スロヴェニアの「コペル」からクロアチアの「ザダル」へ

【1002日目】コペル→ザダル(2018年10月22日(月)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はスロヴェニアをあとにして、おとなりのクロアチアに向かおうと思います。

とりあえず今日の最終目的地はザダル

2018102201_コペル→ザダル
コペル→ザダル


ザダルで以前インドで会った旅友さんと合流する約束になっているんですよね。なのでザダルにはたどり着かなくてはならないのです。



が、ただ行くだけでは面白くないというのもある。

昨日も書きましたが、アドリア海沿いの街はいろいろ特徴があって面白いものが多いのです。いくつかは世界遺産にもなっていますし。海の見える世界遺産の旧市街とかだばでーさん鼻血出しちゃうよ?って感じです。



というわけで、コペルからすぐ近くの街ポレチに寄って行くことにしました。



ポレチ

イストラ半島の西岸に位置するポレチは、はるかローマ時代からイストラ半島の政治的中心地として栄えてきた。

ローマ時代以降はビザンツ帝国、ヴェネツィア共和国、オーストリア=ハンガリー帝国と、さまざまな国家の支配を受けてきた。旧市街は、ローマ時代の古代都市を土台として、さまざまな時代にわたる数多くの遣跡、歴史的建造物が建てられており、なかでもビザンツ帝国時代に建てられたエウフラシウス聖堂は世界遺産にも登録されているこの町最大の見どころ。

長い歴史をもつポレチュは、現在イストラ半島における観光の中心地。毎年何十万人もの観光客が集まるリゾート地としてにぎわいを見せている。

引用元:地球の歩き方






たださっきも書いたように今日中にザダルにたどり着かなくてはならないので、いつものように行き当たりばったりで行くわけにもいかないのです。

というわけで珍しくバスの時間とかあれこれ調べたんですよ。まぁクロアチアが路線バスの時間がちゃんとネットから拾える国であるというおかげなんですけども。



で、今日の予定はですね。


09:34 コペル発ポレチへ(予約済み)
11:10 ポレチ着予定

(あれば)バスターミナルに荷物を預けてポレチ観光

14:00 ポレチ発リエカへ
15:15 リエカ着予定

16:15 リエカ発ザダルへ
20:13 ザダル着予定


2018102202_コペル→ポレチ→リエカ→ザダル
コペル→ポレチ→リエカ→ザダル

こんな感じ。



ポレチからザダルへの直通が無いみたいで一度リエカまで出ないとならず、リエカ発ザダル行きのバスの時間から逆算するとこうなります。まぁポレチの観光に3時間ほど取れているのでいい感じのスケジュールが組めているのではないでしょうか。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
















2018102203_コペルのバスターミナル
コペルのバスターミナル

というわけでコペルのバスターミナルです。

このコペルからポレチのバスだけ予約しておいたんですよね。なんか1日2便しかない(しかももう1便は夕方)みたいで、とりあえず抑えておかないといけないような気がしたので。


2018102204_コペルのバスターミナル
ポレチ方面行きの乗り場

行き先表示に「ポレチ」と書かれている乗り場でバスを待ちます。

名前が複数書かれているのは、このあたりの街はだいたい「現地語」と「イタリア語」でお名前があるからですね。街によってはさらに「ドイツ語」の名前もあったりします。

周りには同じくポレチ方面へ向かうバスを待っている方々が。まぁ1日2便じゃあみんなこれに乗るよね。

さ、それでそのポレチ方面へ向かうバスなんですが。












来ませんでした。












どうなってんだゴラァァァァァァ!!!!!



ただの路線バスが来ないんじゃないんだよ。



予 約 し て た



バスが来ないとはどういうことだボケェェェェェッェ!!!!!





しびれを切らした他のバス待ちの方々はどっかまでタクシーに乗っていくことにしたそう。

一緒に行くかと誘われたのですがお断りしておきました。タクシーでどこまで行ってどうするつもりなのか分かんないけど、そんなお金の読めないことしたくない。お気持ちはありがたく頂戴します。

いちおう1時間ほど待ったのですが来る気配などさらさら無かったので次の策を考えねばなりません。


とりあえずバスターミナルの窓口で相談。

曰く、「ポレチどころかクロアチアへ向かうバスは夕方までしかない(知ってた)」、「(ぼくの持っているチケットは)ここで扱っている会社ではないので返金などは出来ない(知ってた)」とのこと。


おいおい、知ってる情報しか出てこないじゃないか。

ねぇ他に無いの?例えば一度他の街まで出たらクロアチアへ行くバスが出てるとか。



窓口「あぁ、トリエステまで行けばもっとたくさんバスがあるはずよ。コペルよりも大きな街だから」



はいキタ!

そういう情報をお求めになっていたんですよ、わたくしは。

なるほどトリエステね。この周辺で1番大きな街なのかな?しかしこのコペル、スロヴェニア唯一の港湾都市ということでこの界隈じゃそこそこ大きな街のはず。それよりも大きな街なんてこの近くにあったかしら…。



2018102205_トリエステ
トリエステ

イタリアやん。



ぼくはクロアチアに行きたいだけなのに、一度逆方向のイタリアへ向かわなくてはならないらしい。





2018102206_トリエステ
トリエステ

コペルからトリエステへはバスが1、2時間に1本ぐらいでそこそこ出ています。そのバスに乗ってトリエステへ。

まぁ隣国って言っても山ひとつ越えるだけなんですけどね。

写真はコペルの北の山を越えたところから見えたトリエステの街です。





2018102207_イタリア
イタリア

えー、なぜかイタリアに入国しています。

まぁシェンゲン圏内の移動なので何ひとつイベントは起こらないのですが。

ちなみにぼくは訪れた国数は宿泊ベースでカウントしているので、このようにトランジットで立ち寄っただけの国は数えません。まぁ来たのは来たので色は塗りますがね。





2018102208_トリエステのバスターミナル
トリエステのバスターミナル

というわけでトリエステのバスターミナル到着。だいたい40分ぐらいですね、コペルから。


さーて、ここからなんとかザダルへたどり着かなくてはならないんですが、、、。あ、もうポレチは諦めてますよ。今日の最終的な目的はザダルへたどり着くことなので、とりあえずそこを確定させなくてはいけません。

とりあえず窓口で聞いてみますかねぇ。





2018102209_トリエステのバスターミナルの時刻表
時刻表

おや、チケット売り場の前にFlix Bus様の時刻表が置いてあるじゃないですか。

なるほど、ここからクロアチア各都市へFlix Busがバスを出しているのですね。Flix Busはこういうの多いんですよね。その街のバスターミナルがFlix Busのチケットを代理で販売している、みたいなの。

もう公共交通機関の扱いなんでしょうか。まぁこうやって窓口業務を他に移管して自分とこのオフィスを減らすことで経費を削減し格安料金を実現しています、とかそんな感じでしょう。たぶん。知らんけど。


で、ザダル行きのバスももしかしてあったりなんか…。





2018102210_トリエステのバスターミナルの時刻表
ザダル行きのバス

しました。


スプリト行きのバスが1日1便出ていて、そいつがザダルを経由するようです。





2018102211_ザダル行きのチケット
ザダル行きのチケット

はい完璧。

まぁもうこの程度のトラブルでどうにかなるようなキャリアでは無いのですよ。とりあえず最終的に行かなくてはならないところまでは行くのです。言うてヨーロッパですし。これがジャングルとかサバンナとか砂漠とかのど真ん中だったら知りませんよ。でもヨーロッパですんでね。なんとかなります。

ただコペル→ポレチのチケットをネットで販売しておきながらバスを出さなかったそこのバスクロアチア。おまえはダメだ。ポレチ観光の機会を奪った貴様は絶対に許すまじ。絶許。(でもめんどくさいからクレームは入れない。)





2時間ぐらい時間があったのでどこかのカフェかなんかで時間を潰そうかと思ったのですが、さすがイタリア。物価が鬼高い。

これはあかん。これはあかんで。スロヴェニアとの価格差がやばい、むしろやゔぁい。

国境って凄いわぁ、ほんと。実際は存在しない線のくせに越えたらこんなんなるんやもん、恐ろしいわぁ。。。





2018102208_トリエステのバスターミナル
トリエステのバスターミナル

というわけでさっき降りたバスターミナル。

今回も発車予定時刻にバスが現れないし、来たと思ったら「ザダル」どころか終点の「スプリト」とすら行き先表示がされてなくて

「え?これ?本当にこれ?1日1本みたいだから乗れなかったら大惨事なんだけどこれ?これで合ってるの?」

とだいぶキョドりながらなんとか乗車。ちなみに行き先表示は「リエカ」になってました。「リエカ」行きのバスは頻発してるみたいなので、それとは違うんだぜみたいなアピールはしてもらわないと困るんだけどね。





まぁ無事に目的地行きのバスに乗れたっぽいので後はもうだらだら遊んでましょう。



2018102212_スロヴェニア
スロヴェニア

イタリアからまたスロヴェニアに入りまして〜(スロヴェニア内では一切停車しなかった)。



2018102213_スロヴェニアとクロアチアの国境
スロヴェニアとクロアチアの国境

国境に到着です〜。

イタリアの街から出てスロヴェニアを縦断したはずなのに出発してから20分しか経っていないという。なんだこれは。時間差トリックか?


ちなみにクロアチアはEUではありますがシェンゲン協定には加盟していません。なので出国検査と入国検査があります。


こちらの国境で係員が乗ってきました。スロヴェニアの出国検査かな?

みなさんIDを見せているだけですね。まぁEU市民の方たちはそれでいいよね、EU圏内はどこ行ってもいいんだから。うらやましす。


あ、ぼくのところに係員さんが来ましたよ。はいはい、パスポートをご覧あれ。



係員さん「あ、きみはスタンプがいるね」



そう言ってぼくのパスポートを持って出ていった係員さん。帰ってきたパスポートには何故かクロアチアの入国スタンプが押されていました。スロヴェニアの出国スタンプは無し。

あ、そういうノリなんですね。ゆるゆるな感じで。

2018102214_シェンゲン滞在可能日数
シェンゲン滞在可能日数

いちおうシェンゲンに滞在できる日数があと3日というギリギリまで滞在していたので、それなりに何か言われたり見られたりするのかと思っていたのですけども。

出国のアレすら無いのね。あぁそう。











2018102215_クロアチア
クロアチア

71カ国目、クロアチアにぬるりと入国しました。



クロアチア

首都はザグレブ。

通貨の単位はクーナ。1クーナ=17円ぐらい。以下Kと表記。

民族は90%がクロアチア人。

言語はクロアチア語。

宗教は86%がカトリック。














2018102216_リエカ
リエカ

あとはザダルまで寝てるだけか、と思っていたらリエカで乗り換えさせられました。

あーね。それでこのバスの行き先表示が「リエカ」になってたのね。そういうのは先に言ってくれよ。



2018102217_アドリア海
アドリア海

今度こそ本当にザダルまで乗ってるだけです。

時折アドリアの美しい海が見えたり、


2018102218_どっかの街
どっかの街

通り抜ける街がいちいち中世の装いで素晴らしかったり、


2018102219_夕焼け
夕焼け

アドリア海沿いの街の魅力のひとつである美しい夕焼けなどを見ながら走ること4時間。

リエカまでの分を合わせるとだいたい6時間ちょい。もう夜行で行ってもおかしくない距離。

久しぶりにこのレベルの移動をしたのでだいぶ疲れました。移動って疲れるんでしたね、そういえば。



まぁなんにせよ無事に今日中にザダルにたどり着くというミッションをコンプリートし、予約していた宿で無事に旅友と合流することも出来ました。まぁまぁ上出来でしょう。朝イチのわけわからん事態からよくリカバリーした方なんじゃないでしょうか。





2018102220_ザダル旧市街
ザダル旧市街

もうすっかり暗くなっていましたが、お昼ご飯も食べておらずお腹が超絶空いているので、とりあえず街に出てきました。何か食べさせてください。



2018102221_イカスミリゾット
イカスミリゾット

疲れているしお腹も空いているし今日は2人だし、ということで普段なら絶対入らないような普通のレストランでディナー。アドリア海沿いですのでね。せっかくなので海産物をいただきたいと思います。

というわけで今日の晩ごはんはイカスミリゾットです。別名「あまやかしリゾット」。



いやほんと今日はよく頑張ったよ。

まぁ大半は座ってただけなんだけどさ。。。





ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。



   
   

[ 2019.03.09 | クロアチア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

世界遺産の「プリトヴィツェ湖群国立公園」に行ってきた

【1003日目】ザダル(2018年10月23日(火)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はクロアチアと言えばな観光地「プリトヴィツェ湖群国立公園」に行こうと思います。



プリトヴィツェ湖群国立公園

ザグレブから南へ約110kmの所に位置するプリトヴィッツェ湖群国立公園は、大小16の湖と92カ所の滝をもつ国立公園で、1979年にはユネスコの世界遺産に登録された。

エメラルドグリーンのプリトヴィッツェ川は、森の中を縫うように蛇行しながら静かに流れ、コラナ川との合流点では落差78mの滝、ヴェリキ・スラップとなり、ふたつの川がひとつの湖に流れ込む。湖群の中でも標高639mの湖から標高150mまでを階段状の滝が結んでいる場所は、1番の見どころ。その躍動的な姿はまさに大自然の芸術といえる。

出典: 地球の歩き方






プリトヴィツェは首都のザグレブから日帰りで行く方が多いのですが、海沿いのザダルからも同じく日帰りで行くことが出来ます。

あぁ、それでだばでーさんはザダルにいらっしゃるのね。

そうです。そういうことです。今後の事も考えると、ザグレブ行っちゃうとルートがおかしなことになってしまうのですよね。クロアチアの観光地ってだいたい海沿いでしょ?ザグレブ行く必要無くない?というかザグレブなんかあんの?



というわけで今日はザダルから日帰りでプリトヴィツェに向かいます。

ちなみに昨日合流した旅友さんと一緒です。まぁ一緒に行こうぜっつって合流したので当然なんですけど。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
















2018102301_ザダルのバスターミナル
ザダルのバスターミナル

というわけで朝イチでザダルのバスターミナルです。

ザダルからプリトヴィツェ間はお得意様のFlix Busがバスを運営しており、チケットもネット経由で購入できます。窓口でももちろん買えますが、ぼく昨日着いたの遅かったしそんなヒマ無かったので宿に着いてからオンラインで購入しました。

発車時刻は8時半。めちゃくちゃ早朝じゃねぇか。。。なんてこった。。。


ちなみにこのブログを書く際にもう一度調べたのですが、もしかしたら冬期はザダル発の朝便無いかもです。行く前に調べてみてね。





2018102302_プリトヴィツェ入口
プリトヴィツェ入口

2時間半ほどでプリトヴィツェ国立公園の目の前に到着。ゲートは1と2のふたつあるのですが、こちらはゲート1の方。1のゲートの方が大きめですね。


2018102303_ザダル方面行き時刻表
ザダル方面行き時刻表

帰れないと嫌なので、いちおう帰りのバスチケットを買っておきましょう。

選択肢は15時か17時。

今11時なんですよね。17時って6時間もあるんだけどそんなに必要?普通に考えて6時間も歩いたら疲れちゃわない?4時間もあれば十分じゃない?あんまり帰るのが遅くなるのも嫌だしねぇ。。。

ということで15時のバスを購入。料金は100K(1,700円ぐらい)。

時刻表には「チケットは車内販売のみ!」とでかでかと書かれていますが、なぜか普通にバス停の窓口で買えてしまいました。


2018102304_ザグレブ方面行き時刻表
ザグレブ方面行きバス

ちなみにこれがザグレブ方面行きの時刻表です。



2018102305_プリトヴィツェ地図
園内マップ

入口前には園内のマップもありました。

確か結構大きな国立公園だったと思いますが、観光客が歩けるところは川と湖沿いの部分だけっぽいですね。


2018102306_モデルルート
モデルルート

モデルルートもいくつか掲示されていました。

われわれの4時間というのだと。。。


2018102307_モデルルートB
モデルルートB

このルートBがいい感じですかね。ちょうど3〜4時間ぐらいらしいです。総距離は4キロほど。

ゲート1のあたりを散策し、船で湖を遡上、ゲート2のあたりに到着するのでそこでバスに乗り換えゲート1に戻ってくるという、、、え、ほとんど歩いてなくない?というルートです。

とりあえずこのルートをなぞる形で行ってみましょう。時間に余裕があればちょっと寄り道などすればいいですね。



2018102308_プリトヴィツェ国立公園
プリトヴィツェ国立公園

先程の建物でチケットを購入。料金は150K(2,600円ぐらい)。往復で3,000円以上かかってるし、トータルで6,000円を超えましたね。なかなか金のかかる観光地だぜ。


さ、というわけで園内をお散歩したいと思います。

ちょっとお天気が優れないですが、まぁ仕方ないですね。雨は降らないで欲しいなぁ。



2018102309_プリトヴィツェ国立公園

2018102310_プリトヴィツェ国立公園

2018102311_プリトヴィツェ国立公園
プリトヴィツェ国立公園

うん。なんか、、、すでにわりと素晴らしくない???

すごいすごいとは聞いていたのですが、実際見てもなかなかいいじゃないですか。

こういう地形があったとして、それをこういうアングルから見られるところってあまり無いですよ。おやおや?久しぶりに期待以上のものに出会えたかしら?


2018102312_プリトヴィツェ国立公園
紅葉

園内の木々も色づいて、、、そしてだいぶ落ちていますね。うん。紅葉狩りにはちょっと遅かったかな。


2018102313_プリトヴィツェ国立公園

2018102314_プリトヴィツェ国立公園

2018102315_プリトヴィツェ国立公園

2018102316_プリトヴィツェ国立公園
プリトヴィツェ国立公園

いやまぁいいけどね。still good だけどね。



2018102317_ヴェリキ・スナップ
ヴェリキ・スナップ

こちらがこの園内最大の滝「ヴェリキ・スナップ」

歩き方先生をして「記念撮影をするならここ」とのスポットなんですが。


2018102318_ヴェリキ・スナップ

2018102319_ヴェリキ・スナップ
ヴェリキ・スナップ

これに関してはそこまでじゃねぇ?そんな言うほど?

そりゃプリトヴィツェで最大の落差かも知れんが、こと「滝」として見ると他所にもっといいのがたくさんあると思います。



2018102320_プリトヴィツェ国立公園

2018102321_プリトヴィツェ国立公園

2018102322_プリトヴィツェ国立公園

2018102323_プリトヴィツェ国立公園

2018102324_プリトヴィツェ国立公園

2018102325_プリトヴィツェ国立公園

2018102326_プリトヴィツェ国立公園

2018102327_プリトヴィツェ国立公園
プリトヴィツェ国立公園

プリトヴィツェと言えば「ひとつの大きな滝」ではなく「いくつもの滝が折り重なって出来た自然美」ですよね。

いやぁ、いいなぁこの散策路。好きだなぁ。ちょっと観光客が多いけどねぇ。。。夏のオンシーズンは凄いことになるんだろうなぁ。。。


2018102328_プリトヴィツェ国立公園
シュプリャラ洞窟

途中に洞窟もありました。

が、これはまぁいいです。ただの穴です。



2018102329_船着き場

2018102330_船着き場

2018102333_渡し船
船着き場

ルート図によると「P3」と書かれている船着き場。

この周囲にはカフェらしきものがあり、たくさんの人達がここで一息ついていました。ここまでのルートはカフェどころかベンチすら無かったからね。遊歩道も広くは無いからあまり立ち止まってると迷惑極まりないし。そりゃここで休むわな。


2018102331_船着き場
船着き場の案内

ここからP2という船着き場まで向かうそうです。確かゲート2の近くですね。

案内板によると30分おきの発船とのこと。ということは次を逃すと30分待たなきゃダメってことか。4時間しか無いしそれはもったいないな。



2018102332_渡し船
渡し船

というわけで次に来たやつに乗りました。無料です。


2018102334_渡し船
渡し船

たぶん船からの眺めがいいんでしょうけど、外側の席が取れなかったのと、船の中で(旅友さんが)作ってきたお弁当を食べてたのと、あとそんな動き回ってまで写真撮るのめんどくさいという理由により写真はこれだけです。



P2船着き場に着いたところで、やっぱり歩き通しで疲れたのと、ちょっと暖かいものが飲みたい、ということで近くのカフェに避難。

国立公園の中とは思えないふわふわのカプチーノを頬張りながらだらだらダベります。



ダベります。



ひたすらダベります。







…あれ?もう1時間ぐらい経ってね?







知らない内にバスの時刻まで1時間を切っていました。

まぁ久しぶりに会ったし積もる話もありますわな。ここで話さなくても良くね?というツッコミは聞かなかったことにしておきます。



2018102335_プリトヴィツェ国立公園

2018102336_プリトヴィツェ国立公園

2018102337_プリトヴィツェ国立公園

2018102338_プリトヴィツェ国立公園

2018102339_プリトヴィツェ国立公園

2018102340_プリトヴィツェ国立公園

2018102341_プリトヴィツェ国立公園

2018102342_プリトヴィツェ国立公園

2018102343_プリトヴィツェ国立公園
プリトヴィツェ国立公園

時間もなくなってきたので、P2からP1に渡り(すぐ目の前)、そっち側の遊歩道を少し散策。

ただ明らかに時間がヤバくなってきたので途中で引き返しました。

おやおや。4時間じゃ全然足りなかったぜ。。。



2018102344_ゲート2のバス停
ゲート2

もうゲート1まで戻る時間は無かったので近くのゲート2からバスに乗ることにしました。ゲート2はゲート1よりザダル側なのでゲート1を出発したバスは必ずゲート2も通るんですよ。

まぁゲート2のバス停はゲートから少し離れてるんですけどね。ゲート1は目の前にあったんですが。



2018102345_ザダル行きのバス
ザダル行きのバス

無事ザダル行きのバスに乗車しました。

これにて世界遺産の「プリトヴィツェ湖群国立公園」とはお別れです。



全体的にはかなり良かったと思います。もう少し天気が良ければ写真も映えに映えたでしょうし。あとちょっと早ければ紅葉が…という思いも無いことも無いですが、それでも湖畔の遊歩道をお散歩しながら景色を眺めるのはなかなか気持ちの良いものでした。

まぁ一言でまとめるとするなら、、、





九寨溝ですね。





ヨーロッパ版の。











2018102346_ザダルのバスターミナル
ザダルのバスターミナル

来る時より早く、2時間ぐらいでザダルに到着しました。

近くのスーパーで晩ごはん用の買い出しを済ませてもまだ太陽が沈んでいません。これは夕焼けを観に行く流れなのでは?



昨日もちらっと書きましたが、アドリア海沿いの街々はとにかく夕陽が綺麗という謳い文句を使います。まぁどの街も西に海があるのでそりゃそうだろ、って話なんですが、とにかくどの街も夕陽推し

ここザダルも例に漏れず、夕焼けが綺麗ですよーとガイドブックにも書かれています。



というわけでそんなザダルの夕陽を堪能しましょう。



2018102347_ザダルの夕陽

2018102348_ザダルの夕陽

2018102349_ザダルの夕陽

2018102350_ザダルの夕陽

2018102351_ザダルの夕陽
ザダルの夕陽



ちなみに最期の写真に写っているシルエットの人が今一緒にいる旅友さんです。

その正体は明日にでも明かされるかも知れません。





し、明かされないかも知れません。






ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.03.10 | クロアチア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

世界遺産の「ディオクレティアヌス宮殿のあるスプリトの歴史的建造物群」に行ってきた

【1004日目】ザダル→スプリト(2018年10月24日(水)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はザダルからスプリトという街に移動します。

2018102401_ザダル→スプリト
ザダル→スプリト

スプリトはクロアチアの海沿いの地域では最も大きな都市で、その旧市街は世界遺産にも登録されています。



スプリト

アドリア海沿岸最大の港町スプリトは、ローマ皇帝デイオクレテイアヌス(245?~316?年)の宮殿がそのまま旧市街になったという珍しい起源をもつ町。その特殊な成り立ちと町並みにより、世界遺産にも登録されている。

そもそも宮殿であったスプリトに人が住み着くようになったのは、ローマ帝国が滅亡し、異民族が大挙してこの地に入り込んできた7世紀のこと。近郊のサロナから追われた人々が、頑強な城壁に囲まれている宮殿内に避難してきたことが発端だった。人々は宮殿の基礎部分はそのままに、その上から建物を増築する形で町を築いていったため、古代と中世の建物が複雑に絡み合うような独自の町並みが生まれることになった。

引用元:地球の歩き方





なんかいつものWikipedia先生は「スプリトという街」についての説明に終止して「世界遺産のスプリト」についてはほとんど解説が無かったので、地球の歩き方先生から引用いたしました。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2018102402_ザダルのバスターミナル
ザダルのバスターミナル

というわけでザダルのバスターミナル。

なんと朝9時発のバス。はえぇ…。

前日にチケットを買っておかなかったので乗れるか不安でしたが、普通に朝来てチケットも買えました。スプリトまで103K(1,800円ぐらい)と荷物代10K(170円ぐらい)。

なんかこの辺は荷物代取るみたいです。トリエステからザダル来る時も荷物代かかったし(2€)。





2018102403_スプリトのバスターミナル
スプリトのバスターミナル

だいたい3時間半でスプリトに到着。

そんなに遠くないはずなのにえらく時間かかるなと思ったら、途中の街々でいちいちバスターミナル寄って乗客を入れ替えながら走っていました。距離の長い路線バスですね。



とりあえず予約していた宿にチェックイン。

この宿のおねえさんが親切で、スプリトについてあれこれ教えてくれました。それらの情報を地図に書き入れてくれたので、今日はこの頂いた情報に基づいて歩いていこうと思います。





2018102404_スプリト
スプリトの港

というわけでまずは港まで出てきました。まぁ実はバスターミナルはこの港のすぐ横(写真で言うと奥)なので、さっきも見たんですけどね。


2018102405_スプリト

2018102406_スプリト

2018102407_スプリト
スプリトの港

いやーもう。。。



THE・リゾート



って感じじゃないです?

青い海、それに浮かぶクルーザー。そんでその背後には中世ヨーロッパの旧市街が控えていて、、、ってもうクロアチア最高かよ。

リゾートは好きじゃないけど、それはリゾートが悪いんじゃなくて「リゾートと言えばウェーイが多い」みたいなイメージのせいなんですよね。ここは明らかにリゾートだけどウェーイがいそうな感じでは無くないですか?もっとセレブリティ度の高い方たちがリゾる場所っぽい雰囲気。もっと簡単に言うと酒よりもコーヒーが似合いそうな雰囲気。





2018102408_おひるごはん
おひるごはん

それはそれとして、どう考えてもお腹が空いたので、宿のおねえさんに「ここは比較的お安め」と言われたレストランでランチを取ることに。


2018102409_各国メニュー
各国メニュー

地元の方が「お安め」というからにはどんな庶民派ローカル食堂かな?と思っていたら、普通に日本語含む各国言語によるメニューが置いてある観光地のレストランでした。美味しかったけどね。





2018102410_スプリト旧市街
旧市街

さ、それでは満を持して旧市街の観光に向かいましょう。

この左手に見えている壁みたいなのの中が旧市街。もともとローマ帝国の皇帝さんがリタイア後に住むために建てた宮殿なんですよね。そこに住む人がいなくなり一旦廃れるのですが、ある時よそから戦火を避けてやってきた人たちが住み着きはじめます。なのでこういう壁に囲まれたっぽい外観になっているんですね。そもそもは街じゃなくてデカい建物だったわけで。

…で?これどっから入るんだ。


2018102411_スプリト旧市街
青銅の門

あ、これ?このちっこいのですか?めっちゃ裏口やん。裏口やろ、これ。





2018102412_宮殿の地下
宮殿の地下

入ったらこんなんなってました。ギャップすごい。

ここは「宮殿の地下」と呼ばれているエリアらしく、この上に皇帝のお住まいがあったそうです。この空間はただただその皇帝のお家を支えるために造られたらしく。やっぱりさっきの門は裏口だな。



2018102413_宮殿
宮殿

地下から上がるとこんな場所に出ます。前庭だそうで。

ということはこの建物が皇帝のお住まいだったところかな。


2018102414_前庭

2018102415_前庭
前庭

この前庭の脇には大聖堂があり、高い鐘楼がそびえています。港からもひときわ目立っていたのがコイツですね。

なんだか工事中っぽかったですが。


2018102416_前庭
スフィンクス

あと宮殿の前にいたスフィンクス。

これ宿のおねえさんがなんか言ってたんですよね。このスフィンクスがどうのこうの…って。覚えてないんですけどね。



まぁこの辺はアレですよ。ランドマーク的なところですので。似たようなものはヨーロッパどこに行ってもあるわけで。

今一緒にいる旅友さんも写真を撮るのが好きで、というか元プロらしいんですけど、基本ずっと写真を撮っているのでぼくも釣られていつもよりたくさん写真を撮ってしまうのですけどね。





2018102417_路地

2018102418_路地
路地

その旅友さん、この街の路地がツボだそうです。





いや分かりますよ。ぼくも路地は好きな方なんで。

特にこの街は路地が細いし、もともと宮殿の中なので車道なんてものが一切ないんですよ。

旧市街の石畳の通りをホコ天にしているところってヨーロッパ中にいくらでもあるんですけど、それはあくまでも車道をホコ天にしているだけであって幅員は車道のそれなんですよ。

ただここは本当の意味で車道が一切ない。

必然的に幅員が狭くなり、建物が折り重なり、いい雰囲気を醸し出しまくるわけです。この雰囲気が素晴らしくぼく好みで…ってあぁもういいです。写真を見てください。



2018102419_路地

2018102420_路地

2018102421_路地

2018102422_路地

2018102423_路地

2018102424_路地

2018102425_路地

2018102426_路地

2018102427_路地

2018102428_路地

2018102429_路地
路地


こんなんです。





もうたまらんわー。たまりませんわこれはー。

それでところどころ洗濯物なんかも干してあったりして、きちんと生活感が出ているところがまたいいですわー。

博物館とか教会とかまったく入ってないのにこの満足度はやばいですわー。



路地ばっかり撮ってるみたいに見えますけど、他のとこもちゃんと撮ってますよ。


2018102430_金の門

2018102431_金の門
金の門(北門)

たぶんこの宮殿の正門だったと思われる北の門とか。


2018102432_ナロドニィ広場

2018102433_ナロドニィ広場

2018102434_ナロドニィ広場

2018102435_ナロドニィ広場
ナロドニィ広場

宮殿のすぐおとなりにあるナロドニィ広場とか。


2018102436_SPAR.jpg

2018102437_SPAR.jpg
SPAR

中世の建物にそのまま現代式のスーパーマーケットをぶち込んでみたSPARとか。


あとはまぁ、、、


2018102438_街並み

2018102439_街並み

2018102440_街並み

2018102441_街並み

2018102442_街並み

2018102443_街並み

2018102444_街並み
路地


路地とか…?










2018102445_アイス
アイス

いやだってほんとにこの街の路地は素晴らしいんですもん。

…え?なんですか?アイスぐらい食いますよ。何言ってんですか。美味いんスよ、アイス。










2018102446_スプリト

2018102447_スプリト
スプリト

旧市街の散策も一段落したのでちょっと高いところにやって来ました。

旧市街もいいですがアドリア海の眺めもまたいいですね。なんですか本当に、最高ですかここは。

ねぇ?いかが思われます?旅友さん、、、あれ、旅友さん???





2018102448_ゆかりさん
旅友さん

なにしてるんですか?





あ、ご紹介しましょう。彼女こそがクロアチアを一緒に旅行している旅友さんことゆかりさんです。

この地球めぐり -konohoshimeguri-

というブログを書いてらっしゃる方で、去年インドで会って以来2回目です。

ちなみにぼく以上に遅筆なので時差がすごいことになっています。ほんとやる気あるのかしら。





2018102449_ゆかりさん
ゆかりさん

で、なにしてるんですか?

あ、ネコが膝の上で暖を取っていて動けないと。あぁそうですか。

ネコ好きなんだそうですよ。ご自宅でも飼ってらっしゃるそうで。まぁネコ可愛いからね、仕方ないね。


2018102450_ネコ
ネコ

気持ちそさそうでちゅねー。お外寒いでちゅもんねー。可愛いでちゅねー。

でもそこに座ってるとゆかりさんが写真撮れなくて困ってまちゅよー。


あれ。おや?

おやおや?





2018102451_ネコ
ネコ

なにちてるんでちゅかー?

場所替えでちゅか?今度はこっちで暖を取るんでちゅか?ちょっと重いんでのいてもらってもいいでちゅかね?





2018102452_ネコ
ネコ

ああ知らんでちゅか。そうでちゅか。まぁそうでちゅよね。ネコでちゅもんね。ちゅうちゅう。





2018102453_ネコ
ネコ

ちなみに柄のそっくりな、たぶん兄弟っぽいネコが現れてニャーと鳴いたら飛んで行ってしまいました。


新しく来たネコ「そんなとこでにゃにやってるんニャ!」

膝の上のネコ「にゃにゃにゃにゃにもしてにゃいニャ!」


みたいな感じでした。その後は一切見向きもしてくれなかったですね。まぁネコだしね。そんなもんでちゅよね。





2018102454_山頂の広場
山頂の広場

ひとしきりネコと戯れた後はさらに高いところへ。丘の上のちょっと広場になっているようなところ。ここが山頂っぽいです。


2018102455_山頂の広場

2018102456_山頂の広場
スプリト

ここからは旧市街は見えないのですが、さっきよりも高い分より遠くまで見渡すことができます。

いやー、ほんとアドリア海綺麗すぎじゃない?



2018102457_夕焼け

2018102458_夕焼け
夕焼け

アドリア海沿いの街の名物である夕焼けを堪能しながら下山。


2018102459_夕焼けに染まる旧市街
夕焼けに染まる旧市街

白亜の旧市街が夕陽に紅く染まる様子もばっちり拝見しまして。


2018102460_スプリト

2018102461_スプリト
夕暮れに黄昏れる旧市街

その後の黄昏時の旧市街もしっかり拝みまして。



2018102462_夕焼け
黄昏

港から太陽の最期の勇姿を。





なんだこれ。今日やばいな。最高かよ。





ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.03.11 | クロアチア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

世界遺産の「ドゥブロヴニク旧市街」に行ってきた

【1005日目】スプリト→ドゥブロヴニク(2018年10月25日(木)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はクロアチアと言えばな観光地ドゥブロヴニクに向かおうと思います。

2018102501_スプリト→ドゥブロヴニク
スプリト→ドゥブロヴニク

プリトヴィツェの時も「クロアチアと言えばな観光地」って書いた気がするけどまぁどっちもですよね。



ドゥブロヴニク旧市街

1979年に世界遺産に登録された旧市街は「アドリア海の真珠」とも謳われる美しい町並みを誇る。アドリア海沿岸でも傑出した観光地であり、多数のクルーズ船が寄港する他、地中海各都市とフェリーで結ばれドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡の中心都市となっている。

ドゥブロヴニクは歴史的に海洋貿易によって栄えた都市で、中世のラグーサ共和国はアマルフィ、ピサ、ジェノヴァ、ヴェネツィアなどと共に5つの海洋共和国に数えられ、アドリア海東側では唯一のライバルである都市国家はヴェネチア共和国だけであった。巧みな外交術と豊富な富に支えられ15世紀から16世紀にかけてはとくに発展している。1970年代、恒久的に戦争による破壊から守るために非武装化されたが、1991年のユーゴスラビア崩壊に伴う紛争でセルビア・モンテネグロ勢力によって7ヶ月間包囲(ドゥブロヴニク包囲)され砲撃により多大な損害を蒙った。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





ほんとはですね、スプリトの周りにある見どころにも足を運ぼうと思っていたんですね。スプリトの周囲にはいくつか世界遺産の街や島なんかがあって、日帰りで行けるんです。

が、ゆかりさん(今同行しているこの地球めぐりの中の人)のおケツが決まっていて、明後日ドゥブロヴニクからのフライトがあるそうです。

朝便らしいので前日は必ずドゥブロヴニクにいなくてはならず、そうすると可能性としては

今日スプリトで明日ドゥブロヴニク か、 今日も明日もドゥブロヴニク 

の二択になりますね。

が、明日はちょっとお天気が優れないとの予報。今日は晴れ。



ドゥブロヴニクは絶対天気の良い日に行きたい。



というゆかりさんのわがまま要望を採用し、今日ドゥブロヴニクに移動、そのまま観光にぶっこむことにしました。

いや、ぜんぜんいいんですよ。どう考えてもドゥブロヴニク>他のとこですし。クロアチア物価高いからとっとと進むべきなんですよ、わたくし貧乏パッカーとしましてはね。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2018102502_スプリトのバスターミナル
スプリトのバスターミナル

というわけでスプリトのバスターミナルです。

暗いですねー。そりゃ7時半ですからねー。





…最近朝早くない?





2018102503_ドゥブロヴニク行きのバス
ドゥブロヴニク行きのバス

まぁ今日中に移動して観光もして、、、ってなると時間が惜しいですからね。

ただこういう動きは2人旅ならではですね。一人なら絶対にこんな動き方はしない。絶対にこんな時間には起きない。ゆかりさんと動いていると旅程を詰め込んでくるので朝が早い。



まぁ本人今日寝坊してましたけど。



ぼくが洗面で身支度を済ませて部屋に戻ってきたらまだ寝てました。なにしてんのこの子…。

宿でお化粧出来なかったみたいでバスの中でやってました。こんな揺れるのに器用だなーと思って見てました。えぇ。ガン見してました。ぼく人の身支度見るの好きなんですよね。男のひげそりとかも見ちゃいます。なんか出来上がっていく様が面白いんですよね。



2018102504_アドリア海

2018102505_アドリア海

2018102506_アドリア海
アドリア海

青く美しいアドリア海。そこに時々顔を出す街々がまた映える。素晴らしいなぁ、アドリア海。



2018102507_国境
国境

ちなみにドゥブロヴニクのある地域はクロアチアの飛び地なので、途中でボスニア・ヘルツェゴヴィナの領土を通り抜けなくては行けません。

ここはその国境。いちおう乗務員が乗客のパスポートを回収して持っていきますが、帰ってきたパスポートにはクロアチアの出国もボスニア・ヘルツェゴヴィナの入国もスタンプはありません。いちおう見ただけって感じです。

2018102508_ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

というわけでちょっとだけボスニア・ヘルツェゴヴィナ入国

ぼくは訪れた国は宿泊ベースでカウントしているので(以下省略)。


2018102509_ネウム
ネウム

ボスニア領内で休憩。高台にあるホテルの前でしばらく停車しました。レストランとか売店があり、ユーロで支払いが出来ました(ボスニアは独自通貨がある)。まぁクロアチアと比べて安いかと言われたらそうでもないですね。普通に観光地価格。

ちなみに見えている街はボスニアで唯一海に面した都市。

スロヴェニアのコペルもそうでしたけど、内陸の国が海に向けてちょっとだけ領土を伸ばすことがありますよね。地図帳とか見てもらうとそんな地形の国って意外と多いんですよ。まぁ今のご時世、貿易をやるには港湾が必要だってことなんでしょう。

というわけでここネウムの街もボスニアにとって重要な港湾都市なのかしら?と思ったらそういうレベルの港ではないそうです。ボスニアの輸出入はクロアチアの港を借りて行っているのだとか。なんで持ってんのここ。

なんか昔ドゥブロヴニクを治めていた国がオスマン・トルコ帝国とケンカになりそうな時に、このネウムのあたりを割譲することで見逃してもらったという歴史的経緯があるらしく、その名残でこんな国境線になっているらしい。なので歴史的にも文化的にもあの街はクロアチアで、住んでる人もクロアチア人が多いらしい。もう返したらいいのに。



2018102510_国境
国境

というわけで反対側の国境。ここも特に何もなし。通るだけ。

2018102511_クロアチア
クロアチア

はいまたクロアチア入りましたー。

ここまで来ればドゥブロヴニクはもうすぐ。



2018102512_ドゥブロヴニク
ドゥブロヴニク

あ、見えてきましたね。というかすげぇクルーズ船がいくつか停泊していますね。あんなのを同時にいくつも見ることがあるとは思ってもみなかったぜ。



2018102513_ドゥブロヴニク
ドゥブロヴニクのバスターミナル

はい。ドゥブロヴニクのバスターミナルに到着です。

あの無駄な休憩時間を含めてだいたい5時間かかりましたね。ちなみにゆかりさんはずっと下ネタで盛り上がっていました。


2018102514_巨大クルーズ船
クルーズ船

バスターミナルの裏手が港らしく、先程見えたクルーズ船がどどーんと停泊しています。デカすぎじゃない?もう街やんこれ。


2018102515_クイーンエリザベス号
クイーンエリザベス…?

というかクイーンエリザベスって書いてんだけど。これクイーンエリザベス号なの?よく知らんけどよく聞く名前よね?あれ、ぼく今もしかして有名人に遭遇しました的な感じ?





時間を節約すべくバスターミナル目の前の宿を取っていたわれわれ。サクッとチェックインしてサクッと荷物を置いてサクッと観光へ向かいます。この辺りはさすがにフットワークが軽い。

2018102516_ドゥブロヴニク
ドゥブロヴニク新市街

ドゥブロヴニクの旧市街はバスターミナルから見ると市街地の反対側。歩けなくはないけどそんな時間も無いので市バスを使うことにしました。

2018102517_ドゥブロヴニクのバス停
バス停

なんかバス停にこういう雑な張り紙がしてあったので、これに従って旧市街へ向かうバスに乗り込みます。

ちょっと控えるのを忘れていて具体的な数字が無くてアレなんですけど、この市バス、すげぇ高かったです

え、市バスだよね?観光客を乗せるためのシャトルバスじゃないよね?街の方たちも利用されるバスだよね?え?バス乗るのにいちいちこんな金額払ってるの?ドゥブロヴニクの人たちみんな富豪なの?そんな富豪なのに自家用車じゃなくてバスで移動されてるの?

ってぐらい高かったです。恐るべしクロアチア。



2018102518_ドゥブロヴニク旧市街
ドゥブロヴニク旧市街

長い長い、とても長い前振りでしたがようやく到着しました。本日の目的地ドゥブロヴニク旧市街です。

中世からの城壁に囲まれた旧市街。さすが世界的に有名な観光地だけあって、ものすごい人がうじゃうじゃしています。うじゃりんぐです。


2018102519_へぇーへっへ。貴様ら全員アイスにして食っちまうぞ〜
アイスマン

入口ではなんだか良くわからないキャラクターが睨みをきかせています。これはアレですかね、戦隊モノとかに出てくる感じのヤツですかね。あの差し出した左手がまた物議を醸しそうです。


2018102520_ピレ門
ピレ門

ではでは。こちらの城門から中に入りましょう。ついにと言うかようやくと言うか。





2018102521_ドゥブロヴニク

2018102522_ドゥブロヴニク

2018102523_ドゥブロヴニク

2018102524_ドゥブロヴニク

2018102525_ドゥブロヴニク
ドゥブロヴニク

ででーん。

どうだこれがドゥブロヴニクだ。

ということでね。

まぁここらの建物は震災でだいたいぶち壊れた後に再建したものみたいですが、そんな事は言われても分からないですね。

実は建物の中に入ったのってこの教会を含めちょっとだけなんですよ。城壁なんかは入場料が高すぎて普通に断念したというのもあるのですが、昨日のスプリト同様このドゥブロヴニクも路地がヤバいのです。

2人で路地がヤバいネコ可愛い路地がヤバくてネコ可愛いと延々とキャッキャしていたからです。

ただそのキャッキャ具合は凄いものがありましたよ。どう凄かとと言いますとですね。





2018102526_ドゥブロヴニク

2018102527_ドゥブロヴニク

2018102528_ドゥブロヴニク

2018102529_ドゥブロヴニク

2018102530_ドゥブロヴニク

2018102531_ドゥブロヴニク

2018102532_ドゥブロヴニク

2018102533_ドゥブロヴニク

2018102534_ドゥブロヴニク

2018102535_ドゥブロヴニク

2018102536_ドゥブロヴニク

2018102537_ドゥブロヴニク

2018102538_ドゥブロヴニク

2018102540_ドゥブロヴニク

2018102541_ドゥブロヴニク

2018102542_ドゥブロヴニク

2018102543_ドゥブロヴニク

2018102544_ドゥブロヴニク

2018102545_ドゥブロヴニク

2018102546_ドゥブロヴニク

2018102547_ドゥブロヴニク

2018102549_ドゥブロヴニク
路地ときどきネコ


このぐらいです。


写真を撮る手がとどまるところを知らない。


いったい今日は何枚の写真を貼るつもりなのでしょう。



スプリトも良かったですがこっちもまたいいですね。どっちかと言うとこっちの方が好き。

なんと言ってもですね。雰囲気のいい路地があることはもちろんとして。



2018102550_アドリア海

2018102551_アドリア海
アドリア海

海が見える。



2018102552_上からドゥブロヴニク

2018102553_上からドゥブロヴニク

2018102554_上からドゥブロヴニク

2018102555_上からドゥブロヴニク
上からドゥブロヴニク

そして坂(ここは階段だけど)がある。



海の見える坂のある街が好きなんですよ。何回か書いてますけど。

その点このドゥブロヴニクは、路地の隙間から時々海が見え、坂(ここは階段だけど)を登れば赤い屋根が顔をだし、その青い海と赤い屋根のコントラストもまた素晴らしく。





控えめに言って最高。











2018102556_ロープウェイ
ロープウェイ

ただそろそろ日が傾いてきましたので。

やっぱりドゥブロヴニクに来たからにはさらに上からドゥブロヴニクしとかないとダメだろう、ということでこのクソ高いロープウェイで背後の岩山に上ります。まぁ今回も金額を控えるのを忘れていたのでいくらかは分からないのですが。

いちおう歩いても行けるんですけどね。今から歩いてたら暗くなっちゃうんじゃないかという気がしたので。


2018102557_ロープウェイ
ロープウェイ

けっこう人がいっぱい乗っていて、カゴの中からはいい感じの写真は撮れませんでした。

まぁいいですけどね。上から撮りますよ。あのドゥブロヴニクを紹介する時にとにかく使われる感じの写真をね。


2018102558_頂上
頂上

ものの数分で頂上に。この短時間であの価格設定はやはり暴利すぎるのでは。


2018102559_さらに上からドゥブロヴニク
さらに上からドゥブロヴニク

このロープウェイ乗り場にも展望台が着いていて、上からドゥブロヴニクできるのですが、いかんせんロープウェイのロープがじゃまですね。

あのいろんな人がアレやるスポットがどっかにあるはずなんですけど。



2018102560_アレスポット
アレスポット

あ、この辺がそうじゃないですか?よく見るアングルですよね。

ここでアレしている人の写真とかよく見ますよね。

まぁぼくはああいうアレにはまったく興味が無いので別に来たからってどうすることも無いんですけど…



2018102561_アレスポット
アレスポットでアレしようとするゆかり氏

…なにしてるんですか?


え、もしかしてアレやるつもりなんですか?


というかその格好、完全にアレ用ですよね?


え、最初からやる気マンマンだったって事ですか?


ここでアレするつもりで朝からその格好で仕込んできたって事ですか?


で、そのアレの写真をぼくに撮れと、そういう事ですか?


いや、いいですよ、別に。撮りますよ。ぼく自身はアレにはまったく興味が無いですけど、あのアレをアレする人に対してどうこうというのは別に無いですんでね。じゃあそこに立ってください。ほんでなんかアレしてる感じのアレを。え、それアレしてる感じの格好ですか?それでいいんですか?てゆーかその格好寒くないですか?いや、それアレしてるって言うかですね。





2018102562_アレスポットでアレ中のゆかり氏
アレスポットでアレ中のゆかり氏

レシーブしてるようにしか見えないんですけど。。。






2018102563_さらに上からドゥブロヴニク
さらに上からドゥブロヴニク

さ、そろそろ帰りますか。

2018102564_夕焼け
夕焼け

太陽も間もなく麗しのアドリア海にダイブしようとしていますし。

楽しかったですね、今日は。



2018102565_岩山
岩山

あ、なんかこの岩山を突っ切っていったら宿の方に出られるらしいですよ、地図アプリによると。せっかくなんで歩いていきますか。


2018102566_岩山

2018102567_岩山

2018102568_岩山
夕焼け

高いところから見ると夕焼けも綺麗ですね。



2018102569_岩山
夕焼け

うん、まぁ、、、。



2018102570_岩山
夕焼け



2018102571_岩山
とっぷり

すっかり沈んじゃいましたけどね。。。





2018102572_岩山

2018102573_岩山
夜景

夕焼けどころか夜景のお時間になってしまいましたけどね。



いやすまん。まさかこんなに時間がかかるとは。こんな街頭も無い岩山を歩いていい時間では無くなってしまった。。。スマソ。





2018102574_ばんごはん
晩ごはん

まぁなんとか無事に宿にたどり着きました。

あまりの物価の高さに今日はお昼ごはんを抜いたんですよね。あんなところでメシなんか食ってられん。あと普通にそんな時間も無かった。

というわけで今日はちょっと豪華な食卓になりました。

ふたり旅だと自炊も少し豪勢になっていいですね。やっぱり一人でやろうとするとこうはならないですよ。効率悪いもん。


今日は朝からガッチガチのスケジュールをこなしとても疲れました。まぁでも心地よい疲れですけどね。ドゥブロヴニク楽しかったしね。晩ごはんも美味しく食べましたしね。





あ、これは後日談なんですけど。

今日ゆかりさんが撮ってたアレの写真あるじゃないですか。

なんかゆかりさんのご友人にイラストレーターの方がいらっしゃるらしくて。その方があのレシーブ写真をちょちょいと加工したんだそうです。

で、その加工後の写真がこちら。





2018102575_完璧なアレ
完璧なるアレ

完璧やん!!!





イラストレーターすげぇ!!!






ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.03.12 | クロアチア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ダランダラン環境の整ったダランダラン度数の高い宿でダランダランするダランダラリストの1日

【1006日目】ドゥブロヴニク(2018年10月26日(金)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はゆかりさん(ただいま同行中のこの地球めぐりの中の人)とのふたり旅最終日です。

まぁ正確には明日で終わりなのですが、明日の朝早いんですよね。主にぼくが。あれ?ふたり旅終わっても朝早い流れ?


合流してからこれまでずっとチャカチャカ動いていましたし、分離した後もチャカチャカ動かなくてはならない。主にゆかりさんが。

今日は天気が悪い予報であり。

ドゥブロヴニクの観光は昨日やった。












もう今日はダランダランしてれば良くね…?












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2018102601_新宿
新宿

というわけで宿を変えました。

ドゥブロヴニクの街並み(旧市街とは言っていない)を見下ろす高台にある宿。

やっぱりダランダランするにも環境って大事ですからね。ダランダラン環境を整える必要があります。

ちなみに高台にあるため来るまではかなりの坂や階段があり、バカでかい荷物を引きずっているゆかりさんは心底大変そうでした。朝から汗だくです。

ちなみにぼくはこういう際手伝いません。旅行者たるもの自分で持ってくると決めたものぐらい自分で運びやがれ。



2018102602_ウェルカムドリンク
ウェルカムドリンク

チェックインしたらなんとウェルカムドリンクが出てきました。なんてダランダラン度数の高い宿なんでしょう。いい宿をチョイスしましたね。まぁチョイスしたのはゆかりさんなんですけどね。

というかこれドリンクにピント合ってないじゃん。



2018102603_宿からの眺め
宿からの眺め

それにしてもいい眺めですねぇ。こんなテラスがあるなんて安宿とは思えないダランダランクオリティじゃないですか。












2018102604_宿からの眺め
宿からの眺め

ねぇ?そう思われるでしょう?





はっはっは。どうですか、このダランダラン具合。

ぼくぐらいのダランダラリストになると時間の概念すら超越するのですよ。もしくは天体すらをも操ると言っても良い。





2018102605_晩ごはん
晩ごはん

最期の晩餐ということで今日も贅沢めの晩ごはん。

オリーブはぼくが好きなので買ってもらいました。わーい。











あ、こんな感じです。はい。












ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.03.13 | クロアチア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム