ブログ内時間だと今日はぼくの誕生日です

【732日目】エレバン→ステパナケルト(2017年12月9日のおはなし)




ナゴルノ・カラバフとは





ナゴルノ・カラバフ





2017120901_ナゴルノ・カラバフ
ナゴルノ・カラバフ

アルツァフ共和国は、南カフカースのナゴルノ・カラバフに位置する事実上独立した国家。旧称であるナゴルノ・カラバフ共和国としても有名である。西でアルメニア、北と東でアゼルバイジャン、南でイランと国境を接する。

アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国領であったナゴルノ・カラバフ自治州一帯が、ナゴルノ・カラバフ戦争とソ連崩壊に際して独立宣言を行ったことにより成立した。しかし、その実態としてはアルメニアの保護国の様相が色濃く、他国からの国家承認もほとんど受けられていない状態にある。一例として、日本外務省では「アルメニアによる占領地域」として扱われている。

ナゴルノ・カラバフ戦争が激化しつつあり、そしてアゼルバイジャンがソビエト連邦から独立を宣言した1991年8月30日の3日後である同年9月2日、アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国領であったナゴルノ・カラバフ自治州および自治州の北部に隣接するシャウミャン地区が合同する形で、「ナゴルノ・カラバフ共和国」の独立を宣言した。ナゴルノ・カラバフ共和国側は、この独立宣言をソ連憲法や世界人権宣言、国連憲章などに則ったものと主張している。これに対しアゼルバイジャン側は11月26日に自治州を廃止したが、12月10日に実施された住民投票では99.89パーセントの賛成多数で独立宣言が受け入れられた(ただし、共和国のアゼルバイジャン人人口は投票をボイコットしている)。

独立宣言後、続く戦争の中でアルメニア人側がさらに旧自治州外まで勢力を拡大したことにより、ナゴルノ・カラバフ共和国はアルメニアと地続きになった。その反面、アルメニア人占領地域から追放されたアゼルバイジャン人は、アゼルバイジャン各地で国内避難民としてキャンプ暮らしを強いられている。





と、Wikipediaより抜粋。




首都はステパナケルト。

通貨の単位はアルメニア・ドラム。1ドラム=0.25円ぐらい。以下Dと表記。

民族は95%がアルメニア人。

言語はアルメニア語。ロシア語も通じる。

宗教はおおむねキリスト教のアルメニア正教会。




だそうです。




大多数の国が発行している地図的にはアゼルバイジャンの一部の地域ですが、アゼルバイジャンと紛争中の隣国アルメニアの支援によって事実上独立している国。

いわゆる『未承認国家』です。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

それでは本編をどうぞ↓











はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日(12月9日)はぼくの誕生日です。よろしくお願いします。




というわけで、記念すべき32回目の誕生日に人生初の『未承認国家』なるものに足を踏み入れたいと思います。

目指すのは『未承認国家』ナゴルノ・カラバフの首都ステパナケルト。


2017120903_エレバン→ステパナケルト
エレバン→ステパナケルト

エレバンから直通のマルシュが出ているということなので、今日はそいつで移動していきます。











2017120904_エレバンのキリキアバスターミナル
エレバンのキリキアバスターミナル

エレバン郊外のキリキアバスターミナル。先日エチミアジンに行く時にも来た所です。

チケット前売り制で、建物内のチケット売り場で購入します。5,000D(1,300円ぐらい)。


ナゴルノ・カラバフの入国にはビザが必要なのですが、このビザの取得方法は2通り。

1.事前にビザを取得していく方法。

 エレバン市内にナゴルノ・カラバフの外務省があります。そこで取得できます。

2.着いてから取得する方法。

 ステパナケルト市内にある外務省で取得できます。


エレバン滞在中はビザを取得する時間が無かったため今回は現地で取得する方針なのですが、(かなさんが)いろいろ調べたところによると「現地で取得するのならエレバンを朝早く出たほうがいい」という情報があったので、今日は早起きして9時発のマルシュに乗り込みました。






エレバン→ステパナケルト

途中、国境で外国人のわれわれだけパスポートを回収されました。

国境といってもイミグレやカスタムがあるわけでは無いんですけどね。ただ小さな交番みたいなのがあるだけ。

そこでしばらく待たされて、結局「ステパナケルトに着いたらすぐビザを取りに行くように」と言われ外務省の住所が書かれたメモをもらっただけ。中国の検問の方がよっぽどセキュリティレベル高いです。

ナゴルノ・カラバフはアルメニアとアゼルバイジャン、イランに国境を接していますが、国境が開いているのはアルメニアとの国境だけ。ナゴルノ・カラバフも住民はアルメニア人だし国としての体を保つよう支援しているのもアルメニアだしで、結局アルメニアとの国境なんてあってないようなもの。『未承認国家』というよりは『事実上アルメニアの一部』と言った方が正しい表現だと思います。











2017120902_ナゴルノ・カラバフ
ナゴルノ・カラバフ

はい。というわけでナゴルノ・カラバフ編です。ちなみに正式な国名は「アルツァフ」ですが、「ナゴルノ・カラバフ」の方が通りが良さそうなのでそのままいきます。

「今までと地図が違う」と気づかれた方はきっとこのブログマニアですね。ええ。今まで地図を作っていたタブレットを失くしましてね。まぁこの話はそのうちブログでも書きます。1ヶ月後ぐらいに。












はい到着しましたステパナケルト。

だいたい6時間ぐらいです。そしておおむね寝ていました。けっこうな山道だったんでね。寝てなかったら酔ってたと思う。



外務省の場所も分かっているし、宿の目星もつけてあります。どちらもバスターミナルから徒歩圏内。

なので、マルシュを降りたところにわらわらと群がってくるゲストハウスやタクシーの客引きは華麗にスルー。。。したいところだったのですが、こっちのタクシー運転手はかなりアグレッシブで、視界の外から急に出現したと思ったら両手を鷲掴みにして「タクシー?」と聞いてきます。仮にタクシーが必要な状況だったとして、このじじいの車には絶対乗りたくないと思わせる強引な客引きです。ウザし。


と、そこへ声をかけてきたのが英語を話すおばちゃん。ピンク色のダウンジャケットが目立ちます。




ピンクおばちゃん「大丈夫?助けが必要?」


だばで「あ、大丈夫です」


ピ「本当に?私はここのバスターミナルで働いているのよ。怪しいものじゃないわ。大丈夫?助けが必要?必要でしょ?どこに行くの?これからどこに行くの?この辺にいるタクシーには絶対乗っちゃダメよ。ほらどこに行きたいの?私が助けてあげるわ。大丈夫。怪しいものじゃないから。Googleで検索してみてごらんなさい。私のことが書いてあるから。本当よ。で?これからどこに行くの?」





すげぇぐいぐい来る…。




自分で自分のことを「怪しくない」という人間ほど怪しいし、かなり胡散臭い感出ていたのですが、おばちゃんの押しに負けて案内をしてもらうことに。




2017120905_バスターミナル近くの両替所
両替所

バスターミナル近くの両替所に連れてきてもらい、、、

(これ知らなかったら見つからなかった。両替できるのはドルやルーブルなど主要通貨のみ。ジョージア・ラリは両替できなかった。)



2017120906_バスターミナル内の軽食屋
バスターミナル内の軽食屋

安くて美味い、とオススメの軽食屋を紹介してもらい、、、


2017120907_チヂミのようなもの
草の入ったチヂミみたいなもの

(というかこの草の入ったチヂミみたいなの美味い。味はチヂミ。チヂミみたいなのっていうかチヂミ。)



外務省まで付いてきてもらい、、、

(担当者不在だったが、警備員とやりとりしてもらって今日の18時に再訪すればビザを取得できるよう取り計らってくれた。)



彼女のオススメだという宿まで連れてきてもらいました。

(結局その宿が(かなさんが)目星をつけていた宿だったという。)





ほんとにええ人やったわ。





ただ、街を案内してくれている間も「わたしは政府からお金をもらって案内しているのよ。だから大丈夫。あなたたちにお金をくれとか言ったりしないわ。それでももし何かくれるというのなら日本の小物なんかくれる人もいるわ。お土産よ。でも本当に大丈夫よ。怪しいものじゃないわ」と怪しくないアピールを続けていて、それが逆に怪しさ満点なんだけどな、と思ったりしました。











今日は移動日ですし、外務省でビザをもらったらもう19時とかになっていたので特にやることも無いのですが、せっかく誕生日なのでちょっとおされなレストランで外食することにしました。



2017120908_誕生日パーティ
おさレストラン

うまし。

店内もおされでスタッフの対応もよくていいお店でした。

あと何故か日本茶も置いてあって、何故かスタッフが日本語を話してました。挨拶程度ですが。


2017120909_誕生日ケーキ
バースデーケーキ

さらにケーキまで。

なにこれめちゃうまなんですけど。



32歳にもなって誕生日に一喜一憂するわけでも無いのですが、単純に人に祝ってもらうというのはありがたいし嬉しいですね。



2017120910_おされレストラン
おさレストランとかなさん

かなさん今日はどうもありがとう。




逆光で見えないけど(笑)。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました。



   
   

[ 2018.01.10 | ナゴルノ・カラバフ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

最近文章が荒んでいるのはリアルタイムの心境があまりよろしくないからだと思う

【733日目】ステパナケルト(2017年12月10日のおはなし)




ステパナケルトとは





ステパナケルト




ステパナケルト(アルメニア語)、またはハンケンディ(アゼルバイジャン語)は、国際的にはアゼルバイジャンの領土とされていながら、事実上、同国から独立しているアルツァフ共和国(旧称ナゴルノ・カラバフ共和国)の首都である。町には5万人程度のアルメニア人が居住しており、他方でアゼルバイジャン人の住民は、ナゴルノ・カラバフ戦争の時に全て町を脱出している。




と、Wikipediaより抜粋。




ナゴルノ・カラバフ戦争の際にフルボッコになったそうなのですが、昨日街なかを歩いている感じでは少なくとも中心部においてはすっかり立ち直っているようです。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

それでは本編をどうぞ↓











はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。




ナゴルノ・カラバフの首都ステパナケルトですが、まぁ別に特別な見どころとかありません。

あ、旅行者に有名なモアイの出来損ない(F氏談)みたいなモニュメントがありますけど。それぐらいです。

なので、今日はステパナケルト近郊の街「シューシ」に行ってみようと思います。

この「シューシ(アゼルバイジャン語ではシューシャ)」ですが、アルメニア人が大多数だったナゴルノ・カラバフ自治州時代に例外的にアゼル人が多く住んでいた街で、そのためナゴルノ・カラバフ戦争ではアゼルバイジャン勢力の拠点となったそう。ここに砲台を築き、ステパナケルトめがけてぼこぼこミサイルを打ったんだとか。

最終的にアルメニア勢力が勝ったので、シューシに住んでいたアゼルバイジャン人はみな街を離れ、戦争で被害を受けた建物が今も残っているらしい。












というわけで、ステパナケルトのバスターミナルからシューシ行きのマルシュに乗ってシューシへ向かいます。



ステパナケルト→シューシ

たいした距離ではないですが、なかなかの山道を走っていくので小一時間ぐらいかかりました。




2017121001_カテドラル
カテドラル

バスに乗っていると車窓に大きなカテドラルが見えたのでそこで降りました。

地図によるとなんか難しい名前(St. Ghazanchetsots)のカテドラルです。なんて読むのか分かりません。

とりあえずお腹がすいたので、敷地内のベンチに座ってバスに乗る前に買っておいたチヂミやカツレツ(という名のミンチカツ)をうきうきピクニック気分で頬張ります。


2017121002_カテドラル
カテドラル内部

そうこうしているうちに教会からたくさんの人が出てきました。

どうもミサをやっていて、それが終わったっぽいです。そういえば今日日曜日でした。

うきうきピクニックしてなければ見られたかもしれませんね。まぁ結果論なので別にいいんですが。



2017121003_教会
教会

こちらは別の教会。

さっきのもそうですが、どちらの教会も新しいですね。

シューシはもともとアゼル人が住んでいた地域なので教会は無かったんじゃないでしょうか。アゼル人イスラム教徒ですし。たぶん戦争後にアルメニア人が入ってきてから造られたんじゃないかしら。


2017121004_教会内部
教会内部

教会の内部。神父さんが掃除機をかけていました。



教会を見た後は、シューシの街なかをうろうろします。

街中には戦争時に廃墟となった建物がいたるところに存在しており、ステパナケルトと違って復興の進捗が随分遅いことが分かります。


2017121005_廃墟

2017121006_廃墟

2017121007_廃墟

2017121008_廃墟

2017121009_廃墟
廃墟

もともと住んでいたアゼル人達はアゼルバイジャンに逃れ、難民として厳しい暮らしを強いられているらしい。

もとはきちんと住み分けて両民族共存していたはずなんですけどね。なんでこんなことになるのか。



資本主義もたいがいですが、主権国家主義もそろそろ厳しいんじゃないかと思いますよ。

それがあるから国境を定めないといけないわけでしょ。

そうすると国境のあっちとこっちで多数派、少数派が生まれ、こうやって戦争しだすわけでしょ。こないだのトルコのアルメニア人虐殺もそうですしね。

国境とかジャマなだけじゃね?って感じですよね。


で、今欧米先進国は「ポピュリズム」を毛嫌いして、移民を受け入れていますね。サッカーのフランス代表とかアフリカ系の選手多いですし。一時K-1が流行っていた頃オランダの選手がたくさんいましたがみんなアフリカ系でしたしね。

それそもそも国境とか要らなくね?って話じゃないですか?


民族主義に傾倒する。→戦争になる。→国境いらん。


移民受け入れる。→民族入り乱れる。→国境いらん。





国境をひく意味とは?要る?あれ。




さらにここナゴルノ・カラバフみたいな「後発組」国家が独立できないでしょ。

なぜならそれを承認してしまったら、自国内の独立希望派の独立を認めざるを得なくなるからですよ。ただの既得権ですよ。後発で金のないマイノリティは黙ってろってことですよ。ひどい話ですよコレは。




やってることの是非はともかく、中国とかインドとかEUとか、多民族他宗教多言語を包括する、そういう枠組みが必要なんじゃないかと思うんですよ。まぁUSAみたいな感じでもいいんですけど。

特にこの辺みたいな、昔から民族入り乱れていてどこの土地が誰のものかはっきりしないような土地はね。

日本とか朝鮮半島みたいに、民族も言語も文化も風習も歴史もオリジナリティがあって独自性が認められる国までいっしょくたにする必要はないと思いますけど。





はいどうでもいい話でした。





2017121010_モスク跡
モスク跡

アゼル人が住んでいた頃のものと思われるモスクがありました。


2017121011_モスク跡

2017121012_モスク跡
モスク跡

中はすっかりぶち壊されています。

人の信仰しているものをぶち壊す時ってどういう心境なんでしょうね。ぼくみたいに信仰心の無い人間なら、ただ古い建物をぶっ壊しているだけ(個人的に最悪の行為だと思うが)なんですけど、仮にもアルメニア正教を信仰する信仰心のある人がこれをやるわけでしょ。

他宗教相手だから何やってもいいと思ってんなら、その宗教、信仰に値しないですね。


2017121013_モスク跡
ミナレットから

ミナレットに登れそうだったので登ってみました。


2017121014_モスク跡
ミナレットから

とても眺めがいいのですが、足元は手すりどころか段差すら無いので軽く落ちれます。こういうとこ怖いです。

高所恐怖症とは違うと思うんですけどね。よく高い建物にある下丸見えのガラス床とかは全く平気なので。





2017121015_シューシ

2017121016_シューシ
ビューポイント

その後は、地図にあったビューポイントなんかに足を延ばしながら。



2017121017_シューシ
シューシのバス停

バス停に来ました。

このあたりの建物はちゃんとしてますね。戦争後に建てたのかも。











再びバスに乗りステパナケルトに帰ってきました。

実は日程の都合で、明日にはナゴルノ・カラバフからアルメニアに戻らなくてはいけません。

なので、いちおう例のモアイの出来損ないを見に行くことにします。いちおうね。定番だから。


昨日あったおばちゃんから「モニュメントは歩いて行けるから。絶対タクシーなんかに乗ったらダメよ」と忠告を受けていたので徒歩で向かいます。実際ステパナケルトのバスターミナルからそう遠くはありません。





2017121018_We are our mountains
We are our mountains(我らの山)

あ、見えましたね。We are our mountainsという名前のモニュメント。日本語では「我らの山」と訳されたりしています。昨日会ったおばちゃんは「Our gurand-father and gurand- mother」と呼んでいました。

というか意外とちっちぇえなコレ。


2017121019_We are our mountains
We are our mountains(我らの山)

はい見た。見たよ。はい。それ以外言いようがない。それぐらいなんてことない。

現地人かもしくはアルメニア人と思われるリア充が自撮りに精を出していたのがウザかったという感想しかない。

トルクメニスタンのそこらのロータリーにあるなんでもないモニュメントの方がよっぽど立派に見える。





2017121020_洗濯物
洗濯物

ステパナケルトの団地には、建物と建物の間にロープを張って洗濯物を干している風景があちこちで見られます。

こうやって洗濯物を干せる日常が世界中に訪れるといいで…あ、昨日のおばちゃんだ。


バスターミナルに明日のアルメニア行きのマルシュの時間を調べに来たら、昨日のおばちゃんに発見されました。

晩ごはんを食べに行くところだと言うと、なぜか付いてきて飲み物をたかられました。





なんなんだこのおばちゃん。。。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました。



   
   

[ 2018.01.11 | ナゴルノ・カラバフ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム