過去最高の貼り具合かもしれない

【330日目】プルフンティアン(2016年9月1日のおはなし)



水中カメラというのは、カメラにハウジングという防水用のケースをつけて、、、というかハウジングにカメラを入れて潜ります。
潜った後そのままほっておくと、ハウジングのロックのような細かい部分に海中の何か(塩とか)が固形化して固まってしまい、開かなくなったりします。
それを避けるために、ダイビングの後は真水の中にしばらく漬けておく必要があるのです。

で、昨日ダイビング終わった後漬けといたんですよ。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

で、朝起きたらカメラねぇし。








宿のスタッフ兼ダイビングのインストラクターに聞いてみると、


「あぁうん。昨日あったね」


「あぁ。夕方水に入っているのを見たよ」


「あー。たぶんセキュリティが預かってるんじゃないかな。今寝てるから起きたら聞いてみよう」


という訳で、本日の1本目は写真ナシです。












ここの宿は1日3本(午前・午後・夕方)ダイブを組んでいるのですが、午前・午後を連続で潜るとしんどいことが昨日分かったので、今日は午前からの夕方のダイブに参加します。

夕方のダイブの前に、カメラのことを再確認。


「あ、うん。あったよ。よかったね」












おお。良かった良かった。
ぼったらかしにしてたぼくが悪いので、無かったら無かったでしゃーないとは思っていましたが、あったのなら良かった。

という訳で、本日2本目のダイブの写真を貼りまして、みなさま明日までごきげんよう。



4本目_20160901

4本目そのに_20160901

4本目そのさん_20160901

4本目そのよん_20160921

4本目そのご_20160901

4本目そのろく_20160901

4本目そのなな_20160921

4本目そのはち_20160901

4本目そのきゅう_20160901

4本目そのじゅう_20160921

4本目そのじゅういち_20160901

4本目そのじゅうに_20160901

4本目そのじゅうさん_20160901

4本目そのじゅうよん_20160910

4本目そのじゅうご_20160901

4本目そのじゅうろく_20160901

4本目そのじゅうなな_20160901

4本目そのじゅうはち_20160901












そういえばスタッフに「ベッドバグ連れてきてないだろうな?」って言われました。ぼくだってあんなのお供に旅行したくありません。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2016.09.01 | マレーシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

行き当たりばったりだとこういうこともある

【331日目】プルフンティアン→コタ・バル(2016年9月2日のおはなし)



なかなかに素晴らしき『南の島』プルフンティアン。


本土と比べて物価が高いのかと思いきや、たしかに高いけど新幹線価格というほどでもない。1〜2割増しぐらい。
宿代なんかダイビングさえしてたらタダなんだから、ダイビング費用を考慮しなければ本土より安いんじゃないかと思うほど。

ただ、当然本土から離れた孤島なので、難点もちらほら。

とりあえず Wi-Fi が通じない。

あと洗濯したい。



そう。ぼくは洗濯したいのです。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

というか「せんたくしたい」の第一予測変換が「選択肢たい」ってなんなんだよ。
どういう日本語だ Mac ちゃんよぉ。








という訳で、今日はプルフンティアンを離れて本土に戻ります。
行き先は決めてません。なるようになれ。


プルフンティアンからクアラ・ブセッまでのボートは、往復で買っているので手配済み。
時間が8時と、あと何時か忘れたけど、とりあえず時間が決まっています。

ボートのチケットを買った際、あと昨日宿のスタッフにも「8時のボートで帰ったほうがいいわよ」とオススメされたので、今日はちゃんと8時のボートに間に合うように起きます。
まぁネット繋がらないと夜更かしもしないからね。
他の宿泊者(欧米人)は併設のバーで遅くまでわいわいしてますけど。
なんであいつらあんなにパーリー好きなんだ。


8時頃になると、その辺に浮かんでいたボートが客を拾い始めます。
ビーチからボートまでは、来たときのようにボートタクシーを使わなければなりません。1回2RM(50円ぐらい)。



ロングビーチ_20160902
ロングビーチ

さらばロングビーチ。




プルフンティアン→クアラ・ブセッ

帰るときは、他のビーチに寄ったりセずクアラ・ブセッまで直行します。
各ビーチから各々ボートが出ているのでしょう。




クアラ・ブセッに到着し、とりあえずバスターミナルを探します。
タクシー運転手に「どこ行くんだ?」と聞かれ「バスターミナルだ」と答えると、「2キロもあって遠いぞ。乗ってけ」と聞いてもないのに距離を教えてくれるので、「2キロぐらいなら歩くよ」と返します。





波止場→バスターミナル




暑い中重い荷物を引きずって歩きます。もう毎回思いますね。荷物捨てたい。



バスターミナルに着き、とりあえず最寄りの大きめ都市「コタ・バル」までのバスを探します。
窓口で聞いてみると、「コタ・バル行きはチケットを買わなくて良い」とのこと。
路線バスみたいなバスが走ってるみたいですね。



その通り、少し待っていると普通の路線バスがやってきました。
バス内で料金を支払うやつです。
コタ・バルまで片道6RM(150円ぐらい)。





クアラ・ブセッ→コタ・バル



9時半ぐらい発で、コタ・バル着が10時半ぐらいだったので、ざっと1時間ぐらいです。



さて、ここからどうしましょう。
いちおう目的地の候補としては、

「キャメロン・ハイランド」:紅茶の産地で有名な高原リゾート。

「ペナン島」:世界遺産にもなっている古い都市。あとリゾート。

位置的にはキャメロン・ハイランドのが近いので、とりあえずそこ行きのバスを探しましょう。




と思ったのですが、到着したバスターミナルは市内および近郊行きのバスしか発着しないのだとか。
まじかよ困ったどうしてくれんだ。と聞いてみたら、ターミナル近くにバス会社の窓口がいくつか並んでいて、そこで遠方へのバスのチケットが買えるらしい。



じゃあそこで聞いてみましょう。



だばで「キャメロン・ハイランド行きのバスはありますか?」


おばちゃん「ないわねぇ。キャメロン・ハイランド行くなら、イポーまで行って乗り換えね」


だ「じゃあペナン島はどうですか?」


お「それもイポーで乗り換えね」


だ「じゃあイポーまでのバスください」



もうなんの選択肢もない。。。



お「発車時刻は10時半よ。夜のね。そこのバス停から遠方行きのバスターミナルへ行けるわ」












なんてこった。
今日は完璧にコタ・バルで足止めじゃないか。
まだ昼前だぞ?ほぼ12時間やることないぞコレ。
まぁせっかく来たんだからどっか見に行ってもいいんだけどとりあえず荷物邪魔。

あ、そうだ。



だ「そういえば、この辺にランドリーない?」


お「ランドリー?あの服を洗うところ?この辺にはないけど、遠方行きのバスターミナル近くにはあるわよ」











よし。行こう。もうバスターミナル行こう。




近郊バスターミナル→遠方バスターミナル



Tesco 行きのバスに乗ればいいらしい。
運転手さんに「ターミナル」が通じなくて、周りにいた英語の話せるお客様に助けていただきながら向います。
だいたい20分ぐらい。1.5RM(40円ぐらい)。



さぁ着きました。
これから開発していきたい感がまんまんの地域です。
さっきの Tesco ってのはちょっとしたショッピング・モールのことですね。
その周りにも個人商店がたくさん軒を連ねていますし、なんか遊園地ちっくなものも見えます。
あと

イオンモール_20160902
イオン

イオンもあります。
まぁ懐かしい。それこそ毎日のようにイオンに行っていた時期を思い出しますね(遠い目)。



とりあえず、個人商店街にランドリーがあったので、そこで荷物の中身を全部ぶちまけて、全ての衣類をぶちこみ

洗い(高温設定)!!

からの

乾燥(高温設定)!!

でぶん回します。
終わったらトイレで着替えて、今まで来ていた衣類をビニール袋でぐるぐるに密閉し、次回の洗濯まで隔離します。



ほんとまさかとは思うけどマジくっついてたりしたらシャレになんないですからね。
アイツですよアイツ。

南京虫_20160827
このクソ憎たらしいあんちくしょう



ランドリー内で荷物の中身を空にし、さらにパッキングしなおすという大迷惑な行為をはたらいた後は、同じく個人商店街でご飯を食べましょう。おなかすきましたし。
あと、久しぶりにネット繋ぎたい。



冷房のガンガンに効いた店内でうどん(という名前のメニューだったけど当然ながら想像してたうどんでは無かった)をすすりながら、イポーの後の目的地を検討します。



とりあえず宿見てみるか、、、ペナン島は、、、まぁバックパッカーの多いとこだから安宿も多いな。。。キャメロン・ハイランドは、、、、、、え、最低価格が1泊100RM(2,500円ぐらい)!!?高すぎだろ。普段泊まってるとこの4倍だぞそれ。ありえねぇ。。。

という訳で目的地は『ペナン島』に決定したところで、、、。












なんもやることねぇ。。。












あ、そうだ。
バスターミナル行って、乗るバスの会社があったら荷物預かってもらお♪












だばで「こここれ(ぼくの持ってるチケット)の会社ですか?」


おじさん「うん。そうだね。夜の10時半発だよ」


だ「それまで荷物預かってもらえません?」


お「あ、無理です」












まじかよ。
荷物預けたらイオンでも行こうと思ってたのに。

えー。じゃあこの荷物ずっと持ってなきゃダメなの?
あと10時間ぐらい…?


























えぇ。。。
























どうぶつの国全巻読み終わったわ!!!

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2016.09.02 | マレーシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

マレーシア内の移動はクアラ・ルンプールを拠点にすべきと心から思った

【332日目】コタ・バル→イポー→ジョージ・タウン(2016年9月3日のおはなし)




図らずも夜行バスに乗ることになってしまった訳ですが、お隣に座っていたマレーシア人の女の子(大学生)が英語を話せたので、いろいろとお話を伺いました。


まぁやっぱり大学行ってる方たちは英語話せますね。大学の授業は英語だって言ってましたからね。大学行ってるから話せるというか、話せないと大学行けないというか。

マレーシアはイスラム教徒が多いのですが、別に強制されるものではないみたいですね。
彼女も、家系が代々イスラム教だから私もイスラム教なの、と言ってました。
ただ、信仰する宗教を変えるときは政府(自治体かも)に申請しなきゃいけないそうです。「信仰」が名前とか住所とかと同じぐらい重要だということですね。

あとなんか日本について詳しかったですね。
日本って無宗教の人が多いんでしょ?とか聞かれました。「無宗教」とか「無神論者」というのが海外ではよく思われないことがあるので、「ご信仰は?」と聞かれたら「神道です」もしくは「仏教です」と返しているのですが、すっかりバレてますね。まぁその辺も含めてユニークなお国ですしね。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

ついでに、朝イポーについた時に起こしてもらいました。「イポーだよー」っつって。








はい。イポーです。


イポー

これから行くペナン島とクアラ・ルンプールのちょうど真ん中ぐらいでしょうか。
コタ・バルからは7時間弱で到着しました。

10時半発で7時間弱ということは。そうですね。今5時すぎということです。




イポー・バスターミナル_20160803
イポーのバスターミナル


閑散としすぎ。
バス会社の窓口も閉まってはないけど人がいませんしね。まぁ物理的に閉まらないだけですね。これは。



とりあえずターミナルで時間をつぶします。
ただ、昨日も10時間以上ヒマを持て余していたので、パワーバンクを含めて端末の充電がほとんど無いんですよね。
これから目的地の宿に着くまでもたせないといけないのに。



7時頃から窓口に人が入りはじめました。
とりあえず最初に来たおばちゃんに聞いてみます。


だばで「ペナン島行きたいんですが。ジョージ・タウン行きありますか」


おばちゃん「あるけど、ジョージ・タウン行きたいならペナンよりバタワース行きのほうがいいわよ。ジョージ・タウンのバスターミナルより、バタワースからフェリーで渡った先にある船着き場の方が市街地に近いから」


ふむ?つまり、、、


ペナン島周辺の分かりやすい地図_20160903
整理するとこんな感じという地図

こういうことか。



まぁじゃあそれでいいや。
チケットくださいな。


お「10時発よ」












もうちょっと頑張ってくれよ。
朝イチのバスが10時とかおそすぎでしょうよ。ほんといい加減にしてください。



すっかり自分のことを棚に上げたところで、バスに乗り込みます。




イポー→バタワース


またすっかり熟睡しているうちに到着しました。
駅前の、なにもない路上で降ろされます。
一緒に乗ってた欧米人バックパッカーに「ここからフェリーが出ているのかしら?」と聞かれました。ぼくもそれを知りたいと思っていたところです奇遇ですね。



バタワースの駅は、フェリーの発着場と連結しています。
まぁ連結してはいますけど、階段登って降りてをしなくてはいけなくて、なんで橋上駅なのにそのレベルで繋げねぇんだよこのやろうです。



フェリーは片道1.2RM(30円ぐらい)。



フェリーから_20160803
フェリーから

なんかこころなしか海が青いですね。さすがは南国リゾートというところでしょうか。




フェリーからそのに_20160803
フェリーからそのに

お。目的地のジョージ・タウンが見えてきました。
まぁバタワースからずっと見えてたんですけど、大きく見えてきました。




はい。
なんとか目的地のジョージ・タウンに到着しました。
あとはなんとか目的の宿まで辿り着いて、辿り着いたら、、、。












うん。もう寝よう今日は。疲れた。












バスの座席での睡眠時間はカウントしない派。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2016.09.03 | マレーシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

きっと疲れてたんだと思います

【333日目】ジョージ・タウン(2016年9月4日のおはなし)



今日何してたかぜんぜん思い出せん。



写真もないし。



なにしてたんだおれ?












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。

たまにこういう日があるから困るんだよね。まぁ全部自分が悪いんだけどさ。








まぁどうせ何もせずベッドでごろごろしてたんでしょう。
ほんとちょっと目を離すとすぐサボるんだから。









まぁしょうがないね。
プルフンティアンから出てきて久しぶりにネットに繋がった訳で、きっと色々やることがあったんでしょう。

洗濯もしただろうしね。

洗い(高温設定)!!

からの

乾燥(高温設定)!!

ですね。
マレーシアのランドリーはセルフなのでありがたいですね。












まぁ何もやってないんだから書くこともないよね。












自分には甘い。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2016.09.04 | マレーシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

雨季だけど晴れ間を狙えばなんとかなる

【334日目】ジョージ・タウン(2016年9月5日のおはなし)



ぼくドリアンだめなんですよ。

味というか匂いですよね。なんすかあの匂い。
個人的にはガスの匂いに思えるのですよ。プロパンガス。

そんでその匂いがまた強烈なので、果実の甘味とか感じる間もなく「くっさ!!!」となるんですよ。

まずいとかじゃなくてくさいんですよ。

ただあれ果物の王様ですからね。
匂いさえなんとかすればきっと美味しくいただけるはず。

そんなことを考えておりました。



今日、街を歩いていると

ドリアン・アイスクリーム_20160905
ドリアンアイス

ドリアン・アイスクリームなるものを発見しました。


ふむ。
これならもしかして匂いを排除した「果物の王様」ドリアンの素の味わいが楽しめるのではないか。
少し高い気もするけどお試ししてみましょう。



ドリアン・アイスクリームそのに_20160905
アイス

見た目は普通のアイスクリームですね。


ではひとくち。















ガスくせぇ…。。。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんにちは。

売り子のおばちゃんから買う時に「ドリアン食べられる?」と聞かれた時点で覚悟はしていた。








昨日すっかりサボったので、今日は世界遺産のジョージ・タウン地区をうろうろしたいと思います。


観音寺_20160905
観音寺

まずは宿から徒歩3分と1番近かったのでやってきた観音寺。

ジョージ・タウンは、華人(中国系)の人が特に多い地域なんだとか。
なので、街なかも中国っぽい(行ったことないけど)のですが、その中国系寺院のなかでも1番大きくて有名なやつだそうです。


観音寺なかみ_20160905
なかみ

なかみ。

やっぱり日本の仏教寺院とはちょっと違いますね。
中国っぽい(行ったことないけど)。




華人が多いとは言え、ここは多民族国家マレーシア。

※マレーシアとかインドネシアの西側(スマトラ・ジャワあたり)は、欧米列強が調子こくもっと前から交易上重要な拠点で、そのため昔からインドとかアラブ(もちろん中国も)の人たちがよくやってきていたらしい。そういう歴史から、今でもインド系や中国系の人が多く住んでいるとか。

この観音寺から通りを1本渡れば、インド系のお店が並びインド人がもりもり歩く通りがあったりします。



マハ・マリアマン_20160905寺院
マハ・マリアマン寺院

当然お寺もヒンドゥー教ですね。
同じくヒンドゥー教のバリのお寺とはまた違いますが。



そんでもって、マレーシアで最も信仰人口の多いのがイスラム教。

カピタン・クリン・モスク_20160905
カピタン・クリン・モスク

当然モスク(でかい)もあります。

これら全部が歩いて5分圏内にあるという。カオスですね。
インドネシアもそうでしたが、宗教ってのは共存できるということがよく分かりますね。
歴史上、宗教はよくケンカの原因になっていますが、悪いのは宗教じゃなくてケンカしてるバカだということですね。




そうは言っても、華人の多いジョージ・タウン。




ヤップ・コンシー_20160905
ヤップ・コンシー

クー・コンシー_20160905
クー・コンシー

まちなみ_20160905
まちなみ


あちこちにある華人のお屋敷や、まちなみはやっぱり中国っぽい(行ったことないけど)。




極めつけはこちら。

姓周橋_20160905
姓周橋

同姓一族の伝統水棲家屋というところ。
ようするに、同じ苗字の一族が一緒に住んでる桟橋ですかね。
写真は「周一族」の桟橋です。



姓周橋なかみ_20160905
なかみ

まぁなかみは観光地化されちゃってますけどね。
それでも実際に人は住んでるみたいです。



姓周橋なかみそのに_20160905
なかみそのに

桟橋っぽい。


こういう桟橋が何本かあります。
ちゃんと入れるのはここともう1本ぐらいかもですが。





じゃあちょっと趣向をかえて、違う地域にも行ってみましょう。

税関_20160905
税関

時計塔_20160905
時計塔

まちなみそのに_20160905
まちなみ


こちらの方はイギリス植民地時代の雰囲気が残っていますね。

この、、、なんつーか、ランドマークをロータリーの真ん中に置いちゃうみたいな?建物は区画ごとに一体化、2階を張り出してその下をアーケードにしちゃうみたいな?ザ・ステレオタイプみたいな?こういうの南米でもくさるほど見ましたね的な?


その中心的なポジションが

セント・ジョージ教会_20160905
セント・ジョージ教会

こちらのセント・ジョージ教会です。
なんか着いたと同時に閉まったので入れませんでしたけど。


ちなみにこのセント・ジョージ教会も、最初に行った観音寺から徒歩5分圏内です。




まぁつまり。












ぼくの宿選びが神ということですね。












安宿はその辺に固まっているという事実を無視することがキモ。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2016.09.05 | マレーシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム