ミャンマーの有名観光地インレー湖でクルージングしてきた

【422日目】ニャウンシュエ(2016年12月1日のおはなし)



インレー湖。




インレー湖の場所


インレー湖(ビルマ語: အင်းလေးကန်)は、ミャンマー連邦共和国のシャン丘陵に位置する淡水湖。 シャン州タウンジー県ニャウンシェ郡区に位置する。ビルマ語で「イン」は湖、レーは「4」を意味する。その昔インレー湖は4つの小さな湖だったが、湖の近くに住む鬼によって4つの湖が水路で繋げられ、大きな湖が誕生したという伝説が残っている。



と、ウィキペディア先生がおっしゃっております。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












こんばんは。

記事を書こうと写真を確認したら、ヒクぐらい多くてテンションだだ下がり中のだばでーです。これはおそらく前後編です。よろしくお願いします。








インレー湖観光は、その拠点となる街ニャウンシュエでボートをチャーターして行います。

このボートは街なかの旅行会社に行けばツアーが出ていますし、各ホテルでもチャーターの予約をしてくれます。また、直接船着き場に行けばヒマな船頭さんが客引きしているのでそれにホイホイされてもいいです。


ぼくはホテルで頼みました。

丸一日チャーターして1艘あたり20,000K(1,700円ぐらい)。


「あなた1人?人数がいれば(ひとりあたりが)安くなるのに」とホテルのおばちゃんに言われましたが無い袖は振れません。

タイで会ったちーちゃんに「孤高の旅人」呼ばわりされるぐらいひとりぼっちですからね。

別に日本人宿が嫌いなわけじゃないんですよ。宿は安さ重視だというだけで。


そもそも丸一日のツアー代と考えた時に1,700円ってのは格安だと思いますよ。昼食とかは別ですけど。











朝8時に船頭さんがホテルに迎えに来ま…せんでした。

まぁね。そんなことぐらいではもう動揺しませんよ。

とりあえずこのホテルで申し込んでいるので、ホテルの人に事情を説明しましょう。



あ、なんか今から呼ぶっぽいですね。



うん。まぁこんなことぐらいでは動揺しませんよ。












数分後、バイクになぜか2人乗りでやってきた船頭さん。

うん。これぐらいでは動揺しませんよ。動揺しないけどなんで2人乗りで来たかは謎。おれピックに来たんちゃうの?



当然3人乗りで乗り場まで。そらそうなるよね。












ボート_20161201
ボート

というわけで、今日はこのボートでインレー湖へ。

具体的なツアー内容をまったく聞いていなかったので船頭さんに確認したところ、「Up to you(きみ次第)」とのこと。なにそれ緩すぎない?











ニャウンシュエ_20161201
まだニャウンシュエ

ボートはニャウンシュエ市内を少し走り、




インレー湖_20161201
インレー湖

インレー湖へ。

このインレー湖は現役の漁師の方がいて、なんか足でオールを漕ぐらしい。

とりあえずそれ見たいなー。見られるかなー。



フィッシャーマン_20161201
フィッシャーマン

あ、漁師の人いた。というかめっちゃいる。











フィッシャーマンそのに_20161201
そのに

あ、足で漕いだ。

めっちゃすぐ見れた。

というかほんと普通に足で漕いでますね。別に特別なことではないらしい。




フィッシャーマンそのさん_20161201
そのさん

確かに足で漕ぐことで手が空きますからね。


フィッシャーマンそのよん_20161201
そのよん

空いた手で作業をすることができるということですね。


フィッシャーマンそのご_20161201
そのご

このようにね。


フィッシャーマンそのろく_20161201
そのろく

足で漕ぎながら作業をするというね。


フィッシャーマンそのなな_20161201
そのなな

あ、ついに目が合った。

この漁師さんのまわりをぐるぐる周ってましたからね。そりゃ気になるよね。失礼。



この足で漕ぐ他にも、

フィッシャーマンそのはち_20161201
そのはち

このようなカゴをを使う漁もするそうなのですが。



フィッシャーマンそのきゅう_20161201
そのきゅう

なかなか使ってくれませんね。



フィッシャーマンそのじゅう_20161201
そのじゅう

というかすっかり休憩中のようです。

まぁ次行きましょうか。



次は船頭さん曰く「トマトファーム」だそうです。

ふむ。湖なんですけどね。なんすかね。ファームて。



トマトファームへ_20161201
トマトファームへ


どうでもいいけどこの波切って走ってく感じいいですね。

それほど大きなボートじゃないので、たぶん5、6人乗ればパンパンだと思うんですけど。これ1人の方が好き勝手できていいですね。視界も遮られないし。1人で寂しいから強がってるわけじゃなくて。



船頭さん「ついたよー」


だばで「ん?まだ湖の中なんだけど…」












トマトファーム_20161201
トマトファーム

だ「畑がある」




トマトファームそのに_20161201
そのに

えぇ〜。湖の上に畑がある。。。



トマトファームそのさん_20161201
そのさん

なにこれどうなってんの?

船頭さん曰く、このへんは水深が3〜4mあるとか言ってるんだけど。



トマトファームそのご_20161201
そのよん

なんか畝らしきものあるけど。。。

なにこれほんとどうやって作ってんの。



トマトファームそのよん_20161201
そのよん

あ、作業してる人いた、、、っつーかボートで作業してる。

いや、まぁそりゃそうなんだけどさ。足届かないし。

いやほんとすごいなコレ。よくこんなとこで畑作ろうとか思ったな。

あとトマトだけじゃなくてキュウリも作ってるらしいですね。

「キュウリ」の英単語が思い出せなくて言わなかったらしいのですが、このタイミングで思い出したらしくて言ってきました。まぁ別になんでもいいんだけどさ。カボチャって言われたらびっくりしたかもしれんけど。




船頭さん「次はシルバー・スミスに行くよー」




なんだよシルバー・スミスって。

聞いてもそれを説明できる英語力は無いんですけどね。この船頭さん(人のことは言えないが)。

まぁ無理だと分かった上で聞いてみましょうか。何かわかんないですからね。シルバー・スミスってなんですか?




船頭さん「シルバーのスミスだよー」




だよね。

ミャンマーは英語の通用度は高い方だと思いますが、その話す英語のレベルはそこまで高くないですね。

どこの国でも何言ってるか分からんぐらい流暢に話す人はだいたいいるんですけど。あんまりそういう人は見ないですね。

それでもミャンマー語でべらべら話しかけられても意味不明なので、カタコトでもたどたどしくても旅行者には英語で話しかけるというあたりホスピタリティー度の高さを表しているように思います。ほんと自国語でべらべら話されてもわかんないんですよね。ゆっくり言えばいいってもんじゃないんだっての(ちなみにリアルタイムでは中国にいます)。

こういう「英語が得意でないことをディスアドバンテージとしない」という精神は見習うべきところだと思います。特に日本人は。ぼくを含めですが、日本人は「ちゃんとできるようになるまでやらない」ような風潮がありません?「英語話せる?」と聞かれて「いや、ぜんぜんダメだよ」と答えると「でも私あなたの英語分かるわよ」と返されるパターンですね。まぁこれは日本人の「謙遜」という文化かも知れませんが、それも行き過ぎると出会いやビジネスのチャンスを失いかねない…ってなんじゃこりゃあああ!!!











村_20161201


湖の上に村があるよ!!!




村そのに_20161201
そのに

えぇ〜。。。電柱まで立ってる。。。



村そのさん_20161201
そのさん

そして村人はボートで移動しとる。。。

まぁあれでしょ?家の下には地面があるんでしょ?



村そのご_20161201
そのよん

あぁ。。。無いわ。普通に湖の上に高床で家作っとる。。。



村そのよん_20161201
そのご

それで普通になにごともないかのように生活しとる。



村そのろく_20161201
そのろく

ここはここに集落を作った時からそのままの生活を続けているんですね。

もちろん手漕ぎのカヌーがエンジン搭載のボートになったり、電気をひいて家にテレビがあったりするんでしょう。ただ、それはあくまでも設備面のグレードアップであって、根本となる生活スタイルはそのままなんでしょう。



村そのなな_20161201
そのなな

これすごいことだと思います。

もう世界中どこ行ってもおんなじような街でおんなじようなライフスタイルばっかりになってますよね。「グローバル化」とかかっこよく言ってますが、あんなものただの「均一化」ですよ。

そんな中、昔ながらの生活スタイルを維持しながら生活水準をグレードアップさせている。ただ「保護されている」のではなく、生活の中にそれが「根付いている」ところがポイントですよ。サパみたいなのはダメなんですよ。



そしてこれこそが旅行の醍醐味じゃないですか。

違う文化、違う生活、違う価値観に触れるというコレですよ。

あーやばいテンション上がるこれ。



これもきっとミャンマーという国がほぼ鎖国状態だったことが原因なのでしょう。

気軽に旅行できるようになって、こういう独特な文化に触れられるようになって、そして外国の価値観や常識がばんばん入ってくるようになったわけですが、願わくばこの村はこの村のままであり続けて欲しいですね。



こういう場所こそ「世界遺産」にふさわしいと思うんだけどな。

ほんとユネスコはなにやってんだ。




船頭さん「シルバー・スミスに着いたよー」




シルバー・スミス_20161201
シルバー・スミス

む。なにやら大きめのおうちですが…?

ここは中に入るのですね?さてさて。果たしてシルバー・スミスとは。。。













シルバー・スミスそのに_20161201
そのに

あぁ。そういうあれか。



あとで船頭さんに「スーベニア・ショップ」という単語を教えてあげよう。












やっぱり前後編!

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2016.12.01 | ミャンマー | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム