ミャンマーの有名観光地インレー湖でクルージングしてきた

【422日目】ニャウンシュエ(2016年12月1日のおはなし)



インレー湖。




インレー湖の場所


インレー湖(ビルマ語: အင်းလေးကန်)は、ミャンマー連邦共和国のシャン丘陵に位置する淡水湖。 シャン州タウンジー県ニャウンシェ郡区に位置する。ビルマ語で「イン」は湖、レーは「4」を意味する。その昔インレー湖は4つの小さな湖だったが、湖の近くに住む鬼によって4つの湖が水路で繋げられ、大きな湖が誕生したという伝説が残っている。



と、ウィキペディア先生がおっしゃっております。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

記事を書こうと写真を確認したら、ヒクぐらい多くてテンションだだ下がり中のだばでーです。これはおそらく前後編です。よろしくお願いします。








インレー湖観光は、その拠点となる街ニャウンシュエでボートをチャーターして行います。

このボートは街なかの旅行会社に行けばツアーが出ていますし、各ホテルでもチャーターの予約をしてくれます。また、直接船着き場に行けばヒマな船頭さんが客引きしているのでそれにホイホイされてもいいです。


ぼくはホテルで頼みました。

丸一日チャーターして1艘あたり20,000K(1,700円ぐらい)。


「あなた1人?人数がいれば(ひとりあたりが)安くなるのに」とホテルのおばちゃんに言われましたが無い袖は振れません。

タイで会ったちーちゃんに「孤高の旅人」呼ばわりされるぐらいひとりぼっちですからね。

別に日本人宿が嫌いなわけじゃないんですよ。宿は安さ重視だというだけで。


そもそも丸一日のツアー代と考えた時に1,700円ってのは格安だと思いますよ。昼食とかは別ですけど。











朝8時に船頭さんがホテルに迎えに来ま…せんでした。

まぁね。そんなことぐらいではもう動揺しませんよ。

とりあえずこのホテルで申し込んでいるので、ホテルの人に事情を説明しましょう。



あ、なんか今から呼ぶっぽいですね。



うん。まぁこんなことぐらいでは動揺しませんよ。












数分後、バイクになぜか2人乗りでやってきた船頭さん。

うん。これぐらいでは動揺しませんよ。動揺しないけどなんで2人乗りで来たかは謎。おれピックに来たんちゃうの?



当然3人乗りで乗り場まで。そらそうなるよね。












ボート_20161201
ボート

というわけで、今日はこのボートでインレー湖へ。

具体的なツアー内容をまったく聞いていなかったので船頭さんに確認したところ、「Up to you(きみ次第)」とのこと。なにそれ緩すぎない?











ニャウンシュエ_20161201
まだニャウンシュエ

ボートはニャウンシュエ市内を少し走り、




インレー湖_20161201
インレー湖

インレー湖へ。

このインレー湖は現役の漁師の方がいて、なんか足でオールを漕ぐらしい。

とりあえずそれ見たいなー。見られるかなー。



フィッシャーマン_20161201
フィッシャーマン

あ、漁師の人いた。というかめっちゃいる。











フィッシャーマンそのに_20161201
そのに

あ、足で漕いだ。

めっちゃすぐ見れた。

というかほんと普通に足で漕いでますね。別に特別なことではないらしい。




フィッシャーマンそのさん_20161201
そのさん

確かに足で漕ぐことで手が空きますからね。


フィッシャーマンそのよん_20161201
そのよん

空いた手で作業をすることができるということですね。


フィッシャーマンそのご_20161201
そのご

このようにね。


フィッシャーマンそのろく_20161201
そのろく

足で漕ぎながら作業をするというね。


フィッシャーマンそのなな_20161201
そのなな

あ、ついに目が合った。

この漁師さんのまわりをぐるぐる周ってましたからね。そりゃ気になるよね。失礼。



この足で漕ぐ他にも、

フィッシャーマンそのはち_20161201
そのはち

このようなカゴをを使う漁もするそうなのですが。



フィッシャーマンそのきゅう_20161201
そのきゅう

なかなか使ってくれませんね。



フィッシャーマンそのじゅう_20161201
そのじゅう

というかすっかり休憩中のようです。

まぁ次行きましょうか。



次は船頭さん曰く「トマトファーム」だそうです。

ふむ。湖なんですけどね。なんすかね。ファームて。



トマトファームへ_20161201
トマトファームへ


どうでもいいけどこの波切って走ってく感じいいですね。

それほど大きなボートじゃないので、たぶん5、6人乗ればパンパンだと思うんですけど。これ1人の方が好き勝手できていいですね。視界も遮られないし。1人で寂しいから強がってるわけじゃなくて。



船頭さん「ついたよー」


だばで「ん?まだ湖の中なんだけど…」












トマトファーム_20161201
トマトファーム

だ「畑がある」




トマトファームそのに_20161201
そのに

えぇ〜。湖の上に畑がある。。。



トマトファームそのさん_20161201
そのさん

なにこれどうなってんの?

船頭さん曰く、このへんは水深が3〜4mあるとか言ってるんだけど。



トマトファームそのご_20161201
そのよん

なんか畝らしきものあるけど。。。

なにこれほんとどうやって作ってんの。



トマトファームそのよん_20161201
そのよん

あ、作業してる人いた、、、っつーかボートで作業してる。

いや、まぁそりゃそうなんだけどさ。足届かないし。

いやほんとすごいなコレ。よくこんなとこで畑作ろうとか思ったな。

あとトマトだけじゃなくてキュウリも作ってるらしいですね。

「キュウリ」の英単語が思い出せなくて言わなかったらしいのですが、このタイミングで思い出したらしくて言ってきました。まぁ別になんでもいいんだけどさ。カボチャって言われたらびっくりしたかもしれんけど。




船頭さん「次はシルバー・スミスに行くよー」




なんだよシルバー・スミスって。

聞いてもそれを説明できる英語力は無いんですけどね。この船頭さん(人のことは言えないが)。

まぁ無理だと分かった上で聞いてみましょうか。何かわかんないですからね。シルバー・スミスってなんですか?




船頭さん「シルバーのスミスだよー」




だよね。

ミャンマーは英語の通用度は高い方だと思いますが、その話す英語のレベルはそこまで高くないですね。

どこの国でも何言ってるか分からんぐらい流暢に話す人はだいたいいるんですけど。あんまりそういう人は見ないですね。

それでもミャンマー語でべらべら話しかけられても意味不明なので、カタコトでもたどたどしくても旅行者には英語で話しかけるというあたりホスピタリティー度の高さを表しているように思います。ほんと自国語でべらべら話されてもわかんないんですよね。ゆっくり言えばいいってもんじゃないんだっての(ちなみにリアルタイムでは中国にいます)。

こういう「英語が得意でないことをディスアドバンテージとしない」という精神は見習うべきところだと思います。特に日本人は。ぼくを含めですが、日本人は「ちゃんとできるようになるまでやらない」ような風潮がありません?「英語話せる?」と聞かれて「いや、ぜんぜんダメだよ」と答えると「でも私あなたの英語分かるわよ」と返されるパターンですね。まぁこれは日本人の「謙遜」という文化かも知れませんが、それも行き過ぎると出会いやビジネスのチャンスを失いかねない…ってなんじゃこりゃあああ!!!











村_20161201


湖の上に村があるよ!!!




村そのに_20161201
そのに

えぇ〜。。。電柱まで立ってる。。。



村そのさん_20161201
そのさん

そして村人はボートで移動しとる。。。

まぁあれでしょ?家の下には地面があるんでしょ?



村そのご_20161201
そのよん

あぁ。。。無いわ。普通に湖の上に高床で家作っとる。。。



村そのよん_20161201
そのご

それで普通になにごともないかのように生活しとる。



村そのろく_20161201
そのろく

ここはここに集落を作った時からそのままの生活を続けているんですね。

もちろん手漕ぎのカヌーがエンジン搭載のボートになったり、電気をひいて家にテレビがあったりするんでしょう。ただ、それはあくまでも設備面のグレードアップであって、根本となる生活スタイルはそのままなんでしょう。



村そのなな_20161201
そのなな

これすごいことだと思います。

もう世界中どこ行ってもおんなじような街でおんなじようなライフスタイルばっかりになってますよね。「グローバル化」とかかっこよく言ってますが、あんなものただの「均一化」ですよ。

そんな中、昔ながらの生活スタイルを維持しながら生活水準をグレードアップさせている。ただ「保護されている」のではなく、生活の中にそれが「根付いている」ところがポイントですよ。サパみたいなのはダメなんですよ。



そしてこれこそが旅行の醍醐味じゃないですか。

違う文化、違う生活、違う価値観に触れるというコレですよ。

あーやばいテンション上がるこれ。



これもきっとミャンマーという国がほぼ鎖国状態だったことが原因なのでしょう。

気軽に旅行できるようになって、こういう独特な文化に触れられるようになって、そして外国の価値観や常識がばんばん入ってくるようになったわけですが、願わくばこの村はこの村のままであり続けて欲しいですね。



こういう場所こそ「世界遺産」にふさわしいと思うんだけどな。

ほんとユネスコはなにやってんだ。




船頭さん「シルバー・スミスに着いたよー」




シルバー・スミス_20161201
シルバー・スミス

む。なにやら大きめのおうちですが…?

ここは中に入るのですね?さてさて。果たしてシルバー・スミスとは。。。













シルバー・スミスそのに_20161201
そのに

あぁ。そういうあれか。



あとで船頭さんに「スーベニア・ショップ」という単語を教えてあげよう。












やっぱり前後編!

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2016.12.01 | ミャンマー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ミャンマーの有名観光地インレー湖でスミスの猛攻にあう

【422日目】ニャウンシュエ(2016年12月1日のおはなし)



船頭さんが


「今日のお昼ごはんはどうするー?」

「村のレストランに行ってもいいけど、良かったらウチでどうだい?」

「(もちろん料金は取るけど)」



と言うのでお邪魔してきました。



船頭さんち_20161201
船頭さんち

船頭さんのおうち。

ちょっと大きめな気がしますよ。儲かってるんでしょうか。



船頭さんちそのに_20161201
おうちそのに

おうちの中。

間仕切りとかがなく、がらんとしています。でもテレビとか冷蔵庫とかキッチンとか普通にあります。

いいですね。昔ながらの生活スタイルを維持しながら生活水準は上げていくという感じ。こういうスタイルがもっと世界中で流行ればいいのに。こういうスタイルがお金を生むようなシステムになっていけばいいのに。



というわけで、ちょっとお高めでしたけど船頭さんちでお食事をいただきます。

船頭さんには長くこの家に住んでもらいたい。そのためにはこの家がお金を生むことが必要。だからぼくはここでメシを食います。



おひるごはん_20161201
おひるごはん

予想外に多い。そしてちゃんと美味い。

多いっつーか、食べたら食べるほど新しいお皿が出て来る。

魚結局2匹食ったし。ご飯も3杯食ったし。スープも飲み干すたび新しいスープ出てくるし。

そして船頭さんの奥さんが「どんどん食べてね(ニッコリ)」と言うような笑顔で持ってくるので(実は何も言っていない)ので結果出てくるものすべて食べることに。

なんてホスピタリティーだ。




だめだ。はらパンパンだ。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











こんにちは。

というわけで今日はインレー湖観光のつづきです。どうぞよろしく。








まぁ今さら言うまでもないですが、ぼくはここがとても気に入りました。

ぼくの求めている旅先で見たいものがここにはあります。

こういうところには出来るだけお金を落としたい。












タバコ_20161201
タバコ

でもタバコはいらないんだ。吸わないから。

なんかミャンマー産らしいけどいらないんだ。おれタバコ吸わないから。




製作工程_20161201
製作工程

うん。こうやって1本ずつ作ってるんだよね。

手間もかかるよね。

でもタバコはいらないんだ。おれタバコ吸わないから。



売り子の女の子「大丈夫よ。このタバコは甘いやつだから。私もたまに吸うわよ」



きみ完璧に10代前半だよね。

やっぱりミャンマーはこの年代の子から英語が話せるんでしょうね。朝行ったシルバー・スミスもこのぐらいの歳の子が営業してたし。

まぁそれは別にいいんだけど、おれタバコはいらないんだ。タバコ吸わないから。



女の子「ここの生活はとても厳しいの。このタバコも1本1本手作りだから時間もかかるし、1日に作れる数も限られてる。もしあなたが買ってくれたらとても嬉しいわ。この箱も手作りなのよ。大きいのと小さいのとあって、それぞれニス塗装してあるものとしてないものとあるわ。あわせて買ってくれたら安くしてあげるわよ。小さい方の箱は15本入るんだけど、2本サービスしてあげる。母もおばさんも英語話せないから私がこうやって売っているんだけど、売れないと私が悪いみたいになる…」











よし買おう。











おれタバコ吸わんけどそのタバコをいただこう。




















あー。間違いなくいらんもん買ってしまった。ジーザス。

まぁでもいいか。おれここ気に入ったからな。多少でもお金落として行こう。うん。



続きましてはなにやら機織り工場のようです。

シルク工場_20161201
シルク工場



また10代前半ぐらいの女の子が出てきました。



はたおり_20161201
製作工程

製作工程の紹介がありましてー。



はい。土産物コーナーに誘われると。

なんかね。ハスの茎から繊維取ってるらしいんですけどね。



売ってるのは全部シルクかコットンなんですよね。



うん。まぁ別にいいんだけどさ。

あ、ロンジーはいらないよ。着ないし。


いや、だからスカーフもいらないよ。付けないから。



うん。だからね。それも別にいらないんだよ。着ないからさ。



女の子「ここで作った織物(以下省略)」












わかった。そのシャツをいただこう。












たぶん着ないと思うけどいただこう。












あーダメだ。完全に財布の紐が緩くなってる。

まぁいいか。ここは。他のところでは間違いなく買ってないし。しょうがないここは。気に入ったし。











うん。しょうがない。











船頭さん「次はブラック・スミスだよー」












あ、ごめん。船頭さん。あのね。












スミス系はもういいかな。。。














前後編かとおもいきや前中後編へ!

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2016.12.01 | ミャンマー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ミャンマーの有名観光地インレー湖でいい加減寺とか行ったらどうだ?

【422日目】ニャウンシュエ(2016年12月1日のおはなし)



ミャンマーの寺院は境内土足厳禁です。

いちおう境内はタイルで舗装されていますが、まぁ結局屋外を裸足で歩くことになるのでいろいろと困ります。


船頭さんに連れてこられたインレー湖内のお寺。


2016120101_寺
お寺

ここは大きめのお寺で、境内も広いです。



2016120102_お寺そのに
そのに

特にタイルの色が黒いとことか熱くて歩けません。

白いとこはそうでもないので何の気なしに歩いてると急に熱いのでどっきりします。


あとハトがめっちゃいます。

ハトはハトなのでその辺にうんこします。

つまりその辺うんこまみれです。


さらにトイレも必然的に裸足で行くことになります。





あんまり境内をうろうろするもんじゃないな、とハトのうんこ踏んだあたりで思いました。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











こんにちは。

人物写真は撮るの苦手なだばでーです。よろすこ。








今日はインレー湖の観光ハイライトです。

まぁ、、、


2016120103_川



このように川を遡って行く場所なので、果たして「インレー湖」のくくりでいいのかは微妙ですが、とにかくツアーで行ける場所なので「インレー湖観光のハイライト」です。たぶん。



2016120104_船着き場
船着き場

川を遡ること10数分、なにやら船着き場のような場所に到着しました。


船頭さん「ここに1時間後に戻ってきてねー」


ふむ?今までの見所は1時間もかかるような所は無かったのですが。ここはそれだけの時間が必要だということですね?



2016120105_参道
参道

そのあたりの人に「あっちだ」「こっちだ」言われるがまま進んでいくと、参道に出ました。

両サイドにお土産物屋さんが並んでいますが、ミャンマーの売り子さんはそこまでしつこくないのですいすい進みます。


というかめっちゃ進みます。


なにこれ何mあるの?結構歩いてるよこれ。


あ、なんか出てきた。












2016120106_仏像
仏像

お。なんか仏像が出てきた。お寺のようですね。

ただこの仏像があるだけでそれほど大きなお寺ではありませんが、、、。



お。裏に抜けられるようです。行ってみましょう。












2016120107_ストゥーパ
ストゥーパ

うお!なんかすごい数のストゥーパ出た!



なるほど。

お寺の境内にこのようなストゥーパがもりもり建っているのですね。

いやー。まったく知らずにやってきたのですがとてもいいじゃないですか。



2016120108_ストゥーパそのに

2016120109_ストゥーパそのさん

2016120110_ストゥーパそのよん

2016120111_ストゥーパそのご

2016120112_ストゥーパそのろく

2016120113_ストゥーパそのなな

2016120114_ストゥーパそのはち

2016120115_ストゥーパそのきゅう



いやー。良かったここ。

なんかシュエインダイン・パゴダと言うそうです。しらんかったけど。











船頭さん「最後はサンセットを見るよー」



お。待ってました。

今日はお天気も良いので素晴らしいサンセットが見られそうですね。お天気が良すぎて顔面の日焼けがヤバイことになってますからね。船頭さんにもらった日傘使えばよかった。







2016120115_フィッシャーマン
フィッシャーマン

撮影ポイントで漁師さんを眺めながら待ちます。



2016120116_フィッシャーマンそのに

2016120118_フィッシャーマンそのさん

2016120119_フィッシャーマンそのよん

2016120120_フィッシャーマンそのご



だいぶ日も傾いてきました。

これはそろそろ…?











2016120121_サンセット

2016120122_サンセットそのに



おおーきたきた。

いいですねー。



…おや?あれは?



2016120123_ニセモノフィッシャーマン



船頭さん「フィッシャーマンだよー」

    「サンセットをバックに彼らの写真を撮るんだー」

    「その後少しお金を払うんだよー」



だばで「つまりニセモノだよね」



船頭さん「まぁニセモノだねー」

    「写真撮るかいー?」



だばで「いや。イラネ」



こういうヤラセみたいなの好きじゃないんだよね。

せっかく観光地感を出さずに観光地出来てるのに。まぁスミスにはだいぶやられたけど。




2016120124_サンセットそのさん


そんなものなくても十分美しいよ。




2016120125_ニセモノフィッシャーマンそのに

確かにこんなかっこした漁師さん見なかったしな。












今日もクリックよろしくね。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2016.12.01 | ミャンマー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

タイトルつけるの忘れてた

【423日目】ニャウンシュエ(2016年12月2日のおはなし)



なんかインレー湖の記事がわりと人気でした。

いつもの倍ぐらいの方がクリックしていってくれてました。

本来なら、この余勢をかって今日もおもしろ記事をぶち込みたいところなのですが、そのへんが日記ブログにありがちな「そんな毎日おもしろいことあるわけないだろ」という問題が発生してきますね。



昨日おとといと読んでいただいて、その流れで今日も見に来てくださっている方に最初にご報告しておこうと思います。













今日はポケモンGOやってました。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











こんばんは。

いつの頃からか知りませんが、ポケモンの詳細欄に「捕まえた場所」が表示されてます。
つまり、大したポケモンじゃなくても「でもおれのコラッタ、ミャンマー生まれだし」と強がることができるということで今日もよろしくお願いします。








ミャンマーなんですが、今まで行ってきた国の中で Wi-Fi 環境が最悪です。

ホテルの Wi-Fi はすこぶる遅いし、しょっちゅう停電するしで困ったもんなので、ついに SIM カードなるものを買ってみました。

これで Wi-Fi の遅さに悩まされることもなければ、突然停電して「…ジーザス」となることもなければ、街なかでポケモンGOをすることも可能ということですよ。




というわけで、今日は夜発のバスでニャウンシュエを離れます。

ぶっちゃけ、夜行バスで出る日に昨日のツアーをぶっこむことも可能なのですが、ケツカッチンなのでサンセットが見られなくなる可能性が高いです。

なので、最短の日程で行こうと思えば、


・早朝着のバスでニャウンシュエに入る



・その日の内にツアーに行ってしまう



・翌日の夜行バスで出る


というのがベストだったわけですが、着いた日は気付いたら昼だったんだからまぁしょうがないよね。











つまり、バスの発車時刻までヒマなんだ、という話です。











カフェ_20161202
ミャンマーカフェ

所変わってもやることは同じということでね。

ミャンマー式のカフェでだーらだーらしておりますよ。

安いんですよねー。なんかアンパンみたいなのもあるし。小豆じゃないですけどね。甘さ控えめでわりとイケます。











そんなこと言ってる間にバスの時間になりました。

このへんブログは「何もなかった」時間を本当に「何もなかった」ことにできるのでいいですね。



宿にピックに来てもらって、バスの発着場所まで。



夜行バス_20161202
夜行バス

ミャンマーは日本の車が多いんですよね。

今回のバスも例に漏れず日本車です。

別にどこの国のお古でもかまわないんですよ。かまわないんですけどね。












飛騨高山行き_20161202
飛騨高山行き

使わないなら消せば、とは思いますね。











まさかミャンマーで飛騨高山行きのバスに乗ることになるとは。。。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2016.12.02 | ミャンマー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ミャンマーの有名観光地バガンで朝焼けを観る

【424日目】→バガン(2016年12月3日のおはなし)



朝起きたら飛騨高山…ではなくバガンに到着しておりました。




バガン



到着したのは3時20分。












だからさ、時間設定おかしくない?













ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

ミャンマーの夜行バスはとにかく早朝に着きたがります。というか3時とか早朝とは言わないよね。未明だよね。








そんな時間に到着したところで当然バスなど走っていないのですが、バスターミナルにはタクシーの客引きがたくさんスタンバっています。こんな時間からご苦労さまですね。

当然日中の値段より高い料金をふっかけてきますが、他に選択肢はないので「とにかく安い方法で行きたい」と奴らに要望したところ現れたのがこちら。











2016120301_リキシャ
リキシャ

確かに。

確かにタクシーよりは安いだろう。

ただ寒いな。間違いなく。




12月とはいえミャンマーなので基本半袖でいけるんですが、やっぱり朝夕は何か羽織っていないと寒いんですよね。

まぁこれでいいか。




街へ向かう途中で検問。というか入域料徴収場所。

ミャンマーはこういうの多いですね。

この時のレシートは、あちこちのお寺のチェックポイントで確認されるのでちゃんと払いましょう。












「朝早いから宿は空いてないぞ。近くに24時間オープンのカフェがあるから、そこに荷物を置いて朝焼けを見に行こう。このリキシャでな」

というドライバーのおっさんのご厚意を華麗に無視し、予約していた宿に行ってスタッフを叩き起こし、強引に荷物を預からせたあげく、系列のお店まで無理矢理オープンさせ、そこにある貸し電気バイクを借りつけ朝焼けを見に行くことにします。

せっかくこんな時間に着きましたからね。まさか「客が朝焼けを見たがっている」ことを想定してこんな時間着にしているのではないと思いますが。












シュエサンドー・パゴダ

という訳でシュエサンドー・パゴダというところにやってきました。

宿はバガンの中でも比較的宿が安いニャウンウーというところに取ったのですが、そこからバイクで20分から30分というところでしょうか。

バガンは、その「バガン」と呼ばれる地域内に大小さまざまな仏塔がもじゃもじゃ建っていることで有名な場所。その仏塔群と朝焼け、夕焼けとのコラボが素晴らしいとのこと。

ここシュエサンドー・パゴダは、朝焼けやら夕焼けやらを見るポイントとして有名なところです。まぁ簡単に言うと他の仏塔より高いんですね。




2016120302_シュエサンドー・パゴダ
シュエサンドー・パゴダから

こんな感じです。



2016120303_朝焼け
朝焼け

ただ残念なことに今日は雲が多いですねー。

これはちゃんと朝焼けは見られないかなー。



2016120304_気球
気球

あー。気球が上がりました。

あれすっごい高いらしいですね。何がってお値段ですよ。

そして雲が多くて残念でした。



2016120305_気球そのに
そのに

この気球はこちらからすると良い被写体なのですよね。

だから雲の多さにめげず、これからもセレブの皆様にはたっかい料金払ってガンガン飛んでいただきたいですね。

というかめっちゃ上がるな。



2016120306_朝焼けそのに
朝焼けそのに

んー。

やっぱり雲が多いなー。



2016120307_朝焼けそのさん
そのさん

まぁ写真はさ。このように良い部分だけを切り取ることが出来るので、多少のコンディションの悪さはなんとかなるんですけどね。

だからと言って曇ってても良いわけではないですからね。

最近お天気に恵まれないですねー。もうネタにすらならないですよ。いつも通りすぎて。



2016120308_朝焼けそのよん
そのよん

んー。まぁこんなもんか。



2016120310_気球そのさん
気球そのさん

あの気球はどこまで行くのかしら。



2016120311_朝焼けそのご
朝焼けそのご

朝焼けの時間は終わりかな。



バガンはすごい宿の値段が高いんですよね。

ぼくが取った宿も、いちおう予約サイト内では1番安いところなんですが、それでも18ドル。

ちょっと長居はできない値段設定なので、もう明日出ちゃうつもりなんですよね。

お天気はアウト・オブ・コントロールとは言え、1発勝負でこう雲が多いとやっぱり残念ですね。











いや、まぁ朝焼けは明日もチャレンジできるんですけどね。











2日連続4時起きとか無理でしょ。












物理的な問題ではなく精神的な方で。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2016.12.03 | ミャンマー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム