トビリシの某ハマムにおけるゲイの出現確率は100%らしい

【724日目】トビリシ(2017年12月1日のおはなし)




新年明けましておめでとうございます。




昨年は中国で新年を迎え、チベット、南アジア、中央アジア、中東を抜けてきました。

そして迎えた2018年。











ぼくはまだコーカサスにいます。











おかしい。

オーストラリアのワーホリを終えてインドネシアに入ったのが8月だった気がするんだが。

そしてその8月は2017年ではなく2016年だった気がするんだが。

一体わたくしはアジアに何年居座るつもりなのでしょうか。

そして一体わたくしはいつ日本に帰れるのでしょうか。


おそらく今年中には帰れますまい。


つまりこのブログも同様に今年中に終わることはありますまい。どっかで死んだりしない限り。




というわけで、今年もゆるゆるブログを書いていきますので、読者の皆様におかれましては引き続きご愛顧いただけますようよろしくお願い申し上げます。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

それでは本編をどうぞ↓











はいこんにちは。そして賀正。さらに謹賀新年。

どうもだばでーです。今日も、そして今年もよろしくお願いします。




昨日ですね、送別いたしましたホステル・ジョージアに宿泊していた男性。

彼は、ホステル・ジョージアのバスルームが生理的にアウトだったらしく、ホテルではシャワーを浴びず定期的にハマムに通っていたそうです。



はい。ハマムとは、イスラム教圏で発展した公衆浴場のことで、中央アジアやイランにもありました。行ったことないけど。

基本的にはサウナ形式で垢すりをしてくれるところが多いようです。

トビリシのハマムはサムナではなく浴槽のある日本の温泉に近いかたちなんだとか。



で、その男性。

いつも「No.5」というハマムに行っていたそうなのですね。なぜならそこが最安だからです。1回3L(120円ぐらい)。

しかしそのハマム。。。











ゲイが多いということで有名。











その通っていた男性は、いつも番台でお金を払うとその周りにたむろしているゲイに絡まれイジられ弄られてきたそうです。ほんとに嫌だったと。マジでムカついたと。そしてなぜそうなることが分かっていてそこに通うのかと。

彼のハマムに対するネガキャンがすごかったのですが、トビリシのハマムは安いし質もいいということで、ぜひ一度行ってみたかったのです。

ということで少し作戦を練りました。




そのゲイ発生率100%のNo.5に行かなければいいんじゃね?




ということで今日は、世界一周旅行中でトビリシに半定住している(以下省略)ニコタリさんご夫婦と、ホステル・ジョージアに滞在中で同じく世界一周旅行中のミッチー、ぼくと同宿のかなさん、という5人でハマムに行ってみることにしました。

ちなみにミッチーはmy pace, my lifeというブログを運営しています。

ここんとこブロガーエンカウント率高いな。











2017120103_旧市街
旧市街

やってきたのは旧市街。

なんかモスクっぽいものもありますね。そもそもハマムもイスラム教圏で発達したアレですし。

ジョージアは、そこらでEUの旗をはためかせておりパッと見ヨーロッパです。ですし、ヨーロッパに入りたくてしょうがないらしく、ロシア時代以降のヨーロッパ文化をゴリ押ししトルコやペルシャの支配下だった頃の歴史を封印しています。

まぁつまり黒歴史ですね。ジョージア先生、厨二病に侵されていらっしゃるご様子です。



2017120101_No5.jpg
No.5

こちらがかの悪名高きNo.5。

通称じゃなく「No.5」というお名前です。

で、ここには入ったらアカンわけですよ。ゲイ出現率100%だそうなので。



2017120102_クイーンズ・バス
クイーンズ・バス

というわけでやってきたのがこちら。クイーンズ・バスというハマム。

No.5から5分ぐらいの場所にあります。

ここは料金が5L(200円ぐらい)。ちょっとお高めなので、獲物を物色しているゲイも出没しないのでは?という予想です。




まず入ってすぐのところにある番台で料金を支払います。

するとレシートをくれるので、それを持って脱衣所に向かいます。この時点で男女別になります。当然ですが。

脱衣所に入ると、おっさんが1人いるのでその人にレシートを渡します。

脱衣所にはロッカーが並んでいるので、そこに服などを放り込んだらさっきのおっさんが鍵を閉めてくれます。

はい。じゃあ浴室に行きましょう。




浴室に入ると、お湯と水を放出する筒状のものがそこかしこから生えているので、まずそれで髪と体を洗います。ちょっとぬるめですね。

その後、浴室の最も奥にある湯船に浸かります。











まぁ偉そうに書きましたけど普通です。日本のと変わりません。

注意すべきことと言えば、ロッカーの鍵はおっさんが持っているので、可能そうなら自分の南京錠使った方がいいかもってぐらい。



もちろん中の見た目とかは全然違うんですけどね。湯船ちっさいし。7、8人入ったら一杯なぐらい。

あと浴室の一部に台があって、そこでマサージの施術が行われています。

まるまる太ったスッポンポンのおっさんを、まるまる太ったスッポンポンのおっさんがモノをぶらぶらさせながら触りまくるという光景はさながら地獄絵図でした。

施術されてる人は気持ちいいのでしょうが、あれは見るもんじゃないですね。まぁハマムってこういうもんらしいですが。











久しぶりの湯船に浸かって大満足なわたくし。



2017120104_風呂上がりアイス
風呂上がりアイス

風呂上がりにアイスなど食ってしまいました。

ハマムでは無いですよ。旧市街のツーリスト通りにある美味いと有名なアイス屋さんで。

そしてこのアイス、ハマムの料金よりも高いです。











最後に、5人でジョージアで有名な郷土料理「ハチャプリ」が美味いという店に。

その名も「カフェ・ハチャプリ」。もう『THE』って感じです。


2017120105_カフェ・ハチャプリ
カフェ・ハチャプリ

ハチャプリとは、小麦粉の生地の間にチーズを挟んで焼いたもの、チーズ入りのパンのこと。

ちなみにこの写真のものはハチャプリではありません。たぶんピロシキ。

ハチャプリの写真はありません。




あまりの美味さに写真撮る前に全部食べちゃったので。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2018.01.01 | ジョージア | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

トビリシでバレエ鑑賞デビューした話

【725日目】トビリシ(2017年12月2日のおはなし)



2017120201_日本車
街で見かけた日本車

ジョージアですけども。

アジアや中米の途上国ほどではないにしろ、街なかで日本車をよくみかけます。

たまにはこのように、すっかり日本時代の看板を背負ったまま走っている車も。

中米やアジアで見かけても「いつものこと」すぎて気にかけることもないのですが、さすがにジョージアで見かける機会はそう多くないので写真を撮ってしまいました。



みどり市のイーイーメンテナンス様。

お車は今もトビリシで頑張っておられました。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

それでは本編をどうぞ↓











はいこんにちは。

特にイーイーメンテナンス社さんと繋がりがあるわけではないだばでーです。今日もよろしくお願いします。




実は、トビリシというのはオペラやバレエなどの観劇が安いです。

まぁそもそも物価安いのでね。

ウィーンとかの立ち見の方が安いけど、ちゃんと座って見られることを考えると確かに安い。

そしてニコタリさんがトビリシでのバレエ観劇をものごっつ推してきました。あのご夫婦、目ぼしい演目は必ず足を運んでいるらしく、個々の演目どころかバレエ団そのものについてまであれこれ詳しい。

「今日のバレエ団は日本人がソリストとして所属しているしマジオススメ!」

ということらしい。

まぁ来週の月曜までトビリシから動けないし、せっかくトビリシにいるんだから一回ぐらいバレエ見てみっか、ということになりました。



物心ついてから、自分のお金でバレエを観に行くというのは初めてですね。

オペラとかミュージカルは経験あるんですけど。

こう、セリフとか歌が無い分、バレエのほうが若干敷居高めですよね。まぁ完全にぼくの先入観なんですけど。



敷居レベル

低い ミュージカル <<< オペラ <<< バレエ 高い



みたいなイメージ。

まぁこれもいい機会ですね。人生初バレエ。楽しみたいと思います。











2017120202_メイン大通り
大通り

オペラハウスは、トビリシの大通りに面して建っています。

大通りもすっかり冬の装いですね。まだ点灯はしてないですけど。

日本はもうしてるかなぁ。12月入ったら点くようなイメージなんですけど。


2017120203_本日の演目
本日の演目

これが本日の演目。

チケットは事前にネット経由で買っておきました。

トビリシのオペラとかバレエとかオーケストラとかライブとか、とにかくそういう系のイベントは

tkt.ge

というサイトで一括管理されていて、ここからチケットの予約もできるようになっています。

英語のページもありますし、数カ月先のイベントまで載っているので非常に使い勝手がいいです。

トビリシに今後行くことがあるのなら、到着する前に滞在期間中にどんなイベントがあるか事前に確認しておくのもいいかもしれませんね。




2017120204_オペラハウス
オペラハウス

開演時間の30分ほど前に会場が開きました。

今回は2階席の1番後ろの席を取りました。

なるべく中央から見たかったので、空いていてかつ値段が安いところというとここでした。

前の人がジャマにならないかなと思っていたのですが、座席ごとの高低差も高いので、よっぽど座高の高い男性かよっぽど盛った女性が前に座らない限り大丈夫だと思います。


2017120205_オペラハウス
オペラハウス

開演までオペラハウス内をうろうろ。

なんか豪華なテラスなんかもあって、この辺が観劇の敷居の高さを創り出している要因な気もしますね。場違い感と言うんですか。まぁチケット1,000円ぐらいなんですけどね。





2017120206_オペラハウス
開演

さぁ。始まりました。

どうやら3部構成のようです。

寝ないかな。。。






















2017120207_オペラハウス
閉演


ブラボー!!!




ブラボーですよ。素晴らしいですね。ほんと眠いとか一切無かったですよ。

内容についてはよく分からなかったですが(後日ニコちゃんに聞くと、今回の演目は「クラシックバレエでなく『目で観る音楽』と言われていてストーリーが無い」のだそうで。そりゃストーリー終えるわけ無いわな)、バレリーナさんたちの動きや流れのようなものが魅力的で素晴らしい。

あとやっぱり音楽が生オーケストラなのもいいですね。



むぅ。。。これがバレエか。。。

これからヨーロッパとかも行くし、都合が合えばどっかでまた観るのもありかも知れないな。。。






演目の内容について語るなどという野暮なことはしないのがだばでー流。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました。




関連記事
   
   

[ 2018.01.02 | ジョージア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

ジョージアの超絶インスタ映えスポット「カズベキ」に行ってきた

【726日目】トビリシ→カズベキ(2017年12月3日のおはなし)




カズベキとは





カズベキ




Stepantsminda (formerly Kazbegi,), is a small town in the Mtskheta-Mtianeti region of north-eastern Georgia. Historically and ethnographically, the town is part of the Khevi province. It is the center of the Kazbegi Municipality.




と、Wikipediaより抜粋。




わりと日本人旅行者に人気のあるスポットなのですが、日本語版のWikipediaには記事が無かったですね。どなたか書かれたらいかがでしょうか?

トビリシから「グルジア軍用道路」というロシアへと続く道の途中にある村で、山の上にある教会がインスタ映えするということで有名です。













■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

それでは本編をどうぞ↓












はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。




というわけで、今日はそのカズベキにインスタ映えする写真を撮りに行きたいと思います。

カズベキは頑張ったら日帰りでも行けるのですが、それはめんどくさいので1泊で。しかしぼくは明日の夕方に歯医者の予約をしているので、それまでに帰って来るようなスケジュールです。

そして今回もかなさんと一緒です。

2017120312_トビリシ→カズベキ
トビリシ→カズベキ






2017120301_ディドゥベ
ディドゥベ

カズベキへはディドゥベのバスターミナルからマルシュが出ています。先日ムツヘタに行った時にも利用した所ですね。

ここからカズベキ行きのマルシュは1人10L(400円ぐらい)。それとは別に、途中で何ヶ所か観光スポットで停車してくれるシェアタクシーも出ていてそっちだと15L(600円ぐらい)。

マルシュは定刻の発車のようですが、シェアタクシーの方は満員になるまで発車しません。まぁ普通車なので4、5人なんですけど。ただオフシーズンということもあって発車するまで2時間待ちました。






2017120302_ビューポイント
ビューポイント

最初に停車したビューポイント。

ムツヘタをちょっと通り過ぎたあたり。

まぁこれわざわざ停まる必要ある?って感じです。曇ってるからかしら?晴れてたら絶景だったのかしら?インスタ映えたのかしら?



2017120303_アナルリ教会

2017120304_アナルリ教会
アナルリ教会

続いて停車したのは、崖の上に建つアナルリ教会。

もうここはこの道を通る観光客のほとんどが立ち寄るスポットのようで、駐車スペースや教会への通路に面して出店が軒を連ねています。


2017120305_アナルリ教会
アナルリ教会

ここも城壁に囲まれていますね。ジョージアの教会はよく囲まれています。

教会自体は特筆すべきものは無いですかね。ロケーション込で楽しむものだと思います。



2017120307_友好記念碑
友好記念碑

続いて停車したのはロシア・グルジア友好記念碑。

その名の通り、ロシアとジョージアの友好を記念した碑。今は仲悪いんですけどね。


2017120308_友好記念碑
友好記念碑

右からロシア、左からジョージアと来て中央でわっしょいしている絵が描かれています。

なぜ人はこうも平和を求めながらそれを実現できないのでしょうね。アホだからですかね。


2017120309_友好記念碑

2017120310_友好記念碑
友好記念碑

それにしてもすごいところに立っています。

山深いなぁ。そして雪山っていいですよね。インスタ映えますよね。






2017120311_カズベキ
カズベキ

はい。カズベキに到着しました。

3ヶ所寄り道して3時間半ぐらいかかりました。

今日中に教会まで行きたいんだけど行けるかな。。。


2017120313_ゲルゲッティ教会
ゲルゲッティ教会

もう見えてるんですけどねぇ。見えてりゃいいってもんじゃないですからねぇ。




2017120314_カズベキ
宿からの眺め

とりあえず(かなさんが)目星をつけていた宿にチェックインします。

いやー。宿からの眺めもいいじゃないですか。

さ。日没まで時間がありません。とっとと教会へ向かいましょう。



教会までは車でも行けるのですが、ここは敢えて徒歩で向かいます。

なんせ貧乏バックパッカーなのでね。ほんと歩いて行ける所に車で行くとか邪道ですから。貧乏たるもの歩いてなんぼですから。例え登山道が雪に覆われ、凍ってつるつる滑り、さらに急勾配でほんとこんなとこよく歩くなって感じだったとしても歩いて行くことが貧乏パッカーの貧乏パッカーによる貧乏パッカーのための…






2017120315_ヒッチハイク
ヒッチハイク

(かなさんが)ヒッチしちゃいました。





いやー。だってあの道ありえないもん。

あんなとこ歩くとか正気の沙汰ではないですよ。そりゃ夏ならいいんでしょうけどね。今冬ですから。雪積もってますから。溶けたりまた凍ったりしてつるんつるんですから。

ちなみに乗せてくれたこの車は、2人の旅行者がチャーターしているタクシーだったようです。

「歩いて登ろうとしてたの?」「大変だったでしょ〜?笑」と快く受け入れてくれました。感謝ですね。





車で走っていくと、ちょうど丘の上から教会が綺麗に見えるスポットを通りました。

そこからの眺めがすごく良かったので、教会で降ろしてもらってからその場所まで戻ったのですが。





2017120316_ゲルゲッティ教会
ゲルゲッティ教会

教会が影になっちゃってました。



さっき車で通った時は教会にも陽の光が当たっていて綺麗に見えたんですけど。。。

ものの10分ほどのタイムラグでこうなってしまいました。

まぁ最後まで歩いてたらどのみち見えなかったものですから。写真には撮れませんでしたが肉眼で見たのでね。読者様が残念なだけですから。



2017120317_ゲルゲッティ教会
ゲルゲッティ教会

いやしかし雪山をバックに佇む石造りの教会。いいですねぇ。これはインスタ映えますねぇ。


2017120318_ゲルゲッティ教会
ゲルゲッティ教会

教会まで来てみました。

奥に見えるのがカズベキ山。

ちなみに教会内部は写真撮影禁止です。


2017120319_ゲルゲッティ教会から
ゲルゲッティ教会から

教会からカズベキ村がよく見えました。

いやー。これ徒歩で登ろうとしてたとか頭おかしいわー。そしてこれを徒歩で降りようとしているとか発狂を疑うレベルだわー。





2017120320_登山道
登山道

道こんなやであんたおかしいやろ。

降りやからええとかそういう問題かいな。





2017120321_登山道
登山道

まぁ歩いて降りますけども。

なんせ貧乏パッカー(以下省略)。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2018.01.03 | ジョージア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

海外で歯医者行くってどうなの?〜治療編〜

【727日目】カズベキ→トビリシ(2017年12月4日のおはなし)



2017120404_ハチャプリ
ハチャプリ

そう言えば、こないだカフェ・ハチャプリに行った時に写真撮らなかったので、別の所で撮ったハチャプリの写真など。

ジョージア発祥のジョージア料理。


「ハチャ=チーズ」、「プリ=パン」という意味で、その名の通り「チーズパン」。パンの中にチーズが入っています。


これは、さらに上にもチーズをかけちゃったタイプ。


これも含めてジョージア料理、美味いし日本人の口にも合うと思うんですが、とりあえずしょっぱいです。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

それでは本編をどうぞ↓













はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





2017120401_カズベキ
カズベキ

朝からすばらしい晴天です。

時間さえあれば今から登りたいレベルです。


が、ぼくは今日の16時半にトビリシで歯医者の予約をしているので帰らなければなりません。

残念ですがトビリシへ向かいましょう。


2017120402_カズベキのバスターミナル
カズベキのバスターミナル

バスターミナルではタクシー運転手が「マルシュは無いから。タクシーしか無いから。ほんとマルシュ無いから」と営業をかけてきます。


2017120403_カズベキ発マルシュの時刻表
マルシュ時刻表

が、マルシュはあります。

なぜそんな2秒でバレるウソをつくのか。脳みその造りがおかしいんじゃないでしょうか。


11時半頃にやってきて、12時発のマルシュに乗れるかな?と思っていたら、次のマルシュは13時半発だと言う。

11時半からずっとここにいるから、12時発のマルシュを逃したというのは考えられない。

オフシーズンだから間引き運転してるんですかね。そういう情報は事前にコミュニュケしてもらいたいところですね。

結局待ってられないので、同じく13時半のマルシュを待っていた韓国人旅行者2人組を勧誘してシェアタクシーで移動することに変更。1人15L(600円ぐらい)。












はい。トビリシ帰ってきました。

今回は宿を変えてホステル・ジョージアへチェックイン。

もう予約の時間が迫っているのですぐに歯医者に向かいます。





予約時間通りに入室。

受付とか通さず、直接予約した先生のいるお部屋に乗り込むシステムです。

では、今回の治療の流れを記していきましょう。





だばで「こんにちは」


先生「こんにちは。まず受付でカルテ作って来てくれる?」


だ「あ、はい」


(受付へ)


だ「カルテ作ってください」


受付「はいはい。作りました」


だ「ありがとう」


(診察室へ)


だ「作ってきました」


先生「はい。では情報を書き込むので、身分証明書ともし持っていれば保険証を」


だ「パスポートで。保険証はありません」


先「それでいいですよ。はい。カルテが出来ました」


先「では治療を始めましょう。そこに横になって」


(診察台へ)


先「確認だけど、この治療部分で噛むと痛むのだったわね?」


だ「はいそうです」


先「状況を聞く限り、この詰め物が動いてしまっていて、噛む度に神経に触れることで痛みを感じているのだと思うの」


先「というわけで今日はまずこの詰め物を除去。その後、新しく詰め物を再施術します」


先「では麻酔を打ちますが、今まで麻酔やお薬でアレルギー反応が出たことはある?」


だ「いえ。ありません」


先「食べ物などでは?」


だ「それもありません」


先「では麻酔を打つ前にこのジェルを塗るわね」


(ぬりぬり)


先「ちょっと待ちます」


(…)


だ(お、なんか歯茎がぼんやりしてきた)


先「では本チャンの麻酔を打ちます」


(ブスリ)


だ(あれ。痛くない。なるほどさっきのジェルは麻酔注射用の麻酔ということか)


先「はい。ではまた少し待ちましょう」


(…)


先「では削っていきますね」


(チュイーーーーーーン)


(キュイーーーーーーン)


先「はい口ゆすいでください」


だ「ぐちゅぐちゅぺっ」


先「はい。見てください。綺麗に取れてるでしょう?」


だ「あ、ふぁい」


先「新しい詰め物を施術していきます」


(カチャカチャ)


(カチャカチャ)


(ゴリゴリ)


先「はい口ゆすいで」


だ「ぐちゅぐちゅぺっ」


先「これ噛んでゴリゴリしてもらえる?」


だ「ガチガチゴリゴリ」


先「はい。いいわよ」


(チュイーーーーーーン)


(ゴリゴリ)


先「噛んでみてどう?違和感ない?」


だ「ちょっと高いですかねぇ」


先「OK。わかったわ」


(チュイーーーーーーン)


(ゴリゴリ)


先「今度はどう?」


だ「いい感じです」


先「はい。じゃあ口ゆすいで。これで治療完了よ」


先「何を飲み食いしても大丈夫よ。今からでも」


先「施術は完了。もう来なくても問題ないわ」


先「しばらく生活してみて、何か違和感があるようなら連絡してきて。再チェックしましょう」


先「何か質問はある?」


だ「いえ。特にないです」


先「じゃあこれを持って受付に行って支払いをしてきてね。料金は60L(2,400円ぐらい)よ」


先「あ、支払い終わったらそのレシート持ってきて。わたし用だから」


だ「分かりました」


だ(前回診察時に聞いた金額どおりですね)


だ「支払いをお願いします」


受付「はい。じゃあこのレシート先生に渡してあげてください」


だ「はいどうもありがとう」


(…)


だ「はい。支払い終わりました」


先生「はいありがとう。お大事に」












普通。












日本と変わらないんじゃない?

最近日本の歯医者行ってないから知らんけど。

治療の工程ごとに「これから何をするか」を随時お知らせしてくれて非常に好感が持てる先生でしたね。

英語も流暢すぎず、下手くそすぎずで理解しやすかったですし。

治療費も事前に聞いていた通りの金額でしたし。





今回、海外で歯の治療を受けた感想としては。。。

海外での歯の治療ってなんか良くないイメージだったけど、ちゃんと施術する国と歯科医をリサーチした上で行くぶんには、日本と変わらないレベルの治療を日本の自己負担額より安くで受けられるんじゃないかなぁ。

って感じでした。




まぁ国によって、歯科医師によって、治療水準も技術もまちまちでしょうから、自己責任でお願いしたいですけどね。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました。


関連記事
   
   

[ 2018.01.04 | ジョージア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

アルメニアの首都エレバンで日本人バックパッカーの王道スポットを巡る

【728日目】トビリシ→エレバン(2017年12月5日のおはなし)




アルメニアとは





アルメニア




アルメニア共和国、通称アルメニアは、南コーカサスに位置する共和制国家。東ヨーロッパに含められることもある。首都はエレバンで、黒海とカスピ海の間にある内陸国であり西にトルコ、北にジョージア、東にアゼルバイジャン、南にイランとアゼルバイジャンの飛び地ナヒチェヴァン自治共和国と接する。1991年にソビエト連邦から独立した。ナゴルノ・カラバフを巡ってアゼルバイジャンと、アルメニア人虐殺に対する歴史認識をめぐってトルコと激しく対立していたが、近年はアルメニア大統領が両国を訪問するなど関係修復を目指して対話を行っている。




と、Wikipediaより抜粋。




首都はエレバン。

通貨の単位はドラム。1ドラム=0.25円ぐらい。以下Dと表記。

民族は98%がアルメニア人。

言語はアルメニア語。ロシア語も通じる。

宗教はおおむねキリスト教のアルメニア正教会。




だそうです。




国境を接しているジョージア、アゼルバイジャン、イラン、トルコのうち、アゼルバイジャンとトルコとは仲が悪すぎて国境を越えられません。

イランビザ取得のめんどくささを考慮すると、イランから入ってジョージアに抜けるか、ジョージアから入ってジョージアに戻るかするしかないという陸の孤島。

あと、世界で初めてキリスト教を国教と定めた国(西暦301年)としても有名。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

それでは本編をどうぞ↓












はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。




というわけで、今日はジョージアから隣国アルメニアに向かいます。

そして今回もかなさんと一緒です。



本日の目的地はエレバン、、、もしくはアラヴェルディ。


2017120511_トビリシ→エレバンorアラヴェルディ
トビリシ→エレバンorアラヴェルディ

ルート的には「トビリシ→アラヴェルディ→エレバン」の方が効率が良さそうなのですが、「トビリシ→エレバン」の直通マルシュがアラヴェルディを通るかどうかがマルシュの運転手次第らしく、とにかく訊いてみないと分からないらしい。

国境までマルシュを乗り継ぎ行くことも出来るのですが、諸事情によりそれほどアルメニアに時間をかけられないため、若干高いもののこの首都間直通マルシュで行くことにしました。

もしアラヴェルディに行く運転手ならアラヴェルディへ。そうじゃない運転手ならエレバンへ向かいます。












2017120501_エレバン行きマルシュ乗り場
エレバン行きマルシュ乗り場

トビリシの鉄道駅前から発車しているエレバンへの直通マルシュ。

この乗り捨てられたキャビンみたいなのがチケット売り場。

定時運行で9時、11時、あとは知らん、と出ているそうなのですが、「9時発のマルシュに乗ろうとして8時半に行ったらもう出ていたことがある」との証言を得ていたため8時頃到着しておきました。





9時過ぎても出なかったですけど。





マルシュ到着後、運転手に確認すると「アラヴェルディに行くことは出来る。が、料金は据え置き。エレバンまでの料金を払ってアラヴェルディで降りろ」とのこと。





そんなんやったらエレバン行くし。





ということでエレバンに行くことになりました。


2017120503_トビリシ駅
トビリシ駅

トビリシ駅を9時半前に出発。35L(1,400円ぐらい)。




何ら検査のないジョージア側のイミグレを越え。


いちおうX線検査だけあるアルメニア側のイミグレを越えます。

アゼルバイジャン入国歴があるとイミグレでいじめられると聞いていたのですが、特に何も言われませんでした。












2017120508_アルメニア
アルメニア

というわけで、48カ国目アルメニア編開始です。












2017120502_エレバン駅
エレバン駅

はい。エレバン駅到着です。15時半着。だいたい6時間です。


エレバンにも日本人に有名な(ほぼ)日本人宿「リダの家」というのがあります。

ここは1泊1,500D(380円ぐらい)で格安なのですがシャワーが無いです。

シャワーは近くのシャワー屋に入りに行くのですが、それ入ったら他のゲストハウスとかと料金がほぼ一緒になるという、、、まぁそういう宿です。

この宿の利点としては、エレバン駅から徒歩5分、バザールが徒歩圏内という立地の良さ。


なので、今日はとりあえずこの日本人バックパッカーの間で一時代を築いた「リダの家」に宿泊し、明日宿を移ることにしました。





確かに徒歩5分ぐらいのとこにあるんですが、知ってないと分からないですね。

このご時世に世のバックパッカー御用達のMaps.meにも表記されてないし、そもそも看板も掲げられてない。

ブログを見ても「近くで遊んでいる子供たちに聞けば教えてくれる」とか道案内する気の無い情報しか出てこない。





こんな真冬の屋外で遊ぶ子供とかいねぇだろ。





2人で途方にくれていると、駅の方から歩いてくる子供が2人。。。

もしやと思って声をかけると「コンニチワ」と返してきました。

おお。これが噂の「リダの家を教えてくれる子供たち」か。。。本当に実在した。し、実在しなかったら発見できなかった。




彼らの協力のおかげで無事「リダの家」にチェックイン。

宿に荷物を置いたら、とりあえず街の方へ出かけます。


実は、数日後にエレバンであるバレエの観劇をしたいと思っているのですよね。

そのチケットを買いに行かないといけません。

トビリシのバレエやオペラなどはネット経由で買えるのですが、エレバンのそれはチケットオフィスに行かないと買えないらしいので。




人気の演目と聞いていたので、3日前というのは席が残っているか心配だったのですが無事チケットを購入できました。

意外とすんなり終わってしまった。。。

じゃあまぁエレバン市内でもお散歩しますかね。





2017120504_カスカード
カスカード

やってきたのはカスカードという、、、階段?階段。うん。階段。


2017120505_タイヤでできたライオン
タイヤでできたライオン

タイヤで作られたライオンや、


2017120506_ボテロ
ボテロ

どう見てもボテロとしか思えない彫刻なんかが置いてある階段。


階段の中が美術館になっているらしいです。


2017120507_カスカードからの眺め
カスカードからの眺め

カスカードの頂上からは、アルメニアの象徴である山「アララト山」を見ることが出来ます晴れてれば。

なんだこの白さ。真っ白か。





2017120509_櫻田
櫻田

カスカードの帰りに、エレバンで有名な日本食レストラン「櫻田」に寄りました。



2017120510_かしわ天うどん
かしわ天うどん

オーダーしたのはかしわ天うどん。

うどんの麺は手打ちのようですね。もちもちして美味しいです。



「リダの家」泊まって「櫻田」で晩メシとかどこの日本人バックパッカーだよ。って感じですね。





その「リダの家」に帰ると、リダおばあちゃんがやってきて1枚のメモをくれました。

そこには日本語で


「エレバンに到着したばかりなのですが、1人で寂しいので一緒に観光しませんか」


的な内容が書かれていました。





え。わざわざ日本人探しにここ来たってこと…?

ほんで日本人がおると分かったらメモ置いて帰ったってこと…?





ほんまにそんなことする人おんねや。。。





というわけで明日はその方と合流します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2018.01.05 | アルメニア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム