「トルコと言えば」な観光地『カッパドキア』へ向かう

【783日目】サフランボル→ギョレメ(2018年1月29日のおはなし)




はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。




えー。今日は麗しきサフランボルを離れ、あのイスタンブールと双璧をなす「トルコと言えば」な観光地、『カッパドキア』へ向かいます。


2018012901_サフランボル→ギョレメ
サフランボル→ギョレメ(カッパドキア)











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



■■■ちょっとCM■■■

ホテル予約サイトのBooking.comがキャンペーンをやっています。
4,000円以上の宿泊予約(数名分、連泊なども可)を下記リンクから行っていただくと、ぼくと予約してくださった方の両方に1,800円ずつがキャッシュバックされます。
こういうのをやるブログじゃないんですが、よく考えたら誰も損しないので貼ってみました。是非ご活用ください。


Booking.com











2018012902_サフランボル
宿のテラスから見るサフランボル

今日はすっかり曇り空。

昨日一昨日でサフランボルを観光しておいて良かったです。

そしてこういう曇の日を移動日に充てるというナイス采配。おれグッジョブ。



まぁ全くもって狙ってやっているわけではないのですが。たまたまです。



テラスで朝ごはんを食べていたら、Mさんも出てきました。

これからスペインで1年間のワーホリを行う予定のMさん。

「スペインに来た時は連絡をください」と言って頂いて連絡先を交換したのですが、おそらく1年以内にスペインに辿り着くことはないであろうと思っております。











Mさんとお別れの挨拶をし、宿をチェックアウトします。

今日はカッパドキア観光の拠点の街であるギョレメまで行きたいのですが、そのためにまずトルコの首都アンカラへ向かいます。

その辺のミニバス捕まえたらオトガル行くだろと安直に考え乗ってみました。

来る時は歩いたんですが、あの坂道をバックパック背負って登れと言うのは三十路過ぎたおっさんには過酷すぎると思います。





残念ながらミニバスはオトガルではなく、サフランボルのいわゆる新市街「クランキョイ」の交差点で降ろされました。

一緒に降りたおばちゃん軍団も同じくバスに乗る予定らしく、「着いてこい」と言うのでついていって見ると、


2018012903_サフランボルのミニターミナル
ミニターミナル

ミニターミナルに案内されました。

これ、昨日ユリョクに行く時に使ったミニバス乗り場のすぐ近くです。

なるほど。ここでチケットを買いなさいと、そういう感じですか。

未だにこのトルコの「街なかのバス会社でチケットを買い、バスターミナルには乗りに行くだけ」というシステムに慣れません。

いくつか同じ路線を運行しているバス会社があるなら比較検討したいし、そもそも「バスターミナル行ってそのタイミングで出るバスに乗る」みたいなスタンスの移動をしたいんですけどね。こういう「事前に買ってそのバスの時刻に合わせて行動する」ってのはあまり趣味じゃない。

しかもめんどくさいのは、街によって勝手が違うということ。

ぼくの好きなように「バスターミナル行けばなんとかなる」街もあるんですよ。ワンとかシワスとか。でもここのように「別の場所でチケットだけ買え」みたいな街もあって、ほんともう少し一見さんに優しくして頂きたいですね。

まぁ意外と路線って競合してないんですけどね。特にマイナーな街同士だと運行しているバス会社が1社か2社しかないことも多く、しかもどっち使っても値段が一緒だったりします。発車時刻が違うだけみたいな。

大人しく事前にチケットを買って動くのが正解なんでしょうねぇ。トルコでは。




街によってあったりなかったりしますが、事前にチケットを買っておくと「セルヴィス」という無料の送迎サービスでバスターミナルまで送ってくれます。ここクランキョイも同様。

セルヴィスでバスターミナルの乗るバスの真横までつけてくれました。


2018012904_アンカラ行きバス
アンカラ行きバス

今回利用するのはメトロ社。たぶんトルコで最王手のバス会社。今まで行った街はだいたいどこにでもオフィスがありました。

にも関わらず利用するのが今回が初めてという。

よく見るのは白い車体のバスなんですけどね。メトロ社。今回のは黒くてかっこいいじゃないですか。


2018012905_アンカラ行きバス
アンカラ行きバス

内装もなんだかラグジュアリー感がありますよ。接客も丁寧だし。これが最王手の実力ということでしょうか。











2018012906_アンカラのオトガル
アンカラのバスターミナル

だいたい3時間でアンカラのバスターミナルに到着。



アンカラ

アンカラは、トルコ共和国の首都。人口約442万人を抱え、イスタンブールに次ぐ同国第2の都市でありアンカラ県の県都でもある。アナトリア半島中央部に位置する。中東・西アジア有数の世界都市で、トルコの政治の中心地。

引用元:Wikipedia







さすが首都のバスターミナルだけあって路線数、バス会社の数とも段違いです。バカでかい。

出来ることならギョレメ行きの夜行バスを捕まえ、今日の日中はアンカラの観光に充てたいところ。

都会には興味が無いのですが、長く深い歴史を持つトルコの首都の博物館にはちょっと行ってみたい。

ギョレメ行きのバスを運行している会社を探し出し、バスの時刻を聞いてみます。



だばで「ギョレメ行きの夜行バスありますか?」


スタッフ「夜発の便はあるよ」


だ「。。。ギョレメまで何時間ぐらいですか?」


ス「4時間ぐらいだよ」




はいアウトー。

4時間というのは夜行バスとは言いませーん。夜発夜中着の便ですそれはー。

確かにトルコは宿代が高いから夜行バス主体で動きたいのは山々なんですが、だからといってなんでもかんでも夜のバスに乗ってりゃいいってもんでもないんですよ。

ガズィアンテプ→トラブゾンの時みたいに夜発の翌夕方着とかじゃ夜行バスの意味がないし(まぁあれは発車時刻が3時間も遅れたからだが)、逆に夜発の早朝着とか「着いたもののこれからどうすれば?」みたいな状況でも問題なわけで。

ぼくは貧乏ですが、最低限度の生活は送りたいのですよ。バランスの問題です。



仕方がないのでアンカラの観光は諦め、今から乗れる1番早い便で移動することにしました。

ちょうどご飯を食べるぐらいの時間があったのでバスターミナル内で昼食。

ドネルケバブを頼んだはずがハンバーガーが出てきましたがまぁいいですよ別に。



2018012907_アンカラ
アンカラ

バスは定刻通りに発車。

Nevsehir Seyahat という会社。読み方分からん。ネヴシェヒル・なんとかです。50L(1,500円ぐらい)。

車窓から眺める景色はただの都会ですね。世界中の都会って全部同じにしか見えないのはぼくだけですかね?だから好かんのですが。











2018012908_ネヴシェヒルのオトガル
ネヴシェヒルのオトガル

3時間半ちょっとでネヴシェヒルという街のバスターミナルに到着。

ここから乗客の目的地ごとに数台のセルヴィスに別れて移動します。

ギョレメ方面に行くセルヴィスに乗ってギョレメへ。


2018012909_ギョレメ
ギョレメのオトガル

30分ぐらいでギョレメのバスターミナルに到着しました。



ギョレメ国立公園

ギョレメ国立公園はトルコのカッパドキア地方ネヴシェヒル県にある国立公園である。奇岩群と古代ローマ時代にギリシア人のキリスト教徒によって建設された地下都市がある。カッパドキア観光の中心地であり、1985年、ユネスコの世界遺産(複合遺産)に「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石遺跡群」として指定された。

引用元:Wikipedia






噂によると、このバスターミナルからの景色がすでにとんでもないことになっているらしいのですが、暗すぎて全く分かりません。

予約していた宿へ向かいチェックイン。

ギョレメはトルコが誇る一大観光地なので、ツアーもたくさんあるんですね。

ギョレメで有名なツアーと言えば、


  • 気球ツアー

  •  気球に乗ってわっしょいするツアー。

  • レッドツアー

  •  ギョレメ近郊の有名どころをわっしょいするツアー。

  • グリーンツアー

  •  郊外の有名どころをわっしょいするツアー。

  • ブルーツアー

  •  郊外のマイナーどころをわっしょいするツアー。



などがあり、どこの旅行代理店もだいたい扱っています。

今日はもう遅いし、明日ゆっくり代理店回ろうかな、と思っていたのですが、ここで宿のスタッフからツアーの営業を受けました。


決して流暢とは言えないものの、ゆっくりはっきりととても分かりやすい英語を話す彼女の話を要約すると、











「明日の天気がパーフェクトだから絶対気球乗っとけ」











だそうです。

いちおう「レッドツアーとグリーンツアーも扱ってるよ」とか「ブルーツアーはレッドとグリーンと重複するところもあるから行かなくていいんじゃね?」とか「気球は60€から150€ぐらいまで値段に幅があって、できれば80€以上のをオススメするよ」とかいろいろ教えてくれたんですが、とにかく「なんとしても明日気球乗っとけ」ということらしい。

どうも先週はずっと天気が悪く、気球も欠航していたらしい。

で、明日は久しぶりに晴れそうだと。気球も飛びそうだと。このタイミングで来て乗らないとかマジ意味わからんと。もうほんと四の五の言わずに乗りなさい。

と言わんばかりにプッシュされたので、「貧乏なので60€のヤツでお願いします」とその場でツアーに申し込みました。




というわけで、明日早朝からカッパドキアで気球に乗ることになったのでとっとと寝ることにします。











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



フトコロへの応援クリックをお願いします↓

Booking.com



今日もありがとうございました。
関連記事
   
   

[ 2018.03.29 | トルコ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム