真・【第三章】ユーラシア編 はじまります

【308日目】パース→ウブド(2016年8月10日のおはなし)




ほんとね。

まさかパースから出ることもできないとはね。

というかコレもしまじでビザがギリギリだったらオーバーステイだったんじゃないの?って話ですよね。




さすがそこまで予想してこの日のフライトを取っていたんですね。さすがです。




さぁいちおう日付は変わってますがこちとら一睡もしとらんのじゃわれぇな状況です。

とりあえずさっさと出国しましょう。
そして昨日の写真でバレバレな通り、行き先はインドネシアのバリです。



という訳で、

再チェックイン_20160810
再チェックイン

今宵2回めのチェックインを行いまして、

2回めの出国検査を受けまして(今回は普通に係員さん。結局スタンプはなかったけど)

2回めの荷物検査を受けまして

ようやく搭乗。




あー寝る。もー寝ますよ。

言っておきますが昨日の朝起きてから今まで一睡もしてませんからね。そして時刻は3時30分ですからね。



座りましたー。



はい寝ましたー。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

そしてブログ的にはおはようございます。











バリです!!!











うん。

もうやる気なさすぎて空港の写真とか一切撮ってなかったです。
ブログ的にはここにばしーんとバリっぽいなにがしかの写真を貼りたいところでしたが、まぁいまさら言っても始まらんのです。



さてさて。

やってきたのはいいものの、どこに行ったらいいのか分かりませんね。
いちおう入国審査対策に宿は取っておいたのですが(何の質問も受けませんでしたが)、その取った宿というのが少し遠い町にあるのですよね。
いかにしてその町まで向かうのか。それが問題です。


まぁ普通にそれぐらい事前に調べておけよという話なのですが、幸いにもバリの空港は Wi-Fi がしっかり使えたのでさくさく調べます。
というかおなか空いたので空港内のレストランでメシ食いながら調べてました。


それによりますと、空港から直接出ている交通機関はタクシーとバスしかないと。
で、そのバスは目的地の町までは行かないと。

なんてこった。どうしたことか。



さらに調べてみると、近くのクタという街からは目的地の町までバスなり何なりがあると。

よし。じゃあそれで行こう。



この辺までの情報は他のブログさんで詳しく紹介されているので、「バリの空港からウブドまでの行き方」を調べていて何を血迷ったかこのブログに辿り着いた方はまずそちらを参照してくださいね。



そんな他所様のブログを参考にわたくしめが今回お世話になるのは、この kura
   
   

[ 2016.08.10 | インドネシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ユーラシア編 始まったものの。。。

【309日目】ウブド(2016年8月11日のおはなし)




昨日は結局宿にチェックインしてすぐに寝てしまっていました。

まぁ昨日から飛行機とバスの移動時間以外寝てないですからね。しょうがないでしょうコレは。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

そして今日起きて気付きました。












熱出てるわー。

無理やー。

動けへんー。












予想はしてたんですよ。

1年間のワーホリ期間中、一切風邪らしい風邪はひかなかったんですよ。
まぁ毎日親方とおかみさんが栄養満点のバランスの取れた食事を出してくれてましたし。
朝(仕事があるから強制的に)起きて仕事して3食ちゃんと食べて帰ってしんどいからすぐ寝る、という(半ば強制的に)規則正しい生活を送っているとですね、風邪なんかひきようがないんですよ。

それがね、仕事やめてまかないを食べられなくなって、仕事が無いから夜更かしして昼まで寝てというすっかり就活生感が乱れた状況で若干徹夜のうえ長距離移動なんかした日には、そりゃあ風邪のひとつもひくだろうともさ。













という訳で今日は1日寝ていました。

一応メシ食わな治るもんも治らんということで、宿のすぐ近くの食堂に昼夜食べに行きました。
けどまぁしんどいしんどい。
風邪ひき用のお食事ではないので、もう食べるのがしんどくってねぇ。残さず食べましたけども。





しょっぱなから飛ばしておりますが、明日からちゃんと観光ブログ書けるよう、今日はおやすみなさい。






早くも恋しいバイト先のまかない…。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2016.08.11 | インドネシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

人気観光地ウブドでとりあえず散歩してみた

【310日目】ウブド(2016年8月12日のおはなし)



リスタートは別にどこから始めても良かったんですけどね。

最初はボゴタに戻ろうかとか思ってたんですが、パースに来た時のこと(値段)を考えるとアホらしくなりますし。
いちおう東回りで出発したので、ヨーロッパに飛んじゃえばいいんじゃないかとか思ってたんですが、パースからヨーロッパに飛ぶ時は西回り(中東経由)になっちゃうんですよね。むりくりアメリカとか経由すれば東回りでも行けますけど妙に高くなるし。

そうすると、どっから再出発したところで大西洋を越えることはなくなりそうです。アメリカ大陸にはもう用が無いから。
いちおう、「世界一周」の定義としては、『太平洋と大西洋を1回ずつ越える』ってのがあるんですが、ぼくはその条件を満たすことができなさそうです。もうブログのタイトルから直したほうがいいレベルです。

で、どうせ定義における『世界一周』にならないのであれば、別にどっから再出発しても一緒じゃね?という結論に達しました。



という訳で、とりあえずバリに来ています。

理由はもう航空券が安かったからですね。地理的にパースとバリって近いですから。
3ヶ月前に手配したんですが、日本円で12,000円ぐらいでした。
パースからオーストラリアの東海岸のシドニーとかに飛ぶだけで3万超えてくるファッキン航空事情の国で、この価格は激安じゃね?という訳で。



という訳で、バリに来ています(2回目)。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。

とりあえず風邪は治ったっぽいです。たぶん。




初日は移動日、次の日は風邪で寝込むという、相変わらずな感じでリスタートしたわけですが、実質初日となる今日は何をしましょうかね。

まぁあれでしょうね。恒例のね。



はい。お散歩ですね。



今日もだらだらぶーらぶーらしますよー。




今回やってきたウブドは、パースで会ったバリを知る人々にオススメの土地を聞いたところ間違いなく挙げられる風光明媚な土地でございますね。
有名な分、非常にツーリスティックです。とりあえず目抜き通りはカフェ、レストラン、土産屋およびツアー会社で埋め尽くされており、そこを歩く海外旅行者がもりもりもりもり。まぁ今世界的にバカンスシーズンですしね。
そして日本も夏休みシーズンですしね。まじ日本人多い。



まぁそんなツーリスティックな通りをとりあえず歩いてみましょうか。

ウブド中心_20160812
ウブド中心部

ウブドの中心部は、ウブド・テラスという王宮と、ウブド・マーケット、それとこの↑ツーリスト・インフォメーションのある交差点が中心。
そこから南に下って行くと、突き当りになんかサルがおるとかいうので、とりあえずそこまで行ってみましょう。



ウブド街並み_20160812
ウブドメイン通り

ツーリスティックですが、こういう見たこと無い感じの建物が出てくると異国に来た感がありますね。
北米→中米→南米→オーストラリアからのバリと来ると、この様変わり具合は過去最大ですしね。



日本語_20160812
日本語

そしてそこかしこで見る日本語。
まぁ分かるよ。そんぐらい日本人多いもの。犬も歩けば日本人に当たるし、石を投げれば日本人に当たりそうなレベル。

そしてそんな日本人を相手にするウブドの人も日本語達者な人多い。
この通り歩いてるだけで2回バイタクの客引きに引っかかった(乗る気は一切ない)のですが、めちゃくちゃ日本語上手でした。
日常会話レベルの域を超えていますね。まぁたしかに発音とか聞くとカタコトですけど、話してる内容はもう普通に営業です。よっぽど話し込んでるのでしょう。



モンキーフォレスト_20160812
モンキーフォレスト

そんなこんなではい着きました。モンキーフォレスト。
ここに入ると、餌付けされた野生のサルがちょこまかしてますよー、と言ってるハナからその辺をちょろちょろしているおサルさん。
入場料もかかるし、まぁ別に入らなくていっか、という結論に。





もうやることなくなったので、地球の歩き方を読んでいると、ウブド周辺の田舎道を歩いて散歩とかするといいよと書かれていたので、せっかくなので行ってみることにします。

さっきの交差点に戻って、そっからすぐの交差点から裏道へ。



ウブド路地_20160812
裏路地

「裏路地」とは観光客が立ち入ってはいけない場所の代名詞のひとつですが、ウブドはもう普通に裏路地をもりもり歩きます。
裏路地に入った途端、人通りが急激に少なくなりました。まぁだから観光客は入っちゃダメなんですが。



なんか寺っぽい_20160812
なんか寺っぽい建物

なんか寺っぽい建物も。
バリはヒンドゥー教の地域なので、建物もヒンドゥーちっくです。まぁどのへんが?と言われても知りませんが。
でも仏教っぽくはないでしょ。
そしてコレもしかして寺じゃなくて家なんじゃねぇか、とか思ったりもします。そのぐらいのレベルでこんなんが建ってます。



たんぼ_20160812
たんぼ

少し歩いただけで、たんぼが出てきました。
ウブドは、というかバリ島は、ものすごい稲作地帯で、このたんぼのある風景が有名です。その水利システムとあわせて世界遺産に登録されている地域もあります。
聞く所によると、年3回田植えしてるらしいので、このようになんも無いタイミングもあります。まぁ水が張ってあるだけいいですね。



たんぼ仕事中_20160812
仕事中

水を張ってるということは、これから田植えですね。お仕事中です。
バリは日本と同じで平野の面積が少ないので、棚田がたくさんあることでも有名です。棚田にするとひとつひとつの田んぼの面積が小さいし形もいびつになるので、でかい田植機とかは入らないんでしょうねー。手作業でやってる人ばっかりでした。



たんぼそのに_20160812
たんぼそのに

たんぼあげいん。



たんぼそのさん_20160812
たんぼそのさん

たんぼあげいん✕2。



うん。水張りのたんぼもなかなか風情があっていいと思うの。




オサレカフェ_20160812
オサレカフェ

そんな田んぼに囲まれたオサレカフェを発見しました。
「オサレ」具合がよその国とはひと味もふた味も違いますね。

腹減ったしあそこで一服しましょう。




カフェから_20160812
カフェから

いやー。風通しいいわー。
コーラうめー。

トンボも飛ぶしほんと日本の田舎感も感じますよ。
日本の稲作地域もこんな感じで観光客呼べばいいのに(もうやってるかも知れないけれど)。まぁ日本の場合、季節限定になっちゃいますけどね。秋のあたり一面黄金色の景色とか欧米人が「Amazing!」連発しそうなんですけどね。





今日はよく歩いたし、病み上がりだして残りは宿で休息することにします。





あー。つかれた。





久しぶりに写真と文字をたくさん使ったブログを書いたのでね。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2016.08.12 | インドネシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

恐るべきは老いだ

【311日目】ウブド(2016年8月13日のおはなし)



ちんこ_20160821
ち○こ












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

いや。だってウブドこんなんばっか売ってるんすもん。
そりゃ反応しますよ。なんに使うんだこれ。



バリで有名な棚田ですけれども。え?あぁはい。有名なんです。棚田。

で、ちょっくらそいつを見に行こうと思ったんですが、なんか有名どこが2ヶ所あるらしいんですね。




Tegalalangの棚田

まず Tegalalang ってとこの棚田。テガラランですかね。読み方は。
わりと有名なとこらしくて、泊まってる宿のおにいちゃんに聞いてもここを教えてくれました。
ウブドからわりと近くて、近場を周るツアーに組み込まれてることも多いとかなんとか。
ただぶっちゃけ小さいらしいという情報。





Jatiluwihの棚田

で、こっちが Jatiluwih というところの棚田。読み方はジャティルウィらしい。歩き方様曰く。
こっちは世界遺産に指定されている地域だとかで、数年前から有名になったとか。
場所が悪い。遠い。でもでかい。





という訳で、ホテルで貸し出している原付を借りて、ひとっ走り行ってみることにしました。






もちろんジャティルウィ

もちろん行き先はジャティルウィです。
どうせなら大きい方がいいよね。別に他にやることもないしさ。
まぁルート調べて「遠っ」ってなりましたけどね。




原付きでぶいぶい走っていると、もうそこらじゅうに田んぼがあります。別にわざわざ見に行かなくてもいいんじゃないかと思ってしまうぐらい。
まぁあれですよ。運転中なので写真はないですけどね。

そしてバリ島の道は、言うちゃ悪いですがまだ全然整ってなくて、大きめの道も片側1車線の相互通行ですし、その道ですらもそんなに多くない。信号もないし。でも交通量は割と多い。
ただそんな道からはずれて、ちょっと脇道にそれると、っていうか普通にそこ通るようにナビに指示されたんですけど。

通り道_20160821
通り道

こんなとこを通ったりします。
まぁステキやん?とか思ってたらふつうにジャングルの間のデコボコ道を通らされたりもします。








すっかり2時間ぐらい走って目的地近くまでやってきました。

ちょっとした高台になっているところから棚田を眺めることができます。


高台から_20160821
高台から


高台からそのに_20160821
高台からそのに


ふうむ。このへんも田植えシーズンですね。
そしてむこうの方に見えているのが目的地の棚田ですね。

さっそく行ってみましょう。











えー。

村の入口らしきところに検問みたいなのがあり、入村料を取られました。
20,000IDR(160円ぐらい)でした。











そしてやってきました。ジャティルウィの棚田。



棚田_20160821
棚田

棚田そのに_20160821
棚田そのに

棚田そのさん_20160821
棚田そのさん

棚田そのよん_20160821
棚田そのよん



うむデカい。見渡す限り棚田。
どう撮っても全体像がつかめません。ので、まぁイマジネーションでなんとかしてください。



この棚田のてっぺんの一本道の周りにお店とかレストランとかもあります。
どうせ観光地価格なんだろ?ということで寄りすらもしませんでしたが。
ただレストランのテラス席は、棚田を眺めるにはなかなか良いロケーションっぽかったですね。



この棚田は世界遺産登録地域だそうですが、バリの棚田はその水利システムとあわせての登録だとか。
スバックという、各田んぼに公平に水を分けられるようにするための農民の集まりがあって、その集まりによって維持されてきた景観なんだとか。


水利システム_20160821
水利システム

水利システムそのに_20160821
水利システムそのに

水利システムそのさん_20160821
水利システムそのさん


確かに、これだけの棚田の全部の田んぼに多すぎず少なすぎずの水を供給しようとしたら大変でしょうねぇ。






はい。
棚田も見たし、次の場所に移りましょう。

次の目的地はこちら。



タナロット寺院

タナロット寺院というところです。

なんでも、すごい雄大な夕焼けが見られるとかで、ウブドからもツアーが出ています。
せっかく原付借りたので、ついでに行ってみようという魂胆です。まぁついでったってジャティルウィからまた2時間かかるんですけど。












と、思ってたんですがやめました。












カメラの電池切れたので。












まぁ時間的に、1回宿に戻って充電して再出発しても日没には間に合いそうです。
意外と早くから動いてましたからね。今日は。


さーて。また来た道を戻りましょうかねー。












あー。












ケツいてぇ。。。












あかん。












ケツいたい。












昔は原付さえあればどこにでも行けると思ってたんですが。
だめだ。これ以上乗ってられん。これが「老い」か。


そして腕の日焼けがやばい。すっかり油断してた。
半袖で出歩いていい日差しじゃなかった。またホクロ増えちゃう。












宿に戻ると、気のいいスタッフが話しかけてきます。


スタッフ「どうだった?今日の旅行は」


だば「良かったよ。暑かったけどね」


スタ「そうか。またどこか行くのかい?」

















だば「いや。今日はもう寝るよ」

















これが「老い」だ。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2016.08.13 | インドネシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

移動日なんてこんなもの

【312日目】ウブド→バニュワンギ(2016年8月14日のおはなし)




昨日の夜の宿のスタッフとの会話。



だば「明日ジャワ島に行きたんだけどさー。どこの旅行代理店もジャワ行きのバスとか扱ってないんだ。どうやって行ったらいい?」


スタ「あぁそれならシャトルで港まで行って…」


だば「違うよ。ジャワ島だよ。そっちの方の島じゃないよ」


スタ「あぁ。ジャワ島か」


知らんおばさん「ジャワ島はとっても遠いわよ!(怒り口調)」


だば「うん。それは分かってるんだけどね」


スタ「ここから直行のものはないから、デンパサールのウブン・バスターミナルまで行かないといけないね。そこまで行けばバスが出ているから」


だば「どうやって行くの?」


さっきのおばさん「プラマ社のバスよ!(怒り口調)」


スタ「ではバスの予約をしよう。HPを開いて…」


HPを確認する。。。


だば「デンパサール行きはないみたいだね」


スタ「あれ?ほんとだ」


おばさん「そんなはずないわよ!(怒り口調)」


スタ「でもほら。これ見てください。ないでしょう?」


おばさん「・・・」


スタ「デンパサール近くの街まで行けば」


だば「それそっからデンパサールの目的地まで近い?」


スタ「近くはないなぁ。タクシーを使うか。。。」


だば「タクシーは使いたくないなぁ。高いでしょ」


スタ「あとはウブドのバスターミナルからバスを使うかだね」


だば「バスターミナルとかあったっけ?」


スタ「ほら。王宮と市場の交差点のところだよ」


だば「???あそこ何回も通ったけどバスターミナルとか無かったよ?」


スタ「いや。あそこにあるんだ」


だば「バスってベモ(相乗りの小型バン)のこと?」


おばはん「違うわよ!とっても大きなバスよ!(怒り口調)」


スタ「そこでバスに乗って、まずなんとかっていうバスターミナルへ。そこでウブン行きのバスが出ているから、それに乗り換えるというルートだね」


だば「ふぅむ。じゃあ明日、とりあえずそのウブドのバスターミナルとやらに行って聞いてみるよ」





数時間後






スタ「さっきの話なんだけど」


だば「なに?」


スタ「実は今日ここに泊まっている女性が、明日同じルートでジャワ島に行くんだよ。ちょっとめんどくさそうだから、彼女にウブンのバスターミナルまで一緒に行ってもらえるよう頼んでおいたよ」


だば「まじですか。それはイージーですね」


サンディー「という訳でよろしくね」














ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

というか何なんだあのばばぁ。




という訳で、今日はバリ島を後にしジャワへと向かう予定です。


ウブド→ジャワ_20160822
ウブド→ジャワ


バリ島とジャワ島はお隣同士で、その島と島の間は意外と近くわりと簡単にアクセスできます。
ただ調べた限りではバリの有名観光地ウブドから直接行く交通機関はないんだってー。ぷっぷー。




じゃあとりあえず朝ごはん食べて出ますかね。
昨晩サンディーに何時頃出る?って聞いたら「10時半ぐらいかしら」とか言ってたので、わりと余裕なんですよね。



サンディー「あのね。今日バスで行く予定だったんだけど、こっちの知り合いに頼んでターミナルまで送ってもらうことにしたの。一緒に乗って行く?ガソリン代だけシェアしてくれればいいわ。そうね。50,000IDR(400円ぐらい)ぐらい。もちろん、他の方法で行きたいならそれでもいいわよ」


だば「もちろんご一緒します」




昨夜から突如現れて良くしてくれている女性ことサンディーですが、ジャワ島のスラバヤという街で旅行代理店を営んでおり、なんかその仕事の関係でウブドに滞在してたとのこと。そりゃ確かにいろいろツテもあるでしょう。
こうやってよその国のお友達ができるのが1番楽しいのよー。とありがたいお言葉を頂戴しました。




ウブド→ウブン・バスターミナル


そんなサンディーのお友達の車に乗って、やってきましたウブン・バスターミナル。
お友達もウブドで旅行関係のお仕事をやってるそう。


ウブン・バスターミナルに着いたら、サンディーからいろいろとレクチャーを受けます。


サンディー「あなたの目的地はバニュワンギというところなんだけど、正直バニュワンギまで行く必要はないと思うの。バリとジャワの間はバスごとフェリーに乗るんだけど、そのジャワ側のフェリー乗り場(カタパンと言うんだけど)でいいと思うわ。あなたがバニュワンギで参加したがっているツアーは、カタパンからも出ているの。もちろんバニュワンギの方が大きな町だから、ツアー会社も多いし宿も多いのだけど、その目的のツアーだけでいいならカタパンでツアーを組んでしまえば十分じゃないかしら。それに、もしバニュワンギから次の町へ電車で行くとなったら、結局カタパンに行くことになるわ。だって駅はカタパンにあるんだもの。カタパンのフェリー乗り場の出口に、警備小屋があるんだけど、その裏にツアー会社があるの。そこで宿も手配してくれると思うわ。もちろん、あなたがバニュワンギに行きたいというならそれでも構わないけれど」


だば「あ、じゃあ、、、カタパンでお願いします」


サンディー「分かったわ。じゃあお金払って。チケットもらったわね。じゃあバスのりばに急ぎましょう。バスが出ちゃうからね。そこの彼に荷物を預けて。はい。そのバスよ。じゃあ気をつけてね」


だば「あ、はい。えーと、、、いろいろありがとうございました」


サンディー「いいのよ。何か困ったことがあったら連絡してきてね」












バス車中_20160822
バス車内

という訳でバスに乗っております。
うーむ。やっぱり旅行会社をやっているだけあって、旅行者の扱いに慣れているのでしょうか。
こんなにスムーズな移動はなかなかありませんよ。


バスは、、、まぁ綺麗ではないね。冷房は効いている。たぶん寒くなるんでしょうね。ブランケットが予め用意されている。Wi-Fi はあるとは書いているけど繋がらない。

あとは。。。

コーヒー無料_20160822
コーヒー無料

コーヒーが飲める。



途中の町でお弁当をピックしていましたが、ぼくの分はありませんでした。

ナニコレ嫌がらせ?

まぁたぶん乗車が直前すぎて手配できなかったんでしょう。ほんとぼくが乗ったらすぐ出ましたからね。というかぼく待ってたんじゃねぇかって感じでしたね。




バリ島とジャワ島の間の海峡は、バスごとフェリーに乗って越えていきます。
このへんは南米と同じですね。南米のフェリーよりはフェリーっぽい形してますが。


フェリーから_20160822
フェリーから

売り子のおっちゃんから買ったカップラーメンをすすりながら、バリ島を眺めます。
うん。
やっぱり日本のカップラーメンが1番美味いな。



往来_20160822
海峡

海峡はたくさんの船が行き来しています。
ここはとりあえず来てしまえば船がなくて困るなんてことはなさそう。

そんで、いつの日かあのへんに橋でもかかるんだろうな、などと思っていると到着します。



フェリー乗り場_20160822
カタパンのフェリー乗り場

バスは別にここ行きじゃなくて、ぼくだけここで降ろされます。

さて。フェリー乗り場の出口の警備小屋の裏のツアー会社って言ってましたね。サンディーが。




あぁ。ありますね。というかそこしか無さそうだなぁ。
とりあえず目的のツアーの内容を聞いてみましょう。




えーと。

夜中の12時発。朝8時頃終了。
宿までの送迎込み。
マスクと懐中電灯を貸してくれて、水1本くれる。
ガイドつき。


値段は、、、275,000IDR(2,200円ぐらい)。


提携の宿は、、、150,000IDR(1,200円ぐらい)。


うん。もういいよ。それで。
他に選択肢ないしな。

フェリー乗り場の前にホテルとかあんのかと思ってたらそんなもの無いしな。
モスクとコンビニとレストランが1件ずつと、あと小さな食堂みたいのしか無いしな。
探せばあるんだろうけどめんどくさいしな。
だってこのツアー申し込むなら夜の11時には起きないといけないんだから。で、今すでに夕方の5時だから。だらだらやってたら明日のツアー大変だしな。







という訳で、明日は世にも珍しい「青い炎」を見に行くとかいうお話をします。おたのしみに。






ごはんとか食べてたら結局8時とかになってた。明日きついなぁコレ。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2016.08.14 | インドネシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム