ハラレの在ジンバブエ日本大使館で免許証の翻訳をしてもらってきた

【1135日目】→ハラレ(2019年6月4日(火)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





昨夜乗り込んだ夜行バスは、本日の朝、わたくしをジンバブエの首都ハラレに運んできてくれるはずです。




ここで今後1週間ぐらいのご予定を検討しているのでちょっとご紹介しましょう。


予定を立てる時は逆算していくといいですよね。分かりやすくて。


まずわたくしは、6月10日(月)に南アフリカのヨハネスブルグで人と待ち合わせをしています。ふむふむ。6日後ですね。

その待ち合わせしている人とは、南アフリカでのレンタカーをシェアする予定なのです。

とすると当然免許証が必要ですね。海外で運転できるやつ。

いちおう国際免許証はあるのですが、まぁ当然失効していますよね。あれ有効期限1年ですし。

で、ここで役に立つのが、こういう時の為に作っておいたオーストラリアの免許証。

要するに国際免許証なんて「日本語で書かれてて分かんないと思うけど、この免許証、本物だから」って書いてあるだけなんでね。アレだけだと何の効力も無いんで。



アレ(国際免許証)だけだと何の効力も無いんで。



大事なことなんで2回書きました。

じゃあ最初から英語で書かれている免許証ならいいんじゃね?と思ったそこの貴方。正解。そのとおりです。



特に旧イギリス植民地圏内は、道路の走る車線も同じだし、交通ルールもほぼ同じなので、お互いにお互いの免許のまま走ることが出来るっぽい(アメリカの免許はダメらしい)。

ということは、ぼくのオーストラリアン免許証さえあればぼくは南アフリカで運転が出来るということ。

素晴らしい。鬼才。先見の明がありすぎる。ブラボー、ひゅーひゅー。

で、その免許証はと言いますと。











ロシアでサイフごとパクられました。











…もう人のものパクるやつは全員死んだらええねん。











はいはい。というわけで次の案。

それが無きゃダメってわけじゃないんでね。そもそも原本の免許証さえ持っていればなんとでもなりますから。

というわけで、やるべきことはひとつ。



免許証の翻訳です。



免許証の翻訳とは、簡単に言うと「日本語で書かれてて分かんないと思うけど、この免許証、本物だから」っていうのを公的機関に証明してもらうことです。

で、海外でそういうのをやってくれるのが、各国にある日本大使館や領事館。

だいたいどの国でも手数料2,000円ぐらい、所要2〜3日でやってくれるらしいです。





はい。ここでスケジュールの話に戻りますよ。


10日(月)にヨハネスブルグでしょ。

ということは前日、前々日は土日ですね。大使館、開いてませんね。

じゃあその前の金曜日、7日に遅くとも受け取らないといけないわけですよ。

それでは7日(金)に受け取れるよう、2〜3日前に申請しないといけないとすると、、、。



今日(4日)ですね。





はい。というわけで今日の予定は、在ジンバブエ日本大使館で免許証翻訳の申請をするに決定〜。












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2019060401_ハラレのバスターミナル
ハラレのバスターミナル

朝8時。

ハラレのバスターミナルに到着しました。

なつーかもう、、、アフリカって感じのバスターミナルです。

ただただだだっ広い敷地に無秩序にバスが停まっている感じ。並んでないもん。適当だもん、停め方が。


とりあえずおしっこしたいのでトイレを探してしたのですが、そのトイレがまた汚い。ヤバいぐらい汚い。


で、そのトイレの前で話しかけてきた男がいるんですけど。

「お前どこに行くんだ」と聞くので、おそらくバスの客引きだろうと、今着いたところだから用はねぇぞと、そう思って「トイレだ」と答えたんですよね。

するとその男が「そうか、トイレはそこだ」と言うわけですよ。いや知ってますよ。トイレ目指して歩いて来たんだから。


はい。おしっこ終わりました。

トイレ出ました。



さっきの男が待ち構えていました。



なんだなんだ。何の用だ。





男「トイレに案内したんだから金を払え」











あたまイカれてんのか?











と思ったので無視しました。



まだ付いてくるので無視しました。



まだまだ付いてくるので無視しました。



まだまだまだまだ付いてくるので無視しました。



まだまだまだまだまだまだまだまだ…






2019060402_ハラレ
ハラレ


え。どこまで付いてくんの???





たかが便所の場所を教えただけですよ。いや、教えたってアレですよ。ぼくは教えられるまでもなく知ってましたけどね。

仮に、仮にですよ、その行為に対してチップを払うとするじゃないですか。そんなもの100円にすらならないですよ。だって5m先の建物を指さして「そこだ」って言っただけなんですから。50円も払うかどうか怪しいレベル。





の、ために何百メートルも追ってきますかね、ふつう?





もうその時点でだいぶヤバい人間なので、本気で無視しました。

ぼくの本気の無視はヤバいですよ。なんてったってインドで鍛えられていますからね。鍛え上げ、研ぎ澄ましていますのでね。ちょっと脆いヤツならその精神をへし折ることさえ可能ではないかと自負しています。



まぁ相手はぼくが無視しようがどうでもいい感じだったので、引き続きしつこく付いてきていたのですが、結局道中でぱたりと足を止め、恨めしそうにぼくを眺めたまま立ち尽くしていました。



なるほど。そこまでがお前の縄張りか。

いくら仲良くなった野良犬でも、自分の縄張りの端まで来ると追っかけてこなくなりますもんね。それと一緒ですね。





久しぶりにかなりヤバいヤツに絡まれたな。あれはだいぶキマってましたよ。こわいこわい。





バスターミナルは市街地の南方、ムバレと呼ばれる地区の中にあります。中心部からは3キロぐらい離れていますね。

このムバレという地区、もともと黒人の居住区だったところです。

人種差別政策では南アフリカが有名ですが、ここジンバブエも相当やっていたらしいです。

その名残りの地区ですので、まぁわりと開発が遅れているというか、なんと言うか。



2019060403_ハラレ

2019060404_ハラレ
ハラレ

ムバレから出て、市街地に入った途端これですから。格差ヤバしですよ。

あとこういう都会っぽい街は久しぶりですね。まぁどの街も用事がなければわざわざ中心部まで行かないので比較するのも難しいのですけど。

ただ街並みは随分ヨーロッパっぽくなってきましたよね。この写真だけ見せられて「アフリカでしょ」って言える人はそれほど多くないのではないでしょうか。

いや、まぁ近現代の街並みに各国、各大陸の独自色なんかあるのか?と言われたら「うーん」となってしまうのですけども。





2019060405_ハラレ
国立アートギャラリー

この変わった彫刻が立っている建物。こちらはハラレの中心部にある国立アートギャラリー。

この建物の隣りにあるのが、わたくしの目指す在ジンバブエ日本大使館の入っているビルです。



大使館とか行くの久しぶりだなぁ。2回目かな?

初めてのはインドでパスポートの増補に行った時でしたね。長期旅行ったって案外日本大使館には用は無いんですよね。他の国の大使館ならしょっちゅう行くんだけど。



大使館内はもちろん写真など撮れないので、ここからは文章のみでお届けします。



大使館のあるフロアに登ると、入口の前に赤外線のセキュリティゲートが。

それをくぐり、脇に座ってるデカいおばちゃんに訪問の目的を告げ、その内容を用紙に記入。

そうすると入口が開き、中から警備員さんが出てきます。

警備員さんに連れられて今度は荷物検査。

全ての荷物を赤外線のアレに通し、中に入っている全ての電子機器をそれ用のロッカーに入れなければなりません。

わりとガジェットの保有数が少ないぼくでも、一眼レフ、コンデジ、スマホ、予備のスマホ、ついでにバリカンもロッカーに収納するよう言われました(ラップトップは大きくて入らなかったので持ってて良いとのこと)。

これゴープロだのドローンだのなんだのかんだの持っている人は大変でしょうね。

まぁそんなフル装備で大使館来てる方がおかしいと言われればごもっともなんですけど。



それらを終えるとようやく中へ通されます。

まず窓口で黒人のおばちゃん職員さんに訪問の意図を告げます。

すると奥から日本人の職員さんが出てきて対応してくれる、という流れでした。


さ、とっとと翻訳を申請して宿に向かいましょう。わしゃあ風呂に入りたいんじゃ。





だばで「免許証の翻訳をお願いしたいのですが」


職員さん「はい。運転免許証ですね。手数料が19$かかりますが」


だ「はい。問題ありません」


だ「で、遅くとも金曜日には受け取りたいのですが可能ですか?」





職「あ、今から作りますよ」





なんと。

即日発行ですか。

即日で発行してくださると言うのですか。

あれ。このためにいろいろぶっ飛ばしてハラレ来たんだけど。まさかの即日発行とは。

まぁなんにせよありがたいですね。待ってる間どうしようかと思ってたので。





だばで「あ、それは助かります。ではお願いします」


職員さん「はい。では免許証お預かりします」





大使館内には日本の書籍も置いてあるので、スマホを取り上げられている状況でもヒマは潰せます。

まぁそんなに待たなかったですけどね。ものの20分ぐらいで呼ばれました。





職員さん「出来上がりましたので料金は19$になります。お釣りいりますよね?」


だばで「あ、ちょうどあるので結構ですよ。はい19$です」


職「はい確かに。ではこちらが領収書、免許証の原本、で、これが翻訳の証明書です」


だ「わー、助かりました。ありがとうございます」


職「ところでなんですけど」


だ「はい」











職「この免許証、期限切れてますよ」











だ「………はい???」











ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.08.24 | ジンバブエ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム