今日はモツ鍋

【642日目】ビシュケク(2017年9月12日のおはなし)




南旅館のF氏。



某世界一周旅行者界隈では非常に有名な方で、とにかく旧ソ連やその周辺の国々に関する知識量がハンパない。何聞いても教えてくれます。



それに加え、F氏が超有名である決定的な理由。それは。。。





シェア飯。




すなわち。











F氏の晩餐











の存在です。



南旅館近くのバザールの方々とは顔見知りで、一見さんにありがちな若干高めになるとかそういうのが無いし、時々「『タダでいいけら持ってけ』と言われました。いらないのに」と大量の野菜をぶら下げて帰ってくることもあります。



作ってくださる料理は、和食、ロシア料理、東欧料理、中央アジア料理、中華料理と幅広く、どこでそんなレシピ仕入れたんですか、って感じ。



しかも、宿泊者が苦手な食材は使わないという気遣いまでしてくださいます。



ぼくが宿泊中、レバーを使った料理は一切出てきませんでした。ぼくがレバー嫌いだからです。



ぼくがチェックアウトした途端、2回もレバーを使った料理が出たそうです。



ぼくが滞在中にレバー食えなかったレバー好きな人すまん。



で、そんな「誰かが嫌いだったから出なかった食材」の一つに『モツ』があります。



『モツ』です。あの内臓の。



「モツ」が食べられない宿泊者は、ぼくの最初の滞在中にチェックアウトしていたのですが、どうも下処理がめんどくさいらしい。



それで今までやらなかったそうなのですが、ぼくが帰ってきたこの機に(と、ぼくは思っている)その『モツ』を使ってやろうということになったのです。












というわけで今日はみんなで『モツ』の下処理をします。


なんかこっちの肉屋って、家畜を屠って部位ごとに切って、そのまま売ってるらしいです。

以前タンを買った宿泊者が頑張って下処理してました。

で、当然『モツ』もそのまま売ってるわけですよ。

牛を屠って、腹を割いて、にゅるりと出てきたそれをちょん切った状態で店先にあるわけですよ。

当然そのまま食べるわけにはいきません。

下処理が必要です。




で。




『モツ』の下処理ってどうやればいいんでしょう???











なんか腸を開いて、中を洗って、中に付いてる脂肪を取ればいいらしい。

脂肪は残してもいいらしい。

その辺はお好みらしい。

ただ、牛の腸の中を初めて見たんですが、ありえないぐらい脂肪付いてるんですね。

ほんとありえないぐらい付いてます。

びっくりします。

なんかこう、、、





「内臓脂肪って付いたら取れないってホントだろうな。。。」





って感じです。





内臓だし、にゅるにゅるしてるし、見た目もグロテスクだし、運が悪いと開いた腸の中にうんこが残ってたりするらしく、これに抵抗のある人もいるそうです。

まぁそうだろうな、とは思います。グロいもん。牛臭いし。

でも食べ物って元をたどると全部こうですもんね。

日本はこういうの知ろうとしないと知れないですもんね。

いい機会ですよね。

「最近の若造は『海には魚の切り身が泳いでいると思っている』らしいぜ」みたいな話で盛り上がったこともありますけども。

よく考えたら、そのスーパーに陳列されているものがもともとどういうものだったのかって知らないこと多いですもんね。

焼肉屋で肉頼む時、その部位がどういう味や食感かは知っていても、その部位が牛のどこのどれなんだってのは知らなかったりしますもんね。

こうやって、生の肉塊が食材へと変貌していく過程を知ることで、その食材がより美味しく食べられるようになるんじゃないかと思うの。




これぞまさに食育ですよね。




合ってます?

「食育」って単語の使い方合ってます?

なんかドヤ顔で文字を大きくしちゃったりしてますけど、なんか恥ずかしいことになってたりしません?大丈夫ですか?












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。












というわけで、












2017091201_モツ鍋
モツ鍋


今日のF氏の晩餐は「モツ鍋」でした。












下処理時の写真はグロくて載せられない、、、というか手がにゅるにゅるでカメラとか触れませんでした。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
       

[ 2017.10.08 | キルギス | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

For my friends

Thanks for coming to my blog! But I'm sorry I write only Japanese. If you want to read this, please use the link below. I think it can help you maybe. Why maybe? Because I use many idioms and broken Japanese!!! Ha-haha-!!!

Translation(自動翻訳)

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:31歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ(2回目)→    グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス(2回目)→ニカラグア→ コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ(2回目)→    アルゼンチン(2回目)→ウルグアイ→ アルゼンチン(3回目)→パラグアイ→ アルゼンチン(4回目)→ブラジル→  仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル(2回目)→ベネズエラ→   コロンビア(2回目)→        オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ(2回目)→  ミャンマー→中国→ネパール→インド→ スリランカ→インド(2回目)→    パキスタン→中国(2回目)→     カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→           カザフスタン(2回目)→       キルギス(2回目)→         カザフスタン(3回目)→       ウズベキスタン(2回目)→      カザフスタン(4回目)→       トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦(2回目)→     アゼルバイジャン→ジョージア(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

オススメホテル予約サイト

とても使いやすいホテル予約サイト。 ここから予約していただくと、ぼくにアレがアレなのでよろしくお願いします。

このブログを読んで旅に出たくなったらww