【ジョージア】テラヴィ(Telavi)と近郊の見どころ情報

【712日目】テラヴィ(2017年11月19日のおはなし)




宿のオーナーにオススメされた、テラヴィとその近郊の見どころ情報です。

興味の無い人はすっ飛ばして本文に行ってください。

ブログ村へのバナーから下が本文です。あ、本文行く前にバナーぽちってってくださいね☆



■テラヴィ市内の見どころとレストラン■


テラヴィ・フォート


テラヴィ・フォート

今入れない。

けど、「どっか扉開いてたら勝手に入ったらいいよ」ということらしい。



エレキー2世広場


エレキー2世広場

偉そうな人の像がある。誰かは知らん。

像うんぬんよりも見晴らしの良さがウリだと思う。



プレーン・ツリー


プレーン・ツリー

樹齢900年以上の大木。

それ以上でもそれ以下でもない。



カフェ&バー ゾディアコ


カフェ&バー ゾディアコ

ヒンカリが美味いと有名な店。

トビリシからわざわざ食べに来るジョージア人もいるとか。



メイダニ


メイダニ

「ゾディアコはちょっと遠いんだよねー。個人的にはこの店は中心部に近いしヒンカリも美味いし大きいと思う。こっちのが若干安いしね。第四小学校の前にある、通りから階段下って入る店だよ」(宿のオーナー談)。

この辺ってだけでこの店かどうかは定かではない。




■テラヴィ郊外の見どころ■


アレクサンダー・チャフチャワズィ博物館


アレクサンダー・チャフチャワズィ博物館

トビリシ、ツノリ、ラゴデキ行きなど、とにかく東へ行くマルシュならどれに乗っても行ける。

読み方が合っているかは定かではない。



アラヴェルディ修道院


アラヴェルディ修道院

クヴェモ・アルバニ(Kvemo Alvani)行きのマルシュで途中下車。

南旅館でお世話になったF氏からもオススメされた。



グレミ・フォート


グレミ・フォート

クヴァレリ(Kvareli)行きのマルシュで途中下車。

アラヴェルディから来ようとすると(逆も)ヒッチしか無いらしい。



ネクレシ修道院


ネクレシ修道院

同じくクヴァレリ行きのマルシュで途中下車。

幹線道路から離れているので少し歩く。



クヴァレリ


クヴァレリ

有名なワイナリーがあるらしい。

興味が無いのでここだけ聞き流していたので信用度に欠けることを予めご了承ください。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

それでは本編をどうぞ↓











はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。




2017111901_テラヴィ
テラヴィ

今日はすっかりいい天気です。

昨日宿でだらって観光を今日にまわしたのは的確な判断でしたね。ナイスプレーおれ。



2017111902_テラヴィ
テラヴィのバスターミナル付近

というわけでバスターミナルにやってきました。

ここからマルシュに乗って観光に行きましょう。

まず目指すのはアラヴェルディ修道院。行き方は今日の前フリを見てください。











2017111903_アラヴェルディ修道院
アラヴェルディ修道院

はい着きました。アラヴェルディ修道院。

今日はテンポ良くいきますよ。書くことが多いのでね。

マルシュは修道院の目の前を通るので便利です。


2017111904_アラヴェルディ修道院
アラヴェルディ修道院

とにかく大きな修道院。城壁に囲まれていますねぇ。


2017111905_アラヴェルディ修道院
ドレスコード

料金は無料ですが、入場にはドレスコードがあります。

短パン・ノースリーブはダメです。まぁ宗教施設に行くのにそんな格好してくるアホなんかいないと思いますけど?

あと内部撮影禁止です。


2017111906_アラヴェルディ修道院
アラヴェルディ修道院

内部撮影禁止なので外観で。

見た目通り中もとても大きいです。

イコンという宗教画があちこちに掲げられていて、人々はそれに触ったりキスをしたりして祈りを捧げています。

イコンだけでなく、内壁にもフレスコ画で宗教画が描かれていました。特に正面の祭殿のものがとにかくデカい。

これは見ごたえがありますねぇ。来てよかった。











2017111909_テラヴィ
テラヴィ

はい。一回テラヴィに戻ってきました。

アラヴェルディはテラヴィから見て北西、これからネクレシ修道院に行きたいのですがそっちはテラヴィから見て北東。

アラヴェルディからネクレシは公共交通機関では行くことが出来ず、ヒッチで行くしか無いそうなのですが、テラヴィに帰ってくればネクレシ方面へ行くマルシュがあるとのことだったので。


2017111907_ヒンカリ
ヒンカリ

ちょうどいい時間だったので、ヒンカリをお昼ごはんに。

宿のオーナーが教えてくれたヒンカリがオススメの店のうち、中心部に近くて値段が安くて大きい方の店です。

大きさはともかく、確かに値段は少し安かったです。ひとつ当たり0.1L(4円ぐらい)ですが。


2017111908_レストラン外観
レストラン外観

これがレストランの外観です。

ほら。名前分かんないでしょ?











2017111910_ネクレシ修道院
ネクレシ修道院

はい。テラヴィでマルシュに乗り、やってきましたネクレシ修道院。

あの右奥の山の上にちょっと見えてるんですが分かります?アレです。


2017111911_ネクレシ修道院
ネクレシ修道院への道

見ての通りマルシュが通る幹線道路から離れているので歩かなくてはなりません。

落ち葉をカサカサ鳴らしながらウキウキしている感じで撮りましたが、実際は犬に吠えられてビクビク歩いています。そんなんだからイスラム教でアレされるんだぞおまえら。


2017111912_ネクレシ修道院
ネクレシ修道院

遠いですねぇ。だいたい1時間ぐらいはかかります。歩くと。

ふもとまで行けば修道院とピストンしているバスがあるんですけどね。


2017111918_ネクレシ修道院
修道院への道

ぼくはなぜかバスに乗らず歩きましたが。別に意味なんてないです。


2017111913_ネクレシ修道院
ネクレシ修道院

はい到着。ネクレシ修道院。

下から見えている限り予想していたとおり、見晴らしが良く素晴らしい景色です。晴れてれば。

なんだこのガスは。嫌がらせか?


2017111914_ネクレシ修道院
ネクレシ修道院

ここも内部は撮影禁止でした。

とても小さな修道院なので、内部にそれほどの見どころは無かったですかね。

どちらかと言えば、このロケーションとそこから見える景色を見るのがメインかと。


2017111915_ネクレシ修道院

2017111916_ネクレシ修道院
ネクレシ修道院

個人的にはデカいのが「ずどーん」とあるものより、小さいのがちょこちょこある方が写真撮りやすくて好きなんですけどね。インスタバエってヤツですね。


2017111917_ネクレシ修道院
ネクレシ修道院からの眺め

修道院のちょっと下にテラスが設けられていて、そこからの眺め。

これガチの紅葉の季節に来たらすごいことになっていたと思われます。











さて。では次に行きましょう。

ネクレシ修道院からテラヴィに戻る途中にあるグレミ城に寄っていきたいところ。

グレミ城はネクレシ修道院と違って、マルシュの通る幹線道路沿いにあるので、テラヴィ行きのマルシュを拾ったら勝手に着くはず。


2017111921_ネクレシ修道院からグレミ城
ネクレシ修道院からグレミ城

ネクレシ修道院から幹線道路まで戻り、マルシュを待ちます。

もうたいがいいい時間になってきてしまいました。こりゃグレミ城から帰るマルシュ無くなるかもしれません。そうなったらヒッチで帰るしか無いのか?それはめんどくさいなぁ。

あ、マルシュ来た。乗せてくれー。











2017111919_シルダ村
シルダ村


どこですかここは?











2017111922_シルダ村
シルダ村

はい。なんか変な村に迷い込みました。

まぁ途中で気づいてたけどね。このマルシュよく分からんとこ向かってんな、とは。

ちくしょうぬかったわー。

あの道を西へ走るマルシュは全部テラヴィに行くと思い込んでたわ。

まさかこんなマイナーな街と村を結ぶ路線があるとは。


マルシュに乗り合わせた英語を話すマダムによると「18時にテラヴィ行きの終マルシュがあるからそれに乗って帰りなさい」とのこと。

マダムの助けを得て、その終マルシュが出る場所へ。

これはグレミ城無理だな。

だってすでに日が落ちて真っ暗だもの。こんな状況で「最終」と断言されたマルシュを降りようとは思わん。



18時を少し過ぎて現れたマルシュに乗り、テラヴィへ。

たった3人しか乗ってないけどちゃんと動くんだね。すごいねジョージア。

これが中央アジアなら断固動かないと思うよ。





2017111920_グレミ城
グレミ城

行きたかったグレミ城。

まぁいいか。見たのは見たし。

こんなんだけど。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2017.12.23 | ジョージア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム