タイ→ミャンマーを陸路で越境してみた

【410日目】スコータイ→(2016年11月19日のおはなし)



はい。

計2回タイに訪れたわけですが。

やはり観光大国というだけのことはありますね。

まぁバス網が整っているから移動が楽とか、ご飯が美味しいとか、英語がよく通じるとか、なんせ物価が安いとか、まぁ言い出したらキリが無いですね。

そんな中でも、特に日本人にとって、、、というかぼくにとって良かった点は、「定価が決まっている」ということですね。

売値が決まっていることが多いんですよ。

まぁ逆に言えば、値交渉したい派の人には面白くないと思うんですけど。



ベトナムから来るとほんと癒される。



ベトナムが嫌いなだけだとも言えます。











そんなタイとも今日でお別れ。

ついにお隣の国へ向かいます。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











こんばんは。

いつの間にかだいぶ先に進んでしまった遊んで暮らしてた改メ旦那やねん。さんが言うには、「ベトナムは世界ウザイ四天王」らしいです。ちなみに上には上がいるらしい。恐ろしい世界。








はい。

ミャンマー行きます。








いつものようにスコータイのバスターミナルにやってきました。

ここから、メーソートという街まで行きます。

いわゆる国境の街ですね。

9:15分発。130B(390円ぐらい)。

バスじゃなくてミニバンです。荷物はバンの頭の上に載せられます。




スコータイ→メーソート



1番後ろの席に座ってたんですけど、バンの中でどこかから「コケコッコ」って聞こえるんですよね。

誰だよ。なかなか本格的な着メロじゃないか、とか思ってたら普通に本物でした。真後ろにいました。

どうりでちょっと臭いと思ってたんだ。



12時半ごろメーソートに到着。

だいたい3時間ぐらいですね。



バスターミナルはメーソートの街なかにあるのですが、ミャンマーとの国境は町外れにあります。

だからそこまで行かなくちゃいけない。

バスターミナルに大量にソンテウが停まっているので、こっから国境まで行けるんじゃないかと思ったんですが、聞くところによるとここから国境までの移動手段はないらしい。あ、バイタクとかはあるけど。




国境行きソンテウ乗り場


バスターミナルから少し離れた場所に、国境行きのソンテウ乗り場があります。

その直前にトゥクトゥク乗り場もあるので注意です。

すっかりそれだと思って話してたら話が(主に値段の)噛み合わないので、よく確かめたらそのトゥクトゥクの奥にソンテウが停まってました。まぎらわしい。



発車まで少し時間があるらしいので、コンビニでパンを買って食べます。

ちょうど細かいタイバーツ使い切りたかったし。

あ、ありますよ。コンビニ。普通に。セブンイレブン。



コンビニはありますが、ここは明らかに他のタイの街と比べると異世界ですね。

メーソート街なか_20161119
メーソート街なか

街並みもなんか欧米のコロニアル建築っぽくなりましたし。

歩いてる人もなんか顔に塗ってます。なんだあれ。

白っぽい塗料(?)で顔、主に頬に模様を描いています。顔全体に塗りたくってる人もいますけど。

なにこれ急に異世界。

おそらく国境の街なので、ミャンマー側の文化が混ざっているんでしょうね。というか普通にミャンマー人がお買い物に来てるだけかも知れん。

おお。まだ国境越える前からしてコレか。



期待感高まりますね。やっぱり越境はこうじゃなきゃ。











しばらく待つとソンテウが発車しました。

ぎゅうぎゅうです。すいません。なんかバカでかい荷物載せちゃって。

みなさんお顔になんか描いてますね。

男性、女性関係なしです。みんな描いてます。たぶんみんなミャンマー人っぽいですね。











タイ側イミグレ_20161119
タイ側イミグレ

はい着きました。タイ側のイミグレ。

20分ぐらいでしたかね。ソンテウで。



さぁ国境を越えてやろうじゃないか。久しぶりにワクワクすっぜ。



タイ側のイミグレは特に何もなし。

「ミャンマービザはある?」「ミャンマーからタイに戻ってくる?」

と聞かれたりしましたけど。











徒歩越境_20161119
徒歩越境

ここの国境は徒歩で越境するスタイルですね。



国境の川_20161119
国境の川

まぁありがちな川が国境になってますよっていう。

この橋渡ったらミャンマーですよっていう。

ちなみにこの川はコイキングが釣れます。












ミャンマー側のイミグレ。

…も特に何もなし。ビザ持ってるし。


ただ、イミグレになんかファンキーな兄ちゃんがいました。メガネかけた。


彼は英語がまぁまぁ流暢で、「Do you know about me?(おれの言ってること分かる?)」が口癖。

彼は自称「ツーリスト・インフォーマー」で、こうやって国境を越えてくる外国人に対していろいろとお世話を焼いているらしい。

どうやらぼくがやってきた時間はいわゆる「外国人がよく来る時間」ではないらしく、まぁつまりヒマだったらしく、街なかを案内してくれました。



ミャンマー_20161119
ミャワディ

ちなみに、国境を越えたミャンマー側はミャワディという街の名前です。



彼について行って、あれよあれよと言う間に両替し、目的地までのバスのチケットを買っていました。

これ彼が悪いやつだったら完璧にやられてたパターンですね。ちょっと気をつけよう。

ミャンマーがどうとかじゃなく、来たばっかりでまだどんな具合か分からない中で他人を安易に信用するんじゃないよって話ですね。

これはバスを降りた途端に寄ってくる客引きとかにも言えることですが。

そんな彼は「もうすぐ外国人がたくさん来る時間だから」っということでイミグレに戻っていきました。

「川沿いにいい感じのカフェがあるからそこでバスの時間まで待ってるといいよ」と言われたのでそこで時間をつぶします。



完璧に彼のペースですね。

まるで進歩なし。












バスの時間が近づいたので、バスのりばに戻ります。

バスのりばには、同じく彼に連れてこられたと思われる日本人男子3人と、ヨーロピアンのお姉ちゃんが1人。



彼が本当に悪いやつならかなりヤリ手ですね。なかなかこんなにホイホイできないよ。

まぁたぶん大丈夫っぽい人です。











特に話さない理由もないので、日本人男子3人と話してたんですが、彼らはみんなヤンゴンへ行くらしい。

ぼくは、ヤンゴンの手前の街まで行きたいのですね。

ただ乗るバスは同じらしい。というか値段も同じらしい。

バスチケットを買う時は、例の彼が間に入ってあれこれしてくれたのですが、一応ちゃんと目的地も伝えたし大丈夫だと思うんですが。




ミャワディ→_20161119
ミャワディ→

こんな感じです。



ぼくは、ヤンゴンより手前のチャイトー(もしくはチャイティーヨ)という街に行きたい。

ヤンゴンに朝方に着くような設定のバスなので、チャイティーヨに着くのは夜中の2時頃だという。

24時間開いている宿もあるし、そうやって行くツーリストも多いから心配ないという。

そういうことなら、ということでこのバスに乗ることにしたのですが。












したのですが。。。











つづく。











クリックよろしくね。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2016.11.19 | ミャンマー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

日本にいる時の休日のデフォルトは昼まで寝て二度寝して昼寝して早寝する感じです

【411日目】→ヤンゴン(2016年11月20日のおはなし)



はい。ミャンマー。



ミャンマー連邦共和国、通称ミャンマーは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人、首都はネピドー。 南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。



と、ウィキペディア先生がおっしゃっております











というわけで、今日からミャンマー編です。


ミャンマー_20161120
ミャンマーの分かりやすい地図












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











こんばんは。

今1番やりたいことは餅つきです。今日もよろしくお願いします。








ミャワディで出会った日本人男子3人組とともにバスに乗っています。

ただ3人ともヤンゴン行き、ぼくは途中のチャイティーヨという街で降ろしてもらうことになっているのですが、ヤンゴン着は朝方、チャイティーヨは夜中の2時着という時間設定。

バスが発車してしばらくすると検問がありました。

ミャンマーは、タイからならビザ無しでも入国できるのですが、移動範囲が限られています。

たぶんその確認の検問だと思います。

それ以外は夕食の時間時に休憩が入ったぐらい。



じゃあ後はチャイティーヨに着いたら起こされるということだね。



おやすみなさい。。。
























はい。起こされました。



降ろされました。



着きました。











ヤンゴンに。












だと思ったんだ。

だって全員降ろされたもん。

というか夜中起きてGPSで確認した時点で通り過ぎてたし。



なんてこった。











もうしょうがないのでヤンゴンに宿泊しましょう。

チャイティーヨの宿を予約していなかったのが不幸中の幸い。

そもそもこういう「その日着けるかどうか分からない」状況では宿の予約なんかしません。











というかね、まだ3時なんですけど。

なんなの。なんでこんな時間に着く設定なの。もうあと2時間遅く出ればいいじゃない。





ミャワディ→ヤンゴン

17時発翌3時着。15,000K(1,300円ぐらい)。

だからね。19時発にすればいいんじゃない?



到着したのは、ヤンゴンの市街地から北にはずれたアング・ミンガラー・ハイウェイ・バス・ステーションというところ。

市街地まではけっこう離れています。

で、市街地までバスが出ているんですが、その始発が5時半らしい。


だからね。19時発にすればいいんじゃない?











あたりは真っ暗。

バスターミナルとは言うものの、各バス会社のオフィスが並んでいて、その前にそのバス会社のバスが停まってるだけの、別に屋根とかがあるわけでもなく、なんというかもう、、、ただの路上です。

ただ1件、おそらくミャンマー式のカフェと思われるお店が開いていたのでそこでだらだらすることにしました。

というか他の選択肢なし。



ミャンマーのカフェですが、お茶かコーヒーか頼むと持ってきてくれます。はい。当然です。

ただ、頼んでもないのにサモサとか出てきます。店の前で今まさに揚げたヤツです。朝からこれはさすがに食べられない、、、と思ったのですがカレー味で意外と美味しかったです。


このサモサ。まぁ店によってはアンパンとか揚げパンとかだったりしますが、とにかく頼んでないのにテーブルに出てきたものは、食べなくてもいいです。食べてもいいです。食べたら食べた分だけ最後にお金を払います。

和歌山ラーメンのお店のテーブルの上に置いてあるいなり寿司みたいな感じです。



あと、ところどころ天井からライターが吊られています。

タバコを吸う人は、そのライターを引っ張って火をつけます。

火を付け終わると勝手に元の位置に戻っていきます。

つくりは簡易ですが斬新です。











あー。











夜が明けました。











結局ぼくはヤンゴンに滞在し、他の3人は今日中にバガンに向かうことにしました。

ただ、3人の乗るバガン行きのバスは夜行しかないらしく、今日1日空いてしまいました。

というわけで、4人で仲良くヤンゴン市街に向かいうことに。



ヤンゴン市内バス_20161120
ヤンゴン市内バス



ヤンゴン市内とここのバスターミナルは、43番のバスで移動できます。

まぁミャンマー数字で書かれているので「43」とは読めないんですけど。

なんかリボンみたいなヤツです。「43」。











市街地に到着すると、とりあえずぼくは荷物がじゃまなので宿を探しに向かいます。

他の3人のうち、1人はヤンゴン観光のハイライト、どデカいお寺に向かいました。

残る2人はどっかのカフェでだらだらするそうです。なにそれ。そのアイデア超クールなんですけど。



というわけで、宿にチェックインしたら再合流する約束をして一度解散。



ヤンゴンは、たぶんスーレー・パゴダからチャイナタウンにかけてのエリアに安宿が多い気がします。

ただ結構お値段がはります。

安いドミトリーで8$から。

そんでハイシーズンに入ったところだからか、どこの宿も満室つづき。


んー。予約なしで来るとコレがめんどくさいんだよな。

東南アジアはやたらと車道と歩道の段差が高いし、歩道にでかい木が植えられてるし、歩道沿いの店は店先にがんがんモノ置くし、建築系のお店は店先で何やら工作しているし、そもそも「歩道?路上マーケットの間違いでしょ?」という状況なので、コロコロパッカーには非常につらいのです。

やっぱりバックパックのが良かったかなー。でも重いしな。20キロあるしな。



なんとかチャイナタウンで宿を発見。

シングル9$。トイレ・シャワー共用ですが、ホットシャワーが出ました。

「チェンクインしたら再合流」という約束がありましたが、ホットシャワーにテンションが上がったのでひとっ風呂浴びることにしました。











ようやくさきほどの2人と合流。

いい感じのカフェでだらだらしていました。


3人でだらだら歩きました。


お寺に行ってた1人と偶然遭遇しました。


4人でだらだら歩きました。


だらだら昼メシを食いました。


Wi-Fi のあるお店でお茶を飲みながらだらだらしました。











あのね。

何をしてんだこいつらとか思ってますか?











高校生時代にこういう休日おくりませんでした?

というかこういう休日おくってません?

「今日ヒマ」→「とりあえずメシ行く?」→「このあとどうする?」→「とりあえず茶しばくか」

的な流れ。

持て余すヒマと格闘するこの流れ。











普通でしょ?











別に世界一周中だからって特別なことなんてないんですよ。

むしろこういう普通の休日の方が特別ですよ。











まぁぼくは日本にいるときもこういう休日はおくってませんでしたけど。











基本ぼっちでしたからね。












クリックしてってねー↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もよろしくお願いします。



   
   

[ 2016.11.20 | ミャンマー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ヤンゴン最大の観光地「シュエダゴン・パゴダ」に行ってきた

【412日目】ヤンゴン(2016年11月21日のおはなし)



ミャンマー人の方々がほっぺに塗りたくっている白いアレの正体が判明しました。

あれは、、、











タナカです。











はい。タナカでした。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











こんばんは。

植物由来の日焼け止めだそうです。今日もよろしくお願いします。








えー。予想外にヤンゴンに到着してしまったのですが、まぁせっかくなので観光に勤しみましょう。

というわけで、夕方になってからのこのこと出発します。




いや、ほら日中は暑いしさ。

地元の人ですらほっぺに日焼け止めを塗るような国ですよ。











シュエダゴン・パゴダ_20161121
シュエダゴン・パゴダ

はいやってきました。シュエダゴン・パゴダ。

スーレー・パゴダから歩いて40分ぐらいといったところでしょうか。はい。歩きました。



シュエダゴン・パゴダ



この写真はまだ門です。

ミャンマーのお寺は、門から本堂、、、というか仏塔まで参道があることが多いです。

このシュエダゴン・パゴダも例に漏れず、



シュエダゴン・パゴダそのに_20161121
そのに

このように参道が。

参道の脇にはずらりとお土産屋さんが並んでいるのですが、店員さんはまったくやる気がありません。

とりあえずスマホ眺めながらだらだらしています。



ちなみに、参道に入る前に靴と靴下は脱がなければいけません。門で預かってもらえますが、若干の寄付を要求されます。

靴袋とか持っていくといいかもね。



この参道を登りきったところにあるのが、












シュエダゴン・パゴダそのさん_20161121
そのさん

シュエダゴン・パゴダの巨大仏塔です。

本当に巨大です。

どのくらい巨大かは写真では伝わらないのが残念です。



ここのパゴダは、夕焼けとその後のライトアップがステキと聞いたのであえてこの時間に来たのです。

別に起きるのが遅かったから夕方始動だったわけではないのです。


え…今日起きた時間ですか?


2時ぐらいでしたかね。











シュエダゴン・パゴダそのよん_20161121
そのよん

ほら空が赤く染まってきました。




シュエダゴン・パゴダそのご_20161121
そのご

ほらほら。いい感じでしょ。



シュエダゴン・パゴダそのろく_20161121
そのろく

手前でスマホを見ているのはお坊さんですね。

各地の他のお寺のお坊さんとかも来るみたいですね。ちらほら見ました。



シュエダゴン・パゴダそのなな_20161121
そのなな

手前でスマホを見ているのは(以下省略)。



シュエダゴン・パゴダそのはち_20161121
そのはち

あー。夜になりましたね。

この日没後の空が染まっている時間っていいですよね。

ところで、明け方は曙とか暁とか言うのになぜ夕方は薄明と言うのでしょう。そのまんまやん?



さて。じゃあとりあえずあれやっとくか。



シュエダゴン・パゴダそのきゅう_20161121
そのきゅう

あれ↑

ミャンマーの仏教では、「自分の生まれ曜日」というのが重要視されているそうです。八曜日といいます。

で、仏塔の8方にその曜日ごとの仏壇があり、自分の曜日の仏さまに参拝したり水をかけたりするらしいです。



というかここに来るまでそういうの知らなかったんですよね。

シュエダゴン・パゴダには、職員さんなのかボランティアなのか分かりませんが、旅行者に対していろいろとお世話を焼いてくれる方が境内にいます。

しかも日本語を話す人もいます。

というかミャンマー日本語話す人が妙に多いです。

街なかに日本語を教えていると思われる外国語教室が妙にたくさんあります。

理由は知りませんが。


その日本語を話すスタッフさんに教えてもらいました。こういうのがあるんだよ、と。



スタッフ「ところでキミは何曜日生まれだい?」


だばで「何曜日…生まれ?」


ス「知らないの?」


だ「知らないです」


ス「じゃあ調べてあげよう。キミの誕生日は?」


だ「1985年の12月9日です」


ス「えーと。月曜日だね。キミは月曜日生まれだ」


ス「パゴダの向かって右奥に月曜日の仏壇があるから。そこでお祈りするといいよ」



なるほど。

ちなみに水曜日はなぜか午前午後に分かれているらしく、そういうわけで八曜日になっています。

ぼくはたまたま水曜日じゃなかったけど、知らずに来て「水曜日生まれ」だった人ってどうやって午前午後判別するんでしょうね。




はい。月曜日の仏さまにお祈りしたり水をかけたりしたので、続いては少し境内を徘徊しましょう。

ここ実は入場料8$かかってますからね。わりと高いんですよ。

ちなみに現地人は無料だとか。現地人顔の日本人はタダで入れるらしいです。




シュエダゴン・パゴダそのじゅう_20161121
そのじゅう

あのメインの仏塔の周りには、このような大型のものから小型のものまで、たくさんの仏壇が並んでいます。まぁこの規模のこれを仏壇と呼ぶかどうかは知りませんが。



シュエダゴン・パゴダそのじゅういち_20161121
そのじゅういち

祀られている仏さまは七色の後光がさしています。



シュエダゴン・パゴダそのじゅうに_20161121
そのじゅうに

小さな仏壇もたくさん。



シュエダゴン・パゴダそのじゅうさん_20161121
そのじゅうさん

後光がさしています。



シュエダゴン・パゴダそのじゅうよん_20161121
そのじゅうよん

寝仏さまにも後光がさしています。



シュエダゴン・パゴダそのじゅうご_20161121
そのじゅうご

そのものが金色でぴっかぴかの寺院に祀られている仏さまも後光がさしています。











なんか。。。


いいんでしょうか。


パチンコっぽいけど。










最後のぴかぴかの寺院は、仏さまの足跡が祀られているところでした。


シュエダゴン・パゴダそのじゅうろく_20161121
そのじゅうろく

仏さまの足の裏というと、なにやらありがたいなにかが彫られているとか生まれつきとかいうアレですね。



シュエダゴン・パゴダそのじゅうなな_20161121
そのじゅうなな

まぁキンピカすぎて見えませんけどね。




シュエダゴン・パゴダそのじゅうはち_20161121
そのじゅうはち

そのキンピカの足跡のすぐ近くにはATMと両替所があります。

もうなんつーか。節操ねぇな。



あ、なんかミャンマーは米ドルしか両替できないとかいう情報がありますが、別にタイバーツでも日本円でも両替できます。ヤンゴンなら。タイバーツは国境越えたところで普通に両替できます。別に米ドル準備する必要もないです。





シュエダゴン・パゴダそのじゅうきゅう_20161121
そのじゅうきゅう

それにしても大きいですねぇ。

これ街なかのけっこう遠いところからでも見えるんですよね。高台に立ってるってのもあると思いますけど。

そんですごい人。

これほどのデカイ建造物となると、地元の人より観光客の方が多いことが多いですよね。

自由の女神とかさ。エッフェル塔とかさ。まぁ各地のピラミッド型遺跡とかさ。

でもここは地元の人の方が圧倒的に多い。

ミャンマーもタイ同様、宗教がとても身近にある国なんだなと思いました。











シュエダゴン・パゴダそのにじゅう_20161121
そのにじゅう

あとこの人形はビートたけしに似てると思いました。












…似てない?うそ。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2016.11.21 | ミャンマー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

新年あいぼん明けましてふたたびおめでとうございます

【413日目】ヤンゴン(2016年11月22日のおはなし)



あけましておめでとうございます。



まぁぜんっぜん新年明けた感無いですが。

なんというか、曜日感覚もなければ季節感覚も失くして久しいです。



が、やはり12が1に戻るという1年にたった1度の機会ですし。

気持ちを新たに望むにはこれ以上ない日でございますし。



なにより、正月だというのにこんなくだらないブログを読みに来てくださったヒマ人読者様のためにも、新年の抱負をば。











今年もだらだらやっていきますので、どうぞよろしくお願いします。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

だってこの記事書いてるのって実際まだ年明けてな新年一発目のだばでーです。よろしく。








あいぼんって覚えてますか?



どっちがあいさん?_20150214
あいぼん



この写真探すのすごい苦労したんですが。

だってこれペルーで撮った写真ですからね。

ほんでアップした日付が2015年2月とかですからね。

もう若干2年前ですよ。

その若干2年前にペルーで同じ宿に泊まってたあいぼんなんですが、実はミャンマー在住。

ヤンゴンでお仕事をしておられます。



というわけで、ちょっと前に連絡を取ってみました。


「今度ミャンマー行くんだけど」、と。


返信がありました。











「お。飲もうぜ」と。











おっさんか。












というわけで、今日お仕事終わりのあいぼんと合流し、ご飯を食べに行くことに。

あいぼんはピースボートで世界一周してたことがあるそうです。あの居酒屋のトイレに貼ってあるやつね。

で、その船で一緒だった人もちょうどヤンゴンに来ているということで、よく分からん3人組でやってきました。











600円のステーキ_20161122
ステーキ

ステーキを食いに。

いや、なんか600円ぐらいでステーキ食えるって言うから。




9 BAR

「9 BAR」という名前のお店です。


やっぱりいいですね。肉は。

こう、普段食べてるものにも当然お肉は入っているのですが、ラーメンだったりカレーだったりチャーハンだったりに入っている「肉」というのはあくまでも「肉片」ですよね。

このただ単純に『肉』を食す感覚。

これもなかなか久しぶりの感覚です。



あー焼肉行きてー。











ミャンマーで店員さんを呼ぶ時はくちびるで「ちゅっちゅっ」と音をさせるみたいです。あいぼんがやってました。

あれですよ。投げキッスの要領ですね。「ちゅっちゅっ」って。

けっこう難しいですね。離れてる人に聞こえるぐらいの音量を出すのが大変です。

ぼくはできませんでした。











まぁキッスとかもうやり方忘れましたからね。












3人でいろいろ話したのですが、特に内容は覚えてません。

まぁそんなもんです。とりとめのない話です。


あ、でもこれだけは覚えてます。


あいぼんに言われました。












「まだやってるの?」












はい。まだやってます。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2016.11.22 | ミャンマー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ヤンゴンで時間を持て余した時のオススメの過ごし方

【414日目】ヤンゴン(2016年11月23日のおはなし)



薬膳鍋_20161123
薬膳鍋

あいぼんのオススメ、台湾式薬膳鍋でランチとしゃれこんでおります。

あいぼん仕事の日ですがお昼休憩で出てきてくれました。

昼休憩は1時間だけなのでさっさと食ってさっさと帰っていきましたが。













ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。

えー。今日もよろしくお願いします。









今日の夜は、あいぼんのお友達と飲み会がセッティングされているそうです。

ヤンゴン在住の若手日本人同士、横の繋がり的なものがあるのですね。

この薬膳鍋の後、その飲み会の時間まで3、4時間あるのですが、特にやることがありません。

と言うと、あいぼんがヤンゴンで「ヒマならここ行ってくれば?」という場所を紹介してくれました。



というわけで、人から聞いた情報をさも自分が知っているかのごとく紹介してやろうと思います。











ヤンゴンでヒマな時の時間の潰し方ーそのいちー



シュエダゴン・パゴダ

シュエダゴン・パゴダそのよん_20161121
シュエダゴン・パゴダ


シュエダゴン・パゴダの場所



ヤンゴンで最も有名な観光地。

スーレー・パゴダ周辺やチャイナタウンと言った市街地から若干遠いため、往復の移動時間と内部の見学時間を含めると3,4時間つぶすにはぴったりな場所。

入場料8$と、くつの預け代で若干の寄付が必要。

現地人は無料らしいのですが、日本人とミャンマー人の顔立ちは割と似ているので、ガングロにしてミャンマー人ぽい格好をしていけばタダで入れるかも。

夜間はライトアップもしているし、何より日中は暑いので、個人的には夕方以降に行くのがオススメ。

ぼくは昨日行っちゃったので今日は行きません。











ヤンゴンでヒマな時の時間の潰し方ーそのにー



ダラ


ダラ



ヤンゴン市街地からヤンゴン川を挟んで対岸にある町。


フェリー乗り場

スーレー・パゴダにほど近いフェリー乗り場からフェリーが出ています。

しかも、このフェリーは詳しくは知りませんが日本が設営か運営かに携わっているらしく、日本人はタダで乗船できるらしいです。

この辺を歩いていると、ミャンマー人の客引きも同じことを言っていたのでほぼ間違いないでしょう。


行って特にやることはないらしいですが、サイカーという自転車の横に客席をくっつけた乗り物をチャーターし、ミャンマーの田舎の雰囲気を味わいながらのんびりと散策することができます。



あ、できるらしいです。












ヤンゴンでヒマな時の時間の潰し方ーそのさんー



環状線

環状線_20161123
環状線


中央駅



ヤンゴン市内をぐるりと走る環状線。

市街地だけではなく、空港やバスターミナル付近まで行くかなり大きな環状線。

日本の中古車が使われているとかいないとか。

とりあえずスピードが遅く、駅で出発を見送って5分10分会話して振り返るとまだ見える範囲に電車がいるほど。

この電車に乗り、同じ駅に戻ってくるのにだいたい3時間ほどかかるそうなので、半日時間を潰すのにぴったり。

ただ、途中の駅で停まってしまい、乗った駅に帰ってこない電車もあるそうなので注意。

郊外に進むに連れ、現地の方が大量に乗ってきたり、野菜やフルーツを売りに乗ってきたり、現地の人の生活を垣間見ることができます。



あ、できるらしいです。











というわけで、ヤンゴンでちょうど半日空いてしまった時のオススメの時間の使い方をご紹介いたしました。



ちなみに、せっかく教えてもらったというのにぼくはどれにも行かずホテルにいました。


















おなか壊したからです。



















ケツから水が!水が出るよー!!

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2016.11.23 | ミャンマー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム