ケープ・タウンのテーブル・マウンテンに登ってきた

【1147日目】ケープ・タウン→スプリングボック(2019年6月16日(日)のおはなし)





はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。





本日は、ケープ・タウン最大の見所と言えるでしょう、テーブル・マウンテンに登りに行きたいと思います。

2019061580_ヴィクトリア・ウォーターフロント
テーブル・マウンテン

昨日見えていたあの山ですね。

というかまぁケープ・タウンの市街地ならだいたいどこからでも見えると思うんですけど。

ケープ・タウン市街地の南にそびえる高さ1,000mほどの巨大な岩山。

頂上が3キロほどに渡ってほぼ平坦になっているのでテーブル・マウンテンと呼ばれているのだそうで。



まぁベネズエラで登ったロライマ山もテーブル・マウンテンって言われてたし、山頂が平らな山なんか別にこれだけじゃないんですけどね。

テーブル・マウンテンって言うと、ケープ・タウンのこの山の事をイメージする人も一定数いるんじゃないですかね。



山頂が平らな山なんか別にこれだけじゃないんですけどね。





というわけでこれを登るわけですが、2通りの登り方があります。


「歩いて登る」か、「ロープウェイで登る」か。


歩くと片道3時間ぐらいかかるみたいですね。まぁあの斜面ですからね。斜面っていうか崖にしか見えないんですけどね。あんなとこ徒歩で登るんですね。

ロープウェイだと一瞬で到着するそうなのですが、こちらに関してはお値段が超高いんですって。歩いたらタダなんですのにね。



まぁ普段の状況なら徒歩一択でしょうね。往復5〜6時間かかるわけですが、それがどうした?って感じですよ。別に今までやってこなかったわけじゃないですし。

100円200円をケチる為に5キロ程度普通に歩くのがバックパッカーですよ。

そんな生態の奴らがお高いと言われるロープウェイなんか乗るわけ無いじゃないですか。



ちなみに?



そのロープウェイなんですけど?



おいくらなのかしら???











往復で330R(2,400円ぐらい)。












はぁ?????












■■■ブログランキングに参加しています。■■■

この下のバナーをクリックしていただくと、このブログのランキングが上昇します。
ランキングが上昇すると、ブログ主のテンションが少し上がります。
それだけです。変なサイトとかには飛びません。
リンク先のサイトが読み込み完了しないとポイントが入らないくせにわりと読み込みに時間がかかります。
ブログを読む前にクリックしておくと、読み終わった頃に読み込みが完了していてスムーズですね☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

















2019061601_テーブル・マウンテン
テーブル・マウンテン

はぁ?????











2019061602_テーブル・マウンテン
ケーブルカー

はぁ?????












2019061603_テーブル・マウンテン
テーブル・マウンテン

はぁ???????












2019061604_テーブル・マウンテン
テーブル・マウンテン

はぁぁぁあああああ???????












2019061605_テーブル・マウンテン
テーブル・マウンテンからケープ・タウンを臨む

はい頂上とうちゃっく〜♪



いやー、マジ一瞬だった。

下でカゴ待ってる時間の方が長かった。

あとこのカゴ、登ってる間に一回転するんですよね。どこに立っていても全方向の景色が眺められるように、という機能。












いや、時間が無いんスよ。

こないだから言ってるじゃ無いスか。我々には時間が無いんスよ。

テーブル・マウンテンに丸一日取ってる時間は無いんスよ。

半日でテーブル・マウンテンを終えて、昼から移動しないといろいろ間に合わないんスよ。

金で時間を買うとはこの事なんスよ。もう他に選択肢は無いんスよ。勘弁してくださいよマジで。











2019061606_テーブル・マウンテン
テーブル・マウンテン

テーブル・マウンテンの頂上はこんな感じで、ちょっとしたトレッキング道が整備されています。


2019061628_テーブル・マウンテン
テーブル・マウンテン

ケーブルカーの終点近くには、カフェやレストラン、トイレなんかもあって、すんごい観光地感。


2019061629_テーブル・マウンテン
テーブル・マウンテン

あとテーブル・マウンテンは「新・世界七不思議」に選定されているらしいですね。


2019061607_テーブル・マウンテン
テーブル・マウンテン

ちなみに端部の手すり的な物はあったり無かったり。というか基本無かったり。

普通に年間何人か落ちてんじゃないかと思います。思うだけです。実際は知りません。ただ落ちてそうだな、と思う程度のものではあります。というか絶対落ちてます。自撮り中のインド人とか。



で、ここに来た理由なんですけど。

連れの人とぼくの共通の友人(♀)がいるんですけど、その方もここに来られたことがあるんですね。

その友人(♀)もここを訪れ、そしてその写真をインスタにアップしていたんだそうです。ぼくは見てないんですけど。

でぇ。この連れの人がですねぇ。





その友人(♀)と同じ構図で写真を撮って、その方に送りつけたい。





とか言ってるので来ました。





2019061608_テーブル・マウンテン
同じ構図の写真

正直だいぶキモいし意味が分からなかったのですが、そこは黙って何も言わずに写真を撮りました。大人なので。





それではテーブル・マウンテンの頂上を散策いたしましょう。

まぁ山って言っても幅3キロに渡って平坦なのでね。普通にそのくらいの大きさの公園を歩いているのと変わらないんですけどね。



2019061609_テーブル・マウンテン

2019061610_テーブル・マウンテン

2019061611_テーブル・マウンテン

2019061612_テーブル・マウンテン

2019061613_テーブル・マウンテン

2019061614_テーブル・マウンテン
テーブル・マウンテン

まぁ景色は圧倒的にいいですけどね。

今日もお天気に恵まれて、、、って毎日恵まれてますけどもね。ここ数日、というか少なくともヨハネスブルグを出てから雲ひとつ見たことないですよ。いや、ありがたいけどね。




いつもの地図アプリを見ていると、ケーブルカー乗り場から逆の方向に「マクレアーズ・ベーコン」という面白そうな名前の何かがあるようです。名前からは何かは全く分からないですが、地図に打たれているマークは『山』のマークになっていますね。なんだろうこれ。ちょっと行ってみましょう。



2019061615_テーブル・マウンテン
テーブル・マウンテン

これケープ・タウンとは反対側の風景。

奥の方に写っているのが昨日行ってきたケープ半島です。

こっち側を通って「マクレアーズ・ベーコン」へ。





2019061616_テーブル・マウンテン
マクレアーズ・ベーコン

あ、見えてきました。

確かに言われてみたらベーコンっぽいと言えないことも無い気もしないことも無い。


2019061617_テーブル・マウンテン
マクレアーズ・ベーコン

ベーコンの上には標識がありました。まぁ、、、それだけかな。

何があるわけでは無かったですが、ケーブルカーの乗り場の周りに比べると人が少なく気持ちのいいトレッキングルートでしたね。



さ、帰りましょう。

結構時間がかかってしまいましたし。

まぁ仕方がないですね。前も書きましたけど、アフリカに来てから本当に歩いていないので。こうやってカメラぶら下げて何時間もぶらぶら出来る場所なんてアフリカには無いのですよ。

ぼくの観光は街歩きがメインなので、そういう意味でアフリカは合わないなぁとは思いますね。



2019061618_テーブル・マウンテン

2019061619_テーブル・マウンテン

2019061620_テーブル・マウンテン

2019061621_テーブル・マウンテン

2019061622_テーブル・マウンテン

2019061623_テーブル・マウンテン

2019061624_テーブル・マウンテン

2019061625_テーブル・マウンテン

2019061626_テーブル・マウンテン

2019061627_テーブル・マウンテン
テーブル・マウンテン

結果的にテーブル・マウンテンの周囲をぐるりと周る形になりました。

いやー、いい運動した。





2019061630_テーブル・マウンテン
ケーブルカー

さ、降りましょう。

往復で買いましたからね。ほんと金の力って素晴らしい。


2019061631_テーブル・マウンテン
登山道

金の力に頼らない場合はあれを歩くことになるわけですよ。あれを3時間ですよ。アホのすることですよ。












2019061632_ナミビアへ
ナミビアへ

さ、それではいざナミビアへ。

本当はケープ・タウンで寿司でも食ってから行こうと思っていたのですが、テーブル・マウンテンに時間をかけすぎたのでスキップされました。じーざす。



2019061633_ナミビアへ
ナミビアへ

今日も絶好調でまっすぐですねぇ。



我々はナミビアへ向かって北上していくのですが、どちらにしろ今日中にはたどり着かないので、国境の前の街で宿泊。

明日は国境越えですね。






ケープ・タウン→スプリングボック

本日の走行距離(Google map調べ):561キロ。






ランキング応援のクリックをお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








今日もありがとうございました。




   
   

[ 2019.09.11 | 南アフリカ | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム