コスタ・リカ



やることねぇ…。

昨日タクシーの運転手さんに「1日は美術館とか開いてるか?」と聞いたら

「開いてるわけねぇだろ。」

と言われました。



そりゃそうだ。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

という訳で今日はサン・ホセの街をだらだら散歩することにしました。


つーか特別に興味のある美術館とかじゃないとどうせ開いてても行かないんですよね。
よく考えたら別に元旦じゃなくても同じことしてただろうなと思います。



宿を出てメイン通りをぶらぶら歩きます。

てゆーかサン・ホセ肌寒いですね。
今までのところに比べるとだいぶ高地なので。

まぁそれでも25℃とかあるんですけど。



はい。そんなこと言ってる間に国立博物館に到着しましたよ。

国立博物館_20150101

これはコスタ・リカにまだ軍隊があった頃の軍司令部の上に建てられているそうです。
外壁には今でも弾痕が残っています。こわいですね。

博物館の弾痕_20150101

まぁついでなのでちょっと説明すると、コスタ・リカは1950年頃に軍隊を放棄し、1980年頃に永世中立を宣言しています。まぁだいぶ曖昧な知識なので詳しく知りたい人はWikipediaしてください。

おとなりの国と陸続きだし、そのおとなりの国は内戦だのなんだのでたいがい情勢不安な中で永世中立としてやってこれているというのはすごいことだと思います。



はい。そんなこと言ってる間に国立劇場に到着しましたよ。

国立劇場_20150101

「地球の歩き方」曰く、「コスタ・リカで革命が起きないのは国立劇場のガラスを割りたくないからだ、と言われている」とかなんとか。
中がすごい豪勢らしいんですが、今日は入れません。残念でした。

そういえば日本って革命とか独立とかとは無縁ですよねー。

フィリピンの英語留学でもグアテマラのスペイン語留学でも「日本のインディペンデンス・デー(独立記念日)は?」と聞かれたのですが、「そんなもん無い」としか言いようがないですよね。

「日本は建国以来今の天皇家が統治し続けているため、『独立』という概念がない」

という説明を英語かスペイン語でするというミッションに何度も心が折れた覚えがあります。



はい。そんなこと言ってる間にカテドラルに到着しましたよ。

カテドラル_20150101

ちょっと外観が新しめですね。
ここは今日も開いていて入れます。

なかみ_20150101

せっかくなのでここで初詣といきましょうか。
まぁ神様が違いますがね。

つーか日本で初詣行ってる方たちはなんていう神様の所なのか分かってて行ってるんですかね。
少なくともぼくはどの神様が祀られてて、どういう方で、どういう方面に強い方なのかなんて知らずに初詣ってました。

じゃあ別にここでやっても同じことですよね。

という訳で、残りの旅の無事を祈願しました。

初詣まだな方は、ぼくが無事五体満足で帰国できるよう祈っていただいてもいいですよ。



はい。そんなこと言ってる間にメルセー教会に到着しましたよ。

メルセー教会_20150101

メルセー教会ってどこにでもありますね。
アンティグアにもレオンにもグラナダにもありました。たぶん見てないだけで他の街にもあったんでしょう。
ちなみに、アメリカでヨセミテ国立公園に行く際に宿を取った「マーセド」は「メルセー」の英語読みですね。

メルセーってスペイン語で「好意。利益。報酬。」って意味があるらしいですね。

てっきり聖書関係の人の名前だと思ってましたが、スペイン植民地時代の何かしらに関係があるような気がします。
ちょっと調べてみて分かんなかったので諦めました。誰か詳しい人教えてください。



おや。左にユネスコの旗が見えますね。なんでしょうか。

ユネスコ中米支部的な_20150101

ユネスコの中米支部的な感じですかね。セントロアメリカって書いてるので。

ぼくはこのブログで世界遺産を連呼していますが、世界遺産というのはユネスコが認定しています。
ユネスコ的には「世界的に重要な自然や建造物を保護する」という大義名分ですが、各国自治体的には「金の成る木」ですね。
まぁ認定当時の要件を満たさなくなれば取り消しもあるので、維持するのも大変みたいですが。
どちらにしろ、世界遺産目当てで観光客が群がってくれればいいな、という魂胆が見え隠れします。

そしてそれにまんまと踊らされているのがぼくですね。



はい。そんなこと言ってる間にサバナ公園に到着しましたよ。

サバナ公園_20150101

いちおうここを目指して歩いてきたのですよ。
どうせ建物の中には入れないので、だったら公園に行ってアイスでも食いながらベンチでぐだぐだしよう。という素晴らしい正月の過ごし方を思いついたからです。

が。

人大杉_20150101

人多すぎ。
同じこと考えてる人多すぎ。

確かに広いし池もあるし、現地の方たちの憩いの場なのでしょう。

憩いすぎ_20150101

だからって憩いすぎ。ベンチとか開いてねぇし。
そもそも絶対数が少ないぞ。
200円もするアイス買っちゃったのに。。。


しょうがないので公園内を散歩することにしましょう。


池_20150101

はい池。水はそんな綺麗でもない。


トラック_20150101

トラック。走ったり歩いたりチャリ乗ったりしてます。


スケートリンク_20150101

トラックの中にスケートリンクもあります。
スケートリンクであってますよね?


凧揚げする親子_20150101

凧揚げしてる親子が何組かいました。


正月っぽい_20150101

あー。正月っぽい。
凧の柄トイ・ストーリーですけど。



うん。

初詣して凧揚げ見て実は朝ごはんに寿司をいただいたので意外と正月らしい正月を送ったのではないでしょうか。



みなさまも良い正月をお送りくださいませ。



ブログ村でね↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.01 | コスタ・リカ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

国立公園天国のコスタ・リカに残された最後の秘境に行ってみた

【85日目】サン・ホセ→ドラケ・ベイ@コスタ・リカ



今日チェックインしたホテルは男女共同ドミ(男とか女とか分けてない部屋)なんですね。


で、ぼくがチェックインして部屋に行ったら、明らかに女性物の水着が隣のベッドに置いてあったんですね。






いや。なにもしてませんよ。






ほんと新年早々やめてください。
ぼくこれでも紳士で通ってるんです。





ちょっと洗面所でパンツ洗って部屋に干してやったぐらいですよ。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

本日はドラケというところまで移動しました。

4時起きです。



1月の2日から4時起きですか?



という話ですが4時起きです。

まぁ岐阜にボード行くと思ったら似たようなもんですね。
大丈夫。そんな言うほどエラくないぞ。



コスタ・リカの南側に遠出する際は、『Tracopa』というバス会社がたくさん便を出しています。

なんか「地球の歩き方」見てるとバス停が2箇所書いてありますけど、こっちです。



正月を地元や行楽地で過ごす人々のラッシュがあるんじゃなかろうかと若干ビビっていたので、始発の5時発に乗るべく4時半にはバスターミナルに着きます。

バスターミナル_20150102

すでに若干チケット購入のための行列ができておりますが、この人数なら大丈夫でしょう。
一安心。


バスは5時発なんですけど、窓口の営業時間も5時からなんですよね。
ちゃんとチケット買えるのか?と思ってたんですが4時45分ぐらいに開けてくれました。
大人一人5,955コローネス。だいたい1,200円。



コスタ・リカの長距離バスはちゃんと長距離バスなので(トイレはないけど)、長距離移動もそんなに苦になりません。
まぁエアコンは効いてないですけどね。窓開ければいいし。

そう考えるとエル・サルバドルで乗ったちょっと高めのバスが今までで一番快適だったな。。。



パルマル・ノルテというところで降ります。



また地図のルート間違ってるな。
そんな最短距離では走らないよ?ブエノス・アイレス経由する感じだよ?

パルマル・ノルテは特に大きなターミナルでもないし(というか普通のバス停っぽい)、バス自体はもっと先の国境の方まで行ってしまうので寝過ごさないようにしないといけません。



降りるとタクシーの運転手がわらわらと寄ってきます。

もうほんとワンパターンなんですよ。

「シエルペからドラケまではボートでしか行けないが、午前中の便なら15US$。午後だと20US$。今すぐタクシーで行けば午前の便に乗れるがバスで行くなら午前の便には間に合わない。さぁおいでませタクシーへ。」

というような内容の客引きでした。



がっつり断りました。「バスで行く」と。



そしたら、それを見てた英語を話せる現地のお姉さん(べっぴんさんで身長は低いんだけどボンキュッボンの抜群のスタイルをお持ちになっておられたけど指輪してた)が


「あの人達すごいふっかけてくるのよね〜」


と話しかけてきました。
結局、次の目的地までのバス停まで案内してもらい、バスの出る時間を運転手に聞いてくれ、最後に「Welcome to Costa Rica〜」と言いながら去って行きました。



めっちゃかっこいい。



日本に帰ってなんか困ってる外人さん見たらこういう感じで颯爽とヘルプしたいと思いました。
まぁ日本のタクシーはふっかけたりしないと信じてますが。
あと指輪はしてたけどファッションだという可能性も否定出来ないし今後こういうことがあれば「せめてお名前だけでもー」とかやってみよう。うん。すごいべっぴんだったからね。ウインクとかしてくれたからね。できればそれ以上のこともおn…(正月のため自主規制)。


降りたバス停のすぐ近くに『シエルペ』行きのバス停があります。

これも「地球の歩き方」情報とは時刻が異なってました。
今の時刻表はこちら。

時刻表_20150102

朝5時のバスに乗ると11時30分発に乗れます。
シエルペまではだいたい30分ぐらい。




こんな道をがたがた走っていきます。

ヤシの木の林_20150102

まぁ完璧に植林ですが。


バスは片道350コローネス。だいたい70円ぐらい。安っ。

仮にタクシーの運転手の言ってたこと(午前の船は15US$で午後の船は20US$)がホントだったとしても、明らかにバス使った方が安いですね。



で、シエルペからドラケへはほんとに船を使わないといけません。
まぁこれは事前に仕入れていた情報と一致しているのでいいのですが、何時にどこからでるのかさっぱり分かりません。

いろいろ聞いてみると、時間は3時30分。

場所はここ。




逆算すると、パルマル・ノルテを2時半に出るバスに乗れればいいので、サン・ホセを7時か8時に出るバスでも間に合う計算です。

ぼくはやることがなさすぎて、レストランで飯食ってトイレでうんこしたにも関わらず2時間ぐらい座って待ってました。



コスタ・リカのバスはほぼ時間通り発着するんですよ。


でも船は3時半には来ませんでした。
4時過ぎぐらいにシエルペを出発します。





船の航路とかどうやって出すのか分かんなかったのでとりあえずコレで。

実際は、シエルペの左側の川をぐねぐねくだって砂浜から上陸します。
片道20US$。
コロンでも払えます。コロンなら10,000コローネス。

為替的にはコロンのがお得だったのでコロンで払いました。



川の両岸はマングローブのジャングルになっており、上陸する際も「桟橋とかないんか〜い」という面白状況だったのですが、うちのスマホちゃんがお腹が空いてごきげんナナメだったのでカメラを起動してくれなかったので写真はありません。

正確にはタブレットちゃんで撮ったんですが、もう端末が多くてデータ移すのも面倒なんだよ。。。




ボート移動とか正直あんまり好きじゃないんですが、割と楽しかったです。
南国の川って怖くないですか?
濁ってて中見えないし、あんまりよろしくない生き物がいそうじゃないですか。

ワニとか。ピラニアとか。ネッシーとか。まぁネッシーは南国じゃないですけど。





とか思ってたらほんとにワニがいました。





やばい。南国っぽい。





ワニとか噛まれたらまじ痛そうですよね。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.02 | コスタ・リカ | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コスタ・リカ最後の秘境はこんなとこでした

【86日目】コルコバード国立公園@コスタ・リカ




さっきまで停電してました。

停電_20150103

ロウソクを各部屋に配ってくれたのでつけてました。


なんか儀式っぽくなってしまったのと、お腹が空いていたので近くのレストランやってればと思って行ってみました。
非常用発電機で最低限の電源は確保していたみたいで、普通に食べられました。



停電なんて珍しくないんだろうなぁ。



と感じられた一連の流れでした。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

今日も早起きだったので、このまま停電してれば「Wi-Fiが使えなかった」という大義名分が成り立ち、「ブログを更新せず寝る」という暴挙を実行できるところでしたが食事中に復旧しました。


という訳で本日も5時起きなのです。


もうなんなんですか?


今年に入ってからずっと早起きですよ?


もういっそのこと今年の目標を「毎日早起きすること」にしてやろうかとさえ思います。





しませんけど!





さて、早起きして何してたのという話ですが、コルコバード国立公園というところに行ってきました。

今回はツアーです。
90US$です。たっか!

でもここ行くためだけにドラケ来たし。

ドラケ来るだけで結構お金使ったしな。

やむを得まい。



あとツアーじゃないとなかなか行きにくいという現実もあります。


ドラケからは道がないからね。


じゃあどうすんだっていうと

船で_20150103

船で行くわけですよ。



いやぁ。朝焼けがきれい。

朝焼け_20150103



コルコバード国立公園は、自然豊かなコスタ・リカでも「最後の秘境」と言われているほど、広大な面積に手付かずの自然が残っていることで知られています。
あと、カーニョ島っていう有名なダイビングスポットも近くにあり、ドラケから行けます。


で、その手付かずの自然の中を

トレッキング_20150103

てくてく歩いて動物や鳥さんを観察するという訳です。


今回のガイドはレベッカ。

レベッカ_20150103

ぼくが参加するツアーの女性ガイドのべっぴん率100%です。今のところ。



今日は最初から望遠レンズです。
いやぁ使い慣れないので大変でした。

そんな大変な思いをして撮ってきた動物たちの写真をどうぞ。

おさーるさーんだよー_20150103

さる。

おさーるさーんだよーそのに_20150103

さる。

おさーるさーんだよーそのさん_20150103

さる。

おさーるさーんだよーそのよん_20150103

さる。

とりさんだよー_20150103

とり。

とりさんだよーそのに_20150103

とり。

とりさんだよーそのさん_20150103

とり。

あり_20150103

あり。

かえる_20150103

かえる。

イグアナ_20150103

いぐあな。

へび_20150103

へび。

やどかり_20150103

やどかり。

なんだっけこれ_20150103

わすれた。

なまけものだー_20150103

なまけもの。

ばく_20150103

ばく。



うん。ツアー参加して良かったです。

なまけものとかあんなん自分じゃ見つけられんですよ。
さるとかならまだしも。

ばくの寝床とかレンジャーさんじゃないと知らんしね。


高いけどね。



最後に、ガイドさんたちが作ってくれたお昼ごはんを食べて帰ります。

パイナップルを切るレベッカ_20150103


午前中で終わりということですね。

まぁ日中は寝てる動物が多いし朝方の方がいろいろ見れるのでしょう。



帰ったら停電で扇風機が止まるまで部屋で昼寝してました。



部屋の中は暑くはないんですが、湿度が高いので風がないとつらいんですよね。

昨日選択した靴下とか乾いてなかったし。

今日はトレッキングシューズ履くからと思って昨日洗った普段靴も乾いてなかったし。




明日履く靴ないじゃないか。




ブログ村は靴など履かなくても行けますよ↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.03 | コスタ・リカ | コメント: 6 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム