スロヴァキアの首都「ブラチスラヴァ」を歩く

【984日目】ブルノ→ブラチスラヴァ(2018年9月29日(土)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日は、ブルノから隣国スロヴァキアの首都「ブラチスラヴァ」に向かおうと思います。

2018092901_ブルノ→ブラチスラヴァ
ブルノ→ブラチスラヴァ

首都のくせにえらい端っこにありますねぇ。いや別に真ん中にあれとは言わないですけども。



ブラチスラヴァ

ブラチスラヴァは、スロバキアの首都で同国最大の都市である。旧称はドイツ語 : プレスブルク、マジャル(ハンガリー)語 : ポジョニ、スロバキア語 : プレシュポロク、チェコ語 : プレシュプルクで、チェコスロバキア第一共和国建国後の1919年に現名称に改称した。

ブラチスラヴァ県の南西端に位置し、ドナウ川に面した都市。スロバキアの政治、文化、経済の中心都市であり、中央ヨーロッパ有数の世界都市。ハンガリーおよびオーストリアの2か国の国境に接しており、主権国家の首都としては唯一、市域内に三国国境がある。ウィーンに最も近接した首都でもあり、両者の関係は古来密接である。

907年にはハンガリー王国の国境城塞として初めてポジョニの名で文献に登場し、王国の国境の要として戦略上の重要拠点として成長した。11世紀にはスラブ人住民によってオーストリアとハンガリーの商業中継地としての地位を確立。13世紀にはドイツ人が多く入植し、1291年に都市法を獲得して中世都市の形を整えた。1405年に王立自由都市となった。ハンガリー王マーチャーシュ1世の時代に文化・経済の中心地として栄え、大学も設置された。

その後オスマン帝国の侵攻でブダが支配されたため、ポジョニは1536年から1784年までハンガリー王国の首都となり、1542年にはハンガリー議会も移転した。1563年から1830年まではハンガリー国王・女王の戴冠式が聖マルチン大聖堂で行なわれた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』






ヨーロッパの首都にしては珍しく、ブラチスラヴァという名前は20世紀に入ってから正式に定められたそうで。

まぁもともとスロヴァキアという国自体1,000年以上ハンガリーの一部だったそうなので、その中の街の名前もマジャール語(ハンガリー語)の呼び名が定着していたとしてもおかしく無く、独立を機に自分たちの言語で、となったという感じでしょうか。

事実ハンガリーの首都であるブダがオスマン帝国に占領された際は、このブラチスラヴァがハンガリーの首都として機能し、あのマリア・テレジアもこの街の聖堂で戴冠式を行ったという、名前の歴史は浅いですが街そのものの歴史は深いと、そういう街でございますね。



まぁ旅行者的には「何もない」と評価されることもある街なんですが。

ちょっと立地が悪いですわね。ヨーロッパが誇る観光都市ウィーンとブダペストに挟まれちゃっているもんだから、その辺と一緒に回る方が必然的に多くなり、そんな観光テーマパークと比較されちゃうとそりゃあ見劣りしちゃいますわな。

まぁまぁ今日はその可哀想なレッテルを剥がして差し上げましょう。わたくしがね。


というわけで行ってみましょう。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2018092902_ブルノ駅
ブルノ駅

まずやって来たのはブルノ駅。

ブルノからブラチスラヴァまでは鉄道が走っているのですよ。なんか行き方を調べたらバスよりも鉄道のほうが早そうだったので、今回は鉄道の利用です。

あとバスターミナルよりも旧市街に近いので、立地的にも鉄道のほうがいいですね。


2018092903_ブラチスラヴァ行きの列車
ブラチスラヴァ行きの列車

プラハ始発でブラチスラヴァ行きの列車。すっかり15分ぐらい遅れての発車でした。料金は5.1€(650円ぐらい)。



しばらく車窓を眺めていると、スマホがブルッと震えました。

画面を見ると「ようこそスロヴァキアへ。ほにゃららら」というメッセージが。どうやらチェコで買ったSIMカードはスロヴァキアでもローミング無しで使えるらしく、そのお知らせが届いたようです。

ということは、、、。











2018092904_スロヴァキア
スロヴァキア

68カ国目、スロヴァキアに入国したということですね。



スロヴァキア

首都はブラチスラヴァ。

通貨の単位はユーロ。1ユーロ=130円ぐらい。以下€と表記。

民族は85%がスロヴァキア人。

言語はスロヴァキア語。

宗教は60%がカトリック。





なんでスロヴァキアだけユーロなんだろうなぁ。周りのポーランドもチェコもハンガリーも違うのに。

いちおう通貨としてのユーロを使用するにはいろいろ基準があって、まぁ簡単に言うとその国の財務状況が良くないとダメ、ということ。実際財務状況がクソなどっかのギリシャとかいう国のせいでユーロが危ないと言われた事もありましたでしょ。ああいうのを防ぎたい思惑があるらしく。

スロヴァキアってそんなに経済が安定しているんですかね?東欧随一の工業国チェコよりも?よく分からんなぁ。。。












2018092905_ブラチスラヴァ駅
ブラチスラヴァ駅

はい。ブラチスラヴァ駅到着です。だいたい1時間半ですね。近い近い。


2018092906_ブラチスラヴァ

2018092907_ブラチスラヴァ
ブラチスラヴァ

宿を旧市街の近くに取ったのでそこまで歩いていると、無機質な街並みに意味のわからないモニュメントがちらほら。すっかり社会主義感が残っています。


2018092908_ブラチスラヴァ
ブラチスラヴァ

ただ旧市街に近づくにつれ、街並みも華やかになり世界企業のロゴなんかも多くなってきます。


2018092909_ブラチスラヴァ
ブラチスラヴァ

あの奥に見えるお城のあたりが旧市街みたいですね。

今日はまだ時間がたっぷりあるので、荷物を置いたら観光に繰り出しましょう。なんせ移動時間がドアトゥドアで3時間かかってないですからね。





2018092910_ブラチスラヴァ旧市街
ミハエル門

はいこちら、旧市街の北の端にある門で「ミハエル門」と言います。ざっくりここからが旧市街です。


2018092911_ブラチスラヴァ旧市街

2018092912_ブラチスラヴァ旧市街

2018092913_ブラチスラヴァ旧市街

2018092928_ブラチスラヴァ旧市街
ブラチスラヴァ旧市街

あのミハエル門から伸びる通りがメインストリートらしく、すごい数の人が行き交っていました。

ただ1本通りを外れるとそこまででもなく、ゆっくりと散策することが出来ます。


2018092914_ブラチスラヴァ旧市街

2018092915_ブラチスラヴァ旧市街
ブラチスラヴァ旧市街

ときおり広場があったりして。広場の規模感なんかがチェコっぽいです。

で、この広場に

2018092916_日本大使館
日本大使館

日本大使館がありました。

一等地すぎないか、、、?



全体的にはまぁ、、、小さいですね。うん。小さい。旧市街小さい。

端から端まで歩いても10分かそこらじゃないですかね。





2018092917_聖マルティン大聖堂
聖マルティン大聖堂

その旧市街の端っこにあるこちらの教会。ちょっと寄り過ぎな気もしますけどもね。聖マルティン大聖堂と言います。

冒頭にも書いたんですが、スロヴァキアはもともと長い間ハンガリーの一部で、ハンガリーの首都ブダがオスマン帝国に占領された際はこのブラチスラヴァに首都を遷都したそうなんですよね。

で、その間にハンガリーの王に即位した方たちはここで戴冠式を行いました、と。その中でも有名な方というのがあのマリア・テレジアですよ、と。マリー・アントワネットのお母さんですね。



内部は写真撮影禁止だったのですが、THE・カトリックという感じのゴシック様式の教会で、ブラチスラヴァで1番古い教会らしいです。

祭壇のあるアプスの部分が特に美しく、ヴォールトまで綺麗に装飾されていてなかなか素晴らしいと思います。


が、小さいですね。うん、小さい。この教会小さい。

たぶんブルノの教会の方が大きかったと思う。





2018092918_聖マルティン大聖堂と城壁
聖マルティン大聖堂と城壁

聖マルティン大聖堂は本当に旧市街の端っこで、そこから旧市街を囲う城壁が伸びています。

この城壁の外にある幹線道路は、昔はお堀でもあったのかな?


2018092919_ブラチスラヴァ城
ブラチスラヴァ城

で、この幹線道路を渡り、旧市街から反対側の小高い山の上にあるのがブラチスラヴァ城。

山全体が公園のようになっていて、遊歩道やベンチ、展望台やときおり遊具などが整備されていて、ぼくが行った時も地元の方がお散歩に精を出していました。


2018092920_ブラチスラヴァ城
ブラチスラヴァ城

頂上まで登ったところにあるのがこのブラチスラヴァ城。

なんでもこの外観から「ひっくり返したテーブル」という愛称で親しまれているのだとか。それ親しまれてるの?バカにされてるんじゃなくて?


2018092921_ブラチスラヴァ城
ドナウ川

眼下にはドナウ川の流れを見下ろせるビューポイントでもあります。


このお城は内部が開放されているみたいで、入場料は10€(1,300円ぐらい)。


なのですが、入りませんでした。


2018092923_ブラチスラヴァ城

2018092924_ブラチスラヴァ城
ブラチスラヴァ城

なんかもうのっぺりしすぎててですね。全然ソソられなかったんですよね。

戦後に復旧されたお城みたいなんですけどね。だからってこう、、、デカいだけやん?みたいなね。なりますよね。なったんですよ。



2018092925_ブラチスラヴァ城

2018092926_ブラチスラヴァ城
庭園

いちおう申し訳程度に無料開放されていた庭園は覗いてきました。

まぁ、、、小さいです。うん。小さい。チェスキー・クルムロフのアレの方がデカい。





というわけで、旅行者の間で「何もない」と噂のブラチスラヴァを歩いてまいりましたが。

まぁアレですね。





なにもないですね。






ゆっくり過ごすにはいい街だと思いますー。






ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




関連記事
   
   

[ 2019.02.19 | スロヴァキア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム