ところでバスは一体何時に通って行ったのだろうか

【663日目】ダルヴァザ→アシガバード(2017年10月3日のおはなし)




アシガバードとは





アシガバード




アシガバートは、トルクメニスタンの首都。1919年から1927年の間はポルトラツクという名であった。
コペトダグ山脈とカラクム砂漠の間にあり、主要産業はガラス製造、ぶどう酒醸造、綿織物業など。人口は公式統計によれば約100万人とされている(2013年)。周囲をアハル州に囲まれているが、アシガバート市単独で州と同格の地位にあり、行政上はいかなる州にも属さない。





と、Wikipediaより抜粋。




ギネス認定のオモシロ建物が多いことで有名な街です。












ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!












はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。












これを見るために来たと言っても過言ではない『地獄の門』が期待はずれに終わった翌日。


まぁクサレウンコタレカスメニスタンの嫌がらせのせいで、無駄にハードルが上がってた感は否めないですけどね。

サクッとビザが取れてサクッと入国してサクッと見に来てたら「おぉ〜」となったのかも知れませんし。


あの『地獄の門』の周囲で野宿して、朝日と『地獄の門』とのコラボ写真を撮ったりするのが流行っているらしく、ぼくは野宿とかありえないので早起きして朝日見に行く作戦にしました。

で、ちゃんと5時に起きました。











もっかい寝ました。











なんかねぇ。

もう期待はずれすぎて、「なんでおれこんな早起きしてまであんなの見に行こうとしてんだろ?」という事実に気づいてしまったんですよね。

「いやーないわー」となったんですよね。











2017100301_チャイハネ出たとこ
チャイハネ出たとこ

というわけで朝10時です。

チャイハネから出ると路面がしっとりと濡れており、これは朝方雨が降ったご様子。



野宿とかしなかったおれファインプレー。



と自画自賛しながら通りへと向かいます。

このチャイハネの前の通りはトルクメニスタンを南北にぶち抜く国道で、ダショウズからアシガバードを目指して走るバスがここを通るのです。

チャイハネのおっちゃん達が言うには「バスは10時から11時ぐらいの間に通る」とのこと。

というわけで10時15分前ぐらいからこの路上で待ち始めました。












13時になりましたけど。











ちょっと聞いてないんだけど。

11時には通るんじゃないの。

もう2時間もオーバーしてんだけど。


2017100302_掘り出しました
路面

暇すぎて地面に埋まってた大きめサイズの石堀り出しちゃったんだけど。

掘り出し終えちゃったんだけど。

もう誰だよ11時には通るとか言ったの。これ10時前に通っちゃってたんじゃねぇの?











仕方がないのでシェアタクシーに方針転換。

たぶんこの道路を通っている車の9割ぐらいがシェアタクシーだと思います。

だったら車なんてすぐ捕まるだろう、、、というのは間違いです。



基本的に、シェアタクシーというのは発車地点で満員になるのを待って発車します。

つまり、「走っている」シェアタクシーというのは基本的に満員なのです。

どこかで乗客を1人2人降ろしたタクシーでなくては乗せてくれません。











2017100312_ダショウズ→ダルヴァザの航空写真
ダショウズ→ダルヴァザの衛星写真

どこで何を降ろすって?












荒野のど真ん中なんですけどー。




もちろん停まってくれるタクシーなどありません。

路上で困っていると、後ろから1台のバイクがやってきました。


バイクの兄ちゃん「タクシー捕まらないかい?」


だばで「捕まらないよぅ」


兄「ここから少し北に警察(検問っぽいの)があるんだ。そこでやるとたぶんマシだよ」


だ「そうなの?」


兄「全部の車が一度そこで停車するからね。乗せていってあげるからそこへ行こう」




バイクの背に乗り、兄ちゃんが言う警察まで。

どうも見ていると、そこに詰めている警察官が空席のある車を国家権力を振りかざして脇に停めさせて、そこにぼくをねじ込もうとしているご様子。

なるほどこれは効率が良い。



ついに1台の空席のあるバンを見つけた警察官。

なるほど助手席、2列目に2人、3列目に3人座っていますね。2列目が1人開いているように見えますね。

これに乗れと。そうおっしゃるわけですね。

でもね。これ2列目が1人分開いているわけじゃなくてですね。












もともと2列目には2つしか席が無いんですよ。











え?それでも乗れと?

え?座席無いのに?どうすんの?

あ、ぼくのバックパックを隙間に置いて、その上に座らせる作戦ですね。

え?ドライバーさんこんな作戦ですがいいんですか?

警察官さん、このドライバーこんなことしてますけどいいんですか?











目の前で定員オーバーで走ろうとしてますけどいいんですかー!!?











まぁ中央アジアの荒野のど真ん中でそんなことつべこべ言うやつなんかいませんけどね。

50M(800円ぐらい)も払わさられるのにこの扱いは無いだろうと思っただけですよ。

別にこの車じゃなくても良かったんだから。

あと3時間待てって言われたって全然待つんだから。












家も仕事も金もねぇけど時間だけはたっぷりとあるのが我々ダメ人間バックパッカーという人種なんだからな!











なんか世のすべてのバックパッカーを敵にまわしたような気がします。











2017100303_野良ラクダ
野良ラクダ

通り沿いにちょくちょく現れる野良ラクダを横目にタクシーはすっ飛ばし、2時間半ほどでいつか見た駐車場に到着。

んー。もう夕方になってきましたね。



トルクメニスタンは本当に『地獄の門』を見に来ただけみたいなところがあって、あとはアシガバードのオモシロ建築をヒマがあれば見ようかな、というぐらい。

別にオモシロ建築は見ても見なくてもいい。

建築士的にどうなのと思わなくもないですが、そんなオモシロ建築見たところで何をどう参考にしろというのか、って話でね。建築のコンセプトが「ギネス認定を受ける」とかトルクメニスタン以外で需要無いだろう。



というわけで、とっとと次の国イランに抜けてもかまわないのですが、

今から国境に向かって果たしてその国境が開いているのか?

開いていたとして、新しい国に夜間に着いて問題ないのか?

というような不安もあるので、今日はおとなしくアシガバードで1泊して、明日の朝イチでイランに向かうことにしました。



2017100306_アシガバード市内

2017100307_アシガバード市内

2017100308_アシガバード市内
アシガバード市内

せっかくなのでフル装備でアシガバードの中心部をうろうろ。

大きな通り沿いに同じような建物が立ち並び、街全体から統一感を感じます。

だいたいの建物は白大理石で装飾され、なんだか金色の文字でその建物の存在をアピール。

白大理石を使っていない建物も白色系の外装で統一されていて、奇抜さや意外性とは無縁の街並み。

ところどころの交差点に前衛的なモニュメントが配され、そこで街に刺激を与えているようです。











リアルメガポリスですね。











メガポリスってのは、ぼくが一時期ハマっていた街づくりゲームでたぶん今もアプリであります。

あれ好きだったんですよねぇ。

街づくりゲームというとシムシティが有名ですが、あれよりも範囲が広くて建物のバリエーションも多く、建物の配置の自由度も高くてより臨場感があったんですよ。

これ以上やると課金してしまいそうだったので辞めましたけど。


なんかそれで作った街っぽいです。これ。

ある特定の人物の趣味趣向のみで作られるとこんな感じになると思います。











さすが中央アジアの北朝鮮と言われるだけのことはある。











さて。

バックパックを背負ったままあんまりうろうろしていると、あちこちの交差点に立っている警察官に職質されそうなのでほどほどにしておきましょう。

あと肩が限界に近づいてきましたし。


アシガバードは宿が高いことで有名。

1番安いところで30$だとか70$だとか、そんな話を聞きます。

そんなところに泊まれない、、、というか、これ以上このクサレウンコタレカスメニスタンにお金を落としたくないので、今日は別のところを寝床にしようと目星をつけているのです。











2017100309_アシガバード国際空港
アシガバード国際空港

はい。空港です。











市内からすごい近いんですよ。この空港。

なんだったら昨日バスに乗ったバスターミナルより、タクシーが到着した駐車場よりも市街地に近いです。

7番の市内バスで1本で行けます。超便利。


国際線デパーチャーは2階の入口から。

入口に荷物検査があって、航空券の確認をされたらアウトなんですけど、、、とビビっていたのですが航空券どころかパスポートの確認すらされずスルッと入れました。


2017100310_アシガバード国際空港
空港内

相変わらずイケイケの建物ですね。

ただ大きさの割に利用者は少ないらしく、チェックインカウンターの大半は閉まっていました。

これは目立たないところでこっそり寝てたらたぶん誰にも文句言われなさそうです。



2017100311_アシガバード国際空港
今日の寝床

ここの椅子がいい感じです。

手すりがないので横になれるし、なによりコンセントが付いてます。

明るいのがマイナスポイントですが、概ね寝床としては優秀なのではないでしょうか。

というわけで今日はここを寝床にすることにしました。

はい。おやすみなさい。











おやすみのクリックを一つよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。


   
       

[ 2017.10.29 | トルクメニスタン | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

For my friends

Thanks for coming to my blog! But I'm sorry I write only Japanese. If you want to read this, please use the link below. I think it can help you maybe. Why maybe? Because I use many idioms and broken Japanese!!! Ha-haha-!!!

Translation(自動翻訳)

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:31歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ(2回目)→    グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス(2回目)→ニカラグア→ コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ(2回目)→    アルゼンチン(2回目)→ウルグアイ→ アルゼンチン(3回目)→パラグアイ→ アルゼンチン(4回目)→ブラジル→  仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル(2回目)→ベネズエラ→   コロンビア(2回目)→        オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ(2回目)→  ミャンマー→中国→ネパール→インド→ スリランカ→インド(2回目)→    パキスタン→中国(2回目)→     カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→           カザフスタン(2回目)→       キルギス(2回目)→         カザフスタン(3回目)→       ウズベキスタン(2回目)→      カザフスタン(4回目)→       トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦(2回目)→     アゼルバイジャン→ジョージア(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

オススメホテル予約サイト

とても使いやすいホテル予約サイト。 ここから予約していただくと、ぼくにアレがアレなのでよろしくお願いします。

このブログを読んで旅に出たくなったらww