「なにもない」と噂の2都市を巡る

【883日目】ヤシ→キシナウ(2018年6月10日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





本日は、現在滞在中の「なにもない」と噂のヤシの街なかを観光。

そこから隣国モルドヴァに向かい、同じく「なにもない」と噂のモルドヴァの首都キシナウの観光をしていきます。


2018061001_ヤシ→キシナウ
ヤシ→キシナウ

今日は豪華二本立てですね。良かったですね。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
















2018061002_ヤシ大聖堂
ヤシ大聖堂

ヤシの観光はこちらのカテドラル・メトロポリターナから。

今日はどうやら日曜日でミサが行われているらしく、たくさんの人が訪れていました。というか訪れすぎて中に入りきれず、周囲の木陰や日陰にも信者の方々が溢れ、聖堂の外にも放送されている司教さんのお話に耳を傾けていました。

まぁそういうガチで宗教儀礼やられているところでは写真を撮るのがはばかられるのでここの写真はこれだけです。中なんか入りようがない。ドアの前に信者さんが列をなしているというのに。

一番気になったのは、信者さんの祈りのポーズが合掌だったってことですね。東方正教は合掌するんだったか?



2018061003_シュテファン・チェル・マーレ通り
シュテファン・チェル・マーレ通り

大聖堂の裏を通る目抜き通り「シュテファン・チェル・マーレ通り」。

幅員の広い道路がまるっと歩行者天国になっており、道路の両脇に土産物屋が軒を連ねています。


2018061004_ヤシ大聖堂
大聖堂

2018061005_三聖人教会
三聖人教会

大聖堂や三聖人教会などの教会も通り沿いにいくつか。


2018061006_三聖人教会
三聖人教会

この三聖人教会は外壁がびっしりと細かい模様で装飾されていてなんだか美味しそうです。



2018061007_文化宮殿
文化宮殿

このシュテファン・チェル・マーレ通りの突き当たりにあるのが、この文化宮殿。


2018061008_シュテファン大公像
シュテファン大公像

17世紀に建てられた大公皇太子邸を博物館にしている建物だそう。

このあたりは昔モルドヴァ公国って国があって、そこの大公の息子さん家ってことですね。息子の家がこの大きさってお父さん子煩悩すぎやしませんかね。


現在、内部には4つの博物館やら美術館が入っていて、入場料は2つが16L(430円ぐらい)で2つが12L(320円ぐらい)。4つ全部入りたい人は共通券が40L(1,100円ぐらい)。

4つとも別に入りたくないぼくのような人は、


2018061009_文化宮殿

2018061010_文化宮殿

2018061011_文化宮殿

2018061012_文化宮殿

2018061013_文化宮殿

2018061014_文化宮殿

2018061015_文化宮殿

2018061016_文化宮殿

2018061017_文化宮殿

2018061018_文化宮殿

2018061019_文化宮殿
文化宮殿

文化宮殿の入口ホールや2階にある豪華なお部屋2つなど、無料で入れる部分だけ見て帰ると良いですよ。


ちなみにこの建物、戦時中は軍隊(どっちのかは忘れたけど)が居座っていてかなり荒れていたみたいですね。戦後頑張って修復して今の状態まで回復させたらしい。よろしくないですね。戦争は。




2018061020_ショッピングモール
ショッピングモール

文化宮殿の真裏にはかなり規模の大きいショッピングモールがあります。


2018061021_ショッピングモール

2018061022_ショッピングモール
ショッピングモール

ショッピングモールとさっきの文化宮殿の間に噴水などがある庭を整備し、文化宮殿を借景してしまっている大胆なショッピングモール。同じく窓から文化宮殿が見えるというフードコートでお昼ご飯をいただいて、次の街へ向かうことにいたしましょう。





2018061023_ヤシのバスターミナル
ヤシのバスターミナル

はい。やって来ましたヤシのバスターミナル。

昨日のうちにキシナウ行きのバスの時刻を調べておいたんですよ。平日も日曜も、時刻は違うけど1日11本出ています。

ちょうどいい感じのバスに乗ろうと14時頃やってくると、ちょうどキシナウに行くというマルシュが出るところだったのでそれに乗りました。

日曜日は14時20分発だと時刻表には書いてあったのですが、なぜか平日ダイヤの14時ちょうど発でした。このへんはテキトーなんでしょうか。





2018061024_キシナウ行きマルシュ
キシナウ行きマルシュ

久しぶりの国際マルシュ。

まずルーマニアの出国検査では、全員一度降りて窓口で出国検査を受けるパターン。

「ルーマニアのどこ行ったの?」「この後の予定は?」「いつ日本に帰るの?」と出国検査のくせにわりと厳し目に審査。仮になんかあってもどうせ今すぐ出国するんだからほっといてくれればいいのに。



審査後、またマルシュに乗り込み小さな川にかかった橋を渡ります。よくある川を国境にしていますパターンですね。

モルドヴァ側の入国検査は、係員が乗って来てパスポートを回収し、そのうちスタンプが押された状態のパスポートが帰ってくるというタイプのもの。


なぜ出国検査より入国検査のほうが緩いのか。これがルーマニアとモルドヴァの違いか?経済格差なのか?


はい。というわけで。











2018061025_モルドヴァ
モルドヴァ

57カ国目、モルドヴァに入国しました。



モルドヴァ

首都はキシナウ。

通貨の単位はレウ。1レウ=6.6円ぐらい。以下Lと表記。

民族は8割がルーマニア人。

言語はルーマニア語。ロシア語も通じる。

宗教は正教会系。ルーマニア正教会とロシア正教会の流れをくむモルドヴァ正教会が並立しており、お互いに仲が悪いらしい。













2018061026_モルドヴァの車窓から
モルドヴァの車窓から

モルドヴァに入ると途端に道が悪くなる、とは聞いていたのですが、まぁ確かにケツが浮くことが多くなりましたね。決してルーマニアの道がそれほど良かったわけでも無いんですけどね。

首都のキシナウに近づくと道もそれなりになってくるのですgバイーン。。。



…そうでもないか。





2018061027_キシナウ
キシナウ

はいキシナウ到着。

なんですかね。このー、、、





既視感?





すごいビシュケクみたいな匂いがするんですけど。

ほらこれビシュケクのツム百貨店のあたりみたいな感じしません?このまままっすぐ行ったら南旅館行けるんじゃないかみたいな感じしません?ちょ、分かる人いる?これ。

やっぱり旧ソ連時代に旧ソ連によって作られた街は似たような感じになるんですかねぇ。



そのへんで両替を行い、近くに取っていた宿にチェックイン。

晩メシを食べに行きがてらキシナウの中心部をお散歩してみましょうか。




2018061028_キシナウ大聖堂
キシナウ大聖堂

これがキシナウの大聖堂ですね。え。これで大聖堂ですか。今朝見たヤシの大聖堂の5分の1ぐらいの大きさにしか見えないんですが大丈夫ですか。あれ?キシナウって首都だったよな。


2018061029_勝利の門
勝利の門

その大聖堂の前に建っているコレが勝利の門。凱旋門的なあれなんですが、これも凱旋門の7分の1ぐらいの大きさですね。あ、いちおう言っておきますが大きさはテキトーですよ。ほんとに7分の1かどうかは知りませんよ。それぐらい小さく見えるって話ですからね。



2018061030_勝利の門
モルドヴァの国旗

勝利の門の中に翻るモルドヴァの国旗。国旗がでけぇ、、、と一瞬思ったんですが、門が小さいだけでした。

この国旗、ルーマニアの国旗と酷似しているんですよ。酷似っつーかルーマニアの国旗の真ん中になんか変なマークつけてるだけで。

もともとこの辺りはルーマニアの領土だったんだそうで。それをソ連がかっさらって行ったという経緯で別の国になっていますけど、住んでる人もルーマニア人だし、話されている言葉もルーマニア語らしいです。けっこう「一緒の国に戻りたい」みたいな運動もあるんだとか。







はい。

というわけで今日は、旅人の業界では「なにもない」と有名な2つの都市、ヤシとキシナウを見て回りましたが、「なにもなさ具合」で言うとキシナウの圧倒的勝利でしたね。ルール上は5回まではやらないといけないんだけど逆に3回ぐらいでコールドにしてあげたくなるレベルの圧倒的大差です。

ほんとマジなんもねぇよキシナウは。



民族的なアレでルーマニアに併合されたいってのも分かるんですけどね。

これ一国の首都だからまだ旅行者来るけど、ルーマニアの一都市になっちゃったらもうマジで誰も来なくなると思うよ。






ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。


   
   

[ 2018.09.10 | モルドヴァ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

数少ないモルドヴァの観光地のひとつ「オールド・オルヘイ」へ

【884日目】キシナウ(2018年6月11日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





モルドヴァって観光地無いんですよね。

まぁ無いと言うと言い過ぎですけど。少ないんですよ。

世界遺産も他国との共同で登録されているものがひとつだけ。つまりモルドヴァ単独で登録されているものは無いということ。



そんなモルドヴァの観光地はこの旅行会社のHP↓に詳しいので見てみてください。

モルドヴァの観光地一覧



というわけで今日は、そんな数少ないモルドヴァの観光地のひとつ、オールド・オルヘイというところに行こうと思います。


オールド・オルヘイ

キシナウから20キロちょっと。十分に日帰りできます。

ちなみにここは世界遺産の予備登録リストに載っていて、まぁもしかしたらそのうち世界遺産になるかもねーみたいな状況らしいです。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
















2018061101_オールド・オルヘイ行きバスの時刻
オールド・オルヘイ行きのマルシュの時刻表

これが昨日のうちにバスターミナルで確認しておいた、オールド・オルヘイへ向かうマルシュの時刻表。

8時35分はどう考えても無理ゲーなので、10時20分に乗れるようにバスターミナルへ向かいます。


2018061102_オールド・オルヘイ行きバス
オールド・オルヘイ行きのマルシュ

窓口で乗車券を26L(170円ぐらい)で買い、「そのマルシュよ」と言われたのがこちら。

もう頭に「ORHEI VECHI」と書いてありました。オールド・オルヘイの現地語表記ですね。分かりやすい。

このマルシュに乗っておよそ1時間でオールド・オルヘイがあるブツケニー(Butuceny)へ到着します。読み方はあっているかどうか分かりません。





2018061103_オールド・オルヘイ
オールド・オルヘイ

ブツケニーの村の入口の広場っぽいところで降ろされました。マルシュはそのままキシナウへ引き返していくようです。

その広場にあったのがコレ。「ようこそオールド・オルヘイへ」的なアレかと思っていたのですが、よく見たらこの村にあるホテルか何かの宣伝看板ですね。


2018061104_オールド・オルヘイ
オールド・オルヘイ

その広場の向かいにあるのがコレ。

もう何か良く分からないものだらけで良く分かりません。


2018061120_オールド・オルヘイ地図
オールド・オルヘイ地図

そのへんにあったこの辺りの地図。

いろいろと見るものはあるようですが、われわれの目的は岩窟修道院。たぶん地図でいうと下の方のどれかだと思われます。



2018061104_ブツケニー(Butuceny)
ブツケニー

とりあえずブツケニーの村の中を歩きます。

いちおうモルドヴァの中では有名っぽい観光地だと思うのですが、それっぽさはこれっぽっちもありません。ただの村です。ただわれわれが歩いていても特に変な目で見られたりはしないので、それなりに観光客慣れはしているような印象。

ただ観光客向けの施設は少ないですね。レストランらしきものが1件営業していましたが、後は売店すらありません。博物館と表示されていた建物も閉まっているようですし。錆びれてますねぇ。



2018061106_オールド・オルヘイ
オールド・オルヘイ

この辺りの地形は、ぐねぐねと蛇行した川の両岸に岸壁がそびえるという、まぁよくある渓谷、キャニオンです。

その岸壁を掘って修道院を造ったということでしょう。なのでとりあえずこの崖、まぁ裏側から見れば丘なんですが、に登ります。


2018061107_オールド・オルヘイ
オールド・オルヘイ

その崖というか丘の上。

なるほど。なかなか面白い地形をしています。


2018061108_オールド・オルヘイ
オールド・オルヘイ

丘の上からの景色もなかなかです。何の畑ですかねー。

もうちょっと晴れてくれれば写真も映えるのですが、これ以上暑くなられると溶けそうなので難しいジレンマです。もうほんと暑い。夏きらい。


2018061109_教会
教会

丘の上に教会があったので行ってみました。

どうも新しい、というか絶賛建築中みたいでした。建物は完成していましたが、まわりの外構をちょうど施工しているところ。正教会の教会らしく中はフレスコ画で埋め尽くされていました。さすが新しいだけあってフレスコ画もきれいです。当然ですが。


2018061110_オールド・オルヘイ
オールド・オルヘイ

さて。

それはそうとその岩窟修道院とやらにはどうやって行くのかしら?

岩窟というぐらいだからこの足元の崖の中にあるんでしょう?まさかこの崖を下って行くとでも言うのか?確かにそのへんに獣道っぽい人の歩いた跡はありますけど、、、これを行くの?


2018061111_岩窟修道院入り口
岩窟修道院入口

「あ、なんかあの塔の下に通路があるらしいですよ」

となんぶちゃんが言ったのは、ぼくが崖のあぜ道をひとしきりうろうろしてからでした。そういうインフォは早めにお願いします。


2018061112_岩窟修道院入り口
岩窟修道院入口

ほんで入口閉まってるしね。なにこれ。ここまで来て入れない系?そんなことある?いやまぁそんなことあるのがぼくの旅行ですけどね?なんとかしてよ晴れ女さん。



そこへやって来た団体客。

その集団に付いている英語ガイドさんの話を盗み聞く限り、もうすぐ修道士さんが鍵を開けてくれるらしい。なるほどそうですか。



おっしゃる通り現れた修道士さん。

ネットの情報だと、この修道院では現役の修道士さんが今も祈りを捧げられておられるとのことで、おそらくこの方のことですかね。



さきほどの英語ガイドさんが団体客に向かって「女性はスカーフで頭を隠してください」と言っているのを聞いたなんぶちゃん。

スカーフは無いけど手ぬぐいならあるというのでそれを被ることにしたそうです。





2018061113_ねずみ小僧
なんぶちゃん

ねずみ小僧だwwwねずみ小僧が出たwwwww





2018061114_岩窟修道院
岩窟修道院

岩窟修道院の中の礼拝堂。ここに先程の修道士さんもおられました。

そんなに大きくはないですね。まぁ崖を掘って造ったわけですからね。これでも大変だったことでしょう。


2018061115_岩窟修道院
岩窟修道院

奥には往時に修道士さんが生活していたスペースも。

中腰にならないと歩けない天井高なのですが、それはあえてなんだそうです。これも盗み聞き。


2018061116_岩窟修道院
岩窟修道院

お。どうやら外にも出られるようですよ。行ってみましょうか。


2018061117_岩窟修道院
岩窟修道院

おおー。なかなかいい景色ですねー。





2018061118_岩窟修道院
岩窟修道院

はい終わり。



まぁ、、、モノ自体は特筆するようなものではないですかねー。

せっかくモルドヴァ来たしキシナウだけじゃちょっとなー、という方は行ってみたら良いんじゃない?って感じ。

さっきの修道士さんがわれわれの去り際に「ありがとう」と日本語で行ってくれたのが今日のハイライトなんじゃないでしょうか。



2018061119_オールド・オルヘイ
オールド・オルヘイ

先程の教会と岩窟修道院を下から。

岩窟修道院って外から見るとどこにあるか分かんないな。





2018061122_キシナウ行きバスの時刻表
キシナウ行きのマルシュの時刻表

さきほどの広場にあった売店(着いたときは開いてなかった)に貼られていたキシナウへ戻るマルシュの時刻表。

次の15時がちょうど良さそうなんですが、その売店のおばちゃんによると15時のマルシュは無いらしい。次は16時10分だとおっしゃる。まじかよ。



10時20分キシナウ発に乗って来ると、こっちに到着するのは11時半ぐらいなんですよね。

さすがに30分で見切るのは難しいと思うんですけどねー。とすると15時がベストタイムなんですが来ないんですか。。。

キシナウから大した距離じゃないんですが、このタイムテーブルだと1日がかりになってしまいますね。あ、8時35分に乗って来て12時ので帰ればいいのか。ぼくは絶対に無理ですが半日でオールド・オルヘイの観光を終えたい方はそんな感じでどうぞ。





2018061121_おひるごはん
おひるごはん

待ち時間が長すぎるので、さっき村の中で唯一見かけたレストランでお食事。

ちょっと高めだと思いますけどなかなか美味しいです。あと食べているとネコが寄ってきます。あげませんけど。





2018061123_オールド・オルヘイ
オールド・オルヘイ

ご飯を食べてもまだ14時半ぐらい。あと若干2時間もあります。

暑いのであまり動きたくないのですが、かと言って2時間も何もしないというのもどうかと思うのでその辺を歩いてみることにします。どうやらあの修道院以外にもモスクとかがあるらしいので。まぁ地図によるとそのモスクはこの畑のど真ん中に表示されているのですけどね。どうやって行くんでしょうね。




と、思って歩いていたら前から何やら車が来ますよ…?




あれ…?あれマルシュじゃね…???




いや。待て待て。こういう国はマルシュは旅客用以外にも広く使われていますからね。業者さんの車ですよね。きっとね。




…いや。。。フロントガラスに行き先表示ついてるわ。。。旅客用マルシュやんあれ。。。え。。。もしかしてあれキシナウ行く…???




とその車を見ていたら、われわれに気づいた運転手さんがジェスチャーで「戻ってくるからそこで待ってろ!」と男気あふれる回答をくれました。

なんだよ15時のマルシュ来るじゃねぇかあの売店のおばちゃんこのやろう。





まぁ結論を言うとこのマルシュはブツケニー行きじゃなくてトゥレブジェニ(Trebujeni)行きでした。ブツケニーの北にある同じく小さな村です。

あの売店に貼ってある時刻表はおそらくブツケニー発着のマルシュのものなので、このトゥレブジェニ行きのマルシュの時刻は載っていなくて当然。というかもしかしたら今回はたまたま来ただけで普通は来ないのかも知れません。売店のおばちゃんの雰囲気的にその可能性が大。

ただただわれわれがラッキーだったということですね。やるじゃないですか晴れ女さん。











はい。無事にキシナウに戻りました。

もうモルドヴァいいですね。

というか本当にやること無いですね。モルドヴァ。

お酒がが好きな人にとってはそうでもないんでしょうけどねー。ワインが美味いと有名らしいですよ。この国は。



というわけで、明日移動します。

いつものように次の街の宿の予約をし、あとは寝るばかり、、、お。なんか予約した宿からメッセージ来た。なんだ。だいぶ長文だな。確かに明日行くところはちょっと変なところだからな。どう変なのかは明日の記事をお楽しみにって感じだが。

なになに。

どうやらチェックインに関する注意事項のようですね。たぶんマンションの一室系の宿なんでしょう。それ系の宿は確かにオートロックだの看板が無いから見つからないだのとチェックイン時に苦労することが多いですからね。こうやって案内を事前にしてくれるというのはありがたい。

えーと。。。


宿の電話番号は玄関の上に書いてますよ、と。

電話できないなら近くのカフェからメール送ってくれ、と。

なおくれぐれも近隣のお宅のチャイムを鳴らすなよ、と。

彼らは言われたところでウチのホステルの玄関を開けられるわけじゃねぇからな、と。

もし近隣に迷惑をかけるようなら、、、





2018061124_ティラスポリの宿からのメッセージ
宿からのメッセージ


KGBが朝4時にあなたを逮捕しに来るかもよ、と。










なにそれ超怖いんですけど。










ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2018.09.11 | モルドヴァ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム