イランのタクシーはウザいのだ(最終章)

【675日目】ザンジャーン→ケルマンシャー(2017年10月14日のおはなし)




ケルマンシャーとは





ケルマンシャー




ケルマンシャーは、イランのケルマーンシャー州の都市である。ケルマーンシャー州の州都である。イラン西部に位置し、テヘランから525kmの距離にあり、イラクとの国境からおよそ120kmの距離にある。 ケルマーンシャーの気候は大陸性気候である。人口は822,921人(2005年推計値)である。住人の大部分は、ペルシア語かクルド語を話す。宗教は多様であり、イスラム教、アッシリア東方教会、バハーイー教、ユダヤ教、アルメニア教会の人々がおり、イスラム教シーア派の人数が一番多い。ケルマーンシャーと表記されることがある。




と、Wikipediaより抜粋。




どうでもいいけどこの記事「である」言い過ぎ。











ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただくと、リンク先での当ブログのランキングが上昇する仕組みです。
リンク先の読み込みが完了するとポイントが入ります。
読み込みが完了するまでぼくのしょうもない記事でも読んでてください。
今日もよろしくお願いします。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!











はいこんにちは。

どうもだばでーです。今日もよろしくお願いします。











というわけでですね。

ソルタニーイェの観光を終えたぼくは、さっそく次の街へ向かうことにしました。

もうちょっとゆっくりすればいいのにと思われがちですが、1泊1,000円超えてくる国はとっとと抜けないと大変なことになるとぼくは南米で学んだのです。

かと言って見どころを飛ばしちゃったら意味が無いのでね。

見たいところには行きつつ、その上でとっとと抜けようとすると、まぁこんな感じのペースで移動しなきゃならんわけですよ。



で、次の目的地はケルマンシャーという街。

2017101435_ザンジャーン→ケルマンシャー
ザンジャーン→ケルマンシャー


が、ザンジャーンからケルマンシャーへの直行のバスは無いらしい。

うーむ。もしあるなら夜行バスにちょうどいいぐらいの距離感だったのに。

宿代の高い国は夜行バスで宿代を浮かすのが有効なんですが。

イランって微妙に街同士の距離が近いんだよな。隣の見どころのある街までなら4〜5時間で行けることが多い。

4〜5時間で夜行バス乗っちゃうと中途半端な時間に降ろされるから嫌なんですよね。



むぅ。どうしたものか。。。



2017101436_ザンジャーン→ハマダーン→ケルマンシャー
ザンジャーン→ハマダーン→ケルマンシャー

バスはケルマンシャーに向かう途中の「ハマダーン」という街までならあるらしい。

まぁそこでケルマンシャー行きの乗り換えるってのがセオリーだよね。

ただこれで行くとケルマンシャー到着が夜になってしまう。それはめんどくさい。



そこでぼく考えました。



2017101437_ザンジャーン→カズヴィン→ケルマンシャー
ザンジャーン→カズヴィン→ケルマンシャー

一度ケルマンシャーから離れてしまえばいいのでは…?



と。

テヘランに向かう途中の街「カズヴィン」まで行って、そこからケルマンシャー行きのバスに乗ればいいのでは?

そして、そのカズヴィン→ケルマンシャーの距離感は、夜行バスでいい感じに到着できるのでは?




よしこれでいこう。

完璧だ。

作戦の流れはこうだ。



①ザンジャーンからカズヴィン行きのバスに乗る。

②カズヴィンで夜行バスのチケットを買う。

③夜行バスの時間までバスターミナルですごす。

④夜行バスに乗る。

⑤朝ケルマンシャーに着く。



すばらしい。

まったく無駄がないどころか、夜行バス利用で宿代まで浮かすことの出来るすばらしい作戦だ。

もう自分の作戦立案能力にほれぼれしてしまうぜ。

さすが3年も遊んでいるだけのことはある。

どんな時間も無駄になんてならないんだよ。

その君が費やした時間は、必ず君の持つ何らかの能力に力を与えているんだよ。











その能力が社会に求められているかどうかは別にしてな!











さぁ進めバスよ!

おれをカズヴィンに導きやがれぇ!!!











2017101431_カズヴィンの路上
どっかの路上

どっかの路上で降ろされたんですけどおぉぉぉおおお!!!!

どこだここはぁぁぁぁあああああ!!!!!











なんかカズヴィン郊外の路上でした。

どうも乗ったバスはテヘラン行きのバスだったらしく、カズヴィンを通るから乗せただけだったらしい。

そしてイランではこのように「交差点でバスを乗り換える」というのが常態化しており、もはやなんの違和感もなく「ここで待ってりゃケルマンシャー行きのバス来るから」で放り出されました。


あぁジーザス。

こういう時インドのバスが懐かしい。

インドのバスは通りがかる街々のバスターミナルに寄りながら進んでいましたからね。

まぁ当然その分目的地への到着は遅くなるわけですけれども。

乗り換えは至極簡単で良かったんですけど。



なんだよ路上乗り換えて。

作戦の①からつまづいてんじゃねぇか。



ここからカズヴィンのバスターミナルまでは、、、10キロあるな。歩けないな。

行くとしたら、、、タクシーしかないな。

だめだな。

イランのタクシーはだめだな。

しゃーねぇ。夜行バスという選択肢をあきらめよう。

ここからケルマンシャー行きのバスを拾い、出来るだけ早く到着する方向にシフトしよう。

ちょうどその辺にケルマンシャーに行くというバスが停まってたし。





よぉし進めバスよ!

このおれをケルマンシャーへ導きやがれぇ!!!











2017101432_ハマダーンの路上
ハマダーンの路上

また路上じゃねぇかぁぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!!

というかもうとっぷり日も暮れてんじゃねぇかぁぁぁぁああああ!!!











どうもハマダーンの路上だそうです。

「ケルマンシャーに行く」と言われたから乗ったバスは、実はハマダーン行きで、ぼくが「ケルマンシャーに行く」と知っている乗務員が気を利かせてここで降ろしたようです。

「ここで待ってたらケルマンシャー行きのバス来る」だそうです。











もういいんだよそういうのぉぉぉぉぉおおおお!!!!











一緒のバスに乗っていたヒゲモジャのおっさんとケルマンシャー行きのバスを探します。

おっさんが周辺の人に聞いてくれたところによると、バスなら150,000R(450円ぐらい)、乗り合いタクシーなら200,000R(600円ぐらい)らしい。

じゃあバスだよねぇ、、、という話をしていると、おっさんが満面の笑みで


「このタクシー100,000R(300円ぐらい)でいいってよ!」


と言っています。

さすが現地人だ。素晴らしいじゃあないか。

助かったよおっさん。



もう当初たてた作戦の「さ」の字もなくなっていますが、とりあえずこのタクシーでケルマンシャーには到着しそうです。

やれやれ。











時刻はすでに夜中の0時。

なんとかケルマンシャーの郊外の路上に到着しました。



また路上かよ。。。

もうイラン勘弁してくれ。。。



とりあえずタクシー代100,000R(300円ぐらい)支払って、次どうするか考えy



タクシードライバー「料金は200,000R(600円ぐらい)だ」











何言ってんだコイツ。。。











だばで「いや、乗る前に100,000Rだって話だったでしょ?」


ドライバー「○✕△□☆200,000R○✕△□☆」


だ「いやいや、今相乗りのおっさんは100,000Rしか払ってへんかったやんか。なんでおれだけ200,000Rになんねんて」


ド「200,000R○✕△□☆200,000R」


だ「あかんわこいつ。話んならん。ちょ、おっさんなんとか言って…あれ?おっさん…?」











消えやがった。。。











なんてやろうだ。。。

まさか最初から不足分をおれに払わせるつもりでドライバーと話合わせてたんじゃねぇだろうな。

あのヒゲモジャ次会ったら覚えてろよ。



そこにやってきた英語を話す兄ちゃん(別のタクシードライバー)を介し、「あんまりふざけとるとおまえの目玉が顔面からサヨナラしちゃうぞ♡」という話をして取り決めどおり100,000R支払って追い払います。





さーてどうすっか。。。

さっき通訳してくれた兄ちゃんがなんか言ってますね。

え?タクシー乗れって?

いやだよ。タクシーなんか乗らないよ。

なんで?

なんでって?











おまえ今一部始終見とったやろが。











地図によると近くにバスターミナルがあるようです。

今から宿探してたら2時とか3時とかになりそうなので、逆にバスターミナルの待合とかで寝ることにします。

ぶっちゃけ明日以降の動きを考えるとバスターミナル付近にいたほうが都合がいいんだよね。

さーて。バスターミナルまでちょっと歩きドンっ!!!











なにを背中小突いとんねんどこの馬の骨じゃこんのクソがぁぁっと警察だぁ〜。











警察「○✕△□☆」


だばで「何言うとるかわからん」


警「○✕△□☆」


だ「何言うとるか分からん言いよんねん。英語しゃべらんかいカス」


警「…フロム?」


だ「日本ですけど?」


警「…OK」











なんやねんあのボケ。

ケーサツちゃうかったら殴っとるわ。

何を突然背中小突いとんねん糞ガキが。

外人やぐらい見たら分かるやろ。見えへんのやったら夜警なんかすんな役立たずが死にさらせ。

あーもうええ。

もうええわ。

あんなボウフラ気にしとってもしゃーない。

気を取り直して本日の寝床、バスターミナルにやってk












2017101433_ケルマンシャーのバスターミナル
ケルマンシャーのバスターミナル

閉まっとる。。。











あかん。。。

今日ぜんぜんあかん日や。。。

これわしもうあかんわ。。。

今日のわし0点や。。。




タクシードライバー「どうした?宿探してるのか?」




あかん。。。

ここでタクシーとか乗ったらあかん。。。

今日の流れでタクシーとかもう最悪な結果しか見えへん。。。

そもそもおまえそういう星の下に生まれた男やろ?

おまえに訪れるのは不幸ばかりだと知っとるやろ?





あぁそうさ。

知っているさ。

でもだめだよ。











だってもう心折れちゃったんだもん!!!











市内の安い宿まで100,000R(300円ぐらい)で行くというタクシーに乗りました。

「安い宿ってどこよ?」と聞くとロンプラにも載っている宿の名前を出したので、じゃあその宿に行こう、ということで。




ドライバー「この近くにも宿があるんだ。そっち寄ってみようか(と言っていると思う)」


だばで「いや、安宿でいいよ」


ド「じゃあ寄ってみるからな。値段ならおれが聞いてやるから(と言っていると思う)」


だ「いや、安宿に行ってくれ」


ド「ここがその宿だ。どうだ?いい宿だろう?(と言っていると思う)」


だ「どう見ても高そうな雰囲気しかないんだけど」


ド「そんなこと聞いてみないと分からないだろう?(と言っていると思う)」


ド「…」


ド「おいおい!6,000,000R(18,000円ぐらい)だってよ!ビックリだな!(と言っていると思う)」


だ「どう見てもそうだろ。星みっつもついてんじゃん。じゃあ安宿に行ってくれ」


ド「おれの知り合いの宿がな(と言っていると思う)」


だ「さっき言ってた安宿でいい」


ド「ここが知り合いの宿なんだけどな(と言っていると思う)」


ド「…」


ド「フルだってよ」


だ「よし。じゃあ安宿に…」


ド「こっちにも他の宿があってな…」


だ「安宿に行けって」


ド「ここがその宿なんだけどな」


ド「…」


ド「フルだってよ」


だ「よし。じゃあ安宿に」


ド「あっちにも宿があってな」


だ「おい。いい加減に」


ド「ここがその宿なんだけどな」


ド「…」


ド「フルだってよ」


だ「だからさっさと安宿に」


ド「あっちにも宿が…」






だ「安宿に行けって言ってんだろうがぁぁぁぁぁあああ!!!!!」






ド「フルだってよ」





フルなんかいぃぃぃぃぃいいいいいいい!!!!!





ド「あっちにも宿があってな」


ド「この宿なんだけどな」


ド「スイートなら開いてるってよ」


だ「おいくらですか?」


ホテル「1,200,000R(3,600円ぐらい)」


だ「あ、結構です」


ド「もう宿無いんじゃないかこれ?(と言っていると思う)」


だ「そうね。まぁじゃあもうここでいいわ」


ド「そうか?じゃあ料金500,000R(1500円ぐらい)な」











…は?











ド「料金。500,000R(1500円ぐらい)」











なにを言いさらしとんねんこのクソチョビヒゲじじい。




だ「なにを言いさらしとんねんこのクソチョビヒゲじじい」


ド「おいおい。こんなにあちこちまわってやっただろう?そりゃ料金も高くなるさ(と言っていると思う)」


だ「頼んでねぇだろうが」


ド「○✕△□☆」


だ「うるさい死ね」


ド「○✕△□☆」


ド「○✕△□☆」




通りがかりの兄ちゃん「どうしたんだい?」




だ「あ、英語話されるんですね。実はかくかくしかじか」


兄「なるほど。実はぼくも宿を探していてね。この宿はスイートなら空いているんだね?2人でシェアしよう。ぼくが聞いたらもっと安くなるかも知れないしね」


だ「なるほど。それはありがたいです」




兄「…」


ホテル「…」


兄「…」


ホ「…!!!」


兄「…」


ホ「…!!!!!」


兄「…」




だ「なんか。。。良くない感じっぽいですね」


兄「うん。。。外国人と相部屋にさせて問題でも起こったら困る、というような話をしていたよ」


だ「あぁ。なるほど。まぁ。。。そうですね」




ドライバー「はい困ったね!」(どんっ!)











何や今の。


なんや?すしざんまいか?


それとも一発芸「命!」か?


日本のお笑いにも通じてらっしゃるというアピールか何かですか?


すしざんまいのアレはお笑いちゃうけどな。
























だ「なにをチョケとんねんこのクソボケが!!!!!」



だ「ふざけんのもたいがいにせぇカス野郎!!!!」



ド「○✕△□☆」



だ「じゃかしぃ死ね!!死にさらせクズ!!!!」



ド「○✕△□☆(ニヤニヤ)」











だ「な!に!を!!!笑とんじゃオラァ!!!!!!」











兄「ダメダメ!ダメだよ!君は旅行者なんだから!イランの警察は良くないよ!変な問題起こして困るのは君なんだから!」


だ「警察上等じゃボケェ!!!」


兄「おさえておさえて!料金のことならぼくが話してみるから!」


ド「○✕△□☆」


兄「…」


ド「○✕△□☆」


兄「…」


兄「250,000R(750円ぐらい)でいいそうだよ。話を聞く限り、この値段は高くはないと思うよ」


だ「…!!!!!」


兄「気持ちは分かるけどね。ほら落ち着いて」


だ「…ちくしょう」


兄「さぁ料金を払おう」


ド「○✕△□☆(ヘラヘラ)」




だ「やかましい死ね!!!!」




ド「○✕△□☆」


兄「…」


ド「○✕△□☆」


兄「こんなこと言われてこんな金額じゃダメだ。あと50,000R(150円ぐらい)払え、、、だそうだ」











だ「…こ、こ、こ、、、(もはや声にならない)」











兄「君が怒る気持ちはよく分かるよ。分かるけど。ここはおさえるんだ」











結局取り決め分100,000R(300円ぐらい)に追加で300,000R(900円ぐらい)持って行かれました。

もうダメだ。イランのタクシーほんとダメだ。

もう二度とタクシーなんか乗らねぇ。

決めた。もう二度とタクシーなんか乗らねぇ。

もうほんと二度とタクシーなんか乗らねぇ。




通りすがりのさっきのドライバー「○✕△□☆!」



だばで「じゃかしゃあ言うとんじゃボケがぁぁあああ!!!!」



兄ちゃん「まぁまぁ落ち着いて落ち着いて」


兄「とりあえず一緒に宿を探そう」


兄「自己紹介がまだだったね。ぼくはアミン。タブリーズから仕事でこっちに来ているんだ」


アミン「ぼくもずっと宿を探しているんだけど見つからなくってね」


ア「今日はもう無理かもしれないね」











2017101434_ケルマンシャーの路上
ケルマンシャーの路上

その後数軒ホテルを当たるもどこもフル。

そもそももう2時だし。

しかたなくアミンと2人で24時間営業だというケバブ屋で朝を待つことになりました。











アミンがいなかったら本気で殴ってました。

PCの人はこちら

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・ガラケの人はこの文字をクリック!


今日もありがとうございました。



   
       

[ 2017.11.13 | イラン | コメント: 0 | トラックバック: 0 | PageTop↑ ]

コメント


PageTop↑

PageTop↑

For my friends

Thanks for coming to my blog! But I'm sorry I write only Japanese. If you want to read this, please use the link below. I think it can help you maybe. Why maybe? Because I use many idioms and broken Japanese!!! Ha-haha-!!!

Translation(自動翻訳)

プロフィール

William Dabadie

Author:William Dabadie
名前:渡海大輔(トカイダイスケ)
年齢:31歳
性別:男
国籍:日本
紹介:世界一周してます。
   個人的な忘備録のつもり
   でだらだら書いています
   William Dabadieという
   名前ではありません。

あしあと

これまでの軌跡
日本→フィリピン(英語留学)→日本→ カナダ→アメリカ合衆国→メキシコ→  キューバ→メキシコ(2回目)→    グアテマラ(スペイン語留学)→    ホンジュラス→エル・サルバドル→   ホンジュラス(2回目)→ニカラグア→ コスタ・リカ→パナマ→コロンビア→  エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ アルゼンチン→チリ(2回目)→    アルゼンチン(2回目)→ウルグアイ→ アルゼンチン(3回目)→パラグアイ→ アルゼンチン(4回目)→ブラジル→  仏領ギアナ→スリナム→ガイアナ→   ブラジル(2回目)→ベネズエラ→   コロンビア(2回目)→        オーストラリア(ワーホリ)→     インドネシア→シンガポール→     マレーシア→タイ→カンボジア→    ベトナム→ラオス→タイ(2回目)→  ミャンマー→中国→ネパール→インド→ スリランカ→インド(2回目)→    パキスタン→中国(2回目)→     カザフスタン→キルギス→タジキスタン→ウズベキスタン→           カザフスタン(2回目)→       キルギス(2回目)→         カザフスタン(3回目)→       ウズベキスタン(2回目)→      カザフスタン(4回目)→       トルクメニスタン→イラン→      アラブ首長国連邦→オマーン→     アラブ首長国連邦(2回目)→     アゼルバイジャン→ジョージア(今ココ)

訪問者

ブログランキングに参加しています

ブログランキングに参加しています。 下記バナーをぽちっとしていただくとリンク先のランキングが上がり、ブログ主のテンションも上がります。

いまなんいですか?

上のあれをそれしていただくと、下のこれがあれこれします。

☆リアルタイム情報☆

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

オススメホテル予約サイト

とても使いやすいホテル予約サイト。 ここから予約していただくと、ぼくにアレがアレなのでよろしくお願いします。

このブログを読んで旅に出たくなったらww