悪名高いパキスタン→中国国境を陸路で越えてきた

【595日目】パスー→ススト→タクシュルガン(2017年6月12日のおはなし)




本日はパキスタンを後にし、お隣の中国に向かいます。


2017061201_パキスタン→中国
パキスタン→中国


この国境、なんかすごい評判悪いんですよね。


なんでも?


大した距離じゃないのに絶対丸一日かかるとか?


ありえないぐらい待たされるとか?


荷物全部ひっくり返されるとか?


パソコン、スマホ、タブレット全ての端末の写真データをチェックされるとか?


なんかの病気の予防薬(錠剤)を飲まされるとか?


もうマジ中国最悪なんですけどー、とか?












あぁもうテンション下がるわぁ。。。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。











昨日、宿のおっちゃんに国境の越え方を聞いたところ、パキスタン側のスストという村まで行けば、そこから国境を越えるバスが出ているとのこと。

なるほど。

で。どうやってそのスストまで行くのかな?

タクシーしか無いと。またそんなことおっしゃる。なぜこのあたりはすぐそう「タクシーしかない」とおっしゃるのか。



ただ、どうもバスの出発時刻は朝の10時らしい。

アーリアバードあたりからススト行きのミニバンとか出てるとは思うんだけど、朝の時間帯で都合よくそれを拾えるかは微妙なところ。

ミニバンって一杯にならないと出発しないんですが、逆を言えば「誰かを途中で降ろさない限り誰も途中で乗せられない」ってことなんですよね。

むぅ。微妙。。。

パスーはそれなりの村だから誰か降りるとは思うんだけど、朝10時発のバスということは、9時には着いておきたくて、そうすると8時前にはミニバンを拾えないといけなくて、そうすると7時にはスタンバっておかないといけなくて、そうすると6時半には起きないといけないうえに捕まえられるかどうかは「運」ということ?





タクシーしかないな。





高かったけどタクシーをチャーターし、スストまで向かいます。

どんどん山の中に入り込んでいって、車窓からの景色もなかなかによろしかったです。

まぁここまで来ているような人的には、もう「毎日見てるコレ」な状況なのでそんなに騒ぐこともないですけど。



というわけで写真がありません(言い訳)。



2017061202_ススト
ススト

はいススト到着。

運転手のおっちゃんに「どこにおろせばいい?」と聞かれたのでナトコのオフィスでおろしてもらいました。


2017061203_スストのナトコ
ナトコのオフィス

ナトコとは、パキスタンの政府系のバス会社で、パキスタンの南北をぶっこ抜き、さらに中国までバスを走らせているという会社。

イスラマバードからフンザに来る時に乗ろうとして乗れなかったヤツですね。



あぁ、そうか。そん時みたいに満席という可能性もあるのか。

大丈夫か?おれビザ明日までだけど大丈夫か?

まぁ仮に今日ダメでも明日の便があればそれでなんとか…



受付のおっさん「今日?空いてるよー」



うん。オッケー。素晴らしい。

中国のタクシュルガンという街までで、2800R(2800円ぐらい)です。

ナトコのオフィスの横のお土産屋さんみたいなところで、余ったパキスタン・ルピーを中国元に両替しました。レートも悪くなかったです。というか、中国入っちゃうと両替できるとこ見つけるのが難しいのでここで両替しておくといいかも。













9時になると、係の人からイミグレに行けと言われたので移動します。

イミグレはナトコのオフィスから歩いて5分ぐらい。すぐ近くですね。

まずカスタムに向かい、バスが出発する順に荷物チェックを受けます。

バスがA、B、C、Dの4台あって、その順番に発車するとすると、Aの乗客、Bの乗客…の順で検査を受けるということですね。

その後、イミグレに行って出国検査。



まぁさらっと書きましたけどここで2時間半かかりました。

出国検査でこんなに時間かかることある?意味分かんないんだけど。



9時に検査が開始されて、結局バスが発車したのが11時半。

少なくとも「丸一日かかる」ってのは本当っぽいな。











2017061204_カラコルム・ハイウェイ
カラコルム・ハイウェイ

ありえないぐらい綺麗に舗装されたカラコルム・ハイウェイを北上。

途中、なんか国立公園の入園料みたいなのを取られます。800R(800円ぐらい)。

ぼくはすでにパキスタン・ルピーを両替しちゃっていたので、中国元で払いました。それだと50元(800円ぐらい)。

ちなみに払うのは外国人だけで、もうどうせ払うんなら最初からチケット代に含ませておけよハゲって感じです。



この支払いポイントの近くでまたパスポートチェック。

イミグレの職員の仕事に信頼がおけないのですね。分かります。











峠を越えると、趣味の悪い中国の国境ゲートがあり、その手前に世界一標高の高いATMがあります。

そこがパキスタン人的にちょっとした観光地になっているみたいで、数台の車がそのあたりで記念撮影に興じていました。

確かにどっかの旅行代理店でこの趣味の悪い国境ゲートの写真飾ってたわ。



その趣味の悪い国境ゲートをくぐるともう中国。



中国に入った途端、道が若干悪くなり、道の周りにフェンスが張られるようになり、一定の間隔で監視カメラが設置されているようになります。

「中国来たねぇ」って感じですね。



しばらく走ると、中国側のカスタムに到着。

ここで悪評高い荷物チェックを受けます。

バスは1台ずつカスタムの前につけることを許可され、それ以外のバスはその辺で待たされます。

たまたまぼくらの乗ったバスの運転手さんが機転を利かせ、並んでいたバスをぐるんと横抜かしして最前列につけたので、路上での待ち時間はほぼ無かったです。たぶんナトコは優先とかあるのかも。政府系だし。



バスの順番が来るとカスタムの前にバスをつけます。

今度は警官が呼びに来て、乗客一人ずつ建物の中に連れ込まれます。

てゆーか雪降ってます。

警官ももっこもこのジャケット着てますけどかなり寒そうです。




ぼくは後ろの方に座っていたので最後に呼ばれました。

入ると、お得意の金属探知機をくぐり、輪っかの付いた棒みたいなやつでチェックされ、荷物は(靴も)X線探知機に通します。

その後別室で荷物を全部ひっくり返されます。

そしてPC、スマホ、タブレットの中の写真データを全部チェックされます。



聞いていた通り。まじでやりだしました。

別にいいよ?見られて困るものなんて入ってないしね?

というかすごい量なんだけど大丈夫なの?

あ、外付けのHDDを見つけましたね。

で?どうするのそれ?

見るの?

見ちゃうの?

ありえない量の写真が入っているけどそれ見るの?

何時間かかるか分からないけどそれ見るの?

あ、上司にお伺いをたてましたね。

上司の反応は…?

…。

…。

…見なかったことにしたっぽいですね。

いい判断だと思います。

そもそもPCの中のものをチェックしているだけで随分と時間かかっているしね。

てゆーかそれ見てる?ただ写真流してるだけじゃないの?

まぁ別に見られて困るものなんて無いんだけどね?

え?何?タブレット?

タブレットがどうかしたの?

…え?これはなんだって?何がよ?











AVですけど?











ジャパニーズ・アダルト・ヴィデオですけど何か問題でも?











…え?持ち込めない?

これ持ち込んだらダメだと?




…消すの?




…それ消しちゃうの?











…マジで?











AVを消し終わったところで我々のバスは再発車。

その間、ぼくが最後の被検査者だったのでヒマになった他の検査官がやってきては



「こいつ何かやったの?」「AV持ってたんだよ」「マジで?AV持ってたの?ウケるーwww」



みたいなのを散々やられてうっとおしかったです。

あと、同じバスのパキスタン人が検査官の眼前15cmで中指立ててて、見ててドキドキしました。あれしょっぴかれないのかな。

パキスタン人的には、普段バカにして下に見て蔑んでいる中国人が権力を振りかざして上から目線でモノを言ってくるんですから良い気はしないでしょうけども。むしろそれを見て「あっち行ってろ」と大人の対応をしていた中国人検査官の方が人としてちゃんとしいるような気がする。



14時に到着して、15時に検査が開始されて、終わったのが16時半。ちなみにパキスタン時間で。

新疆ウイグル自治区のローカル時間で言うと17時半、中国のオフィシャル時間で言うとなんと19時半。

てゆーか公式にはこの国境またいだだけで3時間の時差が発生するわけだけど、そんな国境ある?中国のあの国土の広さで全域同じ時間とか意味分かんないんですけど。











カスタムからタクシュルガンの街まではさらに80キロほど。

もうやることも無いので寝たり起きたりしていると到着しました。



ちなみに、いつものようにこの区間の経路を Google map で作ろうとしたら「計算できませんでした」と google さんに言われました。おそるべし中国。



バスの到着した建物が中国側のイミグレ。

こんなに国境から離れたイミグレは初めてだぜ。

ここはもうただ入国検査を受けるのみ。



と思っていたのですが、かなり時間かかってます。

前のパキスタン人とか「本当にコイツなのか?違う人間じゃね?」とだいぶ疑われていてぜんぜん進みません。

かなり待ってようやくぼくの番。



検査官「どこ行くの?」


だばで「カシュガルです」


検「何日ぐらい?」


だ「10日です」


検(こいつホントにこいつかなぁ?)



ぼくパスポートの写真と実物が全然違うんですよ。こういうリアクションはよくあります。



検査官A「ねぇ。こいつホントにこいつだと思う?(と言っていると思う)」


検査官B「えーどうだろ。似てなさすぎじゃね?(と言っていると思う)」


検査官C「似てないってか別人じゃね?(と言っていると思う)」


検A「…てゆーかこれ何か変だ」



あれぇ?ちょっと風向きが。。。



上司的な人「きみちょっとこっち来て」



あちゃー。



上司的な人「きみ中国語話せる?」


だばで「むりです」


上「わかった。ちょっとここで待ってて」





別室送りかと思ったんですが、その場に放置されてパスポートだけ別室に持って行かれました。

なに?なにこれ超不安なんですけど。

他の国なら特にアレなんだけど、なんせ中国だしな。てゆーか他の国でこんなことならんけども。






15分ぐらい待っていると、入国印が押されたパスポートが帰ってきました。

なんだったんだろ?

なんか細工でもされたか?











目星を付けていた宿はドミトリーが満室だったものの、たまたま同じバスに乗っていた日本人男性がいらっしゃったので、その方とダブルルームをシェアさせていただきました。それでも高かったけどね。

ただその時点で夜10時(中国時間)。

時間かかりすぎ。

さらに、どうも夜間外出に制限がかかっているようで、10時になると全飲食店が一斉に扉を閉めました。

開いているレストランを求めて街なかをふらふらしていたら、見回り中の警察車両に注意される始末。



だったらこんな時間に着くような検査やってんじゃねぇよ。。。



やむを得ず宿にあったカップラーメンをすすり、中国(2度目)の初夜はふけていくのでした。





2017061205_中国
というわけで今日から中国(2回目)編





カップラーメンすするってすごい中国感あるけどね。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2017.08.16 | 中国 | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム