初めてのトルコの大型バスがびっくりするほど快適だった話

【766日目】カルス→ワン(2018年1月12日のおはなし)




はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。




今日は移動日。

カルスからワンという街へ移動します。


2018011201_カルス→ワン
カルス→ワン

夜行バスで行きたい距離なのですが、昨日ミニバス乗り場にあるオフィスで聞いたところ「カルス発ワン行きのバスは朝9時の1本」だとのことなので、やむを得ず日中の移動です。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



■■■ちょっとCM■■■

ホテル予約サイトのBooking.comがキャンペーンをやっています。
4,000円以上の宿泊予約(数名分、連泊なども可)を下記リンクから行っていただくと、ぼくと予約してくださった方の両方に1,800円ずつがキャッシュバックされます。
こういうのをやるブログじゃないんですが、よく考えたら誰も損しないので貼ってみました。是非ご活用ください。


Booking.com











2018011202_カルス
カルス

はいカルス。

なんかすごい天気いいんですけど。

これ今日アニ遺跡行けばすごいいい景色なんじゃないでしょうか。空も地面も真っ白みたいにならないんじゃないでしょうか。

まぁだからって今日もう1回行くかって言われても行かないけど。宿代60L(1,800円ぐらい)を延泊しようとは思いません。



朝9時発だと言うので8時半に時間を聞いたオフィスにやってきました。

普段なら8時半は相当頑張らないと起きられない時間なんですが、まだ体内時計がジョージア時間(1時間早い)らしく意外とスッキリ起きられました。



というわけでオフィスでバスのチケットを購入し、「ここで待て」というのでオフィス内で待たせてもらいます。

待っている間に朝ごはんなんかもごちそうになりました。まぁ宿でも朝ごはん食ってきたんですけどね。



それにしても、すでに9時過ぎてるんですが大丈夫なんでしょうか。

たぶんここはミニバス専用のバスターミナルなので、ちゃんとした大型バスの出るバスターミナルに行ったほうがいいんじゃないかという気もするんですが。

もしかしてそのバスがここに寄ってくれるのかな?

さっきからオフィスの親父が電話あれこれ電話してるんだけど、何かの段取りをしてくれているのだろうか。。。




オフィスの親父「よし移動だ。そいつが君の乗るタクシーだ」




なんとタクシーを呼んでいただけでしたと?

えー。タクシー呼ぶ意味ある?

だってこのターミナルの目の前にいくらでもタクシーたむろしてるよ?

どうせタクシー乗るなら「9時までにバスターミナル行け」って最初から行ってくれた方が早かったんだけど。なんのために30分前に来てると思ってんの。



あ、親父がタクシー運転手にお金渡しましたね。



ああそう。そういうことね。

知り合いの運転手のほうが融通きくとかそういう感じですかね。どうせ出すなら流しのタクシーより安いタクシー呼びたい気持ちは理解できますね。

よし。タクシーに乗りまして。

バスターミナルに向かいます。。。向かうんですよね?











どんどんバスターミナルから逆方向へ向かっていくんですが。











え?大丈夫?これほんとに大丈夫?バス乗れる?



だばで「ねぇおっちゃん。これどこ行ってんの?」


運転手「○☓△□☆」



あぁダメだ。英語通じねぇ。



だ「オトガル(トルコ語でバスターミナル)?」


運「○☓△□☆」



ダメだ。さっぱり分からん。

あれ?トルコって観光大国じゃなかったっけ?英語通じないの?



運「はうまっち!」



何がだ。

何だ急に。知ってる英語でも披露し始めたか?



運「はうまっち!」


だ「何が?」


運「タクシー!タクシーはうまっち!」











あ?金払えとおっしゃっておられる?











だ「なに言ってんの?さっきもらってたでしょ」


運「はうまっち!」


だ「だから。もうお金もらってるでしょって」


運「とぅえんてぃ!」


だ「何だがよ」


運「タクシー!とぅえんてぃ!」



値段決めてんじゃねぇか。最初の「はうまっち」なんだよ。



だ「高いだろ。この距離で20L(600円ぐらい)とかありえないから」


運「○☓△□☆」


だ「というかもうもらってんだろって」


運「○☓△□☆」



「やれやれ何言ってるか分かんねぇぜ」みたいなリアクションの運転手。

それはお互い様だぜ。



こういう時、ぼくは英語を話すのをやめます。日本語で話します。

どうせ英語を理解しないのなら、こっちが頭使って脳ミソから英文ひねり出す必要なんか無いわけで。

どうせ分かんないんなら日本語でも一緒じゃね?

むしろニュアンス的な意味では英語より母国語の方が伝わんじゃね?

って感じ。



結局「はうまっち!」と「払いません」の平行線のまま目的地へ到着してしまった我々。




ガソリンスタンド

到着したのは街道沿いのガソリンスタンド。

その前に、ぼくが乗るものと思われる大型バスが停まっていました。

あー。もう出発しちゃったからここで待っててもらってたのね。

ほんと30分前に着いた意味。



ぼくと運転手の「はうまっち!」問題が解決したわけではないので、バスから4人もの男性が降りてきて仲裁してくれたのですが誰一人英語が通じません。

というかなんで4人も来た。



結局、「バスが待っていること」「ぼくが何を言っているか理解できないこと」「自分たちの言い分をぼくに理解させられないこと」などの理由により支払い無しでバスに放り込まれました。

なんか「ゴネ得した」と思われそうな幕切れでこっちもあまり気持ち良くないですね。











2018011204_ワン行きバス
ワン行きのバス

ところでこのバスかなり快適ですね。

3列シートだし、リクライニング聞くし、座席の感覚も広いし、ディスプレイ付いてるし、USBあるし、というか足元にコンセントもあるし。

あとドリンクのサービスもありました。

飛行機の機内サービスみたいな感じ。ワゴンに数種類のドリンクとお菓子を乗せて前から配ってくれる。ドリンクも暖かいのも冷た〜いのもあるし。

なにこれトルコのバスすごい。



2018011203_車窓から

2018011205_車窓から

2018011206_車窓から
車窓から

カルスからワンへの道すがらはずっと雪景色。

途中途中の街のバスターミナルに寄りながら、数度の検問を受けながらバスは進みます。



2018011208_車窓から
車窓から

街が近くなってきたのか、なんか同じ形の建物が並んだエリアに入りました。

こう、、、郊外でやっつけちゃった感じって万国共通だなぁ、と。住みたいのかなぁこれ。











2018011209_ワンのバスターミナル
ワンのバスターミナル

16時過ぎにワンのバスターミナルに到着。



ワン。

ヴァンは、トルコ共和国東部の都市。人口は280,000人(2001年)。ヴァン県の県都。トルコ共和国で最大の湖であるヴァン湖の東岸に位置する。ワンとも表記。

引用元:Wikipedia






7時間です。絶対夜行バスであるべき移動時間です。

これから宿行ってチェックインしたら今日終わり。ほんと何もできん。

物価の高いトルコでこのロスは痛いなぁ。

まぁ「冬場の東トルコは交通機関が減便で移動しにくい」って言われてたしな。仕方がないか。



宿まではざっと4キロぐらい。

早く着こうが今日やること無いのは一緒だし、どうやって行くのかもよく分からんので歩いていくことにしました。











2018011210_ワン
ワン


歩いている最中にすっかり日も落ちましたけどね。




それにしてもワンはだいぶ栄えた街ですね。

宿は中心部にあるんですが、そこはもうすっかり繁華街です。日本のそこそこの大きさの県庁所在地並かも。

なんかトルコの東の方ってイスタンブールとかからも遠いし、もっと田舎だと思っていたのですがそうでもなさそうです。




目星をつけていた宿に到着。

さーて。どんなお部屋かなー。



スタッフ「いらっしゃい。予約はしてる?してない?ぜんぜん問題ないわよ。ドミトリーでいいのかしら?OKよ。じゃあパスポート見せてくれる?」



あぁ。。。英語だ。。。

流暢な英語キタ。。。

なんか英語聞くと安心するとかどこのバックパッカーだって感じですね。



スタッフ「ドミトリーなんだけど、今日は他にゲストもいないからこの部屋の鍵渡しておくわ。好きに使っていいわよ」



しかもドミトリー料金で個室キタ。。。



ダメだ。これは延泊だ。。。











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



フトコロへの応援クリックをお願いします↓

Booking.com



今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2018.03.12 | トルコ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム