ジェリコアコアラはATMがないので気をつけろというはなし

【234日目】ジェリコアコアラ@ブラジル



またしても更新が途絶えてしまいましたね。

ちょっと1週間ぐらい山登ってたので。そのあと疲れからくる熱とハンパない筋肉痛でベットから動けなかったので。そのあと CIMCITY にハマって1日中やってたので。



まぁ簡単に言うとサボってましたすいません。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。

時差1ヶ月をさっさと解消したいのですが問題が多いですね。なんでこんな煩悩が多いのだろう。



という訳でジェリコアコアラ。



何を思ったか、朝焼けを見るために早起きしてしまいました。どうした頭おかしくなったのか?


月の入り_20150706
月の入り

朝焼けを見に来たはずがなにか沈んでますけど。


月の入りそのに_20150706
月の入りそのに

これお月さまですね。夕焼けかって感じですね。


月の入りそのさん_20150706
月の入りそのさん

あー沈んだ。

月が沈んだということは


星空_20150706
星空

星が見えるようになりますね。まぁ一瞬でしたけどね。すぐ日の出だったので。


夜景_20150706
ジェリコアコアラ夜景

ジェリコアコアラもいい感じに夜景してますね。朝の4時だか5時なんですけどね。めっさ明るいですね。こんな時間までパーリーピーポーがパーリーでピーポーしてるんでしょうか。



朝焼け_20150706
朝焼け

という訳でお目当ての朝焼け。ブラジルのくせに海岸線が西向いているもんだから朝焼けもこんな感じ。





はい。

まさかの朝焼けを終えましたが、今日はとなり町のジジョーカまで行こうと思います。昨日来たばっかりなんですけどね。

ちょっと手持ちの現金がなくてですね。で、ジェリコアコアラにはATMが無いんですよ。宿のフロントでキャッシュカードから現金を引き出すサービスをやっていたのですが、それは『キャッシング枠』じゃなくて『ショッピング枠』を使うタイプのやつなので、手数料が別途かかります。カードブランドによって違いがあるのですが10〜15%ぐらい。2万円ぶんおろすと2千円も手数料がかかるという訳ですね。

それなら往復の交通費出してでもとなり町でキャッシングした方が安上がりじゃね?という訳で、昨日来たばかりの道を引き返します。いや、昨日もやったんすけど日曜でATM動いてなかったんですよ。ブラジルのATMは日曜(特に午後)は動いてないとかお金が入ってないとか多いので気をつけましょう。




という訳で向かいます。


うし_20150706
うし


うしがいますねぇ。


はな_20150706
はな


はなも咲いてますねぇ。


とり_20150706
とり


とりも飛んでますねぇ。



ってゆーかピント合ってませんねぇ。

いや、星とか撮るときにマニュアルフォーカスにしていたのを忘れててですね。てっきりオートフォーカスになってるもんだと思って撮ってたらこんなことになってました。初歩的。



無事ATMで現金を入手したのでお昼ごはん。



お昼ごはん_20150706
お昼ごはん




ブラジルのお料理は基本量が多目だと思うのですが、ここも結構なボリュームで大満足でした。2人分でこれですからね。そしてお値段もそんなに高くなかったと思う確か。




さ、じゃあジェリコアコアラ帰りましょう。




え。帰りますよね?




…帰る。うん帰りますよ。




帰るけど…?




え?帰るけど…なに?なんなの?
なんなんですかー?






絶妙なヒキを入れたところで次回に続く。






明日への期待感はクリックにのせて↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2015.06.01 | ブラジル | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

砂丘と夕焼けの町ジェリコアコアラで砂丘と夕焼けを堪能してきたというはなし

【234日目】ジェリコアコアラ(後編)@ブラジル



ジジョーカからジェリコアコアラまでの間に広がる砂丘。


ここ興味あるよね?











…あ、あります。















ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

という訳で、ジジョーカからジェリコアコアラに向かうトラックを途中で降りて、砂丘の中を歩くことになりました。


っていう話をトラックで相席していた現地の方に話したら若干ひいてました。


すいません。若干っていうか結構ひいてました。


大丈夫です。こんなこともあろうかとぼくのバックパックには3リットルもの水が詰め込まれているのです。3リットルです。すなわち3キログラムです。大丈夫です。頑張ります。




降車地点_20150709
降車地点

ここで降りました。町まで3,4キロってとこですかね。まぁ2時間も歩けば辿り着くでしょう。



砂丘_20150709
砂丘

とりあえずその辺の砂丘に登りましょう。意外と堅くて歩きやすかったですよ。



ながめ_20150709
ながめ

ながめそのに_20150709
ながめそのに

砂丘からのながめ。

なかなかいい感じじゃないですか。じゃあ道なりに町へ…って



どこいくんすか_20150709

どこいくんすか。そっち町じゃないんすけど。


あ、ぐるっとね。砂丘地帯をぐるっとする感じですね。なるほどわかりました。



砂丘そのに_20150709
砂丘そのに

あ、また登るんすね。また砂丘を登るんすね。もういいっすよ。なんでも来いって感じっすよ。



ながめそのさん_20150709
ながめそのさん

な、なかなか、、、いい眺めじゃないすか(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ



太陽_20150709
太陽

太陽ちょっと照りすぎ。ほんと干からびろまじで(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

あとレンズ汚れすぎ。風が強くてそのせいか砂が思ったほど暑くないので体感温度はそれほどではないのですが、砂がひっきりなしに飛んでくるのでレンズに砂が。レンズっつーかカメラに砂が。これ壊れない?大丈夫?



池_20150709


みずたまり。なんかもうレンソイスっぽい。

あ、レンソイスってのは次の目的地ですね。ブラジルが誇る景勝地のひとつ。砂丘と水たまりが連なる絶景だそうで。


うん。これやな。もうここで十分なんちゃうか。



太陽そのに_20150709
太陽そのに

太陽が傾いてきた。何時間歩いとんねんこれ。





あぁでも。。。


ながめそのよん_20150709
ながめそのよん

ながめそのご_20150709
ながめそのご

ながめそのろく_20150709
ながめそのろく

いい感じやん?砂丘と水たまりに良い角度で光が入ってきていい感じやん?


さすがに暗くなる前に戻りたいのでそろそろ町の方向へ向かいましょう。



はな_20150709
はな

こんなとこに花咲いとるわ。すごいな。



おっさん_20150709
おっさん

こんなとこでおっさんがジョギングしとるわ。すごいな。



砂丘の模様_20150709
砂丘の模様

砂丘の模様がわけわからんことなっとる。すごいな。



ヤシの木_20150709
ヤシの木

ヤシの木がいい感じで生えとる。すごいな。



ヤシの木…_20150709
ヤシの木…

いや。ちゃうわ。これ生えてへんわ。埋まっとる。



夕焼け_20150709
夕焼け

おおやばい。日が沈んできた。

昨日も日の入り見れんかったのでね。今日はちゃんと日の入りから夕焼けを見たいですね。

ジェリコアコアラにはなんか「夕焼け砂丘」とかいう名前の砂丘があるんですよ。町のすぐ横に。そこまで戻りたい。日が沈むまでに。











夕焼けそのに_20150709
夕焼けそのに

いけました。

よかったー。



夕焼けそのさん_20150709
夕焼けそのさん




夕焼けそのよん_20150709
夕焼けそのよん




うーん。沈んだ。いい感じでした。

正直ウユニ以来夕焼けとか星空とか撮るのが密かなマイブームな訳で、夕焼け見るためだけにジェリコアコアラ来たようなものなのでとりあえず見れて満足ですね。




夕焼けそのご_20150709
夕焼けそのご

日没後のグラデーションも捨てがたいですね。いい感じいい感じ。




つき_20150709
つき

月も出ました。




つきそのに_20150709
つきそのに

月も撮るの難しいですよね。そもそもぼくのレンズじゃ焦点距離が短すぎるわけですが。





帰還_20150709
ジェリコアコアラ

という訳で無事帰還です。死ぬかと思いましたが無事帰還です。

夕焼け後にビーチでカポエイラやってるらしいのですが、もうぶっちゃけそんなんどうでもいいぐらいお腹が空いています。てゆーかマジでカポエイラとかどうでもいいです。ごはん食わせてください。




エビパイナップル_20150709
エビパイナップル

旅丸のshoさんがオススメしてくれたエビパイナップル(料理名忘れた)。

これ絶品。ちょっと高いんですけどね。安くても40ヘアエス(約1,600円)とかしたと思います。でも絶品。過分に疲れおよび空腹補正がかかっていますがこれ絶品です。




さて、いちおう目的は達したので明日移動することにしましょう。

えーと、次の目的地までのルートを聞いてみると、、、。




…え。6時発?





…ジーザス。





なんなんだこの早起き具合…。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2015.06.01 | ブラジル | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ジェリコアコアラからレンソイスを目指して刻んでみた

【235日目】ジェリコアコアラ→レンソイス近くのどこか@ブラジル



ちょっと思うんですけどね。

こう旅先でね、一緒のツアーに参加したとか宿が一緒になったとか街なかでちょっと会話したとかいう人のことを友達と呼ぶ人がいるんですけどね。

いや、そういうきっかけで出会った人たちと連絡を取り合い、交流をしていくことで友達になっていくっていうのは非常に素晴らしいことだと思うんですよ。全世界に友達がいるとか羨ましい限りですしね。そしてぼくは全然友達できませんしね。ただ、そういうステップを踏まずに「友達」呼ばわりしてるのでね。


「友達」ってそんなもんなの?とか思ったんですよね。「友達」ってもっと大事なもんじゃないの?という。


これは別に「今の友達が大好きすぎる」とか言うわけではなくて、「おれの友達になるにはそれなりの親密度が必要なんだぜ?」という上から目線なわけですが、これは要するに(ぼく)「おれたち友達だよな?」(友達?)「…え?」という、言うなれば(女)「私達付き合ってるのよね?」(チャラ男)「…え?」という状況に似た心理的ダメージが計り知れない事態を事前に防ぐための防衛策っていうかそんな男のどこがいいんだこのバカは。ほんとそんな男を追っかけてるぐらいなら

春日のここあいてますよ_20150711
だばでーのここ空いてますよ?











何の話だ?











あぁ。まぁ最終的に言いたいのはですね











春日のここあいてますよ_20150711
だばでーのここ空いてますよ?














ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。

間違えた。それ友達じゃなくて知り合いじゃね?って話だったんですけどもういいや。




という訳で本日はジェリコアコアラからレンソイスというところへ向かいます。

ジェリコアコアラ→レンソイス_20150711
ジェリコアコアラ→レンソイス

レンソイス前回も少しお話しましたが、バカでかい砂丘の中に雨季にのみ多数の水たまりが発生し、それらのおりなす絶景が素晴らしいとかなんとかいう所です。

ロンリープラネットを読むと、ジェリコアコアラ→レンソイスは砂浜や砂丘をバギーで爆走する送迎サービスがあるらしいのですが、料金が若干お高いのでローカル乗り継ぎで頑張って行ってみることにしました。ちなみにローカル乗り継ぎの方法もロンプラに乗ってます。



じゃあ行きましょうか。とりあえず1本目。


ジェリコアコアラ→ジジョーカ


おなじみジジョーカまでいつものトラックで向かいます。いつものようにずっこんばっこんです。

ジジョーカのメイン通りにカモシン行きのバス停があります。いちおう時間が決まっていて、1日4〜5本出てます。値段は11ヘアエス(約440円)だったと思われ。



ジジョーカ→カモシン


カモシンのバス停の屋台でちょっとしたごはんをいただきました。屋台っつーかテーブルが置いてあるだけでしたけど。

ここでさくさくと乗り継ぎをしないと今日中にレンソイス近くには着かないのですが、次の目的にまでのバスが3時間後という残念な状況に。なんのために早起きしたと思ってんだこのすっとこどっこい。




カモシン→パルナイバ

小さなバスにすし詰めにされて出発。3時間も前から待ってるので当然座れましたが、これ立って乗るとかマジ地獄だと思いました。

お値段は忘れましたが途中のチャバウという町で乗り換えさせられました。



パルナイバではバスターミナルに降ろされました。

ここでレンソイス観光の拠点の街バヘイリーニャスまで行きたかったのですが、昼休みかなんか知らんけど窓口が全然開いてません。目的のバス会社の窓口が開くまでだらだら待つハメに。

その間、ブラジルの大学に留学中のスイス人の青年がおっさんを連れて現れました。

彼はぼくと逆方向(レンソイスからジェリコアコアラ)に向かっており、このバスターミナルまでは一緒にいるおっさんの車に乗ってきたのだと。こういう白タクですらない一般人のおっさんの車に便乗させてもらう(有料)というのがこの辺りでは普通に行われています。まぁ高かったのでお断りしましたけど。



トイレ_20150711
バスターミナルのトイレ

バスターミナルのトイレ。広すぎ。

設計上の不都合をトイレや物置のような室で調整するのは建築士製図試験のセオリーですがこれはやり過ぎです。減点です。




パルナイバ→トゥトイア

結局バヘイリーニャス行きのバスはもう無いとのことだったので、少しでも前進します。

今回は普通の大型バスサイズにスカスカの乗車率で。おんぼろでしたが。



トゥトイアに到着したのはもう暗くなってから。

いちおうパルナイバでチケットを買う際に、トゥトイアから次の町までのバスがあることを確認したのですが、いざ着いてみるとバスはもう無いとのこと。まぁありがちですね。

ここで1泊することも考えましたが、タクシーに次の町までの値段を聞いてみるとそれほど高くも無かったので移動しちゃうことに。



トゥトイア→パウリーノ・ネーベス

わざわざタクシーを使ってまでやってきたのは、このパウリーノ・ネーベスという町からレンソイス観光拠点のバヘイリーニャスまで朝イチで送迎が出ているらしいからですね。まぁロンプラに「途中で1泊する必要がある場合はこの町がいいよ」って書いてあったので無理してやってきた訳です。



もうかなり疲れましたが、明日はなんと送迎のトラックが4時に来るとかぬかしやがっている言っておられるので早めに寝ることにいたします。




寝る前にぽちっとしてくれたら明日も頑張れる気がする…↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2015.06.02 | ブラジル | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

最近有名になってきたっぽい絶景ポイント「レンソイス・マラニャンセス」にやってきた

【236日目】パウリーノ・ネーベス→アチンス@ブラジル




ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。




予告通り4時にトラックがやってきました。

ほんといつもは約束の時間なんかあってないようなもんのくせに、なんでこんな時間に限って時間通りに来やがるのでしょう。まぁこんな時間に起こしといて遅れてきたらそれこそアレですけど。


トラック_20150712
トラック

という訳でこんなトラックの


トラック荷台_20150712
座席

こんな座席に乗ってバヘイリーニャスを目指します。

道はジジョーカ→ジェリコアコアラほどではないですが、やっぱりずっこんばっこんです。

つーかこんだけ吹きさらしだと風も強いのかと思いきやそんなことありません。寒いとか寒くないとかじゃなくて、蚊が出ます。逃げようがないのでジャージを着込んでフードを被って丸まってました。

たぶん朝焼けとか綺麗に見えたんでしょうけど、普通に寝てました。どんだけ悪路だろうと眠い時は寝ます。




バヘイリーニャスに到着したのは朝の6時頃。

ここはレンソイスに観光の拠点なのですが、どうももう少し先の町のほうがレンソイス観光にはいいと聞いたのでそこまで行く予定です。

その町の名はアチンス。

まぁ町の名前はどうでもいいんですが、アチンス行きのバスは…











10時発。











…10時発?











なめてんのか_20150712


なめてんのかこのやろう!!


こちとら4時起きが4時起きで4時起きなんだぞこんちくしょう!











まぁこの4時の送迎サービスに乗ると、その日のバヘイリーニャス発のツアーに参加できるよ♡という感じらしいです。バヘイリーニャス通りすぎてアチンスまで行くなら無理に4時発のトラックなんぞ乗らんでもええです。



10時発がどうとか言ってたくせに実際には11時ぐらいに発車したアチンス行きのトラック。

さっきはあんなこと言ったけど、遅れたら遅れたでイラッとはします。



船着場_20150712
船着場

バヘイリーニャスからアチンスまでトラックで行く場合は川をまず超えます。


船_20150712


いつものこういうヤツですね。


トラックは途中で道沿いに建つ民家に荷物を届けたりしながら進みます。

民家_20150712
民家

すでにこのあたりは砂丘の中に水が湧いており、そこで近くの民家の方たちが泳いだり洗濯したりしてました。


いつも思うのは、何を思ってこういう所に住もうと思うのだろう、ということですね。





無事アチンスに到着しました。時刻は1時ごろ。











気づいたら5時になってましたけど。


眠いに決まってんだろチクショウ!





5時頃、同じ宿に泊まっていた青年2人にレンソイスに一緒に行かないかと誘われました。

なんでも宿泊している宿がトラックを保有しており、そのトラックでレンソイスまでの送迎サービスをやっているとか。人数が少ないと高くなるので、一緒に行ってくれるとありがたいとのこと。


まぁ特に用事もないし行きましょう。この時間ってことはアレですね。夕焼けですね。

実はこの夕焼けを見ている最中に、この送迎サービスの値段が1台50ヘアエス(約2,000円)じゃなくて1人50ヘアエスだということが発覚して一悶着あったのですが、まぁそんな話してもしょうがないので本日はたかだか30分の道のりを往復するだけで2,000円も払わされて見た夕焼けの写真を見ながらお別れしたいと思います。




夕焼け_20150712

夕焼けそのに_20150712

夕焼けそのさん_20150712

夕焼けそのよん_20150712

夕焼けそのご_20150712
夕焼けそのいちからそのご




意外とイケてる…よね?

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2015.06.03 | ブラジル | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

最近有名になってきたっぽい絶景ポイント「レンソイス・マラニャンセス」とは?

【237日目】アチンス@ブラジル



こないだ旅丸のshoさんからTwitterでメッセージもらったんですけど。

そのメッセージの内容は、「中央アジアからこのブログにアクセスしようとするとエラーになる。ブログの内容が下品すぎてブロックされてんちゃうのか」という感じでした。



ほんとね。一言だけ言わせていただきますけどね。











ご愛読ありがとうございます。















ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。

まぁぼくのブログ下品ではないですけどね。下ネタとかうんこおしっこのレベルですよ。むしろ可愛らしいと言ってもらいたいですね。




今日は今いるレンソイス・マラニャンセスについてまず詳しくご紹介しましょう。

ご説明くださるのはお馴染みこの方、Wikipedia先生ですよろしくお願いします。


レンソイス・マラニャンセス国立公園は、ブラジル連邦共和国北東部マラニャン州にある広大な砂丘、およびこの砂丘を主体とするブラジルの国立公園である。
衛星写真からも見られる真っ白な大砂丘が広がる。さらに、雨季の間にだけ砂丘の至る所無数のエメラルド色の湖が現れるのが特徴で、マラニャン州州都サンルイスから260kmほどのところにある。



Maranhensesとは、ポルトガル語で「マラニャン州の」、Lençóisとは「シーツ」を意味する。まるでシーツのように白い砂丘が15万5000haに渡って広がっている。砂丘の砂の成分はほぼ100パーセント石英でできており、それが太陽光に反射して白く見えるのである。
半年ごと(1~6月)の雨季には、その間だけ存在する無数の湖が出現する。これは、石英の層の下にある地下水が雨によって水位が増し、砂丘の谷間に湧き出るためである。湖が出現すると魚も現れるが、どのように発生し乾季の間どうしているかは、まだ調査が行われていないため不明。なお、この地区には新種のカメやカエルが生息し、乾季の間は自ら掘った穴で生活することが明らかとなっている。
国立公園より100キロほど南のパラナイーバ川が上流から河口まで運ぶ土や泥には石英が含まれるが、この石英は河口に達した後には数万年の年月をかけて大西洋の沿岸流により国立公園に面した海岸近くまで流される。その間に石英以外の混入物は砕け散り海水に混じるが、石英は砕かれずに残り、海岸に打ち上げられて風速90メートル以上の強風で国立公園まで吹き飛ばされ、砂丘に積もる。これが長い間繰り返され、現在の姿になったといわれる。



とのことです。先生ありがとうございました。

簡単に言うと、砂丘があって雨季だけそこに水が湧くそうです。不思議現象ですね。



で、このレンソイスの観光の拠点は一般的にはこちらの


バヘイリーニャス

バヘイリーニャスなんですけども。

ここちょっとレンソイスまで離れているので、例のトラックで1時間ほど走らなければなりません。



そこでぼくが今いるアチンスの話なのですが、場所はここです。


アチンス

こっちの方がバヘイリーニャスよりレンソイスに近いのですね。

もうちょっと分かりやすくすると、



アチンスそのに

この白いとこが砂丘です。レンソイス・マラニャンセスです。

ほら。アチンスめっちゃ近いでしょ。個人的にはもうほとんどレンソイスの中って言ってしまっても過言ではないと思います。


アチンス_20150713
アチンス

町なかとかこんなんですし。舗装道路?ナニソレです。


教会_20150713
教会

いちおう教会なんかもあって、町として成り立っていますけど。



バヘイリーニャスを通りすぎてわざわざアチンスにやってきたのは、いわゆるツアーの思い通りにならない感が気に入らないからで、ここならレンソイスまで歩いて行って、自分の好きなように好きなことして好きな時間に帰ってこれるんじゃね?と考えたからです。



なので、せっかくなのでいい感じの写真が撮れそうないい感じのお天気の日に行きたいですよね。




という訳で、今日は1日宿でだーらだらしてました。天気が微妙だったので。

まぁ雨季なので天気が良くなる確証もないんですけどね。





ブログ村は天気の心配もなくていいところなんですけどねぇ↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2015.06.04 | ブラジル | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム