移動日なんてこんなもの

【312日目】ウブド→バニュワンギ(2016年8月14日のおはなし)




昨日の夜の宿のスタッフとの会話。



だば「明日ジャワ島に行きたんだけどさー。どこの旅行代理店もジャワ行きのバスとか扱ってないんだ。どうやって行ったらいい?」


スタ「あぁそれならシャトルで港まで行って…」


だば「違うよ。ジャワ島だよ。そっちの方の島じゃないよ」


スタ「あぁ。ジャワ島か」


知らんおばさん「ジャワ島はとっても遠いわよ!(怒り口調)」


だば「うん。それは分かってるんだけどね」


スタ「ここから直行のものはないから、デンパサールのウブン・バスターミナルまで行かないといけないね。そこまで行けばバスが出ているから」


だば「どうやって行くの?」


さっきのおばさん「プラマ社のバスよ!(怒り口調)」


スタ「ではバスの予約をしよう。HPを開いて…」


HPを確認する。。。


だば「デンパサール行きはないみたいだね」


スタ「あれ?ほんとだ」


おばさん「そんなはずないわよ!(怒り口調)」


スタ「でもほら。これ見てください。ないでしょう?」


おばさん「・・・」


スタ「デンパサール近くの街まで行けば」


だば「それそっからデンパサールの目的地まで近い?」


スタ「近くはないなぁ。タクシーを使うか。。。」


だば「タクシーは使いたくないなぁ。高いでしょ」


スタ「あとはウブドのバスターミナルからバスを使うかだね」


だば「バスターミナルとかあったっけ?」


スタ「ほら。王宮と市場の交差点のところだよ」


だば「???あそこ何回も通ったけどバスターミナルとか無かったよ?」


スタ「いや。あそこにあるんだ」


だば「バスってベモ(相乗りの小型バン)のこと?」


おばはん「違うわよ!とっても大きなバスよ!(怒り口調)」


スタ「そこでバスに乗って、まずなんとかっていうバスターミナルへ。そこでウブン行きのバスが出ているから、それに乗り換えるというルートだね」


だば「ふぅむ。じゃあ明日、とりあえずそのウブドのバスターミナルとやらに行って聞いてみるよ」





数時間後






スタ「さっきの話なんだけど」


だば「なに?」


スタ「実は今日ここに泊まっている女性が、明日同じルートでジャワ島に行くんだよ。ちょっとめんどくさそうだから、彼女にウブンのバスターミナルまで一緒に行ってもらえるよう頼んでおいたよ」


だば「まじですか。それはイージーですね」


サンディー「という訳でよろしくね」














ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

というか何なんだあのばばぁ。




という訳で、今日はバリ島を後にしジャワへと向かう予定です。


ウブド→ジャワ_20160822
ウブド→ジャワ


バリ島とジャワ島はお隣同士で、その島と島の間は意外と近くわりと簡単にアクセスできます。
ただ調べた限りではバリの有名観光地ウブドから直接行く交通機関はないんだってー。ぷっぷー。




じゃあとりあえず朝ごはん食べて出ますかね。
昨晩サンディーに何時頃出る?って聞いたら「10時半ぐらいかしら」とか言ってたので、わりと余裕なんですよね。



サンディー「あのね。今日バスで行く予定だったんだけど、こっちの知り合いに頼んでターミナルまで送ってもらうことにしたの。一緒に乗って行く?ガソリン代だけシェアしてくれればいいわ。そうね。50,000IDR(400円ぐらい)ぐらい。もちろん、他の方法で行きたいならそれでもいいわよ」


だば「もちろんご一緒します」




昨夜から突如現れて良くしてくれている女性ことサンディーですが、ジャワ島のスラバヤという街で旅行代理店を営んでおり、なんかその仕事の関係でウブドに滞在してたとのこと。そりゃ確かにいろいろツテもあるでしょう。
こうやってよその国のお友達ができるのが1番楽しいのよー。とありがたいお言葉を頂戴しました。




ウブド→ウブン・バスターミナル


そんなサンディーのお友達の車に乗って、やってきましたウブン・バスターミナル。
お友達もウブドで旅行関係のお仕事をやってるそう。


ウブン・バスターミナルに着いたら、サンディーからいろいろとレクチャーを受けます。


サンディー「あなたの目的地はバニュワンギというところなんだけど、正直バニュワンギまで行く必要はないと思うの。バリとジャワの間はバスごとフェリーに乗るんだけど、そのジャワ側のフェリー乗り場(カタパンと言うんだけど)でいいと思うわ。あなたがバニュワンギで参加したがっているツアーは、カタパンからも出ているの。もちろんバニュワンギの方が大きな町だから、ツアー会社も多いし宿も多いのだけど、その目的のツアーだけでいいならカタパンでツアーを組んでしまえば十分じゃないかしら。それに、もしバニュワンギから次の町へ電車で行くとなったら、結局カタパンに行くことになるわ。だって駅はカタパンにあるんだもの。カタパンのフェリー乗り場の出口に、警備小屋があるんだけど、その裏にツアー会社があるの。そこで宿も手配してくれると思うわ。もちろん、あなたがバニュワンギに行きたいというならそれでも構わないけれど」


だば「あ、じゃあ、、、カタパンでお願いします」


サンディー「分かったわ。じゃあお金払って。チケットもらったわね。じゃあバスのりばに急ぎましょう。バスが出ちゃうからね。そこの彼に荷物を預けて。はい。そのバスよ。じゃあ気をつけてね」


だば「あ、はい。えーと、、、いろいろありがとうございました」


サンディー「いいのよ。何か困ったことがあったら連絡してきてね」












バス車中_20160822
バス車内

という訳でバスに乗っております。
うーむ。やっぱり旅行会社をやっているだけあって、旅行者の扱いに慣れているのでしょうか。
こんなにスムーズな移動はなかなかありませんよ。


バスは、、、まぁ綺麗ではないね。冷房は効いている。たぶん寒くなるんでしょうね。ブランケットが予め用意されている。Wi-Fi はあるとは書いているけど繋がらない。

あとは。。。

コーヒー無料_20160822
コーヒー無料

コーヒーが飲める。



途中の町でお弁当をピックしていましたが、ぼくの分はありませんでした。

ナニコレ嫌がらせ?

まぁたぶん乗車が直前すぎて手配できなかったんでしょう。ほんとぼくが乗ったらすぐ出ましたからね。というかぼく待ってたんじゃねぇかって感じでしたね。




バリ島とジャワ島の間の海峡は、バスごとフェリーに乗って越えていきます。
このへんは南米と同じですね。南米のフェリーよりはフェリーっぽい形してますが。


フェリーから_20160822
フェリーから

売り子のおっちゃんから買ったカップラーメンをすすりながら、バリ島を眺めます。
うん。
やっぱり日本のカップラーメンが1番美味いな。



往来_20160822
海峡

海峡はたくさんの船が行き来しています。
ここはとりあえず来てしまえば船がなくて困るなんてことはなさそう。

そんで、いつの日かあのへんに橋でもかかるんだろうな、などと思っていると到着します。



フェリー乗り場_20160822
カタパンのフェリー乗り場

バスは別にここ行きじゃなくて、ぼくだけここで降ろされます。

さて。フェリー乗り場の出口の警備小屋の裏のツアー会社って言ってましたね。サンディーが。




あぁ。ありますね。というかそこしか無さそうだなぁ。
とりあえず目的のツアーの内容を聞いてみましょう。




えーと。

夜中の12時発。朝8時頃終了。
宿までの送迎込み。
マスクと懐中電灯を貸してくれて、水1本くれる。
ガイドつき。


値段は、、、275,000IDR(2,200円ぐらい)。


提携の宿は、、、150,000IDR(1,200円ぐらい)。


うん。もういいよ。それで。
他に選択肢ないしな。

フェリー乗り場の前にホテルとかあんのかと思ってたらそんなもの無いしな。
モスクとコンビニとレストランが1件ずつと、あと小さな食堂みたいのしか無いしな。
探せばあるんだろうけどめんどくさいしな。
だってこのツアー申し込むなら夜の11時には起きないといけないんだから。で、今すでに夕方の5時だから。だらだらやってたら明日のツアー大変だしな。







という訳で、明日は世にも珍しい「青い炎」を見に行くとかいうお話をします。おたのしみに。






ごはんとか食べてたら結局8時とかになってた。明日きついなぁコレ。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2016.08.14 | インドネシア | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム