ヨーロッパでの両替の暗黙の了解的なものを体感した話

【819日目】リラ→スコピエ(2018年3月6日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日は、リラ修道院を離れ次の街へ向かおうと思います。

今日の目的地は隣国マケドニア。

ただどうやって行くかは決めてません。


2018030601_ブルガリア→マケドニア
ブルガリア→マケドニア国境

地図を見る限り、ブルガリアとマケドニアの間には3本の国境がありそう。

最もポピュラーなのは1番上の国境で、ここはブルガリアのソフィアとマケドニアのスコピエという首都間を繋ぐ国境。ソフィア発スコピエ着のバスも出ているということなので、ここが最も無難。

なのですが、ぼくからすると、このルートは一度ソフィアに戻る必要があるのであまり気が進まないのですよねー。



リラ修道院から出るには、ソフィア行きの直通バスに乗らない限り、必ず一度ブラゴエフグラドという街を通ります。

そのブラゴエフグラドという街が、地図によると真ん中の国境に最も近い大きめの街。

というわけで、今日はとりあえずブラゴエフグラドまで行き、そこで国境を越えられるかどうか調査。

越えられるのならそのまま国境を越え、

2018030611_リラ→グラゴエフグラド→スコピエ
リラ→ブラゴエフグラド→スコピエ


越えられないのなら、気は進みませんがソフィアまで戻りスコピエへのバスに乗る方向で行こうと思います。

2018030602_リラ→グラゴエフグラド→ソフィア→スコピエ
リラ→ブラゴエフグラド→ソフィア→スコピエ











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



■■■ちょっとCM■■■

ホテル予約サイトのBooking.comがキャンペーンをやっています。
4,000円以上の宿泊予約(数名分、連泊なども可)を下記リンクから行っていただくと、ぼくと予約してくださった方の両方に1,800円ずつがキャッシュバックされます。
こういうのをやるブログじゃないんですが、よく考えたら誰も損しないので貼ってみました。是非ご活用ください。


Booking.com











2018030603_リラ
リラ修道院

はい。今日も朝から空真っ白です。リラ修道院。

なんつーか、、、ブルガリアずっと曇ってたな。


2018030604_リラのバス時刻表
リラ修道院のバスの時刻表

リラ修道院の宿泊受付の入口近くに、リラ修道院発着のバス時刻表が貼ってあります。

リラ修道院に宿泊してからソフィアに戻りたい人は、このドゥプニチャ(Dupnica)までとりあえず行って、そっからソフィアに戻るといいですかね。朝9時発です。

ぼくはとりあえずブラゴエフグラドに行きたいので、まずリラへ。そこからブラゴエフグラド行きのバスに乗り換えたいと思います。

まぁ後から考えたら、このドゥプニチャ行きのバスがブラゴエフグラド通ったような気もしますけど。


2018030605_リラ村行きミニバス
リラ村行きのミニバス

予定通り9時に発車したミニバス。

最初乗っていたのはぼく1人でした。





2018030606_リラ村のバスターミナル
リラ村

リラ村に到着。だいたい30分。


2018030607_リラ村
リラ村

ここがリラ修道院の最寄りの集落なのですが、最寄りの村から車で30分かかるとかなかなかの秘境具合ですね。いまさらですけど。


2018030608_リラ村のバス時刻表
リラ村のバス時刻表

リラ村のバス時刻表を確認。

ブラゴエフグラド行きのバスは頻発しているようですね。1番上のです。直近だと10時発ですかね。

どうでもいいけど、この「このバス停を出る時間」とそれ以外の一つ、まぁ未だに何なのか分かんないんだけど、これ併記するのやめて欲しいですね。何なのか分かんないんだもん。





2018030609_グラゴエフグラドのバスターミナル
ブラゴエフグラドのバスターミナル

ブラゴエフグラドのバスターミナル到着。

リラ村を10時に出て10時半着です。


さて。ここからマケドニアに行けるのかな、、、?


2018030610_グラゴエフグラドのバス時刻表
ブラゴエフグラドのバス時刻表

んー。それっぽい目的地の表示は無いですねぇ。

国境近くの村まで行ってくれれば後はなんとかなると思うんですが、それっぽいものも無いですね。

そこに村がある以上、そこに行くための何かしらの交通手段は必ずあるはずで、それ頑張って探したら見つかると思うんですが、、、。




めんどくさい。




頑張らないといけない、という時点でめんどくさい。

頑張りたくない。

頑張らずに行けるなら行くけど頑張らないと行けないなら行きたくない。





というわけで、ソフィア行き決定。

2018030612_ソフィア行きバス
ソフィア行きバス

11時10分発のミニバスでソフィアへ。

ブルガリアのバスはだいたい車内で運転手さんからチケットを買うのですが、ここはバスターミナル内の窓口で買わないとダメだと言われました。











2018030613_ソフィアのバスターミナル
ソフィアのバスターミナル

1時間半程度でソフィアのバスターミナルへ到着。

道路がけっこう良かったです。スイスイ走ってました。やっぱりソフィアから伸びている幹線道路はちゃんとしてます。


では早速スコピエ行きのバスを手配しましょう。

バスターミナル内のインフォでスコピエ行きのバスを扱っている窓口を確認し、そこで購入。

17時半発でだいたい5時間。料金は32L(2,000円ぐらい)とのこと。

いちおう夜発のものもあったのですが、5時間っつーと夜行バスで行くには短すぎる。何より国際バスを夜行で行ってしまうと、間違いなく夜中に起こされるのです。イミグレで。あれほんと嫌。

というわけで17時半発のチケットを購入し、バスターミナル内でだらだら時間を潰すことにしました。バスターミナル内はフリーWi-Fiも飛んでいてとても快適。

ただ、余ったブルガリア・レフをマケドニアの通貨に両替しようとしたら「取り扱ってない」と言われました。隣国なのに。意味分からん。





2018030614_スコピエ行きミニバス
スコピエ行きミニバス

こちらがスコピエ行きのミニバス。

大型バスじゃないんですね。

利用者がそう多くないのでしょうが、このミニバス自体は満員で発車しました。





ブルガリア出国のイミグレでは、係員が乗ってきて全員のID、パスポートを回収。

しばらく待っていると勝手に帰ってきます。イージー。



マケドニア入国のイミグレでは、係員が乗ってきて全員のID、パスポートを回収。

しばらく待っていると勝手に帰ってきます。イージー。











2018030615_マケドニア
マケドニア

というわけで52カ国目、マケドニア編始まりです。


マケドニア

首都はスコピエ。

通貨の単位はデナール。1デナール=2円ぐらい。以下Dと表記。

民族は64%がマケドニア人。

言語はマケドニア語。ブルガリア語とそっくりらしい。

宗教は正教会。旧ユーゴからの独立国という経緯上、マケドニア正教会とセルビア正教会から独立した正統オフリド大主教区というのが対立しているらしい。

【重要】ブルガリアからの時差マイナス1時間。



日本を含む他国において、マケドニアの正式な国名は「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」。

そもそもマケドニアというのはバルカン半島南部の地域名で、現在の国でいうとギリシャ、ブルガリア、マケドニアの3カ国に別れている。

アレクサンダー大王で有名な「マケドニア」という地名はテメェだけのもんじゃねぇぞこの野郎、というかそもそも何だ「マケドニア人」とか「マケドニア語」って。そんなもん認めねぇぞハゲ!

というのがギリシャとブルガリアの主張。

確かに歴史的に見ても「マケドニア人」「マケドニア語」というのはユーゴスラビア時代に発生した、ぽっと出の民族意識であるのは否めない。

ので、今特にギリシャとモメていて、こないだ「もしかしたら国名改名するかも(だってこのままだとギリシャさんの圧力でEUとかNATOとか入れないし)」というニュースが出ていた。













2018030616_スコピエのバスターミナル
スコピエのバスターミナル

だいたい5時間でスコピエのバスターミナルに到着。

ただ時差があるので、こっちの時間だとまだ9時過ぎ。

さっきソフィアのバスターミナルでだらだらしている最中に、バスターミナル近くの安宿を予約しておきました。

こんな時間から現地で宿を探すとか無理ゲーにも程がありますのでね。

今日はその宿にたどり着けばおしまい。



と、その前に、余らせてしまったブルガリア・レフを両替しておきましょうか。

今のままだと宿代も払えないですしね。

ちょうどバスターミナルの中に両替所もありましたし。

そして両替所の場所を聞いたコンビニのおばちゃんも、両替所のおばちゃんもみんな英語話しますね。もしかしてマケドニアは英語通用度の高い国なのでしょうか?





ブルガリア・レフからマケドニア・デナールへの両替、正規レートから2割引きでした。





2割て。2割りてあんた。

1,000円両替したら800円になってまういうことやでそれ。



あぁマイナー通貨からマイナー通貨への両替の世知辛さよ。



今度から絶対ユーロを間でワンクッションさせたるからな。ちくしょう。











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



フトコロへの応援クリックをお願いします↓

Booking.com



今日もありがとうございました。




   
   

[ 2018.05.06 | マケドニア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ぼくのスタンドの能力は「出かけようとすると雨を降らせること」です

【820日目】スコピエ→オフリド(2018年3月7日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日は、マケドニア唯一の世界遺産がある街「オフリド」へと移動しようと思います。

2018030701_スコピエ→オフリド
スコピエ→オフリド

スコピエ、昨日の夜着でまったく見てないけど、まぁどうせ戻ってくるからそん時でいいか。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



■■■ちょっとCM■■■

ホテル予約サイトのBooking.comがキャンペーンをやっています。
4,000円以上の宿泊予約(数名分、連泊なども可)を下記リンクから行っていただくと、ぼくと予約してくださった方の両方に1,800円ずつがキャッシュバックされます。
こういうのをやるブログじゃないんですが、よく考えたら誰も損しないので貼ってみました。是非ご活用ください。


Booking.com











2018030702_ホステル・ヴァレンティン2
ホステル・ヴァレンティン2

これが宿泊していたホステル・ヴァレンティン2。

こういうマンションの1室系の宿は本当にどこが部屋なのか分からないので困ります。

ただ駅にもバスターミナルにも近いし値段も良心的だしキッチンあるしオーナーのヴァレンティンさんもいい人だしでオススメの宿ではあります。日本人の利用者も多いようです。

2018030703_ホステル・ヴァレンティン2
ホステル・ヴァレンティン2の情報ボード

各地行きのバスや電車の時刻および料金も貼ってありますし。

こういう情報って意外と無くて、そして思ったより重宝するのでありがたいです。


まぁオフリド行きのバスは1時間に1本以上のペースで出ているようなので、特に気にせずバスターミナル行きますけども。





2018030704_スコピエ
スコピエ

宿から出たとこ。

なんか今日は晴れそうな雰囲気じゃないですか。いいですね。

去年の年末ぐらいから雨の方が多い気がするんですよね。これがヨーロッパの冬だということでしょうか。











スコピエのバスターミナルは、窓口で事前にチケットを購入するスタイル。

プラットフォームに出る出入り口でチケットの有無を確認されます。

というか、インフォのおばちゃんもチケット売り場のおばちゃんもチケット有無を確認するおじちゃんも、なんだったらバスの運転手さんも全員英語を話すんですが。マケドニア、英語通用度高いですねー。





2018030705_スコピエ→オフリド

2018030706_スコピエ→オフリド
スコピエ→オフリド

車窓からはちょいちょいモスクなんかも見えます。いちおう正教会の信者の方が多いらしいんですけどね。まぁモスクって教会より目立つからな。











2018030707_オフリド
オフリド

はいオフリド到着。

バスターミナルではなく、このバスを運行している会社のオフィス前で降ろされました。

だいたい3時間。450D(900円ぐらい)。

バスも大型バスじゃなくてミニバスだったので、あんまり安くはないですね。





まぁ今日は晴れ間も見えていますし、宿にチェックインしたら少しお散歩しましょう。


宿にたどり着きましてー。


ウェルカムドリンクでコーヒーなどいただきましてー。


チェックインの手続きを済ませましてー。


宿のスタッフとほのぼの談笑など行いましてー。


さーてお散歩行きましょうかねー。











…ざー。











ですよねー。











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



フトコロへの応援クリックをお願いします↓

Booking.com



今日もありがとうございました。




   
   

[ 2018.05.07 | マケドニア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

世界遺産の「オフリド地域の自然・文化遺産」に行ってきた

【821日目】オフリド(2018年3月8日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はマケドニア唯一の世界遺産であるオフリドの旧市街をちょろちょろしようと思います。



オフリド地域の自然・文化遺産

オフリド地域の自然・文化遺産は、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国のオフリド市にあるUNESCOの世界遺産リスト登録物件である。世界最古の湖とも言われる清澄なオフリド湖の美しい景観、そしてそれと調和して発達してきた都市オフリドに残るキリスト教建築物やイコンなどが評価されたものである。1979年に自然遺産として登録され、翌年、ヨーロッパでは初めてとなる複合遺産として拡大登録された。

引用元:Wikipedia





このオフリドが面している湖をオフリド湖というのですが、世界でも最古級の湖らしく、その美しさはもとよりそこに存在する生態系の固有性が評価されての世界遺産登録。当時は自然遺産としてだったそうですね。

そこに、その湖と調和して発展してきたオフリドに残る文化遺産も素晴らしいということで、複合遺産として拡大されたという経緯。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村











2018030801_オフリド旧市街
オフリド旧市街

世界遺産に登録されているのは、オフリドの市街地の南西にある小高い丘の周辺。


2018030803_オフリド旧市街
オフリド旧市街からの眺め

旧市街の入口である城門からの眺め。

屋根材や色、建物の高さが揃っていて綺麗な街ですね。





2018030804_サムイル要塞

2018030808_サムイル要塞
サムイル要塞

丘の頂上に要塞跡が残っています。

こっちからの方が眺めが良さそうなので、入場料60D(120円ぐらい)を払って入ります。安い。


2018030805_サムイル要塞

2018030806_サムイル要塞

2018030807_サムイル要塞
サムイル要塞からの眺め

おお悪くない。悪くないですよ。

今日ちょっとお天気心配してたんですけど、うまいこと晴れ間がのぞいてくれましたね。

この大日本帝国軍の旭日旗に似ていると噂のマケドニア国旗がバカでかいです。

海外だとけっこう色んなところに国旗が掲揚されているのですが、日本ってあまり見ませんよね。どういう理由なんでしょうね。嫌いなんですかね。日の丸。


この要塞は頂上に建っているので、もちろん市街地側だけでなく


2018030809_サムイル要塞

2018030811_オフリド湖

2018030812_オフリド湖
要塞からのオフリド湖

オフリド湖もバッチリ見えます。

噂には聞いていたのですが、本当に青くて綺麗な湖です。個人的にはチチカカ湖には及びませんがね。


ちょっと要塞から下って湖畔の方へ出てみましょう。


2018030810_サムイル要塞
オフリド湖

おお。きれいきれい。ただ風が強いですね今日は。

ちなみに対岸に見えているのは隣国アルバニアです。オフリドからもアルバニアに入れるらしいですよ。ぼくは今回はスルーしますけど。



2018030813_オフリド湖
オフリド湖

意外と険しい地形の湖岸。さっき上から見ていた分にはボート乗り場なんかも見えたんですが、地形のバラエティも豊富ということですね。

この要塞から湖畔にかけてはたくさんの遊歩道が整備されていて、風さえ強くなければとても気持ちよいお散歩を楽しめると思います。風が強くなければ。


2018030814_街灯

2018030815_街灯
街灯

その遊歩道沿いに設置されている街灯の形が可愛らしい。

たぶんこの地域の伝統的民家を形どっているのだと思います。

まぁこういう上階が下階からはみ出す形状の民家は、トルコ含め旧オスマン帝国領では良く見るんですけどね。

どうでもいいけどこの街灯が強風に煽られてぐわんぐわんなってて、どっか飛んでいかないか心配でした。



2018030816_ヨヴァン・カネオ聖堂
ヨヴァン・カネオ聖堂

しばらく歩いていると、湖を望む絶好の立地に建つ教会を発見しました。ヨヴァン・カネオ聖堂というそうです。


2018030818_ヨヴァン・カネオ聖堂

2018030817_ヨヴァン・カネオ聖堂
ヨヴァン・カネオ聖堂

入場料の100D(220円ぐらい)をケチって入らなかったのですが、ここはもうこの秀逸な立地を楽しむだけでも十分でしょう。





2018030819_わんこ
わんこ(ピント合わなかった)





2018030820_クリメント聖堂
クリメント聖堂

またちょっと要塞の方に戻ってやって来たのはクリメント聖堂。

ここにも入場料がかかるのですが、チケットオフィスで「きみ学生か?学生だろ?いいよ学生料金で」と強引に学生扱いされました。東洋人は若く見えるとは言え、さすがに大学生には見えないと思うんですけども。


2018030821_クリメント聖堂

2018030822_クリメント聖堂

2018030823_クリメント聖堂
クリメント聖堂

大きさだけで言えばオフリド旧市街にある教会の中では1番大きいんじゃないかと思います。

内部は写真撮影禁止だったので撮っていませんが、一般的な教会とは違うちょっと独特な平面プランだったので面白かったです。内部の古めかしさの割に外観がきれいなのは、もしかして修復でもしたんじゃないかと思われます。

確かにこの教会の周囲は絶賛工事中であちこち掘り返していました。



2018030824_オフリド旧市街

2018030827_オフリド旧市街
オフリド旧市街

やっぱりこういう坂道のある街はいいですね。歩いていると視線が変わっていろいろな表情が見られる。


2018030828_オフリド旧市街

2018030826_オフリド旧市街

2018030829_オフリド旧市街
オフリド旧市街

天気がちょっと微妙なんですけどね。

雨がぱらついたり、降ったと思ったら急に晴れたり。風が強いから雨雲も翻弄されているのでしょうか。


2018030825_オフリド旧市街
オフリド旧市街

あぁほら。晴れた。

そういえばこれ、上階が下階よりはみ出している感がよく分かる街並みですね。





2018030830_オフリド旧市街
オフリド湖

いくつかの教会を巡りながら(どこも内部写真撮影禁止だったので割愛)街を歩き、最終的に旧市街で1番栄えていそうな湖畔のビーチエリアにたどり着きました。


2018030831_オフリド旧市街の繁華街
旧市街の繁華街

たぶんここがこの街で1番人が集まるポイントっぽい。

新市街よりもオシャレなお店とかブティックとかが揃っています。



2018030832_マケドニアの伝統料理
マケドニアの伝統料理(店員の兄ちゃん談)

この脇にあったレストランで、店員の兄ちゃんオススメのマケドニア伝統料理なるもの(料理名は忘れた)をいただきました。

ほろほろになるまで煮込まれた鶏肉とキノコ、タマネギにたっぷりチーズをかけてグリルしたお料理。ちょっと高かったけど惜しくない美味しさでした。





雰囲気のいい街を散歩して、シメに美味しい郷土料理をいただく。











どこの観光客だよ。











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



今日もありがとうございました。




   
   

[ 2018.05.08 | マケドニア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム