あんまり張り切って観光するとしんどいしブログ書くのもめんどくさい

【440日目】大理(2016年12月19日のおはなし)



大理。




大理




大理市(だいりし)は中華人民共和国雲南省大理ペー族自治州に位置する県級市。

雲南省中西部、洱海の西岸、蒼山連峰東麓の間の平野に位置するペー族(白族)の町。雲南とチベット・ミャンマーを結ぶ交通の要衝であり、この地域の経済の中心地でもある。町は城壁に囲まれ南北にそれぞれ城門がある。
毎年3月に、付近の住民が集まる交易場であったので、「三月街」の異名を持つ。また、大理石の産地であり大理石の語源となっている。











と、ウィキペディア先生がおっしゃっております。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

タイムラグが広がってきて、だんだんうろ覚えになってきました。困ったな。








上の説明通り、大理はペー族(白族)という少数民族の自治州にあります。

中国には50を超える少数民族がいて、各地にここのような自治州とか自治県とかがあります。こないだ行った石林も正しくは「石林イ族自治県」ですし。まぁどんだけの自治が認められてるのかは知りませんが?



で、ここ大理の見どころはそのペー族の古い街並みが残る「大理古城」。かつて大理に栄えた王国の菩提寺「崇聖寺三塔」。大理の西に連なる3,500〜4,000m級の山々が連なる「蒼山」。大理の東に広がる「洱海」沿いには古くからの景観を残す集落が点在しています。

ただ、「蒼山」と「洱海」は観光に行くとどちらも丸一日コースなので、本日は「大理古城」と「崇聖寺三塔」のコラボで行きたいと思います。












2016121901_東門
東門

大里古城はこのような門が四方にあり、四周は城壁で囲まれています。



こないだまでキングダム読んでたんですけどね。あの秦の始皇帝の話なんですけど。

あれ読んでると、あの頃の中国の街はどこもかしこも城壁で囲まれていて「昔から中国はスケールがハンパねぇな」と思ってたのですが、いざその名残を目の当たりにするとなんか感慨深いものがあります。



2016121902_東門からの通り
東門からの通り

まぁ城門内の通りはだいぶ新し感出てますけどね。

昆明の街なかよりかは若干高めのツーリストプライスのお店が並んでおります。

で、この通りを進んでいくと出てくるのが


2016121903_復興路
復興路

大理古城のメインロード。「復興路」です。

ちょっとした小川など流して綺麗に整備されています。


2016121906_復興路そのよん
注意書き

なんか日本語おかしいですけどね。


通りの建物も


2016121904_復興路そのに
復興路沿いの建物

2016121905_復興路そのさん
そのに

小綺麗にね。整備されちゃってね。うん。

「中華っぽいイメージで」をコンセプトに作られたショッピングモールみたいな感じです。



さて、じゃあこのへんで食べ歩きとでもしゃれこみますか?

なかなか美味しそうなラーメン屋とか、なんだか気になるカラフルなおまんじゅうとかあるんですよね〜。あと雲南はコーヒーの産地なので飲んでみたいな。













「ハロー。日本人かい?」












おや。珍しい。街なかで英語で話しかけられた。

と思ったら旅行会社のおっちゃんでした。さすがに旅行会社の人は英語話すか。



話を聞いていると、要するに「崇聖寺三塔」のチケットを買って欲しいらしい。

自分で現地で買うと121元だけど、おっちゃんからなら100元で買えるらしい。しかも現地まで送ってくれるらしい。



「旅行会社を通した方が安い」というのはにわかには信じられないうまい話なのですが、この話は歩き方にも記載のある内容で事実です。

そもそも「旅行会社を通したほうが安い」のは先進国の証みたいなものです。

途上国では旅行会社に頼むと正規料金に手数料を上乗せされるのが当然。

ただ先進国では、交通やインターネットインフラが整っているので「自分で買う」というのがそれほど手間でもないので、旅行会社側も何か他のメリットを購入者に提供しなければならず、正規料金より安く販売してみたり付属のサービスをつけてみたり。まさに今回のケースですが。


うーん。せっかくだし先に崇聖寺三塔行って、街歩きは帰ってきてからにするか。












2016121907_崇聖寺三塔
崇聖寺三塔

はいやってきました崇聖寺三塔。

大理の町外れで15分ほどお送りの車を待ってからやってきたのですが、実はここと大里古城は2キロも離れてないんですよね。15分あったら歩いて来れたんじゃないか。



2016121909_入場券
チケット

入場のチケット。

なんか妙に分厚くて質もいいなと思ったら、


2016121910_入場券裏面
裏面

ポストカードになってました。

やるなぁ中国。





「崇聖寺三塔」はその名の通り塔が3つあります。

入ってすぐ見えてきました。




2016121911_三塔
主塔

三塔のうち1番大きい主塔ですね。

寄っていきます。



2016121912_三塔そのに
そのに

三塔の前の広場に出ました。

塔が三本立ってますね。なので三塔。そのまんま。

もちょっと寄りますか。



2016121914_三塔そのよん
そのさん

真下から。

これすごいデカイんです。歩き方先生曰く70mあるらしいです。

中に入れたりはしません。



2016121913_三塔そのさん
主塔じゃない方

こっちが三塔のうち主塔じゃない方。

主塔と違ってデザインが細かいです。



この三塔の後ろに回り込むと、

2016121915_三塔そのご
三塔

逆さ三塔が見られるスポットなど。



崇聖寺三塔はこの三塔が有名ではあるのですが、ここから山に向かって崇聖寺の敷地が広がっており、共通の入場券で行くことができます。せっかくなので行ってみることに。











2016121916_崇聖寺山門
崇聖寺山門

崇聖寺の玄関口である山門。

うしろに見えているのが蒼山の山並みです。


2016121917_崇聖寺山門そのに
山門なかみ

山門にはいかつい顔した神様がひとり。

日本で言う阿像吽像みたいなポジションでしょうか。




2016121918_観音殿
観音殿

観音殿。


2016121919_観音像
観音様

もちろん中には観音様。




2016121920_大雄宝殿
大雄宝殿

たぶん本殿と思われる大雄宝殿。

たくさんの人が熱心にお参りしており、


2016121922_絵馬
絵馬?

絵馬なのかお守りなのか分からないけど、真っ赤な札がたくさん結び付けられていました。


2016121921_大雄宝殿なかみ
大雄宝殿なかみ

熱心な信者がいる宗教施設で写真を撮るのが苦手なぼくは、この1枚だけ中の写真を撮って逃げるように退散。



2016121923_上の方の建物
上の方の建物

開放されている中では1番高い場所にあるお堂。名前は忘れました。



2016121924_崇聖寺
崇聖寺

ここからは崇聖寺境内と大理の街並みが一望できます。

奥の方に見えている湖が洱海。



2016121925_大理街並み
大理の街並み

崇聖寺から見る大理の街並み。

妙に手が入った大理古城の中の通りとは違い、こちらはペー族の古くからの建て方が守られているみたいです。

白色はペー族にとって重要な色らしく、建物も衣装も真っ白にするのが特徴。だからペー族(白族)というらしい。

歩いていると、たまに中国人の集団を引き連れた真っ白な衣装に身を包んだツアーガイドさんがいますが、たぶんアレがペー族の伝統衣装ですね。なんか水兵さんが着てるみたいなやつ。







これで崇聖寺はおしまい。

山を登っていくようにお堂が配置されているので、いちいち階段を登らないといけませんでした。疲れた。

とりあえず大理古城に戻って中を見ておきましょうか。明日には出たいんですよね。












2016121926_北門
北門

北門。

崇聖寺から来るとここが近い。

ここから南門までの目抜き通りが朝歩いてた復興路。

復興路を南に歩いていくと、



2016121927_洋人街
洋人街

洋人街とか



2016121928_五華楼
五華楼

五華楼とかあって、



2016121929_南門
南門

最後に南門に行き着きます。

たぶんここが「大理と言えば」なスポットらしく、たくさんの中国人が写真を撮っていました。












はい。とりあえず見るとこは見た。

ほんと「見た」だけだけどまぁ見た。



ので、



2016121930_雲南小粒コーヒー
雲南小粒コーヒー

雲南小粒コーヒーでブレイクしましょう。ほんと疲れた。歩き過ぎだ今日は。

そしてなんでコーヒーブランドのマークはどこもかしこもスタバっぽいんだ。



あとあれだ。お茶うけ。お茶うけがほしいな。



2016121931_花びら餅
花びら餅

そこらじゅうで売ってるカラフルなおまんじゅうを買ってみました。

花びら餅ですね。

あっさりとした甘さで美味しいと思いますが、ぶっちゃけ今はガツンと糖分取りたかった。あまあまが欲しかった。今は。





あー疲れた。

明日は移動日だしもう何もしない。決定ー。












何もされないとそれはそれでブログ書くのが大変なんで、ちょっとは何かして欲しい。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2016.12.19 | 中国 | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム