世界遺産の「マルボルク城」へ

【959日目】グダンスク(2018年8月25日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日はですね、グダンスク近郊の街「マルボルク」というところに行こうと思います。


2018082565_グダンスク→マルボルク
グダンスク→マルボルク

グダンスクからは電車で1本。日帰りで行くにはちょうどいい場所だと思います。


このマルボルクにあるのが本日のお目当てであり、世界遺産でもある「マルボルク城」です。



マルボルク城

マルボルク城は、中世にドイツ騎士団がプロイセン( 現ポーランド、マルボルク市、ドイツ名:マリーエンブルク )に建設した城である。

1997年12月に「マルボルクのドイツ騎士団の城」として世界遺産(文化遺産)に登録された。ヴィスワ川下流の畔に位置する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』






なんかですねぇ。

中世ヨーロッパには「騎士団」という厨ニ心をくすぐる組織があったらしいです。

騎士団とは言っても実態は修道会だったそうで、修道士さんが武器を持って戦う組織だとかなんとか。

もともとは十字軍が遠征して分捕ったエルサレムや、そこへ向かう巡礼者を保護するための組織が発祥だったとかどうとか。

それが年月を重ねる内に、異教徒(キリスト教徒以外の民族)を征服する法王からの許可を戴く騎士団が現れましてね。その騎士団が「ドイツ騎士団」。バルト三国にいる間にちょいちょい出てきたワードですが。

当時プロイセン(カリーニングラードの辺り)やバルト三国はまだキリスト教では無く、そこをキリスト教化するという名目で侵略していったのですね。ほんとキリスト教徒はそんなことばっかりやってますよね。ぼくがキリストなら死んできたキリスト教徒はことごとく地獄に落としますよ。

でー、そのドイツ騎士団が本拠地にしていたお城がこの「マルボルク城」ですよー、っていう感じで。



いいですか?こういう認識で合ってます?












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2018082502_グダンスク駅
グダンスク駅

というわけでグダンスク駅にやって来ました。ここからマルボルクへ向かう電車に乗っていきます。

駅舎の中にある窓口でチケットを購入。マルボルクまで55Z(1,650円ぐらい)。なんか距離の割に高くない?


2018082503_高速鉄道
高速鉄道

と思ったらなんかすごいのが来ました。なにこれ新幹線?


2018082504_高速鉄道
なかみ

車両は新しいし綺麗だしなんかTVみたいなのもついてるし


2018082505_高速鉄道
座席

座席は広いし柔らかいしゴミ箱ついてるし、なんだったら途中で車掌さんが飲み物(お茶やコーヒー)を配っていましたし。しかもタダ。

なんなのこれは。むしろ新幹線より充実した乗車空間なんですけど。



なんでもインターシティという高速鉄道だったみたいです。

この区間はこのインターシティとそうじゃない普通の電車が両方走っているらしく、お値段も当然インターシティの方が高い、ということのようです。安易に「次のマルボルク行きの」とか言うんじゃなかった。



2018082506_高速鉄道
マルボルク駅

乗車時間ものの30分ほどでマルボルク駅に到着。30分に1,500円…。


2018082507_マルボルク駅
マルボルク駅

駅にはなにかいろいろな紋章が掲げられています。これもバルト三国あたりからよく見るんですよね。このあたりは中世にハンザ同盟という都市連合があった地域で、その加盟都市の市章とか紋章とかだと思うんですけど。知らんけどね。


2018082508_マルボルクマップ
マルボルクマップ

駅前にはマルボルクの見どころをまとめたマップなんかも立っていました。やっぱりそれなりに観光客も来るらしい。


2018082509_鳩が食い散らかしたパン
パン

そして足元には真ん中の柔らかいところだけ鳩に食われたパンが散らばっていました。野生のくせに偏食とは生意気な。



2018082510_マルボルク
マルボルク市街地

マルボルク駅は市街地から少し東に外れています。お目当てのお城は市街地の西側。というわけでマルボルクの市街地を抜けて行きます。

小さな街ですが、ところどころにレンガ造の大きな建物が点在しているみたい。


2018082511_マルボルクマップ
マルボルクマップ

その点在する史跡を辿るルートなんかもあるみたいです。

で、このルートを辿って行くと最後に出てくるのが、、、



2018082512_マルボルクマップ
マルボルク城

こちらのマルボルク城。でけぇ。でけぇぞこれは。

さて。この巨大なお城ですがどこから入るのかな?まぁ壁づたいに歩いていけばそのうち出てくるか。


2018082513_マルボルクマップ
マルボルク城

右手にお城を見ながら、


2018082514_マルボルクマップ
マルボルク城

右手にお城を見ながら、、


2018082515_マルボルクマップ
マルボルク城

右手にお城を、、、


2018082516_マルボルクマップ
マルボルク城

右手に、、、、、



2018082517_マルボルクマップ
マルボルク城

遠ない?



もう最初のポイントを0時とすると9時ぐらいまで歩いてきてるんですけど。そんな遠いことある?



2018082518_マルボルクマップ
マルボルク城

ねぇこんな入口遠いことある?そこの人。…え?逆向きに歩いてたら近かったですよ?やかましいわ。





2018082519_チケット売り場
チケット売り場

ようやく発見したチケット売り場はすでに長蛇の列。なんでや。土曜だからか。そらしゃーない。エカテリーナ宮殿に比べたら屁でもないわ。



30分ちょっと並んでようやくチケットを購入。入場料39.6Z(1,200円ぐらい)。このチケットには各国言語のオーディオガイドが含まれているそうです。なるほど。

で、そのオーディオガイドを受け取るためにまた別の列に並び直さないといけないということですね?



やってられるか馬鹿野郎!!





2018082520_入口
入口

めんどくさいのでガイド無しで行くことにしました。また同じような長さの行列に並ぶとかほんと意味分からん。チケット買うところで一緒に出せよ。


2018082521_マルボルク城

2018082522_マルボルク城
マルボルク城

巨大なお城の中へ。堅強な城壁に囲まれた敷地内にいくつかの建物が建っています。

例によって例のごとく大戦でぶっ壊れたのを修復したこのお城。現在は博物館となっています。というわけで中見ていきますか。



2018082523_展示

2018082524_展示
展示

展示は、このお城が出来た経緯や、ヨーロッパ人の東欧への植民ルート、ドイツ騎士団のバルト地方への侵攻ルートなどのパネルなどから始まり、


2018082525_展示

2018082526_展示

2018082527_展示

2018082528_ボウガン

2018082529_銃

2018082530_鎧
武具

中世の武具などの展示が多いです。

こんなん持ってやって来て「キリスト教信仰せぇやぁ!」とか言われてもねぇ。。。


2018082531_異民族コーナー

2018082532_サーベル

2018082533_弓
異民族の武具

異民族側の武具かな?もありました。

これちょっと異民族の衣装なんかの絵が書かれたパネルもあったんですけど、モンゴルっぽいようなペルシャっぽいような出で立ちで、ヨーロピアンの中には未だにロシアをアジアだと思っている人がいるってのもなんとなく納得です。



あとアレですね。中世の武具ってどうも既視感がありますよね。見ただけでだいたい何ていう武具か分かるし。まぁ全部RPGのせいなんですけどね。ファイナルファンタジーとかの。

日本のRPGってなんとなく中世ヨーロッパっぽい雰囲気が漂っているのが多いですが、あれ何故なんでしょうね?

中世日本の世界観のRPGとか無いのかなぁ。甲冑武者が破戒僧と忍者と芸姑を連れて、鬼とか天狗とか魑魅魍魎を倒しながら旅をする、みたいなの。ラスボスは九尾の狐で、実はそれは裏ボスであるスーパー陰陽師「安倍晴明」が操る傀儡でした、みたいなの。職業も敵モンスターもそれなりに揃うと思うんだけど。ダメ?





どうでもいい話をしたところで、いつものようにこの建物をウォッチングしていきましょうか。


2018082534_マルボルク城

2018082535_マルボルク城

2018082536_マルボルク城

2018082537_マルボルク城

2018082538_マルボルク城

2018082539_マルボルク城

2018082540_マルボルク城

2018082541_マルボルク城

2018082542_マルボルク城
マルボルク城

もうほんとRPGのダンジョンを探索している感覚ですよこれは。

どうでもいいけど、この状況でタンスの中のもの持ってったら明らかに窃盗ですよね。


2018082543_マルボルク城

2018082544_マルボルク城

2018082549_マルボルク城
高城

高城と呼ばれる、マルボルク城内で最も大きく高い建物に。

中庭の真ん中にあるアレは井戸だそうです。


2018082548_マルボルク城
ペリカン

井戸の上にあるのはペリカンの彫像。

なんでもペリカンは「食べ物が無い時は自分の肉を子供に与える」と言われているそうで、その精神を騎士に示したのでは、とのこと。まぁ中世の修道士は結婚できないので子供はいないはずですがね。


2018082545_マルボルク城

2018082546_マルボルク城

2018082547_マルボルク城
聖堂

聖堂を探索したり、


2018082550_マルボルク城
マルボルク城

廊下を歩いたり、


2018082551_マルボルク城
マルボルク城

上に登ったり、


2018082552_マルボルク城
マルボルク城

地下室に潜ったり、


2018082553_マルボルク城
マルボルク城

また地上に出てきたり、


2018082554_マルボルク城

2018082555_マルボルク城

2018082556_マルボルク城

2018082557_マルボルク城

2018082559_マルボルク城

2018082560_マルボルク城

2018082561_マルボルク城

2018082562_マルボルク城
マルボルク城

城内を散策したりしている内に、


2018082563_マルボルク城
マルボルク城

見覚えのある場所に帰ってきていました。

ちょっとデカすぎて間取りが把握出来ないですねー。あれだけ観光客来てたのに、最初に入った中庭以外は混雑しているなーという印象はあまりなかったですし。

あとほんとRPGの世界でした。





2018082564_マルボルク駅
マルボルク駅

帰りは窓口で「グダンスクに行きたい」と言うと、「高いのと安いのがあるけど」と聞いてくれたので安い方で帰りました。お値段なんと17Z(500円ぐらい)。



来る時の3分の1やないか。







ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.01.25 | ポーランド | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム