ブラジル→仏領ギアナを陸路…もとい水路で越境してみた

【251日目】オイアポケ→カイエンヌ@仏領ギアナ




ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

こんなブログをブックマークとかしていただいてありがとうございますホント。




朝の5時頃到着しました。

本来ならもっと早く着く予定だったのですが、「そんな時間に着いてもしょうがない」とダダをこねた結果出発が遅くなり、到着もその分遅くなっています。

遅くなっているにもかかわらず朝の5時着です。

眠いなぁと思いながら到着したのはこちら。


オイアポケ_20150728
???



ど、、、どこだ。。。どこなんだここは。。。











こちらです。


オイアポケ

オイアポケという名前の小さな町です。っていうか国境じゃん。国境じゃね?コレ。



そうです。もうどのぐらい居たかもよく分かんないほど滞在したブラジルを、ついに今日離れるのです。

国境といえばイミグレ。出国のスタンプをもらわなければなりません。

そのスタンプをくれる警察署が開くのが朝8時。











…だからもっと遅く出よう言うたんや。。。











まぁ言ってもしょうがないので、船着場で待つことにしましょう。あ、ここの国境も川なんですよ。で、渡し船で国境を越えるのです。

はいはい。運ちゃんご苦労様ですね。150ヘアエス(約6,000円)ですよね。はい。ありがt…











運転手「200ヘアエス(約8,000円)だ。」











…出たよ。











昨日のブログから抜粋してみましょう。

(以下抜粋)

なんでも、トヨタの4WD車がどうたらこうたらまじポルトガル語意味わからん。

お値段を聞くと、180ヘアエス(約7,200円)。バスは100ヘアエス(約4,000円)ぐらい。

それやったら宿もう1泊(40ヘアエス(約1,600円))してバス乗ったほうが安いがな。まぁ明日バスあるか知らんけどな。という訳で、「高いよう」とダダをこねたら150ヘアエス(約6,000円)に値下げ交渉してくれました。



おばちゃんが



電話口で



150



と口にし、



ぼくの方を向いて



(150って言ってるけど)OK?



と身振りで聞いてきたので



「それならOK」



ということで



このトヨタ4WD車で移動することにしたのです。



それなら1泊するより高くはなるけど、食費とかもろもろ考えたらトータル安くなると踏んだからですね。

(抜粋終わり)











最初の言い値(180ヘアエス)より高なっとるやないか!!!


ナメとんのかおどれゴラァ!!!


言いませんけどね。そんな乱暴な事言いませんけども。まぁ言ったってどうせ分からんのやから言ったろかな思いましたけども言いませんでした。

ただ譲りませんよここは。何をふざけたことぬかしあそばしてらっしゃるんじゃこのうんこ野郎です。



しかし相手はポルトガル語しか理解できないうんこ野郎。

こちらは日本語と英語スペイン語を操るトリリンガル

なんとなくスペイン語で話せば理解してくれるだろうむしろしろ!



要するに言いたいのは

「宿のおばさんが予約してくれた時に150ヘアエスという値段で合意したはずだ」

と。ただこれだけ。さぁ耳の穴かっぽじってよく聞きやがれこのうんこ野郎。











ぼく「セニョーラ エン ポサーダ …」











3単語!!











結局、「宿のおばさんが何だ?」「宿のおばさんは運転手じゃない」「値段を決めるのは運転手だ」「一緒に乗ってきたフランス人も200ヘアエス払った」「おまえは払わなければならない」とまくしたてられ、というか何故かこんな時だけすっかり理解できてるんですけど、挙句の果てに船着場にいた知らん人らからも「それは払わないとダメだ」と援護射撃が飛んでくる始末。

最終的に断固払わない意思を見せ続けたことで、運転手はぼくの手から150ヘアエスを奪い取り「オマエ次会ったらぶん殴ってやるからな」的な捨て台詞を吐きながら去って行きました。



ううむ。朝からイラッとしますね。

というかブラジル最後の思い出がコレて。どうなのそれ。











8時になるのを待ってスタンプをもらい、渡し船に乗り込みます。

ちなみにスタンプをもらう警察署はココ。


ポリシア・フェデラウ


オイアポケそのに_20150728
オイアポケ

対岸は隣国。


渡し船_20150728
渡し船

普通の小さなボートで川を渡ります。


橋_20150728


どう見ても橋があるんですけど。。。

まだ使ってないのかな?車が走ってる気配なかった。



という訳で、

仏領ギアナ_20150728
仏領ギアナのわかりやすい地図

20カ国目。仏領ギアナに到着です。

まぁ仏領っていうだけあって、ここはフランス領なんですね。

しかも位置付けとしては「県」なんですよ。「海外県」って言うらしいんですけど。遠すぎやろ!っていうね。

ただまぁここに来たからといって「ワタクシおフランスに行ってまいりましたわ♪」とはとても言えないので、1カ国カウントすることにしました。



仏領ギアナ側の国境の町はサン・ホルヘ。

何もない町ですが、とりあえずここで入国のスタンプを貰い、現金を入手しなければなりません。

船着場に着くとちょっと大きめのバンが並んでおり、それの客引きに警察署とATMの場所を聞いて向かいます。




ポリシア

マイナーすぎてGoogle mapが仕事してくれない…。


「スタンプくださいな」とお邪魔すると、係の人が「え?日本人?あらまぁ。日本人ってビザいるのかしら。ちょっと待っててね」とだいぶ困惑していました。

基本的にはフランスと同じ扱いなのでビザはいりません。10分ぐらい待ってスタンプを押してもらえました。



ATMは市内の郵便局の壁にくっついています。

お金についてもフランスと同じなのでユーロが使われています。



さぁ仏領ギアナ。ここの噂はとりあえず「物価が高い」です。

なんもないくせに物価が高いので、われわれのような貧乏旅行者は必然的に足が遠のくのですが、何を思ったか来てしまいました。

スタンプも現金も手に入れたので、とりあえず首都…いや県庁のカイエンヌを目指します。

さきほど船着場近くに停車していたバンがカイエンヌ行きらしいです。バンって言うかみなさんバスって呼んでます。


バス…?_20150728
カイエンヌ行きのバン


カイエンヌまではお時間2時間半ほど。200キロ弱の道のりです。


サン・ホルヘ→カイエンヌ


そしてそのお値段。











30ユーロ(約4,000円)。











バス…ですよね?

公共交通機関ですよね?

今朝のうんこ野郎のは乗り合いとは言えタクシーですからね。なんだかんだ言って12時間ぐらい走ってましたからね。それで6,000円だったんですけどね。











恐るべし仏領ギアナ…。











ブログ村なんてタダで行けるのに…↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.06.18 | 仏領ギアナ | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

仏領ギアナの県庁「カイエンヌ」をぶらりしてみた

【251日目】カイエンヌ→クールー@仏領ギアナ



最近ここの前説を考えるのが1番めんどくさいことに気づきました。

本編はあくまでも「日記」なので、あった出来事をそのまま書いてりゃいいのですが、ここの前説はそういう訳にもいきませんしね。

じゃあ別にやらなくてもいいんじゃない?という話なのですが、この前説やらないと…











えーと。。。やらないと…?











別にやらないといけない理由とか無かったです。















ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。

とは言うものの引き続きやると思います。理由は「惰性」です。




くそ高いバンに乗ってやってきましたカイエンヌ。どうでもいいけど、地元の人の発音聞いてると「カイエンヌ」じゃなくて「カイエン」のほうが近い気がしますね。

バンを降り、ロンプラの地図を頼りに市街地の中心に向かいます。さらにどうでもいいけど、海外の街は地図を見ればどこが中心なのかが分かるのでいいですね。


待ちゆく人に珍しいのか話しかけられたりしますが、当然のごとくフランス語です。さっぱり分かりません。ポルトガル語はまだスペイン語に近いという点で、分からなくもないこともないかもしれないレベルだったのですが、フランス語はアウトです。



とりあえず目指すのは観光案内所。

安宿が無いことは調べていたのですが、そうは言ってもガイドブックにしろネットの情報にしろ多少のタイムラグがありますからね。もしかしたら安宿的なものが新たに生まれ出っているかもしれません。やはり最後にモノを言うのは現地で仕入れたナマの情報です。


と思ったら案内所閉まってました。


どうやらお昼休憩みたいですね。この南米のシエスタにはほんと手を焼かされますが、よく考えたら別に普通ですよね。店員さんだってお昼ごはん食わなあきませんよね。特に個人経営みたいなお店で従業員も少ないと、交代でお昼食べるとかもできないですし。そして南米のお店なんてだいたい個人経営っぽいですし。


あと若干1時間で開くというので、お隣の中華料理屋でごはんを食べながら待つことにしました。中華料理は世界中どこにでもあるし、どこで食べても外れない、とタビジュン師匠がおっしゃっていましたが、アレはウソです。

頼んだチャーハンは残念ながら不味かったです。

というかチャーハンを頼んだのにナイフとフォークが出てきました。なかなかの食べづらさでした。





案内所が開いたのでさっそく情報を仕入れましょう。

あーもしもし?ここらの安宿を教えてくれんかね?




案内所のおじさん「1番安い宿で40ユーロ(約5,600円)だねぇ」




事前に入手していた情報の通りでした。じーざす。

ただおじさん曰く、ちょっと離れたクールーという街にはロッジがあって、そこはハンモック泊が可能とのこと。ハンモックは宿でレンタルしてくれるが、自前のハンモックがあるなら宿泊費は1泊10ユーロ程度で収まるらしい。

まぁそうは言ってもハンモックなんて重くて嵩張るもの持ちながら旅行してるパッカーなんておったわここに。もしかして自分天才か?

ベレン→マカパで使用したハンモックを、別に捨てても良かったんですけどなんとなく持ってきていたのです。


ふふふ。じゃあ今日はカイエンヌをちゃらっと見て、クールーでハンモック泊に決定ですね。


案内所のおじさんが親切で、カイエンヌを観光している間荷物を預かってくれることに。

こういう拠点を確保しないまま行う観光の時にやっかいなのが、あのくそでかい荷物ですからね。ほんとマジ捨てたいと思います。




さ、という訳でようやく観光ブログを始めます。

パルミステス公園_20150729
パルミステス公園

街の中心パルミステス公園。


レオポルド・へダー_20150729
レオポルド・へダー

そのお隣にあるレオポルド・へダー。

ここは何やら大きめの建物が立ち並んでおります。


クラウドン・チャンドン_20150729
クラウドン・チャンドン

そのひとつ。クラウドン・チャンドン。

この通りの奥にある丘に登るとあるのが


フォート・セペロウ_20150729
フォート・セペロウ

フォート・セペロウという場所。

カイエンヌの街並みを一望でき、


リバー・ビュー_20150729
リバー・ビュー

街のそばを流れるカイエンヌ川を眺めることもできます。

ちなみに地名はそれっぽく読んでるだけで、フランス語の正しい発音かどうかは知りません。



お次がロンプラのトップ・チョイスにもなっている

セントラル・マーケット_20150729
セントラル・マーケット

セントラル・マーケット。

閉まってましたけど。1時までらしいです。開いてるの。

このセントラル・マーケットのお隣に


コップ公園_20150729
コップ公園

コップ公園という小さな公園があるのですが、ここの中央の彫像が


にわとり_20150729
にわとり

にわとりでした。何か複雑な事情があるのでしょう。きっとそうです。


教会_20150729
教会

こちらが街で1番目立つ建物である教会。何教会かは分からない所がミソ。


なかみ_20150729
なかみ

教会のなかみ。なんか可愛らしい。


カイエンヌはこういった

街並み_20150729
街並み

街並みそのに_20150729
街並みそのに

木造で屋根があることが特徴的な建物の街並み。わりと古そう。


街並みそのさん_20150729
街並みそのさん

何より、視界に入る店舗はほぼ間違いなく中国人経営っぽい。

中華街を作って中華系店舗が固まっているのではなく、街なかの商店はほぼ中華系。中華系の人がいないと経済回らんのじゃないかと思うぐらい。


歩いていても、まっっっっっったくおフランス感は感じませんが、そのへんで見かける国旗は

フランス国旗_20150729
フランス国旗

フランス国旗と


ユーロ旗_20150729
EU旗

EUの旗が仲良く並んでいます。まぁ確かにフランスなんだなぁと、、、あんまり思わなかったです。昔行ったパリとは違いすぎる。かと言って他の南米諸国とも雰囲気違いますけども。




さて。こんなもんでしょうか。

まぁ、正直わざわざ来るほどのところでも無かった暗くなる前にクールーに行きましょう。


観光案内所のおじさん曰く、クールーまでバスが出てるから、とのことだったのですが、教えてもらった場所に行ったら朝乗ってきたバンがたくさん泊まってました。もうあのバンがバスなのね?そういうことでいいのね?



バンに乗ってクールーに向かいます。料金は10ユーロ(約1,400円)。

もう10ユーロなら安いと思い始めましたよ。ぼくはわりとその土地の金銭感覚に馴染みやすいようですが、ここの金銭感覚に馴染んでしまったらカードの請求が恐ろしいことになりそうです。こういう物価の高い国はやることやってさっさと退散するに限りますね。



クールーに到着するかという頃に気づいたのですが、案内所のおじさんに教えてもらったハンモック泊ができるロッジは、市街地からめちゃくちゃ遠いことが判明。

どこに出るにもタクシーを使う必要がありそうで、こんな国でタクシーなんか使おうもんなら結局高く付くんじゃないかということで、街なかのホテルにチェックインすることにしました。

お値段











55ユーロ(約7,700円)。











うん。ぜんぜん馴染めてない。まじで引いたもん。ぜんぜん金銭感覚に馴染めてない。良かった。まぁ良いことは何一つないんだけど良かった。日本よりも高いホテルに泊まるとかパッカーとは思えない行為だけどもまぁ良かった。うん。良かった。





馴染もうが馴染まなかろうが高いもんは高い。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.06.18 | 仏領ギアナ | コメント: 4 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

仏領ギアナ最大の観光地「スペースセンター」に行ってきた

【252日目】クールー@仏領ギアナ



昨日、宿にチェックインした時の受付のおばちゃんとの会話。



ぼく「英語話せますか?」


おばちゃん「いいえ。フランス語と、、、スペイン語


ぼく「(スペイン語キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!)」



(スペイン語で宿のチェックインを済ませます)



ぼく「明日あそこに行きたんですが、どうやったら行けますか?」


おばちゃん「タクシーか、、、徒歩ね」


ぼく「徒歩だとどのくらいでしょう?」


おばちゃん「1時間ぐらいかしら。朝8時には着かないといけないから、7時には出ることね」


ぼく「その間荷物は…」


おばちゃん「朝はフロントが開いてないから、部屋にそのまま置いておいていいわ。掃除の時しまっておいてあげる」


ぼく「そこから帰ってきた後、そのまま次の街へ向かいたいのですが、どうやったら行けますか?」


おばちゃん「バスがあるのだけどカイエンヌからね。ここからだとレンタカーかタクシーしかないわ」


ぼく「タクシーと言うと?」


おばちゃん「あなたが乗ってきた車よ」


ぼく「(あれバスとちゃうんかい)どこで拾えますか?」


おばちゃん「普段はここまで来てれるのだけど。ただちょうどいい時間にあなたの行きたい所行きのタクシーがあるか分からないわ。ちょっと聞いてみましょう」


(タクシーの会社に連絡してくれている)


おばちゃん「明日あなたが帰ってくる頃にタクシーが迎えに来てくれるらしいわ」


ぼく「完璧!ありがとう!」












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

この日ほどスペイン語やってて良かったと思った日はなかったです。



さて、よく分かんなかったと思いますので、改めてタイムスケジュールにしてまとめてみましょう。



7:00 起きる。荷物を部屋に置いたまま宿を出る

8:00 目的地のツアーに参加する

13:00 ツアーの終了時間

14:00 宿に戻る。手配されたタクシーに乗り移動する



という流れです。

ふふふ。文字で書くとなんて簡単なんだ。このスケジュールを作るのにどれほどの時間と脳ミソを使ったことか。。。




という訳で7時に起きました。準備して宿を出ます。

さぁてくてく歩きますよ。タクシー使えば早いのですが、こんな国でタクシーなんか使った日には死んでしまいますからね。てくてく歩きます。



道_20150730
道沿い

うん。つーか歩道もなんも無いんですけど。

周り若干ジャングルですよね?コレ。若干っていうか完璧ジャングルですよね?コレ。

そして1時間じゃ着きそうにないんですけど。リアルに結構遠いんですけど。



目的地_20150730
目的地

あー。見えてきた。すでに8時過ぎてる感あるけど目的地見えてきた。



という訳で本日やってきたのは

スペースセンター_20150730
スペースセンター

宇宙センターでございます。

フランスがいつまでもここ(仏領ギアナ)を手放さないのは、これがあるからじゃないかと言われているとかいないとか。

宇宙開発を行っている国は、どこかにロケットとか人工衛星の打ち上げ施設を所有していますね。アメリカだと有名なケネディ宇宙センター、日本だと種子島。じゃあヨーロッパの諸国はどっから打ち上げてんのか、というとココな訳です。

なんでも、ロケットを打ち上げるのは赤道に近いほうが有利なんだとか。確かに、ケネディ宇宙センターも種子島も『その国の中では』赤道に近い位置にあります。そこでフランスは思うのです。

ウチのギアナっちゅう『県』は赤道めっちゃ近いでしかし、と。

よく分かる地図を貼ってみましょう。


打ち上げ施設地図_20150730
打ち上げ施設地図

世界の打ち上げ施設をまとめた地図です。

よく分かるとか言いながら小さくて見にくいという有様ですが、まぁこのままいきます。なんとか見てください。


青丸で印をつけたのがアメリカと日本の打ち上げ施設。対して赤丸で印をつけたのがここクールーの打ち上げ施設。どのぐらい赤道に近いかが丸わかりですね。


ここはフランス単独ではなく、EUの諸国も共同で使用しています。そのため入口には


モニュメント_20150730
モニュメント

こんなモニュメントが立ってます。EU加盟国とここ仏領ギアナだけが強調されており、周囲にEU加盟国の国旗があしらわれています。

同様に

ロケット_20150730
ロケット

ロケットとそこに通じる道沿いにEU加盟国の国旗が掲揚されています。


さ、早速ですがツアーに参加してみましょう。

ここはあくまでも博物館で、本物の打ち上げ施設ではないのです。ツアーに参加すると、本物の打ち上げ施設をバスで見学できるとか。しかもタダ。

えー、、、と。すでに8時はすっかりすぎていますが聞いてみましょう。


あーもしもし?今日のツアーに参加したいのだがね。


おねいさん「今日のツアーはもう出発しました」











…ですよね。知ってました。











あーやっぱり歩くのは無理があったか。まぁもう30分早く起きれば間に合ったんだろうけども、それは無理やしな。やっぱタクシー使うべきやったか、、、ってこんな国でタクシーなんか使ったら死んでしまう。じゃあ早起きを、、、ってそれは無理。











うん。しょうがないな。











いちおう月〜木までは午後のツアーもあるんですけどね。残念ながらこの日は金曜日で朝のツアーしかない。そして明日からの土日はツアーもお休み。

これは単純に「呼ばれてない」と理解した方がいいでしょう。



せっかく来たので博物館だけ見学していくことに。

ツアーはタダなのに博物館は入場料かかるんですよ。7ユーロ(約1,000円)。もう高いのかどうなのか分かんないわ。



博物館はキライなのですが、ここの展示はちゃんと英語の表記もあり、そもそも展示物が子供心をくすぐるようなものばかりなので意外と楽しいです。どうも、永遠の子供心を持つ男だばでーですよろしくお願いします。


展示_20150730
展示

なんか宇宙にまつわるパネル展示(色彩や画調も子供受けしそう)。


展示そのに_20150730
展示そのに

宇宙に行った感が感じられる展示物(たぶんレプリカだろうけども)。


展示そのさん_20150730
展示そのさん

あの有名なシーンを再現(アメリカの話だけどねこれは)。


展示そのよん_20150730
展示そのよん

もう何がなんだかわからない(しかしなぜかわくわくする)。


展示そのご_20150730
展示そのご

その大きさにテンションが上がる(ワシントンDCのスミソニアンにもあった気がするけど)。


展示そのろく_20150730
展示そのろく

大理石かなんかかと思ったら衛星写真だった(置いてあるだけなのにオシャレに見える)。


展示そのなな_20150730
展示そのなな


…。


…誰だこいつは。


全面のパネルで質問を選択すると、それに対する答えをこのおじさんが解説してくれます。そして待ってる間も消えずにずっとそこにいます。待っている間の映像は「手持ち無沙汰」感がありありと出ていてとても良く出来ているとおもいました。

が、別にこれはいらないと思いました。




うむ。なかなか楽しかった。

ちなみに展示スペースは2階だけで、1階は

子供向けスペース_20150730
子供向け学習スペース

子供向けの科学に触れ合いながらお勉強しましょうのコーナーになっていました。




さて。帰りましょう。さっきのジャングルの中をてくてく帰りましょう。

途中で雨が降ってきたけどどうしようもありません。てくてく帰りましょう。

お昼ごはんを食べようと思いましたが物価が高すぎて泣きそうなので、食べずに帰りましょう。



やっとの思いで宿にたどり着きましたが、まだ受付が開いてませんでした。











おばちゃんいい人なんだけどもうちょっと仕事してくれ。。。










ブログ村は24時間入れます↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.06.19 | 仏領ギアナ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム