【第一章完】 第二章も引き続きよろしくお願いします

【302〜306日目】ボゴタ→パース



お知らせです。


ついにあのだばでーがアメリカ大陸を脱出しました。

いやほんとリアルタイムから何ヶ月遅れていることやら。

ほんとにだばでーさんはゆっくりされていますね。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

という訳で今日はとてつもなく面白くない「空路移動」の記事です。


もうだから飛行機はきらいなんだ。






【303日目】

宿で洗濯をお願いし、終わるのを待って空港に向います。

毎度おなじみトランス・ミレニオに乗って行くと、空港の少し手前で降ろされますのでそっからバスに乗り換えるのが普通の人で、だばでーはばかなのでそこから歩きます。

これから長時間飛行機に乗るというのに、わざわざ汗をかく道程を選択するなど愚の骨頂です。



ぶっちゃけ飛行機は夜中の便なので、お昼すぎに着いても意味などないのですが、宿にいてもやることがないのでとりあえず来ちゃった感じです。




空港で食べたチキン_20160209
空港で食べたチキン

とりあえず来ちゃってとりあえずやることがないのでとりあえず食べたチキンを見ながら、チキンを食べるのに手袋が付いてくるあたり南米だなぁなどと感慨に浸ります。





コロンビアーナ_20160209
コロンビアーナ

とりあえず搭乗時間が迫ってきたので、何かコロンビアっぽいものでも…と思いつきとりあえず買ったコロンビアーナ。とりあえずおいしいです。




【304日目】

登場する頃には日付変わって翌日。とりあえずボゴタからペルーのリマまでのフライト。


まぁそんな時間かかりません。すぐ着きます。早朝着です。早朝着なんですが、次のフライトは夜中発という安いチケットにありがちな超ロングな乗り継ぎ時間。


ターミナル内で乗り継ぎ手続きを済ませ、スタバに入り浸ってブログを書き、やることがなくなったのでベンチを1列占領して寝て過ごします。




【305日目】

また搭乗した頃に日付変わって3日目の移動日。長いなぁもう。

今回のフライトは太平洋を一気に横断し、オーストラリアのシドニーまで向います。途中ニュージーランドのオークランドに寄るかも、とか言ってます。

日付変更線をまたぐので、この【○○日目】のアレもよく分かんない感じになるはずなんだけどまぁいいか。





【306日目】

起きたらオークランドで、1回降りろとかいうので降ります。たぶん給油です。


オークランド_20160209
オークランド

このよくわからんゲートをくぐるとニュージーランドの入国審査へと続く訳ですが、今回はスルーしてトランジット方面へ向います。今降りた飛行機にまた乗るだけなのに。



ニュージーランド時間の早朝にオークランドを発ち、オーストラリア東海岸時間の朝方にシドニーに到着しました。
目的地はシドニーではなく、西海岸のパース。


なのですが、相変わらずパース行きのチケットを取っていないという体たらくぶり。


まぁその辺はどうにかして今日の夜発のパース行きチケットを手に入れます。もうこのぐらいのトラブルはトラブルではないと言わんばかりです。
ただ「パース行きのチケットを探している」の「パース」が通じなくて早速ネイティブ・イングリッシュの洗礼を受けます。ちくしょう「マイビー」とか言ってるくせに!

あ、国際線から国内線への乗り継ぎなので、シドニーの空港で入国審査を受けました。その際、南米から来たと言うと「イエローカード」の提示を求められました。まぁ持ってたので大丈夫だったんですが。

イエローカードの所持が入国の必須条件だったブラジルのイミグレでも提示を求められなかったイエローカードが、まさかこんなところで見せることになるとは。。。



空港でだらだら時間を潰し、夜発のパース行きの飛行機に乗り込みました。




【307日目】

未明に到着。

とりあえずどうしようもないので空港泊することにしました。

ただベンチでもあるだろと思ってたらそんなものは一切なく、どうしようと思ってたら端っこの方にイモムシみたいになってる旅人がたくさんいたので、そこにご一緒にイモムシさせていただき、朝まで爆睡します。こういう時寝袋だけじゃなくてマットレスも欲しいんですけど、あれ嵩張るんですよね。






という訳で、






パース空港_20160209
パース空港







まさかの4泊5日もかけて目的地パースへ到着しました。


あぁもうおふろ入りたい!!











パース空港そのに_20160209
パース朝焼け


日本を出国してから当初予定していた期間の1年間が経過し、ようやくアメリカ大陸の旅を終えました。

これから、ここパースでの再準備期間を経て、また1年後に元気に再出発できるようにしたいと思います。


まぁキリがいいので、



「William Dabadie の世界一周ブログ」『第一章』完。



みたいな感じでどうでしょう?



どうでしょう?

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.08.12 | オーストラリア | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ワーホリビザを取ってとりあえずパースにやってきたものの何していいのか分からないので書き出してみた

南米から飛んできたオーストラリアはとりあえず「先進国」って感じです。

もう綺麗。なにもかも綺麗。
建物は綺麗だし敷地内もしっかり整備されてるし。
道路は広いし凹んだり割れたりしてないし街路樹もちゃんとお手入れされてるし。
街はチェーン店のスーパーがあってカフェがあって、レストランもオシャレ用からお手軽用までバラエティに富んでおり。
バスとか電車とかは車体も綺麗だし中身も綺麗。乗り場も綺麗。

壁とかにペンキで落書き(アート)とかされてないし、タクシーのフロントガラスは割れてないし、商店の窓口に鉄格子などありません。



南米の両大国ブラジルとアルゼンチン、南米の優等生チリとウルグアイ、北南米の大国コロンビア。
どの国も都会だと思う街はありましたが、まだまだ「先進国」と比べると整備が行き届いているとは言えないと思いました。










こんばんは。

どちらがいいとかそういう話ではないです。



さて、オーストラリアワーキングホリデー生活が始まりました。

とりあえず何やっていいか分かんないですね。

そもそも昨日まで空港泊だの夜行バス泊だのテント泊だのやってた旅行者なのですよ。
それが急に「定住してください」とか言われても、「あれ?定住ってどうすんだっけ?」となりますよそりゃ。ほんと日本帰って社会復帰とかインポッシブルなんじゃねぇかって話ですよ。

まぁ言っててもしょうがないですし、何よりここでお金稼がないと世界一周再開などできませんのでね。
頑張りましょう。



とりあえず何をすべきなのか、目的から追い出していきましょう。
ぼくがここに来た第一の目的はなんですか?


「お金を稼ぐこと」ですね。


では「お金を稼ぐ」にはどうしたら良いのでしょう?


「仕事をする」ですね。


では「仕事をする」には?という話になってきます。
まぁ簡単に言うと「探せばいい」んですが、探し方が分からないとどうしようもないので調べましょう。


調べたところによると、オーストラリアでお仕事を見つける方法は主に3パターン。

1.働きたいお店や会社に直接レジュメを持っていく
2.ネットの求人サイトに投稿されているお店や会社に応募する
3.コネ

とのこと。

また訳の分からない単語が出てきました。
「レジュメ」ってなんですか?


調べました。
簡単に言うと、「履歴書」ですね。
ただ日本のものと違い、基本的には顔写真を貼る必要はないし、なんだったら年齢とか性別とかも書かなくてもいいんだとか。容姿や年齢、性別で採用の可否を決めるってのがタブー視されている訳ですね。平等主義です。ほんと日本の履歴書もそうなってくれたらいいのに。ぼくが帰国するまでに。


オーストラリア来たばっかりでコネとかあるわけがないので、1か2の方法を取る訳ですが、2の方法でも結局レジュメは必要になる場合が多いようです。
つまり、「仕事を探す」にはとりあえず「レジュメ」を作らないといけないという訳ですね。


では今度は「レジュメ」の作り方が問題ですね。
これはいろんなサイトで「自分が作ったレジュメ」が公開されているので、その辺を参考にしてみます。

どれもだいたい書かれていることは、「連絡先」「自己紹介」「職歴」みたいな感じですね。
「自己紹介」とか「職歴」は実際に作る時になんとかすればいいので、問題は「連絡先」。
今まで旅行中は、基本的には Wi-Fi を拾えないとネットにアクセスできず、リアルタイムでの連絡はよほどタイミングが良くなければ取れなかったのですが、これからはそういう訳にはいきません。
応募した会社から連絡があった時に、Wi-Fi と繋がっていなければ受けられないのでは決まる仕事も決まりません。
あと雇用者は「どこに住んでいるか」をわりと見るらしいので、住所も必要です。
「住所が必要」って改めて言わなきゃいけないあたり、だいぶ旅行者が板についてきました。

という訳でまずすべきことが分かりました。


ケータイの契約をする。
当面の住所を確保する。


ですね。
それらができれば、続いては


レジュメを書く。


となります。
これでとりあえずお仕事を探すことができますね。



さて、まぁ仕事を探すぶんにはレジュメさえ書いちゃえばいいのですが、気の早いぼくはすでに仕事が見つかった後のことを考えます。

仕事が見つかった後に必要になってくるものですが、調べたところ次の3点ですね。


1.銀行口座
2.スーパーアニュエーション用口座
3.タックスファイルナンバー


はいもう意味不明です。

まぁ1はいいですね。給与振込み用の口座です。そりゃいるでしょ。
2のスーパーアニュエーションですが、これはオーストラリアの年金みたいなものみたいですね。これも勤務先から支払いがありますが、会社側が特定の金融機関を指定していることもあるので、まぁ作っても使われない可能性もあります。
3は納税者番号のオーストラリア版って感じですかね。ワーホリとして働いている状況であれば、日本と同様勤務先が税金の支払いをしてくれるようなのですが、その際に「誰の」税金を支払っているのかを明確にするための番号です。


それぞれ用意するのに必要なものを調べてみると、

1.銀行口座
  →パスポート、SMSを受信できる端末、郵送物が届く住所、タックスファイルナンバー
2.スーパーアニュエーション口座
  →1と同じ
3.タックスファイルナンバー
  →郵送物が届く住所

だそうです。
結局、ケータイと住所はこちらでも必要だということですね。
そして、ここまで準備ができれば、仮に「明日から仕事来てくれるかな?」と言われても「いいともー」と即答できる訳です。



つまりワーキングホリデービザでやってきたぼくがまずすべきことは、優先順で


1.当面の住所を確保する
2.ケータイの契約をする
3.タックスファイルナンバーを取得する
4.銀行口座とスーパーアニュエーション用口座を作る
5.レジュメを書く


ということですね。
なるほどよく分かりました。


じゃあ明日からそれぞれの具体的な体験談を書いていくことにします。
















…このブログこんなノリだったっけ?
















今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.08.12 | オーストラリア(ワーホリ) | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

とりあえず住むところを決めた

どうでもいいけど物価が高く感じてしょうがないですね。

なんせこないだまでベネズエラにいましたし。
コーラとか1缶30円とかだったんですよ。

それがスーパーの比較的安そうなやつで3$とか言うてますからね。

コーラ1本3$ですよ。




わしいったい何飲んで生活していけばええねん。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

というか日本から来ても「高っ」ってなる価格ですよ。これは。




さて、前回の記事で「ワーホリでやってきて仕事を探す前にとりあえずやらないといけないことリスト」を作成したので、今日はそのうちのひとつ、

当面の住所を確保する

をしてみましょう。



まぁワーホリでやってきてる短期滞在者が住むところっていうとだいたい以下の3パターンです。

1.ホームステイ
2.シェアハウス
3.バックパッカー


1は、こっちにお住まいの方のお家に住まわせてもらうパターン。

2は、ひとつの家を何人かでシェアして住んじゃおうというパターン。家のオーナー(持ち主や借り主)が空いている部屋を貸し出しています。普通にオーストラリア人の人が空き部屋を貸し出している、「それホームステイじゃね?」みたいな自称「シェアハウス」もあるので、1と2の境界はわりとあいまい。

3は、これぼくも最初なんのことかと思ったんですが、要するにホステルですね。なんかオーストラリアに来た途端、ホステルがバックパッカー通称「バッパー」と呼ばれるようになりました。




ここで考えるのは、「家を先に決めてから仕事を決める」のか「仕事を先に決めて家を決める」のかというはなし。

別にどっちがいいとも思わないですが、ぼくは「仕事を決めてから家を決める」ことにしました。
家を先に決めてしまうと、その時点で仕事を探すことにおいて一種の制約ができてしまいます。
「家からは遠すぎて通えない」とか、「通うのにめっちゃ時間かかる」とか。
仕事を探すにおいて自らパイを狭めることはしたくなかったので、家探しは仕事が決まってから、そこに通いやすい家を探そうと言う目論見です。

ただ、前回の記事でも書いたとおり、とりあえず住所がないとレジュメに住所書けないし、いろんな書類の受け取りもできません。


そこでぼくの結論は

「とりあえずバッパーに住んで、仕事が決まったら引っ越す」

というもの。
うむ。完璧な流れ。




という訳で、宿予約サイトで1番安かったバッパーにチェックイン。



パース@オーストラリアの宿情報

The Hive Hostel

住所:55 Stirling Street Perth CBD



部屋:20人ドミ(ミックス)

価格:14AUD/泊
   週払いが可能で、100AUD/週
   ただし時期によって値段を変えているようです。滞在中に宿代安くなったし。

施設:共有キッチン有(広い)、Wi-Fi 有(いい感じ)、食料保管スペース有
   共有TV有(FOX Movie とか見放題)、シャワー(ホット)
   ロッカー有(鍵なし)、ランドリー有(有料)、乾燥機有(有料)
   郵便物の受取もしてくれます

立地:パースのメイン駅まで徒歩5分。
   パースのシティまで徒歩5分。
   パースのメイン繁華街まで徒歩5分。のわりに静かで良い場所にあります。

雑感:20人部屋…?というところ以外は普通のホステル。
   先進国だけあってびっくりするぐらい汚いとかはなし。
   リビングにTVやビリヤード台が置いてあり、宿泊者同士が誰かしらいます。
   夜は中庭で飲んでる宿泊者も多いです。まぁぼくは飲まないですが。

   郵便も受け取ってくれるし、立地もいいので仕事を探すにはいい感じ。

ご予約はこちらからww↓



















高ぇよ!!!











そういえば、コロンビアで会った日本人男性(パースでワーホリ経験あり)の人が言ってました。

パースは「仕事さえ見つかれば」過ごしやすい街だ、と。




まじではやく仕事見つけないと死ぬ。。。




クリックされなくても死なないけど。死なないけどね。死なないけど!

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。

   
   

[ 2015.08.12 | オーストラリア(ワーホリ) | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

銀行口座を開設してみた

時差ボケがヤバイです。

ついこないだまで南米時間だったので、とりあえず朝ありえないぐらいの時間に起きます。というか2時とか3時とかに起きるので、「え。それ朝なの?」というレベルです。

ちゃんと夜はできるだけ起きて、こっちの時間に合わせようとしているのですが、単純に睡眠時間が短くなっているだけです。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











こんばんは。

まぁ別になんもしてないので、睡眠時間が短くなろうが困らないですが。




という訳で妙に早起きなので、しっかり朝から銀行口座を開設に行ってきました。

調べたところ、なんか大手の銀行が4行あるみたいですね。




オーストラリアの大手4行↓

・Ntional Australia Bank (通称NAB)

・Commonwealth Bank

・Westpac

・ANZ

だそうです。


で、日本の銀行と違うところといえば、普通口座なのに「口座維持手数料」を取られるところですね。各行ごとに定められたミニマム預金額があって、それより下回っている口座からは月額で4〜5$ぐらい持ってかれます。

ただ NAB だけは口座維持手数料がかからないらしいです。

まぁミニマムの金額さえ入っていれば問題ないので、ぶっちゃけどこでもいいと思います。金利も差があるんでしょうけど、それで何百円の差がでるほどの金額でも期間でもないですし。所詮1年ですからね。

という訳で、宿泊しているバッパーの受付のお姉さんにオススメの銀行を聞いて、お姉さんが「使ってて特に不満はないわ」と言ってたというただそれだけの理由で決めました。



Commonwealth (コモンウェルス)に。



オーストラリアでは、本当は銀行口座開設時にはいろいろと自分の身分を証明する書類を揃えないといけないらしいのですが、「ワーホリビザ所有者は入国から6週間以内であれば即銀行口座開設可能」という特例が存在するとかで、まぁとりあえずパスポート持って銀行の窓口に行けば口座作れるということです。




だば「口座作りたいです」


受付のお姉さん「ワーキングホリデービザ?」


だば「そうです」


お姉さん「じゃあこれとこれ書いてくれる?あとパスポートコピーさせてね」


だば「φ(..)カキカキ」


お姉さん「SMSでワンタイムパスワード送るからケータイ番号教えて」


(この時点でケータイを持ってなかったので一度取りに帰る)


お姉さん「確認できたら手続き完了よ。カードは登録された住所に郵送で届くから」


おわり。






もう簡単すぎて拍子抜けします。まぁ何言ってるかは良く分かんなかったですが。


とりあえず口座開設に必要な持ち物は

「パスポート」

「SMSを受信できる通信機器」

の2つ。


事前情報によると、その場で入れるお金がいると聞いていたのですが、特に求められませんでした。しばらく口座残高ゼロのまま放置されることうけあいです。ちなみに、口座残高ゼロだと先述の「口座維持手数料」も取られません。まぁ取りようがないですし。


あと、タックスファイルナンバーの提示を求められました。この時点では持ってなかったのでその旨を伝えると、「ネットで口座とタックスファイルナンバーをひも付けできるからやっといてね」とのこと。まぁやってないですけど。



とりあえず焦ったのは SMS ですね。まだこっちのケータイの契約をしていなかったので、だいぶ慌てました。

そういえば日本のケータイ(生きてる)持ってきてたわ。

ということで何ヶ月ぶりかにガラケーの電源を入れ、海外の電話番号だけどこっちの SMS 受信できるかしら、という不安を募らせながらやってみたらできちゃったのでなんとかなりました。



という訳で、正しい順番的には銀行口座開設の前にオーストラリアのケータイを用意しておく必要があるみたいです。



順番をミスるとめんどくさい。つまりブラウザを落とす前にクリックすべきということだ↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.08.12 | オーストラリア(ワーホリ) | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

タックスファイルナンバーを取得してみた

いやぁ。


今日すでに4記事目ですよ。ほんと来たばっかだっつーのにあれこれしすぎだろと。
やる気まんまんだな自分。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

という訳で、本日の4記事目では、タックスファイルナンバーなるものの取得方法について書いていきます。











と思っていたのですが、今さらぼくのブログでやる必要もないほど高精度な解説ブログが存在し、それを見ながらぽちぽちやってたら申請終わってたので、特に書くことありません。



まぁ



『オーストラリアに到着後』


『ネットで申請』できて、


『やり方を解説しているブログがあるからそれに沿って』やっていけば、


『1ヶ月以内に郵送で届く』



って感じです。







おわり。






別に書く必要無かったんじゃないかとお思いですね?ぼくもです。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2015.08.12 | オーストラリア(ワーホリ) | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム