世界遺産の「ザモシチ旧市街」を歩く

【968日目】ワルシャワ→ザモシチ→(2018年9月4日(火)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





えー、今日はですねぇ。ワルシャワを発ち、カジミエシュ・ドルヌィという村に行ってみようかと考えております。


2018090401_ワルシャワ→カジミエシュ・ドルヌィ
ワルシャワ→カジミエシュ・ドルヌィ

日本語版Wikipediaにはこの村のページが無かったので、今日は愛読のガイドブック「地球の歩き方」から引用いたしましょうか。



カジミエシュ・ドルヌィ

ヴィスワ川沿いにある美しい村。800年以上の歴史があり、 建物のほとんどが16~17世紀に建てられたルネッサンス様式 で、昔の時代にまぎれ込んだような気分になる。14世紀中頃には、ここにカジミエシュ大王の居城があり、そのまま村の名前になったといわれている。歴代王のなかでもこのカジミエシュ大王は、「常に民衆のことを考え、木造のポーランドを石造に変えた王」として、現在に語り継がれている。第2次世界大戦中、クラクフのヴァヴェル城の財宝を一時避難させたのもこのカジミエシュ・ドルヌィだ。

1920年代から絵に描いたような美しい田舎の風景と歴史ある建物にインスピレーションを求め、画家や作家などが移り住むようになり、今も村のいたるところに小さなギャラリーが点在。

引用元:地球の歩き方






もう「ポーランドで1番美しい」とか言われたら行かない手はないじゃないですか。

ワルシャワからは直通のバスが出ているらしく、ネットで調べてみても確かにバスがあるみたいです。


2018090402_ワルシャワ発カジミエシュ・ドルヌィ行きのバス
ワルシャワ発カジミエシュ・ドルヌィ行きのバス(ネット時刻表)


というわけで、今日はその麗しき村でぷらぷらとしてやろうかと思います。











■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2018090403_文化科学宮殿
文化科学宮殿

昨日も来たこのスターリン様式の「文化科学宮殿」。

これの目の前の広場が、


2018090404_文化科学宮殿の前のバス乗り場
バス乗り場

バス乗り場、、、、、らしいんですけど。ほんとに?ほんとにここなの?首都のバスターミナル的ポジションがこれでいいの?


2018090402_ワルシャワ発カジミエシュ・ドルヌィ行きのバス
カジミエシュ・ドルヌィ行きバスの時刻

いちおうこのネットで出てきた時刻表にも、文化科学宮殿前と書かれていると思われるので、おそらくここでいいでしょう。

念のためそのへんにいたおじさんに「これここですか?」と聞いたら、少し考えた後「ここだよ」と言ってもらえたのでおそらくここでいいでしょう。

あとはこのバスが来るのを待つばかり。












来ないけどね。












え、来ないの?来ないとかある?

いや確かに予約はしていないんですよ。していないですけれども。え?時刻表に乗ってるバス来ないとかあるの?











発車予定時刻から30分待ちましたが来る気配がありません。なるほどね。これはもう来ないパターンですね。

うーん。。。どうしよう。。。

直通便じゃなくて、カジミエシュ・ドルヌィに最寄りの大きめの街「ルブリン」まで行けばおそらく乗り継げるハズ。ただそんなことやってると今日観光する時間無くなっちゃうんじゃないかしら。いや知らんけどね。

えぇ〜。。。めんどくせぇ〜。。。。。

そこまでして行きたいかって言うとそうでもない気もしなくもないんだけど。。。。。





よし。めんどくさい。

行くのやめよう。呼ばれてなかった。

めんどくさいので明日カジミエシュ・ドルヌィから行こうと思っていた次の目的地まで行ってしまおう。スキップだスキップ。

その次の目的地とは、世界遺産にもなっている「ザモシチ」という街。


2018090406_ワルシャワ→ザモシチ
ワルシャワ→ザモシチ



ザモシチ

ザモシチはポーランド南東部・ルブリン県の、郡と同格の都市である。郡都ルブリンから90km、ワルシャワから247kmで、ウクライナ国境まで60kmである。市街地から約20km離れた場所にロストチェ国民公園が位置する。 「ザモシチ旧市街」は、1992年にユネスコの世界遺産に登録された。

ユネスコの説明によると、同年12月7日から14日にかけて第16回世界遺産委員会通常会合がアメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市で開催され、次のように決定した。

中央ヨーロッパのザモシチ市はイタリアで博学者レオン・バッティスタ・アルベルティが提唱した、「理想都市」の構想に基づく特徴あるルネッサンス期の都市であり、依頼主のヤン・ザモイスキの理解と、委嘱されたイタリアの建築家ベルナルド・モランドの力量という完璧な組み合わせで結実した「計画都市」である。ルネサンスの思想に忠実にしたがい、居住空間と城砦という2つの側面を融合させた点で傑出している。均質な様式の、建築と景観の両面で高い価値を備えた都市が成立した。芸術的な建築が生まれ、地域の創造性を高めたことこそ、偉大な建築がもたらした真の資産である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』






1日に2回これやるとは思ってもみなかったわ。



16世紀にここを治めていた貴族さんが昔行ったイタリアが忘れられず、イタリアから建築家を呼び寄せて作らせたポーランドの中のイタリア。建物の様式で言うとルネッサンス様式で建てられています。

堅強な城塞都市でもあり、居住と防御を高いレベルで融合させている点が評価されているみたいです。




というわけでここに行きましょう。どうせ行く予定だったし。


2018090405_ザモシチ方面行きのバス時刻表
ザモシチ方面のバス時刻表

どうやら今いる文化科学宮殿前から1本で行けるみたいですし。そしてそのバスの時刻もちょうど30分後ぐらいみたいですし。そのバス会社は「Big Bus」というのですね。よし、Big Busを見逃さないようにしないとな。





2018090407_ザモシチ方面行きのマルシュ
Big Bus

と思ったら「Big Bus」と書いただけのマルシュルートカがやって来ました。

マルシュかよ。名前に偽り在りかこの野郎。












2018090408_ザモシチのマルシュ乗り場
ザモシチのマルシュ乗り場

なんと4時間半もかかってようやくザモシチに到着。そんな遠いか。

ちなみにお値段は38Z(1,100円ぐらい)でした。



何の予定も立てずに来てしまったけどどうしようか。

とりあえず宿をおさえるか?宿…宿…。。。



…たっか。



え、ザモシチ宿たっか。



これはアカン。ここに宿泊するのはちょっと無理だ。

えー、どうしよう。どうしようか。。。

あ、そうだ。じゃあさらに次の目的地まで行ってしまおうか。明日ザモシチに来て、さらにその次に行こうと思っていた街「クラクフ」へ向かえばいいんじゃないか?


2018090409_ザモシチ→クラクフ
ザモシチ→クラクフ

夜行バスがあれば宿代も浮くし、バスまでの時間にザモシチの観光も出来るしね。

荷物はどっか預ける場所あるだろ。知らんけど。

よし。この作戦で行こう。じゃあとりあえずクラクフへの夜行バスがあるかどうか、そしてその時間を確認しよう。



2018090410_ザモシチのマルシュ時刻表
マルシュ時刻表

降りたマルシュ乗り場にデカデカと立っていた時刻表看板。

クラクフへの夜行便は…ありますね。ありますけど、、、



1時発。



勘弁して欲しいですね。そんな時間まで待ってられますかっての。

かと言って16時は無理ですしね。30分後やで、それ。



マルシュ乗り場の近くには普通のバスターミナルもありました。

なるほど。じゃあこっちからもバスが出ているかも知れません。クラクフって大きい街ですからね。バスの本数も豊富なハズ。



2018090411_ザモシチのバス時刻表
クラクフ行きバスの時刻表

えー、、、と。クラクフ行きのバスの時刻表を見ますとー。。。



1時40発。



ナメてんのか。さっきより遅くなっとるやんけ。

え、そんな時間に発車して誰か乗るんか?なんかいろいろ寄っていくダイヤになってるけど、それ2時とか3時とかやろ?そんな時間に乗ってくる人おるん?何しに行くんその人?


あ、もう1台あるっぽいです。そちらは、、、


2018090412_ザモシチのバス時刻表
もう1台のクラクフ行きバスの時刻表



23時40分発。



う、う〜ん。。。

日付が変わっていないだけまだマシ、、、か???

そんでこれ乗ってしまったらクラクフに朝の5時とかに着いてしまうっぽい。そんな時間に着いてもなぁ。。。結局どっかで時間潰したりなんかしたりして余計なお金と時間を使ってしまうんだよね。

まぁそれは1時発のマルシュに乗ることにしても同じか。

そっちはそっちでザモシチで1時まで時間を潰さなくてはいけないし。どうせ同じなら大きい街の方がいいよね。時間を潰す場所も多そうだし。というか見た感じ、バスターミナル周辺にそんな遅くまで時間を潰せそうな場所は見当たらないんだよね。このバスターミナルそのものも閉まる可能性すらある。

よし。このバスで行こう。



チケットを買うのも、窓口をあっちだこっちだとたらい回されてようやく、という感じ。

さすがにこのぐらい地方に来ると英語も通じなくなってきますね。まぁチケットは買えたからOKでしょう。

あとはこの荷物を預かって、、、はくれない。あぁくれないですか。そうですか。





バスターミナルから旧市街まではちょっと遠いのです。もちろん歩いて行ける距離ではあるのですが、フル装備で行くのはちょっとしんどそう。

バスターミナルでは荷物は預かってくれないとのことなので絶望の淵に立たされたわけですが、地図を見ているとバスターミナルと旧市街の間に鉄道駅がある様子。お。これはワンチャン荷物預かり所、もしくはコインロッカー的なものがあるんじゃないでしょうか。

ちょっと駅に寄ってから旧市街へ向かいますか。

はっはっは。この程度のトラブルなど問題にならないのですよ。常に次善、次次善の策を持っておくことがひとりふらり旅行において重要なポイント。お、駅が見えてきましたよー。さぁこの肩に食い込むバックパックをお預けする駅が!












2018090413_ザモシチ駅
ザモシチ駅

絶賛建設中やん。。。












2018090414_ザモシチ
ザモシチ

結局フル装備のまま旧市街まで来てしまいました。重い。もう帰りたい。


2018090415_ザモシチ
城壁

なんだか物々しい城壁がかなり良い状態で保存されているっぽいけどそれがなんだって感じ。


2018090416_ザモシチ
ザモシチ旧市街

旧市街は人が少なく曇天も相まってなんだか暗い雰囲気。え?ぼくの心模様のせいですか?


2018090417_ザモシチ
広場

旧市街中心の広場まで来ました。もちろんフル装備です。あぁ帰りたい。


2018090419_ザモシチ

2018090420_ザモシチ
広場

さすがにここまで来ると観光客らしき人もおり、その観光客を狙うカフェやレストランなども広場にテラス席を設けたりして営業しています。

まぁそんなとこ入らねぇけどな。だってどうせお高いんでしょう?


ちなみにあちらの時計塔っぽいのは市庁舎ですね。そしてそこの1階にツーリストインフォメーションがあるみたいです。ちょっとこれダメ元で聞いてみますかね。



荷物預かっていただけな…あ、大丈夫。いける。7時まで。あぁーはいはい。7時までですね。あ、7時までに取りに来るのであれば預かっていただける。いやーそうですか。それは助かりますー。はいー。





2018090418_ザモシチ
ザモシチ旧市街

ぱんぱかぱーん。



だばでーさんはついに荷物から開放されました。開放されましたよ。あぁニルヴァーナ。素晴らしき世界。





2018090421_クレープ
クレープ

なんだか今日は朝からまったく上手いこといかなかったのですが、とりあえず今日の目的は達成されそうなので、自分のご機嫌を取るべくアマイモノをいただいています。

さっきの広場に面しているところはお高そうなので、ちょっと外れにある人の入ってないカフェを選んだのですが意外とアタリでした。普通にクレープもカプチーノも美味しいし。店員さんは流暢な英語を操っていましたし。


ちなみにぼくは旅行中「人の入っていないお店」を選ぶ傾向があります。

「人が入っているかどうか」というのはそのお店の美味しさを測る上で重要な要素ですね。人が多いということは人気店であり、つまり美味しい、という流れ。これ自体はまったく間違っていないと思うのですが、ぼくはあまり入りません。だってそれ人多いですやん。

食事はそのお料理そのものの美味しさももちろん重要ですが、そのお店の雰囲気的なものも大きな要素だと思うのですよね。「人が多い」というのはその時点でぼくにとって「そこで食べるのは煩わしい」というマイナス要素でもあるのです。

同様に、

中心地ど真ん中にある → 高そうなので入りたくない。

小洒落たカフェやレストラン → みすぼらしい格好なので入りたくない。

地元民で賑わっている → 変に絡まれたりしたらめんどくさいので入りたくない。

などなど。そんなぼくにとって、


街外れの人が入っていないカフェ → 落ち着いて過ごせそうなので入りたい。


なのですよ。まぁバカ舌なのでなんでもいいってのはあるんですけど。





さ、なんだかんだもう5時を回っています。そろそろ見て回らないと7時に荷物を取りに行けなくなってしまうかもしれません。ちなみにアマイモノ食べている間に街なかにある教会などは軒並み閉館の時間を迎えたようです。もうどうにでもなれ。


2018090422_ザモシチ

2018090423_ザモシチ
ザモシチの城塞

ザモシチの堅固な城塞は、今では堀も埋まり公園みたいになっています。

夕方のお散歩をしている方もいらっしゃいましたね。


このザモシチ旧市街の外に、ロトンダという場所があります。


2018090424_ロトンダ
ロトンダ

なにやら昔に街の防衛の為に造られたという円形の建物。


2018090425_ロトンダ

2018090426_ロトンダ

2018090428_ロトンダ
ロトンダ

大戦中にドイツ軍がザモシチに侵攻してきた時はここを処刑場としたそうで、数多くの方がここで命を落としたそうです。

そんなロトンダは現在では博物館になっており、その虐殺の悲惨さを今に伝えているそうです。しかもタダ。入場者の管理もしているようには見えなかったし、もう好きに入って勝手に見て、って感じみたいです。


が。



2018090427_ロトンダ
ロトンダ

絶対入りたくない。



暗い、暗いよ。そして恐いよ。

えー、タダなんだー、わーい。みたいなノリで行けるような雰囲気では無いですよこれ。

いや、マジで一人では入りたくない。



2018090429_ロトンダ
ロトンダ

入りたくは無いので上に登ってみました。意味は特にないです。



2018090430_ロトンダ
十字架

ロトンダを囲むように立つたくさんの十字架。

これらはここで命を落としたポーランド人の方のものでしょうか。


2018090431_ロトンダ

2018090432_ロトンダ
ロトンダ

ロトンダから旧市街方向へ伸びる道路沿いには、これまた別のお墓が並んでいます。

一枚目はソ連人の、二枚目はユダヤ人のものでしょうね。

ここで殺された人の数は8,000を超えるそうです。名前も刻まれていない墓標からは戦争の悲惨さが伝わってきますねぇ。良くないですねぇ、戦争は。

なんか最近メディアが反韓、反中などなど煽っているようですが、乗せられたらダメですよ。当局とメディアが頭おかCだけで、住んでる人は別に普通ですから。そんでいざ有事になった際に1番被害を被るのは当局でもメディアでもなく我々末端ですから。

末端は末端同士仲良くやっていて、当局が戦争をやりたがった時に「友人に銃を向ける訳にはいかない」という市民がお互いの国にたくさんいれば戦争にはならないんじゃないでしょうか。詭弁ですが、ネット社会でありグローバル社会である今なら割と現実味のある話だと思うんですがね。



2018090433_ザモシチ

2018090434_ザモシチ

2018090435_ザモシチ

2018090436_ザモシチ

2018090437_ザモシチ
ザモシチ旧市街

というような事を思ったりしていると7時が迫ってきたので戻ってきました。

ほんとにただ歩いただけだったな。まぁタイトルに偽りが無くて良いことなんですが。











2018090438_マクド
マクド

そしてやっぱり夜間に時間を潰すならマクドですよね。

駅前もあの調子だったので、旧市街から一度バスターミナルを通り過ぎて幹線道路沿いまで出てきました。

いやほんと、ここ無かったら結構本気で困ってましたよ。助かるわー。





2018090439_ザモシチのバスターミナル
バスターミナル

23時過ぎにバスターミナルへ。

案の定バスターミナルは閉まっているし、周囲は開いているお店があるどころか真っ暗で静まり返っています。

これほんとに来るんだろうなぁ。これでバス来なかったら本気の本気で困る、、、あ、1時のマルシュに乗ればいいのか。



とか思ってたら来ました。ほっと一安心。

まぁ来たのはいいんですけどね。





2018090440_クラクフ行きのマルシュ
クラクフ行きのマルシュ

やっぱりマルシュルートカでした。






ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。



   
   

[ 2019.02.03 | ポーランド | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム