そんな歳からそんなものしゃぶってたらロクな大人にならへんで

【770日目】ディヤルバクル(2018年1月16日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





本日は、ディヤルバクルからちょっとエクスカーションでマルディンという街へ行ってみようと思います。


2018011601_ディヤルバクル→マルディン
ディヤルバクル→マルディン

ここはアルトゥクという様式で建てられた建築が作る街並みが美しいということで、ワンで会った宿のお兄ちゃん(クルド人)からも「ぜひ行って欲しい」とオススメされた街。

まぁシリア超近いんですけどね。

なんだったら街から見えるんじゃねぇかってレベルで近いんですけどね。

いちおう調べたら外務省の安全情報によると黄色(レベル2)でした。まぁ大丈夫そうです。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



■■■ちょっとCM■■■

ホテル予約サイトのBooking.comがキャンペーンをやっています。
4,000円以上の宿泊予約(数名分、連泊なども可)を下記リンクから行っていただくと、ぼくと予約してくださった方の両方に1,800円ずつがキャッシュバックされます。
こういうのをやるブログじゃないんですが、よく考えたら誰も損しないので貼ってみました。是非ご活用ください。


Booking.com











2018011602_ディヤルバクル
ディヤルバクル

今日は残念ながらお天気が優れないのですよねー。

マルディン行くのはいいけど雨降ったりすると面倒ですね。まぁ行きますけどね。



2018011603_近郊バスターミナル


Ilçe(近郊)バスターミナル

ディヤルバクルからマルディンへはミニバスが出ているのですが、ワンからの大型バスが到着したバスターミナルからではありません。この↑ Ilçe (イルジェ)バスターミナル、つまり近郊バスターミナルから出ています。

旧市街から歩いて行けないこともないですが、歩くルートは気をつけた方がいいかも知れませんね。昨日城壁の上から見たスラムの方面なので。

旧市街の城壁を北に出たところからイルジェ・バスターミナル行きのミニバスも出ているのでそれに乗ってもいいです。行き先表示に Ilçe って書いてあります。

ここからマルディン行きのミニバスに乗り、だいたい1時間半。14L(420円ぐらい)。

ぼくのときは検問無かったですが、このディヤルバクルとマルディンを繋ぐ立派な幹線道路にはトルコ軍が至る所に基地を築いており、いつでも道路を封鎖し銃弾ぶっ放してやるぜ感が出まくっているので、パスポートは絶対に持っていった方がいいです。











2018011604_マルディン
マルディンの新市街

乗ってたミニバスが「マルディン行き」だと思っていたら違ったらしく、マルディンの中心部に寄ってどっか行こうとしていたので慌てて降りました。

ご覧のとおりマルディンの新市街はただの街。特に見るものなどないので、お目当ての旧市街へ向かいます。徒歩で。











2018011605_マルディン
マルディン旧市街

はい。着きました。なんかすっかり30分ぐらい歩きました。そしてやっぱり雨が降ってきました。困りますね。


2018011606_マルディン
マルディン

このあたりが旧市街の中心。

この街は、3世紀にキリスト教徒によって造られ、20世紀までキリスト教徒が代々住み続けた街。

中東ってイスラム一色かと思われがちですが、御存知の通りキリスト教は中東発症の宗教なので、キリスト教初期の遺構や教会なんかはむしろ中東にこそ多く残っています。

ちなみに20世紀にキリスト教徒が減った理由は、今のトルコ共和国が独立する時の戦争でだいたい殺されたか追放されたからだそうです。今トルコってかなりキナ臭いですが、この国は建国からずっとキナ臭いご様子です。


2018011607_マルディン

2018011608_マルディン
旧市街のメインストリート

マルディンはこのメインストリート沿いに商店が並んでおり、あとは住宅街という非常に分かりやすい造り。


2018011609_マルディン
商店の看板

そしてこのメインストリートに並ぶ商店は、おそらく「景観条例」的なものがあるらしく、どの店もこんな感じの金色の店名看板を出しています。ほんとね。統一感って大事。


そしてこの街、銀細工でトルコ国内で有名な街らしく、このメインストリートにもたくさんの貴金属店が軒を連ねています。まぁイラン以降、どこのバザールに行っても貴金属店ありますけども。別段珍しいわけでもないですけども。





2018011610_マルディン
貴金属店

いや、まぁさすがにこのセンスはびっくりしましたけども。ショーウインドウに赤ちゃんのぬいぐるみに置いて「金のおしゃぶり」をディスプレイしておりますけども。思わず二度見しましたけども。なんですかこのセンス、、、というか「金のおしゃぶり」て。そんなもん赤ん坊に咥えさせようとする親の気が知れん。





はい。まぁメインストリートはあくまでも商店街なので、裏路地入って行きましょうか。


2018011611_マルディン

2018011612_マルディン

2018011613_マルディン

2018011614_マルディン

2018011615_マルディン
マルディン旧市街

いいですね。うん。いいですよ。

やっぱり坂のある旧市街ってたまらんですよ。ええ。たまらんです。

まぁ「いい」と言う割にテンション低いのは雨が降っているからですよ。


2018011616_マルディン
教会

そう言えばこれ教会らしいですよ。全くそうは見えませんけどね。

まぁわれわれの持っている「教会」というものへのイメージは、中世にやってきたカトリックのそれですからね。そう見えなくて当然と言われればそうなんですが。



にしてもこの埋まってる感がいいですね。

とある家の壁は階段の擁壁であり、どこぞの家の屋根は誰かの家の物干し場であったりする感じ。

家がひとつひとつ独立しているのではなく、街全体で一個の建造物かのようなこのまとまり感。いいですね。雨が降ってなければもっと良かったでしょうね。



2018011617_マルディン
モスク

もちろんモスクもありますよ。

モスクもなかなかの埋まり具合ですね。



2018011618_シリア方面
シリア方面

ちょっと開けた場所がありました。

この平原の先がシリア。というか晴れてたらシリア見えると思う。今あのへんでドンパチやってらっしゃるようですよ。街の方は「そんなこと知らん」と言わんばかりに普通に生活していらっしゃいますけどね。まぁほんとに「知らん」のか「知らん顔してる」のかは分かりませんが。











そんなことをブツブツ考えていると、雨が本降りになってきました。とても困りますねコレは。

ちょっと止むまで待つべきでしょうか。

待ったところで小振りになる程度じゃないかと思うんですけどね。さっきまでそんなでしたからね。






2018011619_マルディン市内バス
マルディン市内バス

そろそろカメラを守りきれなくなってきたのでもう帰ることにしました。

どう帰るのか分からなかったのですが、その辺に停まっていた市内バスのおっちゃんに「ディヤルバクルに帰りたい」と言うと「よし分かったこれに乗れ(と言っていると思う)」と言われたので乗り込みます。まぁ雨さえしのげればぶっちゃけなんだって乗ったんですけどね。



「ここで降りろ。あの辺からミニバス出てるから」と言われた、何の変哲もないただの市街地に本当に停まっていたミニバスに乗りディヤルバクルへ。なぜこんなところから。。。











2018011620_ディヤルバクル行きのミニバス
ディヤルバクル行きのミニバス

ほんでミニバス乗ったら晴れるしね。











まぁ…予想してましたけどね。


ええ。知ってましたとも。。。


そういう星の下に生まれているってことは、、、ね。。。











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



フトコロへの応援クリックをお願いします↓

Booking.com



今日もありがとうございました。




関連記事
   
   

[ 2018.03.16 | トルコ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム