世界遺産の「ソルタニーイェ」に行ってきた

【675日目】ザンジャーン(2017年10月14日のおはなし)




ソルタニーイェとは





ソルタニーイェ




ソルタニーイェは、イルハン朝第8代君主オルジェイトゥの命によって建設された都市遺跡である。テヘランの北西240kmのザンジャーン州東部にあり、かつて14世紀には、フレグ・ウルスの都であった。ソルターニーヤ(スルターニーヤ)とはアラビア語で「スルターンに関わるもの」の意味し、このスルターンとはオルジェイトゥ(・スルターン・ムハンマド・フダーバンダ)のことであり、スルターンの御座所、すなわち首都ほどの意味になる。2005年、ユネスコの世界遺産に登録された。

ソルターニーイェの遺跡群の中核は、1302年から1312年にかけて建設されたオルジェイトゥ廟である。8基のミナレットを備えるこの廟は、青タイルで覆われた高さ約50mの2重構造のドームを持ち、これは世界最古のものである。イスラーム世界におけるこの廟の重要性は、ブルネレスキの屋根建築と比較される。

ソルターニーイェの建築は後のイスラーム建築に大きな影響を与えた。ソルターニーイェの影響を受けた建築物としては、カザフスタンのホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟やインドのタージ・マハルがある。
廟の外装のほとんどが失われてしまったが、しかし、内部のモザイク、彩色陶器、壁画は残っている。





と、Wikipediaより抜粋。




巨大な「二重構造ドーム」を持つ建築物って結構多いのですが。

有名なところだとフィレンツェのドゥオーモとか?

それの先駆け的存在だそうです。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。











本日はザンジャーン郊外にある世界遺産「ソルタニーイェ」に行こうと思います。


が、まずは両替です。

今のぼくの手持ちの現金は、なんと0円です。

残金0円とかやろうと思ってもなかなか出来ないですよ。なんせピッタリ使い切らないといけないわけですからね。




宿の隣の小さなショッピングモール。

その中の宝石などのヒカリモノを扱っているお店。

そこで両替ができました。

まぁ両替出来るって言ってもですね。











20170101401_両替
両替…?

米ドル渡したら店の人がATMでお金おろしてくれるって感じですけど。

宝石扱ってるお店で100$分の現金が無いとか大丈夫なんだろうか。



なにはともあれ両替できました。

イランで現金両替できないとかリアルに死活問題ですからね。

というか「国際クレジットカードが使用できなくなる」ってのは果たして制裁になっているのかい?困ってるの旅行者だけじゃないの?











昨日のおれとかな。











ソルタニーイェは、その名の通り「ソルタニィーエ(Soltaniyeh)」という名前の街にあります。

ザンジャーンからはミニバスで45分ほど。20,000R(60円ぐらい)。



ミニバスを降り、しばらく歩くと見えてきます。



20170101402_ソルタニーイェ
ソルタニーイェ

でかっ。



写真だとほんと「大きさ」が伝わらなくて残念なんですよね。

これほんと見た瞬間「でかっ」って言うと思います。なぜならでかいからです。



20170101403_チケット売り場看板
チケット売り場看板

周辺の道路に、このように「こちらがチケット売り場デス」的な看板が立っていました。

敷地が無駄にバカでかいので、入る入口を間違えるとチケット売り場が遠くなってしまって大変だったりするのでしょうか。

というわけで、この看板の指す通りに歩いていったのですが、結局チケット売り場はこのドームの建物の中にありました。

どっから入ったって一緒じゃねぇか。何の意味があんだこの看板。



20170101404_オルジェイトゥ廟
オルジェイトゥ廟

とにかく到着しました。オルジェイトゥ廟。

ちなみにぼくは今日、これを見た後次の街へ移動するつもりなのでしっかりフル装備です。

最近ずっとフル装備で歩き回っている気がします。



20170101405_オルジェイトゥ廟入場料
入場料

入場料は200,000R(600円ぐらい)。

もうどこも同じですね。インドと同じです。どこの観光地も均一料金。すごかろうがしょぼかろうがどこも同じ金額。

現地人が30,000R(90円ぐらい)で入れているのもどこも同じ。



ペルシャ数字ぐらいそろそろ読めんだぞ。そんな真上に書いちゃってバレてねぇとでも思ってんのかこの野郎。



それはさておき、ここは果たして200,000R(600円ぐらい)に見合う観光地なのでしょうか。

さっそく中へ入ります。











20170101406_足場
足場

足場…。











20170101407_オルジェイトゥ廟
オルジェイトゥ廟内部

美しいモザイクタイル足場


20170101408_オルジェイトゥ廟
オルジェイトゥ廟内部

見る方角によって若干デザインが違うような気が足場











…。











そうそう。

なんせこのドーム、外から見てもだいぶデカい。

つまり中から見上げると巨大な空間が頭上に広がり、中世の技術力でこれほどの大空間を創り出した先人達への畏怖の念が

20170101409_足場
足場

足場ぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!!!




20170101410_足場
足場

というかむしろこの足場すごいとすら思えてきたわ。

この幾何学具合美しいよね。

枠組みじゃぁこうはいかないよね。単管だからこそのこの美しさだよね。

あぁ足場すげぇ。。。











そしてドーム部分一切見えねぇ。。。











ゴンバデ・カブースでも思ったけどさ。

この「今まさに改修してます」みたいな感じならさ。

入場料下げてくれてもいいと思うんだよね。












なんかドームの上階へ登れるみたいなので登ってみます。


20170101411_回廊
回廊

このような回廊がドーム内をぐるりと囲っており、ここを歩くことができます。

回廊部分にも8ヶ所のアーチが設けられており、その部分はなかなか手の込んだ装飾が施されていたりします。


20170101412_回廊部分の鍾乳飾り
鍾乳飾り

イスラム建築鉄板の鍾乳飾りとか。


20170101413_アーチ部分の装飾
フレスコ画

緻密なフレスコ画とか。


20170101414_天井の装飾
天井装飾

天井装飾とか。


20170101415_アーチ部分の装飾

20170101416_壁の装飾
タイル飾り

だいぶ剥がれてしまっていますがタイル飾りとか。


20170101417_足場
足場

足場とか。


20170101418_足場
足場

足場とか。


20170101419_足場
足場

あと足場とか。











足場ばっかりぃぃぃぃぃぃいいいいいいいい!!!!!



足場しか見えへん!!!!!











20170101420_ドームからの眺め
ドームからの眺め

最上階のドーム部分まで出られました。

なかなか眺めがいい、というか街ちっちぇえな。


ここのドーム周辺のアーチや装飾がなかなかいい感じでした。


20170101421_ドーム周りのアーチ

20170101422_ドーム周りのアーチ

20170101423_ドーム周りのアーチ

20170101424_ドーム周りのアーチ
ドーム周辺のアーチ











20170101425_オルジェイトゥ廟
オルジェイトゥ廟

敷地内には半地下のレストラン施設(閉店中)などもあり、しっかり整備しようとしている感じはあります。

現在進行系ですけどもね。

まぁしゃーない。

14世紀の建物がそんな綺麗に残ってるわけないし。

その建物がある日突然綺麗になるわけもないし。

今見た目キレイキレイしている遺跡や古い建物も、ぜったいどっかで修復作業は行われているわけで。

長く旅行してたらこういうこともあるわな。




よし。次行こ。次。




とりあえず作業員に「ヘルメット被れ」と言いたかった。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
       

[ 2017.11.12 | イラン | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

For my friends

Thanks for coming to my blog! But I'm sorry I write only Japanese. If you want to read this, please use the link below. I think it can help you maybe. Why maybe? Because I use many idioms and broken Japanese!!! Ha-haha-!!!

Translation(自動翻訳)

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:31歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ(2回目)→    グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス(2回目)→ニカラグア→ コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ(2回目)→    アルゼンチン(2回目)→ウルグアイ→ アルゼンチン(3回目)→パラグアイ→ アルゼンチン(4回目)→ブラジル→  仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル(2回目)→ベネズエラ→   コロンビア(2回目)→        オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ(2回目)→  ミャンマー→中国→ネパール→インド→ スリランカ→インド(2回目)→    パキスタン→中国(2回目)→     カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→           カザフスタン(2回目)→       キルギス(2回目)→         カザフスタン(3回目)→       ウズベキスタン(2回目)→      カザフスタン(4回目)→       トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦(2回目)→     アゼルバイジャン→ジョージア(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

オススメホテル予約サイト

とても使いやすいホテル予約サイト。 ここから予約していただくと、ぼくにアレがアレなのでよろしくお願いします。

このブログを読んで旅に出たくなったらww