今日からワールドカップモード

【895日目】→ワルシャワ→モスクワ(2018年6月22日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





えー。昨日乗った夜行バスはですね。朝の2時半にワルシャワのバスターミナルに到着しました。



はい。朝のです。誰がなんと言おうと「朝の」です。だってぼくが乗ったのは夜行バスなんですから。夕方に乗車して、降車するのは朝なのです。それが夜行バスなのです。

ちなみに2時半というのは早朝なので、バスターミナルの建屋は開いていないし、バスターミナル前のカフェも閉まっています。当然です。朝早いですから。


バスターミナルの前には鉄道駅があり、その鉄道駅の地下コンコースにはマクドナルドがありました。また駅とバスターミナルの間ぐらいにケバブ屋があり、そこは24時間営業のようでした。

早朝2時半のワルシャワはリヴィウから来るとびっくりするぐらい寒く、まさかメインバッグからライトダウンを取り出して着込むほどの気温。



この状況で出来ることといえば、早朝が朝になるまでどこかで時間を潰すか。

もしくはこのまま空港へ向かってしまうか。ちょうどこの駅から空港へは電車が走っているようなのです。なんて都合がいい。ただチケット売りの窓口は閉まっているので、券売機でチケットを買わなければいけない。でも使い方が分からない。



仕方がない。チケット窓口が開くまでマクドかケバブ屋で時間を潰すか。



あ、でも現地通貨ねぇや。



このトランジットのためにキャッシングする気なんてさらさらないし。

じゃあ少額のユーロを両替するしかない。





あ、両替所閉まってるわ。

まぁ当然っちゃ当然か。











早朝だからな。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















そんな状況ならクレジットカード使えばいいんじゃね?と思われそうなので書いておきますが、わたくし今、クレジットカードを持っていないのです。


ぼくが日本から持ってきたカードは3枚。


1枚目:マスターカード(メイン)

2枚目:ビザカード(サブ)

3枚目:ビザデビット(予備)


で、この1枚目のマスターカードを先日ロンドンで紛失いたしましてね。

こういう時のためのサブだと言うことで2枚目のビザカードを使うところなのですが、これが先月有効期限が切れましてね。

なので今ぼくに残されたのは3枚目のビザデビットだけなんですよ。



まぁ長いこと海外にいるとこういうこともありますよ。

「なんでそんな状況に?危機管理なってないんじゃない?」と言われそうですが、ぼくだってこんなに長く旅行するとか出発する時は思ってなかったですから。



ただ先日も書きましたが、あまりデビットカードは使いたくないんですよね。

理由としては、まずこれが最後の砦だということ。これを失くしたり不正利用されたりしたらもう詰むんですよ。どうしようもない。

そして2つ目の理由は、デビットカードは不正利用されたら銀行口座に即ダメージということ。カード会社による「なんか不正っぽい利用があったのでカード止めました」みたいなワンクッションが無いんですよ。仮に保険が適用されるなどして後から返ってくることになったとしても、一時的にしろ口座残高は減るのです。もしそれによって口座が空になったらどうするんですか。ぼくクレジットカード持ってないんですよ。デビットカードじゃ残高が足りないと何も買えませんよ。つまり帰国の航空券すら買えませんよ、ということです。




そんなわけで、持ってはいるし使いもするんですが乱用はしたくないのです。使わざるを得なくなるまでは使いたくない。

幸いビザカードの期限が切れるというのは事前に分かっていたので、期限が切れる前に限度いっぱいまでキャッシングしておいたので手元に現金はあるんですよ。

新しいクレジットカードが手に入るまではこの手元の現金でやりくりすると決めているのです。











そしてその新しいクレジットカードは今日手に入るのです。











実はこのワルシャワで日本から来る友人と合流することになっていましてね。

その友人が再発行したぼくのクレジットカードを日本から持ってきてくれるのですよ。

もう持つべきものは友とはこのことかと、そういう話ですよ。



まぁ別に友人もこのためにポーランドくんだりまで来るわけじゃないんですけどね。ついでですけど。ついでとは言えクレジットカード持ってヨーロッパまで来てくれるんだからありがたい話ですよ。



というわけで、後数時間後にはクレジットカードが手に入るんです。



クレジットカードが手に入るまで、究極に困った時以外は使うまいと決めていたデビットカード。



あとたった数時間耐えればこのミッションは達成されるのです。



こんな状況で、このあと数時間で偉大なるミッションをクリアするというこの状況で。




果たしてデビットカードを使うという選択肢があると思いますか?













あー、マクドのコーヒーは美味しいなぁ。












え?支払いはどうしたかって?いやー、どうしたんでしょうねー。ちょっと何言ってるか分からんすわー。












マクドのコーヒーで体を温めつつ、チケット売り場が開いたところで空港行きのチケットを購入。

ワルシャワは国際空港が街から近いですね。この駅からすごい綺麗な車両に乗って十数分で着きました。


さて。あとはこの友人が到着するのを待つばかり。

15時発のフライトだから、彼も今機上の人でしょう。

空港のカフェのお高いカプチーノでもすすりながら待ちましょうか。











ズズズ。











ズズズ。











ズルリ。











ズズー。。。












ヒマ。











ほんと12時間もかかるかも、とか言う夜行バスが7時間(時差上では6時間)で着いちゃうからさー。

なんだよ2時半って。2時半が早朝なわけないだろ。深夜だろどう考えても。












待ちくたびれてくたびれ果てた頃に友人が到着。

おお。久しぶり。なんだかんだ言ってぼくもう4年も海外をぷらぷらしているので、日本以来と言うとつまり4年ぶりじゃないですか。うわー。なんの感慨もねぇー。



そんな彼から手渡されたぼくの新しいクレジットカード。

あぁ。。。助かった。。。ありがたい。。。





だばで「さて。フライトは15時だよね?もうそろそろ搭乗時間?」


友人「え?なんで?フライトは20時だけど?」











2018062201_モスクワ行き航空券
モスクワ行きフライト











聞いてねぇ。











友人「あれ?言ってなかったっけ?ごめんごめん」












おまえこのために無駄に夕方発深夜着の夜行バスに乗ってきたってのに。こんな時間のフライトなら普通にリヴィウに泊まって朝発のバスに乗ったって仮にバスが12時間かかったとしても間に合ったじゃねぇかこの野郎。確かにトランジットのために国境またぐっつーのにその出国の航空券の控えすら持たずに国境越えようとした、というか越えちゃったこっちにも非があるっつーかどう考えてもアホのすることだけどよくそんな事やったなマジで。時間がかかる国境ってのはすなわち審査が厳しいってことでしょ。「トランジットのために来た。でもチケットは無い」とかパスコンで言うつもりだったのか?頭わるいんじゃねーのまじで。良かったね、国境越えられて。そのへんは伊達に4年もぷらぷらしてませんよね。












まぁ結果すべてオーライなのでいいんですけどね。



フライトまでの時間はあまりにも中途半端だったので空港内で大人しく過ごしました。

ポーランドもワールドカップ出場国だし、空港内のどっかで試合放送してないかと思ってたんですがどこもやってなかったです。











はい。時間になりましたのでチェックインして、出国審査を受けて、飛行機に搭乗します。

というかこのトランジットのためだけにシェンゲン2日も消費しちゃった。もったいない。











2時間ほどのフライト(時差上は3時間)でモスクワに到着。



ロシアはビザが取りにくいなど、入国がめんどくさいイメージがあると思いますが、今はワールドカップ期間中。

もう窓口でパスポートとFAN ID(ワールドカップ観戦者用のVISA的なもの)を見せるだけでほぼフリーで入国できました。












2018062202_ロシア
ロシア

はい。60カ国目、ロシア入国です。でけぇー。



ロシア連邦

首都はモスクワ。

通貨の単位はルーブル。1フリブニャ=1.6円ぐらい。以下Rと表記。

民族は77%がロシア人。182の民族が共存する他民族国家ではある。

言語はロシア語が公用語。ロシア連邦内に存在する共和国ごとにそれぞれ公用語がある。

宗教は大半が正教会系。













モスクワの国際空港からは高速鉄道が走っており、それの最終便に乗って市街へ向かいました。

チケットを買う時に「今日のチケット持ってるのか?」と聞かれました。ワールドカップ中は試合観戦者は各公共交通機関が無料になることになっているとは聞いていたのですが、この空港から市内への高速鉄道もその対象だったみたいです。

ちなみに我々はモスクワ開催のチケットを持っているわけではないので普通に料金を徴収されました。





モスクワは来たもののまたしてもトランジットで、明日の朝の列車に乗って次の街へ向かうことになっています。

目的地はエカテリンブルグ。

そうです。











日本対セネガルの試合会場のある都市です。











来たぜロシアーーーーーーー!!!!!!!!!!



ワールドカーーーーーーーーーーーーーップ!!!!!!!!!!!!!












ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2018.09.22 | ロシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

W杯観戦者用の無料列車に乗る

【896日目】モスクワ→(2018年6月23日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





まず最初に謝っておかなくてはなりません。





いや、よく考えたら別に謝る必要も無いんですが、そこはまぁこれでも千本を超える記事数を誇る人気ブロガーの端くれでありますしね。うん。まぁぜんぜん人気ブロガーじゃないんですけどね。人気ブロガーというカテゴリーにはカスリもしていないクソブロガーなんですけどね。えー、じゃあほんとに謝る必要なんかなくない?なんでぼくが謝んなきゃなんないんスか?ぼくなんも悪いことしてないしー?悪いことしてないのになんで謝んなきゃなんないんスかー?せんせーそういうのって人権侵害なんじゃないですかー?











2018062302_うるさい
うるさい(ネットから拝借)











はいすいません。

あのですね、先日も書きましたが、ぼくのスマホ今うんこカスなんですよ。

もはやうんこですら無いんですよ。うんこカスなんです。

今までは確かにうんこだったんですよ。Wi-Fiの接続画面で必ず固まるし、バックライトが死んでいるので暗い時も役にたたないし、残13%で必ず電源落ちるし、充電ケーブルはiPhoneのくせに挿す向きを指定してくるし、もうほんとうんこだったんです。でもまぁスマホとしては使えていたわけですよ。


それがね、こないだからね。




カメラも死んだんですよ。




もうね。カメラの無いスマホなんてうんこカスでしょ。

そもそも常時オフラインがデフォルトなわけで、ネットや通話なんかスマホに求めていないんですよ。

ぼくが旅行中にスマホに求めているものは、「地図」「ガイドブック」そして「カメラ」ですよ。たった3つ。

そのたった3つのうちの一つの機能が完全に死んだんですよ。











もうただのうんこカスだろこんな箱。











なんぶちゃんと一緒に行動していた時は、なんぶちゃんのスマホをまるで我が物かのように触り動かし放り投げ、挙げ句それで撮った写真を自分のPCに送りこむという傍若無人の限りを尽くしていたんですけどね。

今なんぶちゃんいねぇからなぁ。。。

さすがに日本から来てくれた友人のスマホをそんなふうに使うわけにもいかないし。



まぁ彼も写真撮っていると思うのでそれをもらえば解決する話なんですが、ぼく基本自分で撮った写真しかブログに貼らないんですよ。

ネットから拾ったのはちゃんとそう注釈入れているし、どうしても人からもらった写真を貼る時は「人からもらいました」って書いてます。



つまりぼくは今、ちょっとお手軽にそのへんの写真を撮るツールが無いんですよ。

なので、これからしばらく写真の量が減ると思いますし、今日のような移動日に関しては一切写真が出てこないなんてこともあると思います。

写真が無いだけでなんとなく記事の長さも短くなったと感じると思いますが、それは勘違いです。文字数は一緒です。が、確かに読みにくくなるとは思うので、まぁその辺りについてすいません、ってことですね。











…え?一眼持ってんだからそれで撮ればいいんじゃないか、と?











何言ってんですかそんなめんどくさい。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
















はい。というわけで今日は昨日の夜遅くに着いたばかりだと言うのにもうモスクワを出発します。

夜行列車に乗ってエカテリンブルグという街を目指します。


2018062301_モスクワ→エカテリンブルグ
モスクワ→エカテリンブルグ

そしてこの夜行列車、発車時間が10時なんですよ。




夜じゃないですよ。











夜行列車のくせに朝10時に発車するんですよ。











もちろん夜行列車と言うんだから明日の朝着くんですよ。

今日の朝出て明日の朝着くんですよ。もうどんだけ遠いんだって話ですよ。到着して2日目から早速、面積世界一の大国ロシアを実感させていただいておりますー!ってなもんですよ。



昨日の夜中に到着して、今日の朝8時には出てしまう宿のドミトリーが1泊5,000円だって言うんだからワールドカップ価格って恐ろしいですよね。












エカテリンブルグへの列車が出るのは「カザンスキー」という駅。

モスクワには「中央駅」みたいなものが無くて、市街を取り囲むように各方面行きの駅があります。

ベラルーシ方面へ向かう列車が発着する「ベロルースキー駅」、ウクライナ方面へ向かう「キエフスキー駅」といった具合。で、今回はカザン方面へ向かう「カザンスキー駅」から出ますよ、ってことですね。

さっきの地図を見ていただくと分かる通り、エカテリンブルグはカザンのそのさらに向こうにある街なのです。



ちなみに今回のロシアワールドカップ、なんかロシア全土でやってると思っている方もいたんですが、やっているのはヨーロッパサイドだけです。基本的には。

なぜ「基本的には」なのかと言うと、いちおうアジアとヨーロッパの地政学的境界はウラル山脈だとされていて、そしてエカテリンブルグはウラル山脈の向こう側、すなわちアジアサイドの街なのですね。すごいヨーロピアンな名前の街なのですっかり騙されるところでした。この大会で、アジアサイドで試合が行われるのはこのエカテリンブルグだけ。そういう意味では日本はいい試合会場引きましたよ。もちろんぼくのような旅行がメインの観戦者にとっては、ですけどね。





少し余裕を持ってカザンスキー駅に到着。

したのですが、これから24時間も列車に乗りっぱなしということで、朝食を取ったり、(友人が)SIMカードを調達したり、食料を買い込んだり、今から食べるケバブを買ったりしていたら発車時刻が迫ってきました。

まぁ言うてあと10分あるし大丈夫だろ、とたかをくくっていたら、この列車は各車両に車掌さんがついており自分の乗る車両に乗らなくてはいけないらしく、われわれの乗る列車はかなーり先頭の方だったので、各車両の車掌さんに「早く!」「急いで!」と急かされながらホームを走ることになりました。

てゆーか列車長すぎね。こんなに長い列車見たのインド以来ですよ。





無事に自分たちの乗る車両に乗り込むことができ、自分たちのベッドにチェックイン。

今回の無料列車ですが、ロシア国鉄が観戦者用に走らせている臨時列車らしいです。で、後から調べたところロシア国鉄は基本的に一等から三等まで列車のランクがあって、どうやらこの臨時列車には二等車両をあてがっているようです。

二等と三等の違いは、二等が4ベッドごとのコンパートメントタイプなのに対し、三等はオープンタイプだということですね。一等はまぁなんかすごいんじゃないですか?知らんけど。

あと臨時列車に使われている車両はエアコンも付いているし、各コンパートメントにディスプレイが付いているし(何言ってるかは分からないけど)、あとなんとWi-Fiも付いていました。まぁWi-Fiはほとんど繋がらなかったですけどね。



チェックイン後しばらくすると、廊下のほうが何やら騒がしく、、、。

どうやら団体でチェックインしたセネガル人サポーターの団体が、空いているベッドに次々と放り込まれているようです。数だけ抑えておいて誰がどこのベッドかは決めてなかったんですかね。まぁそんなに大量のセネガルの人が個人でロシアに来るってのはイメージしにくいし、どっかの代理店がごっそり空いている席取ったんでしょうね。



というわけで、ぼくたちのコンパートメントには、我々日本人×2、セネガル人×1、ロシア人×1、の4人でエカテリンブルグを目指すことになりました。











はい。目指します。今日丸一日かけて。

どう目指すかと言うと、清潔なシーツに包まれてベッドでごろごろしながらです。

あとお湯が出るので、時々インスタント食品など食べながら、です。











[只今暇人]ョ・ω・。)ジィィ...





σ(´・ω・`○)o<【暇人】





暇ダ━ヾ(*`ω´*)ノ━コリャァ!!





(´・з・`)y-。oO(暇)。oO(暇)





ヒ─(σ*>ω<*)σ─マ☆





暇ナノネ...(;'益')y━・~~~





《暇》《暇》~<(o-д-o)>ハァァ...





【暇】qзΦ)≡≡=サササッッ=≡≡(Φεp【暇】





暇ヾ(!^ω^)ノ暇





{暇}*・*・((ノ)・ω・(ヾ))・*・*{暇}





ヒマ━(・ε・`(・ε・`(・ε・`(・ε・`*)━ジン





(○・д・)ヒーマー(・д・●)





┌(´•ω•`)┘ヒマダヨォ。。。タスケテヨォ。。。





暇♡o。+..:*ヾ(❀◕ω◕)ノ*:..+。o♡暇





ヒマジン…(-ノ∀-)ボソッ ひま





ぁ~ <(-ω-`)> ヒマー ひま





ヒマ━(・ε・`(・ε・`(・ε・`(・ε・`*)━ッ!! ひま





ヒマヾ(・∀・。)ノダ-!! ひま





ヒマ━━━━(・∀(・∀・)∀・)━━━━!!!!





こういう者です(o'ω')-o【暇人】





(゜。゜)ボー





(○-Å-)ノノ【只今、暇です】





ヒマ───(;;>з<)───!!!!





ヒマヒマビーム!!!!~(ノ。´Д)ノ‥‥…━━━━━☆





☆・゚:*暇ァァ┏(。Д。lll)┓ゞ*:゚・☆





暇ァァ━ε=ε=ε=(=´゚Д゚`)┛





ヒマァ―[。´ФДФ`。]―





暇ぁ~(#゚ω゚#)~ぁ!!





ρ(´δ`o)<ぁ~ヒマ





(●´・σω・)ヒマ?☆





(●´σ‥`)ヒマ?★





(☆σ´Å`)σヒマ??





ヒ━━(●´_○`)━━マ!!





(*´・ω・`*)・゚・暇・゚・





ヒマ_〆(`ε´#)





(。・`ω・`)つ【退屈㊥】





 ̄(´゚因゚) ̄【暇人㊥】 ̄(゚因゚`) ̄





ヒマ━(´┏д┓`ノ)ノ━・・・。





(**'pv`*p((暇))ョ*'vq`**)





{暇}*・*・((ノ)・ω・(ヾ))・*・*{暇}





ヒマぁぁあ━((★**゚Q゚**★))━・・・。





ひ……(゚Å゚)……ま











絶対あのディスプレイで他の試合放送すべきだと思うんだよな。。。

ワールドカップ用の臨時列車なんだしさ。。。











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2018.09.23 | ロシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

サイフ盗難からの日本対セネガル戦

【897日目】→エカテリンブルグ(2018年6月24日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。スマホのカメラがぶち壊れ中のため写真少なめですが今日もよろしくお願いします。





今日のご予定は、もう言うまでもないと思いますが「日本対セネガル戦」の現地観戦です。

このためにエカテリンブルグ、というかロシアにまでやって来ているのです。それはもう観ないと。



とりあえず朝イチでエカテリンブルグに到着するので、その後すでに現地入りしている友人(今一緒にいる)の友人と合流し、予約してある宿にチェックイン。

そのままスタジアムに向かう、という流れです。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
















というわけでエカテリンブルグの駅に到着しました。

本当に長かったです。なんでしょうこの長さ。

まぁ車内はエアコンもついていたし実に快適でしたけどね。当然死ぬほどヒマでしたが。

ときどき大きめの駅で停車するのですが、どうもSIMカード組もその時ぐらいしかネットに繋がらないらしく、他会場の試合経過を入手してはちょっと盛り上がったりしていました。




駅前のマクドで友人の友人と合流。

そこからメトロに乗って予約していた宿へ。

試合のある日は市内交通も無料になるようで、チケットを買わずにFAN IDを見せるだけでメトロに乗ることができました。モスクワと違って、今日この日にいるFAN IDホルダーは全員無料、って感じですね。

試合の開催都市には『FAN FEST』と呼ばれるパブリック・ビューイング会場が必ずあり、日時が重なっていない限り全試合そこで放送しているのですが、そこへ行く交通機関も今日はタダのようです。





予約していた宿にチェックイン。

なかなか綺麗で良さげなホステル。ただお値段を聞くとぼくが普段使っているホステルの3倍ぐらいしていたので、W杯価格とは言えさもありなんって感じではあります。

そして宿泊客は当然のようにほぼ全員が日本人。そりゃまぁそうだろ、って感じですね。





シャワーを浴びたり一息ついてから、いざスタジアムへ向かいましょう。

FAN IDも持った。試合のチケットも持った。スマホは持ってても意味ないけどまぁ持った。あと現金を、、、





現金、、、???












サイフが無ぇ。。。











やられた。あの列車の中だ。他に考えられん。

ぼくはサイフはウエストポーチ(?)に入れていたんですね。貴重品はいつもそこに入ってるんです。パスポートとかも。寝るときも枕元に置いてあるし、まぁ比較的安全でしょ。

で、今日の朝ちょっと目を離したんですよ。まぁトイレ行っただけなんですけど、そのトイレがなかなか開かなくてずっと外で待ってたんですよね(この件には関係ないけど、トイレからは民族衣装に身を包んだセネガルのおっさんが出てきた。あれは用を足していたのではなく身だしなみを整えていた系だと思う)。

その時、確かにぼくのウエストポーチはベッドの上にころりと置いてありました。そりゃ朝のトイレを10分も15分も待たされるとは思わないじゃないですか。戻っているスキに他の人に入られるかも知れんし。そんなこと言ってると漏らしますよほんと。





まぁたぶんそん時ですね。

他に考えられんし。そしてパクったのはたぶん向かいのベッドのロシア野郎でしょう。

こいつねぇ、わりと仲よさげに離してたんですけど、一度こいつのサンダルが失くなった時(同室のセネガル人の兄ちゃんが勝手に履いてた)

「おまえおれのサンダル盗っただろ」

とかとりあえず言ってきたんですよね。

こういう状況で「盗られた」とまず頭に浮かぶ野郎は「盗る」んですよ。そういう思考回路だから自分に何かあった時すぐ「盗られた」という結論に至るわけで。

そんな野郎の目の前に明らかに貴重品の入ってそうなウエストポーチがころりしていたらそら盗るわな。あー、完全個室のコンパートメントだからって油断した。その場ですぐ気づいたらまた違ったかも知れんのですが、もうすでに外出ちゃったしな。アレはもうだめだな。



まぁ金額的には大した被害では無いのですよ。なんだったらあのサイフそのものの方が中のお金より高額(2万円ぐらい)だし。

確か米ドル小額紙幣が20ドル分ぐらいにエジプト・ポンド(他の旅行者にもらった)が少し、あと土産にととっておいた沿ドニエストルのプラスチック硬化がひとつ。

オーストラリアの運転免許証(まだ有効)。これはちょっと痛い。これあったら国際免許証無くても車借りられる国が多いし、何より髭面の写真なので「このパスポート本当におまえか?」という状況で見せる事ができる身分証明書だったのに。



そして何より痛いのが。





2枚のクレジットカード。





今一緒にいる友人が、わざわざ日本から持ってきてくれて、まさに一昨日受け取ったばかりのクレジットカード。

もちろん普段は2枚のカードを同じ場所に入れて保管したりしないんですが、ワルシャワの空港で受け取って、飛行機→深夜着早朝発→夜行列車でポジショニングし直すタイミングが無かったんです。











クレジットカードなしの状況を一月耐え、ようやく手に入ったと思ったら2日で消え失せました。












だばで「サイフごとカード盗られたわ」


友人(苦笑い)











2018062401_エカテリンブルグスタジアム
エカテリンブルグ・スタジアム

というわけでやって来ましたエカテリンブルグのスタジアム。

ワールドカップ期間中は試合会場や主要交通機関(鉄道駅や最寄りのメトロ駅など)にボランティアスタッフが配されているのですが、当然ここスタジアム付近にはたくさんのボランティアスタッフがいました。

みなさん英語がお上手ですねー。まぁそういう人を集めているんでしょうけどねー。





FAN IDとチケットをスキャンして中に入ります。けっこう厳しめのセキュリティチェックでした。友人の友人は折り畳み傘に突っ込まれていましたし。あとペットボトルの類は持ち込み禁止です。中で普通に売ってますけどね、ペットボトル飲料。


2018062402_エカテリンブルグスタジアム
エカテリンブルグ・スタジアム

なかなか大きいですが、それこそロンドンのウェンブリーなんかと比べるとやっぱり小さいですね。

FCウラルというチームの本拠地だそうで、FCウラルはロシアのトップリーグに所属して次シーズンで6期目。移動距離長くて大変だろうなぁ。



そんなエカテリンブルグ・スタジアムですが、キャパシティ的にW杯にはちょっと物足りないので建て替えられる予定だったそうです。が、このスタジアムに愛着のある地元住民から反対の声があがり、W杯期間中は仮設のスタンドを設置するという方向でスタジアムは存続することになったんだとか。

2018062403_エカテリンブルグスタジアム
仮設スタンド

あぁ、あれですね。ものすごい仮設感じゃないですか(笑)。


ちなみに、ちゃんと設計しているでしょうし安全性も確認されているんだと思いますが、あの部分はロシア人専用です。もちろん安全なんでしょうけどね、ロシア人専用です。



2018062404_エカテリンブルグスタジアム
仮設スタンド下

われわれの席へはこの安全だと言われているロシア人専用の仮設スタンドの下を通っていかなければいけません。うひょー。かっせつぅ〜♪



2018062405_エカテリンブルグスタジアム
エカテリンブルグ・スタジアム

はい上がってきました。

お。確かに大きくはないですが綺麗でいいスタジアムじゃないですか。ピッチも近いし。この席も全体が見渡せていい感じですよ。


2018062417_エカテリンブルグスタジアム
仮設スタンド

ちなみにあの正面のスタンド。途中半円状になっている席がありますね。あそこまでが正規の座席。その後ろの席は全部さっきのロシア人専用仮設スタンドです。あれ後ろの方、屋根の照明とかじゃまじゃないのかな。


2018062406_エカテリンブルグスタジアム
日本人サポーター

向正面に日本人サポーターが集まっている一画がありますね。

W杯のチケットは座席指定が出来ないそうで(今回のチケットは友人が買ってくれたので詳しくは知らない)、あぁやって集まるのはちょっとめんどくさいらしく、あとあの辺の座席が当たった人とちょこちょこモメるらしいです。

まぁガチ勢とニワカの争いってのはどこの業界でも起こりますね。特に今回みたいな住み分けが出来ない場合は。



幸い、ぼくの周りは8割がたロシア人に囲まれており、そのロシア人もたまにいる日本人サポーターを基本的には無視してくれるので特に問題なく観戦できそうです。ときどき話しかけられて「一緒に写真撮ろうぜ〜」と言われるぐらい。ありがたい。





2018062407_エカテリンブルグスタジアム
日本チーム

お。日本チームが練習に出てきました。

キックオフの1時間ぐらいから両チーム練習に出てくるので、このぐらいの時間から観るのがいいですよね。

高専生の時に監督に「プロの試合を観に行く」と言うと「早めに行って練習からちゃんと観てこい」と言われたのを思い出します。まぁこれは野球の話なんですけど。




2018062408_エカテリンブルグスタジアム
長友

あ、キャンチョメがいる。確かにキャンチョメに見えなくもないな(笑)。

これ別にバカにしてませんからね。キャンチョメってほんと重要なキャラクターなんで。脇役なんですがちゃんと少年マンガの主人公の王道を行く子ですよ。なんだかんだ最終的に強くなりすぎて退場させられるレベルですからね。

こっちのキャンチョメにも今日は無双していただきたいですね。


2018062409_エカテリンブルグスタジアム
サディオ・マネ

こっちにはサディオ・マネがいます。

リバプールで今季無双した3トップの一角です。今日は無双しないでいただきたいですね。





2018062410_エカテリンブルグスタジアム
試合前

お馴染みの、たーらーらーらーたーららららー♪からの


2018062411_エカテリンブルグスタジアム
国歌斉唱

試合開始です。





正直セネガルには勝てないんじゃないかなーと思ってるんですけどね。

日本はコロンビアに勝ったとは言え先制のレッドカードとPKはラッキーすぎると思うんですよね。あのせいでただでさえハメス・ロドリゲスがいないのにクアドラードまで下げちゃって前線が迫力不足でしたし。

それに対してセネガルはポーランド相手にいい試合してましたからねー。





とか思ってたらセネガル先制しちゃいましたね。川島なにやってんだあれ。なんかボールをパンチングしてマネに当ててゴールに入れてましたけど。

今セネガルがこっちに攻めてきてるんで、もうほんと目の前で起こったんですよ。なにやってんの川島。

てゆーかなにやってんの川島。





日本ってW杯予選から大会前の親善試合なんかも含めて、先制されるとだいたい負けるんですよね。特に相手が格上だと先制された時点でアウト。なので格上のセネガルに勝とうとすると守りきってどっかで1点取って1−0で行くしか無いと思ってたんですが、この前半早い段階でもう先制されちゃうとかなんですか。もうダメなんじゃないですかこれ。というか川島なにやって











2018062412_エカテリンブルグスタジアム
ゴールシーンの写真なんか撮れるわけない

乾キターーーーー!!!!!!!うひょーーーーーーう!!!!!!!!!ヒャッハーーーーーーーー!!!!!!!!!











1−1のまま前半は終了。

コーラなくなったので新しいの買いに行こうと思ったんですが、そう言えばぼくには現金もクレジットカードも無いんでした。



やむを得ず友人に借りたクレジットカードでコーラを購入。ほんとすまん。。。



というかこのクレジットカードを端末にかざすだけで支払いができるのって便利ですね。イコカみたいな感じでクレジットカードで支払いが出来るってやつ。

気になったんで後からちょっと調べたんですけど、どうやらこのVISAやMasterのクレジットカードに使われているシステムは日本のイコカとかEdyなんかに使われているシステムとは異なるらしく、タッチ式のクレジットカードを手に入れたからと言って日本のその辺でイコカみたいに使えるようになる、というわけではないそうです。

なので国際基準に則っているVISAやMaster、あと apple pay とか Android pay みたいなのも日本ではその受け側のシステムを国際基準のものに取り替えるか追加するかしないと使えないんだそうです。

そう言えば、日本にいた頃ぼくはEdyでの非接触支払いにハマっていて、そのため iPhone がいつまでも買えなかったんですよね。国産のガラパゴススマホでしかEdyに対応出来なかったので。そういう理由でしたか。

もう日本には世界を相手にルールを作る側には立てないんでしょうねぇ。。。





2018062413_エカテリンブルグスタジアム
後半開始

はいはい。関係ない話しましたけど後半が始まりましたよ。

今度は日本がこっちに攻めてくる位置関係ですね。もうガンガン来て欲しいですね。というかもうずっとこっち側でゲームしておいて欲しいですね。





と思ってたらセネガルに追加点入れられましたね。

あれは、、、しゃーないなぁ、、、。ほぼフリーだったしな。

というかここまでの流れが悪いですよ。乾のシュートはクロスバーだったし。その前は大迫さん空振りしてましたからね。どっちか入ってたらまた違ったと思うんですが、ここでリードされると辛いなぁ。

先制されると負ける日本が2度リードされて2度追いつくとか言っちゃ悪いですがまっっっっっっっっったく期待できないんですg











2018062414_エカテリンブルグスタジアム
だからゴールシーンなんか撮れないって


HO☆N☆DAーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

ホンダ△ーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

△ーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!






なんなのあの人。すごくない。途中から出てきてあそこでぽいっとゴールしちゃうとかすごくない。

なんか南アフリカでやってたまったくミートしていない太ももシュートがゴールしちゃったシーンを思い出したよ。今回はミートしてたけどね。

やっぱ持ってんなー。なんだかんだ言って批判もされてたし実際結果も出てなかったし監督交代時もどうのこうの言われてたけど結局本番で結果出しちゃんだから△ですよ、マジで。











2018062415_エカテリンブルグスタジアム
試合終了

試合終了。2−2。

すっかり負けると思っていたので引き分けという結果ですら驚いています。

というかむしろ内容的には勝ってない?最初の失点は川島さんが意味わかんないし、乾さんのクロスバーか大迫さんの空振りが入ってたら勝ってたでしょ。


コロンビアにはラッキーで勝ったと思うのですが、この引き分けはちゃんと引き分けてますね。

セネガルのポーランド戦観て、セネガル超つぇぇと思ってたんですけど。意外とセネガルは強くないのか?それとも日本が本当に強いのか?





2018062416_エカテリンブルグスタジアム
エカテリンブルグ・スタジアム

とりあえずまぁ、4年に1度だけサッカーファンになるニワカとしては、次の試合が消化試合にならなかったことが1番嬉しいですね。

次戦もがんばれー。












ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2018.09.24 | ロシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

エカテリンブルク観光

【898日目】エカテリンブルク→(2018年6月25日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





せっかく来たのに試合を観るだけなんてもったいない、ということでエカテリンブルクの市内を観光したいと思います。

まぁ地球の歩き方を持ってして3P(最後の1Pは高級ホテル情報)しか紹介されていない都市で何を観ればいいのかな?って感じですが。ホステルのフロントで観光情報を教えていただいて、それをもとにうろうろしてみたいと思います。

で、夜発の夜行列車に乗って次の街へ〜というのが今日のご予定です。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2018062501_エカテリンブルグ
エカテリンブルク市内。右手に見える変な建物はサーカス

はいー。今日はいい天気ですね。昨日もいい天気でしたけどね。

天気がいいのはいいんですが暑いんですよねー。勘弁していただきたいですねー。





今日は同行のお二人には申し訳ないのですが、とりあえず駅へ向かいたいと思います。

昨日失くなったサイフがワンチャン拾われているかも、ということで、念のため駅の遺失物窓口へ行ってみることになったのです。まぁ遺失物窓口なんかがあるのかは知りませんがね。中の現金はもう諦めているので、他のクレジットカードとか免許証とか沿ドニエストルのプラスチック硬化とかは返ってくるとありがたいんですよ。



というわけで駅まで来たのですが、遺失物窓口というのが見当たらずウロウロしていると、そのへんにいたロシア人のお兄ちゃん(たぶんただそこに居合わせただけの乗客だと思う)がW杯観戦者向けに設置されている臨時窓口へ連れてってくれました。ロシア人意外といい人多い気がするね。無愛想だけどね。

その窓口にいた英語を話す若い兄ちゃんに事情を話すと、駅の中にある警察に行くことに。やっぱり遺失物の窓口みたいなものは無いのかな?中の警察官は英語を解さないのでそのお兄ちゃんがつきっきりで通訳してくれました。

曰く、そのような財布は届いていない。他の署にも連絡してみたが同様だ。とのこと。





でしょうね。





海外で失くなった財布が見つかるなんて奇跡に近いですからねー。ここの警察は門前払いせずに一応(素振りだけでも)探してくれたので好感が持てました。物品の管理がなっていないぼくは世界のあちこちの警察にご厄介になっていますんでね。ロシアの警察はちゃんと仕事してくれますよ。

というかもうあの同コンパートメントのロシア野郎、現金とクレジットカードだけパクって財布は置いとけばいいのに。おまえおれの免許証とかいらねぇだろ別に。











2018062502_血の上の聖堂
血の上の聖堂

まぁ予想通り財布は無かったので市内の観光へ。

まずやって来たのはこちらの「血の上の聖堂」。歩き方にて唯一紹介されている見どころで、エカテリンブルクの観光地といえばココな場所。


2018062503_血の上の聖堂
血の上の聖堂

なかなかグロテスクなお名前の教会ですが、ここはあのロシア帝国を統べたロマノフ王朝終焉の地。

ロシア革命によってロマノフ王朝が滅びソヴィエト連邦が生まれ、その時このエカテリンブルクに送られたのがロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世とその家族。

このニコライ2世はわりと日本にも馴染みがあって、皇太子時代に世界旅行をした際に日本にも立ち寄っており、そこで日本人の巡査からサーベルで斬りつけられたりしていますし、日露戦争はこの人が皇帝だった頃に起こった戦争です。まぁ日本人嫌いだったみたいですけど。

エカテリンブルクに送られた皇帝一家は、イパチェフという資産家の屋敷で監禁されました。その後、レーニンの命にて一家は銃殺されロシア帝国ロマノフ家は滅亡を見たわけです。

で、そのイパチェフという資産家の家だったのがここ。この教会の建ってる場所なのだとか。



その後もイパチェフさんのお家自体は残ってたんですけど、当時この辺りの地方の指導者で、後の大統領エリツィンが壊せっつって壊しちゃったらしいんですよね。なんかあの人このエカテリンブルクの出身らしくて。

というのも、それまでイパチェフ館はロマノフ王朝最後の地ということで内部を見学するツアーなんかもやってたそうです。その後外国人旅行者がこの街にも来るようになって、「ちょっと外国人の専門家にバレる前にあの事件隠したほうが良くね?」と上層部が判断したんだとか。それだけ根拠のない処刑だったということですね。

で、ぶち壊したイパチェフ館の跡地に建てられたのがこちらの教会ですよー、というお話。


内部は写真撮影禁止だったので写真はないのですが、高いドーム空間に黄金に輝く祭壇がそびえていてなかなか立派です。実はこの教会、2003年に完成したばかりの新しい教会です。新しい教会ってのはコンクリートのような新しい技術を使ってのモダン建築か、もしくは伝統的なスタイルを継承するも金か技術が足りないらいくしょっぼい出来になっているものが散見されるのですが、ここは祭壇も立派だしフレスコ画も丁寧に描かれていてよく出来ていると思います。

そのフレスコ画もロマノフ王朝にまつわるものが多いですね。ロシア帝国の歴代皇帝のお顔が生った大樹のフレスコ画(たぶん家系図になってるんだと思う)なんかもありましたし。そんなに気を使うなら最初から壊さなきゃ良かったねって感じです。

ちなみにこの件について、後世のエリツィンはその自書の中で「残念だったけどやるしかなかった」とちょっと言い訳してます。

はい。この街1番の見どころでしたのでちょっと尺を取りましたよ。詳しく知りたい方はWikipediaしてください。





2018062504_レッドライン
レッドライン

エカテリンブルクにはこのような赤い線が道路に引かれています。

これをたどっていくと、市内の観光地をぐるりと巡れるといった趣向のものです。

この教会にも当然この線が伸びていたので、面白そうなのでこの線をたどりながら市内を歩くことになりました。


2018062505_エカテリンブルク
エカテリンブルク市街地

2018062506_エカテリンブルク
レジデンツィヤ・グベルナトラ・エカテリンブルガ

2018062507_エカテリンブルク
イセチ川沿いの遊歩道

2018062508_エカテリンブルク
市庁舎

2018062509_エカテリンブルク
レーニン像



暑い。。。



えー。エカテリンブルクは人口百万人を超える大都市で、工業が盛んだそうです。

ただまぁロシアの歴史の中ではやっぱり辺境ですし、この街の建設自体も18世紀に入ってから。それも最初から工業都市として作られています。つまりまぁ、観光地とはちょっと違うんですよね。日本でいうと尼崎とか川崎みたいな感じですから。

もちろん見ていただいて分かる通り、中心部は綺麗に整備されているし繁華街みたいなものもあるんですけどね。こと観光にかけては半日で十分だと思います。





2018062510_エカテリンブルク
イセチ川の対岸から見る血の上の聖堂





最後にエカテリンブルクの市街が一望できるというタワーに行ってみることになりました。

いちおうホステルのフロントで場所は聞いていたのですが、3人揃ってその場所をうろ覚えだったので

2018062505_エカテリンブルク
エカテリンブルク

満場一致であの真ん中の1番高いビルを目指したのですが違いました。あれただのオフィスビルです。しかもまだオープンしてなかったです。

そのへんにいた警察っぽい人に「市内を一望できるというタワーとはこれですよね?」と誘導尋問を仕掛けてみたのですがあっさりと「違います」とご回答いただき、正しい場所を教えていただきました。





2018062515_エカテリンブルク
ヴィソツキー・ビル

正しくはあれでした。

さっきの場所からはツーリスト向けのマップのほぼ対角に位置しており、ここまで盛大に間違うともう笑うしか無いレベルです。

あのビルの屋上が展望台として開放されています。入場料がかかりますがメモってなかったので幾らかは分かりません。



2018062511_エカテリンブルク
ヴィソツキー・ビルから

確かにエカテリンブルクの全部が一望できます。

そしてこの街が新しい街であることも改めて分かりますね。


2018062512_エカテリンブルク
血の上の聖堂

血の上の聖堂や、


2018062514_エカテリンブルク
エカテリンブルク・スタジアム

昨日の試合会場であるエカテリンブルク・スタジアムも視界に見えます。


2018062513_エカテリンブルク
ヴィソツキー・ビルから

ロシアのアジア側にあってヨーロッパ式のエカテリンブルクという名前を持ち、国内大4位の人口を誇る内陸の大都市。

なかなか興味深い都市だったので戦前から訪問を楽しみにしていたので、何も無かったとは言え来ることが出来てよかったです。こんな機会でもないと絶対来ないだろうし。












ホステルで預かってもらっていた荷物をピックし、友人たちには少し待ってもらってクレジットカードの停止手続きを。ぼくはJALカードをメインで、別のカードをサブでを使っているのですが、JALカードの手続きはものの5分で終わったというのにサブカードの方は「少々お待ちください」の連発で30分以上かかりました。何をそんな待たされることがあるんだ。

やっぱりJALカード持つ人は旅行なり出張なりが多い人が多いのか?そして旅先で失くす人も多いということか?だからJALカードの窓口はこういう手続は手慣れたものだと、そういうことか?



その後荷物を持ってショッピングモールへ向かい、ごはんを食べながらこの日開催の試合を観戦。

試合後は駅へ向かい、次の街への夜行列車に乗り込みました。

今回の移動は普通の夜行列車です。夜に発車して、明日のお昼前に着きます。



というわけで、明日は次の街から。また明日。












ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2018.09.25 | ロシア | コメント: 8 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

世界遺産のカザン・クレムリンと初めてのファン・フェスト

【899日目】→カザン(2018年6月26日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





昨夜エカテリンブルク発の夜行列車に乗り、今日のお昼ごろにカザンという街に到着しております。

2018062601_エカテリンブルク→カザン
エカテリンブルク→カザン

このカザンという街は、ヨーロッパ最大の大河ヴォルガ川沿いに発展した人口百万人を超える都市で、ロシア連邦を構成する共和国のひとつ、タタールスタン共和国の首都でもあります。

なんかね、いわゆる国連加盟国の中にある「共和国」は全部未承認国家だと思ってる人がいるんですけど違いますよ。ただ単に「県」とか「州」みたいな自治体の名前が「共和国」で、「知事」や「首長」が「大統領」だってだけの話ですからね。自治体にどのくらいの自治権があるかは名前に関わらず国によりますし。まぁタタールスタン共和国は主権宣言しているそうなので、「未承認国家」と言えなくもないかもしれませんけど。

そしてこのタタールスタンというお名前からお分かりいただける通り、ここはロシアの中にあるムスリムの国。

といってもカザンに住むタタール人は人口の半分ぐらいで、同じくロシア人も半分ぐらい住んでいるみたいです。



今回のW杯関係で言うと、日本代表がキャンプ地にしている都市ですね。

ただ明後日ヴォルゴグラードで試合があるので、今日はすでにそっちに向かっていていないと思いますけど。



じゃあなんで来たのかと言うと、ここには「カザン・クレムリン」という世界遺産に登録されたお城があるのです。

ぼくと友人はそういうの大好きなので、エカテリンブルクからヴォルゴグラードへ向かう途中にここに立ち寄った、というわけです。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2018062602_宿の前のモスク
宿の前のモスク

はい。今日も良い天気ですね。

これ、宿の目の前にあった建物なんですけど、地図を見たらモスクだと書いてあります。ぜんぜんモスクっぽくないですけどね。イワン雷帝によって16世紀にロシアに征服されて以降、ヨーロッパの文化と自分たちの文化を融合させてきました、感がすごい漂っていますね。こういうのがあるから面白いんだよねー。

ちなみにそのイワン雷帝がぶっ潰した国は、当時この辺りにあったカザン・ハン国。この国はかのモンゴル帝国のお孫さんにあたる国ですね。三世代目って意味じゃないですよ。モンゴル帝国が分裂して出来た国がさらに分裂して出来た国ってことです。

中央アジアやコーカサスなんかで良く見た○○・ハン国。あれも全部モンゴル帝国の孫かひ孫のお国ですが、ここロシアの真ん中にもモンゴル帝国の名残があるわけです。こういうのがあるから面白いんですよ。





2018062605_カザン
カザン

ここカザンもエカテリンブルク同様、川をせき止めた湖みたいなのがあります。


2018062603_カザン

2018062604_カザン
カザン

対岸に見える市街地がカザンの中心街のようです。

やっぱり内陸の都市は乾燥するのでこういうのが必要なんですかねぇ。ブラジリアなんかも乾燥するからって人工湖まで作ってましたからね。



あの中心街からメトロに乗って、目的地のカザン・クレムリンへ向かいます。



2018062606_メトロ駅構内のモザイク
メトロ駅構内のモザイク

メトロ駅構内の天井のモザイク。

このタイルで描くモザイク画は明らかにイスラムのそれですが、これは完璧に絵を書いちゃってますね。偶像崇拝禁止はどうした、って感じ。このへんも文化が混ざると色々変わっていくのかな?コレ自体は可愛くていいけどね。



2018062607_カザン・クレムリン
カザン・クレムリン

このメトロ駅を出るとすぐ目に飛び込んでくるこちらの建物がカザン・クレムリンです。


もともとここに城砦を築いたのは、11世紀にこの辺りに住んでいたヴォルガ・ブルガール人。ブルガリア人のご先祖様にあたる民族です。

その後、先述の通り16世紀にイワン雷帝が現れ、当時の城砦はこてんぱんにぶち壊されたそうです。今目にすることが出来るのは、その跡地にロシア人が新しく造ったクレムリン。

街の発展に伴いその領域は広がっていき、ロシア革命、ソ連統治時代そしてソ連崩壊とともにクレムリン内の建物が壊されたり再建されたりしながら今に至り、

2018062608_カザン・クレムリン
ユネスコマーク

2000年に世界遺産登録を受けました。



って感じです。なんて分かりやすいんでしょう。



2018062610_カザン・クレムリン
カザン・クレムリン

自画自賛はこの辺りにしておいて中に入りましょう。

かなり広いのですが、入口はたぶん2つ、もしかしたら3つしか無いので注意です。写真は北側の入口から入ったところ。

じゃあちょっと中歩いていきますかねー。


2018062611_スユンビケ・タワー
スュユンビケ塔

スユンビケでいいと思うんだけど、Wikipedia見たらスュユンビケって書いてました。どうやって読むんそれ。


2018062612_クルシャリフ・モスク
クル=シャリフ・モスク

こちらがカザン・クレムリン内で最も有名な建物、「クル=シャリフ・モスク」です。

ソ連崩壊後に再建されたモスクなのでつい最近完成したモスクですね。

ヨーロッパ最大級のモスクとの触れ込みですが、所詮ヨーロッパの中での話なので、中央アジアやトルコを抜けてきたぼくから見ると拍子抜けするぐらい小さいです。このぐらいの大きさのモスクはトルコならどこ行ってもあると思います。


2018062613_クルシャリフ・モスク

2018062614_クルシャリフ・モスク
クル=シャリフ・モスク内部

うーん。

まぁ綺麗っちゃ綺麗。ただこの「綺麗」はこのモスクの新しさに由来する「綺麗さ」な気がするかなぁ。なんて言うんだろう、、、。こう、、、トルコやウズベキスタンのモスクに比べると迫力に欠ける感じですかね。ズキュウウウンと来ないよね。おれたちに出来ないことを平然とやってのける!そこにしびれる!あこがれるゥ!みたいなのが無いんだよね。

というかなんとなく教会っぽくない?

いやちゃんとモスクの様式には則っているんだと思うんですよ?ちゃんとアラビア文字でコーラン書いてるし(読めないけど)、床は絨毯敷きだし、ミフラーブも、、、見えないけどどっかにあるだろうし。

でもそこはかとなく感じる教会感。なぜだ。色使いかな?ステンドグラスのデザインとか?この細長い建物の形状そのものがロシア正教会っぽい?うーん。。。分かんねぇ。。。





2018062615_カザン・クレムリン
カザン・クレムリン

モスクのお隣にあった物見台に登っているタイミングで突然の土砂降り。

というかこれ雨だけじゃなくて雹も降ってますね。雷も鳴ってるし。まぁ夕立でしょうがすごい降ってます。

ぼくの友人は土木関係のお仕事なので、この降水量を処理しきれるインフラが整っているのか?となんかそれっぽいこと言ってました。



この雨自体はすぐ止みました。

2018062616_カザン・クレムリン


止んだあとには綺麗な虹が。しかもこれ、


2018062617_カザン・クレムリン


綺麗に半円状にかかっていました。

こういう虹見るの人生で2回目です。綺麗ですねー。





カザン・クレムリンの敷地に入るだけならお金はかからないのですが、中にある博物館とかに入る際は別途料金がかかります。ちなみにW杯のFAN IDを持っていると割引が効くそうです。

まぁ特段興味のあるものも無かったので、適当にふらふら歩いて帰ることにしました。

ちなみにこのクレムリンの周りには

2018062609_カザン・セントラル・スタジアム
カザン・セントラル・スタジアム

日本代表がキャンプを張っていたスタジアムとか、


2018062618_農林水産省
農林水産省

農林水産省とかもあります。あれ正面から見ると、中央のカーテンウォールに巨大な樹のレリーフが施されています。すげぇ。





2018062619_カザン・クレムリン
カザン・クレムリン

うん。まぁまぁでしたね。

けっこう期待してたんですが、なんか全体的に明治村感がしました。

まぁ現住のタタール人の文化はイワン雷帝にぶち壊されているし、ここにあったロシア正教会なんかもソ連時代にぶち壊されているし、それをここ20、30年で再建したところなので仕方がない気もしますけど。大陸の野郎どもはすぐぶち壊しやがりますからねぇ。











今日はこの後、W杯の試合会場のある都市に設置されているファン・フェストというパブリック・ビューイングに行こうという話になっています。

なんだかんだ初めて行きますね。ファン・フェスト。



2018062620_カザン
カザン市街地

その前に、ごはんを求めて市街地に一度戻ります。クレムリンの辺りはお高そうなレストランしか無かったんですよね。


2018062621_カザン

2018062622_カザン
カザン

出発する時に見た川沿いにはたくさんの人が。ちょっと涼しくなってきましたからね。というか今日の雨でだいぶ気温下がった気がします。それまでは普通に暑かったんです。泣きそうでした。





2018062623_ファン・フェスト
ファン・フェスト

再度メトロに乗ってやって来ました。こちらがファン・フェストです。

そのへんに建っている建物は全部コカ・コーラとマクドナルドです。協賛している企業さんですね。

ただマクドと言ってもいつものハンバーガーではなく、もっと軽いホットドッグみたいなのを売っています。簡易店舗だしさすがにハンバーガーは作れないか。


2018062624_ファン・フェスト
ファン・フェスト

今日の試合はナイジェリア対アルゼンチン。

このカード多くない?と思って調べてみたら、やっぱりナイジェリアが出場した大会は全部グループリーグで当たっていて(4回)アルゼンチンが全勝していました。ナイジェリアが可愛そうだ。

ただ今大会はアルゼンチン調子悪いっぽいのでナイジェリアにもチャンスがあるんじゃないでしょうか。

アルゼンチンは勝たないとダメ、ナイジェリアは引き分けでもOKという状況のようです。





最終的に、1−1のまま終わりそう、ナイジェリア決勝トーナメント行けそう、という土壇場でアルゼンチンが決勝点を決め、2−1でアルゼンチンの勝利。かろうじて決勝トーナメント進出を決めました。

最後の最後にメッシが遅延行為でイエローもらってましたね。あれはいらんかった。



このファン・フェスト会場も全体的にはアルゼンチン推し。やっぱり有名な選手が多いほうが応援されますね。先日の日本対セネガル戦も、ぼくらの周囲にいたロシア人はどっちかと言うとセネガルを応援してるようでしたし。

日本もいつの日か第三国のサポーターが応援してくれるようなワールドクラスの選手が出て来て欲しいですね。



そして試合後は画面の下にあるステージにMCが上がり、クラブ・ミュージックをかけてズンドコやってました。

友人曰く、ああやってお帰りの時間を分散させる狙いがあるらしいです。なるほど、さすがですね。今更ですがぼくの友人は4大会連続で現地観戦している筋金入りのサッカーファンなのです。





2018062625_カザン・クレムリン
カザン・クレムリン

ファン・フェスト会場はカザン・クレムリンからヴォルゴ川を渡った対岸でした。

なので会場から綺麗にカザン・クレムリンのライトアップが見えます。


2018062626_カザン・クレムリン
カザン・クレムリン

せっかくなので歩いて橋を渡り、カザン・クレムリン近くの駅からメトロに乗って宿まで帰りました。





カザン、基本的には何もなかったですね。エカテリンブルクにカザン・クレムリン足しただけみたいな感じです。

ただ久しぶりにイスラムの文化に触れられましたし、カザンの歴史自体は大変興味深いのでこの機会に来られて良かったです。











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2018.09.26 | ロシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム