チベット自治区へ行く前に(そのに)

【456日目】九寨溝→成都(2017年1月4日のおはなし)



今日は九寨溝から成都へ帰ります。



といっても、一昨日来た道を戻るだけなので別に書くことなんてなにもない。

ついでに行こうと思っていた世界遺産の「黄龍」に行こうとしたら、「冬だからバス出てない」と言われて断念したこととか。

行く時に相席だったオージーのご家族と帰りのバスの中でも相席になったとか。

そのぐらい。



あぁあとあれ。




2017010402_ねこ
ねこ in 本棚





なにこれ超かわいい。。。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











はいどうもだばでーです。こんばんは。今日もよろしくお願いします。



2017010401_ねこ
ねこ in 本棚




なにこれ超かわいいぃぃぃぃいいいい!!!!!












というわけで、九寨溝のバスターミナルを8時に出たバスは、相変わらず1時間に1度の休憩を挟みながら成都に16時半に到着しました。140元(2,200円ぐらい)。

前回宿泊していたハローチェンドゥほにゃらららに再チェックインしました。




前回、と言ってもたかだか3日前ですが、宿泊していた時にお世話になった日本人宿泊者の方がまだいました。

お名前は愛一郎さん。何も聞いてないのにご自分から「本名です」と言われるほど愛一郎な愛一郎さん。

転職前にちょっとやっちゃおうかな☆という感じで中国に来ちゃったらしいです。自転車を持って。

蘭州からシルクロードを西進し、カザフスタン、キルギスと行って成都に戻ってきたらしく、以後成都に1月半ほど沈没しているそうです。

その間、成都周辺のいろいろなところにも足を伸ばしていらっしゃるそうで、いろいろとアドバイスをいただくことにしました。



というのも、ぼくのチベット行きの電車が8日で、今日が4日。中3日あります。

この間、どこかに行こうかなーと思っているのですが、いかにも中途半端な時間なんですね。

近場ならともかく、ちょっと遠出しようとすると前後1日ずつ移動日で取られるので日程的にはギリギリ。現地で何かあるともうアウトです。チベット行けなくなります。5万もしたのに。



ここで選択肢をいくつか。



①都江堰(世界遺産)

「とこうえん」と読みます。

パンダ保護区がらみの一部として世界遺産に登録されている場所。

その昔、まだ紀元前の頃に岷江という河の治水のために造られた堰、ってパンダぜんぜん関係ねぇ。。。

紀元前に造られ、現在まで使用されている大土木工事の現場となると、イチ技術者としては行っとくべきなのでは…?

※成都からは日帰りで行けます。



②楽山大仏

世界遺産に登録されている楽山の大仏。

その大仏は世界最大とも言われる大きさを誇ります。

世界一周旅行者的には「世界最大」なスポットには行っとくべきなのでは…?

※ここも成都から日帰りできますし、次の峨眉山とあわせて1泊2日の旅程も可。



③峨眉山

世界遺産に登録されている峨眉山。

中国仏教の四代聖地に数えられるほどの霊験あらたかな地。

見どころは山頂から拝むご来光。山下に望む雲海とそこから顔を出すご来光とのコラボはそれはそれは神々しいらしい。

サンセット、サンライズ大好きなぼくとしては行っとくべきなのでは…?

※成都から日帰り可。ご来光見るなら楽山大仏と合わせて1泊2日の旅程が吉。



④丹巴☆愛一郎さんのオススメ☆

「だんば」と読みます。パンダではありません。

中国で最も美しい村のひとつに数えられるチベット族の村。

山間に石造りの民家と独特な塔が織りなす風景はとてもフォトジェニックで写真撮る人にはたまらないんじゃないかな(愛一郎さん談)。

田舎大好きを公言している写真を撮る人、すなわちぼく的には行っとくべきなのでは…?

※行き帰りでそれぞれ1日ずつ移動日。行って帰って丸3日かかります。











なるほど。

残り日数3日ということを考えるとつまりアレだ。



『都江堰日帰り→楽山・峨眉山1泊2日の世界遺産3ヶ所満腹ツアー』



に行くか、



『2泊3日丹巴ツアー』



に行くか、の2択ということだ。



むむぅ。。。



世界遺産は出来る限り行ってるしな。。。それが3つも行けちゃうというのは魅力的。。。

丹巴は別に世界遺産でもなんでもないし。。。

世界最大の大仏にご来光ポイントの仏教聖地に紀元前の土木工事現場が全部見られるわけでしょ。。。



もう考えるまでもなくね…?











丹巴だな。











その土地特有の景観が残る田舎とか行かないわけにはいかんでしょ。

田舎大好きビバ田舎。




というわけで、明日から丹巴とか言う田舎に行ってみたいと思います。












ここで「明日から」になっちゃうのが中国のつらいところ。
夜行バスがあれば今日行くのに。


PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
   

[ 2017.01.04 | 中国 | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:33歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ②→        グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス②→ニカラグア→     コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ②→アルゼンチン②→ウルグアイ→アルゼンチン③→     パラグアイ→アルゼンチン④→ブラジル→仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル②→ベネズエラ→コロンビア②→オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ②→ミャンマー→中国→ネパール→インド→スリランカ→ インド②→パキスタン→中国②→    カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→カザフスタン②→   キルギス②→カザフスタン③→     ウズベキスタン②→カザフスタン④→  トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦②→アゼルバイジャン→ジョージア→アルメニア→アルツァフ→ アルメニア②→ジョージア②→     アルメニア③→ジョージア③→トルコ→ ブルガリア→マケドニア→セルビア→  ハンガリー→イギリス(治験)→    ハンガリー②→ルーマニア→モルドヴァ→沿ドニエストル→ウクライナ→     ポーランド→ロシア(W杯)→     エストニア→ラトビア→リトアニア→  ベラルーシ→リトアニア②→ロシア②→ ポーランド②→ドイツ→ポーランド③→ チェコ→スロヴァキア→ハンガリー③→ オーストリア→スロヴェニア→イタリア→スロヴェニア②→クロアチア→     ボスニア・ヘルツェゴヴィナ→     モンテネグロ→コソヴォ→アルバニア→ ギリシャ→イギリス(治験)②→    アルバニア②→ギリシャ②→キプロス→ 北キプロス→キプロス②→レバノン→  ヨルダン→イスラエル→パレスチナ→  ヨルダン②→エジプト→ケニア→    ウガンダ→ルワンダ→ウガンダ②→   ケニア②→タンザニア→マラウイ→   ザンビア→ジンバブエ→南アフリカ→  レソト→南アフリカ②→ナミビア→   南アフリカ③→イギリス(治験)③→  オランダ→ベルギー→オランダ②→   日本(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

海外ホテル予約サイト

サイトによって得手不得手や地域差があるので、複数のサイトの価格を比較検討することをオススメします。

格安航空券検索サイト

こちらも複数サイトで検索してみることがポイント。

旅行に役立つアイテム