世界遺産の「ヴィエリチカ岩塩坑」へ

【972日目】クラクフ(2018年9月11日(火)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はですね、クラクフから日帰りで行ける世界遺産「ヴィエリチカ岩塩坑」へ行ってみようと思います。



ヴィエリチカ岩塩坑

ヴィエリチカ岩塩坑は、ポーランド共和国マウォポルスカ県にある岩塩の採掘坑。クラクフ首都圏内の都市ヴィエリチカで13世紀以来稼働していたが、コストの問題と坑内で洪水が起きる危険性があることから1996年に商業採掘は中止され、現在は観光地となっている。

1044年の創業。国営企業となったのは1250年。廃坑になっていない岩塩坑としては世界最古で、同時に世界最古の製塩企業でもある。深さは地下 327 m 、全長は 300 km 以上に及ぶ。

特筆すべきは、観光客向けの 3.5 km の坑道で、歴史上や神話上の様々なモチーフを象った彫像が並んでいる。その全ては、坑夫たちが信仰のために岩塩を彫り上げたものである。さらには屈曲した部屋や礼拝堂が岩塩で形成され、岩塩採掘史の展示までがなされている。さながらそこは岩塩製の地下大聖堂のごとき景観を呈しているのである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』






ちなみにここも世界で最初に世界遺産に登録された12件のうちのひとつ、いわゆるオリジナル12です。

当時のポーランドはいったいいくら積んだんでしょうね。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2018091101_ヴィエリチカ岩塩坑行きのバス
ヴィエリチカ岩塩坑行きバス

はい。あちらがヴィエリチカ岩塩坑行きのバスです。304番。

電車でもバスでも行けるのですが、バスの方が本数が多そうなので行きはバスにしました。帰りはある方で帰ります。

このバス、バスターミナルの中からは出ないので注意です。バスターミナル西側(ショッピングモール側)から出て正面の路上から出ています。


2018091102_ヴィエリチカ岩塩坑行きのバス時刻表
バスの時刻表

そのバスの時刻表。なかなか本数があります。平日日中なら約10分ごとに出ています。


このバスは券売機が車内に積まれています。車掌から買うでもなくバス停に券売機があるでもなく、バスの中にあります。

それはまぁいいんですけど、その券売機で購入する方法が「クレジットカードによる非接触決済」のみ。

クレジットカードにイコカみたいな機能が付随しているのがあるんですけど、ヨーロッパだと皆さんよく使われているんですけど、まぁそれでしか支払えません。





そんなもん持ってる日本人いる…?





日本のカードにそんな機能付いてる?付いてないですよね?少なくともぼくのカードには付いてない。だってあれ日本で使えないもん。

あれのシステムって、日本のイコカとかに使われているシステムと違うらしくて、しかも互換性が無いらしいですね。日本お得意のガラパゴステクノロジーですよ。ガラパゴるのは勝手だけどせめてどっちも使えるようにしといてくれよ。対抗するんじゃなくて上を行ってくれ上を。どうせ勝てないんだから。


仕方がないのでその辺にいたお兄ちゃんに現金を渡し、代わりに購入してもらいました。

眼の前に英語を話す優しい兄ちゃんが乗ってなかったら詰んでましたよ。困りますねぇ、オーバーテクノロジーは。





2018091103_ヴィエリチカ
ヴィエリチカ

40分ぐらいでヴィエリチカに到着。料金は4Z(120円ぐらい)でした。

この看板の右手に進みますと、


2018091104_ヴィエリチカ岩塩坑
ヴィエリチカ岩塩坑

出てくるこちらが世界遺産の「ヴィエリチカ岩塩坑」です。しょっぼ。なにこれしょっぼ。

え、岩塩坑ってこんな感じなん?「坑」っていうからなんかもっと山な感じを想像していましたよ。あ、なんだ。こんな消防署みたいな感じなんだ。


この建物の右手にチケット売り場があります。英語を操るおねえさんがチケットの説明をしてくれました。


おねえさん「入場はガイドツアーのみ。複数言語で催行しているのでお好きな言語を選んでください。英語でいいですか?じゃあ次の英語ツアーでチケットを発行しますね。料金は89Z(2,700円ぐらい)。写真を撮るなら追加で10Z(300円ぐらい)。ついでに近くにある面白い建物も一緒にどう?6Z(180円ぐらい)追加だけど」


ということで総額105Z(3,200円ぐらい)お支払い。たっか。なにこれたっか。

ガイドツアーでのみ参加できて、ルートは決まっていて、1階のツアーに参加できる人数にも制限があるっぽいです。なかなか縛ってきますね。


2018091105_ヴィエリチカ岩塩坑
各国語ツアー

けっこう多くの言語でツアーやってるんですね。ちなみに英語は30分おきに出てます。





2018091106_ヴィエリチカ岩塩坑
受信機

待ち時間もほとんどなく中へ誘われ、なにやら機械が配布されました。ガイドさんの解説をマイクで拾って飛ばし、その電波を拾う受信機っぽいです。周波数を何番に合わせてくださいーとか言ってました。ラジオか。


とりあえず最初は長く深〜い階段をひたすら下ります。どのくらい深いかと言うと、


2018091107_ヴィエリチカ岩塩坑
ヴィエリチカ岩塩坑

64mぐらいです。マンションで言うと20階建てぐらいの高さのマンションの最上階から階段で地上に降りてきた感じですね。深い。



というわけでここからがヴィエリチカ岩塩坑の本番。

最初にガイドさんからこれだけは守って欲しいと言われたのが、「前の扉を開ける時は、必ず後ろの扉が閉まってから」ということ。

最初はなんのこっちゃと思っていたのですが、確かに坑内には頑丈な扉がいくつもあります。そして毎回集団の最後尾が後ろの扉を閉めたのを確認してから前の扉を開けるガイドさん。たぶん両方開けて風道が出来ちゃうとすごい風が吹くんでしょうね。風除室みたいなものか。

マンションとか大型の建物って、入口の自動ドアが二重になってますよね。あの間のことを風除室って言うんですけど。大きな建物の中って外と気圧が違っていたり、内と外で温度が違ったりしているので、あれが無いと扉が開いた瞬間に風が流れ込むんですよ。ひどい場合は突風レベルで吹く。

聞くところによるとこの坑道、ヨーロッパ最大級とのこと。もし仮にうまい具合に風道が出来ちゃうと人も飛びかねないんじゃないでしょうかね。まぁ1ヶ所ミスったぐらいでなるとも思わないけど。



ではガイドさんに付いて中を見て回りましょうか。ちなみにガイドさんの持っている発信機の方が調子悪いらしくて、全体の半分ぐらいはガイドが聞こえませんでした。



2018091111_ヴィエリチカ岩塩坑

2018091108_ヴィエリチカ岩塩坑

2018091112_ヴィエリチカ岩塩坑

2018091109_ヴィエリチカ岩塩坑

2018091110_ヴィエリチカ岩塩坑
ヴィエリチカ岩塩坑

ところどころに展示物がある坑内。

展示内容は岩塩の採集方法とかそんな感じ。昔使っていた大型の器具(たぶんレプリカ)なんかが置いてあります。あとマネキンなんかもあって、当時の掘削作業の様子なんかが分かりやすく展示されています。まぁ分かりやすくって言ってもかなり暗いので見にくいんですけどね。あ、1番驚いたのはお馬さんのマネキンもあったことで、こんな深いくて暗いところでお馬さんがねぇちょっとドラゴンのしっぽ落ちてなかった?



え、さっきドラゴンのしっぽと卵が落ちてましたよね?

そのへんにぽろんと落ちてましたよね?

え、なにこれ。もしかしてこん中ドラゴンおるんちゃうん?ドラゴン住んでんちゃうんこれ?





このヴィエリチカ岩塩坑。すごいのはその規模や歴史だけでは無いのです。

この坑内に張り巡らされた坑道。ところどころに大きな空間が出来ており、そこにはちょっとした部屋があったり、聖人の彫刻があったり、その彫刻ズで何かのシーンを再現していたりしています。

しかもそれらのものは。





全部塩で出来ています。





2018091114_ヴィエリチカ岩塩坑
ヴィエリチカ岩塩坑内の部屋

この部屋も!


2018091113_ヴィエリチカ岩塩坑
彫刻

このおっさんも!!


2018091115_ヴィエリチカ岩塩坑
彫刻ズ

このシーンも全部塩!!!



2018091116_ヴィエリチカ岩塩坑
彫刻

このおっさんも!


2018091117_ヴィエリチカ岩塩坑
彫刻

この小人さんも!!


2018091118_ヴィエリチカ岩塩坑
キリスト像

このキリスト像…は違うな。木製やこれ。





2018091119_ヴィエリチカ岩塩坑
キリスト像

なんや紛らわしいなぁ。ほんでスポットライトめっちゃ嫌がってるやん。やめたりやほんま。





そんなヴィエリチカ岩塩坑での最大の見どころと言えばここ。

あ、その最大の見どころに到着する直前ぐらいにスタッフが控えていて、写真代を払っていない人間カスに「カメラをしまうか、金を払うか」という正論極まりない二択を突きつけています。うっかり最初に払うのを忘れちゃったよ、としらを切る人はここで払いましょうね。


はい。では気を取り直してこのヴィエリチカ岩塩坑最大の見どころ。



2018091120_ヴィエリチカ岩塩坑
聖キンガ礼拝堂

聖キンガ礼拝堂です。でっけぇぇぇぇぇぇ。


この聖キンガ礼拝堂、何がすごいってその大きさ。軽く体育館ぐらいの大きさはありそう。地中何十メートルという深さにこんな大規模な空間がある。



しかも塩。



ちょっと何言ってるか分からないと思いますが見たままを話しますよ。これ全部

2018091120_ヴィエリチカ岩塩坑
聖キンガ礼拝堂

塩なんです。





2018091121_ヴィエリチカ岩塩坑
大階段

あの大階段も塩!


2018091124_ヴィエリチカ岩塩坑


足元のタイルも塩!!


2018091122_ヴィエリチカ岩塩坑
マリア像

あのマリア像も塩!!!


2018091127_ヴィエリチカ岩塩坑
キリスト像

今度こそキリスト像も塩!!!!


2018091128_ヴィエリチカ岩塩坑
最後の晩餐

塩!!!!!


2018091123_ヴィエリチカ岩塩坑
聖書のレリーフ

塩!!!!!


2018091129_ヴィエリチカ岩塩坑
シャンデリア

なんだったらあのシャンデリアも塩!!!!!



2018091130_ヴィエリチカ岩塩坑
彫刻

Yes! Made of SALT!!!!!





ひゅーひゅーどんどんぱふぱふーということでね。

ちょっとテンション上がりすぎましたね。ちょっと気持ち悪いですね。いつもとノリが違いすぎて意味分からんことになってますね。


ところでこの礼拝堂はあれなんですかね。マリア信仰なんですかね。たくさんマリアの像がありますし。


2018091125_ヴィエリチカ岩塩坑
祭壇

1番奥にあるメインの祭壇にあるのもあれマリア像っぽいですし。あれ?違うかな?どこかの聖人の像かな?え、っていうかちょっと待って?



2018091126_ヴィエリチカ岩塩坑
祭壇

あの中に入ってるキラキラしたの塩ちゃうん?





2018091131_ヴィエリチカ岩塩坑
地底湖

あとはなんか地底湖で音と光のショーを見たり。


2018091132_ヴィエリチカ岩塩坑
坑道

なんかものすごい足場組まれた空間を見たり。


2018091133_ヴィエリチカ岩塩坑
ドラゴン

ドラゴンがいたり。


2018091134_ヴィエリチカ岩塩坑
地底湖

また別の地底湖を見たりして。


2018091135_ヴィエリチカ岩塩坑
最終地点

最後に土産物屋なんかがある部屋で解散。



2018091136_ヴィエリチカ岩塩坑
ホール

解散する場所はまだ地下深くなので、そこから地上までは自分たちで戻ります。

塩で出来た土産物屋を物色するもよし、別の塩で出来たルートに向かう別のツアーに参加するもよし、塩で出来たシアタールームでムービーを見るもよし、って感じです。ちなみに上の写真は塩で出来たホールで、ここでコンサートなんかが開催されることもあるのだとか。





2018091137_ヴィエリチカ岩塩坑
ヴィエリチカ岩塩坑

はい、というわけで地上に戻ってきましたよ。まぁ感想はですね。



大満足です。



ポーランドとは思えない入場料の高さにガイドツアーでないと入れないという縛り具合。

ぼくの好かん要素が盛り沢山かと思いきや、その好かん具合を大幅に覆してきましたよ。すごいすごいこれ。これは人にオススメするわぁ。











2018091138_ヴィエリチカ岩塩坑近くの施設
チケット売り場でおすすめされた施設

そう言えば最初にチケットを買う時におすすめされた近くにある施設の入場料を払っていたことを思い出したのでやって来ました。

えーと、英語で「Graduation Tower」というみたいですね。

「Graduation」って「卒業」って意味だと思うんですけど「卒業塔」?なにそれ。他にも意味があるのかな?


2018091139_ヴィエリチカ岩塩坑近くの施設
卒業塔

いちおう中にヴィエリチカ岩塩坑内で撮った写真なんかも展示してありましたけど、基本的には何もないですね。

この建物自体が展示物って感じかな?たぶん。


これ外壁面が藁で覆われているんですよね。で、上部からその藁に水を含ませるようになってます。

2018091140_ヴィエリチカ岩塩坑近くの施設
上部のシステム

藁だから隙間がたくさんあるじゃないですか。そこに水を含ませるわけですね。で、その隙間を風が通り抜けますね。するとその風が水を含んだ藁で冷やされて、建物の中に涼しい風が入ってくるという、何ていうんですか、自然の力を利用した冷房方法ですね。建物の周りにある池も同様に建物に入ってくる空気を冷やす効果があります。

電気を使わない非常にエコな冷房方法ですよ、ということです。

まぁ水を上に揚げるのにポンプ使ってるはずなんで、電気は使ってますけども。



まぁわざわざ追加するほどのところでは無いかな。ヴィエリチカ岩塩坑だけでいいと思います。





2018091141_ヴィエリチカからクラクフへの電車
クラクフへの電車

ヴィエリチカからクラクフへの帰路は電車にしました。ちょうど駅に付いたら電車が来たからです。どうもヴィエリチカが終点みたいですね。

今回も車内に券売機があるスタイル。ですが、こちらは現金でも支払えそうでしたし、なんだったら車掌さんがうろうろしているので直接購入することも出来ます。美人の車掌さんからチケットを購入できて今日は最後まで満足でした。



それにしても今日のあれはすごかったですね。人間もなかなかすごいもの造りますよね。まぁあれはあれを造ろうと思ってやってるわけでは無いんでしょうけど。塩を採るのが主目的な場所ですからね。

ちょっとテンション上がり過ぎましたねぇ今日は。お見苦しいところをお見せしました。明日からはまたねっとりだらだらやっていきますのでね。よろしくおねがいしますね。













ねぇあの坑道の中にドラゴンおらんかった???



おったよね?最後の方おったよね???ちらっと出てきてガオーとか言ってたよね??え、ちょっとドラゴンおったんやけどドラゴン。(「・ω・)「ガオーって言ってたやんドラゴン。ドラゴンが(「・ω・)「ガオーってほら(「・ω・)「ガオーってドラゴンがねぇドラゴンがドランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。



関連記事
   
   

[ 2019.02.07 | ポーランド | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム