自分が写った写真っていったい何の用途に使うのだろう

【782日目】サフランボル(2018年1月28日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はですね、サフランボル近郊の「ヨリュク」という村に行ってみようと思います。

サフランボルの郊外にはいくつか有名な見どころがあります。洞窟や水道橋、それとこのヨリュク村。

それらを巡る1日ツアーなんかも催行されており、各ホテルなどでもアレンジしてくれます。

今日泊まっていた宿でもおっちゃんが「行くんなら乗せてってやるぜ」と言っていました。ツアー会社的なものを通さず自分の車で案内するつもりっぽいですね。まぁ今オフシーズンでヒマだろうし、おっちゃん英語話すしね。

ただぼくはツアー的なものは極力避けたいですし、そもそも今日この宿から違う宿に移るので、残念ながらお願いしませんでした。



というわけで、とりあえず宿で朝食をいただいてからチェックアウト。

昨日行ってみたらフルだと言われた宿へ向かいます。値段がぜんぜん違うんでね。

新しい宿にチェックインすると、オーナーが「今ちょうど日本人が泊まっている」と言って1人のお嬢さんを紹介してくださいました。

これからスペインでワーホリに行く途中にトルコに立ち寄っているMさん。

昼メシをご一緒した後、今日の目的地であるヨリュクへ向かいます。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



■■■ちょっとCM■■■

ホテル予約サイトのBooking.comがキャンペーンをやっています。
4,000円以上の宿泊予約(数名分、連泊なども可)を下記リンクから行っていただくと、ぼくと予約してくださった方の両方に1,800円ずつがキャッシュバックされます。
こういうのをやるブログじゃないんですが、よく考えたら誰も損しないので貼ってみました。是非ご活用ください。


Booking.com











ヨリュクへはミニバスが出ています。

いちおうサフランボル旧市街も通るらしいのですが、いまいちどのミニバスか分からないので発車地点まで行ってみることにしました。



2018012801_コナリ行きミニバス
コナリ行きバス

サフランボルの新市街、クランキョイという地区にあるミニバス乗り場から出ています。

いちおうミニバスの目的地はコナリ行き。ちなみにコナリという村はヨリュクより手前、サフランボル寄りです。


これはコナリまで行って、歩いてヨリュクに行かなければいけないパターンか?

と思っていたのですが、運転手さんに料金を支払う時行き先を告げます。行き先によって料金が違いますのでね。で、その時「ヨリュクだ」と言っておけば遠回りして寄ってくれるということのよう。

ヨリュクへ行く客がいなければ行かないということですね。これ帰りのバスは期待しない方がいいな。





2018012802_ヨリュク
ヨリュク

というわけでヨリュクとうちゃ、、、誰だおまえ。





同じバスに乗っていたトルコ人の青年。名前は知らん。どうもトルコ海兵隊の軍人さんで、この辺の出身らしい。まぁあんまり英語得意じゃないみたいなのでどこまで合ってるか分かんないけど。

で、ヨリュクで降りたぼくが持っているカメラに興味津々で「そのカメラでおれを撮ってくれ」と頼まれたので撮ってあげました。

1枚撮り、これで終わりかな?と思っていたら



2018012803_ヨリュク

2018012804_ヨリュク

2018012805_ヨリュク

2018012806_ヨリュク

2018012807_ヨリュク
海兵隊員さん

ひたすらついてきました。



いや、まぁ別にいいんだよ?

悪いことする人じゃなさそうだしね?

別に現地人との絡みは求めてないとは言っても全く拒絶しているわけでも無いしね?

それはまぁ別にいいんだけど。。。











なんで毎回そっち向くの?











キメ角度なの?それがキミのキメ顔とキメ角度なのかい?

いや別にいいんだけどさ。キメ顔とキメ角度ぐらいあってもいいんだけども。だからって毎回ってのはどうかと思うのよ。Tinderに数枚写真アップしてるので見てみたら背景が違うだけで全部同じ顔で同じ角度の写真ばっかりな女の子みたいだよ?そんで言うほどキメ顔ってキマってないからね?実物見た時に「…え?」みたいなリアクションされるだけだと思うのよ。いや綺麗に見せたいのは分かるけども。え?別に見せるために自撮りしてるわけじゃない…?じゃあ何のために撮ってんのそれ?











2018012808_ヨリュク
ご友人と

あぁ。いいじゃない。

そっちの方が絶対いいよ。自然体で。

キメ顔なんかよりこういう自然な笑顔の方が絶対いいよ。

実物見たときのイメージが伝わるもん。あぁ、なんかいい人っぽいなっつって。お友達さんナイスプレー。





村にアザーンが鳴り響き、どうやら彼らもモスクに向かいたいご様子。

最後に写真くれと言うので「どうやって差し上げましょう?」と尋ねると、ご自分のスマホにSDをぶっ刺せとのこと。

いやーさすがに刺さんねぇわそれは。だってそれminiSDでしょ?カメラのこれ普通のSDだからね。


「じゃあFacebookで。絶対送ってくれよ。絶対だぞ」


とゴリゴリ念を押されたところでお別れしました。

ぼくは自分の写真など一切欲しくないし勝手に撮りやがる輩には滅びを希望するぐらいなので、彼がなぜこれほどまでにソレに執着するのか分かりません。自分のスマホのカメラロールに自分の顔が溢れてる状況って気持ち悪くないの?





2018012809_ヨリュク

2018012810_ヨリュク

2018012811_ヨリュク

2018012818_ねこ

2018012812_ヨリュク

2018012813_ヨリュク

2018012814_ヨリュク
ヨリュク

彼は、ぼくがどこかにカメラを向けると必ずと言っていいほど勝手に入ってきた、時にはぼくを静止してまで入ってきたので、お別れした後改めて村の中をうろうろ。


2018012815_ヨリュク
ヨリュク

ここがこの村唯一のツーリストプレイス。


2018012816_ヨリュク
ヨリュク

この場末感ね。



まぁサフランボルと変わんないかなぁ。

規模もだいぶ小さいし、坂が無い分視点の切り替えもないから単調だし、わざわざこれのために来ることもないかな〜って感じですね。



いちおうサフランボルとの違いもあるんですけどね。

ヨリュクはとある特定の部族が定住したと言われておりその部族の伝統が残っていて、夏場にはその伝統料理をだすお店なんかもあるらしい。まぁ今冬だけど。

あと、遊牧民の末裔らしく家の造りに「夏用」「冬用」の様式があり、サフランボルは「冬用」、ヨリュクは「夏用」が多いらしい。どちらにも伝統民家を公開しているお宅があるので比べてみると面白いかも。まぁ実際両方の民家に入ってみたけど特に違わなかったけどね。





2018012817_コナリ村へ
コナリ村へ

やっぱりバスは期待できないみたいなので、バスが確実に来る2キロほど離れたコナリ村まで。まぁヨリュクのバス降りたところ、バス停の標識すらなかったからな。

この田園風景はなかなかいいですね。田舎の暮らしが垣間見えて。

「この風景とヨリュク」というポイントがあれば感想ももっと違ったものになっていたかも知れません。





2018012819_コナリのミニバス乗り場
コナリのミニバス乗り場

ミニバスの時間までちょっとあったので、脇のお茶屋で茶をしばきながら待つことにしました。

お茶飲んでまどろんでいたら、どこからかやってきたネコがヒザの上に乗ってにゃーにゃー言ってて可愛かったです。





うん。まぁちょっとしたピクニックだったと考えれば大変気持ちの良い一日だったと思います。











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



フトコロへの応援クリックをお願いします↓

Booking.com



今日もありがとうございました。




情報コーナーはじめました。


サフランボルからヨリュクへの行き方



コナリ行きミニバス乗り場

このピンの北側の交差点にミニバス専用の乗り場がある。クランキョイのバスオフィスの裏手。

ミニバスはサフランボル旧市街のハマム横を通るのでそこで待っていても良い。ミニバスの頭に「KONARI」と記載がある。

コナリ行きのバスに乗り、運転手に「ヨリュク」と伝えると寄ってくれる。地球の歩き方には「行く人数が多ければ」とあるので寄ってくれないこともあるのかも知れない。ヨリュクまで30分ほど。料金4L。

ちなみにコナリからヨリュクまでは歩いても30分程度。


サフランボル発コナリ行き

8時20分、10時30分、12時45分、14時、17時、19時


コナリ発サフランボル行き

7時20分、8時30分、10時、12時、15時、18時





サフランボルの宿


エフェ・ゲストハウス(Efe Guest House)

宿泊日:2018/1/28〜29(1泊)

部 屋:ドミトリー(3人部屋)

料 金:30L

備 考:朝食付き
    ホットシャワー
    Wi-Fiあり(弱め)

飛び込みで入った。初日はフルだったが翌日は空いているというので移ってきた。

旧市街の中心ハマムのすぐ近く。ハマム横はミニバスやタクシーの発着地点でもあるので便利。

最上階のテラスからの眺めがとても良く、旧市街を一望できる。





ホテルの検索はこちらから↓









関連記事
   
   

[ 2018.03.28 | トルコ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム