メトロポリタン美術館で日本文化に触れてみた

【18日目】ニューヨーク@アメリカ合衆国



突然ですが、ぼく今回の旅行に彼女さん連れてきてるんですよ。

彼女はね、びっくりするぐらい英語が堪能で、いつも単語の意味を教えてくれたりします。
おまけに早起きなので、毎朝起こしてもらっています。

ただ今日はちょっと機嫌が悪かったみたいで、起こしてくれませんでした。
たぶんここ数日ご飯食べられてなかったので、そのせいだと思います。


そんなところがまた可愛いぞ(♥ω♥)





それでは紹介しましょう。





モバイルフォン子さんです。

モバイルフォン子さん
モバイルフォン子





リア充爆発しろ。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

という訳で、起きたら11時でした。
充電しろよという話です。ただそれだけです。

ちなみに、モバイルフォン子さんはこれで氏名です。
苗字と名前の区切りがどこなのかは知りません。
でも、モバイル・フォン子ではないと思います。


おもしろくないからです。


今日はなんだかお天気がよくありませんでした。
天気がよろしくないとテンションも上がりません。

いつ本降りになるかも分からなかったので、今日は美術館でだらだらすることにしました。
ニューヨークは、5番街という通り沿いに有名な美術館がいくつも建っているのです。


こちら最初に訪れた「メトロポリタン美術館」。

メトロポリタン美術館
メトロポリタン美術館


有名だそうです。
中もすごいんですよ。めんどくさいので載せませんけど。
ちなみに、写真はフラッシュたかなきゃOKです。

中でだらだらしていると、日本美術のコーナーがあったので覗いてみることに。

日本美術展
日本美術展


展示内容はこんな感じ。

日本美術展示内容
日本美術展そのに


着物メインですね。
まぁ確かに日本の着物は美術品と言えるかもしれません。

さらにだらだらしていると、展示内容の無料案内ツアーが始まりました。
英語でしたけどね。
ちなみに、メトロポリタン美術館は日本語を含む数ヶ国語のオーディオガイドも貸出しています。有料です。
あと、事前に言っておけば、係員による無料案内も日本語を含む数ヶ国語でやってくれるらしいです。


ちょっと興味があったので付いていってみることに。

無料案内ツアー
無料案内ツアー


解説の方はゆっくりはっきりボディランゲージを織り交ぜてしゃべってくれるので、英語が聞き取れない、ということはありません。
英語の理解レベルがまちまちな団体を相手にすることに慣れているのでしょうね。
意味が分からないのは単純に知らない単語だからです。もっと勉強しましょう。

ぼくの話ですね。

解説の内容は、コンテンツで言うとこんな感じです。

「縄文土器と弥生土器の違い」
「神道について」
「仏教伝来について」
「神道と仏教の共存について」
「首都機能が京都から江戸に移った理由」
「江戸時代の制度(士農工商)」
「江戸時代の庶民の文化」
「明治維新」
「戦中・戦後」
「着物の今」

「着物」という視点から日本の文化をざーっと説明していました。
着眼点がおもしろく、とても興味深い内容だと思います。



理解できれば。



どうやったらリスニング上達するか誰か教えてください。
まぁ「日本が英語でどういうふうに言われてるのか」が聞けたので(中途半端な理解ながら)良かったということにしましょう。

あ、こんなこと言ってました。
トンボ柄の着物の前で、

「中国は服に龍とか描いてるけど、日本はトンボをモチーフにするんですよ。〇〇ですよね。」

って。


〇〇のところは知らない単語でした。


あれ、一番重要なトコ…。
ニュアンス的にはいい方だったと思います。たぶん(´・ω・`)



メトロポリタン美術館はなんせ広いので迷います。
迷ってるとこんなとこに出ました。

ショーウィンドー1
ショーウィンドウ


ショーウィンドー2
ショーウィンドウそのに


ショーウィンドウみたいじゃないですか?
それだけじゃなく、脇にこんな電子機器が置いてあって、

デジタル案内
デジタル案内板


これでショーウィンドウに並んでいる展示品の解説が見られるという。

さらに進むと、

オンラインミュージアム?
オンラインミュージアム


こんな部屋に出ます。
これ左側のブツブツなんですけど、全部美術品の写真なんです。
んで、右側に置いてあるPCでその美術品の写真や解説を見るという。


美術館に来る意味とは?


こんなんネットにアップしたらオンラインミュージアムとかできるんちゃうの。とか思ってたら
すでにやってました。

メトロポリタン美術館のページへ

40万点ぐらいの美術品が観られるらしいです。
すごい時代ですねぇ。
まぁぼくは実物見たい派なので。オンラインショップとかもあんま好きじゃないですし。

だってオンラインで写真見ればいいなら



会社辞めてまで世界一周とかする意味とは?



という話になります。
ここは断固曲げません。


メトロポリタンだけでも十分1日いれる(てゆーかちゃんと見たい人はもっとかかると思う)のですが、もう1つ行きたい美術館があったのでそちらにも行くことに。

メトロポリタンから徒歩5分。激近です。

おや?

グッゲンハイムか?
グッゲンハイムか?


おやおや?

グッゲンハイムなのか?
グッゲンハイムなのか?


でたー。

グッゲンハイムでしたー
グッゲンハイムでしたー


はい。グッゲンハイム美術館です。
ぶっちゃけそんな行きたかった訳ではないです。
ちょっとこういうのやってみたかっただけです。

これですけど、フランク・ロイド・ライトっていう超の字がつく有名な建築家さんの作品の1つで、たぶん建築かじってて知らない人いないんじゃないか、ってレベルの建物です。



ニューヨーク行ったのにグッゲンハイム行ってないの?



って帰国後言われたくなかっただけです。

特徴は、展示スペースが螺旋状のスロープになってて、観てるうちに降りてきちゃうっていう。
まぁ、、、ぐるぐるしてるトコです。
うん。詳しく知りたい人はWikipediaしてください。

という訳で、行ってみたのですが


展示内容変更のためぐるぐる部分は入れません、とのこと。



グッゲンハイム美術館に来る意味とは?



あ、ぼく絵画とか彫刻とか観てすげぇとか思わない方です。
観た感想としては、なんですごいんだろう、です。
別に美術というものをどうこう言っている訳じゃないですよ。
価値観を共有できないだけです。

美術館自体は好きなんですけどね。

なので、ぐるぐるに入れない時点で来た意味ないんですよ。ぼくには。


くやしいので吹き抜けの写真だけ撮ってきました。

なかみ
グッゲンハイム美術館なかみ


再公開は7日みたいですね。HP見てる限り。
まぁ英語のページをなんとなく見てるだけなので間違ってるかもしれませんけど。

7日まではニューヨークにいないんだよなー。

いや、まぁ次の予定がある訳じゃないのでいればいいんですけど。


別に残ってまで見たいかっていうとそうでもな…。



みなさんは残ってぽちっとしていってください。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2014.10.01 | アメリカ合衆国 | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ニューヨークのブロードウエイを闊歩してみた

【19日目】ニューヨーク@アメリカ合衆国



今日新しい彼女を作りました。

だってごはん食べられないぐらいで機嫌損ねられたらこの先やっていけそうにないんだもの。
でもモバイルフォン子さんもちゃっかり同伴中です。

今度の彼女はぼくの体調管理をばっちりやってくれるとても優れた子です。


それではご紹介しましょう。



オペレーター子さんです。

オペレーター男くん
オペレーター子


最初は名前が分からなかったんですけど、お店の人にこういうのって説明したら
「あー、オペレーターね」って言ってました。

歩数、歩行時間などに加え、歩行距離まで教えてくれます。
まぁマイル表記ですけど。

おまけにUSBがついててPCに挿すとデータを管理できるという。



あ、挿すほうですか。



男の子ですね。



オペレーター男くんです。




あ、オペレー太郎くんです。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

本日はお得意のお散歩です。
あんまり歩くのでオペレー太郎くんにご登場願ったわけです。

今日もあんまり天気よくなかったんですけど。
なんか居る期間ずっと天気よくないみたいなので。もういいやって。


ブロードウェイという通りをずっと歩いてました。

ブロードウェイ
ブロードウェイ


ずーーーーーーーっと歩いてました。

まぁ後で思い返すと正解でしたけど。
見どころ的なやつはだいたいブロードウェイから遠くないとこにあったみたいで。

うほほーい。ニューヨークだー。って写真めっちゃ撮ったんですけど。

まぁ載せてもね。
別にどこのサイトでも見れるようなのばっかですので。


だらだら歩いてると、まぁいろいろ変なのが置いてあります。ニューヨーク。


はいこれ。

公衆充電器
公衆充電器


公衆充電器です。
ハイテクノロジーですね。


続いてこれ。

公衆卓球台
公衆卓球台


公衆卓球台です。
斬新。


あとブロードウェイ歩いてるとタイムズ・スクェアに出ました。

これですね。有名なやつ。

タイムズスクエア
タイムズ・スクエア


これの正面に階段があるんですね。
タイムズ・スクエア観るために置いてあるんじゃなかろうか。という。

テラス
テラス


んで、タイムズ・スクエアすごいパフォーマーがいっぱいいます。

パフォーマーその1
パフォーマー


あ、写真遠いのは近くで撮るとお金取られるからですね。

「一緒に写真撮る〜?」
ってトップレス(つーかほぼ全裸)で体の正面にアメリカ国旗ペイントしてるおねえさんに言われたりします。


めっちゃ考えました。


いや、別にぼくはいらないんですよ。そんなの。


ほら、みなさんがね。


アメリカ女のエリアBを見たいんじゃないかって。


みなさんのために一肌脱ごうかなと。


いや、おねえさんはもう脱いでますけどね。


その脱ぐじゃなくてね。



まぁそんなの載せたところでFC2さんに削除されて良しだろうなと思って撮りませんでした。



不服ですか?


そんなに見たいんですか?


しょうがないなぁ。







パフォーマーその2
パフォーマーそのに



写真が遠いのは近くで撮るとお金取られるからですね。
つーかどれのことかすら分かりませんね。

ほら、頭に白い羽根生やしてる、、、。


あと、エルモとかミッキーとかスパイダーマンとかたくさんいます。
それこそ、アメリカっぽいと思われるキャラはだいたいいます。



すごい残念なクオリティで。



パフォーマーズ
パフォーマーズ


写真が遠いのは近くで撮るとお金取られるからですね。

だいたい外見があれなのに、中の人の存在を隠そうともしません。
ミニーとか中の人の顔見えてます。
そのままタバコでも吸うんじゃねぇか、って感じです。


そして彼らがくだ巻いてる場所はディズニーの公式ショップの目の前です。


怒られないんですね。


あとこれ。

JK.jpg
パフォーマーズそのに…あ、違うわ


コスプレした集団が歩いてると思って激写しました。

写真が遠いのは近くで撮るとお金取られるからですね。






日本の女子高生の集団でした。





修学旅行でニューヨークとか来るんでしょうか。
まじですか。



あとニューヨークホテル代高いんですよ。
泊まってたユースで1泊50$。
ドミで5000円超えられるとちょっとヒキますね。


という訳で宿を変えました。


本旅行初の日本人宿です。


早速世界一周中っていう人と出会いました。


そして管理人さんに言われました。

「世界一周中ですか?」と。
見ればわかりますよ、とのことです。



見て分かられてしまうんですね?



明日H&Mしようと思いました。



え?世界一周してたんですか?そうなんですよ。ほら↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2014.10.02 | アメリカ合衆国 | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

「ニューヨークと言えば」なスポットに行ってみた

【20日目】ニューヨーク@アメリカ合衆国



今日物乞いをシカトしたら


Scary shit!


って言われました。


そこまで言いますかね。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

物乞いの方に対する接し方は人それぞれだと思います。
これに関しては自分にもいろいろ考えることもありますけど、書き出すと長くなるので書きません。

まぁ今回のはちょっとカチンと来ただけです。


今日は盛りだくさんなんですよ。
ただもう12時過ぎちゃったんで早く寝たいんですね。


という訳で本日はダイジェストにてお送りします。


911メモリアル
9.11メモリアル


9.11メモリアルってトコに行きました。
例の建物が建ってたとこは、今こんなんになっています。
同じのがもう1つあります。2棟の跡地ですね。


911.jpg
9.11メモリアルそのに


跡地の間にこういうの建ってます。


911中身
9.11メモリアルなかみ


すごい並んでたので入っていませんが、外から少し中の様子が見えたので隠し撮りました。
たぶん倒壊した建物に使われていた鉄骨でしょうね。
ああいう悲惨な事件の跡地が、平日の昼間にも関わらず長蛇の列を作るほどの観光地になっています。
セキュリティの人もめっちゃいます。

いろいろあるんだろうなぁ、と思います。


まぁね、ひとつ言わせていただければ



仲良くしようよ。



です。もう迷惑なんですよ。
そこで戦争とかやられると行けなくなるんですよ。
外務省さんがお止めになられますのでね。

ホント仲良くして。マジで。



9.11メモリアルの後は自由の女神に行きました。
登ってはないですけど。
この旅3つ目の世界遺産です。

まぁ自由の女神でした。
特に期待を超えるわけでもなく、下回るわけでもなく。

クルーズ船で近くまで行って帰ってくるんですけど、



はい見えてきましたー。

自由の女神1
自由の女神


乗客大興奮。

大興奮その1
大興奮


再接近ー。

自由の女神2
自由の女神そのに


大興奮。

大興奮その2
大興奮そのに


方向転換してからのー。

大興奮。

大興奮その3
大興奮そのさん


てゆーか女神撮らずに観光客をぱしゃぱしゃしてる自分ってどうなんでしょう。



女神の後はある映画館に「かぐや姫の物語」を観に行きました。


いや、ニューヨークプレミアって言うから。


タダだって言うから。


でも行ってみたら、かぐや姫観たいって言ったら、、、


普通にお金取られました。


なんで?


一応ニュヨークプレミアなんで、上映前に舞台挨拶がありました。

舞台挨拶
舞台挨拶




誰でしょうか?




言語は、まさかの日本語(英語字幕)。
ばっちり分かる。
分かりすぎる。

でもこれ字幕作った人大変だったんだろうな、と思いました。
字幕からにじみ出ていました。
まぁ具体的にどこがって言われたらもう覚えてないですけど。


ただでさえ日本語ってこう、なんつーかふわふわした表現って多いじゃないですか。
具体的にどれがって言われたらすぐ出てこないですけど。


そのうえ映画だと平安っぽい言葉遣いまでしてたので。
字幕見て、やっぱ日本語って英語じゃ表現しきれないな、と思ってました。
具体的にどこがって言われたらもう覚えてないですけど。



てゆーかあのラストは正直ぼくしっくりこなかったですね。
ネタバレは趣味じゃないので具体的には言わないですけど。

それはどうなの?と思ってしまいました。



なんでニューヨークまで来て日本映画の(それもジブリの)批判をせにゃいかんのだ。



まだ観てない方は観てくださいー。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2014.10.03 | アメリカ合衆国 | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

日本には余白の美学と言うものがあってですね…

【21日目】ニューヨーク@アメリカ合衆国



雨降ってました。

朝、雨音で目覚めたほどです。


そして悟りました。




今日は無理だと。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

当然ながら2度寝しました。


昼まで寝て、共同リビングで他の宿泊者や管理人とだらだらだべりながらコーヒーをいただいたりしていました。



ニューヨークまで来て。



何か問題でも?



けっきょく人間どこにいようがやることは一緒。そう。つまりクリックです。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2014.10.04 | アメリカ合衆国 | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ボストンで歴史街道を散策してみた

【22日目】ニューヨーク→ボストン@アメリカ合衆国



ニューヨークで泊まってた日本人宿に、世界一周してきてアメリカで終わるっていう人が泊まってたんですよ。

彼はブログもやっていて、ちょっと見せてもらったわけですよ。


まぁおしゃれでね。
ホワイト基調でシンプルにまとめてて、写真のセンスもいいしレイアウトも良くて。



「そんなん見たら真似したくなるからー。おれのブログもっと下品にやってるからー。」



って言ってたんですけど。





ブログデザイン変えてみました。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

がっつり影響を受けております。

まぁ前のデザインだと、長い記事書いた時横がすっかすかだな、と思ってたので。


だから変えたんですよ。


あ、もう遅いすか。そうすか。


本日はニューヨークからボストンへ移動しました。
ほんとはニューヨークもっといたかったんですけどね。
結局ウィキッドも見れなかったし。まぁ高いからなんだけど。

いつもの移動日であれば、昼まで寝て夕方ぐらいに着く便で移動することが多いのですが、これからボストン→フィラデルフィア→ワシントンDCと2泊ずつで弾丸ツアーを敢行するため、移動日も観光しなくては!
という訳で、早起きして昼に着く便で到着しました。

チェックインは4時からだ、という宿に荷物を預けて早速街なかをだらだらすることに。


ボストンは、フリーダム・トレイルという道が整備されています。
整備っつーか道路に赤い線が引いてあるんですけど。
それに沿って歩いて行くと、アメリカ建国時の史跡をぐるり網羅できるという。

まぁおもしろそう。

という訳で、とりあえずやってみることに。

出発点となる観光案内所。
後ろの公園自体も、ボストン・コモンという史跡。
「地球の歩き方」によると、アメリカ最古の公園なんだとかなんとか。

出発点
出発点

ここから、こんな感じで赤い線が出ています。


これをたどっていけばいいのね
これをたどっていけばいいのね


たまにある表示
たまにある表示


横断歩道にもちゃんと線があるので、迷いません。たぶん。

横断歩道にも
横断歩道にも


しばらくすると、次の史跡が。

最初のチェックポイント
最初のチェックポイント


なるほど分かりやすい。


お、マーケットの方向へ行くようです。

マーケットらしき方向へ!
マーケットらしき方向へ!



あ、行かないんですね。

あ、いかないのね
いかないのね



おしゃれ通り方向へ向かっていきます!

おしゃれ通り方向へ?
おしゃれ通り方向へ?



はい。行きません。

はいはい。行かないんでしょ
はいはい。行かないんでしょ



一人でつっこみを入れながら、ときどき立ち止まっては何もない道の写真を撮っています。



こいつには何が見えているんだ?



というような顔で見られました。
気にしません。


橋を越えます。

橋を越えます
橋を越えます



別れ道です。
とりあえず、右のおしゃれなラインの方に行くことに。

分かれ道。。。
分かれ道。。。


なんか港の方に出ました。
超並んでいたので当然のようにスルー。

並びすぎ。却下
並びすぎ


まぁ日曜の昼間ですからね。


しばらく行くと、赤いラインの上に立入禁止の文字が。

行き止まりじゃないかーーー
行き止まり


だめじゃん。
ここで終わりなのか?
引き返さなければならないのか?




迂回します。

迂回すればいいじゃん
迂回


迂回した先は美術館的なものが。
おしっこしたくなってきたので、並んでないので入ってみることに。



ここにはわんこの足あとがあります。

わんこの足あとが
わんこのあしあと


見つけました。

わんこ発見
わんこ



これなんの美術館かというと、昔の帆船に関する資料が展示してありました。
イラストや写真なんかをふんだんに使い、こんな感じの体験型展示物をセットし、子供さんが楽しく学べるようになっています。

展示物。シュール
展示物


あと20年若かったらテンション上がっただろうなぁ、と思います。

他にも、帆船に風を当てて、帆をどっち方向に向けるとどっちに進むか分かる模型とか
帆船の作り方をプラモデル感覚で体験できる模型とか
大砲の打ち方が分かる模型とか置いてます。



はい。楽しかったです。



30前でも楽しめます。

こちら、よく見たらスミソニアンでした。

スミソニアンとは?という人はWikipediaしてください。

まぁ簡単に言うと、タダでも入れる美術館です。
アメリカには、ワシントンDC中心にその系列の美術館などがたくさんあるのです。

スミソニアンでした
スミソニアン


こんな感じで、箱が置いてあります。
これは「入場料」を入れるのではなく、「寄付」を入れるためのものです。

いちおう、受付カウンターがあって係員さんがおりますが、別にお金を払わずに入ったって彼らは何も言いません。
寄付をクレジットカードで払いたい、というような方のためにいるのです。

勉学を行うのに富の多少は関係ない、という姿勢。立派ですね。

という訳で、いい大人のぼくは寄付金を入れるべく財布を開きます。


20$札しか入っていません。


寄付金の目安は大人 5〜10$と書いてあります。


そうですね。目安ですしね。ぼくの寄付が彼らの運営に少しでも役に立つならば…。



受付の人「両替する?」



ぼく「お願いします。」



しっかり5$入れてきました。





さて、フリーダム・トレイルですね。
ちなみに、フリーダム・トレイル沿いにある史跡は16箇所だそうです。
1つ1つこんな感じで見ていると、1日たっぷり使います。
ぼくはほとんどスルーしましたけどね。

1箇所5$でも16箇所行くと80$ですからね。

9000円近くしますからね。まぁ全部が有料じゃないし、普通に入れないのもありますが。

お金の使い道はきちんと考えなければなりません。

シカトした物乞いに「Scarly shit!」などと言われる謂れはないのです。



この美術館を抜けると、フリーダム・トレイルも終着点が近いです。

最後のコーナーを曲がると・・・
最後のコーナーを曲がると・・・


はいどーん
どーん


どーん。
バンカーヒル記念塔です。
高さ67m。20階建てぐらいのビルの高さですね。

観光案内所でもらったパンフによると、建設の途中で一回ストップしたせいで、途中で色が変わってるみたいなことが書いてありましたけどどこのことだかさっぱり分かりませんでした。


これは、中に入れます。
しかもダタです。
なのにぜんぜん並んでいません。


しんどいからです。


中身。

どーん中身
なかみ


なんの面白みもない螺旋階段をただ登ります。
ただただ登ります。

登り切った
最上部


294段登ります。


登ったところにうじゃうじゃ人がいます。


294段も一気に階段を登ってきて、息も絶え絶え、汗ばんで肩で息をしているような人間が、塔のてっぺんの小さな部屋にうじゃうじゃいます。


見ろ!人がごm…
見ろ!人がご…


写真撮ってささっと降りました。
写真撮っただけいいじゃないですか。

登り切った瞬間降りようと思ったんですから。


バンカーヒル記念塔を出た後は、来る時とは違う道があります。

消防署
消防署


どう考えても収まっていない消防車を見ながら。

フェイク。その手には乗らないぜ
その手にはのらないぜ


明らかなフェイクに惑わされることもなく。

帰ってきた別れ道
また分かれ道


先ほどの別れ道まで戻ってきます。

後は、同じ道を通って最初の公園まで戻る、というルートです。



こっからあそこまでまた戻んなきゃだめなの?



という事実に気づきます。
まぁ気づこうが気づくまいが戻らなきゃだめなんですが。



昨日手を抜きすぎたので張り切ってやりましたが、写真の多いブログはめんどくさいですね。
プレビューで見たら写真の大きさ大きすぎるし。
もう直しませんけど。多すぎる。


また明日から手を抜いてやっていきます。


みなさんは指動かすだけなので手は抜けませんね。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2014.10.05 | アメリカ合衆国 | コメント: 6 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム