もふもふアニマルライブラリー(オウツフルン編)

【1144日目】ボーフォート・ウェスト→(2019年6月13日(木)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





南部アフリカ・レンタカー旅行4日目。

今日はちょいとこの辺りの観光をしたいと思います。

南アフリカの南部には有名な観光地が集まったエリアが点在し、景色が良かったりクジラが観られたりと見どころが点在しています。

2019061301_南アフリカ南部
南アフリカ南部の観光エリア


ただわりと交通の便が悪いらしく、個人で回ろうとすると結構大変っぽいです。ツアーの参加が必要になるのかも。

そんな場所を効率よく回るためのツールといえばレンタカーですよね。

車を借りておいてここに行かないというのはちょっと意味が分からない行いです。


というわけで、今日はちょっとこのエリアに時間を割いてみたいと思います。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















まぁぼくはここが観光地だってことなど全く知らなかったのですけどね。

連れの人が「ここ行こうぜ」って言わなかったら普通にスルーしていたと思います。


というわけで具体的な行き先も連れの人まかせ。

対案を出せるほどの知識も無いですし。


それでは最初の見どころに向かって出発しましょう。





2019061302_ボーフォート・ウェスト
ボーフォート・ウェスト

宿泊していたのはボーフォート・ウェストという街。

メインストリートが一本あるだけのこじんまりとした街ですが、近郊にある大カルー地方という野生動物の宝庫への拠点となる街でもあります。今回はスルーですけども。


我々の目的地はオウツフルンという街です。


2019061303_ボーフォート・ウェスト→オウツフルン
ボーフォート・ウェスト→オウツフルン

今日はこのオウツフルンという街の近郊の観光地を攻めるのです。



2019061304_オウツフルンへの道
オウツフルンへの道

相変わらず真っ直ぐな南アフリカの道。

1号線から12号線に乗り換えているのですが、こちらも路面状況が良いですね。



2019061305_オウツフルンへの道
オウツフルンへの道

しばらく走っていると、前方に山脈が見えてきました。


2019061306_オウツフルンへの道
オウツフルンへの道

なんか大地がぱっくり割れて上下にズレました、みたいな地形です。

この辺は他の大陸には無い独特な感じでいいですねぇ。


2019061307_オウツフルンへの道
オウツフルンへの道

オウツフルンへは、どうやらこの山脈を越えなければならない様子。


2019061308_オウツフルンへの道

2019061309_オウツフルンへの道
オウツフルンへの道

そそり立つ崖の合間に整備された、妙に綺麗な道路をスイスイと走っていきます。

遠目から見た感じだとかなり高そうな山々でしたが、道は「隙間を縫う」ように走っているので、それほど勾配を感じる道では無いですね。

というか切り立った崖と、その合間を流れる小川を横目に走る、綺麗に整備された道。これはとても楽しいドライビングコースなのではないでしょうか。





2019061310_メイリングスポートの滝
メイリングスポートの滝

道中、道の脇にサービスエリアらしきものがありました。

地図によると滝があるとのこと。せっかくなのでちょっと寄り道してみましょう。


2019061311_メイリングスポートの滝

2019061312_メイリングスポートの滝
メイリングスポートの滝

うん。滝。滝だね。うん。


2019061313_メイリングスポートの滝
メイリングスポートの滝

滝への入り口にはちょっとした展示物があり、この辺りの地形についてゴンドワナ大陸的なものを持ち出して説明してありました。詳しく読んではいないのですが、そういうの好きな人には面白そうな話だと思いした。


さーて。では引き続きオウツフルンを目指して走り、、、





2019061314_とり
とり

なんだこいつ。。。





2019061315_とり
とり

え、めっちゃサイドミラー乗ってますやん。ほんでめっちゃこっち見てますやん。ガン見ですやん。

というかこんな近くまで寄ってくることありますかね。ガラス越しとは言え距離的には手を伸ばせば届く距離なんですけどね。餌付けでもされてんのかな。


2019061316_とり
とり

まるまると太って美味しそうですねぇ。。。












2019061317_ダチョウ
とり

うわぁ大きくなった!!!





はい。うそです。何を急に面白くないこと言ってるんでしょうか。



えー、到着しています、本日最初の目的地。

ハイゲート・オーストリッチ・ショー・ファームです。


ハイゲート・オーストリッチ・ショー・ファーム

ここ↑ね。



ここは名前の通り、ダチョウを育てている牧場で、ここのウリはダチョウに乗って走ったり出来ることらしいです。

ダチョウに乗る、、、だと、、、?




結局乗ることはしませんでした。

ダチョウライドの他にも牧場内を巡るツアーなどいろいろ用意していくれている、ツーリスティックなファームだったのですが、「エサ代だけ払えばダチョウと戯れられるよ」と言われたのでそれで済ますことにしたのです。

エサ代ってことは餌付けですかね。エサはどうやら飼料用のトウモロコシっぽい。

じゃあこれをその辺に蒔いてあげる感じかな?



2019061318_ダチョウの餌付け

2019061319_ダチョウの餌付け

2019061320_ダチョウの餌付け
ダチョウの餌付け(写っているのは連れの人)

とか思って油断していたら結構ガチなヤツでした。

もみくちゃになる、という表現がしっくりくる感じです。



あと手のひらにトウモロコシを乗せて、それをダチョウがついばむという方法でも餌付けさせてもらいました。

「手のひらに乗せて面を向けるように差し出せばトウモロコシだけ食べるよ」と言われたのですが、普通に手のひらごと食われました。

まぁ歯があるわけじゃないので怪我もしなかったんですけどもね。ちょっと痛かったです。

あとトウモロコシと一緒にぼくの手のひらの肉をついばんでいくので、それもちょっと痛かったです。



ダチョウはどうも近くにあるもので、口に入りそうな大きさの物はなんでも食おうとするみたいで、カメラを向けているとレンズをかじろうとしてきます。


2019061321_ダチョウ

2019061322_ダチョウ

2019061323_ダチョウ

2019061324_ダチョウ

2019061325_ダチョウ

2019061326_ダチョウ
ダチョウ

ということでチキンレースに挑んだのですが、ダチョウの口の中を捉えることは出来ませんでした。というか一回レンズかじられました。



2019061327_ダチョウ

2019061328_ダチョウ

2019061329_ダチョウ

2019061330_ダチョウ

2019061331_ダチョウ

2019061332_ダチョウ
ダチョウ

あとはひとしきりダチョウを愛でて終了。

やろうと思えば乗れるだけあって、ダチョウとの距離が近くてよかったです。

デカい割に意外と愛らしいですしね。



2019061333_ダチョウ

2019061334_ダチョウ
ダチョウ

まぁ時々「恐竜かな?」と思うこともあるんですが。もうこの脚とか恐竜じゃね?





午後から別の場所に移動するのですが、ちょうどお昼時だしここでお昼ご飯食べて行きましょうか。

エサ代だけで長居するのもアレですしね。このファームはレストランも併設されているのですよ。



2019061335_ダチョウ
ランチ

というわけで今日のランチはこちら。

こんなランチを食すとかもう丸の内のOLにしか見えませんね。

ちなみにこのお肉ですが。





2019061326_ダチョウ
ダチョウ

こいつの肉です(この個体ではない)。





いやー、さっきまでさんざんもふもふした動物を食すとかなかなかにサイコパスですなぁ。

まぁ生きとし生けるもの全てのものが食うか食われるかの輪廻の中に生きているわけで、それを自らの主義主張をもってして「食う・食わない」の選別を行うなど自らの存在を食物連鎖のより高次にあると定義付けする、神への純然たる挑戦にほかならず、まぁ要するに「調子のんなボケェ」って話です。

食えるもんは食うたらええんじゃ。手間暇かけて美味しく料理して残さず食べる事の何が問題かこのクソッタレ共が。

なお提供されたメシを残す輩は逝ってよし。生きる価値なし。インスタグラムの人、聞いてる?あ、人じゃなかった。蝿でしたね。インスタ蝿。





最初に焼き加減聞かれたのでミディアムにしてもらったんですが、あまり火を通さなくても食べられるお肉なんでしょうか。

ちなみに味も食感も牛肉に近く、大変美味しゅうございました。






ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




関連記事
   
   

[ 2019.09.05 | 南アフリカ | コメント: 2 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム