そういうのもひっくるめて「旅行」だという話

【622日目】ビビ・ファティマ→ランガル(2017年8月23日のおはなし)




【今回のパミール高原ぴゅるるりらーの日程】


8月21日(月) ムルガブ→ホーログ


8月22日(火) ホーログ→ヤムチュン


8月23日(水) ヤムチュン→ランガル ←今ココ!!!


8月24日(木) ランガル→ガラムチャシマ


8月25日(金) ガラムチャシマ→ホーログ


8月26日(土) アフガンマーケット@ホーログ












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。












今日はビビ・ファティマ(ヤムチュン)からランガルという村へ向かいます。


2017082301_ビビ・ファティマ→ランガル
ビビ・ファティマ→ランガル

これまでの旅程と比べると極限に短いですね。

今日はドライバーのオフィスも鼻歌まじりで運転できるのではないでしょうか。




そして本日の席割りですね。

今日も右手にアフガニスタンが見え続けるので、昨日と同じ条件。



①助手席

 最高。進行方向右側であるだけでなく前方も見える上に何より足元が広い。


②2列目左側

 運転席の後ろ。進行方向左側なので良くはない。窓は開く。


③2列目真ん中

 前方は見えるが左右どちらも見にくい。事故ったら高確率で死ぬ。


④2列目右側

 進行方向右側。助手席に次いでの当たり席。窓が開く。


⑤3列目左側

 最悪。そもそも3列目は狭いし窓も開かないし座面が高いから外も見にくい。


⑥3列目右側

 進行方向右側なので⑤よりはマシ。でも3列目なので狭い。


の6席。



昨日はもちろん最悪の⑤番を引き当てたわたくし。

狭いし暑いし窓開かないしアフガニスタンは見えないし座面が高くて遠くも見えないし車上に積んであったはずのタイヤがいつの間にか後ろに置いてあるしでテンションダダ下がりでした。

まぁいいんですよ?

ぼくがここに座らないということは、他の誰かがここに座らなければならないということで、つまりこれは究極の自己犠牲の精神というわけであれ…?目から何やら液体が。。。




さぁどんと来い!!!

もはや⑤番じゃなければどこでもいいよ!!!

だって今日距離短いし!!!

そもそも同じ番号を連続で当てる確率なんて 1/6✕1/6=1/36 なんだから!!!

さすがに36分の1の確率を引いてくるほどおれのマーフィも優秀じゃないだろう!!!





















⑤番でした。












空気読みすぎだろマーフィ。。。












2017082302_ビビ・ファティマの温泉
昨日は暗すぎて見えなかったビビ・ファティマの温泉











はい出発です。

あ、どうでもいいんですけど、何回連続だろうと結局その回⑤を引く確率は1/6ですんでね。




今日はランガルまでという短距離の旅程。

なので、途中いろいろと寄り道しながら行くことになりました。

走行中の景色に期待の持てないぼく的にはありがたいことですね。












2017082303_ヤムチュン・フォート
ヤムチュン・フォート

というわけで最初の寄り道ポイントはこちら。

「ヤムチュン・フォート」です。

ビビ・ファティマとヤムチュンの間にあります。簡単に言うと今日泊まってた宿の超近くです。

ここでしばらくの自由時間。



2017082304_ヤムチュン・フォート

2017082305_ヤムチュン・フォート
後ろの山はアフガニスタン


2017082306_ヤムチュン・フォート
こっちの山はタジキスタン


2017082307_ヤムチュン・フォート
撮影指導:えりあんぬ


2017082308_ヤムチュン・フォート

2017082309_ヤムチュン・フォート
ヤムチュン・フォートからの眺め


2017082310_ヤムチュン・フォート
チクチクする高山植物




さ。

ヤムチュン・フォートを見終えた後は、昨日と同じく川沿いの道を東へと走ります。


2017082311_ワハーン回廊
ワハーン回廊(タジキスタン側)

ちなみにぼく側の窓から見える景色(タジキスタン側)はこんな感じです。




延々と。












ブラング(Vrang)という村で昼食。


2017082312_ブラング村
ブラング村

「次の村でランチにしよう」と言っているのに颯爽と村を通過しようとしていたドライバーのオフィス。

そもそも次の目的地もこの村の近くだっつーのに。

未だに意思疎通が図れないわれわれとオフィス。うちのマーフィの爪の垢でも煎じて飲ませたい。



昼食の後は、この村の裏手にある見どころへ。



Maps.me には表示されているものの、そこへの道がなかなか分かりにくい。

村の中には、そこまでの案内で小遣いをせしめようというガキンチョがうろうろしているので、そいつらに案内を頼むのもいいでしょう。

りょーちゃんがガキンチョにチップを払って案内を頼んでいました。曰く「情報はタダじゃない」とのこと。ごもっともです。




2017082313_ブッダ・ストゥーパへの道
見どころへの道

見どころへ向かっている間にある穴。

これ中に人骨があり、同じような穴が周囲にいくつかあります。

お墓だったのかしら。




2017082314_ブッダ・ストゥーパ
ブッダ・ストゥーパ

はい到着しました。次の見どころ。

「ブッダ・ストゥーパ」です。

まぁ「ストゥーパ」ってそもそも「仏塔」って意味だから、それに「ブッダ」付けちゃったら「仏・仏塔」になっちゃうんだけど細かいことはいいでしょう。

ここで、ルビーの原石を売り歩くガキンチョたちをあしらいながら自由時間。



2017082315_ブッダ・ストゥーパ
ブッダ・ストゥーパ全景


2017082316_ブッダ・ストゥーパ
ストゥーパの頂上にあったもの


2017082318_ブッダ・ストゥーパ
えりあんぬ隠し撮り


2017082317_ブッダ・ストゥーパ
りょーちゃん隠し撮…あれこっち見てる…


2017082319_ブッダ・ストゥーパ
ちーとも夫妻とりょーちゃん隠し撮…またりょーちゃんこっち見てる…











お次の見どころは道路沿い。


2017082320_ハイ・ミネラル・スプリング・ウォーター
ミネラル・スプリング・ウォーター

このあたり、Maps.me を見ていると、道路沿いあちこちに「high mineral spring」とか「mineral spring」とか言う名前で表示があるのですが、そのうちの一つ。


2017082322_ハイ・ミネラル・スプリング・ウォーター
湧き水

ここには水が湧いています。

湧き水の周囲が赤く染まっていることからも分かりますが、ものすごい鉄分入ってるみたいです。「ハイ・ミネラル」ってそういう意味?

飲んでみると、ものすごいサビの味がします。しかもなぜか炭酸水です。天然の炭酸水ってどういうことだ。


2017082321_ハイ・ミネラル・スプリング・ウォーター
そこにいたおっさん

現地人と思われるおっさんたちもここに来てサビ臭い水を飲んでました。

ちなみにこの右側のおっさんがありえないぐらい酒臭かったです。イスラム教圏ったってそんなもんです。




ここでオフィスがまた何か言い出しました。

相変わらずロシア語でなんやかんや言うてるのでさっぱり理解できませんが、また追加よこせとか言ってるっぽい。

確かに前回は道路から離れたので追加を払うことにしました(一昨日の記事参照)が、今回はまったくもって旅程通り。

一切追加を払ういわれなどないし、というか何をもって追加を請求してきてんだコイツは。

前回同様埒が明かないので、ランガルまで行って英語を話せる人を探すことに。

今回の旅程は、ムルガブで宿泊した宿のオーナーと一緒にオフィス同席のもとで作成したものなので、そのムルガブの宿に電話させようとしたんですが、ここは電波が届かないとのこと。

さっきの村は通じてただろうが。なんで電波切れてから言うんだコイツは。確信犯か?なんかそういうボッタクリ・マニュアルでも存在してんのか?「電波が切れてからゴネましょう」みたいなこと書いてんのか?ん?












というわけでランガルに到着。

同行人が目星をつけていたホームステイにチェックイン。

そこのオーナーさんが英語を話せたので通訳を頼むことにしました。



とにかく、われわれの(というかぼくの)見解としては、これ以上の追加は一切認めません。

だって追加を払う理由がない。

最初の取り決めどおりやってるだけ。

それに文句があるならここで帰ってもらって結構です。帰りに事故って死んでください。

すなわちわれわれが(というかぼくが)オフィスに提示するのは2つの選択肢のみ。




1.最初の取り決めどおりの旅程で、最初の取り決めどおりの金額で、最初の取り決めどおりの支払い方法で最後までやる。


2.ここでお帰りいただく。ただし、その際は現在支払っている前払金(100US$)と2日分の宿泊費(40US$)しか支払わない。




われわれ的には(というかぼく的には)どっちでもいいんですよ。

1になるならなるでいいし。


2になったらなったで、

当初の取り決め金額が300US$+宿泊費80US$。

そのうちすでに支払っている金額が140US$。

これ以上の支払いは行わない(そもそも前金制度ってそういうもの)ので、われわれの手元には240US$残る。

この残った金額でホーログまで帰る車を手配すればいい。

というだけの話。












奥の奥地まで連れてきてこっちを追い詰めた気かも知れんがそれはおまえの勘違いだからな?

おれのこの世で最も嫌いなもののひとつは「ゴネ得」だからな?

ゴネた結果むしろ取り分が減ることもあるんだからな?

あんま調子乗んなよ?ん?











結局、通訳を介してオフィスの言い分を確認したところ、


明日イシュカシマという村に宿泊すると思った。

それは日程が増加するのだから追加料金が必要だと言った。



とのこと。











なんだ。ただのバカか。











本当に現実と妄想の区別がつかないただのバカなのか、それとも形勢悪しと見て機敏にバカを装ったのかは定かではありませんが、とりあえず当初の予定通り進むことになったよう。



本来なら今日はここで終わり、、、なのですが、まだ日も高くかと言ってやることもない。

近くの見どころポイントも徒歩で行くには遠いし、かと言ってランガルの村にそれほどやることがあるわけでもない。



いや、まぁぼくはランガルで見たいものあったんですけどね。

この辺りの家屋の伝統的形式で、屋根の上に明り取りの窓があるってやつ。

「村の中をぷらぷら歩いてたらどっかのお家にお呼ばれすると思うよ」と旧ソ連圏に関する知識量には定評のあるF氏に教えてもらったので、その作戦を実行する予定だったのですが、


2017082323_天井の明り取り窓
天井の明り取り窓

宿泊することにした宿にあったんですよね。

客用のスペースじゃなくて、オーナー家族の居住スペースの方だったんですけど。頼んだら見せてくれました。

もともと、このあたりの民家は壁に窓を作らないらしく、そうすると暗いので天井に明り取りの窓を作るようになったらしい。

まぁ寒いからねぇ。窓って熱損失ハンパないですんでね。

今はどの民家もご立派な樹脂サッシを装備しており「この天井のこれ、必要?」みたいな状況になってましたが、まぁ見れて良かったです。



というわけで、ぼくもやることがなくなったのです。

で、Maps.me にポイントが打たれていたランガル近くのビュー・ポイントに行きたい、ということで一致したわれわれ一同。

ただ車じゃないとキツイ。さすがに歩ける距離じゃない。

同行者の1人がお願いしてみたところ、タダで連れてってくれることになったらしい。



同行者「5キロぐらいだからさぁ、って言ったらタダでいいって。まぁ直線距離で5キロだよ、って言ったんだけどね」



…それ伝わってないんじゃない?

本人5キロだけだと思ってんじゃない?

さっきのアレのすぐ後であっちも気を使って「タダでいい」って言ってくれてるんじゃない?

それをいざ行ってみたらやたら遠いとか、さすがにオフィスも怒るんじゃ…。











案の定、8キロ走ったところで車を停めクレームを言いだしたオフィス。




いや、これは当然だ。こっちが悪い。

ゴネ得は嫌いだって言ってんだろ。


車内でどうすんだこうすんだとモメていると、ついにりょーちゃんが業を煮やして10US$渡していました。

彼的には「相手に理があるんだから払えばいい」んだと思う。それで正しいとおれも思う。




2017082324_ビュー・ポイント
ビュー・ポイント

いろいろありながらも到着した、Maps.me 曰くビュー・ポイント。

結局15キロぐらい走ってました。



10US$もらって機嫌が良くなったのか、さっきからの一連のアレで雰囲気が悪くなったことを察したのか、「メンバーに写真を撮ろうか」と言ってみたりちょっと話しかけてみたりと気を使うオフィス。

さっきの件でりょーちゃんのフォローをするともさん。

写真撮影に忙しいえりあんぬ。と、そのケツを追うあきらさん。

それを遠目で見るちあきさん。

を、さらに遠目で見るわたくしことだばでー。












2017082325_ビュー・ポイントからの眺め
ビュー・ポイントからの眺め


集団行動はこういうのがあるからめんどくさいんだよなぁ。。。


しかもわれわれ、もとを辿ればただの個人旅行者の集まり。

例えば学校の修学旅行など、個々の価値観うんぬんを強制的に押さえ込む集団倫理が存在し、それを遵守していればよし、という団体行動であれば比較的ラクなんですけどね。

「個人旅行者」というお互いの価値観を尊重しながら、集団としてのまとまりを乱さないように振る舞うというのは思っている以上に難しいわけで。これが長年の友人とかならまた話は違うと思うんですけどね。お互いに気心知れてるし。相手の触れてもいいトコとダメなトコもなんとなく分かるし。それに比べてわれわれ、言うてたかだか1月程度のお付き合い。それがいきなり24時間同じリズムで動かなきゃいけないってのはやっぱり各人にそれなりのストレスがかかってるはずで、しかも「個人旅行者」ってタイプの人間はそれなりに我が強くて、しかもそれをお互いに理解していて、相手のやりたいことは尊重しなければいけないとは思いつつもそれによって自分のやりたいことを犠牲にする気はさらさらな…え?集合写真撮る?











…めんどくせぇ。。。












せっかくなのでランガルの村をぶらぶらすることにしました。

あ、別に撮られますよ。集合写真。ただいちおう最初に言いますけどね。「写真撮られるの嫌いだ」って。それ言った上で誘われるならもう仕方ないですよ。大人しく撮られますよ。大人ですからね。


ビュー・ポイントからの帰りに村のはずれで降ろしてもらい、そっから宿まで歩くことにしました。


やっぱり集団行動中でもなんとか自分の時間って作るべきだと思うんですよね。迷惑かけない範囲でね。

あぁやっぱり1人で田舎の村をぷらぷらするのって楽し…




ちびっこ「写真撮ってー!!」

2017082326_ランガルの村にて



ちびっこ「もっかいー!!」

2017082327_ランガルの村にて



ちびっこ「ぼくもー!!」

2017082328_ランガルの村にて



ちびっこ「おれもおれもー!!」

2017082329_ランガルの村にて



じいさん「わたしも撮りなさい」

2017082330_ランガルの村にて



じいさん「こっちからも撮りなさい」

2017082331_ランガルの村にて



じいさん「この車はレーガンのなんだ。撮りなさい」

2017082332_ランガルの村にて



じいさん「彼はわたしの友人だ。撮りなさい」

2017082333_ランガルの村にて



ヤギ「メェェェェェェェ!!!」

2017082334_ランガルの村にて



ちびっこ「しゃーしーんー!!!」

2017082335_ランガルの村にて











ひ、、、ひとりの時間、、、。











そういえばじいさんに写真送れって言われた希ガス。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
       

[ 2017.09.18 | タジキスタン | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

For my friends

Thanks for coming to my blog! But I'm sorry I write only Japanese. If you want to read this, please use the link below. I think it can help you maybe. Why maybe? Because I use many idioms and broken Japanese!!! Ha-haha-!!!

Translation(自動翻訳)

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:31歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ(2回目)→    グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス(2回目)→ニカラグア→ コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ(2回目)→    アルゼンチン(2回目)→ウルグアイ→ アルゼンチン(3回目)→パラグアイ→ アルゼンチン(4回目)→ブラジル→  仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル(2回目)→ベネズエラ→   コロンビア(2回目)→        オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ(2回目)→  ミャンマー→中国→ネパール→インド→ スリランカ→インド(2回目)→    パキスタン→中国(2回目)→     カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→           カザフスタン(2回目)→       キルギス(2回目)→         カザフスタン(3回目)→       ウズベキスタン(2回目)→      カザフスタン(4回目)→       トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦(2回目)→     アゼルバイジャン→ジョージア(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

オススメホテル予約サイト

とても使いやすいホテル予約サイト。 ここから予約していただくと、ぼくにアレがアレなのでよろしくお願いします。

このブログを読んで旅に出たくなったらww