あのテーブル・マウンテン「ロライマ山」に登りました

【264日目】ロライマ山トレッキング(3日目)@ベネズエラ



ドミトリーに高齢の方がいる宿は居心地が良いという法則。


があるかどうかは知りませんが、今いる宿はドミトリーに入れ替わり立ち代わりずっと高齢の方がいらっしゃいます。そして居心地が良いです。コーヒー飲み放題という点が特にすばらしい。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

あぁ離れたくない。。。



今日はロライマ山トレッキング3日目です。

初日ないし2日目に行程を詰めるという話はいつの間にか消えてなくなっていたので、最初のプラン通り今日ロライマ山にアタックを行います。

今いるキャンプ場は本当にロライマ山の真下なので、巨大なロライマ山のそそり立つ壁がすぐ間近に見えるのです。











ロライマ山_20150812
ロライマ山

晴れてれば。











はい。今日もガッツリ雨ですよー。しとしと降ってますよー。

あーもう荷物重いし雨降ってるし昨日濡れた服干しといたのに一切乾いてないしもう帰りたいですが頑張って登りましょう。

今日は行程上最も厳しい登りですが、時間的には3時間弱と大したことありません。さっさと登ってしまって山頂で眺めを楽しみましょう。











晴れてれば。











登山道_20150812
登山道

だいぶ増水した、先日までは小川であったであろう濁流を越え、登山道を登ります。

ほんと真っ直ぐな崖なので、どうやって登るんだと思ってたんですが、なんかうまいこと道があります。

というか雲がね。雨っつーか雲ですね。これ。雲の中歩いてますね。まぁ登山道は完璧にジャングルの中を通っているので晴れてたところで景色もクソもないですけど。



登山道そのに_20150812
登山道そのに

ほら。完璧にジャングルでしょ。湿度がヤバイので一度濡れたら最後、全く乾きません。


そんな登山道をひーこら登って行くと、ついにロライマ山の崖の真下まで来ました。


おお。さすがの迫力じゃないか。真下から眺めるこのロライマの崖を写真に…











写真に…?











写…。。。






















カメラ動かへん。






















じーざす。。。

うんともすんとも言わないよ?ぴくりとも動かないよ?ただの屍のようだよ?











ま、、、まじか、、、、、。。。











以前も書いたことありますが、カメラがいずれ壊れるだろうもしくは失くなるだろうというのは最初から想定しています。だからカメラがマジでぶち壊れているのだとしても、それはそれで受け入れられるのですが、問題はタイミングです。

これから、絶景で名高いロライマ山の山頂に登り、あんな写真やこんな写真を取ろうとしていた訳ですよ。晴れてればですけど。

なぜこのタイミングなのかと。なぜ登っている最中なのかと。なぜロライマ山登った後じゃないのかと。そしてなぜこのトレッキング中なのかと。こんなタイミングで壊れたらせっかく持ってるサブカメラ(今は当然荷物と一緒に町に預けられている)を出動させることすらできないじゃないかと。

このクサレしんどい思いして登ってるのに写真が一枚も取れないじゃないかと。




この時点でぼくはロライマに対するすべての情熱を失いました。

状況が許せば1人で帰りました。

簡単に言えばスネました。

あー。まじないわー。ほんまもうどうでもええわー。荷物重いわー。



もうマジどうでもいいんですけど、ブログやっている以上それなりの体面は整えないといけないですね。

他のメンバーから写真もらったんですけど、いちおうこのブログは説明用にネットから拝借した写真以外はすべて自分で撮った写真を貼っつけています。どうでもいいこだわりです。

それに、このブログではぼくの目線で世界をご紹介している訳です。

ぼくが楽しかった時は楽しい記事を、腹たった時は腹たった記事を書いてきました。同じものを見たり同じ状況になったとして、他の人であれば楽しくないかもしれないし、それほど腹もたたなかったかもしれません。それでもあくまでもぼくの感じた世界を記事にしているのです。

何が言いたいかというと、


自分すごい残念やったから読んでる人も残念になったらええねん。


という話です。



だいたい、ロライマ山の絶景が見たいんなら画像検索したらいくらでも出てくるし、もっと文章の上手なブログなんていくらでもある訳で。それでもこのブログを、どういう理由かは存じ上げませんが、読んでくださっているのですから、ぼくの残念な気持ちを十二分にお伝えしなければならない、と半ば使命感すら覚えています。


さて。しかし文章だけであれやこれやするにはいかんせん大自然すぎるこのロライマ山。

実際写真はないだけで見たっちゃぁ見た訳なので。その中でいかに読者の方に、


ちくしょう!なんでこいつのカメラ壊れたんだ!


と思わせられるか、と考えた結果、描くことにしました。絵を。

という訳で、ロライマ山から下山し、サブカメラを荷物から引っ張りだすまで残念な絵でロライマ山の偉大さ、雄大さをお届けしたいと思います。死ぬほど残念がってください。




まず崖下から見た壮大なロライマ山。

崖下から_20150812
崖下から

いやぁ。すごいですね。何がってこの絵を公衆の面前に晒していることがですよ。


崖下まで辿り着けば、あとは崖に沿って歩きます。そして最も登りやすいポイントから一気に登ります。その勾配はかなり急で、ただでさえ雨で滑りやすいので十分注意して登ります。

クライマックス_20150812
クライマックス

ここを越えると山頂です。

山頂とは言っても、ロライマ山のようなテーブルマウンテンの場合、山頂がめちゃくちゃ広い訳です。なんたっててっぺんが平らだからテーブルマウンテンと呼ばれるのですから。

また、今までは崖にへばりついていた格好になるので気になりませんでしたが、山頂は遮るものがないので風も強いです。濡れた服に容赦なく風が吹き付け、かなり寒かったです。荷物も重いしカメラも壊れているので死ぬほど帰りたかったです。

そんな風のなかではテントも張れないので、テーブルマウンテンの上に点在している岩山の陰にテントを張ることになっています。確かに雨も当たらないし風も吹いてきません。

ただ場所が狭いのでポーターの2人はテント無しで寝てました。夏休みのバイトらしいんですけどね。大変だな。

キャンプ_20150812
キャンプサイト


到着後、お昼ごはん。温かいご飯を食べられるのかと思いきや、お昼はサラダとクラッカー。

もう全身雨なのか雲なのか汗なのか分かりませんがびちょびちょなので、比較的乾いている服に着替えて昼寝しました。

いや、失礼。昼寝ではありませんね。ふて寝です。ふて寝しました。

てゆーか山頂雲かぶってるみたいで、真っ白な世界なんですもの。起きててもしょうがないんですもの。



晩ご飯だよと起こされ、今回はちゃんと温かいメニューをいただいて再びテントに潜り込みます。

二度寝ならぬ二度ふて寝です。

カメラさえあったら星空の写真を撮ろうと試みるところですが、カメラ壊れてるし。


というか雲かぶってて空とか見えないし。




もうほんとどうなってんだベネズエラ。。。




ベネズエラと比べてブログ村はずいぶん過ごしやすいらしいですよ↓

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2015.07.01 | ベネズエラ | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

あのテーブル・マウンテン「ロライマ山」に登ってあれこれしました

【265日目】ロライマ山トレッキング(4日目)@ベネズエラ



ロライマ山についてのプチ情報です。

ベネズエラは日本で言う夏が雨季、冬が乾季なので、ぼくのように雨に降られてカメラが壊れず、かつ絶景を堪能する可能性を高めるためには乾季に行ったほうが良いです。

特にベストシーズンは12月〜1月にかけて。ただ、12月から1月の初旬にかけては世界的なバカンスシーズンのため人でごった返しているそうです。キャンプ場のテント張る場所が足らず、トレッキング道にまでテントがはみ出すほどだとか(ガイド談)。


なので、ロライマ山トレッキングのみを求めるのであれば『1月3週目から末にかけて』が狙い目ということですね。


わざわざ「トレッキングのみ」という書き方をしたのは、ベネズエラの観光地と言えばランキングでむしろロライマ山よりも上位に来る「エンジェルフォール」との兼ね合いがあるからです。

「エンジェルフォール」を見に行くツアーは、雨季の川の水が増水している時期しかやっておらず、乾季はセスナによる鑑賞のみで近くまで行けない、そもそも雨季は水量が少ないので見てもそんな迫力がない(らしい)。そのため、両方を同時に攻めるなら

・乾季→ロライマ山はバッチリだがエンジェルフォールはイマイチ。

・雨季→エンジェルフォールはバッチリだがロライマ山はリスキー。

の2択ということ。まぁどちらのハイシーズンも外すってパターンもありですけど。


どちらもハイシーズンを堪能するには、例えば

乾季にロライマ山に登りに行って、その後半年かけて南米大陸を一周し、雨季にエンジェルフォールを見に戻ってくる。

みたいな旅程を組んでみてはいかがでしょう。


まぁそんな南米に1月に入って半年もかけて1周してまた8月にまた戻ってくるみたいなアホはなかなかいないでしょうけどね。











おれや。











ロライマ最初に行っときゃ良かった。。。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

というか誰がアホだ誰が。



今日はロライマ山山頂をトレッキングします。

事前ミーティングで提示された2択、①キャンプサイト近くのトレッキング(半日)、②三国国境までのトレッキング(全日)のうち、①を行います。まぁ当然でしょう。われわれ一般的なトレッキングのペースより遅いみたいですし。



見どころは、「クリスタルバレー」、「山頂なのにある滝」、「おとなりのテーブルマウンテンのビュースポット」、「テーブルマウンテンの端からの絶景を堪能」、「なんとかっていう水たまりでちゃぷちゃぷする」の5本です。もちろんテーブルマウンテンの山頂そのものも奇抜な形の岩山や植物がごろごろしているのでなかなか絶景らしいです。あとカエルかな。ちっちゃいカエルがいるんだって。



えー。じゃあトレッキング行きますよ。



クリスタルバレー_20150813
クリスタルバレー


滝_20150813
山頂なのにある滝


雲_20150813
おとなりのテーブルマウンテンのビュースポット


雲_20150813
テーブルマウンテンの端からの絶景


水たまり_20150813
なんとかっていう水たまり


山頂風景_20150813
山頂の風景


カエル_20150813
ちっちゃいカエル





はい。




半日でトレッキングを終了し、キャンプに戻ってお昼ごはん。

トレッキング途中から雨がじゃぶじゃぶ降ってたので、温かいものが食べたかったのですがまたしてもサラダとクラッカー。ううむ。

そしてもはや乾いている服がないという残念すぎる状況。まぁ絞れるレベルか湿ってるレベルかっていう感じです。あー帰りたい。



昼食後、ぼく以外のメンバーはキャンプ場の前にある岩山に登りに行ってました。なんかそこが標高的には1番高いとこらしい。



ぼくは昼寝してました。いや、ふて寝です。ふて寝。「集団行動?ナニソレ美味しいの?」です。



晩ご飯は温かいものを頂き、今日はおしまいです。

明日は一気に初日のキャンプ場まで下ります。



あぁもう町のほうがこっちまで来ればいいのに。



ちなみにぽちっとするとブログ村がやってきますよ。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2015.07.02 | ベネズエラ | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

あのテーブル・マウンテン「ロライマ山」に登ったので下りました

【266日目】ロライマ山トレッキング(5日目)@ベネズエラ



ロライマ山プチ情報そのに。

ロライマ山トレッキングツアーに持って行くと良いものリスト。


まぁ基本持っていけば持っていくほど荷物が重くなって負担が増すので、持ってかないにこしたことはありません。ということに念頭にどうぞ。あ、あと雨季に行く想定で書いてます。乾季のロライマ知らんしね。


・下着、シャツ類 日数分以上欲しい。洗ってもまず乾かない。

・くつした 渡河の際使用するので多めに。

 なお、上記衣類はバックパックの中でさらに防水対策を施したい。

・サンダル トレッキング時以外はサンダルのほうが過ごしやすい。寒いけど。

・雨具 ポンチョがバックパックも同時に防水できて良い。次点でレインコート+バックパックカバー。

・ヘッドライト 無くてもいいけど、夜は電気がないのであると便利。

・防寒具 雨季のロライマ山頂は寒い。

なくてもいいけど寝袋など寝具 寝袋1枚だと寒いかも。ぼくはレンタルした寝袋の中に自前の寝袋を入れて二重にしてました。まぁ着こめばいいんだけど。


服装は濡れる前提で乾きやすいものにしましょう。あと、ちょっと汚れたぐらいなら洗わない方がいいかも。

まぁぼくらみたいに連日雨じゃなければそんなに気を使うこともないと思いますけど。




というか天気予報を見て日程を指定した方が無難です。最小人数が4人という縛りがあるのでなかなか難しいですが。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

というかなぜ我々は天気予報を確認しなかったのか。。。



今日はロライマ山を下山し、一気に初日のキャンプ場まで下ります。2日目と3日目の行程を一気に遡る訳ですね。まぁ下りだし大丈夫ですか?ほんとに?



今日は雨ではないです。むしろ少し雲の晴れ間が出ていて、朝から虹が見えたりしていました。

虹_20150814




登りの時より雲が薄いので崖も比較的はっきり見えます。ほんとに垂直です。びっくりです。

崖_20150814




途中滝の下をくぐります。ものすごい勢いです。痛いです。というか来る時こんなん無かったけど。増水?雨で増水したの?

滝_20150814




やっとの思いで麓のキャンプまでたどり着きました。岩場は滑るし段差は急だし土のところはもっと滑るしでかなり危なかったです。

麓のキャンプでお昼ごはん。カロリーを摂取し、30分ほど休憩してすぎ歩き始めます。だらだら休憩して体冷ますほうがイヤですからね。



下るにつれて雲が晴れてきました。というか晴れました。すっかり。ほんとなんなんだ。

晴天_20150814
晴天


ぶっちゃけ登山っていうのは登りより下りのほうが足への負担は大きいんですよ。登りは自重を上げるだけですが、下る時は自重に重力が加わりますからね。だからさくさく下ってはいますが、足はもうぱんぱんだぞこのやろう!



さて、キャンプが近づいてきました。その間3時間以上歩いてますが割愛します。あ、大勢のグループとすれ違いました。

アナタガタハレタヒニノボレテヨカッタデスネ。

ガイドが山頂は今日も雨だから、って言ってました。ぼく何も聞いてないですけど。

初日のキャンプそばには何があったか覚えていらっしゃいますか?


そう。川ですね。


登る時は岩の上を歩いていればくるぶしまでつかるかなってぐらいだったんですけど。




濁流_20150814
濁流











まじかよ。











ここ数日の雨で水位が大幅に上昇したもようです。もう靴下がなんとかってレベルじゃないです。ここを渡るんですか?ばかなんですか?ねぇばかなんですか?

水位が比較的浅く、川幅が比較的狭いところにロープが渡してありました。

なるほど。それを頼りに対岸へ渡れと。

ぼくは最後に渡ったんですが、全員が胸ぐらいまで水につかってました。足場も悪いしロープも支柱が倒れちゃってるしで全員河のどっかでしばらく立ち往生してました。まぁ誰も助けられないんで自分でなんとかするしかないんですが。



渡河_20150814
渡河



やっとの思いで渡河し、やれやれと思って歩き始めると、また河が出てきました。


来る時は1本だったのに。なんなの?罠なの?どこかの組織による陰謀なの?


どうも河がY字になっていたそうで、登るときはY字の茎の部分を渡ったらしいんですが、増水のためY時の枝部分を2回に分けて渡ることになったようです。こういう時こそ絵を書けばいいのに。

という訳で、




渡河再び_20150814
渡河再び




もちろんロープ付。河沿いはプリプリがもりもりいますが、もうそんなものに構っているヒマはありません。リアルに死ねるシチュエーションです。仮にカメラが今現在まで生きていたとしても、ここでお亡くなりになったとしか思えません。



なんとか全員無事に河を渡りきり、最もキャンプに近い川も渡ります。この川はロライマから流れてきていなかったようで、特に増水してませんでした。

なるほどつまり、我々がいた日および我々がいた場所ピンポイントでじゃぶじゃぶ雨が降ったと。そういうことですね。




死ぬ思いをしてキャンプにたどり着き、最後の夕飯。

夕飯後、ガイドが全員に「今回のトレッキングはどうだったか」と問いました。

ぼくは「いい経験だった」と答えました。「それだけかよ!」みたいなツッコミが全員から入りましたが、ほんとにそうとしか言いようがないんだもの。

そんなんほんとのこと言ったら、そもそも荷物全部自分で持ってるところからおかしいし全員で合意した行程は言い出しっぺがシカトするし雨降るしカメラ壊れるし聞いてたより全然しんどいし滑るしコケるしコケた時着てた服は寝る時用のヤツだったのに泥だらけになっちゃったからそのままほっとく訳にもいかず洗ったら最終日まで乾かないしゴアテックスのトレッキングシューズ履いてるのに歩くたびにぐちゃぐちゃ言うぐらい雨降るしカメラ壊れるし滑るし寒いし山頂じゃ何も見えないしカメラ壊れるし水たまりで違うグループのお姉ちゃんたちがキャッキャウフフしてるのに写真撮れないし行動に対する合意を取ろうとか言った本人が議論ほっぽりだして雑談始めて最終的に合意も何もなく自分のいいように進めるしノグソしたしそう言えばうんこの色真っ黄色だったんだけどお腹壊してたのかしらだし滝に打たれるし滑るしコケるしカメラ壊れるし河増水してるしロープしょぼいしというかロープナイロン製で手に刺さるしプリプリいるしカメラ壊れるしいい経験だった!!





なにごとも経験。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2015.07.03 | ベネズエラ | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

あのテーブル・マウンテン「ロライマ山」に登ってきました

【267日目】ロライマ山トレッキング(6日目)@ベネズエラ



めんどくさくなったんですよ。絵を描くのが。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。

文字もたいがいめんどくさかったけど。




今日はロライマ山トレッキング最終日。

カナイマ国立公園の入口まで戻り、お迎えに来てくれるツアー会社の4WDで町まで戻ります。



いや。一昨日までの雨がウソのような快晴。ロライマ山に雲ひとつかかっていません。











ロライマ山に雲ひとつかかっていません。











そう言えば、ぼくらの前の週にツアー行ってた方は「天気良くて最高だった」って言ってましたねぇ。

ぼくらの次の週のツアーは、現在進行形で「天気よくて最高」っぽいですねぇ。


ぼくらの週だけですねぇ。雨降ってるの。ぼくらの週だけですねぇ。











雨季なら雨季でおとなしく毎日降ればいいのに。











さ、帰ります。もう言ってもしょうがない。ウユニもフィッツ・ロイもトーレスも完璧に見れた訳だし。

ボリビアとアルゼンチンとチリは大好きだけどベネズエラは嫌いだってだけの話ですよ。


というか昨日の下山による筋肉痛がありえないことに。

少しでも勾配が下りだとフトモモとフクラハギが悲鳴をあげよる。半歩ずつぐらいでしか進まない。これは「翌日に筋肉痛キタ!まだ若いオレ!」と喜べる話ではありません。単純に年寄りでも翌日に来るぐらいの負担だったということです。

きついわー。運動不足やわー。社会人時代よりは確実に運動量増してるんですけどね。沈没してなければ毎日2時間以上歩いてる訳だし。タビジュン師匠を見習って筋トレでもしようかしら。



4時間ほどのトレッキングで入口まで帰ってきました。

あーー。コーラうめーーー。しみるわー。



4WDでの町までの道中、お昼ごはん休憩。鳥を焼いたもの。

あーー。肉うめーーー。やっぱ動物性タンパク質は違いますなぁ。



さらに途中、映画ジュラシック・パークが撮影されたことで有名なビュースポットにも立ち寄り。まぁぼくは車内で寝てましたが。

ノグソが嫌だったのかツアー中1回もうんこしてなかった参加者が「早く帰りたいんだ」ってキレてました。もう笑うしかない。



それもあってか、行きの際よりもガンガン飛ばす医者の奥さん。マジ怖い。とか思ってたら











パン!!!











びっくりするぐらい大きな音が。

パンクしたらしいです。

おお。パンクした。。。パンクってあんな音するんだ。初めて聞いた。



ツアー会社の人とガイドとポーターがタイヤを交換しようとしましたが、何をどうやってんのか知りませんが車体が浮かなくて交換できないみたいです。結局、われわれ参加者も総出で車体を人力で持ち上げ、その間にタイヤを交換するという荒業を敢行。ひとり車体の下に潜ってましたからね。超危険作業。



なんだかんだでようやくサンタ・エレナ・デ・ウアイレンの町に帰還。

もうほんと「帰還」という単語がふさわしい。こんなのツアーじゃなくてサバイバル訓練だって誰かが言ってました。間違いない。



宿に戻り、ありえないぐらい臭い衣類の洗濯をお願いし、6日間に渡るロライマ山トレッキングツアーは終了。

正直何しに行ったか分からないレベルのツアーでした。これは少し体を鍛えて乾季にリベンジするしかない。


たぶん。



気が向けば。




死ぬまでには。











クリックは今。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2015.07.04 | ベネズエラ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

あのテーブル・マウンテン「ロライマ山」に登ってきたらこんな感じになりました

【268日目】サンタ・エレナ・デ・ウアイレン@ベネズエラ



このブログも1回テコ入れしようかと思案中。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

今日は起きたらすっかり熱が出ていました。

まぁコレはあれです。完璧に疲れからきてるヤツです。今日1日しっかり休養すれば大丈夫でしょう。




で、休養してました。




やべぇもう書くことない。






















うん。やっぱり書くことない。











ぼくは書くことないけどみなさんはすることあるでしょう?そう。ほら。下のコレをほら。ね?

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2015.07.05 | ベネズエラ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム