ブラジル→ベネズエラ国境を陸路で越境してみた

【258日目】ボア・ビスタ→サンタ・エレナ・デ・ウアイレン@ベネズエラ



ベネズエラ_20150806
ベネズエラの分かりやすい地図



本日からベネズエラ編でございますぅ〜。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

23カ国目ですぅ〜。



とりあえず朝7時半発のバスに乗り、国境を目指します。


ボア・ビスタ→パカライマ

だいたい4時間ぐらいの道のり。すっかり寝てましたが。早起きはキライなんだってだから。


パカライマのバスターミナルから国境までは徒歩ですぐ。10分ぐらい。

国境にブラジルのイミグレがあり、そこで出国スタンプを入手。なにごともなく。


国境_20150806
国境


イミグレの間にこんな旗が。

けっこう記念撮影している人がいました。そして、このあたりに大勢両替商のおっさんがいます。目的地の町でも両替できると情報を仕入れていたのでここでの両替はスルー。

この時、ネットでは「1$=550Bf」ぐらいの相場だったのですが、最も高い言い値で「1$=400Bf」でしたので。


しばらく歩くと今度はベネズエラのイミグレ。

警察がいっぱいいて何やら言われないかとビクビクしていましたが、イミグレの職員さんもその辺の警察の人も普通にみんないい人でした。

イミグレを越えたところでタクシーを待ちます。

なぜかタクシーが国境方向からやってきます。それを捕まえるのですが、すでに乗客を乗せているタクシーが多く、なかなか捕まりません。国境方向からやってくるのに。なぜだ。


ようやく1台捕まえて目的地の町まで。150Bf((1$=400Bfとして)約45円)。

この時点でベネズエラの物価やばいとはうすうす感じていましたが、目的地に着くとその感覚に追い打ちがかかります。



国境→サンタ・エレナ・デ・ウアイレン


やってきたのはサンタ・エレナ・デ・ウアイレンという小さな町。

目星を付けていたポサーダ・ミチェルに向かい、お値段を聞いてみるとダブルルームが1,300Bf((1$=400Bfとして)約390円)。2人で泊まれば1人650Bf((1$=400Bfとして)約195円)。

宿で水やジュースを販売していることは珍しくないのですが、ここの宿でもジュースを売ってました。喉が乾いたのでコーラ(500ml)を買ったのですが、お値段100Bf((1$=400Bfとして)約30円)。

町を歩いている途中、暑かったのでマグナムというアイス(世界的に見るアイスで、メキシコで見た時は300円超えていた。美味い)を買ったのですが、お値段200Bf((1$=400Bfとして)約60円)。











天国なのかここは?











いや落ち着け。これはあくまでも闇両替しているからであって、実際にはえぇと60倍ちょいのお値段がかかる訳ですね。

だから宿代は390円じゃなくて24,000円ぐらいだし、コーラは30円じゃなくて1,800円ぐらいだし、マグナムも60円じゃなくて3,600円になっちゃうという訳ですね。


ありえません。


それは物価が高いというレベルではありません。

もう何がなんだかよくわからないですが、とりあえず闇両替すれば万事OKということですね。



早速闇両替しに向かいます。

闇両替スポット_20150806
闇両替スポット

この辺りに赤いジャケットを着たおっさんがいっぱいいます。両替商のおっさんたちです。

警察に見つかるとマズイはずなのですが、警察のバイクが通りすぎている横で普通に両替しています。まぁ国境ですからね。いちおう正規の両替商なのかも知れません。レートは闇ですが。


何人かに聞きましたが、誰に聞いてもマックス1$=370Bf。


国境で両替しておくべきだったと後悔しますが後の祭りですね。非正規のおっさんのレートは国境周辺(なんだったら国境超える前)が1番良いというのはぼくがこの旅行中に導き出した答えのひとつです。


まぁしょうがないので両替しましょう。どっちにしろお金ないとダメなんだし。200$ぐらいでいいかな。


えーと200$両替すると、、、74,000Bfですね。











両替後_20150806
両替後

札束の厚さがトイレットペーパーの高さぐらいになったんですけど。。。



ベネズエラの通貨はふざけたことに1番大きいお札が100Bfなんですよ。だから74,000Bfってことは100Bf札が740枚ある訳で。それでこんなことになっちゃうのですね。

これ両替の時ちゃんと数える人大変ですね。

ぼくですか?めんどくさいのでめったに数えません。人間そんな疑ってばかりじゃ大変でしょ。確かに悪い奴もいるでしょうけど、いい人の方が多いんですよ。なんかそういう人に悪い気がするんですよね。「あなたのこと疑ってますよ」感ぷんぷんするでしょ。いいな人が損こくクソッタレな世の中ですけれども、せめてぼくの周りのいい人には幸せになってもらいたいと思っていますどうもだばでーですよろしくお願いします。





さーて晩ご飯食べましょう。こんな物価の安い国で自炊する必要などナッシングですのでね。

なんかこの町に来た人はみんな中華食べるらしいですね。確かに中華料理屋さんが何件かあります。



えーと。卵焼きみたいのを白米にかけて天津飯っぽくして食べようかな。


かなりのボリュームですけどね。これお腹パンパンですよ。



えー。お値段は。。。



700Bfぐらいかな。ジュースも飲んだし。









230円!!!











こんだけ腹いっぱい飲み食いしてこのお値段!








どうなってんだベネズエラ!!







嗚呼素晴らしきベネズエラ。とブログ村↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.06.25 | ベネズエラ | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

あのテーブル・マウンテン「ロライマ山」に登ることにしました

【259日目】サンタ・エレナ・デ・ウアイレン@ベネズエラ



昨日ベネズエラの地図貼って気づいたんですが、ここベネズエラが南米もといアメリカ大陸最後の国ですね。

ベネズエラ_20150807
ベネズエラ

見事にアメリカ大陸全土が塗りつぶされています。素晴らしい。1年かけたかいがあったというもn…



アメリカ大陸制覇か?_20150708
アメリカ大陸制覇…



…あん?



ベリーズ!!!_20150807
ベリーズ…











ベリーズ!!!











ちくしょうあの野郎!

そう確か、日本人がベリーズ入国するのにビザがいらなくなったとかどうとか言ってた頃に入国しようとして、やっぱりビザがいるから取れと、でも南の国境では発行してないからメキシコを経由して北から入って来いと、理由?


クリスマスだからだ!


という「嗚呼ラテンアメリカ」と言わんばかりのあんちくしょうですね。

なんのことかわからない人はグアテマラ編の後ろの方を見てください。リンクは貼りません。めんどくさいからです。


最近知人が数名ベリーズ行ってブルー・ホール見たりだのカリブ海に潜ったりだのしてますけども。ほいほい行きやがっていますけども。ビザ無しでほいほいほいほい行きやがっていますけども。











いつか見てやがれベリーズ!!!















ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

いつかは知らんけどな!




さて、今いるサンタ・エレナ・デ・ウアイレンという長ったらしい名前の町は、いわゆる「ロライマ山」へのトレッキングの拠点として、またブラジル国境沿いの町として観光客がたくさんいます。

特に今はブラジルのバカンスシーズンらしく、物価のくそ安いベネズエラに贅沢三昧、お買い物天国をしにブラジル人がたくさん来ています。というか普段から週末はブラジル人がたくさん来るらしいです。

事前情報では国内全体的に品薄と聞いていたのですが、この町をぷらぷら歩いている限りそんな感じは受けません。まぁお買い物目当てのブラジル人がたくさん来るので、品物も揃えているのかもしれませんね。



まぁ別にお買い物しに来たわけではないのです。ぼくは。

ここに来た目的はもちろんロライマ山トレッキング。

ロライマ山が分からない人のために解説しましょう。



ロライマ山_20150807
ロライマ山(ネットから拝借)

南米北部のギアナ高地というところにたくさんあることで有名なテーブルマウンテンのひとつ。

このあたりは地殻変動とか火山活動とかの影響を受けない場所だそうで、まだ全部の大陸がくっついていたころの地層が未だに残っていると言われているとかなんとか。

サバンナのど真ん中に高さ1キロ以上に渡ってそそり立つその様は偉大という他ない。そもそもロライマとは先住民の言葉で「偉大」という意味である。

ロライマ山はベネズエラ、ブラジル、ガイアナの国境が交わるポイントにあり、山頂には三点国境の碑が立っている。



以上、解説終わり。

まぁそんなロライマ山に登るためにやってきたのです。


ロライマ山に登るのはトレッキングツアーに参加しなければなりません。まぁたぶんツアーじゃなくても行けるんでしょうけど、まぁただの旅行者がやる感じではないですかね。


町なかにはいくつかのツアー会社があり、そこで聞いてみますがまぁ基本的に聞く内容はどこも一緒です。



◯ロライマ山トレッキングツアー◯

・最小敢行人数 4人

・5泊6日

・複数のサービス内容がある(これはツアー会社によるっぽい)



日本人に有名なのは、ポサーダ・ミチェルという宿にしょっちゅう出入りしているフランシスコという胡散臭い話し方に胡散臭い身振りを加える胡散臭いおっさんのツアー。

内容は、

◯フルサービス 60,000Bf(約19,000円)

 ガイド、クッカー、ポーター付。荷物はほぼポーターが運んでくれるため、自分で運ぶのは自分の衣類程度。楽ちん。

◯ミドルサービス 46,000Bf(約15,000円)

 ガイド、クッカー付、ポーターなし。食料はクッカーが運んでくれるが、その他のテント、マット、寝袋を含む荷物は自分で運ばなければならない。つらい。

◯ローサービス 30,000Bf(約9,700円)

 ガイドのみ。クッカー、ポーターなし。食料を含む全ての荷物を自分で運ぶ。料理も自分でする。過酷。

といったところ。

すでに2人(日本人とブラジル人のコンビ)がツアーに申し込んでいるのだかいないのだかといった状況のようで、その人達はフルサービスで行くつもりのよう。まぁ普通に考えたらフルサービスですよね。

彼らはなんか知らんけど2回ほどドタキャンしたそうで、まぁ詳しくは書かないけどフランシスコ的に4人じゃツアーやれないとのこと。このケースに限り、5人集まらないとツアーは開催しないらしい。ぼくはボア・ビスタのバスターミナルで再会した日本人男性といたのですが、4人になったけどツアーが開催されないというよく分かんない状況に。彼らはすでに料金を支払っているそうなので、他のツアー会社に移るのも難しそうです。

他のツアー会社は4人いれば開催するので、まぁ2人待つか1人待つかの違いだけ。どっちでも行けるようにしておけばいいですね。どうせ最初からさくさくツアー行けるとは思っていません。



とりあえず今日はここまで。情報は集めたので、あとはツアー人数が揃うのを待つだけです。



さ、いつになったらロライマ行けるかな〜♪



ブログ村ならすぐ行けますよ〜↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.06.26 | ベネズエラ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

あのテーブル・マウンテン「ロライマ山」に登るツアーが決まりました

【260日目】サンタ・エレナ・デ・ウアイレン@ベネズエラ



昨夜宿の隣のレストランでコパ・アメリカ見てたんですけど。

いや、時差ありますからね?改めて言いますけど。

あれどんな手使ってでも日本出とくべきだったと思うんですけどね。という話は置いておいて、そのタイミングで丁度ロライマ山トレッキングから帰ってきたグループと遭遇(ぼくではなく先乗りしていた2人組が)し、内容を聞いたところ、どうもこの辺りのツアー会社ではない所でツアー行ったとのこと。

しかもお値段が格安らしい。



むむ。急展開か?これは。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

確か見てたのはブラジルが負けた試合だったと思われます。



先乗り2人組が聞いた情報によると、フランシスコのところでいうフルサービスと同じ内容で、料金が35,000Bf(約11,000円)。

そ、それは格安じゃね?

というか安すぎじゃね?ホントに?ホントにフルサービスなの?



結局、先乗り2人組はフランシスコから一部を返金してもらい、同じ宿で知り合ったブラジル人の青年を加えた5人でそちらのツアーに参加することになりました。

うむ。意外とさくさく決まったな。

という訳で、今日はみんなで料金を支払いに行きます。



ルイスというお兄ちゃんがやっているツアー会社で、医者の奥さんが運転する4WDに乗って彼のツアー会社まで。

だいたいツアー会社って旅行者が集まるところにありますよね。バスターミナルとか旅行者が溜まる通りとかね。

それが彼のツアー会社は、なぜか超山の上にあります。知らないと行けないです。どうやって客つかまえてんだこの人。



ルイス曰く、テントは全員にレンタルで無料。バックパックや寝袋は必要な人には貸し出すけど有料とのこと。

まぁぼくは寝袋は持ってはいるものの、大きさ重視で薄いのでレンタルしておきます。もちろんバックパックも。このへんがコロコロパッカーの辛いところですね。バックパックが必要なレベルのトレッキングだとレンタルしなきゃいけなくなります。


今日はデポジットで半額だけ支払います。なかなかの警戒っぷりです。


とりあえず、明日の夜バックパックを持ってきてくれるとのこと。そして、同行するガイドを交えて前日ミーティングをやるらしい。


ということはつまり。



今日はここまで。ってことですね。



みなさんはもうひとぽちっとですよ↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.06.27 | ベネズエラ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

あのテーブル・マウンテン「ロライマ山」に登る日が決まりました

【261日目】サンタ・エレナ・デ・ウアイレン@ベネズエラ



あんまり記事が短いと、右側のいろいろなリンクが貼ってある帯みたいなの(プラグインって言うらしいですが)より記事の方が短くなっちゃって、記事自体は終わっているのにどこまでも下スクロールできちゃうという状況になりますね。

最低限プラグインよりも長い記事を書きたいところですが、まぁ無い袖は振れないわけで。

日々のちょっとした機微を書き綴ればいいのでしょうが、その辺は時差のあるブログの弱点である「ほとんど覚えてない」を発動するのでなかなか難しいですし。



ええ。今日も短くなりそうなので言い訳をしております。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

写真がないってのが1番つらいですね。



ロライマ山トレッキングは明日発になりました。

申し込みがあった後、ツアー会社の方もポーターの手配や食料の用意などいろいろあるそうです。


そのため、今日は日中とりあえずトレッキングに必要なモノを買い出しに向かいます。

とりあえず食料はツアー会社の方で用意してくれるとは言っても、まぁ山の中に向うわけなので最低限自分が生きる分ぐらいの食料は用意しておきたいですね。相手は大自然ですからね。

あと、ロライマ山周辺はプリプリという可愛らしい名前の虫が出るらしいです。名前は可愛らしいのですが、ただの吸血バエです。なんでも、ほんと小さなハエなので噛まれたことに気づかないらしく、約1日後にかゆくなるとか。うっとおしいですね。

という訳で、大量のチョコレートと虫除けを買いに行きましょう。水のボトルもあると良いらしいですが、これは宿で買います。

他のメンバーも各々買いたいものがあるようです。



どうでもいいですけど皆さん好き勝手動きますね。

いや、まぁ別にいいんですけどね。



チョコレートと虫除け(ナチュラル素材でお肌に良いという触れ込みの)を購入し、夜のミーティングに向かいます。



ミーティングでは、明日からの行程を説明されます。

だいたいこんな感じ。


・初 日:車でカナイマ国立公園まで移動。そこから川近くのキャンプまでトレッキング(約4時間)。

・2日目:2本の川越えのあとロライマ山麓のキャンプまでトレッキング(約4時間)。

・3日目:ロライマ山登頂(約2時間)。

・4日目:ロライマ山山頂トレッキング。2つのオプションがある(後述)。

・5日目:ロライマ山を下山し、初日のキャンプまで戻る(約6時間)。

・6日目:国立公園入口までトレッキング(約4時間)。車で各ホテルまで送り終了。


ロライマ山に登るところ以外のトレッキングは丘がいくつかあるが基本的にはなだらかで、登山というほどではないらしい。


4日目のオプションについては、

・そのいち:山頂でのキャンプ周辺をトレッキング。横にあるテーブルマウンテンの見えるスポットや、クリスタルバレーなんかを見る(半日)。

・そのに:山頂の奥地まで行く。三点国境ポイントや、クリスタルバレー(大きめ)を見る(丸一日)。

とのこと。

個人的には「そのに」で三点国境行きたいかなー、という感じだったのですが、



「いや、全部見たい。他の行程を短縮して「そのいち」「そのに」とも行けないのか?」



という他の参加者からのお声が。

そんなら、ということで

「初日に2日分トレッキングして山の麓のキャンプまで行く」もしくは「2日目に一気に山頂まで登ってしまう」。そうすれば山頂により長く滞在できるので、2つのオプションを両方行くことが可能。ただし、実際にやるかどうかは当日の参加者の様子を見て決める。

というガイドの案を採用することに。


まぁロライマ山登る時以外はわりと緩いトレッキングらしいし、荷物も自分の服とかだけならそんな重くないだろうから、それぐらいいけそうな…











…え?











テントとか自分で運ぶ?











ぽ、ポーターさんは?











運ぶのは食料だけ?テントもマットも寝袋も自分で背負う?











…あぁ。すでに聞いている話と違う。

ツアーの情報収集や手続きなんかは完璧に先乗り2人組に任せていたので、まぁそうなった以上しょうがないのですが、やっぱり任せておいて期待を裏切られると残念な気持ちになりますね。まぁそこで任せたくせにあーだこーだ言うような輩は死んだほうがいいのですが。

彼らも「聞いてた話と違う」と抗議していたので、まぁ何かしらやりとりに齟齬があったのでしょう。さっきも言いましたがまぁしょうがないです。背負いましょう。



あ、レンタルのテントもいただけるのですね。

なるほど、山頂は若干寒いのでちょっといいテントですね。おまけに2人用ですね。2人用のテントを1人1つずつ使うという贅沢な感じですね。まぁその分重いんですが。



これはフランシスコのツアーで言うところのミドルサービスですね。それでも安いのは安いのですが。



宿に戻り、レンタルのバックパックに同じくレンタルの寝袋とテントとマットをぶっ刺し、そのあまりの重そうな見た目に行く前から帰りたくなりながら明日に備えて寝るのでした。



行く前から帰りたい?そんなこと言わずに行ってみたらいいのに↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.06.28 | ベネズエラ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

あのテーブル・マウンテン「ロライマ山」に登りはじめました

【262日目】ロライマ山トレッキング(初日)@ベネズエラ



今日からロライマ山トレッキング開始です。

背負ってみたバックパックは案の定重かったです。もう帰りたいです。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。

あ、まだ出発してませんでした。




先日ロライマから帰ってきた日本人ご夫婦とお会いしたところ、とても天気に恵まれ最高のトレッキングだったとのお話でした。

今雨季なんですけどね。昨日のミーティングでもガイドが「毎日雨のこともある。雨季だから」って言ってたのですが、そんなこともないのでしょうか。



朝、医者の奥さんが運転する4WDが宿までピックしに来てくれます。

4WD_20150810
4WD

ここからロライマ山があるカナイマ国立公園まで車で3時間ほど。

8時集合のくせに、時間になってもガイドは来ないし、ガイドが来てから荷物を積み込み始めるので結局出発は9時半ぐらい。先述の日本人ご夫婦によると、お二人の時は10時過ぎたらしいので、まぁそんなもんなんでしょう。ベネズエラですし。



カナイマ国立公園までの道沿いに数箇所警察による検問があるため、パスポートは必携とのこと。いやですねぇ。こんな時まで。

休憩ポイント_20150810
休憩ポイント

途中、休憩ポイントに立ち寄りながら向かいます。それほど天気も悪くないですね。このままの調子でいてくれるといいのですが。



カナイマ国立公園_20150810
カナイマ国立公園

そんなこんなでカナイマ国立公園に到着しました。

途中から未舗装の道路を走るのですが、なかなか運転がハードでおしりぼいんぼいんしてました。

ここで用意してくれていたサンドイッチでお昼ごはん。



レンジャーステーション_20150810
レンジャーステーション

ここのレンジャーステーションで入山時の記帳と入園料を支払います。入園料は別途で各自支払い。



ロライマ山_20150810
ロライマ山

すでにロライマ山が見えていますね。雲かぶってますけど。



今回はわれわれ参加者5名(日本人3人、ブラジル人2人)と、ガイドとポーター2人(ベネズエラ人)。

ただトレッキング中はおのおののペースで歩くので、ポーターはどんどん先に進んでいってしまいます。まぁ彼らからしたらわれわれのペースは遅すぎるのでしょう。



トレッキング風景_20150810
トレッキング風景

トレッキング風景そのに_20150810
トレッキング風景そのに

ときどき小川を越えながら、いくつもの谷と丘を越えながらのトレッキングです。サバンナのど真ん中なので見晴らしは良いですね。

天気もいいしいい感じですね。まぁすでにしんどさMAXなんですけどね。やっぱりバックパック重いのよ。



ようこそカナイマへ_20150810
ようこそ看板

途中ようこそ看板が立ってました。



ロライマ山そのに_20150810
ロライマ山そのに

トレッキング途中でロライマがよく見えました。雲かぶってますけど。



あり_20150810
あり

というか蟻でかすぎです。噛まれたら泣くと思います。



本日のキャンプ_20150810
本日のキャンプ

本日のキャンプの到着です。



クケナン山_20150810
クケナン山

これはロライマじゃなくてお隣のクケナン山。

こっちは素人には難しすぎるらしい。ロッククライミング必須とか言ってた。

というかすっかり夕方です。昨日のミーティングでは、今日ロライマ山の麓まで一気に行ってしまう案もあったのですが、そもそもトレッキング開始が昼過ぎてる以上そんなこと最初から無理だろ、って話です。合わせて8時間のトレッキングですからね。

まぁ明日一気に登頂してしまえるよう歩きましょう。



ここのキャンプはルート上唯一モノが買えるキャンプ地。

コーラとかビールとか売ってます。キンキンではないですが、いちおう冷えてます。

350ml缶1本400Bf(約130円)。











新幹線価格にも程がある!











いやまぁ日本円で見ると普通なんですけど。ベネズエラ価格からしたら破格の値段ですよコレは。まぁここまで運んでくるのも大変でしょうけど。



ラクなトレッキングとは聞いていましたが、意外と疲れました。というか普通にしんどかったです。間違いなくバックパックのせいです。



これ明日本当に山頂まで行けるのかしら。。。



ブログ村まではクリックひとつなのに…↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.06.29 | ベネズエラ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム