世界一周スタート!

【1日目】大阪→バンクーバー




ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

記念すべき初日は移動日です。
当然ですが。

当初、世界一周航空券なるものを使用して世界一周する予定でしたが

・年始に調べてた頃に比べて1.5倍ぐらいの値段になってる。
・ルート組もうとすると制約が多くてやってらんない。
・旅程は1年半なのに世界一周航空券の有効期限は1年しかない。
・てゆーかそもそも自分のプランって陸路メインじゃね?

などの理由により、世界一周航空券の使用をやめ、都度航空券を入手するスタイルに変更しました。
このスタイルですが、これはこれでデメリットもあります。
主に「出国便のチケットを持っていないので入国拒否される」リスクがある。
ということですね。
要するに、入国したものの出て行かない不法滞在者になる恐れのある人間は入れないよ、ということです。
入国時に出国便の航空券を所持していないとダメ、と明確に定めている国もあります(フィリピンとか)。
その点、世界一周航空券は「出国便」どころか「日本に帰る意思がある」ことまで証明してくれる優れものなんですね。いらないけど。



という訳で、カナダ出国の航空券を所持せずに行ってやりました。



入国拒否されるとどうなるのかは、まぁそのうち実体験しそうなのでその時に詳しく記載しますが
たぶん「帰国便の航空券を持っていない旅客を乗せちゃった航空会社」が困ったことになるみたいです。
そのため、「入国拒否されても自己責任でなんとかします」的な誓約書をチェックイン時に書かされます。



書かされました。



ANAの路線の便なのにJALの制服着たおねえさんに書かされました。

私「最悪の場合、どうなるんでしょう?」

おねえさん「たぶんカナダは大丈夫だと思いますけど…。」

私「じゃあ書かなくてよくnわかりました〜。」

何度か海外旅行行ってますけど、チェックイン(しかも日本の)でこんなに時間食ったこと初めてでした。



今回の便はAir Chinaを使用しました。
関空→北京、北京→バンクーバーの乗り継ぎ1回で
朝9時に日本出国するのに、昼12時にバンクーバーに着くというミラクルが発生します。
もしかしてあれですかね。
Air Chinaには魔法使いさんが乗っていて、テクマクマヤコン的なあれとともにあれがあれして…



時差ですね。



東廻りで世界一周すると、1日得します。
何が得か知りませんけど。



北京の空港での乗り継ぎの際、「国際線乗り継ぎの方はこちら」という方向に進んでいくと
なぜか知りませんが一度イミグレ(入国審査)的なものを受けます。
まぁみなさん一度どっかの国で出国審査を受け、手荷物検査を受けていますので
そんな時間かかるものでもないです。
現に、他のかたはさくさく進んでいきます。



そう、私以外は。



私の顔とパスポートの写真を何度も見比べるイミグレのおじさん。
おもむろにどこかに電話しだすイミグレのおじさん。
数分後現れるイミグレのおばさん。
私の顔とバスポートの写真を何度も見比べるイミグレのおじさんとおばさん。
さらに別室から様子を見にきた上官らしきイミグレのおじさん。



分かったよ!髪型変えてヒゲ伸ばしたおれが悪かったよ!
おまけに片道航空券しか持ってないからね。
そりゃそうですよね。
まぁ最終的には3人の中で「まぁいいんじゃね?」という結論に達したようで別室送りは免れました。
※イミグレで引っかかると、別室でくわしく事情を聞かれるらしいです。



ちなみに、北京の空港はWi-Fi飛んでますけどパスワードがかかっています。
パスワードは、なんかパスワードを発行する機械みたいなので取れますが
InfoでWi-Fi使いたい、と言えばその場でパスワードを発行してくれました。
パスワードの入力画面でも、携帯電話番号を入力しないといけなかったり、管理されてる感満載です。
Yahooなんかは普通にアクセスできましたけど。



北京での乗り継ぎを終え、席が隣だったインド系カナダ人のおじさまと談笑してみたり
席が隣だったインド系カナダ人のおじさまが肉料理の機内食を出されたことに激怒しているのを見ていたり
席が隣だったインド系カナダ人のおじさまに税関申告書の書き方を教えてあげたりしているうちにバンクーバーに到着します。


もうね。この時点ではイミグレに引っかかる気まんまんなわけです。
日本のチェックイン時から中国のイミグレ(的な)に至るまで前フリ具合がものすごいですから。
行きの飛行機の中で予想問答はひと通りやっておきましたからね。
別室送りでもなんでもこいや、という勢いでイミグレに突入します。


イミグレのお兄さん「調子はどう?」

私「えーと。疲れた。」

兄「うん。おれもだよ(あくびしてた)。
  どのくらいいるの?」

私「えーと。2週間」

兄「どこにいるの?」

私「えーと。いくつかの街に滞在するつもり。バンクーバーとかカルガリーとかオタワとか。
  そのあとは陸路でアメリカにいく予定。」

兄「アメリカのどこ?」

私「えーと。ニューヨークかな。」

兄「ああ。トロントからバスで行くルートだね。Good Luck(スタンプぽーん)。」



…あれ?



いや。いいんですよ。何事もない方が。そりゃね。
別室に行きたかったのかというと当然そんなわけないですし。
うん。これでいいこれでいい。よし。
まだ髪切らなくていいしヒゲも剃らなくていいな。うん。よし。



バンクーバー空港からは、市街の中心部までスカイトレイルという無人の電車が走っています。
時間は25分ぐらいで料金は7$ちょっと(700円ぐらい)。


…高っ。


おとといまで野暮用でフィリピンにいたので、この価格には驚愕です。
フィリピンとかジプニー(乗り合いタクシーみないなの)で8₱(20円ぐらい)ですよ。
もう本日の宿の1泊27$(2700円ぐらい)ですら高いと感じてしまいますよ。
2700円出せば、フィリピンでは女の子kなんでもないです。


こうやって国境超えるたびに新鮮な気持ちになるんだろうなぁ、
と無理やり納めたところで本日の記事は終了です。




突然ですがブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
よろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日は読んでいただいてありがとうございました。

   
   

[ 2014.09.14 | カナダ | コメント: 0 | PageTop↑ ]

バンクーバーのダウンタウンを散策してみた

【2日目】バンクーバー@カナダ




バンクーバーは朝夕は冷えますが日中は暖かく過ごしやすい気候です。
たぶんがっつりハイシーズンです。




ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!




こんばんは。

本日は、とりあえず初日なのでバンクーバー市内をだらだら歩きました。
ええ。それはもう歩きました。

万歩計の購入を決意するほどに。

自転車借りるべきだった…。


バンクーバーダウンタウン_20140916
バンクーバーダウンタウン



バンクーバーは見どころは多いですが、だいたいダウンタウンと呼ばれる中心部に集中しているので歩けないこともないです。
1日歩けばガイドブックに記載されている見どころはだいたい見て回れます。



まぁ自転車を借りることをおすすめしますが。



市内には自転車専用レーンが整備されており、だいたいが一方通行なので、すれ違う際や歩行者との接触等で危なくないようにされています。
ヘルメットや鍵なんかも一緒にレンタルしてくれるようです。
自転車に乗ることがアクティビティとして確立されている感じを受けました。

また、いたるところに公園があり、ビーチなども整備されています。
もりもり高層ビルも建っていますが、どのビルも個性的でスマートな印象を受けるものが多いです。
(たぶんバルコニーですかね。日本のマンションとくらべてバルコニーが少ないので縦方向のラインが強調されて見えるのだと思います。また、バルコニーにはだいたいテーブルが置かれてる気がします。「バルコニー」に対する価値観の違いですね。)


歩きすぎて疲れたのと、がっつり時差ボケで夕方ぐらいから寝てしまってました。。。



なんの記事かわかんねぇなぁ…。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。


   
   

[ 2014.09.15 | カナダ | コメント: 0 | PageTop↑ ]

バンクーバー近郊のオススメ観光スポットに行ってきた

【3日目】バンクーバー@カナダ



今日ね、駅で切符買おうと思って並んでたら、10代と思われる青年から「チケットあげるよ」と言われました。
「なんで?」と聞いたら「もういらないから」とのこと。

バンクーバーの電車(バスとかフェリーとかもそうですけど)は、ゾーン制を採用しています。
同じゾーンの中ならどこまで行っても、どの交通機関を利用してもオッケー、という感じです。
しかも、違う交通機関への乗り換えも制限時間内なら可能です(制限時間は切符に印字されています)。
おまけに、駅には改札がありません。
ぶっちゃけ、切符買わなくても乗れます。
当然、抜き打ちで検札があるみたいなので、その時切符持ってないと罰金を取られるそうですが(ぼくはお会いしたことないですけど)。

青年の意図としては、
「制限時間内にもう交通機関を利用しないけど、まだ時間残っているし使えるからあげるよ」
ということだったようです。


切符買いましたけどね。普通に。
大人ですから。




ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!




こんばんは。

市民の良心を信用するバンクーバーの交通機関。好感が持てますね。
公営なのかなぁ。民営だったとしたらなおさらすごいですね。



本日はバンクーバーの中心部から入江を挟んで北側、ノースバンクーバーにあるカピラノというところに行ってきました。

カピラノ_20140917
カピラノ

ここは、高さ70m、長さ134mの吊り橋が有名なところで、そのほかにも樹齢200年レベルの木々に設置された通路や、断崖絶壁に設置された通路(クリフウォーク)などがあります。

まぁ吊り橋とか確かに揺れますけどそんな怖くはないですね。
クリフウォークもそうですけど、造りから安心感が放たれまくっています。
絶対に落ちへんぞこらぁ。みたいな。
工事現場の足場のほうがよっぽど怖いですね。

ここは、どちらかと言うと教育機関なのだと思います。
森と川と海の関わりと、自然って大事だよ、というのを実際に自然と触れ合いながら子どもたちに学んでもらえるようになっています。
子供料金はずいぶん安いですし、同州(ブリティッシュコロンビア州)出身なら少し安くなりますし、学割もききます。

大人で日本出身で学生でもない私は普通に通常料金を払いました。
35$(3500円)ぐらい。


高い…


おじさんから絞りとったお金で、立派なブリティッシュコロンビア人を育ててあげてください。
教育って大事。うん。


あとリスとか普通にいました。
あと、でっかいナメクジとか見られるらしいです(バナナみないなの)。
今日は乾燥していたので見かけませんでしたが。

興味のある方は一度雨の日に行ってみてください。
ナメクジが見られる(かもしれない)ほか、足元がつるつるするので吊り橋の恐怖感ももれなく増量されることうけあい。
あんまり天候が悪いと閉めるみたいなので予めご了承ください。




ブログ村への入り口はいつでも開いてますのでどうぞ↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。


   
   

[ 2014.09.16 | カナダ | コメント: 1 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

バンクーバーからカナディアン・ロッキー観光拠点の街バンフへの移動方法

【4日目】バンクーバー→バンフ@カナダ



まぁ薄々気づいてはいたんですよ。
北京で飛行機乗り換えるとき、涼しいなぁと思ったんですよ。
バンクーバーで朝夕冷えるなぁと思ってたんですよ。



寒い。



「基本夏を追うつもりなのでいらないだろ」と思いつつも、好日山荘名古屋駅店の海外旅行大好きな店員のお兄さんに勧められて買ったダウン(的な)ものを4日目にして使うことになるとは。。。
ありがとう。店員のお兄さん。

というかヨーロッパ系の方たちの露出の多さね。
寒くないの?ほんと。
まぁ別に出してくれてるぶんにはいいんですけど。
ありがとう。きれいなお姉さん。





ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!





こんばんは。

今日はバンクーバーを離れてバンフというカナディアン・ロッキーの玄関口の街に移動しました。
カナディアン・ロッキーは、このバンフという街かもう少し北のジャスパーという街を拠点に観光することが多いようです。


バンクーバーからバンフへは、

①空路でカルガリーまで飛び、陸路(バスか車)で入る
②グレイハウンドという大陸横断バスで入る(直行便がある)
③大陸横断鉄道でジャスパーに入り、陸路(バスか車)で入る

の3パターンがあります。
①はなんといっても早いです。乗り継ぎがうまくいけば、5時間かからないと思います。
その代わり高いです。お値段が。
②はたぶん一番安いです。ただし12〜15時間ぐらいかかります。
③はぶっちゃけ検討してないのでよく分かりません。

今回は、めんどくさいので①のルートでバンフ入りしました。
値段はバスの4倍ぐらいしちゃいましたが、なんといっても昼まで寝ても夕方に着くというコンビニエンスっぷり。
いいんですよ。お金なくなったら帰ればいいだけの話ですので。


エア・カナダという航空会社を利用したのですが、セルフチェックインがフォーマット化されており
セルフチェックインする際の機械は日本語はじめ8ヶ国語に対応。
その場で航空券をメール送信し、紙の無駄遣いを防止。
空港内はもちろんフリーWi-Fi完備。
送られてきた航空券をスマホかタブレットで受信し、添付のQRコードを見せれば搭乗できちゃうというハイテクっぷり。
便利な世の中ですね〜。ほんと。


意外にも空から大陸を見るのって初めてだったんです。
いつも夜のフライトだから何も見えないか、雲で隠れちゃってるかだったので。

バンクーバー→カルガリー機内より
世界の車窓から(飛行機だけど)

土地の使い方がなんとも大陸的ですね。


カルガリー→バンフ Brewster
バンフまでのバス

こちらがカルガリー空港からバンフまで送迎してくれるバスです。
指定のホテルで落としてくれ、車内でWi-Fiも使用できます。
タブレットの充電が死にそうだったので全然使いませんでしたが。
片道55$(5500円ぐらい、税抜)。往復で買うと、復路便が15%ディスカウントされました。

デスクでは日本語が通じました。
ほんと日本人多いですからね。宿も日本人いっぱいですし。


てゆーかね。バス会社のデスクのおばさまとは、最初は英語でしゃべってたんですよ。
内容の確認と説明が全部終わって、支払いのクレジットカードを渡した時に

「あ、日本語で大丈夫ですよ。」

と言われました。カードに名前書いてるしね。超日本人的な名前ですしね。





もう話すことないけどね。





問題はね、名前を見るまで日本人だと気づかれないという事実。


割りと日本人顔だと思うんですけどねぇ。





でも顔は出さないのがポリシー。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。


   
   

[ 2014.09.17 | カナダ | コメント: 0 | PageTop↑ ]

カナディアン・ロッキーの街バンフを散策してみた

【5日目】バンフ@カナダ



今日は、バンフ近くのミネワンカ湖でダイビングをする予定でした。
カナディアン・ロッキーまで来て登らずに潜るという。

超シャレオツな試み。

この湖は、バンフ国立公園(世界遺産)内にある唯一の人工湖でまぁ簡単に言うとダム湖なわけです。
ダムを作る際にそこにあった街を沈めた、というよく聞く話ですが、ここに潜るとその沈んだ街を見ることができるらしいのです。

ところが、いくら調べてもやり方が分かりません。
でも潜っている人いるよー、というネット情報は多々。

なんだこれ、という訳で街のビジターインフォメーションに行ってきました。


おれ「かくかくしかじか。」

美女「ダイビングをやっている会社はバンフにはなくて、だいたいカルガリーから来ているの。だから紹介できる情報はないわ。インターネットで調べてみて。」


インターネットで調べてみて、わからないから来たんですけどね。




ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!




こんばんは。

どうせ行ったところで寒いし大したことない。泣くなおれ。


と自分に言い聞かせて、本日はバンフの街を散策することにしました。


IMG_2460_convert_20140919100737.jpg
バンフ

バンフの街並み(ちょっとダウンタウンからは外れていますが)。
カナディアン・ロッキーに囲まれていいところ感が出ています。


IMG_2463_convert_20140919100839.jpg
ゴンドラ乗り場

バンフのすぐ近くにサルファーという山があり、頂上に展望台があります。
写真のゴンドラでも行けますが、登山道も整備されているので歩いても登れます。
疲れるのでゴンドラに乗りました。往復で35$ちょい。


IMG_2469_convert_20140919100945.jpg
山頂から

そのサルファー山から見たバンフ。
右奥に見える大きめの湖が、にっくきミネワンカ湖です。
正面に見える大きな山がカスケード。バンフの象徴的なあれらしいです。


IMG_2487_convert_20140919101115.jpg
ホテル

サルファー山の麓には、中性のお城を思わせるホテルが建っています。
高そうすぎて調べる気にもなりません。


IMG_2492_convert_20140919101226.jpg
ボウ滝

そのお城みたいなホテルのさらに麓まで降りると、バンフ市内を流れるボウ川が若干滝みたいになっているポイントがあります。
その名もボウ滝。安直(笑)
「地球の歩き方」によると、マリリン・モンローの映画「帰らざる河」のロケ地だったとかなんとか。

ぜんぜんピンと来ませんが。


IMG_2498_convert_20140919101337.jpg
しか

ボウ川のほとりに整備されているトレイル道をてくてく歩いていると、シカに出くわしました。
写真では伝わりにくいですが、結構大きいです。
安芸の宮島のシカが奈良公園のシカより一回り大きいとすると、安芸の宮島のシカの二回り大きいぐらいです。
わかりましたか?
シカの他にもリスとか鳥とかはしょっちゅう見かけます。
もう少し山の中に入ると、エルクという大型のシカとか、たまにグリズリーなんかも見られるそうです。

山中でグリズリーになど出会いたくないですが。


IMG_2504_convert_20140919101425.jpg
やま

ボウ川のほとりをぶらぶらしていると川面にきれいにお山が写っていたので撮ってみました。
氷河が源流だからなのか、河の色もエメラルドグリーンに見えます。
近くで見るとすごい透明度なんです実は。



きっと潜ると神秘的で素晴らしい世界が広がっていたことでしょう。




まぁカナディアン・ロッキーに来てまで水に潜ろうとする人間の気がしれませんね(´Д⊂グスン

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。


   
   

[ 2014.09.18 | カナダ | コメント: 1 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム