ペルー北部の田舎町「チクラヨ」でだらだらしてみた

【111日目】チクラヨ@ペルー



今日からペルーですよー。

13カ国目ですよー。

ペルー_20150202

このオレンジ色のとこですよー。

緑色のとこはこの旅行で行ってきたとこですよー。

ぜんぜん終わる気配ないですよー。

1年で帰るって言った気がするけど間違いなく無理ですよー。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

気が済むより先にお金が無くなりそうですよー。





という訳で、朝起きたら砂漠でした。

朝起きたら砂漠でした_20150202



まぁさくっと国境越えの話しちゃいます。


あ、ちなみにバスはがっかりしませんでした。超広い。
エアコンは効いてなかったけど。


夜の10時発のバスに乗車。

夜中の2時頃にイミグレに到着。
同じようなバスがたくさんあって、こんな時間なのに結構並んでました。

イミグレ_20150202

エクアドルの出国窓口と、ペルーの入国窓口は同じ建物の中に仲良く並んであります。
つーか係の人もほんと仲良さそうでした。
「これどうする?」みたいな感じで行き来してた。

関係ないけど南米ってなんで国分かれてるんだろ。中米もだけど。
言語も(割合は違うけど)人種もだいたい一緒なのに。

エクアドル出国もペルー入国も特に越境税とかはなし。超簡単。
ちなみにぼくはエクアドル入国カードを失くしてたんですけど、その場で別の紙を書いたらオッケーでした。

まぁそんなことやってるうちに、ぼくが最後の一人になっちゃってバスの運転手さんが若干イライラしてましたけど。


クエンカ→チクラヨ_20150202

こんな感じでした。
ロハ経由すんのかと思ってたらペルーのピウラまでどこにも停まらなかった。

11時間って聞いてたけど、結局12時間かかって朝の10時頃にチクラヨに到着しました。





まぁチクラヨ来たはいいけど、特にそんなに見たいものがある訳でもなく、このまま次の街まで行ってしまおうということで、バスターミナルでカハマルカという街行きのバスを探します。


てゆーかね。
ペルーは大手バス会社は自前で発着所抱えてて、バスターミナルには小さめの会社しか乗り入れてないんですよ。
そのバスターミナルもエクアドルのそれと違って「なにこれ倉庫?」みたいな感じだし。


ペルーのがよっぽどエクアドルよりバス重要だと思うんですけどね。
国広いし。鉄道網が発達してる訳でもないし。何より観光大国でしょう。ペルーは。


でかいバスターミナル(とりあえずココ行けばなんとかなる的な)。
それに付随して観光案内所。
ローカルな交通機関とのダイレクトアクセス。

あとWi-Fi(小声)。あればいいなーっていう。


意外とね、これ出来てない国ってなかったんですよ。
ホンジュラスとニカラグアとコスタ・リカかな。今まで行った中だと。あ、あとキューバ。
あくまでも「ぼくが行ってきた都市は」の話ですけどね。

まぁチクラヨはまだ地方都市ですしね。
日本で言う地方の県庁所在地的な感じだし。

もっと大きな街に行ったらあるんでしょう。あってくれ頼むから。




チクラヨは大手バス会社のオフィスもだいたいバスターミナルと同じ道路沿いにありました。
ターミナル近くにはスーパーもあるし、銀行がもりもり集まってる場所まで2ブロックぐらいです。
その周りには両替商のおっさんがうろうろしてるし。

乗り換えするには非常に便利な街ですね。

チクラヨ案内図_20150202



大手バス会社はまぁ予想通り高めです。お値段がね。
その分サービスもいいんでしょうけど。
サービスなんていらないから安く運んでくれ、ということでバスターミナル内の小さなバス会社に値段と時間を聞いてまわります。


だいたい25〜30ソレスぐらい(約1,000〜1,200円)ですかね。
大手バス会社のLine社も28ソレスだったと思います。

あ、急に通貨の単位変わりましたけど、実際もそんな感じです。

1社、夜の10時半発の便で20ソレス(約800円)というのを発見したので、チケットを買い、そこに荷物を預かってもらってチクラヨをぶらぶらすることにしました。


あー。シャワー浴びたい。


大手バス会社のオフィスにはシャワーあったりしますけどね。


あー。シャワー浴びたい。





とりあえず市内ぶらつくかなー。

カテドラル_20150202

恒例のカテドラル。
ミサやってたから中撮ってない。

市庁舎_20150202

市庁舎。


アルマス公園_20150202

アルマス広場。
ペルーはセントラル・パークのことをアルマス広場って言うんだって。へー。





うん。5分。





いちおうペルー北部で最大規模の市場があるらしいけど。
うん。いいや。



え、今何時?



2時?



あぁそう。





もー。ぜんぜん時間潰れへんやん。


んー。ちょっと郊外まで行ってみる?


え。何か行きたいトコあるん?


いや。別に無いけど、ここおってもやることないし。


あー。うん。まー確かに。



という訳で、別に興味ないけど郊外のランバエケという街まで行ってみることにしました。





かなり残念な感じに書いてますけど、このあたりはわりとすごいとこらしいですよ。

この辺は昔栄えてた王国のピラミッドがいくつかあるんですけど、そこからもりもり金銀財宝が見つかったとかで。
エジプトのツタンカーメン以来の大発見とか(「地球の歩き方」情報)。
だいたいそういうのって発掘される前に盗掘されちゃってるのがセオリーなので、それが残ってて、かつ見つけられたってことは結構すごいことみたいです。
しかも、その発掘に日本人の学者さんとTB◯さんが携わってるとかでね。

単純にぼくは興味ないよ、っていうだけの話。



ランバエケまではコレクティーボで向かいます。
片道1.5ソレス(約60円)。だいたい15分とか20分とかだったと思う。

とりあえずセントロで降ろしてもらいました。
行こうかな、と思ってる博物館は「地球の歩き方」に場所が載ってないんですよね。


カテドラル2回目_20150202

本日2回目のカテドラル。


アルマス公園2回目_20150202

とアルマス広場。
ペルーではセントラル・パークのことをアルマス広場って言うんだって。へー。





うん。




2分。




ただ、チクラヨは人も車も多いしだいぶビジーな印象でしたが、ランバエケはすごい牧歌的というか、のんびりした雰囲気でした。



コレクティーボの運転手さんに「シパン王墓博物館に行きたい」と言うと、「遠いからモトタクシー使わないとダメだ」とか言われました。
「地球の歩き方」には「徒歩圏内」って書いてるんですけどね。


どっちにしろ行き方が分かんないし誰かに聞いてみよう。


どうせならかわいいお姉さんがいいな。


じゃああそこのお店の娘に聞いてみよう。




あー。もしもしセニョリータ?良かったら今からぼくとお茶シパン王墓博物館までの行き方を教えてポル・ファボール。


ふんふん。


アルマス広場の横の通りをまっすぐ。


途中で公園を越えて、まだまっすぐ。


市場を越えて、まだまっすぐ。




うん。要はそこの道をまっすぐってことね。



グラシアス。セニョリータ。じゃあホテル行く?




えーと。

公園を越えまして_20150202

公園を越えましてー。


市場を越えまして_20150202

市場を越えましてー。


あれか_20150202

あー。あれですね。
てゆーか市場のあたりで見えてましたね。

ぜんぜん徒歩圏内ですね。セントロから10分ぐらいですね。

あのコレクティーボ野郎。




はい。来ました。シパン王墓博物館。

シパン王墓博物館_20150202

あー。



赤い。



ここはですねぇ。館内撮影禁止だったんですよね。
つーか携帯もパスポートも含めて荷物を全部まとめて預けさせられるんですよね。

「お前が持って入れるのは金とチケットだけだ」

って言われましたからね。


まぁ実際はこんな感じじゃなかったですけどね。
英語の話せる優しげなおばさまが「手間かけてごめんねー」ぐらいな感じで丁寧に対応してくれましたけどね。



んー。館内の印象はですね。




暗いですね。




演出なんでしょうけど、極限まで照明の数が少ないんですよね。
その分、展示されてる黄金の出土品に跳ね返った照明がきらきらしてましたね。

あと、発掘された時の王墓の状態のレプリカがあったりしてましたかね。

解説はもっぱらスペイン語なのでさっぱり分かりませんでした。
こんな時のためのスペイン語辞書なんですが、ぼくスペイン語辞書アプリ使ってるんでね。
スマホと一緒にロッカーの中ですからね。

もうほんと1ミリも理解できませんでしたね。



最後の部屋には、出土した黄金の装飾をまとった王や神官、その他もろもろの人のマネキンが音楽にあわせて動く、という演出がありましたね。

ぱーぱぱー_20150202
ぱーぱーぱーぱぱー♪





結局チクラヨに帰っても5時ぐらいだったので、Wi-Fiと書いてたカフェに入ってクソ高いアイスを食いながら「Wi-Fi使えへんやん!」というツッコミを入れるなどしてバスの時間までだらだらしていました。

わりと楽しかったです。





そういえば、ぼくリアル世界で「ホテル行く?」って言ったこと無いことに気づきました。





そんなこと言えるのはネットの中だけですよ。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.28 | ペルー | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

インカ帝国滅亡後でとりあえず風呂入らせてもらっていいですか

【112日目】カハマルカ@ペルー



今日ですねぇ。

インカコーラ買いに入ったお店で言われたんですよね。




これ偽コインよ。って。




偽コイン_20150202

これなんですけども。
左側が偽コインで、右側がほんものですね。
まぁこの写真で分かれって言う方が無理ありますが、実物見ても全然分かんないんですよ。

お店のおばちゃん曰く、周りの白いトコと中の金色のトコの繋ぎ目が若干広い(黒い)のが見分けるコツらしく、たまにあるので気をつけているらしいです。


5ソレス(約200円)ですよ。
5ソレスあったらお昼ごはん食べられるんですよ。
ぼくにとってどれだけ価値のあることか。。。
あぁぼくのお昼ごはん。。。


てゆーかね。
これ1つ作るのにどのくらい時間かかるか知りませんけども。
たかだか5ソレスのためにニセモノ作んなよと。
こんだけ精巧に作る労力を伴って得られるのは5ソレスですよ。
たかだかお昼ごはん食えるぐらいですよ。
もっと大きなお金でやれよ!



人間ってのは立場によって言うことが変わるんだよ!!!












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

ちなみにぼくはインカコーラよりコロンビアーナの方が好みかなぁ。





本日は宿に2回チェックインするという離れ業をやってのけました。


とりあえずですね、昨日夜の10時発のバスに乗ったんですよ。
バス会社の人はだいたい6時間ぐらいって言ってたんですが、3時半ぐらいに着いちゃいました。

まぁ朝方の早い時間に着くのは分かってたので、明るくなるまでバスターミナルで待たせてもらおうという、名付けて「…ぅーん。あと5分だけ。大作戦」を敢行する予定でした。





待合が開いてないという。





寒いし。なにこれ。
赤道またいだから今夏なんですけどね。
標高2,000m越えの朝方はもう寒いのなんの。


だめだ。2泊になっちゃうけど宿探そう。



てゆーかシャワー浴びたい!!!



と思ってやむを得ずタクシーでセントロまで。

よく考えたら丸2日シャワー浴びてないんですよ。
中南米の2日はもうハンパない汚れですよ。
ディーゼルの車多いし基本的に空気悪いですし。

あと、丸2日ネットに繋がってないんですよ。
このブログに追いかけられている恐怖感。。。


いちおうホテルの目星はつけておいたんですが、時間も時間だし申し訳ないなぁと思っていたら、タクシーが到着するのを待っていたかのようにホテルの客引きが寄ってきました。こんな時間なのに。


話を聞いていると、ネットはないけどホットシャワーはある、いやぁ他の宿行こうと思ってるんだけど、って言ったら勝手に値段を下げてきたので、



てめぇおれが金で宿選んでるとでも思ってんのか!?あ、じゃあそこで。



という訳でそのホテルにチェックインしました。
まぁネットは明日どっかカフェで使えばいいや、と思ってたら、その客引きが




バニョ・カリエンテ・シンコ・ミヌートス。




と言って去って行きました。
意味お分かりですか?




ホットシャワーは5分しか出ないんだって。





5分で落とせる汚れだと思ってんのかコノヤロウ!!!





いちおう試したけど5分すら出なかったけどね。

もういい。寝る。

汚れ?




おれの存在がもともとヨゴレなんだよ!!!




はい。これ1回目のチェックインですね。





4時過ぎに寝たんですけど、9時半ぐらいに起きました。

ネット使えないしシャワー冷たいしでいる意味がないので早々にチェックアウトします。
宿の人は親切でしたけどね。


で、結局目星をつけていたホテルに行くことに。


まぁ着いて思ったんですけどね。


昨日タクシーが止まった場所の目の前だったんですよね。
たぶんタクシーの運ちゃんは「ホテルを探してる」というぼくにこの宿を紹介するつもりでここに来たと思うんですよね。
最初から運ちゃんに任せておけば良かった。。。



金に目が眩んだぼくが悪い。。。



だって運ちゃんは1泊30ソレス(約1,200円)って言ってたんだもの。
客引きは25ソレス(約1,000円)って言ってたんだもの。




5ソレスって大きいんだって。
お昼ごはん食べられるんですよ。




この宿は、ネットも繋がるしホットシャワーも24時間出るというので、本日2回目のチェックイン。

あぁホント安けりゃいいってもんじゃないんですよ。




安けりゃいいってもんじゃないんですよ!







さて、とりあえず宿に着いたところでカハマルカってどこで何があんねんって話をいたしましょう。

カハマルカ_20150202

ここですね。北の方です。


ここはですね。インカ帝国滅亡の地なんですよ。
インカ帝国というのは、むかしむかし南米の太平洋側で栄えていたバカでかい国のことですね。
一番大きな時期で、今で言うエクアドルからチリ北部あたりまでを領土にしていたとか。
で、黄金大好きスペインがインカ帝国の黄金をぶんどろうとやってきて、戦争してたんですね。
その中で、スペインがインカ帝国の皇帝を捕まえて処刑したのがこのカハマルカですよ。という感じです。

そのため、ここにはインカ帝国最後の皇帝アタワルパ関係の見どころが多くあるのです。

皇帝が幽閉されてた部屋とかね。

皇帝がよく行ってたという温泉とかね。


皇帝がよく行ってたという温泉とかね。



皇帝がよく行ってたという温泉とかね。





温泉とか、、、ね。





あぁ。ここまで汚れてきたのはここで温泉に入れという流れに違いない。

ホットシャワーが24時間出るホテルには来たけども、ここはグッと我慢して温泉に向かう流れに違いない。


という訳で、いそいそと準備をして温泉に向かうことにしました。





いわゆる「インカの温泉」はカハマルカの街からコレクティーボで向かいます。

まぁ「地球の歩き方」に書いてた「インカの温泉行きコレクティーボ乗り場」には1台もコレクティーボ停まってませんでしたけどね。

いいんです。
ガイドブックなんて「取材」して「編集」して「出版」する間にたくさんの人が携わっているはずで。
多くの人が関わるということは、それだけミスがある可能性も高まるわけで。
人間だもの。ミスだってするさ。
それに取材当時と今とでタイムラグもあるし。
情報なんて日々変わっていくんだから。


今すぐお風呂入りたいけどいいんです。そんなこともあります。今すぐお風呂入りたいんですけどいいんです。



その辺の人に聞きながら「インカの温泉」行きコレクティーボを拾って向かいます。
「地球の歩き方」によると、走ってると左側に白い湯気が出てる建物があるとのこと。

ふんふん。じゃあ左側見てよう。。。



。。。



。。。




車掌「終点だけどどこ行くの?」





ですよね。
途中からうすうす気づいてましたよ。
あー。山登ってんなぁ。って。

「インカの温泉」に行きたいという話をして、折り返しのバスにしばらく乗せてもらって降りるところを教えてもらって到着しました。



インカの温泉_20150202



…湯気???



おまえまじでふざけんなそんなこともありますよね。ね。



目印の公園_20150202

まぁ実際は左側にこの公園見えたら降りればいいと思います。
これインカの温泉の目の前の公園なので。


目印の旗_20150202

もしくは頭上にこういう旗が出てきたらインカの温泉前です。





いろいろありましたが到着しました。
宿を出てから2時間を迎えようとしていますが到着しました。
カハマルカからコレクティーボで15分とか某ガイドブックには書いていましたが何はともあれ到着しました。


ここは大浴場みたいなのは無くて、全部個室風呂です。まぁ宿泊用のバンガローとかもありますけど。
お風呂入るなら個室風呂使用料6ソレス(約240円)。ただこの施設に入るだけなら2ソレス(約80円)。

温泉来て温泉入らんって意味わからん。と思ってましたが、

源泉_20150202

源泉なかみ_20150202

まぁいわゆる源泉とか。


温泉の水景_20150202

温泉水で作った水景とか。


プール_20150202

プールとかもあってですね。
ご家族連れがちょっと遊びに来る感じぐらいならぜんぜんアリな施設でしたね。


なんかイベント_20150202

あと今日はなんかイベントやってました。



まぁ全て素通りして温泉に向かうのですけども。



個室風呂_20150202

これが個室風呂です。
特に洗い場とかがある訳じゃないので、浴槽内でお湯を汚さず自分の体の汚れのみ落とす工夫が必要です。
まぁテキトーにやりましたけど。

ちなみに、温泉は源泉垂れ流しっぽくてビックリするぐらい熱かったです。

最初水足さずにお湯張ってたら足やけどしそうになりました。
いや。若干やけどした気がする。



サービスショット_20150202

あー。出ちゃった。

サービスショット出ちゃった。

ひざ下40cm出ちゃった。


あんまり気持ちいいから出しちゃいました♡








うん。よし。間違ったことは言ってないな。
ちょっとニュアンスを間違うと大変なことになるけど間違ったことは言ってない。うん。


いや。でもこの毛穴の底から汚れが落ちてる感はやっぱりシャワーだけだと味わえない感覚ですよね。

あー。温泉サイコーやわー。



温泉から帰ったらホテルで衣類を手洗いして、今日はもうゆっくりすることにしました。
服も一緒に汚れてるからね。ちゃんと洗わないと。
まぁ水があんまり黒くなったので若干ヒキましたけども。





今日はやたらと太字が多かったですねぇ。
我ながら書いてて違和感がありますね。

まぁ温泉でテンション上がりすぎたんだと思います。



ちなみに、ぼくは「地球の歩き方」のだいふぁんです。
じかんがあるときはいつもよんでいます。
これからもがんばってください。うぃりあむ。




ちきゅうのあるきかたとぽちっとしてくれるみなさんだけがともだちです。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.29 | ペルー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

最後のインカ皇帝にまつわるアレを見に行ってみた

【113日目】カハマルカ@ペルー



必要?それ_20150204


こういうの。


まぁどこの国でも見ます。


女性の方は分かんないかも知れませんけど、小さい方をする時どっかいっちゃうってことはあり得る話なんですね。


まぁぼくはしないですけど。座ってする派なんで。
あぁでも海外のトイレはやっぱり衛生面的に座りたくないものもあるので、立ってしてますね。


まぁそんなことはどうでも良くて、「トイレを綺麗に使いましょう」的な張り紙は結構見ます。


ただこれはちょっとおかしいですよね。





いる?その突起物。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

そしてちょっと小さくはないかい?





本日はカハマルカ市内をだらだらします。

昨日の時点でバスターミナルに行って、次の街行きのバスの時刻を調べておいたのですが、10時30分、14時、21時30分、22時45分みたいな感じでした。
バス会社はいくつもあるので若干時間は異なりますが、まぁだいたいこんな感じです。
10時30分発だけ15ソレスで、あとは20ソレス。
どのバス会社も同じ値段。

で、次の街まではだいたい6時間とのこと。

まぁ何時のバスに乗るか特に決めずに、飽きたら向かうぐらいな気持ちで行くことにしました。

宿に荷物を預け、さっそく繰り出します。



とりあえずお馴染みのあれからいきましょう。

カテドラル_20150204

カテドラル。


アルマス広場_20150204

アルマス広場。


アルマス広場のまわり_20150204

アルマス広場のまわり。
この1角にぼくが宿泊した宿もあります。


あとこの街の教会は装飾の仕方が独特ですね。

おいしそう_20150204

ほら。デコレーションケーキみたいでおいしそうですよね。
色感はゼロですけどね。



じゃあ観光地っぽいトコにも行きましょう。
昨日も少し触れましたが、ここカハマルカはインカ帝国滅亡の地で、スペインに捕まった皇帝が幽閉されていた部屋があるとのこと。


ふぅむ。


地図を見ながら探すのですがなかなか見つかりません。
人に聞いたら

わかんねぇよ_20150204

この中だって。
分かんねぇよ。これは。

入場料10ソレス(約400円)。



この部屋は別名「身代金の部屋」と呼ばれています。
なぜそんな呼び名かというのを、施設内の説明板のイラストを元にご説明しましょう。


まず、スペインがインカ帝国に攻めてきます。

スペインが来ます_20150204

なんやかんやあって、スペインがインカ帝国の皇帝を捕まえ捕虜とします。
この時のスペインの主目的は、インカの金銀財宝をぶんどって本国に送ること。
それを知った皇帝はスペインに対し交渉を持ちかけます。

「もし私を解放してくれたら…

えぇ〜。そんなに〜!?_20150204

この部屋をこの線まで埋め尽くす金銀財宝を身代金として支払おう」

と。


インカはほんとにこの部屋いっぱいの金銀財宝を身代金として支払ったのですが、結局皇帝は解放されず処刑されたらしいです。



で、その件のお部屋がこちら。

身代金の部屋_20150204

入り口に立ってる人と見比べていただいても、結構な大きさの部屋だということが分かりますね。


なかみ_20150204

なかみ。
よく見ると、、、

線_20150204

これが件の線です。
これが皇帝本人が引いた線かは個人的には甚だ疑問ですけども。



はい。
まぁ5分もあれば見れちゃいます。
いちおうガイドも付けられるみたいですよ。ぼくはお願いしませんでしたけど。



ここの入場券は、あと3箇所の見どころとの共通券になっています。

その1つがこちら。

ベレン教会_20150204

ベレン教会。
ここは内部撮影禁止でした。


印象だけざっくりと書くと、まぁすごいんだけど入場料取るほどでもなくね?って感じでした。

教会ってどこ行ってもだいたい誰かいるんですよ。少なからず。クリスチャンの方がですよ。
お祈りされてる方とか、ただ座ってるようにしか見えない方とか、まぁ当然観光客もいますけど。
ただここは入場料取ってるせいか観光客しかいない。
その分、普段まじまじとは見れない祭壇とかを至近距離で見れましたけどね。
あとパイプオルガンの演奏(たぶん録音だと思うけど)がずっと流れてましたけどね。

ぼくは教会にそういうの求めてないんですよね。
そういう「ただの観光地」的な建物って好きじゃないんですよ。
ただあるだけ、みたいに思えちゃって。
建物は使われてナンボだと思うんですよね。

まぁそういう建物が一番多いのって今のところ日本だと思ってるのはまた別の話。





うん。変な話になっちゃいましたが話を元に戻しましょう。





えー。。。くそしょーもない教会を見た後は、街の高台へ登ってみることにしました。

登道は何本かあって、

メイン_20150204

たぶんココがメイン。
正面に教会と十字架が見えてますしね。道沿いにはカフェとか土産屋とかがたくさんあります。


登道_20150204

が、ぼくはなぜかこっちの道から登りました。

頂上付近はちょっとした公園のようになっていて、入場料がかかりました。1ソル(約40円)。
頂上には「インカのイス」と呼ばれている場所があって、

街並みが一望_20150204

そこからの眺めがこちら。街並みが一望できます。


まぁお分かりの通り、雲行きがね。まぁ雨季なので。



とか言ってたら雨が降ってきたので、Wi-Fiの使えるカフェを見つけておいたのでそこに避難します。

この時点で昼1時ぐらい。
今から宿に戻ってターミナル行けば、2時のバスに乗れます。
まぁ市内の見どころはあらかた見たので、もう次の街に向かってもいいんですが、ほら。


雨がね?


あー。めんどくさいなー。コーヒーうめー。


とか思ってたら2時過ぎたので強制的に夜のバスになりました。


まぁやることないし、郊外にでも行ってみることにします。





相変わらず「地球の歩き方」に書かれている場所にはコレクティーボ乗り場がなかったので、観光案内所で説明を聞いて向かいました。

てゆーかペルーは今のところどの街にも「i Peru」っていう観光案内所があって、しかもみなさん英語を話しはる。
公営だからツアーのゴリ押しとかもしてこないし、危ない場所とかの情報もちゃんとくれるので重宝しております。
まぁ利用するたびに個人情報を控えられますが。



コレクティーボで15分ほど揺られてやってきたのはこちら。

オトゥスコ_20150204

オトゥスコ。
入場料5ソレス(約200円)。
「1枚1ソルだよ」って言いながら5枚チケットくれた。

チケット1枚でいいから4ソレスにしてくれたらいいのに。



はい。入り口だけじゃなんのこっちゃ分かりませんのでこちら。

あなぼこ_20150204

こういうあなぼこがたくさんあるトコですね。

「地球の歩き方」情報だと、800〜1000年ぐらいにかけてのお墓みたいです。
このあなひとつひとつがお墓だったとか。


ちょうど雨も止んだし、園内をだらだら歩きます。


サボテンの柵_20150204

なんかサボテンが多いなーと思ったらこれ柵でした。
オシャレですね。


普通の柵_20150204

この岩の上部には普通の柵もありましたが途端に殺風景ですね。


なにこれ_20150204

というかコレなんなんでしょう?
木?


見晴らしが良い_20150204

ここはすごく見晴らしが良いところです。
近くに集落もあるのですが、大きな町ではないのですごく静かで、聞こえるのは川の音とニワトリの鳴き声ぐらい。

ここにお墓作ることに決めた昔の人いいセンスしてますね。

正直来るまでは微妙かなぁと思ってたのですが、ペルーの田舎町のゆったりとした時間を感じ、また雄大な景色を眺めながら1000年も前の人達の歴史に触れられるここはほんと何時間でもいられ…あ、雨降ってきた。帰ろ。





宿に戻り、雨が止むまでロビーにいていい?って聞いたら快く承諾していただきました。
ほんといい宿(人)だった。


バスターミナルに向かう途中でホンジュラスで会ったしんすけくんと再会するというイベントもありましたが、まぁどうでもいいか。

本人見てないだろうし。



見てるなら押そう↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.30 | ペルー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ペルーの砂漠で有名な遺跡に行ってみた

【114日目】トルヒーヨ@ペルー



今日はちょっと腹たつことがあったんですよ。


ただこのブログを書くに当たり、「ネガティブなことは書かない」と個人的に決めているのですよ。
いや。まぁ結構書いてますけど。いちおう「ネタ」の範疇におさまるようにしてるつもりです。


こう怒りの感情を乗せて文章を書くと、おそらく読んでる人にも伝わると思うんですよね。
ネガティブな感情を乗せて書くと、それが伝わると思うんですよ。
ぼくの文章力ですから100%ではないにしろ。


こんなしょーもないブログをわざわざ時間割いて読んでくれてるのにですね。
そんなヒマなありがたい読者のみなさまをわざわざ不快にさせるようなこと書いてもしょうがなかろうと。


少なくとも今までのは怒りとかネガティブな感情とかは乗せずに、飲み会とかで

「こないだタクシーの運転手が言い値と違う値段請求してきて困っちゃったよー。はっはー。」

的なノリで書いてきたつもりです。


これからもそうしていきたいと思ってます。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

よし。言った。いや書いた。
書いたからには守らなあかん。

合言葉は「冒頭の件を思い出せ」だ。





昨日の夜行でカハマルカを発ち、本日はトルヒーヨという街にやってまいりました。

カハマルカ→トルヒーヨ

まぁ着いたのはまたしても3時とかでしたけどね。朝のね。
待合が空いていたので朝までそこで寝てたんですが、若干寒かったです。

トルヒーヨって地図見てもらえば分かる通り、海沿いなんですよね。
カハマルカが寒いのは分かるんですよ。標高2,000m越えですから。

夏のペルーの海岸沿いの街が寒いとか予想外だぜ。



7時ぐらいにターミナルを出て市街地へ向かいます。
いちおう宿の目星は付けておいたんですが、どう考えても地図にピン刺した場所にはホテルがないんですよね。
かと言って再検索するにはネットが必要だし。
ネットを使うにはネットが使えるカフェ的な店が必要なんですが、まだ朝の7時ですしね。

トルヒーヨの街角にはそこらじゅうに警察の人が立っている(信号がないから交通整理してるっぽい。この時間は交通量もまだ多くなくてヒマそうだったけど)ので、安いホテル知りません?って聞いてみたのですが、だいたい45ソレス(約1,800円)とか50ソレス(約2,000円)とかする。


おおぅ。安宿がねぇ。。。


と思ってたら、アルマス広場でツアー会社の客引きにつかまりました。


「アミーゴ!今日〇〇、明日△△で今日の宿つけて70ソレスだ!どう?」


とのこと。
その〇〇も△△も行こうとは思ってたのですが、どちらも市街から近くコレクティーボで行けるという情報を掴んでいたので、丁重にお断りし、再びホテルを探します。


こういうときネット使えないと厄介だなぁ。と思ってたら9時前とかだったので、そろそろ観光案内所が開くかしら。と思ってアルマス広場に戻ります。
観光案内所はアルマス広場に面してあるらしいので。


と思ったらさっきの客引きにまたつかまりました。


まだホテルを見つけられていないぼくを不憫に思ったのか、35ソレスの宿紹介してやるよ、と言うので紹介してもらいました。
あとで調べたら「地球の歩き方」にも載ってるホテルで、そこにはシングル90ソレス(約3,600円)って書いてたんですけど、この客引きのおっさんの顔が効いたんでしょうか。


まぁとりあえずホテル見つかってよかった。


こんなにホテル見つけるの苦労したの初めてですね。





宿にチェックインし、シャワーを浴びたらとりあえず観光案内所に向かいます。
もう「地球の歩き方」のコレクティーボ乗り場は信じないと決めたのです。


トルヒーヨで最大の見所といえば、「チャンチャン遺跡」。
まぁ明日あたり出てくるので詳細はスルーしますけど、世界遺産です。

で、太陽のワカ、月のワカってのも有名っぽい。
ワカってのは、、、ちょっと説明が難しいですけど。プレ・インカ期のピラミッドみたいなヤツです。


観光案内所で丁寧な行き方などの説明を受け、「両方行くなら太陽&月のワカ→チャンチャンの順番がいいよ」とアドバイスもいただきました。
歴史的にその順番ってことらしい。

せっかく教えていただいたので、今日は「太陽のワカ、月のワカ」観光することにします。





太陽月のワカ_20150205

こちらです。
市内からはモチェ行きのコレクティーボに乗ればチケット売り場の前まで行ってくれます。
だいたい20分ぐらいで1.5ソレス(約60円)。



今回乗ったコレクティーボは、たぶんお兄ちゃんが運転手で、妹が車掌やってましたね。
お父さんが運転手で、息子さんが車掌の組み合わせは中米のバスからよく見てましたけど。

平日の昼間に車掌やってる息子さんや今回の妹さんは、どう見ても10代なかばとか前半に見えるんですよね。
たまに10歳ぐらいかなーって子もいる。
学校制度とかどうなってんのかなーってたまに思います。

まぁ思ってるだけで調べたりしてないんだけど。



ちなみに、「太陽&月のワカ」はモチェ王国っていう文明の遺跡です。
太陽のワカは要塞で、月のワカは神殿だと考えられているとか。
月のワカは100年おきに古い神殿を包むように新しい神殿を建てたとかで、全部で5層あるそうですが、5層目(1番新しいの)はスペイン人に破壊されてて今見えるのはほとんど4層目らしいです。
太陽のワカは現在入れなくて、月のワカのみ見学できます。


はい。予習おわり。





ここは博物館が併設されており、博物館5ソレス(約200円)、月のワカ10ソレス(約400円)です。
博物館は3ソレス(約120円)って観光案内所で聞いてたんですが、5ソレスでした。

とりあえず先に博物館に行きます。
チケット売り場から近いから。

博物館_20150205

こんなんです。

陽気な警備員さんに「写真やビデオ撮影はダメだぞ」と言われたのでなかみの写真はありません。


個人的にはあんまり興味そそられる展示内容じゃなかったです。





博物館から月のワカまでは少し歩きます。
と言っても10分もかかりませんが。


その道沿いをてくてく歩いていると、月のワカ方面からおっさんが2人歩いてきます。たぶん親子。
いい年したおっさんと、もっといい年したおっさんの2人組。


普通にすれ違うのかと思ったら突然オヤジの方が話しかけてきました。



おやじ「月のワカはチケットがいるぞ」


ぼく「持ってるよ」


お「そうか。持ってるのか。〇●△✕(何言ってるかわからん)」


ぼ「え?なんて?」


お「●◯△✕□◯✕△■■ガイド。」


ぼ「ん?ガイド?」


お「そうそう。チケット」


ぼ「ん?チケット?」(チケットを手渡す)


お「いくらだ?」


ぼ「は?」


お「こいつ分かってないな。おい。いくらって書いてる?」


(息子がチケットを見る)


むすこ「10ソレス」


お「持ってるか?」


(息子が無言でぼくに10ソレスを手渡す)


お「終わりだ」


ぼ「ん?なに?どういうこと?ぼく入れんの?」


お「〇〇✕✕△□」




基本的にですねぇ。
会話なんてものはある程度予測がきくんですよ。

タクシー乗って運ちゃんがいきなり宇宙の話なんかしないですよね?
レストラン入って看板娘ちゃんがいきなり「ホテル行きましょ♡」とか言わないんですよ。いや。言ってもらうのは大歓迎なんですけど。

その場のシチュエーションと相手の発言から知ってる単語を拾えば、ある程度の会話は予測によって理解できます。
ぼくはだいたいこうやって乗り切ってます。
英語もスペイン語も。

今回のケースだと、このシチュエーションと、相手の「ガイド」っていう単語をつなぎあわせて

「このおっさんらはガイド」→「チケットの確認」

的な作業かと予測した訳です。
ただ最後に相手がお金を渡してきたのがよく分かんない。


ただ一緒に月のワカに向かってる間も特に何も言ってこないし、「こいつらはガイド」という予測をしてしまってるぼくは疑問には思うものの再度確認するスペイン語力は無いのです。
予測ってのはあくまでも「相手の言ってることをおおよそ理解する」ことを目的としているので、会話力がある訳ではないのです。


とりあえず月のワカ前の広場に到着します。
月のワカはガイド同行でしか入れないので、ある程度人数が集まるまでこの広場で待機することになります。



どう考えても違和感があります。
なぜならば、ガイドや従業員と思われる方々はそれっぽい服装をしていますが、さっきのおっさんらはどう見ても普段着です。半袖半ズボンにサンダルです。
しかも、息子の方は土産物屋に入ってなんやかんやしています。


「こいつらガイドではない…な。じゃあさっきのは何だ?」


と思ったぼくは明らかに従業員のカッコをした人に聞いてみます。
ちょうど英語を話せる人だったので。


ぼく「あのー。チケットってここで必要ですか?」


従業員「ん?チケット持ってないと入れないよ」


ぼ「かくかくしかじか」


従「ん?どういうこと?あの人達?」


(従業員さんがおっさんにスペイン語で確認)


従「分かった分かった。あのね。キミは彼にチケットを売ったんだ」


ぼ「…は?」


従「だからキミはもう一度チケットを買いに行かないといけない」








…なるほど。そういうアレね。








ぼ「いや。でもそれぼく理解してなかったし、返してもらいます」


おやじ「返さないよ」








…ですよね。








まぁ最終的には従業員さんが気を使ってくれ、チケット代をその場で手渡し、チケット確認する人(遺跡の中にいる)とガイドさん(本物の)に話を通してくれたので買いに戻ることはなかったのですが。





が。





が。






よーし。
冒頭の件を思い出せ。

今あらためて文字におこしたら別に大したことじゃないぞ。

小さい小さい。
どこぞのトラブラーさんは治安のいいキューバで首絞め強盗にあってはるねんから。
こんな小さいことでぐちぐち言うとったらあかん。

なにより、最終的には時間も金銭もロスすることなく目的を達している訳で、旅レベル上がってるよ。うん。大丈夫大丈夫。

まぁほら。おっさんらの状況もなんとなく分かるやんか。

たぶんチケット買わずに月のワカ行ってもてやな。

チケット無いと入れへん言われてやな。

しゃーなしチケット買いに戻っとったら前からチケット持ったヤツ来よるやんか。

まぁちょっとチケット売ってくれへんかって聞いてみようとも思うやんか。

で、聞いてみたらそいつスペイン語理解できひんでやな。

じゃあよう分かってないみたいやから金だけ渡して取引成立させてまお、て












ならへんやろ!!!!







脳ミソ湧いとんのかあほんだらぁ!!!!!!









うん。よし。
たぶん「ネタ」の範疇でいけてるはず。

いけてる…よね?

いやー。でも現場では相当ハラ立ってたんですよ。ぼく。
こういう「やったもん勝ち」みたいなのやる人間大キライなんですよね。ほんとに。


機嫌が顔に出てたのか、同じグループのカップルが「なにかあったの?」と心配してくれたぐらいですからね。


月のワカなかみ_20150205

月のワカなかみそのに_20150205

月のワカなかみそのさん_20150205

日干し煉瓦_20150205

ペットボトル_20150205


こんな立派な月のワカ内部見学の印象がまったくないというぐらいですからね。


1300年も前の昔の遺跡が今なおこれほど鮮やかな色彩を放っているんですねー。とか。

なにをモチーフにしたデザインなんでしょうねー。とか。

日干しレンガでこんなデカイ建物建てるなんてすごいですねー。とか。

てゆーか作業員の人ペットボトル置いてったらだめですよー。とか。


そういうインテリジェンスな考察が一切出来ませんでしたからね。現地では。




まぁおっさん2人組もぼくが同じグループにいたんで若干気まずそうでしたけどね。

ほんとにチケット買いに行かされてたら同じグループにぼくははいないはずですからね。
もう1つか2つ後ろのグループにいたはずなんでね。
素晴らしい対処によって同じグループにいてやりましたからね。





帰りは、月のワカ前にコレクティーボが待機してるので、それに乗ればトルヒーヨに帰れます。

と思ったら行きのご兄妹のコレクティーボでした。

そんなこともあるのねぇと思ってたら、例のおっさん2人組も同じコレクティーボでした。
まぁ同じタイミングでツアー終わってこれしか交通手段無いんで当然っちゃ当然なんですけど。




だいぶ気まずそうでした。




湧いた脳ミソすり潰されたらええねん。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.01.31 | ペルー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

トルヒーヨの世界遺産「チャンチャン遺跡」に行ってみた

【115日目】トルヒーヨ@ペルー



バファリンなくなってきた。





ぼく頭痛持ちなんでよく使うんですよね。



コレ読んでるやさしい誰かが日本から持ってきてくれるとかないかな。









2月と言えば南米のベストシーズンなんだけど(ぼそり)





ウユニとかカーニバルとかありますよー(ぼそり)






そういえばカーニバルの時期ですね。
カーニバルと言えばブラジルのリオ・デ・ジャネイロが有名です。

世界三大カーニバルですしね。

あと2つはイタリアのベネチアとトリニタード・トバコのトリニダーですね。



リオのカーニバルは同じく南米三大祭にも数えられています。
リオのカーニバルと、クスコのインティ・ライミとあとオルーロのカーニバルです。

インティ・ライミは6月のお祭なんですが、オルーロのカーニバルは2月末ごろです。


このオルーロってのはボリビアの街なんですが、まぁ文章で説明すんのもなんなので

ワラスとオルーロ_20150206

この右下の赤いとこです。

で、今ぼくがいるのが左上の青いとこ。



今年のオルーロのカーニバルは2月14、15日らしい。



ちょっと前までなら行けたんですけどね。
今となってはちょっと日程が足りませんね。
あと1週間でペルー抜けろってことですから。

実はリアルタイムでは風邪ひいててですね。

今日まで4日間なんにもしてないんですよね。
この4日間の記事何書けばいいんだ、という話は置いておいて。




熱がわりと出たのでバファリンを大量投入してしまったんですよね。




で、冒頭の話に戻る。と。





ふふふ。いつも関係ない話ばかりする訳じゃないんですよ。






あぁ残念。
珍しくルート上にちょうどいい時期のイベントがあったのに。
去年のカーニバルは3月頭だったのにな。
2週間も早くなるとか予想外だよ。ほんと。



まぁいいや。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

ちなみに風邪は治ってます。
治ったから書いたみたいな感じ。





今日は昨日行かなかったほうの遺跡に向かいます。

チャンチャン遺跡というところです。

チャンチャン遺跡_20150206

こちらですね。
昨日行った太陽&月のワカとはトルヒーヨの街を挟んで反対側にあります。


太陽&月のワカを建設したマニュ王国の後に栄えたチムー王国の遺跡で、昨日も書きましたが世界遺産に登録されています。




マニュ王国とかチムー王国とかよく分かんないですね。



あ。じゃあこの辺りの話を風邪引いてた日の記事にしよう。
良かったー。書くこと見つかって。





宿をチェックアウトし、荷物を預けてお出かけします。

チャンチャン遺跡にはコレクティーボで向かいます。
ワンチャコ(Huanchaco)行きのコレクティーボに乗れば入り口まで行けます。

料金は1ソル(約40円)だったか1.5ソル(約60円)だったかです。


コレクティーボってのはですね、ハイエースみたいな大型のバンぐらいの大きさですね。
普通に座れば14、5人乗りの車ですが、いろいろ付け足して20人ぐらい座れるようになってます。
しかも、天井にパイプ付けちゃって立ち乗りまでさせる有り様。

ぼくが捕まえたコレクティーボはもう満席だったので立ち乗りになりました。

まぁ立って乗るのはいいんですけどね。
窓が目線より下になるので外の様子が分かんないんですよね。



車掌さんが「どこで降りるんだ」と聞くので「チャンチャンだよ」と言うと急に停まりました。



うん。行き過ぎたのね。
だと思った。



看板_20150206

普通に座ってれば見落としようがないこういう看板が道路の両サイドに立っているので、見えたら降りればいいです。


トルヒーヨから来ると入り口は道路の向かい側になります。
向こうから、おじさんが「入り口はこっちだよー」と言っています。


あぁありがとう。でもおじさん後ろにあるのタクシーだよね。それそこ行ったら「遺跡のチケットは遺跡の他に3箇所入ることができるけど、それぞれ離れているのでおれが連れてってやるよ。おいくらでどうだ?」とか言うんでしょ?


と思いながら近づくと


運転手「遺跡のチケットは遺跡の他に3箇所入ることができるけど、それぞれ離れているのでおれが連れてってやるよ。50ソレス(約2,000円)でどうだ?」




はい予想通りー。



「いらない」と言うと「じゃあ40ソレス(約1,600円)とか言ってました。
まぁ使わなかったですけど。



実際、チャンチャン遺跡のチケットは他に「博物館」と「エメラルドのワカ」、「ドラゴンのワカ」にも入れる共通券になっています。
※チケットを買えるのは「チャンチャン遺跡」と「ドラゴンのワカ」のみなので注意。

ただ、それぞれは確かに離れていて、特にドラゴンのワカは行こうとするとコレクティーボの乗り換えが発生するなどめんどくさいです。
しかも、ドラゴンのワカ周辺は「治安が悪いから午前中に行った方がいい」と観光案内所でアドバイスされました。

効率的に行くならタクシーチャーターもありですね。まぁじゃあそもそもツアーで行けよって話になっちゃいますが。




何人かでシェアできるならともかく1人でタクシーはきついのでお断りしてチャンチャン遺跡に向かいます。

遺跡までの道_20150206

道路から遺跡までは15分ぐらい歩きます。こんな道を。
「地球の歩き方」には「この周辺は治安が悪い」と書かれていますが、ぼくが行った時はパトカーが遺跡と道路までをずーーーっと往復してました。
「警察がいるから大丈夫」なのか「大丈夫じゃないから警察がいる」のかの判断は自己責任で。



どうでもいいけど警察ヒマすぎだろ。1時間で何往復するんだろ。



道沿いにも_20150206

道路沿いにも遺跡だと思われるものが見えます。
てゆーかまわり遺跡だと思われるものばっかりです。



チケット売り場_20150206

こちらが入り口です。ここでチケットを買い中に入ります。
10ソレス(約400円)。

「日本人?学生なら5ソレス(約200円)だよー」

と言われました。
学生証持ってる日本人多いんだろうなぁ。と思いました。
深くは言及しませんけど。


ぼくは大人のくせに学生を騙ってまで入場料を安く抑えようとは思わないなぁ。


とだけ言っておこう。ほとんど全部言っちゃってるけど。






うーん。






もうちょっと言っちゃおう。


ここチャンチャン遺跡は危機遺産に登録されています。

危機遺産というのは、世界遺産の中で「このままだと危ないですよー」ってユネスコに言われてる世界遺産のことです。
一概に「危ない」と言っても、


観光客来すぎて環境が悪化した、とか。


なんかの自然災害で大ダメージを受けた、とか。


戦争によってぼっこぼこにされた、とか。


まぁいろいろな理由がありますけども。

ここもそんな危機遺産の1つですが、その原因は雨だそうです。
何百年も砂漠の真ん中で雨風にさらされていたので、風化してる訳です。

ここは、世界遺産に登録されたのと同じ年に危機遺産に指定されています。

要は「見つけた時点でもうやばかった」ということですね。


危機遺産ってのは「危ないよー」って言うのが趣旨じゃなくて、「守ろうよー」ってのが主目的ですよね。
危機遺産に登録されたら、ユネスコに対して特別なお金を申請できたりもするそうです。






ぼくは、そんな遺跡に入るにあたって世界で最も裕福な国のひとつである日本のいい年した大人が学生を騙ってまでその200円をケチろうとは思わないなぁ。





ぐらいまで言っちゃおう。






それ払えないぐらいならもう帰ればいいのに。






は言いすぎだな。撤回しよう。まぁ消さないけど。




遺跡の中は

お魚さん_20150206

こういうお魚さんの指す方向に向かって歩いていきます。
まぁ無視してもぜんぜん構わないんだけど。


スフィア_20150206

ところどころこういう模型が説明板(英語・スペイン語)とともにあるので、まぁ1人でも大丈夫。
英語のガイドさんもいますけどね。別料金。




遺跡のなかみです。

なにこの人形_20150206

入ってすぐの広場にあるお人形。
これは絶対後出しのやつですよね。いるの?これ。


鳥とお魚が多いらしい_20150206

なんかの模様_20150206

幾何学的な模様とか魚とか鳥をモチーフにした模様とかがいっぱいです。
魚と鳥が多いのは海沿いだからでしょうかね。


穴開いてる_20150206

なんかちょっとごちゃごちゃしたとこの壁。
穴あいてんなーと思って調べてみたら、暑いから風通し良くするためにこんな形状にしてたらしい。


なんか緑_201502006

これなんなんでしょう。
説明板あったんですけど難しくて分かんなかったんですよね。
GODがどうこう書いてたけど。


一番奥_20150206

ここが見れる範囲では遺跡の一番奥。
これもなんなのか分かんない。
説明板が理解できなかったのではなくて


あれ?スフィアない_20150206

そもそも無かったから。

1番奥やのに。
1番高台やのに。
なんか重要な施設やったんちゃうのここ。



けっこう大規模な遺跡です。
公開されてるとこも遺跡の一部だけみたいですし。
まぁそもそも「遺跡」の外もそれっぽいのだらけでしたからね。

天気が悪かったのだけは残念ですね。





チケット売り場のおじさん曰く、ここのチケットで入れる残り3つの内、「博物館」と「エメラルドのワカ」は「チャンチャン遺跡」から歩いていけるそうです。


という訳で、てくてく歩きましょう。


博物館_20150206

あ、ありましたね。博物館。
これは隣と言ってもいい近さですね。



展示物_20150206

動きません_20150206

手作り感満載_20150206


うん。はい。
5分ですね。
規模自体も小さいし、展示物も出土品より模型や人形の方が多いような。



あ、でも雨宿りするには最適でした。





続いてはエメラルドのワカなんですが。



途中でほんとに歩けるの?って思いました。



まぁ歩けなくはないんだけど。
「チャンチャン遺跡」→「博物館」がすごい近かったので油断しましたね。

エメラルドのワカ_20150206


ここなんですけどね。


もう1回市街地戻ってから行ったほうが早くね?って感じです。


というかもっと砂漠の真ん中にあるもんだと思ってたよ。
超市街地の中ですよ。
おとなりの公園で少年たちがサッカーしてましたよ。


30分以上歩いたな。。。


あと外見からぜんぜんそれっぽさがない。

奥の壁の中_20150206

奥に見える壁の中なんですけど。
普通ならスルーですよ。こんなの。


エメラルドのワカなかみ_20150206

エメラルドのワカなかみそのに_20150206

やっぱりチャンチャン遺跡見た後だと殺風景ですね。
いや。たぶん見てなくても殺風景ですね。


ちょっと壁の中入ってみましょかね。

よかった。それっぽいのあった。_20150206

あー。よかった。それっぽいのありましたね。
でもやっぱりチャンチャン遺跡見た後だと(以下省略)。





ドラゴンのワカも行こうかと思ってたんですが、もうめんどくさくなっちゃいました。
なんかエメラルドのワカ2号みたいなのが出てきてがっかりしそうだったので。


実はこのあと「ワンチャコ海岸」ってトコにも行ったんですが、今日だいぶ長くなってるしまぁ別に行かなくてよかったなって感想だったので割愛します。


伝統の船_20150206

こういうこの地域伝統の船が実際に見られる場所だっつーので行ってみたんですが、ただのビーチでした。
そのビーチのアトラクションの1つに成り下がってました。
お金払って子供をその船に乗せて浅いとこで遊んでるところを写真に撮るみたいな。

まぁあと日曜で人めっちゃ多かったので。

なんかビーチに船がたくさん刺さってるいい感じのスポットっぽかったんですけど。
いや。確かに置いてあったんですよ。船。
見ます?


ペリカn…船_20150206

ほら。

いや。その手前のペリカンじゃなくて奥の。。。





あー疲れた。

歩くだけならいいんですけど、こまめに雨降ってくるんでそれがめんどくさい。
ざばーっと降るんだったらどっか避難するしレインコートも着るんですが、びみょーなのがちょいちょい降ってくる。

これぐらいやったら大丈夫かなー。ぐらいのが。

もうさっさと宿戻って荷物とってバス会社いk


あー。トルヒーヨでまだ街ぶらりやってないわ。
ぼくどっちかって言うと遺跡とか云々より街ぶらりんの方をメインにしてるんですよ。


カテドラル_20150206

はい恒例のカテドラル。
パステルカラーでかわいいですね。でかいですけど。


カテドラルなかみ_20150206

なかみ。
ここはなんといっても天井画でしょう。
若干メルヘンちっくですね。


アルマス広場_20150206

アルマス広場。
右の方の像が最近見たやつの中では1番でかいですね。


街並み_20150206

こういうのがたくさん建ってます。
このテラスみたいなのが多いのがトルヒーヨの特徴かな。


メインの通り_20150206

メインっぽい通り。
スーパーもこの通り沿いにあります。
そんなに賑わってないのは日曜の夕方だからのはず。


んー。ぜんぜん時間足らないけどしょうがない。

もう宿チェックアウトしちゃってるし(別にもっかいチェックインすればいいんだけど)、なによりもう今日はしんどい。
さっさとバス会社行こ。





今回はLinea社という大手バス会社にしました。
ターミナルが若干遠いので。
まぁLinea社も近いわけじゃないけど。

発車時刻は観光案内所で教えてもらっていたので、いちおう2時間前に行きました。
だいたいのバス会社が「座席どこにする?」って聞いてくるんですが、今日は聞かれなかったので画面を見ると、どうやら最後の1席だったみたいです。

「最後?」って聞いたら「そうよ。強運ね」って言ってました。



やっぱ大手のバス会社は違いますね。
自前で自分とこのバス専用のターミナル持ってるんですけど、なんとWi-Fiが使えますからね。
小規模バス会社の集まる倉庫みたいなターミナルでは考えられんですよ。
セキュリティもしっかりしてるし。身体検査に荷物検査までするのね。
時間になるまでバス乗り場に入れないっていうね。

飛行機に近いですね。


バス内部も広いし空調も寒すぎず暑すぎず。


後ろの席の赤ちゃんの夜泣きでぜんぜん寝れなかったですけど。




赤ちゃんもお母さんも悪く無いからね。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.02.01 | ペルー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム