南米上陸なう

【91日目】コロン→カルタヘナ@コロンビア



今日同じ宿のドイツ人のおじさんに「日本人です」って言ったら



日本人はどこにでもいるな。



って言われました。


嫌味なのかただの感想なのか。。。


同じく会話していた宿のスタッフが「ドイツ人もどこにでもいるじゃないですか」とフォローを入れていたので、嫌味だったのかもしれません。


そのへんの英会話のニュアンスがいまいちつかめないんですよね。


おじさん自体はいい人だったんですけどね。
チャッカマンが使えなくて困ってたらライター貸してくれたし。


ちなみに宿のスタッフは声も話し方もジェストそっくりです。
後ろから話しかけられたら「ジェスト?」と思います。


見たらがっつりアフリカ系なんですけども。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。


ジェストって誰やねん。ですね。

分かる人にしか分からないけどもたぶん分かる人はこのブログ読んでないだろうと思われます。


つまりまるで意味のない行為ということですね。



別に意味なんてなくたっていいじゃない。。。





昨日乗り込んだフェリー。

フェリー_20150113


写真じゃ分かりにくいですが、結構でかいです。


当初聞いていた旅程は、

19時コロン発 の 13時カルタヘナ着

なのですが。

出港がそもそも4時間遅れな上、船内アナウンスで


「本日は悪天候のため到着は21時ごろになる予定です」


とのこと。



遅れのアナウンスをするだけマシですね。ええ。全然マシですとも。

出港が遅れるってなった時もアナウンスしようぜ。英語でな。




まぁそんなこんなで今日は1日船の中にいた訳です。

おまけに、そこそこ大きい船なんですがそこそこ揺れるんですよね。
天候が悪いって言ってたから影響があるのかも知れませんけど。

久しぶりに船に揺られると若干気持ち悪くてですね。

まぁやることなくてずっと寝てたので、寝過ぎで気持ち悪かったのかも知れませんが。



何が言いたいかというと、特に面白いことなかったので船内のご案内でもしましょうか?ということです。



え。いらない。



まぁ拒否されてもしますけど。
基本ブログって一方通行ですからね。

コメントが来た時のぼくの喜びようは筆舌に尽くしがたいんですよ。





いや。そんなでもないです。だいぶ盛りました。




でもコメントはお待ちしてます☆




とりあえず案内板でも載せとこう。

階表示_20150113


5階までは車とか載せてるデッキで、6階から上が乗客用のスペースになっています。


うーん。階ごとにいきますか。



◯6階

インフォメーションデスクがあります。

インフォとデッキ_20150113


何かある時はここに行けばなんとかなると思います。
スタッフは当然英語を話します。

あと広いデッキがありますね。



他は全部客室になっています。

客室_20150113


ホテルみたいですね。
中身は知りません。



ええ。知りません。
ぼくみたいに一番安いチケットを買った人間はですね。

一番安いとこ_20150113


ここで寝かされます。

映画館じゃないですよ。

船会社のホームページ曰く、「飛行機と同程度のシート」だそうです。

色も形もまちまちで、明らかに後からその辺のシートを付けた感満載です。


まぁね。新調する訳ないよね。
どこかの船を払い下げてもらって、中身を改装したんでしょうね。

だってほら。

Cプラグ_20150113


Cプラグですよ。
ヨーロッパ仕様ですよ。

中米も南米もなんだったら北米もAプラグですよ。


AプラグとかCプラグとは?という人はWikipediaしてください。
めんどくさい人のために簡単に説明すると、コンセントの形状の話です。
世界にはいろんな形のコンセントがあって、日本のコンセントだと刺さらなかったりするんですね。これみたいに。


もちろん中米の方たちの充電器も南米の方たちの充電器も刺さる訳ないのですが、みなさん変換器を持っています。
どういう訳かと思ったらインフォメーションで貸し出ししてるみたいでした。


てゆーか改装ついでにコンセントぐらい変えたらいいのに。




室内は暑くもなく寒くもなくなので毛布とかはいらなかったです。


ここはぼくが乗った時は乗車率50%ぐらいといったところで、いちおう座席指定なんですがみんなテキトーに座ってました。
ぼくの指定されていた座席はリクライニングが壊れていたので、一番ちゃんとしてそうなイスを選んで寝ました。

てゆーかぼくみたいにイスに座って寝てる人はあんまりいなかったです。

どうやって持ち込んだのか、敷布団に掛け布団と枕をつけて床で寝てる人が大半でした。

寝袋持ってる人は床で寝ればいいと思います。
空いてればですが。



あと少なくとも男性用はシャワーが2つありました。

ぼくはロクな準備もせずに荷物を預けてしまったので着替えどころかタオルもない状況で、むしろシャワーなんかなければいいのに、と思っていました。




◯7階

レストランがあります。

レストランなかみ_20150113


朝食とそれ以外でメニューが違うみたいで、朝食以外の時はセルフ形式だそうです。

レストラン_20150113


こんな感じですね。
まぁセルフとは言っても料理の向こうにスタッフが立っていて、これ頂戴と言えば適量を盛りつけてくれます。

まぁ値段は推して知るべしです。

値段は押して図るべし_20150113


ぼくはこれで11US$ちょい払いました。

おぉふ。



どうでもいいけどスタッフはイタリア人ぽかったです。



あとバーがあります。

バー_20150113


お酒を飲まないぼくは当然入っていませんが。




◯8階

免税店があります。

免税店_20150113


すごい準備中っぽかったんですがちゃんと売ってました。



あとディスコバーなるものがあります。

ディスコバー_20150113


なかみ。

バーなかみ_20150113


ビデオゲームって書いてたから何かと思ったらこれでした。

ゲーセン_20150113




当然各階とも客室もあります。なかみの違いは知りません。

あと各階にデッキもあります。

デッキ_20150113


最上階には屋外バーみたいなのもありましたね。



9階はぼくが乗った時は入れないようになってました。



という訳で、なんの事前情報もなく乗ったぼくがやることなくて残念な結果になったので、これから乗る人のために持って入ると良い物を記載しておきましょう。


◯タオル
◯シャンプー類(歯ミガキ含む)
◯着替え
◯寝袋(寝具)
◯プラグ変換器
◯3食分ぐらいの食料
◯ひまつぶしする何か
◯酔い止め(必要な人は)


があれば万全です。
レストランありますけど高いですし。

港の南にスーパーもあるのでそこで仕入れるといいでしょう。
空港のように、でかい液体は持ち込み不可とか言われません。
ぼくの前にイミグレを通った欧米人は2リットルのボトルを2本持ち込んでました。

まぁレストランで食事をしたいというのもアリだと思います。



結局8時半ぐらいにカルタヘナに到着し、イミグレを抜けて(結構時間かかった)タクシーで宿に向かいました。
15US$だって。高い。。。
ただ、船会社がバスを手配していたのですが、それも13US$だとか言ってたのでそれよりはマシか、という気もします。


タクシーの運転手は、降り際に

「ここはたくさん警察がいるから安全だ」

と言って去って行きました。


確かに、9時過ぎに宿についたのに軽装の欧米人がぶらぶらしてその辺のバーで盛り上がってました。


ただ、逆にそんなこと言われると「治安の悪い国に来たんだなぁ」と思ってしまいます。




友人曰く、「成人男性の死亡理由No.1が殺人と言われる国」だそうです。コロンビア。





Facebookで「南米上陸なう。」とかはしゃいじゃった投稿へのコメントがそれってどうなの。





タイトルでもはしゃいじゃってるのにどうなの。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.08 | コロンビア | コメント: 2 | PageTop↑ ]

世界遺産の「カルタヘナ旧市街」でぶらりしてみた

【92日目】カルタヘナ@コロンビア



眠いっす。


夜行バスで移動して朝から活動するとかしんどいっす。


例えるなら夜勤明けでそのまま遊びに行く感じっす。


大学生の頃はできてたんですけど今はちょっときついっす。


でも寝ちゃうと夜行で移動してきた意味なくなるっす。


あー。




眠いっす。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












おはようございます。

冒頭のアレはリアルタイム談話っす。
本編には一切関係ないっす。




今日はカルタヘナをぶらぶらすることにします。
カルタヘナの旧市街は世界遺産にも登録されています。

こんな感じです。

かあいらしいなぁ_20150114

かあいらしいなぁそのに_20150114

かあいらしいなぁそのさん_20150114

かわいらしいですね。
コロニアル調ですがパナマ・シティに近いですね。港町仕様です。


時計塔_20150114

有名な時計塔と城塞。
カルタヘナはスペイン植民地時代に街を囲むように要塞が築かれています。


城塞_20150114

こんな感じ。
今はこの上を歩くことができます。


お決まりの大砲_20150114

お決まりの大砲です。


昔の弾薬庫_20150114

昔の弾薬庫だそうです。


今は土産物屋街_20150114

今は土産物屋街になっています。


いつ使うのか?_20150114

誰がいつ着るでしょう?
今めっちゃ暑いですよ。1月ですけどね。
いちおう北半球なので今冬なんですけどね。
今冬なんですけど着る必要ないですよ。


ハメス_20150114

あとコロンビアに来てから売っているユニフォームがハメスになりました。
中米ではだいたいメッシだったんですけどね。



街をぶらぶらするだけなのもあれだし、つーか歩いてると暑いので宗教裁判所跡というところに行ってみます。

宗教裁判所跡_20150114

綺麗な建物でしょ。


中庭_20150114

中庭も綺麗なんですけど、やってたことは「宗教裁判」や「魔女狩り」だそうで。

なので、中にはそれ系のものが展示されています。


こわ_20150114

なにこれこわ。


こわそのに_20150114

こわ。


意味深すぎ_20150114

なにひとつ説明がなかったんですが、この流れで陳列されているとかなり意味深。



いやー。恐ろしいわー。
ほんま拷問とか耐えれる気しないですねー。
でも魔女狩りなんてほぼ濡れ衣でしょ?「知らん」てほんとのこと言ったら拷問で、「そうだ」と肯定しちゃったら死刑な訳で。

権力持たせたらあかん人間が権力持つとほんま厄介やわー。
恐いわー。

濡れ衣で拷問されたあげく死刑てどんな気持ちだったんでしょう。


まぁ綺麗な中庭ですこと_20150114

あー。綺麗な中庭やわー。
癒しやわ…。


でもギロチン_20150114

あ、ギロチン置いてあるわ。
こわ。


まぁ綺麗な中庭ですことそのに_20150114

あー。綺麗な中庭やわー。
癒しやわ…。


でも絞首台_20150114

あー。あかん。
絞首台置いてある。


てゆーか手前のベンチなんやねん。

ここに座ってじっくり絞首台を鑑賞しろと?



ちらほら芸術作品的なものも置かれているんですが、場所が場所だけに作品もそっち系です。

意味わからん_20150114

こんなんが壁にくっついてたり。


もう意味分からん_20150114

こんなんが井戸から顔出してたりします。
文字通り顔出してます。



建物の綺麗さと展示内容がミスマッチすぎる。

まぁ当時からミスマッチだったんでしょうけど。
ここセントラルパークに面した一等地ですしね。

カテドラル見えちゃう_20150114

ベランダからカテドラルとか見えちゃいますしね。



上階ではインディヘナ(女性原住民かな?)に関する写真展があるというので行ってみました。

日本人ぽい_20150114

日本人に見えなくもないですよね。
肌の色は日本人より濃いですけど。


せつこっぽい_20150114

せつこっぽい。



カルタヘナの歴史的な展示もやってましたけど説明文が理解できないのでほぼスルーしました。

春_20150114

春。


夏_20150114

夏。


秋_20150114

秋。


冬_20150114

冬。



秋→冬の間に何が…?



というのが気になったぐらいでした。





カルタヘナは市街地以外にも、サン・フェリペ要塞という高台の要塞(景色がいいらしい)があったり、リゾート地として開発されているボカ・グランデ地区というのもあるんですが、もう暑いし歩くのめんどくさいよ。

あとサン・フェリペ要塞はわりと入場料が高いらしいですし。




宿でだらだらしていると、なんかルーツがよく分からんおばあちゃんに会いました。

いや、メデジン近くの街から来て今はカルタヘナに住んでて昔アメリカにいてルーツがイスラエルだかでアラブの方に詳しいとか言われてもですね。


で、何人なんですか?


という話じゃないですか。
まぁ国籍と住所とルーツが全部違う人なんて欧米では腐るほどいますしね。

グアテマラで同じ家にホームステイしてたテオ君もドイツ生まれのドイツ育ちですが国籍はギリシャらしいですし。


で、そのおばあちゃんに気に入られたみたいで、どこぞのお茶やチョコラテを振る舞われたりいろいろと世間話をしたりしていました。
日本のお金を見たことないと言うので、「日本では縁起の良いコインだ」と言って5円玉をあげるとすごい喜んでました。カバンに縫い付けるわーって。


で、最後の方にメデジンはいいとこだと。カルタヘナもいいとこだけど住んでる人がわりとレイジー(怠け者)だと。



特に肌の黒い人たちがね。



と。


すごい自然な流れで出てきたので最初気づかないぐらいでしたが、これが人種差別なんですね。

今まで旅行してて感覚として感じたことはなかったんですけどね。

表には出さないけど、やっぱあるんだなー。と思いました。
全員が全員じゃないんでしょうけど。




いろんなことを思った日でした。




逆にここまで直接的に言ってくれないと分かんないだけとも言う。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.09 | コロンビア | コメント: 2 | PageTop↑ ]

だばでーは訪れた国を塗り塗りできるアプリを手に入れた

【93日目】カルタヘナ→メデジン@コロンビア



今泊ってる宿のネコに気に入られたっぽいです。

すごい寄ってきます。

今ぼくの横で毛づくろいしています。

あんまり動物に好かれるタイプじゃないんですが。



旅行を通して丸くなっているのかも知れません。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。

ネコの毛づくろいめっちゃ見てしまいます。
ネコの毛づくろいに限らず、身だしなみを整えているのを見るのが好きです。
女の人の化粧してるとことかガン見してしまいます。
男の人がヒゲ剃ってるとことかも見てしまいます。

まぁ男の剃髪など見たくともなんともないのですが。




今日はカタルヘナを離れ、メデジンという街に移動します。

メデジンは「地球の歩き方」にも紹介されていない街です。
というかコロンビア全部で3都市しか記載されていません。

「地球の歩き方」さんはコロンビアきらいなんでしょうか。
ペルー・ボリビア・エクアドル・コロンビアで一冊になってるんですけど、ペルーのページだけで半分使ってます。コロンビアの10倍のページ数です。
ペルーゴリ推しです。
そしてコロンビアの嫌われっぷり。

まぁ載ってないですけど、旅行中に会った人やネットの情報で「メデジン良かった」というのが多いので、ならば行ってみようという訳です。



さて、メデジンまではバスで移動します。
飛行機もあり、バスと値段大して変わらないという情報もあります。

まずカルタヘナのバス乗り場に向かいます。



このへんです。
ここから、カルタヘナのバスターミナルに行かなければなりません。
インディヘナ・カタリーナの像があるあたりで、「Terminal」と書かれたバスに乗れば行けます。

片道1時間ぐらい。料金は忘れました。
コロンビアは通貨の単位が大きいので覚えにくいんですよね。

お食事して10.000ペソとか言われて「ほぇ?」ってなるんですが、日本円で言うと500円ぐらいなので。
そのくせ、中米各国と違ってUS$があまり使用できません。

めんどくさい。



カルタヘナのバスターミナルです。

カルタヘナターミナル_20150115

バス会社のブースがすごい並んでいます。
だいたいブースに売っているバスの行き先が書いてあるので、目当ての行き先のチケットを販売しているブースに行ってチケットを購入します。


到着すると、どこぞの客引きが寄ってきました。

メデジンに行きたいと言うと、曰く

「ここからメデジンの直通はない。途中で乗り換えになるが乗り換え地点まで40,000ペソ。乗り換え地点からメデジンまで40,000ペソだ」

とのこと。



いやぁ。ないことないでしょ。


仮にここから乗り換え地点までの40,000ペソが本当だったとして、そこから先のチケットが本当に40,000ペソで買えるか甚だ疑問だし、そのそもここからの40,000ペソですら怪しい。
ぐだぐだやってる横から口出してきたおっさんが「45,000だ」とか言ってたし。


とりあえず昼メシ食うわ。


と言ってやり過ごし、他のブースをあたってみます。
いや。ほんとに昼ごはん食べたんですけど。



Brazilia というコロンビアのくせに、とのツッコミが多数入っていそうなバス会社でメデジン行きの直通バスがあったのでそれにしました。

ええ。普通にありましたよ。

料金は155,000ペソ(だったと思う)。だいたい7,700円ぐらいでしょうか。


たっか。


コロンビア物価安めですけどバス代高いですね。
まぁさっきの客引きの言ってたのが本当だとして、乗り継ぎありで80,000ペソ(だいたい4,000円)。
そう思うと、乗り継ぎなしでかつかなり仕様のいいバスに乗れたので、まぁまぁって感じです。

宿の人や、昨日のおばあちゃんからの話を聞くと、カルタヘナ→メデジンはだいたい12〜15時間ぐらいらしいので、朝方に着くように17時30分のバスを買います。

その時点でまだ1時半ぐらい。




カルタヘナターミナルそのに_20150115

ここで4時間ぐらいだらだらしてました。

半日観光して、夕方ぐらいに着いてチケット買ってすぐ乗る、というのが理想のようです。
ただ、座席は買った順に前から割り振られているような気がします。
一番前の座席でかなりゆったりできたので、早めに来るのも悪くないと思います。




さて、コロンビアのバスと言えば、ゲリラの標的になることで有名です。
しかも、ゲリラのみなさんはウィークデーは普通に仕事をされており、週末にゲリラ行為に及ぶそうです。


いわゆる週末ゲリラ。


おまけに、メデジンと言えば「メデジン・カルテル」という有名なマフィアがあった(今もあるんだろうけど)ことで有名で、メデジンから南部の区間では夜行バスは危険と言われています。

「メデジン・カルテル」とは?という人はWikipediaしてください。
めんどくさい人のために簡単に説明すると、メデジンにあった巨大マフィアで、麻薬の取引を巡ってアメリカと2万人の死者を出すガチのケンカをした組織です。
コロンビア当局によると、今は見る影もないとかなんとか。ほんとか知らんけど。

まぁこのへんが「地球の歩き方」さんが紹介しない原因でしょうね。



で、何を隠そう今日はがっつり土曜日です。

さらに夜行です。




「週末」かつ「夜行」で行き先は「メデジン」。




あらあらまぁまぁ。

いちおう色んな人に「週末だけど大丈夫?」「夜行だけど危なくない?」と聞いたうえでそうすることにしたんですけどね。
むしろ「なんでそんなこと聞くの?」ぐらいのリアクションだったし。


今でもバス襲撃はあるのかないのか知りませんが、一時期より安全になっているのは事実のようです。


いや。安全になってるとか言ったらまずいか。
まぁ個人のブログなんて眉唾で見てる人の方が多いでしょうけど。



えーと。



ぼくはなんともなかったです。ぐらいにしておきましょう。





メデジンまでのバス。

バス_20150115

かなりいい仕様でした。


コンセントあり。
座席ごとのテレビあり。
イヤホン配布。
Wi-Fi良好(都市部通過時のみ)。
セキュリティドアあり。
トイレあり。
横のおねえちゃんがべっぴん。


もう言うことなし。これで7,700円なら普通に払えます。




冷房がもう少しゆるければ。




コロンビアの長距離バスは死ぬほど寒いと有名です。

そして死ぬほど寒かったです。

カナダのグレイハウンドも車内が寒いことで有名ですが、断然上をいきます。
ズボン2枚履いてジャケットを着込んで乗車したにも関わらずの寒さ。

ネットの情報で「冷蔵庫にいるようだった」と書いてあるサイトがありましたが、もうほんとその通りです。
むしろ事前情報なしで熱帯仕様の服装で乗車しようものなら普通に死ねたと思います。

現地人は寒くないのか?と思って周りを見渡すと、みなさん毛布とか持ち込んでぬくぬくしてました。


パナマのフェリーにしろ今回のバスにしろ、寝具の持参率がやけに高いんですがなんなんでしょう。




横のおねえちゃんが若干英語を話せたので少し世間話したり、今まで行った国を色塗りしたりして

コロンビアなう_20150115

ヒマをつぶしながら、山道のドライブにしこたま酔うのでした。



暑さも寒さも酔いの大敵だと思います。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.10 | コロンビア | コメント: 0 | PageTop↑ ]

メデジンの街なかをぶらりしてみた

【94日目】メデジン@コロンビア



今気づいたんですけど。


中米から南米にかけての国々は、なんか知らないですがクリスマス・イルミネーションをいつまでもやっています。

だいたい1月の1週目が終わるぐらいまで。

12月に入ったら始まるところが多いみたいなので、ガッツリ1ヶ月以上やってた訳です。




1回も見てない。




日中ライトアップされてない状況は腐るほど見たんですけど。

そこに日が落ちてから行ってない。


よく考えたら年越しイベントにも行ってない。
ホテルでブログ書いてたら日付変わってたような気がする。



この旅行は、そんなにイベント事に照準をあわせてないんです。実は。

2月といえばリオ始め各地でフェスティバルがありますがたぶん行かないですし。

他にもアメリカのバーニングマンとか各地のランタン祭りとかありますけどたぶん行かないですし。

オクトーバーフェストに限っては頼まれても行かないです。

唯一トマト祭りぐらい。行こうかなぁと思ってるのは。


イベントに照準を合わると「何月何日にどこそこに居なきゃいけない」という状況になる訳ですが、それがあまり気持ちよくないんですね。


あとイベント時期は宿も交通機関も混むし高いし。




まぁぼくの行き先を決められるのはぼくだけだということですよ。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

と、1ヶ月もイルミネーションやってるんだからそのうち行けばいいや、と思ってたら終わってた言い訳をしたところで本編を始めましょう。


夜は眠いんだもの。



メデジンには朝の7時頃到着しました。
横の席のべっぴんさんに起こしてもらいました。

前日の5時半初のバスだったので、しっかり12時間ぐらいですね。
遅れることが多いと聞いていたのですが、そんなことなかったです。


今日の行動予定は「朝イチで着いて宿を探し昼頃には街に出る」です。


なぜか宿を予約しなかったんですよね。なんでだろ。


着いた時刻も非常にいい感じで、ばっちりツーリスト・インフォメーションが開いています。
早過ぎると閉まってるかも、と思っていたので。

とりあえず安い宿を3件紹介してもらい、市内の見どころを紹介してもらいました。
他にも危険な場所の情報とかいろいろ教えてもらいました。


「クリスマス・イルミネーションが明日までよ」


という情報も含めて。



メデジンバスターミナル_20150116

これメデジンのバスターミナルです。
結構設備も充実していて、荷物預かり(5,000ペソ/24時間)やシャワー(確か1,700ペソ)、レストランやファーストフードなどがあります。

一番魅力的なのは、

ターミナルとメトロ_20150116

メトロと直結しているところですね。超便利。
まぁメトロとは言いますが高架を走ってます。

しかもこのメトロ、同じ路線内なら2,000ペソ均一。だいたい100円。すばらしい。
まぁ乗車券は窓口で人が売ってますがご愛嬌ですね。
なんかイコカみたいなのもあるみたいです。チャージ式のやつ。


ターミナルからのメデジンの眺め。

メデジン_20150116

赤いですね。
雑壁に赤レンガ使ってるみたいなんですが、漆喰やペンキで仕上げせず露出してるのです。
あと、最近建てたんだろうなっていう高層ビルとかも外壁の茶褐色のタイル貼ったりしています。

あと屋根瓦も茶褐色です。

アンデスの土は赤土なんでしょうかねぇ。


メトロ駅_20150116

メトロの駅です。かなり近代的。
実は、この規模で電車走らせてるのはコロンビアではメデジンだけらしいです。
首都のボゴタもバスしか走ってないし。


なんでまたメデジンだけ?という話ですが、昨日紹介した「メデジン・カルテル」の影響が大きいみたいです。
まぁ麻薬取引やら外国人誘拐からの身代金やらでそれはそれは儲かっていたらしいです。
で、そのお金がなんやかんやしてるうちにメトロに化けたと。



とりあえずメトロに乗ってPobladoという駅に向かいます。
なんかその辺がツーリストエリアらしくて、安宿とか観光客向けのバーとかレストランとかが多い地区だとか。

紹介された宿のうち、駅から1番近い宿に向かいます。

けっこう綺麗なホステルで英語を話すスタッフもいて皆さん親切だったのですが、お値段が1,600円ぐらいとちょっと高め。

んー。また来るー。と言って離れます。


が、残りの2件の宿に行くも満室。近くにあるホステルも数件あたりましたが満室。
ホステル自体は探せばまだあったんでしょうけど、もう心折れていたぼくは最初の宿に戻ります。

また来たよー。と言って。


Wi-Fiも良好だしキッチンも綺麗。シャワーもホットだし。まぁ1,600円の価値のあるホステルではあります。
朝食は個室のお客さんのみでしたけど。

あと、相部屋のモロッコ人から「メデジンに日本人宿があるよ」と教えてもらいました。
調べたら日本人宿とはちょっと違うみたいでしたが、「メデジンの宿」で検索したらたぶん出ます。


とりあえず目標の「昼頃には街に出る」を達成できました。

ちょっと横になろうかなとも思ったのですが、たぶん気づいたら夕方になっている可能性大でしたね。


宿のスタッフにも見どころを聞いてみました。
英語を話せるスタッフは夜勤みたいでもう帰ってしまっていたのでスペイン語で説明を聞いていたのですが、まぁ4割ぐらいでしょうか。理解度。
ただこれだけははっきり理解しました。


「クリスマス・イルミネーションは明日までだよ」



まぁとりあえずセントロかなぁ。という訳でセントロに向かいます。

率直な感想を言うと、今まで行った街の中で一番「歩きたくない」雰囲気でした。

恒例のカテドラル_20150116

恒例のカテドラル。お向かいには当然セントラルパークがある訳です。
どの街もセントラルパークでは現地の人たちがだらだらしているのですが、そのだらだらしている人の雰囲気があまり良くないと感じました。

カテドラルの裏通りには、真っ昼間だというのに明らかに売春婦だと思われるお兄さんが立ってましたし。



うん。どう見てもあのガタイはお兄さんのはず。



いちおうカテドラルから繁華街的な通りも出てるのですが、

メインの通り_20150116

その道と交差してる道でもうこんなんです。

の横の通り_20150116


ちなみにメイン通りが寂れているのは日曜日だからのはず。
平日はもっと活気があるはず。平日に行ってないから知らんけど。


案内所のおばちゃんも、宿のお兄ちゃんも「夜はセントロは行かないほうがいい。少し危ない」と言っていた意味が理解出来ました。
逆にそこぐらいなんですけどね。「危ないよ」って言われた場所は。


早々にセントロを引き上げ、近くの美術館に向かいます。

知らなかったのですが、コロンビアに「ボテロ」という有名な美術家さんがいらっしゃって、メデジンはその方の生まれ故郷らしいです。

で、その方の作品をメインに展示している美術館ですよーとのことで行ってみました。


こんな建物の裏に_20150116

メトロの駅から出ると、こんなちょっと変わった建物があります。
で、この裏に広場があって、

こんなのとかそのに_20150116

こんなのとか

こんなのとかあります_20150116

こんなのとかが置いてある訳です。
こういうなんでもぼてっとした感じにしちゃうのがボテロさんの作風らしいです。

いや、別に洒落で言っているのではなく。


というかこの辺のおばさま方はリアルにこんな体型…。



で、この像たちに触ったり乗ったり並んだりしてみなさん記念写真に勤しんでおられました。
ここはもう完璧に観光地ですね。

こんなのとか_20150116

これに関しては一部が触られすぎて変色していますね。
まぁどことは言いませんが。



この広場のお向かいにあるのが件のボテロ美術館。

ボテロ美術館_20150116

正式にはボテロ美術館ではないらしいですが、めんどくさいのでボテロ美術館。
料金は…。忘れました。そんな高くなかったとは思います。


この人の描いた作品が展示されています。

アントワネット…_20150116

これマリー・アントワネットとルイ16世だそうです。
ベル薔薇ファンが見たらどういう反応を示すでしょうか。


タイトル「夜」_20150116

気持ち悪いですねー。
タイトルは「夜」だそうです。
この人は「夜」に何を見ていたのでしょう。


なぜ太るのか_20150116

これ「なんで太った人ばかり描くのか」についての解説文です。
ヒマな人は訳してみてください(手抜き)。




え。小さくて読めない。




あぁそう。





美術館の後は宿に戻り、ブログ書いたり御飯作ったりしてたら朝会った英語の話せるスタッフが再び出勤してきました。


「あれ?」


って言ってました。

宿見つかんなくて。という話をしたら「ハイシーズンだからねー」だそうです。


このお兄ちゃんがいい人で、なんかいろんなフルーツ持ってきてジュース作って振る舞ってくれたりしました。
ちょっと英語流暢すぎなところがタマニキズ。

「I like it.」って日本語でなんて言うんだと聞かれたので、「好きです」だよと教えてあげたら連呼してました。

あんまり「好きです」連呼してる人を見る状況って経験にないので、なんか違和感ありました。

このへんが英語やスペイン語と日本語のニュアンスの違いかなーと思いますね。

英語の「I like it.」とかって日本語に比べるとなんか軽いですしね。
たぶん女性陣がよく口にする「カワイ〜♡」とかに近い感じなような気がしないでもないですが、「I like it. = カワイ〜♡」だとは教えられないですしね。



などということを考えながら眠りにつく訳です。




いや。などということは考えず、そんなことより眠いなぁ、という訳で眠りにつくのです。






クリスマス・イルミネーション?






なにそれ。







ちなみに、たまにこのブログにコメントをくださるブロガーさんがメデジンのクリスマス・イルミネーション見たらしいので、どうしても見たい方はこちらからどうぞ。

ルートも時期もかぶってるのに全然会わないブロガーさんのブログ





ちなみにぽちっとはこっちからしてほしい。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.11 | コロンビア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

世界一の絶景(自称)を拝みに行ってみた

【95日目】グアタペ@コロンビア



珍しく父親からメールきてですね。

まぁ要件は別のことだったんですが、文中にひとこと




ちょくちょくブログも拝見しています。




と。





まじか。





ちょっと親に見せる類のブログじゃないので、特にやってることを知らせていた訳ではないんですけどね。

まぁ別に見られて困る訳でもないのでいいんですが。
どうせならちょくちょくと言わず毎日見に来いや的なアレですが。


ただ自分の息子が非リア充まっしぐらだわ公共の場でうんこ連呼するわで、一番残念なのは親父かも知れません。













ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

まぁ元気にやってるので元気だして下さい。




今日はメデジンのバスターミナルに荷物を預けて、グアタペという街に行ってきました。

荷物預かり5,000ペソ(約250円)/24時間。

グアタペまではバスターミナルから2時間ぐらい。
片道12,500ペソ(約650円)。
中米に比べると高い印象を拭えませんね。コロンビアバス高い。


ほんとにだいたい2時間ぐらいでグアタペに到着します。


ここは、町おこしで家の外壁をかわいい感じにしちゃったことで有名です。

グアタペ街並み_20150117

グアタペ街並みそのに_20150117

グアタペ街並みそのさん_20150117

まぁ実際はそこまで有名ではないですけど。

もうちょっと宣伝した方がいいんじゃね?と思いますね。
人はいっぱいいましたけどね。週末だったし。

現地の人ばっかりでしたけど。

世界的にはまだまだなローカルな観光地です。

こうやって遊ぶ_20150117

こうやって飛んだり泳いだり滑ったり遊覧したりして遊んでます。


この湖自体観光用に作っちゃったらしいですけどね。
観光地としてやっていくのに必要な水資源を確保するために湖作っちゃうという。



もっと宣伝したほうがいいんじゃね?



中南米おなじみのセントラルパークとカテドラルのセットもこんな感じです。

セントロ_20150117

まぁ可愛らしい。


外壁は住んでる人がテキトーに塗ってるだけで、特に決め事とかないという話ですが絶妙にマッチしている気がしないでもないですね。



楽器売ってます_20150117

こういう楽器売ってますよ的な、なんのお店かが分かるようなものもあれば。


なにか分かりません_20150117

ん?というのもあります。


売り出し中_20150117

え?ピンクパンサー住んではるんですか?というのもあります。


ちなみにピンクパンサーの間の張り紙は「売り出し中」と書かれています。




ピンクパンサーさんお引っ越しされたようです。




こじんまりしている街なので2時間もかかりません。
気がついたら同じとこ歩いてるようなレベルです。

なので、近くのもう一つの見どころに行くことにしました。



エル・ペニョールというところです。

バスで行こうとしたらチケット売り場のおばちゃんに「エル・ペニョール行きはないの」とやんわりと断られました。
どう見ても「エル・ペニョール」って書いた張り紙がしてあるんですが、ないと言われればないのです。

どうやって行くんだと聞くと、タクシーかトゥクトゥクで、と言われたのでトゥクトゥクと交渉して6,000ペソ(約300円)で行きました。



で、エル・ペニョールには何があるんですか?という話ですが、

言いよったで_20150117

だそうです。

悪意をこめて意訳すると、


「ようこそ岩へ!世界一の絶景がここに!」


って感じです。


言いよったで。


って感じです。




ようこそ岩へ?という話ですが、

岩です_20150117

岩ですね。うん。


え、登るの。


登るの?_20150117



これを?



まじか。


看板の情報によると、一番高いところで200メートル。
標高でいうと2,137メートル。
段数659段。

とのこと。



え。登るの?




あぁそう。



25段ことに_20150117

こういうのが25段ごとに書いてあります。

あれ?659段じゃなかったっけ。という話ですが、


さらに?_20150117

てっぺんまで行ったらさらに塔があるんですね。




え。さらに?




あぁそう。




てっぺん_20150117

最終的に一番上まで740段だそうです。



あーしんどかった。



途中で2回ぐらい吐瀉物を見ましたからね。

親父が見てるというのでちょっと表現に気をつけましたがゲロですね。


わりと高地なのできつい人はきついんでしょうね。



はい。で、これがいわゆる「世界一の絶景」です。

世界一の絶景_20150117

世界一の絶景そのに_20150117

世界一の絶景そのさん_20150117

世界一の絶景そのよん_20150117



これが噂の人工湖の全貌ですね。



台無しですね。

それ言わんでええやん。って話ですね。



頑張って登っても曇ってて見れない人もいるみたいなので、見れたことをまず喜びましょうね。



ちなみに、先ほど載せたこちらの写真ですが

さらに?_20150117

下の方にがっつりカメラ目線の少年がいるのがお分かりでしょうか。


少年_20150117

この子ですけども。

別にこの子を狙って撮った訳ではないのですが、自分の方向にレンズが向いているのでポージングを取ってくれました。

もう一枚撮ろうか?と言ったらなんやかんやあった結果がこちら。

ご家族も一緒に_20150117

なんかご家族の集合写真をぼくがぼくのカメラで撮るという。
ぼくが入った集合写真もありますが、ぼくの顔出しはNGと事務所が言うので載せません。

「Facebookでシェアして」って言われて名前を聞いたんですが、同姓同名が数百人いるので諦めました。



スペイン語留学中の先生もですけど、中南米の方々は同じ名前の人多すぎなんですよ。



メデジンからお越しのご家族で、「メデジンに来るときは連絡しなさい」と電話番号まで教えてくれ、「私達は家族だ」とまで言ってもらったのに大変申し訳ないのですが。





うん。もう一回探そう。





…気が向いたら。





ちなみにこの一連の流れを見ていた青年2人組も「写真撮ってくれ」と言ってきたので撮りました。

二人組_20150117



「コロンビアは人がいい」とは聞いていましたが、今までの国の中で一番フレンドリーなのは間違いないと思います。




帰りは、グアタペに戻ってメデジン行きのバスを拾ってもいいのですが、エル・ペニョールからもバスが出ています。

おっさんから買う_20150117

左端のおっさんからチケットを買います。
片道11,000ペソ(約550円)。


ちなみにエル・ペニョールからメデジンへのバスはこんな感じです。

こんなバスで_20150117

カラフルですねー。
つーか窓ガラスないんですけどもー。
つーか写ってないけど右側は壁すらないんですけどもー。
ぱーぱーなんですけどもー。


標高の高いところを夜走るので死ぬほど寒かったです。

遅い時間にバスを利用する場合は上着必須です。



メデジンの夜景が車窓(窓ないけど)から綺麗に見えてたんですが、寒すぎてそれどころじゃないぐらいだったので上着必須です。




メデジンに着くと、その足でボゴタ行きのバスチケットを買い、そのままボゴタに直行します。

今回のバスはそんなに寒くなかったです。

Wi-Fiもないし若干古いバスっぽかったので、冷房が効き過ぎなのは新しいバス(すなわち高いバス)だけなのかも知れません。





ある設備は全部使わなきゃいけない訳じゃないと思うんですけどね?





適当って重要よ?

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.12 | コロンビア | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム