世界遺産の「スピシュスキー城とその関連文化財」に行ってきた

【986日目】ホドコヴィツェ(2018年10月3日(水)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





本日はですね。

あ、昨日は雨降ってたので休みました。あんな雨の中山の上の廃墟に向かうとか意味分かりません。

というわけで本日はですね。

その山の上の廃墟に向かいます。あれです。世界遺産のスピシュ城というやつです。どういうところかというのは昨日の記事で書いた(Wikipediaから抜粋しただけだが)のでそちらを見てくださいましね。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2018100301_スピシュ城
スピシュ城

今日はすっかり晴れましたですよ。昨日行かなくて良かったです。


2018100302_スピシュ城
スピシュ城

はい、見えてきました。スピシュ城です。

なかなかデカいお城でしてね。おかげさまで実際は結構な高さの丘が低く見えてしまっておりますですよ。

やれやれ。あれ登るのか。。。



まぁアレなんですけどね。

スピシュ城の城下町にあたる街がスピシュスケー・ポドフラジエと言うのですが、お城の西側にあるんですよ。でもそっちからはお城に登る道路が舗装されていないんですよ。

でもぼくは安さゆえにお城の東側に宿を取ったのですよ。こちらからは車が登れる舗装道路があるのですよ。なので随分と歩きやすいのですよ。ふふふ。



2018100303_スピシュ城
スピシュ城

ようやくお城の麓まで。ここらへんに駐車場があって、車で来た方もここからは徒歩です。

というかなんか曇ってきてない?


2018100304_スピシュ城
城門

あちらの城門をくぐりますと料金所。

小さなカフェなんかもあって、ちょっと休憩出来るようになっています。あとWi-Fiも飛んでるみたいです。


2018100305_スピシュ城
パンフ

入場料8€(1,100円ぐらい)を払うと、何やら案内用のパンフをいただきました。ちゃんと英語版。

ものすごいど田舎なんですが意外としっかり観光地していますね。

さ。早速中に入っていきましょう。



2018100306_スピシュ城

2018100307_スピシュ城

2018100308_スピシュ城
スピシュ城敷地内

話には聞いていましたが本当に廃墟ですね。

近くで見ると意外と壁なんかも崩れている様子。


2018100311_スピシュ城

2018100312_スピシュ城

2018100313_スピシュ城

2018100314_スピシュ城
城内

確か火事の被害にあったんでしたっけね。

むしろこんだけ残っているというのはさすが石造だというところでしょうか。


2018100309_スピシュ城

2018100310_スピシュ城

2018100315_スピシュ城
スピシュ城からの眺め

見ての通り高台のお城なので眺めが良いです。遠くまですっきり見渡せます。

まぁそもそもモンゴル人がヨーロッパに攻めてきた時に、その最前線として建てられたのが発祥だと言いますし。そりゃ遠くまで見えないとね。

モンゴルがヨーロッパに攻めてきた時代、最速の乗り物兼通信手段ってのが馬だったらしいんですね。で、どっかの見張りが「ヤベェ!モンゴル軍来た!お城に伝令出さな!」とお馬の伝令を出したものの、モンゴル軍のお馬が途中で伝令のお馬を追い抜いてしまい、お城の方々びっくり仰天、みたいなお話がありまして。本当かどうかは知りませんけど。

ちなみにその時このお城を建てたのはハンガリー。スロヴァキアってのは歴史的にはずっとハンガリーだったんですよ。で、そのハンガリーという国はどうも外敵からの防波堤にされがちですよね。モンゴルしかり、トルコしかり。自分たちがそもそも外敵の末裔だからなんでしょーーー





ーーー「もしかしてだばでーさんですか?」












…いえ。。。違います。。。。。











…びっくりした。。。

え?なんで?なんでなん?ぼくのどこに「もしかしてだばでーじゃね」要素があったんでしょうか。。。こえぇ〜、SNSこえぇよぉ…。。。



というわけで話しかけてきてくれたのは大学休学中に世界一周中のひろゆきくん。

少し前にTwitterで絡みがあったんですよ。同じ時期にスピシュ城のあたり居そうですけどお会いできたらいいですね!みたいなの。

彼も昨日の雨で天気待ちしていたらしく、すっかり被ってしまったということですね。というわけでせっかくなので一緒に見て回りましょう。



2018100316_スピシュ城

2018100317_スピシュ城
塔の上からの眺め

さっきチラッと載せた塔の上からの眺め。ここがこのお城で1番高いところです。


2018100318_スピシュ城
塔の中

塔の中はただひたすらガランとしていて、特になにも無いです。当時はどうなっていたのかもさっぱり分かりません。



2018100319_スピシュ城
城内

お城の最下層はちょっとお部屋などが残っているのか再現されているのか、ちょっとした博物館のようになっています。


2018100321_スピシュ城

2018100322_スピシュ城
城内の博物館

まぁちょっと武器と拷問用具が置いてあるぐらいですけど。


2018100320_スピシュ城
城内の聖堂

あと聖堂と。


2018100323_スピシュ城
スピシュ城の模型

模型?


ぐらい?



2018100324_スピシュ城

2018100326_スピシュ城

2018100325_スピシュ城
スピシュ城

やはりここはこのお城そのものと、そのお城からの眺めを楽しむ場所ですね。


2018100327_スピシュ城
スピシュ城

白亜の雄大なお城。実にヨーロッパっぽいじゃないですか。

なんか知らん間にまた晴れてきてるし。





2018100328_スピシュ城

2018100329_スピシュ城
近くの高台から見るスピシュ城

というわけでスピシュ城の見学を終え、お城の隣の峰からスピシュ城を。ほんとデカいし高いしでどこからでも見えるんですよ、このお城は。

それにしてもまぁ、、、





一眼欲しいなぁ。。。。。





なにあの2枚目の写真、お城真っ白やん。あぁ〜一眼欲しいぃ〜。。。あのクサレヒトノモノパクリムシ脳髄ぶちまけてお亡くなりになれぇ〜。。。





2018100330_スピシュ城
スピシュスケー・ポドフラジエ

城下町であるスピシュスケー・ポドフラジエまで降りてきました。

街からもすっかり見えますでしょ、お城。



このスピシュ城が登録されている世界遺産なのですが、お城だけでなくその周辺の街や村なんかもあわせての登録になっています。

この城下町「スピシュスケー・ポドフラジエ」もそうですし、あとその隣町である「スピシュスカー・カピトゥラ」という街もそう。どちらかと言うとこの「スピシュスカー・カピトゥラ」の方に文化財が多いみたいです。

というわけでそちらにも足を運びましょう。


2018100331_聖マルティヌス大聖堂
聖マルティヌス教会

こちらがそのスピシュスカー・カピトゥラの中心、聖マルティヌス教会。

なんですが、入れませんでした。

誰か出てきたなーと思ったら牧師さんがガチャコンと鍵をかけていました。



これ以上とくにやることも無いしなぁ、、、と思ってその辺にあった地図を見ていると、この教会のさらに奥にいくつかの聖堂があるご様子。

まぁちょっと行ってみますか。やることも無いし。



2018100332_スピシュスカー・カピトゥラ

2018100333_スピシュスカー・カピトゥラ

2018100334_スピシュスカー・カピトゥラ

2018100335_スピシュスカー・カピトゥラ
スピシュスカー・カピトゥラの奥の聖堂群



うん。まぁやることも無いし。





帰りしなにまた曇ってきたなぁと思っていたら今度は普通に雨が降ってきました。

まさかそんな予定ではなかったので雨具も無く、ちょっと雨宿りしたりしなかったり。なんか嫌な天気ですねぇ、今日は。



2018100336_スピシュ城
スピシュ城にかかる虹

あー、、、止んだかな?止んだっぽい。

なんか嫌な天気ですねぇ、今日は。



2018100337_スピシュ城
スピシュ城

というわけで今日はスピシュ城とその周辺の街をうろうろしてみました。

というかまた晴れてきてるやん。なんやねんこれは。





ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




関連記事
   
   

[ 2019.02.21 | スロヴァキア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム