ウズベキスタンは振れ幅が広い

【650日目】タシュケント→サマルカンド(2017年9月20日のおはなし)




はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。











えー。昨日ちゃんとプロフも食べたし、今日はさっさと次の街へ移動したいと思います。

次の目的地は『サマルカンド』


2017092001_タシュケント→サマルカンド
タシュケント→サマルカンド


もはや説明は不要でしょう。

『サマルカンド』

ウズベキスタンと言えば、というかもう中央アジアと言えばココ、みたいなレベルで語られる観光地ではないでしょうか。

「未来都市アスタナ」も「天空の湖ソンクル湖」も「温泉村アルティン・アラシャン」も「パミール高原」も「ワハーン回廊」も「地獄の門」も知らなくても、『サマルカンド』はなんか聞いたことある。

そんなレベルの観光地ではないでしょうか。知らんけど。



まぁ今日はそこに行きますよ、っていうお話。つまり移動日回です。











タシュケントからサマルカンドに行く方法は3パターン。


1.鉄道

 楽。時間が読める。ちょっと高い。


2.シェアタクシー

 早い。車を選べば快適。高い。


3.バス

 遅い。時間が読めない。不快。安い。


ですね。

まぁ言うまでもなくバスですけど。

よく聞かれるんですよね。タクシーのウンコマンとかに。「いくらなら乗るんだ?」と。

もうね。その質問がズレてるんですよ。こっちの感覚と。いくらなら、とかそういう予算みたいな話はしていないんですよこっちは。











最安のオプション。











これをね。常に追求しているんだということをね。バックパッカーというのはそういう人種なんだとね。いい加減理解していただきたいと思うわけですよ。

快適性?スピード?ドアトゥドア?











そんなもんいるか!!!











1円でも安くしやがれ!!!











なんだったらタダで行けこの野郎!!!!!











資本主義壊滅しろ!!!!!!!












タシュケントのバスターミナル

はい。こちらタシュケントのバスターミナル。

地下鉄のチランザル線に乗って、終点のオルマゾール(Olmazor)で降りたらすぐ近くにあります。


ちょうど13時発だというサマルカンド行きのバスが停まっていました。

現在11時半。昼メシ食ったりしてたらちょうどいい感じの時間ですね。



2017092002_タシュケントのバスターミナル
タシュケントのバスターミナル

ありえないぐらい寂れたバスターミナル内にあったメシ屋で昼メシを食い、13時前にはバスに乗り込みます。

んー。乗車率は40%といったところでしょうか。




お。発車しました。




あ、停まりました。




ん?バックしましたよ?




また停まりました。




あれ。乗客とドライバーがなんかモメています。




お。発車したかな?




あ、違うわ。











元の場所に戻っただけだこれ。











まじかー。

これ「いっぱいになるまで発車しない」タイプのバスかよ。

いやー。でもこれ普通の大型バスだよ?オンボロとは言え座席数が少ないわけじゃないよ?普通に60席ぐらいあるよ?



これで「いっぱいになるまで待つ」の?過酷すぎない?そのミッション。



まぁいいけど。

「安さを追求する」とはこういうことだ。

これが仮に高い金出したシェアタクシーなんかで発生すると怒り狂うところだが、これはしょうがない。なんせ安いからだ。




お。発車した。




ん?さっきからぜんぜん客増えてないぞ?




あれ。でもどんどん進んでいく。




お?諦めたか?諦めたのか?つまりスカスカの座席でゆったりまったりバスの旅を楽しめるという












2017092003_サマルカンド行きバス
サマルカンド行きのバス


そんなわけない。




ヨソのバスターミナルにいた、同じくサマルカンドに向かうバスに乗客全員売られました。

売られた結果4〜5人分座席が足りなくなり、当然余った人間は立って乗ることになるわけで、まぁそういう時当然その役が回ってくるのがぼくという人間なわけで。











こちとら4時間前から待ってんだぞこの野郎!!!(現在15時半です)











2017092004_サマルカンド行きバス
サマルカンド行きバス


おまけに、料金所等ゲートでは外から見られないように座れとのお達し。

え?どこに?どこに座れって?

え?ここですか?この座席と座席に挟まれた人が土足で歩くこのスペースのことおっしゃってらっしゃる?

てゆーかそれはそれとして、これ











すっかり違法じゃねぇか!!!











バスだとだいたい4〜5時間らしい。

5時間立ちっぱか。ちょっとキツイな。



たまたま立ってた近くに英語が微妙に話せる兄ちゃんがいました。

ヒマなのか気を使っているのかアレコレ話しかけてきます。

最終的に「日本について語れ」みたいな話を降ってきました。



もういいから。めんどくさいからそういうの。おれ移動中に会話するの嫌いなんだよ。





走行中、車掌が料金を集めにやってきます。

とりあえず「座席無しなんだから安くしろ」って言ってみよう。



そこにさっきの兄ちゃんが仲介を買って出て、その結果通常20,000C(300円ぐらい)のところ18,000C(270円ぐらい)になったらしい。



まぁこの兄ちゃんも18,000Cしか払ってなかったけど。



それおかしくない?

「座席が無いから安くしろ」って言ってんのに座席に座ってらっしゃるあなたがその金額で済ますのおかしくない?

だったらおれの金額もっと安くなってもよろしくない?



結局、そんなこんなしているうちに車掌もめんどくさくなったのか、「旅行者の支払いは最後で良い。ただしパスポートを担保によこせ」という話になり、なぜかさっきの兄ちゃんがパスポートを渡していました。

意味分からん。なんなんだこの兄ちゃん。












タシュケント→サマルカンド

サマルカンド郊外のバススタンドに到着したのは20時ごろ。

4時間半ってとこですね。乗ってる時間だけ言えばね。



ここはちょっと郊外。サマルカンドの市街地からは5キロほど離れています。

まぁ歩けなくはないけど、もう8時だからな。

バスの車内で知り合った日本人大学生くんとどうしようかと話していると、


兄ちゃん「タクシーを拾ってあげよう。レギスタン広場でいいかな?3人で割れば安いよ」


とのこと。

あぁそう?じゃあそうする?


兄ちゃん「1台12,000C(180円ぐらい)だよ。ひとり4,000C(60円ぐらい)ずつだね」


まぁそれぐらいならいいですかね。



特に宿の予約をしていなかったので、とりあえず目的地はサマルカンドで最も有名な場所「レギスタン広場」。

2017092005_レギスタン広場
レギスタン広場

ちょうどライトアップをしていました。

おお。さっさと支払いを済ませてちょっと見に行k





兄ちゃん「支払いは2人で割ってもらえる?お金無かったわ」























何言ってんだこいつ。











クソだな。クソもいいとこだ。

完璧に詐欺じゃねぇか。

金額の多少じゃないんだよ。

騙したかどうかが問題なんだよ。

60円ぐらい「ちょっとお金無いんだけどタクシー代出してくんない?」って最初に言われたら出すわ。

なんだこいつ。

今すぐここに車突っ込んできて脳髄ぶち撒けて死ねばいいのに。











「無いものは無い」と言われればそれまでなので、大学生くんと2人でワリカンすることに。

まぁ気を取り直してレギスタン広場のライトアップの写真でも、、、












2017092006_レギスタン広場
レギスタン広場



こいつら微動だにしないんだが。。。



え、、、ちょ、、、じゃま。

いや、別に見てるのはいいんだけど、別にじゃまだから退けって言うわけでも無いんだけど、後ろで待ってる人いるからって言うかそんな十何分も見続けて何か楽しいのこれ?











結局帰る気配も気を利かせてスペースを開ける気配も無かったので、ライトアップの写真は明日に持ち越すことにして宿に向かうことに。

目星をつけておいた宿の場所が Maps.me に記載されている場所と違う、という旅行あるあるに苦しめられつつ、なんとか到着した宿はフル。

おぉ。ここまでか。

ここまでしてくるかウズベキスタン。。。



今日もう最悪だろ。


バスには4時間も待たされるし。

4時間待ったと思ったら4時間半立ちっぱだし。

そこで知り合った兄ちゃんは旅行者に便乗して自分の金額も安くするクサレ野郎だったし。

その上その旅行者からタクシー代を詐欺るという頭蓋骨にウンコ入れ男だったし。

超のつく観光地のベスト写真スポットには大衆が居座ってるし。

おまけにやっとの思いでたどり着いた宿はフルだと。


そうか。そうですか。そういう感じですかウズベキスタン。

まぁ一昨日ぐらいから気づいてましたけどね。国境からタシュケントまで来る時点ですでに薄々感づいてましたけどね。


これはもうあれだ。











ウズベキスタン最悪だn


宿のスタッフ「部屋は無いんだけどなんとかするよ。今日はどこから来たんだい?タシュケント?列車でかい?え?バス?バスで来たのかい?それは大変だったね。長い時間かかったろう。ここには泊まれないけど、今なんとか部屋の手配をするから。さぁ上がって上がって。それまでここでくつろいでいてくれていいからね。あ、お腹空いてないかい?これ、よかったらどうぞ」


2017092008_ウェルカム軽食
ウェルカム軽食











ウズベキスタン最高かよ。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
このブログは皆様のクリックによって運営されています(嘘)。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
       

[ 2017.10.16 | ウズベキスタン | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

For my friends

Thanks for coming to my blog! But I'm sorry I write only Japanese. If you want to read this, please use the link below. I think it can help you maybe. Why maybe? Because I use many idioms and broken Japanese!!! Ha-haha-!!!

Translation(自動翻訳)

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:31歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ(2回目)→    グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス(2回目)→ニカラグア→ コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ(2回目)→    アルゼンチン(2回目)→ウルグアイ→ アルゼンチン(3回目)→パラグアイ→ アルゼンチン(4回目)→ブラジル→  仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル(2回目)→ベネズエラ→   コロンビア(2回目)→        オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ(2回目)→  ミャンマー→中国→ネパール→インド→ スリランカ→インド(2回目)→    パキスタン→中国(2回目)→     カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→           カザフスタン(2回目)→       キルギス(2回目)→         カザフスタン(3回目)→       ウズベキスタン(2回目)→      カザフスタン(4回目)→       トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦(2回目)→     アゼルバイジャン→ジョージア(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

オススメホテル予約サイト

とても使いやすいホテル予約サイト。 ここから予約していただくと、ぼくにアレがアレなのでよろしくお願いします。

このブログを読んで旅に出たくなったらww