世界遺産の「タフテ・ソレイマーン」に行ってきた

【674日目】ティカーブ(2017年10月13日のおはなし)




タフテ・ソレイマーンとは





タフテ・ソレイマーン




タフテ・ソレイマーン(‎Takht-e Soleymān)は、イラン・西アーザルバーイジャーン州のタカブの近郊にあるゾロアスター教及びサーサーン朝の聖地。2003年7月3日、ユネスコの世界遺産に登録された。名称はペルシア語で「ソロモンの玉座」を意味する。

渓谷の中にある史跡であり、テヘランの西400km離れた沃野の真ん中にある。遺構は直径約100メートル、水深約100メートルの活動を停止した火口湖を中心に建てられており、主にサーサーン朝時代に建造された宗教施設群やフレグ・ウルス時代に建造された宮殿遺跡群も含む。

この遺跡にソレイマーン(ソロモン王)の名前がつけられた由来は、かつてソロモン王がこの土地の100mの深さのある火口湖に怪物を閉じ込めたという伝説が残っていることに求められる。また、他に火口湖跡がいくつもあり、これらの窪地は湧き水であふれている。その窪地は、ソロモン王が古の時代に作ったと言い伝えられ、現在まで至っているといわれている。4世紀には、イエスとザラスシュトラと関係のある1人のアルメニア人がまた、イスラーム時代の歴史家たちがこの湖に対して様々に伝説などを記録している。旧火口湖の側にあるゾロアスター教の寺院もこの伝説にもとづいている。





と、Wikipediaより抜粋。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。











ティカーブのホテル、超高かったです。

初値920,000R(2,700円ぐらい)、値切って828,000R(2,500円ぐらい)、「朝食は別途料金だ」と言われ終値880,000R(2,600円ぐらい)。


だから昨日の夜「朝食は込なのか」って聞いたのに。

その時は「込だ」って言ってたのに。

チェックアウトの時になって「その宿泊価格だったら朝食は入ってない。昨日は『込だ』って言った?その時は君がいくらで宿泊してるのか知らなかったから」とか言い出す始末。

それはさぁ、値下げ交渉に対して価格を下げたんじゃなくてサービスを落としたんだよね。

VEじゃなくてCDだよね。

詭弁だよね?そういうの。




フロント「ところで今日はどこに行くんだい?」


だばで「タフテ・ソレイマーンですけど何か?」←ご機嫌ナナメ。


フ「タクシーを手配してあげるよ」


だ「いりません」


フ「タフテ・ソレイマーンと隣の遺跡も併せて行って帰って20$だよ」


だ「いりません」


フ「分かった。通常20$なんだけど君には17$で提供しよう」


だ「いりません」


フ「分かったよ。15$だ。そこにいる彼も15$でタクシーチャーターするんだよ」


だ「いりません」



最初の20$なんやねん。



そこにいる彼「この子とシェアできないのか?」


フ「できないよ。さぁ君はもういきなさい」



なんででけへんねん。同じとこから同じとこ行こうとしとるんやんけ。



フ「というわけで君のタクシーを呼ぼう。15$だよ。いいね?」


だ「いりません」


フ「じゃあどうやって行くつもりなんだい?」


だ「そのへんで探します」


フ「今日はタクシー見つからないよ。金曜日だしね」


だ「そうですか」


フ「だからここでタクシーを、、、」


だ「いりません」


フ「そうは言っても、、、」


だ「いりません」


フ「でも、、、」


だ「いりません」


フ「k、、、」


だ「いりません」











うぜぇ。


タクシードライバーがウザいんじゃなくて、旅行者を相手にしている人間がウザいんだな。

ここまでくると旅行者が悪いような気もしてきますね。

なんでもかんでも言い値で「はいはい」言ってるからこういうクソ虫が調子乗るんじゃないでしょうか。

まぁ


2017101301_騙すほうが悪い
ネットから拝借

ですけど。











現実でもこんなふうにスカッと蹴っ飛ばせたらいいのに。












さて。

とりあえず「タフテ・ソレイマーン」行きの車を手配しないといけませんね。

とりあえず昨日ミニバスが到着した交差点に行ってみましょう。

たぶんあそこがこの街の「ターミナル」なんだと思うんだよな。

地図見る限りだと「タフテ・ソレイマーン」の近くにも街(村?)があるみたいだから、ティカーブとその街(村?)を繋ぐ交通手段が何かしらあるはずだし。



タクシードライバー「タフテ・ソレイマーン?」



ほらね。

何が「金曜だからタクシーは無い」だ。死にさらせクサレフロントヒゲ野郎。





ティカーブ→タフテ・ソレイマーン

シェアタクシーでタフテ・ソレイマーンまで30,000R(90円ぐらい)。

往復で180円のところを20$取ろうとしていた、、、だ、、、と、、、?



2017101302_タフテ・ソレイマーンへの道
タフテ・ソレイマーンへの道

今日も荒涼とした山間を縫ってタクシーは進みます。

ちゃんと一眼使ってれば「絶景」な景色が車窓を流れていきます。

そしてこんなど田舎の道路もそれほど悪くないんですよね。イランちゃんとしてんなぁ。




2017101303_タフテ・ソレイマーン
タフテ・ソレイマーン

はい到着。タフテ・ソレイマーンです。

駐車場の管理をしているっぽい小屋に荷物を預かってもらいます。



2017101304_タフテ・ソレイマーン
城門

城門から中へ。

ここにチケットブースがあります。入場料200,000R(600円ぐらい)。

イランの観光地の入場料は一律200,000Rと決まっているのでしょうか。



2017101305_タフテ・ソレイマーン
案内看板

この案内看板、「Staff Residence」って書いてんスけど。



2017101306_タフテ・ソレイマーン
スタッフ居住区

確かにこの看板が指す方向には、スタッフが住んでそうな掘っ立て小屋が建ってますけど。












別にその情報いらなくね?











2017101307_タフテ・ソレイマーン

2017101308_タフテ・ソレイマーン

2017101309_タフテ・ソレイマーン

2017101310_タフテ・ソレイマーン

2017101311_タフテ・ソレイマーン

2017101312_タフテ・ソレイマーン
タフテ・ソレイマーン

泉を中心とした神殿跡。

この泉は深さが最大110mもあるそうです。


2017101314_タフテ・ソレイマーン
周辺の景色

確かにこんな景色の広がる地域に、こんなに水を湛える泉が出てきたら神聖視もするわな、って感じです。


2017101319_ダイバー
ダイバー

ちょうど現地の取材か調査かで潜っている人がいました。

いいですねぇ。ぼくも潜ってみたいなぁ。ここ。



2017101313_タフテ・ソレイマーン
メインの神殿

これがメインの神殿跡。

この足場は改修してるんじゃなくて補強してるんだろうな。

これないと神殿が倒れそうなんだと思う。

そしてこれで完成形なんだと思う。


2017101315_タフテ・ソレイマーンのパンフレット
パンフ

この立派なパンフレットの表紙のシルエット、足場ついてるし。



2017101316_タフテ・ソレイマーンのパンフレット
タフテ・ソレイマーン

近くの小高い丘からタフテ・ソレイマーンを眺めます。



2017101317_タフテ・ソレイマーン周辺

2017101318_タフテ・ソレイマーン周辺
タフテ・ソレイマーン周辺

ここは行き帰りやタフテ・ソレイマーン周辺の眺めも込で楽しむところですね。

遺跡単独で600円って言われるとちょっとアレかなぁって感じです。











タフテ・ソレイマーンの見学も終えたので次の街へ移動しましょう。











まぁどうやって行くのか全然分かんないんですけど。











その辺については明日の記事で!

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。


   
       

[ 2017.11.10 | イラン | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

For my friends

Thanks for coming to my blog! But I'm sorry I write only Japanese. If you want to read this, please use the link below. I think it can help you maybe. Why maybe? Because I use many idioms and broken Japanese!!! Ha-haha-!!!

Translation(自動翻訳)

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:31歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ(2回目)→    グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス(2回目)→ニカラグア→ コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ(2回目)→    アルゼンチン(2回目)→ウルグアイ→ アルゼンチン(3回目)→パラグアイ→ アルゼンチン(4回目)→ブラジル→  仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル(2回目)→ベネズエラ→   コロンビア(2回目)→        オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ(2回目)→  ミャンマー→中国→ネパール→インド→ スリランカ→インド(2回目)→    パキスタン→中国(2回目)→     カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→           カザフスタン(2回目)→       キルギス(2回目)→         カザフスタン(3回目)→       ウズベキスタン(2回目)→      カザフスタン(4回目)→       トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦(2回目)→     アゼルバイジャン→ジョージア(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

オススメホテル予約サイト

とても使いやすいホテル予約サイト。 ここから予約していただくと、ぼくにアレがアレなのでよろしくお願いします。

このブログを読んで旅に出たくなったらww