世界遺産の「中世都市トルン」でコペルニクスの生家を訪ねる

【960日目】グダンスク→トルン(2018年8月26日のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





今日は、グダンスクからトルンという街に向かいます。


2018082601_グダンスク→トルン
グダンスク→トルン



ポーランドの文字じゃま。





トルン

トルンは、ポーランド中北部ヴィスワ川のほとりに位置する工業都市で、クヤヴィ=ポモージェ県の県議会所在地。1998年までは旧トルン県の県都であった。1997年に旧市街が世界遺産に登録された。トルンは、中世からプロイセン領内にあった都市。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





旧市街が世界遺産に登録されている、よくあるヨーロッパの地方都市なんですが、ここの何が有名ってあの地動説で有名な天文学者コペルニクスの出生地だということです。


2018082602_コペルニクス
コペルニクス

コペルニクスさんってこんな顔してたんですね。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
















2018082603_グダンスク駅
グダンスク駅

というわけで今日はトルンに向かいますので、おなじみグダンスク駅、、、


2018082604_グダンスクのバスターミナル
グダンスクのバスターミナル

の、奥にあるバスターミナルに来ております。いかがですかこの寂れっぷり。

これが早朝と言うならまだ分かるのですが、せいぜい9時です。窓口なんて1つも開いてやしねぇ。

今回ぼくはトルン行きのバスをオンラインで買ったのですが、ここのバスターミナルは基本「オンラインでチケットは買い、バスターミナルでは予約したバスに乗るだけ」というスタイルのご様子。

ほんとチケット買っといてよかったですよ。もし「バスターミナル行ってからチケット買えばいいや〜」とか思ってたら、この時点で詰んでいた可能性が微レ存です。





2018082605_トルンのバス停
トルンのバス停

6.5€(850円ぐらい)のバスに揺られること約2時間。トルンのバス停に到着しました。

バスターミナルまで行くのかと思ったら行かなかったですね。

いつものようにとりあえず予約した宿に向かい、チェックイン…は、まだ出来ないと言われたのでフロントに荷物を預け、世界遺産であるトルンの旧市街の散策に出かけましょう。





2018082606_トルン
精霊教会

2018082607_トルン

2018082608_トルン

2018082609_トルン
市庁舎

2018082616_トルン
福音協会

敬虔なカトリック教徒の多いポーランドらしく、街のあちこちに大きな教会が建っています。え?市庁舎が混じってる?そうですか。


そんなどうでもいいツッコミは無視して、いくつか教会に入ってみましょう。



2018082610_聖母マリア教会
聖母マリア教会

まずは聖母マリア教会。

14世紀創建の歴史ある教会。

2018082611_聖母マリア教会

2018082612_聖母マリア教会
聖母マリア教会

この聖堂内に所狭しと飾られているゴシック風の壁画が見どころ。

1番奥の祭壇にあるステンドグラスも見事。

前の方で団体さんが何かやっていたので控えめに見学しました。



2018082631_聖ヨハネ聖堂
聖ヨハネ聖堂

こちらは聖ヨハネ聖堂。

さきほどの聖母マリア教会よりも古い13世紀起工の教会。

こちらにも壁画がたくさん。

2018082632_聖ヨハネ聖堂

2018082633_聖ヨハネ聖堂
聖ヨハネ聖堂

祭壇奥のステンドグラスも立派。これすごい。

壁画と祭壇の奥にステンドグラスがあるというのがトルンの教会の特徴なのかな?



2018082613_トルン

2018082614_トルン

2018082615_トルン

2018082617_トルン
トルン旧市街

教会以外にも古そうな建物や小綺麗な建物が立ち並ぶトルン旧市街。

ただあまり細い路地とかそういうのは無いですね。わりと区画が四角くなっているし、道路もそれなりに広いですし。

あと小さい。びっくりするぐらい小さい。旧市街に限れば端から端まで往復しても1時間どころか30分かからないと思います。



冒頭にも書きましたが、ここは地動説を唱えたかのコペルニクスの生誕地。

2018082637_コペルニクス大学
大学

旧市街の角にあるこちらは大学なのですが、

2018082638_コペルニクス大学
コペルニクス大学

しっかりコペルニクスの名を冠しています。たぶん本人に関係はないと思います。


そんなコペルニクスの生家がこの旧市街の中に残されていると聞いたのですが、、、


2018082618_コペルニクスの生家
コペルニクスの生家

あ、ありました。こちらです。

ちょっと全体写ってないですけど、まぁこちらです。

ここは今は博物館となっています。せっかくだし入ってみましょう。


2018082619_コペルニクスの生家
コペルニクスの生家

さっそく地球儀が出てきました。

まぁコペルニクスと言えば地動説ですしね。地球儀もありますよね。

2018082620_コペルニクスの生家

2018082621_コペルニクスの生家

2018082622_コペルニクスの生家
コペルニクスの生家

さらには大航海時代に関する展示。

コロンブス、バスコ・ダ・ガマ、マゼランなどの航海の軌跡を説明するパネルなどが並んでいました。

まぁ大航海と言えば天文学と密接な関わりがありますしね。天文学と言えば地動説のコペルニクスという、そういう感じですか?


コペルニクス関係あるか…?


というちょっと首をかしげたくなるような展示が多いかな?全く関係ないと言い切れないのも間違いないんですが。

というか。というかね。





2018082623_コペルニクスの生家

2018082624_コペルニクスの生家
コペルニクスの生家

最先端過ぎない?





あれVRとかですよね?ヘルメットやタマゴみたいな椅子を使って、視覚聴覚をフルに使って感じさせる展示ですよね?


2018082625_コペルニクスの生家
展示

これとかもね。まぁ印刷したパネルを置くのではなく、証明によって壁か何かに展示内容を浮かび上がらせるという手法は珍しく無いですよね。

2018082626_コペルニクスの生家
展示

こうやってね。ぼくの後ろから光が来ているわけですよ。この壁自体がテレビみたいになっているわけじゃなくて。

でー、この映像が照射されているモノをタッチするとー、、、



2018082627_コペルニクスの生家
みょーん

動くんスよ。タッチパネルになってんスよ。タッチパネルなのに自身では発光せずに別の映写機から映像が照射されていてそれを受けているのにタッチしたらそれとリンクして映像が切り替わるというのはこれはこの壁だけじゃなく映写機など含めた全体でシステムを組んでででででででで。。。





最先端やわぁ。。。コペルニクスぅ。。。

まぁ別に地動説はコペルニクスが言い出しっぺじゃ無いんだけどぉ。。。





2018082628_コペルニクスの生家

2018082629_コペルニクスの生家

2018082630_コペルニクスの生家
コペルニクスの生家

最初の数室以外は、当時の生活を再現したお部屋なんかがある、普通の博物館でした。





2018082634_トルン
トルン

朝はどんよりと曇っていた空も、コペルニクスの生家を出る頃にはすっかり晴れてきました。

まぁそりゃ曇ってるよりは晴れてるほうが写真映えるしいいんだけど、暑いんですよね。ブログの中は8月ですのでね。

結構歩き回って疲れたし、トルンは明日も観光する時間があるので今日は撤





2018082636_ドラゴン
ドラゴン

あ!ドラゴンだ!ドラゴンがいるよ!!!





収しようと思います。

また明日ー。





ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.01.26 | ポーランド | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム