世界遺産の「ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群」に行ってきた

【975日目】ヴロツワフ(2018年9月15日(土)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はですね、ヴロツワフ近郊の街にある世界遺産の2つの教会に行こうと思います。



ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群は、ポーランドのドルヌィ・シロンスク県にあるヨーロッパ最大の木造宗教建築物である。グウォグフにもあったが、1758年に焼失した。

「平和教会」(Friedenskirchen) と名付けられた福音派の教会が、現ポーランド領下のシレジア地方のヤヴォル、シフィドニツァ、グウォグフに建てられた。ヤヴォルの教会は聖霊の祈りに基づいたもので、シフィドニツァの教会は聖三位一体の祈りに基づいたものであった。それらは17世紀半ばのヴェストファーレンの平和のあとに起こった宗教論争のときに建てられたものなので、「平和教会」と名付けられたのである。

その物理的・政治的諸条件から、平和教会は信教の自由の模索への証明としての責務を負わされる存在となった。また、一般的にはハプスブルク家の下でのカトリック教会と結び付けられていたルーテル教会のイデオロギーの稀な発露となることが求められたのである。

シレジアのプロテスタントたちは3つの教会を建てることを許されたが、建設期間は1年以内、石やレンガを使ってはいけない、という命令の為それは木造で、しかも釘を一切使わないものであった。現存する二つの平和教会はユネスコの世界遺産に登録されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



ヤヴォルの平和教会


シフィドニツァの平和教会





ポーランドの南西部って今でこそポーランドですがもともとドイツ領だったんですね。

で、17世紀頃にヨーロッパを2つに割った宗教戦争が起こったんですね。カトリックとプロテスタントがケンカしたやつなんですけどね。

で、もともとドイツ領でプロテスタントの人が多かったこの地域なんですけどね。

戦争の後にカトリックのオーストリア領になったんですね。

当時は宗派が違うというだけで戦争しちゃうレベルなので、カトリックの国の中にプロテスタントの人が住むってのは大変だと思うんですね。知らんけどね。

そしたらカトリックのオーストラリアさんがこうおっしゃったんですね。

「まぁ自分らの教会作ってもええわ」と。「おまえら宗派ちゃうけど自分らの作らしたるわ」と。

お、ハプスブルクさんもええとこあるんやんけ。



「あ、でも石とか耐久性のええ材料使ったらあかんから」。



「伝統的な教会様式も使ったらあかんから」。



「ほかにもいろいろやったらあかんからな」。



あ、前言撤回します。めっちゃケツノアナちっちゃかったです。



まぁそういう背景がある中で、それでも頑張って教会作ったんですって。

当時は3つあったらしいんですが、まぁそういう造りなので1つは燃えちゃったそうですね。で、残っている2つが世界遺産になっておりますよ、ということで。

今日はそこに行ってきますよ。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















えー今いるヴロツワフはですねー。

2018091501_ヴロツワフの小人
小人

小人さんがいるんですよね。そこら中に。


2018091502_ヴロツワフの小人
小人

この小人さんはホテルの前にいるのでおねむしています。

基本的にはこのように、そのいる場所に関係のある格好なり動きなりをしているらしいです。ぼくは小人さんが大量にいる旧市街ではなくちょっと外れに宿を取っていたので、それほど発見には至りませんでしたけど。


2018091503_ヴロツワフの小人

2018091504_ヴロツワフの小人
小人

それでもちょいちょい見かけますのですよ。

もうここに小人を探すために来る方もいらっしゃるみたいですよ。言うほど可愛くはないですけどね。



まぁぼくは小人探しに来ているわけではないので、とっとと木造教会を見に行きましょう。

木造教会があるのはヴロツワフ近郊の「シフィドニツァ」と「ヤヴォル」という街。どちらもヴロツワフからはミニバスが出ているらしいので、とりあえずバスの乗り場に向かいましょう。


2018091505_ヴロツワフのバスターミナル
ヴロツワフのバスターミナル

こちらの近代的な建物がヴロツワフのバスターミナル。

ですが。

シフィドニツァやヤヴォルへ向かうミニバスはここからは出ていないのだそうで。それら近郊の街へのミニバスは、ここの大きく綺麗なバスターミナルではなく。



2018091506_シフィドニツァ行きのミニバス乗り場
ミニバス乗り場

こちらのね。ミニバス乗り場ですね。



ポーランドってワルシャワもそうなんですが、街並みや建物は妙に近代的でガラス張りで綺麗なんですけど、そこはかとなく東欧の香りが残っていますね。こういうところで。見てくれは完全に西側のそれなんですけどね。



2018091507_シフィドニツァのバス停
シフィドニツァのバスターミナル

ヴロツワフから1時間ぐらい。片道7.5Z(220円ぐらい)でした。

ここのバスターミナルも小さいながら新しげですね。



2018091508_シフィドニツァの平和教会
シフィドニツァの平和教会

バスターミナルから旧市街を抜けたところにあるのがこちらの「シフィドニツァの平和教会」。


2018091509_シフィドニツァの平和教会
シフィドニツァの平和教会

これがあの石材とかの使用を禁止され、当時の仕様で造るのも禁止され、そのため木造でしかも釘も一切使わずに建てられてたという平和教会ですか。

確かに見た目はもう教会というかペンションみたいですよね。長野とかにありそうな。



2018091529_シフィドニツァの平和教会
入口

小さな入口から中に入ると、なんだかよく分からないものが置いてある受付が。なんでしょうこれ。


2018091510_シフィドニツァの平和教会
解説文

受付で入場料10Z(300円ぐらい)を払うと、英文の解説を貸してくれました。A4用紙5枚分に渡る解説文。ちょっとこの場で理解するには長すぎますけども、こういうの有り難いですね。

入口から聖堂に入る扉に「フォト禁」のシールが貼ってあったのですが、受付のおばちゃんが「写真撮っていいわよ〜」と言ってくださったのでもうバッシャバッシャ撮ってやろうと思いますよ。

まぁ教会としての様式を使ってはいけないなどという縛りがある上で建てられたものですので、果たしてその写真に映えるようなものであるのかは定かではな





2018091511_シフィドニツァの平和教会
シフィドニツァの平和教会

んじゃこれ。





え、すごない?すごいやんこれ。



石像の教会では必須になる巨大な柱が無く、すこーんと空間が広がっています。3階分の吹き抜けかな。

よその教会での装飾の主流になる漆喰のレリーフはなく、木の壁や柱にそのままペイントがなされています。

うむ。確かに独特。独特だけど間違いなく教会ですね。いやこれ素晴らしいやん。



2018091514_シフィドニツァの平和教会
祭壇

ドームとかアプスとかが無いから祭壇もなんだか見慣れない感じですね。

この祭壇もそうなんですが、この教会は彫刻が凝っているというかそこに力入っている印象です。


2018091516_シフィドニツァの平和教会
祭壇

こんな感じで。

この祭壇以外にもあちこちに同じような彫刻が聖堂を彩っています。


2018091512_シフィドニツァの平和教会

2018091513_シフィドニツァの平和教会

2018091515_シフィドニツァの平和教会

2018091517_シフィドニツァの平和教会

2018091518_シフィドニツァの平和教会

2018091519_シフィドニツァの平和教会

2018091520_シフィドニツァの平和教会

2018091521_シフィドニツァの平和教会

2018091522_シフィドニツァの平和教会

2018091523_シフィドニツァの平和教会
シフィドニツァの平和教会の彫刻

こんな感じで。


2018091524_シフィドニツァの平和教会
パイプオルガン

あと祭壇の反対側には巨大なパイプオルガンが。


2018091525_シフィドニツァの平和教会

2018091526_シフィドニツァの平和教会
パイプオルガン

このパイプオルガンもよく出来てますねぇ。





2018091530_シフィドニツァの平和教会
シフィドニツァの平和教会

いやこれすごかったな。そんなに期待してなかったんですがかなり良かったですよこれ。

なんかこう、、、制約が多い方が気合入るんですかね、やっぱり。

あと聖堂内はずーっと音声が流れています。たぶんポーランド語での解説だと思いますけど。あんまり無いですよね。聖堂って静かなものなイメージなんですけど。ずーっと解説音声が流れてました。











2018091531_シフィドニツァ
シフィドニツァ

というわけで次のヤヴォルに行きたいのですが、一度バスターミナルに戻って時間を調べてみたところしばらく無さそう、、、というかもしかしたら土日は出てない疑いすらあります。

相変わらずバスターミナルは鉄道駅の横にあるので、いちおう調べてみたらヤヴォル方面へ向かう列車を発見しました。



2時間後に。



2018091532_シフィドニツァ
シフィドニツァ

やること無くね?

まぁお昼ご飯を食べるとして、それでも1時間以上あまりますやん。


2018091533_シフィドニツァ
シフィドニツァ

あぁなんか高い建物が見えてますね。あれちょっと見に行ったりしてみたりしますかねぇ。


2018091534_シフィドニツァ
大聖堂

地図によると大聖堂とありますね。まぁ入ろうと思ったら閉まってましたけどね。


2018091535_シフィドニツァ

2018091536_シフィドニツァ
大聖堂

まぁ中は覗けましたけども。いや違うんですよ。中を見たかったわけじゃなくて、時間を潰せる場所を探していたんですよ。





2018091537_シフィドニツァ駅
シフィドニツァ駅

仕方がないのでひたすらウロウロしてから駅にやって来ました。

小さくて可愛らしい駅ですが中はわりと荒れてます。


2018091538_シフィドニツァ駅
ヤヴォル方面へ向かう鉄道

でもやって来た列車はピッカピカです。

この辺。この辺なんですよ。この辺の先進国並みのモノと未だ途上国感の抜けきらないギャップ溢れる空気感。これがポーランド。





2018091549_ヤヴォル
ヤヴォル

というわけでヤヴォルに到着しております。

シフィドニツァに比べるとヤヴォルの方が小さい街ですね。さっきシフィドニツァでお昼を済ませておいて良かったようです。


2018091539_ヤヴォルの平和教会
ヤヴォルの平和教会

こちらがヤヴォルの平和教会。

外観はさきほどのシフィドニツァのものと似通ったデザインですね。


2018091540_ヤヴォルの平和教会
ヤヴォルの平和教会

教会の前にこんなものが。

ポーランドの他の世界遺産への案内看板。うん。こういうハードを整えるのは得意だよね。ぼくは好きですよ。



こちらは何か変なモノが置いてある前室などはなく、いきなり聖堂に入るスタイル。聖堂のスミに受付用のカウンターを作ってみたという感じ。

こちらは解説の音声は流れていませんね。入場料を支払いまして、見学を始めましょ、、、あ、解説音声が流れてきましたね。今回は英語ですね。もうこれ完璧にぼくのために流し始めまてますよね。いや、有り難いんですけどね。



2018091541_ヤヴォルの平和教会
ヤヴォルの平和教会

こちらもシフィドニツァのものと同様、素晴らしい出来。

ただ全体的に質素ですかね。悪いという意味ではなく。コテコテしていないというか。さきほどご紹介した彫刻みたいなものが少ないです。


2018091542_ヤヴォルの平和教会

2018091543_ヤヴォルの平和教会
ヤヴォルの平和教会

代わりと言うか、聖堂を囲む回廊の手すり部分に見事な絵画が描かれていますね。


2018091545_ヤヴォルの平和教会

2018091546_ヤヴォルの平和教会
祭壇

祭壇はやっぱり直立していますね。

個人的にはどうもここが違和感がありますね。見慣れませんよね。ただ祭壇がポツーンと立ってる感じ。


2つめということと、さきほどより質素ということ、あとそろそろ疲れてきたよ?ということでゆっくり座っていました。



解説の音声が終わるのを待っていたのです。



いや、どう考えてもわざわざ英語の解説を流してくれてますんでね。

後から入ってきた現地人と思しきカップルが「あれ?解説が英語じゃない?」みたいな雰囲気になってましたからね。ほんとぼくの為に流していただいているので、もう最後まで聞かないとダメだろうという空気感ありますやん。





2018091547_ヤヴォル
ヤヴォル

解説を最後まで聞き終わり、じゃあ最後にヤヴォルの街なかでも歩いて帰ろうかな、と。

その前に帰り方を受付のおねえさんに聞いてみようかな、と。

そしたらお姉さんが丁寧にヴロツワフへの帰り方を教えてくださいましてね。



眼の前のバス停から帰れるわよ、とね。





もうそのまま帰るよねぇ。。。


そうなるよねぇ。。。











2018091548_百年記念会館
百周年記念館

えー、ちなみにヴロツワフにも百周年記念館という世界遺産の建物があるんですけどね。

2つ郊外の街に行って疲れて帰ってきてさらに歩いてやって来たら何かのイベントをやっていて結果入れなかったということでもう無かったことにしようと思います。





ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




関連記事
   
   

[ 2019.02.10 | ポーランド | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム